2021/12/04 更新

写真a

タキザワ カズヤス
滝沢 一泰
TAKIZAWA Kazuyasu
所属
医歯学総合病院 消化器外科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2014年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   助教

    2014年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救急災害治療センター   助教

    2013年6月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救急災害治療センター   特任助教   特任助教

    2013年4月 - 2013年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   助教

    2014年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   助教

    2013年6月 - 2014年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   特任助教

    2013年4月 - 2013年5月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   特任助教

    2010年5月 - 2012年9月

 

論文

  • Anatomic location of residual disease after initial cholecystectomy independently determines outcomes after re-resection for incidental gallbladder cancer. 国際誌

    Takuya Ando, Jun Sakata, Tatsuya Nomura, Kabuto Takano, Kazuyasu Takizawa, Kohei Miura, Yuki Hirose, Takashi Kobayashi, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Yoshifumi Shimada, Masayuki Nagahashi, Shin-Ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    Langenbeck's archives of surgery   406 ( 5 )   1521 - 1532   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: This study aimed to elucidate the impact of anatomic location of residual disease (RD) after initial cholecystectomy on survival following re-resection of incidental gallbladder cancer (IGBC). METHODS: Patients with pT2 or pT3 gallbladder cancer (36 with IGBC and 171 with non-IGBC) who underwent resection were analyzed. Patients with IGBC were classified as follows according to the anatomic location of RD after initial cholecystectomy: no RD (group 1); RD in the gallbladder bed, stump of the cystic duct, and/or regional lymph nodes (group 2); and RD in the extrahepatic bile duct and/or distant sites (group 3). RESULTS: Timing of resection (IGBC vs. non-IGBC) did not affect survival in either multivariate or propensity score matching analysis. RD was found in 16 (44.4%) of the 36 patients with IGBC; R0 resection following re-resection was achieved in 32 patients (88.9%). Overall survival (OS) following re-resection was worse in group 3 (n = 7; 5-year OS, 14.3%) than in group 2 (n = 9; 5-year OS, 55.6%) (p = 0.035) or in group 1 (n = 20; 5-year OS, 88.7%) (p < 0.001). There was no survival difference between groups 1 and 2 (p = 0.256). Anatomic location of RD was independently associated with OS (group 2, HR 2.425, p = 0.223; group 3, HR 9.627, p = 0.024). CONCLUSION: The anatomic location of RD independently predicts survival following re-resection, which is effective for locoregional disease control in IGBC, similar to resection for non-IGBC. Not all patients with RD have poor survival following re-resection for IGBC.

    DOI: 10.1007/s00423-021-02165-1

    PubMed

    researchmap

  • 術前Geriatric nutritional risk index(GNRI)の遠位胆管癌高齢患者における臨床的意義

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 峠 弘治, 市川 寛, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   76回   P240 - 4   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝内・肝外胆管癌の診断で外科切除された良性胆管狭窄症例の検討

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 峠 弘治, 長櫓 宏規, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 小林 隆, 若井 俊文

    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease   37 ( 1 )   33 - 33   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    researchmap

  • 門脈圧亢進症に対する外科治療 門脈圧亢進症に対する腹腔鏡下手術の長期成績

    小林 隆, 三浦 宏平, 坂田 純, 滝沢 一泰, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 島田 能史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   76回   RS10 - 5   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 非大腸癌肝転移に対する肝切除の意義 非大腸癌肝転移に対する肝切除術の臨床的意義

    齋藤 征爾, 坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 市川 寛, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   76回   RS18 - 1   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 進行胆嚢癌に対する術前化学療法

    坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 市川 寛, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   76回   P145 - 3   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 当施設におけるに膵頭十二指腸切除後腹腔内出血予防のための工夫

    長櫓 宏規, 滝沢 一泰, 坂田 純, 三浦 宏平, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 市川 寛, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   76回   P222 - 3   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 高齢者に対する胆道癌手術の適応と限界 Bismuth I/II型肝門部領域胆管癌に対する肝外胆管切除術の手術成績

    三浦 宏平, 坂田 純, 滝沢 一泰, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   76回   RS20 - 3   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆管癌に対する肝外胆管切除の外科切除成績

    峠 弘治, 坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 市川 寛, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   76回   P299 - 3   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Outcome of radical surgery for gallbladder carcinoma according to TNM stage: implications for adjuvant therapeutic strategies. 国際誌

    Kizuki Yuza, Jun Sakata, Yuki Hirose, Kohei Miura, Takuya Ando, Tomohiro Katada, Kazuyasu Takizawa, Takashi Kobayashi, Hiroshi Ichikawa, Yoshifumi Shimada, Masayuki Nagahashi, Toshifumi Wakai

    Langenbeck's archives of surgery   406 ( 3 )   801 - 811   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Outcomes following surgery for advanced gallbladder carcinoma remain unsatisfactory. This study aimed to determine the surgical outcome and effectiveness of adjuvant chemotherapy according to TNM stage in patients with gallbladder carcinoma. METHODS: A total of 200 patients undergoing surgery for gallbladder carcinoma were enrolled. Clinicopathological data were evaluated and surgical outcomes were compared between patients with and without adjuvant chemotherapy according to TNM stage. RESULTS: The 5-year overall survival (OS) after resection for patients with stage I (n = 27), IIA (n = 18), IIB (n = 28), IIIA (n = 25), IIIB (n = 43), IVA (n = 7), and IVB (n = 52) disease was 90.8%, 94.4%, 73.6%, 33.7%, 57.7%, 14.3%, and 11.8%, respectively (p < 0.001). R0 resection was performed in all patients with stage I or II disease, in 89.7% of those with stage III disease, and 69.5% of those with stage IV disease. For patients with stage III disease, adjuvant chemotherapy was associated with improved OS (5-year OS, 60.9% vs. 41.1%; p = 0.028) and was an independent prognostic factor (hazard ratio, 2.045; p = 0.039). For patients with stage IV disease, adjuvant chemotherapy appeared to affect OS (5-year OS, 25.1% vs. 5.3%; p = 0.041); R0 resection (hazard ratio, 1.882; p = 0.040) was the only independent prognostic factor. CONCLUSION: TNM stage clearly predicts survival after resection of gallbladder carcinoma. R0 resection with adjuvant chemotherapy is recommended for long-term survival in the multimodal management of patients with stage III or IV gallbladder carcinoma.

    DOI: 10.1007/s00423-020-02068-7

    PubMed

    researchmap

  • Clinicopathological Characteristics and Surgical Outcomes of Primary Cystic Duct Carcinoma: A Multi-institutional Study. 国際誌

    Jun Sakata, Yuki Hirose, Pankaj Prasoon, Chie Kitami, Masahiro Minagawa, Tatsuya Nomura, Naoyuki Yokoyama, Takashi Aono, Kizuki Yuza, Kohei Miura, Tomohiro Katada, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    World journal of surgery   45 ( 5 )   1613 - 1615   2021年5月

     詳細を見る

  • 生理機能から見たハイリスク胃癌患者に対する胃全摘の適応 胃癌根治患者における胃全摘術と他病死に関する検討

    羽入 隆晃, 市川 寛, 加納 陽介, 石川 卓, 小杉 伸一, 宗岡 悠介, 茂木 大輔, 小柳 英人, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PD - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵全摘術後の長期生存例の検討:多施設共同研究

    石川 博補, 坂田 純, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 長櫓 宏規, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 若井 俊文, 野村 達也, 横山 直行, 北見 智恵, 青野 高志, 小林 隆

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 3   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵切除後の膵外分泌機能評価および術前治療が膵外分泌機能に与える影響

    滝沢 一泰, 坂田 純, 長櫓 宏規, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 石川 博補, 三浦 宏平, 加納 陽介, 中野 麻恵, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝内胆管癌に対するリンパ節郭清 リンパ節郭清による恩恵を受ける症例は?

    峠 弘治, 坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 須藤 翔, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 長櫓 宏規, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 若井 俊文, 小林 隆, 小杉 伸一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Bismuth IV型肝門部領域胆管癌の手術成績と予後因子の検討

    三浦 宏平, 坂田 純, 長櫓 宏規, 三浦 要平, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 浩治, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 須藤 翔, 滝沢 一泰, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 若井 俊文, 小林 隆

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 3   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 非乳頭部十二指腸癌においてリンパ節転移個数が術後遠隔成績に及ぼす影響 多施設共同研究

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 須藤 翔, 石川 博補, 峠 弘治, 油座 築, 長櫓 宏規, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 高野 可赴, 野村 達也, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 7   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 進行胆道癌に対する集学的治療の意義 進行胆道癌に対する集学的治療 術前化学療法の治療成績

    坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 須藤 翔, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 長櫓 宏規, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PD - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【胆道癌診療の最前線】胆道癌のゲノム医療

    若井 俊文, 島田 能史, 奥田 修二郎, 栗山 洋子, 須貝 美佳, 中野 麻恵, 松本 瑛生, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 市川 寛, 坂田 純

    消化器外科   44 ( 2 )   207 - 212   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • Oncological outcomes of surgery for recurrent biliary tract cancer: who are the best candidates? 国際誌

    Jun Sakata, Tatsuya Nomura, Takashi Aono, Chie Kitami, Naoyuki Yokoyama, Masahiro Minagawa, Kazuyasu Takizawa, Kohei Miura, Yuki Hirose, Hiroshi Ichikawa, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    HPB : the official journal of the International Hepato Pancreato Biliary Association   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: This study aimed to investigate the impact of surgery on outcomes in patients with recurrent biliary tract cancer (BTC) and elucidate factors affecting survival after surgery for this disease. METHODS: A single-center study was undertaken in 178 patients with recurrent BTC, of whom 24 underwent surgery for recurrence, 85 received chemotherapy, and 69 received best supportive care. Then, we carried out a multicenter study in 52 patients undergoing surgery for recurrent BTC (gallbladder cancer, 39%; distal cholangiocarcinoma, 27%; perihilar cholangiocarcinoma, 21%; intrahepatic cholangiocarcinoma, 13%). RESULTS: In the single-center study, 3-year survival after recurrence was 53% in patients who underwent surgery, 4% in those who received chemotherapy, and 0% in those who received best supportive care (p < 0.001). Surgery was an independently prognostic factor (p < 0.001). In the multicenter series, the respective 3-year and 5-year survival after surgery for recurrence was 50% and 29% in the 52 patients. Initial site of recurrence was the only independent prognostic factor (p = 0.019). Five-year survival after surgery for recurrence in patients with single distant, multifocal distant, and locoregional recurrence was 51%, 0%, and 0%, respectively (p = 0.002). Sites of single distant recurrence included the liver (n = 13, 54%), distant lymph nodes (all from gallbladder cancer, n = 7, 29%), lung (n = 2, 9%), peritoneum (n = 1, 4%), and abdominal wall (n = 1, 4%). CONCLUSION: Surgery may be an effective option for patients with less aggressive tumor biology characterized by single distant recurrence in recurrent BTC.

    DOI: 10.1016/j.hpb.2021.01.007

    PubMed

    researchmap

  • [Long-Term Survival after Surgery with Postoperative Chemotherapy for Perihilar Cholangiocarcinoma with Residual Invasive Carcinoma at Ductal Resection Margins-A Case Report].

    Tomo Oiwa, Kohei Miura, Jun Sakata, Kizuki Yuza, Koji Toge, Yuki Hirose, Kazuyasu Takizawa, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Takashi Ishikawa, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1899 - 1901   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 64-year-old man with liver dysfunction was given a diagnosis of perihilar cholangiocarcinoma(Bismuth type Ⅳ). The tumor was predominantly right-sided and invaded to the bifurcation of the right and left portal veins. After confirming sufficient liver functional reserve and future liver remnant, the patient underwent extended right hepatectomy, extrahepatic bile duct resection, and portal vein resection and reconstruction. Intraoperative examination of frozen sections revealed the presence of residual invasive carcinoma on both the hepatic and duodenal sides of the ductal resection margins. However, we did not perform pancreaticoduodenectomy or additional resection of the margin-positive proximal bile duct considering the curability and invasiveness of these procedures. He received postoperative chemotherapy with biweekly gemcitabine plus cisplatin for 1 year, followed by gemcitabine monotherapy for 1 year, and S-1 monotherapy has been performed since then. He remains alive and well with no evidence of disease 63 months after surgery.

    PubMed

    researchmap

  • [Amelanotic Malignant Melanoma of the Esophagogastric Junction-A Case Report].

    Ryota Magara, Yosuke Kano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Takashi Ishikawa, Yusuke Muneoka, Kohei Miura, Kazuyasu Takizawa, Yoshifumi Shimada, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Kaori Takamura, Hajime Umezu, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   2083 - 2085   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 73-year-old man presented with anemia, and gastroscopy showed a nonpigmented tumor in the esophagogastric junction. The result of the tumor biopsy initially suspected poorly differentiated adenocarcinoma. However, additional immunohistochemical examination revealed malignant melanoma. The final diagnosis was amelanotic malignant melanoma of the esophagogastric junction with adrenal and spinal metastasis. Although immunotherapy was performed, the patient died 132 days after diagnosis.

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of a"Watch and Wait Therapy"Approach after Preoperative Chemoradiotherapy for Rectal Cancer Accompanied by Severe Emphysema].

    Yasuo Obata, Yoshifumi Shimada, Atsushi Ohta, Akio Matsumoto, Kana Tanaka, Hidehito Oyanagi, Mae Nakano, Masato Nakano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1960 - 1962   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 72-year-old man was referred to our hospital for treatment for rectal cancer. Digital rectal examination and colonoscopy revealed a 4 cm tumor located at the anterior rectal wall 5 cm away from the anal verge, and pathological examination confirmed that the tumor was adenocarcinoma. A computed tomography scan detected neither regional lymph node metastasis nor distant metastasis. Hence, he was diagnosed with cT3N0M0, cStage Ⅱa rectal cancer. The preoperative general examination revealed bradyarrhythmia and severe emphysema, and he was considered to be high risk for general anesthesia. After placement of a pacemaker, preoperative capecitabine-based chemoradiotherapy(CRT)(50.4 Gy in 28 fractions of 1.8 Gy each)was implemented. The digital rectal examination and imaging evaluation 4 weeks after preoperative CRT revealed that the tumor disappeared, and pathological examination showed no malignant findings. Considering the risks of general anesthesia, the"watch and wait therapy"approach was adopted with sufficient informed consent. At present, 15 months after preoperative CRT, no evidence of regrowth or distant metastasis has been detected under rigorous follow- up evaluations.

    PubMed

    researchmap

  • 進行膵頭部癌術後に発生したSister Mary Joseph's Noduleの1切除例

    滝沢 一泰, 坂田 純, 長櫓 宏規, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 須藤 翔, 三浦 宏平, 市川 寛, 永橋 昌幸, 島田 能史, 小林 隆, 石川 卓, 若井 俊文

    癌と化学療法   47 ( 13 )   2409 - 2411   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は63歳、女性。黄疸を契機に発見された膵頭部癌で、CTで上腸間膜動脈起始部の大動脈前面にリンパ節転移を認めた。nab-PTX+GEM併用療法を開始し、5コース後の治療効果判定は部分奏効PRで、初診から6ヵ月後に亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した。病理組織学的診断は浸潤性膵管癌で、ypT2N1bM0、Stage IIBであった。術後補助化学療法としてS-1療法を行った。術後14ヵ月で腹壁瘢痕ヘルニア近傍の臍部に臍転移(Sister Mary Joseph's nodule:SMJN)を認めた。他の遠隔転移は認めず、腫瘤切除および腹壁瘢痕ヘルニア修復術を施行した。病理組織学的診断では膵癌の転移であった。引き続きGEMOX療法を行ったが、臍切除3ヵ月後に多発の皮膚転移が出現した。mFOLFIRINOX療法に変更したが皮膚転移は増悪し、出血と疼痛の症状緩和のため皮膚切除した。化学療法を継続したが徐々に全身状態が悪化し、初診から2年5ヵ月(臍切除後7ヵ月)で死亡した。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20210118600224&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F224%2F2409b2411%26dl%3D3&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F224%2F2409b2411%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • 肺気腫併存直腸癌に術前化学放射線療法後Watch and Wait治療を行った1例

    小幡 泰生, 島田 能史, 太田 篤, 松本 瑛生, 田中 花菜, 小柳 英人, 中野 麻恵, 中野 雅人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法   47 ( 13 )   1960 - 1962   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は72歳、男性。下血を主訴に来院し、大腸内視鏡検査で肛門縁から5cmの直腸前壁に下縁を有する2型腫瘍を指摘された。生検で高分化管状腺癌であった。術前胸腹骨盤部CT検査の結果遠隔転移は認めず、下部直腸癌、cT3N0M0、cStage IIaと診断された。術前の全身検査で徐脈性心房細動および重症肺気腫を認め、全身麻酔のリスクが高い症例と判断された。ペースメーカー留置後、術前化学放射線療法(CRT)(capecitabine併用、1.8Gy28回、計50.4Gy)を開始した。術前CRT後4週間目の直腸診および画像評価では腫瘍は消失し、生検で悪性所見を認めなかった。十分なインフォームド・コンセントの下、全身麻酔のリスクを勘案し、"watch and wait治療"の方針とした。現在、術前CRT後15ヵ月経過し局所の再増大および遠隔転移を認めず、経過観察を行っている。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20210118600073&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F073%2F1960b1962%26dl%3D3&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F073%2F1960b1962%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • [A Case of Umbilical Metastasis from Pancreatic Cancer after Surgery].

    Kazuyasu Takizawa, Jun Sakata, Hiroki Nagaro, Kizuki Yuza, Koji Toge, Yuki Hirose, Hirosuke Ishikawa, Natsuru Sudo, Kohei Miura, Hiroshi Ichikawa, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Takashi Kobayashi, Takashi Ishikawa, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   2409 - 2411   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The patient was a 63-year-old woman with diagnosis of pancreatic cancer. Abdominal CT showed pancreatic head tumor and paraaortic lymph node metastasis. We performed chemotherapy with nab-paclitaxel plus gemcitabine. After 5 courses of chemotherapy, the tumor reduced in size. Pancreaticoduodenectomy followed by adjuvant chemotherapy with S-1 was performed. Fourteen months after surgery, umbilical metastasis(Sister Mary Joseph's nodule: SMJN)was found in the umbilicus near the abdominal incisional hernia. There was no evidence of metastasis except in the umbilicus, we performed the umbilical tumor resection and abdominal incisional hernia repair. Pathological diagnosis was pancreatic cancer metastasis. Although following chemotherapy, multiple skin metastases was found in the lower abdomen 3 months after umbilical resection. We performed skin metastases resection to relieve pain and symptoms of bleeding. But she died 29 months after the initial therapy(7 months after umbilical resection).

    PubMed

    researchmap

  • 診断に難渋した食道胃接合部メラニン欠乏性悪性黒色腫の1例

    真柄 亮太, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 宗岡 悠介, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 高村 佳緒里, 梅津 哉, 若井 俊文

    癌と化学療法   47 ( 13 )   2083 - 2085   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は73歳、男性。貧血精査目的の上部消化管内視鏡検査で、食道胃接合部に白色から発赤調で易出血性の不整な隆起性腫瘤を認めた。生検では充実型低分化腺癌が疑われたが確定診断が得られず、追加で施行した免疫組織化学染色で悪性黒色腫と診断した。食道胃接合部原発の悪性黒色腫、cT3N1M1(副腎、骨)、cStage IVb(食道癌取扱い規約第15版)に対して、ペムブロリズマブの投与を行ったが肺転移が出現し原病死した。本例は腫瘍の主局在が胃側にあり、メラニン欠乏性悪性黒色腫であったため典型的な肉眼的・組織学的所見が得られず診断に難渋した。食道胃接合部の腫瘍においても、メラニン欠乏性悪性黒色腫の可能性を念頭に置いて診断を行う必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20210118600115&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F115%2F2083b2085%26dl%3D3&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F115%2F2083b2085%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • 術後化学療法で長期生存が得られた胆管切離断端浸潤癌陽性の肝門部領域胆管癌の1例

    大岩 智, 三浦 宏平, 坂田 純, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法   47 ( 13 )   1899 - 1901   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は64歳、男性。肝機能障害の精査で肝門部領域胆管癌と診断された。腫瘍は右側優位のBismuth分類IV型で、門脈右枝〜左右分枝への浸潤が認められた。肝予備能、残肝容積は十分であり、拡大肝右葉切除術+肝外胆管切除術+門脈合併切除術が実施された。術中迅速組織診断で十二指腸側・肝側胆管切離断端がともに浸潤癌陽性となったが、進行度や侵襲度を勘案し、膵頭十二指腸切除術の追加や左肝管断端の追加切除は行わなかった。最終的な進行度はpT4b、pN0、cM0、Stage IV A、pDMI(w)、pHM1(w)、pPV1(a)、R1であった。術後化学療法としてgemcitabine(GEM)+cisplatin療法を1年、GEM療法を1年実施した後、S-1療法を継続している。術後5年3ヵ月経過した現在、無再発生存中である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20210118600053&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F053%2F1899b1901%26dl%3D3&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F053%2F1899b1901%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • Genomically stableサブタイプ胃癌の遺伝子異常と臨床病理学的特徴の検討

    永橋 昌幸, 市川 寛, 島田 能史, 羽入 隆晃, 石川 卓, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   75回   P079 - 2   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • A giant pelvic solitary fibrous tumor with Doege-Potter syndrome successfully treated with transcatheter arterial embolization followed by surgical resection: a case report. 国際誌

    Kizuki Yuza, Jun Sakata, Hiroki Nagaro, Takuya Ando, Yuki Hirose, Kohei Miura, Kazuyasu Takizawa, Takashi Kobayashi, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Yoshifumi Shimada, Masayuki Nagahashi, Shin-Ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    Surgical case reports   6 ( 1 )   299 - 299   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Solitary fibrous tumor (SFT), a mesenchymal fibroblastic tumor with a hypervascular nature, rarely develops in the pelvis. Resection of a giant SFT occupying the pelvic cavity poses an increased risk of developing massive hemorrhage during resection, although surgical resection is the most effective treatment method for this tumor to achieve a potential cure. SFT rarely develops with Doege-Potter syndrome, which is known as a paraneoplastic syndrome characterized by non-islet cell tumor hypoglycemia (NICTH) secondary to SFT that secretes insulin-like growth factor-II (IGF-II). We present a case of a giant pelvic SFT with Doege-Potter syndrome, which was successfully treated with transcatheter arterial embolization (TAE) followed by surgical resection. CASE PRESENTATION: A 46-year-old woman presented with a disorder of consciousness due to refractory hypoglycemia. Images of the pelvis showed a giant and heterogeneously hypervascular mass displacing and compressing the rectum. Endocrinological evaluation revealed low serum levels of insulin and C-peptide consistent with NICTH. Angiography identified both the inferior mesenteric artery and the bilateral internal iliac artery as the main feeders of the tumor. To avoid intraoperative massive bleeding, super-selective TAE was performed for the tumor 2 days prior to surgery. Hypoglycemia disappeared after TAE. The tumor was resected completely, with no massive hemorrhage during resection. Histologically, it was diagnosed as IGF-II-secreting SFT. Partial necrosis of the rectum in the specimen was observed due to TAE. The patient was followed up for 2 years and no evidence of disease has been reported. CONCLUSIONS: Preoperative angiography followed by TAE is an exceedingly helpful method to reduce intraoperative hemorrhage when planning to resect SFT occupying the pelvic cavity. Complications related to ischemia should be kept in mind after TAE, which needs to be planned within 1 or 2 days before surgery. TAE for tumors may be an option in addition to medical and surgical treatment for persistent hypoglycemia in Doege-Potter syndrome.

    DOI: 10.1186/s40792-020-01076-5

    PubMed

    researchmap

  • 良悪性鑑別困難な胆膵疾患の診断と治療の最前線-内科、外科の立場から- 肝内・肝外胆管癌の診断で外科切除された良性胆管狭窄症例の検討

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 峠 弘治, 長櫓 宏規, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器病学会甲信越支部例会抄録集   67回   33 - 33   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-甲信越支部  

    researchmap

  • 心疾患を有する高リスクの肝細胞癌に対して大動脈バルーンパンピング下に拡大後区域切除術を施行した1例

    長櫓 宏規, 坂田 純, 三浦 宏平, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 滝沢 一泰, 小林 隆, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 若井 俊文

    日本消化器病学会甲信越支部例会抄録集   67回   92 - 92   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-甲信越支部  

    researchmap

  • その他 栄養・合併症

    三浦 宏平, 坂田 純, 長櫓 宏規, 三浦 要平, 油座 築, 安藤 拓也, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 加納 陽介, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 小林 隆, 石川 卓, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   53 ( Suppl.2 )   157 - 157   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆道 悪性

    長櫓 宏規, 坂田 純, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 堅田 朋大, 石川 博補, 峠 弘治, 三浦 要平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   53 ( Suppl.2 )   298 - 298   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆道 悪性

    坂田 純, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 堅田 朋大, 石川 博補, 峠 弘治, 三浦 要平, 長櫓 宏規, 滝沢 一泰, 小林 隆, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   53 ( Suppl.2 )   298 - 298   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆道 悪性

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 三浦 要平, 長櫓 宏規, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   53 ( Suppl.2 )   300 - 300   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆道 悪性

    油座 築, 坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 安藤 拓也, 三浦 要平, 長櫓 宏規, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   53 ( Suppl.2 )   299 - 299   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胃管瘻抜去後の難治性皮膚瘻をOver-The-Scope Clip(OTSC)で閉鎖した食道癌術後患者の一例

    茂木 大輔, 市川 寛, 川田 雄三, 水野 研一, 加納 陽介, 羽入 隆晃, 須藤 翔, 石川 卓, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小柳 英人, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器病学会甲信越支部例会抄録集   67回   83 - 83   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-甲信越支部  

    researchmap

  • Clinicopathological Characteristics and Surgical Outcomes of Primary Cystic Duct Carcinoma: A Multi-institutional Study. 国際誌

    Jun Sakata, Yuki Hirose, Pankaj Prasoon, Chie Kitami, Masahiro Minagawa, Tatsuya Nomura, Naoyuki Yokoyama, Takashi Aono, Kizuki Yuza, Kohei Miura, Tomohiro Katada, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    World journal of surgery   44 ( 11 )   3875 - 3883   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The role of surgery in the management of primary cystic duct carcinoma (CDC) remains unclear especially in advanced disease. This study aimed to evaluate long-term outcomes in patients undergoing surgery for primary CDC. METHODS: From a multi-institutional database, we identified 41 patients who underwent surgery for primary CDC, defined as a part of gallbladder carcinoma with the tumor centre located in the cystic duct. RESULTS: Of the 41 patients, 31 (75.6%) underwent preoperative biliary drainage for jaundice. Twenty-eight (68.3%) patients underwent extensive resection including major hepatectomy (n = 21), pancreaticoduodenectomy (n = 4), or both procedures (n = 3). Thirty-four (82.9%) patients had ≥ pT3 tumor, while 31 (75.6%) patients had involvement of contiguous organs/structures. Nodal and distant metastasis was found in 26 (63.4%) and 7 (17.1%) patients, respectively. Most patients (90.2%) had perineural invasion. Median overall survival was 23.7 months in all 41 patients. Factors independently associated with both overall and disease-specific survival were pN (P = 0.003 and P = 0.007, respectively) and pM (P = 0.003 and P = 0.013, respectively) classification. Median survival was 75.3, 17.7, and 5.2 months for patients with pN0M0 (n = 14), pN1/2pM0 or pN0pM1 (n = 21), and pN1/2pM1 (n = 6) disease, respectively (P < 0.001). CONCLUSIONS: Primary CDC is characterized by locally advanced disease with aggressive histopathological characteristics at surgery, leading to extensive resection during treatment. Surgery provides potential benefits for patients with pN0pM0 disease, whereas pN1/2 and/or pM1 status appear to have strong adverse effects on survival.

    DOI: 10.1007/s00268-020-05656-2

    PubMed

    researchmap

  • 消化管疾患に対する低侵襲治療の現状と今後の展開-内科、外科の立場から- 当院における腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)の現状と課題

    加納 陽介, 羽入 隆晃, 佐藤 裕樹, 水野 研一, 市川 寛, 石川 卓, 宗岡 悠介, 茂木 大輔, 須藤 翔, 小柳 英人, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 寺井 崇二, 若井 俊文

    日本消化器病学会甲信越支部例会抄録集   67回   69 - 69   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-甲信越支部  

    researchmap

  • 経過中に肺血栓塞栓症を併発した上腸間膜静脈閉塞症の1例

    大竹 紘子, 滝沢 一泰, 田中 花菜, 峠 弘治, 石川 博補, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 石川 卓, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 増刊 )   531 - 531   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 【胆嚢癌外科診療は進歩したか-現状と問題点-】至適リンパ節郭清範囲 領域リンパ節とは

    坂田 純, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 市川 寛, 永橋 昌幸, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    胆と膵   41 ( 9 )   851 - 855   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    胆嚢癌根治手術の際の至適リンパ節郭清範囲に関して、文献をレビューすることで考察した。本邦、AJCC、UICCのすべての規約において、肝十二指腸間膜内および総肝動脈幹リンパ節は領域リンパ節に含まれている。しかし、本邦の規約のみ上膵頭後部リンパ節が、UICCの規約のみ腹腔動脈周囲および上腸間膜動脈リンパ節が領域リンパ節に含まれていることが規約間の相違点である。転移頻度と切除成績の両者の観点から、上膵頭後部リンパ節は領域リンパ節として取り扱うのが妥当である。一方、腹腔動脈周囲および上腸間膜動脈リンパ節は、少数の転移陽性症例の検討が存在するにすぎず、現時点では、領域リンパ節とすることは推奨できない。進行胆嚢癌において、腫瘍学的に根治をめざして郭清するべきリンパ節の至適範囲は、本邦の胆道癌取扱い規約第6版の定める領域リンパ節とすることが妥当である。(著者抄録)

    researchmap

  • γH2AXと53BP1の蛍光二重免疫染色による発現様式は胆管生検組織における組織学的良悪性鑑別に有用である

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 峠 弘治, 安藤 拓也, 油座 築, 三浦 要平, 長櫓 宏規, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    胆道   34 ( 3 )   498 - 498   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるBRCA体細胞変異の同定について

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 日本人外科医として世界に発信できるトランスレーショナルリサーチ

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 田島 陽介, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SSF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝門部領域胆管癌に対する外科切除の意義の再考 リンパ節転移の観点から

    坂田 純, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 三浦 要平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆.癌に対する拡大胆嚢摘出術の適応と限界

    三浦 要平, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 加納 陽介, 三浦 宏平, 田島 陽介, 市川 寛, 中野 麻恵, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵癌に対する膵全摘術の意義

    堅田 朋大, 坂田 純, 滝沢 一泰, 野村 達也, 横山 直行, 北見 智恵, 皆川 昌広, 青野 高志, 三浦 要平, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 高野 可赴, 小林 隆, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵良性腫瘍、低悪性度腫瘍に対する腹腔鏡下尾側膵切除(脾合併切除)と腹腔鏡下脾温存尾側膵切除の治療成績の検討

    小林 隆, 三浦 宏平, 坂田 純, 滝沢 一泰, 堅田 朋大, 廣瀬 雄己, 三浦 要平, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 島田 能史, 中野 雅人, 羽入 隆晃, 市川 寛, 加納 陽介, 小柳 英人, 酒井 剛, 永井 佑, 臼井 賢司, 真柄 亮太, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Actute care surgeryの現状と未来 外科医が担うACS

    滝沢 一泰, 坂田 純, 油座 築, 三浦 要平, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 小林 隆, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 中野 麻恵, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部胃癌に対する噴門側胃切除術の栄養学的意義と再建手技の検討

    羽入 隆晃, 市川 寛, 加納 陽介, 石川 卓, 根本 万理子, 酒井 剛, 宗岡 悠介, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 慢性炎症による癌の増殖・転移を促進する脂質メディエーター分子機構

    永橋 昌幸, 土田 純子, 油座 築, 諸 和樹, 根本 万里子, 廣瀬 雄己, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 三浦 宏平, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中島 真人, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患関連肝細胞癌におけるATM発現が肝切除後の予後に与える影響

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 三浦 要平, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 正中弓状靱帯による腹腔動脈起始部狭窄 11症例の臨床経験

    峠 弘治, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 若井 俊文

    手術   74 ( 5 )   839 - 845   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    正中弓状靱帯(MAL)による腹腔動脈起始部狭窄を伴う手術11例を対象に、臨床的検討を行った。その結果、MALによる腹腔動脈起始部狭窄の診断の契機は、膵頭十二指腸切除術(PD)前のdynamic CT検査6例、膵十二指腸動脈瘤形成・破裂3例、食後の慢性腹痛1例、肝細胞癌診断時のdynamic CT検査1例であった。MALを切離した症例は8例で、手術はPD2例、亜全胃温存PD1例、TAE3例、肝右葉切除術1例、なし1例であった。MAL切離は周術期合併症なく安全に施行でき、手術後も腹腔動脈還流領域の虚血に起因する合併症を認めなかった。MALを切離しなかった症例は3例で、手術は亜全胃温存PDであった。3例とも腹腔動脈起始部狭窄に起因する症状はなかった。亜全胃温存PD後に2例に腹腔動脈還流領域の虚血に起因する合併症を認めた(肝外側区域の梗塞1例、膵腸吻合部狭窄1例)。MALによる腹腔動脈起始部狭窄に対しMAL切離は有用と考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00620&link_issn=&doc_id=20200513200018&doc_link_id=10.18888%2Fop.0000001696&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18888%2Fop.0000001696&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • [A Case of Long-Term Survival in a Patient with Advanced Rectal Cancer and Paraaortic and Lateral Lymph Node Metastases].

    Yumiko Yamashita, Hitoshi Kameyama, Kaoru Abe, Kana Tanaka, Hidehito Oyanagi, Mae Nakano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2033 - 2035   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 65-year-old woman was referred for further examination following positive results on a fecal occult blood test. Colonoscopy revealed type 0-Ⅱa cancer, with a lesion measuring 2 cm in diameter in the rectosigmoid colon, and type 5 cancer, with a lesion measuring 6 cm in diameter in the upper rectum. Computed tomography(CT)and positron emission tomography (PET)-CT revealed mesorectal lymph node metastases. Therefore, she was diagnosed with rectosigmoid colon cancer(Stage Ⅰ)and upper rectal cancer(Stage Ⅲa). However, PET-CT also revealed slight fluorodeoxyglucose uptake in the paraaortic and lateral lymph node lesions; hence, the possibility ofmetastasis could not be ruled out. Given that chemotherapy was restricted due to renal dysfunction, low anterior resection was performed as the first choice. Analysis of intraoperative frozen sections showed paraaortic and lateral lymph node metastases; thus, we performed lymph node dissection of these lesions. Pathological examination ofthe resected lymph nodes revealed that 21 of 37 lesions were cancer metastases. S-1 was administered as adjuvant chemotherapy for 5 months. Mediastinal lymph node metastases was suspected on chest CT 5 months and 3 years post-surgery; thus, panitumumab was administrated. These lymph nodes decreased in size immediately. Six years after the first surgery, the patient was well without any signs of recurrence.

    PubMed

    researchmap

  • [Digestive Surgery Intervention for Gynecological Malignant Tumor].

    Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Kaoru Abe, Hidehito Oyanagi, Mae Nakano, Masato Nakano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Nobumichi Nishikawa, Takayuki Enomoto, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2176 - 2178   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIM: This study aimed to determine surgical outcomes in patients with gynecological cancers for whom surgery was performed by gynecologists and digestive surgeons. METHODS: Seventy-three patients who underwent surgery for a gynecological malignant tumor from January 2010 to December 2014 were included in this retrospective study. Data on the definitive diagnosis, operative procedures, postoperative complications, stoma settings, length of hospital stay, and prognosis was collected for each patient. RESULTS: The median age of this female-only cohort was 60 years. Emergency surgery was performed in 8(11.0%)patients. Ovarian cancer was diagnosed in 56(76.7%)patients, and among these patients, the clinical disease Stage was Ⅰ, Ⅱ, Ⅲ, and Ⅳ in 4, 4, 20, and 11 patients, respectively. Moreover, 17 patients had recurrent ovarian cancer. Intestinal resection with anastomosis was performed in 25(34.2%)patients. Stoma formation was performed in 22 (30.1%)patients, however no patient underwent stoma closure surgery in the current study. The median operative time was 252 minutes, and the median blood loss was 1,190 mL. Regarding postoperative complications, ileus, pelvic abscess, and anastomotic leakage developed in 6(8.2%), 4(5.5%), and 2(2.7%)patients, respectively. The postoperative median survival time in patients with ovarian cancer was 1,399 days. CONCLUSION: These results suggest that tumor debulking, including intestinal tract resection, may contribute to the prolonged prognosis of gynecological tumors, although stoma closure is difficult to perform.

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Peritoneal Metastases after Radiofrequency Ablation for Liver Metastasis from a Pancreatic Neuroendocrine Tumor].

    Hiroki Nagaro, Yuki Hirose, Tomohiro Katada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Kazuyasu Takizawa, Kohei Miura, Koji Toge, Takuya Ando, Kizuki Yuza, Hiroshi Ichikawa, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2015 - 2017   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 77-year-old woman presented with peritoneal metastases from a pancreatic neuroendocrine tumor(p-NET). At the age of 56 years, she underwent distal pancreatectomy for p-NET, which was pathologically diagnosed as G2. She underwent right hemihepatectomy for liver metastasis(S6)from the p-NET 10 years post-pancreatectomy. Eight years post-hepatectomy, radiofrequency ablation(RFA)was attempted for liver metastasis(S4)from the p-NET. However, RFA was not completed because of hematoma development along the needle tract of RFA. She underwent partial hepatectomy for this lesion 6 months post-RFA. Two years post-RFA, localized peritoneal metastases on the right diaphragm were detected. She underwent en bloc tumor resection with partial resection of the diaphragm. She remains alive and well with no evidence of disease 2 years post-resection of the peritoneal metastases from the p-NET.

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Long-Term Survival after Resection for Metachronous Liver and Lung Metastases of Rectal Cancer Associated with Familial Adenomatous Polyposis].

    Michiru Arabiki, Hitoshi Kameyama, Kaoru Abe, Kana Tanaka, Hidehito Oyanagi, Yosuke Tajima, Mae Nakano, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Hiroshi Ichikawa, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2228 - 2230   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 37-year-old man was admitted to our hospital for the treatment of familial adenomatous polyposis and rectal carcinoma. He underwent total colectomy with ileoanal anastomosis(pT3N1M0, pStage Ⅲa)followed by adjuvant therapy with S-1. Three months after primary surgery, CT and MRIrevealed liver metastases(S5, S6). Laparoscopic partial hepatectomy was performed. Two years after primary surgery, new liver metastases(S2, S8)were found and we performed open partial hepatectomy and administered mFOLFOX6. Three years and 5 months after primary surgery, right lung metastases(S6, S9) were detected and the patient underwent a thoracoscopic-assisted right lung wedge resection. Repeated resection of metastases might have contributed to the long-survival in our case.

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Pathological Complete Response with Neoadjuvant Chemotherapy for Advanced Rectal Cancer].

    Shukichi Okada, Hitoshi Kameyama, Kaoru Abe, Kana Tanaka, Hidehito Oyanagi, Mae Nakano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2057 - 2059   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 62-year-old man was admitted with complaints of bloody stool. Colonoscopy revealed a 5 cm diameter type 2 tumor in the lower rectum close to the anal canal. Tumor biopsy indicated a well-differentiated tubular adenocarcinoma. Computed tomography revealed locally advanced rectal cancer with mesorectal lymph node metastases(cT3N1P0M0, Stage Ⅲa, JSCCR 8th). The patient was treated with neoadjuvant chemotherapy(NAC)after transverse colostomy as an anus-preserving procedure. For the NAC, 12 courses of capecitabine plus oxaliplatin(CapeOX)and bevacizumab(BV)were administered. Colonoscopy after NAC revealed that the main tumor had considerably shrunk. No malignant tissues were found on biopsy. However, rectal wall thickness remained unchanged. Therefore, response evaluation for chemotherapy indicated partial response. Intersphincteric resection(ISR)with diverting loop ileostomy was performed as an anus-preserving surgical procedure. No remnant tumor in the rectum or lymph node metastases were found upon the pathological examination of resected specimens. Ileostomy closure was performed at 6 months post-ISR. At 12 months post-ISR, the patient was well and showed no signs of recurrence. This case demonstrated that NAC with CapeOX and BV can be a promising option for treating locally advanced lower rectal cancer and preserving the anus.

    PubMed

    researchmap

  • 高齢者術後再発膵癌に対するGemcitabine+nab-Paclitaxel併用療法の検討

    滝沢 一泰, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 齋藤 敬太, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 小林 隆, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   157 - 157   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝外胆管切除を伴う肝切除症例における予後予測因子の検討

    安藤 拓也, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 諸 和樹, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   218 - 218   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Precision Medicine 固形癌における包括的ゲノム解析に基づくPrecision Medicine(Precision Medicine)

    若井 俊文, 島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 油座 築, 根本 万里子, 中野 麻恵, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 棗田 学, 吉原 弘祐, 奥田 修二郎

    日本癌治療学会学術集会抄録集   57回   JSY1 - 4   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 胆嚢摘出術時の胆管損傷に対する胆道再建術後の晩期合併症として多発肝内結石を生じた1例

    小幡 泰生, 廣瀬 雄己, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   80 ( 増刊 )   789 - 789   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 下大静脈血栓症および肺血栓塞栓症を伴う巨大肝嚢胞の1切除例

    齋藤 征爾, 堅田 朋大, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   80 ( 増刊 )   592 - 592   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 消化器外科領域に応用可能な分子レベルの技術開発 次世代シークエンサーを用いた遺伝子検査とゲノム解析データベース構築(Molecular Technology Development for Gastroenterological Diseases Next-generation sequencing-based gene test and construction of a genomic analysis database)

    永橋 昌幸, 若井 俊文, 島田 能史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 竹内 志穂, 奥田 修二郎

    日本癌学会総会記事   78回   SST6 - 4   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 正中弓状靱帯による腹腔動脈起始部圧迫症候群11症例の検証

    峠 弘治, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 廣瀬 雄己, 市川 寛, 島田 能史, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   74回   O44 - 8   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 遠位胆管癌におけるAJCC第8版のT分類(depth of invasion)の検証

    峠 弘治, 坂田 純, 油座 築, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道胃接合部腺癌における肉眼的近位切離断端距離の臨床的意義

    市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 臼井 賢司, 根本 万理子, 酒井 剛, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 田島 陽介, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 3   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道胃接合部腺癌における術前内視鏡検査による食道浸潤長評価の精度

    酒井 剛, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 臼井 賢司, 根本 万理子, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 田島 陽介, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植後de novo悪性腫瘍発症例の検討

    三浦 宏平, 小林 隆, 安藤 拓也, 油座 築, 土田 純子, 諸 和樹, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 田島 陽介, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 5   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵癌に対するUICC TNM病期分類第8版の検証

    安藤 拓也, 滝沢 一泰, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 石川 卓, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳頭部癌における根治切除後再発 再発率、再発形式、危険因子、再発治療

    堅田 朋大, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌史, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆道癌において脂質メディエーターS1Pの産生は亢進しリンパ行性進展に寄与する TCGAデータと自施設データ解析による検討

    廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 中野 雅人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌におけるAJCC第8版のN分類の妥当性の検証

    油座 築, 坂田 純, 安藤 拓也, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Lymphatic spread of T2 gallbladder carcinoma: Regional lymphadenectomy is required independent of tumor location. 査読

    Toge K, Sakata J, Hirose Y, Yuza K, Ando T, Soma D, Katada T, Miura K, Takizawa K, Kobayashi T, Wakai T

    European journal of surgical oncology : the journal of the European Society of Surgical Oncology and the British Association of Surgical Oncology   2019年3月

  • 膵管内乳頭粘液性腺癌術後腹膜播種再発に対し緩和的放射線療法および化学療法が奏効した1例

    滝沢 一泰, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 仲野 哲矢, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法   46 ( 2 )   372 - 374   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は82歳、男性。検診を契機に診断された膵管内乳頭粘液性腫瘍で、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した。病理診断は膵管内乳頭粘液性腺癌で、pT3N1M0、pStage IIBであった。術後補助化学療法としてS-1療法を行っていたが、術後6ヵ月で上腹部痛の訴えがあり、CT検査で腹壁および腹膜播種再発と診断した。化学療法の適応であるが、高齢であり再発部位は上腹部に限局していたため、症状緩和治療を行うこととした。オピオイドを導入し、局所に対して30Gyの緩和的放射線療法を行った。癌性疼痛は軽快しオピオイドの離脱が可能であった。再発から2ヵ月後にnab-paclitaxel+gemcitabine併用療法を開始した。放射線療法によって症状は緩和され、化学療法にて病状の進行は抑制され、QOLを維持できている。術後2年6ヵ月現在、再発から2年経過しているが無増悪生存中である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190220370047&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2019%2F004602%2F048%2F0372-0374%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2019%2F004602%2F048%2F0372-0374%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • [Surgical Resection after Transarterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma with Bile Duct Tumor Thrombus-Report of a Long-Term Survivor]. 査読

    Sakata J, Kobayashi T, Takizawa K, Miura K, Katada T, Hirose Y, Toge K, Ando T, Soma D, Yuza K, Ichikawa H, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 2 )   297 - 299   2019年2月

     詳細を見る

  • [A Case of Peritoneal Recurrence of Invasive Ductal Carcinoma Derived from Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm after Surgery Treated with Palliative Radiation Therapy and Chemotherapy]. 査読

    Takizawa K, Sakata J, Ando T, Yuza K, Toge K, Hirose Y, Nakano T, Ishikawa H, Katada T, Miura K, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 2 )   372 - 374   2019年2月

     詳細を見る

  • [Pancreaticoduodenectomy for Recurrent Retroperitoneal Liposarcoma]. 査読

    Ishikawa H, Sakata J, Ando T, Soma D, Yuza K, Toge K, Hirose Y, Katada T, Miura K, Takizawa K, Kobayashi T, Ichikawa H, Nagahashi M, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1845 - 1847   2018年12月

     詳細を見る

  • [A Case of Long-Term Survival after Reoperation for Neck Lymph Node Metastasis Occurring Seven Years after Pancreaticoduodenectomy for Pancreatic Adenocarcinoma]. 査読

    Ando T, Takizawa K, Yuza K, Soma D, Toge K, Hirose Y, Katada T, Miura K, Sakata J, Kobayashi T, Ichikawa H, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2312 - 2314   2018年12月

     詳細を見る

  • [Surgical Resection for Peritoneal Metastasis in Hepatocellular Carcinoma-A Report of Three Cases]. 査読

    Nakano T, Sakata J, Ando T, Yuza K, Soma D, Hirose Y, Katada T, Miura K, Takizawa K, Kobayashi T, Ichikawa H, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1949 - 1951   2018年12月

     詳細を見る

  • [A Case of Long-Term Survival in a Patient with Ascending Colon Cancer and Synchronous Multiple Liver Metastases after Multimodality Therapy Including Multiple Hepatectomy]. 査読

    Hotta S, Kameyama H, Shimada Y, Yamada S, Tanaka K, Tajima Y, Nakano M, Ichikawa H, Hanyu T, Takizawa K, Nakano M, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2464 - 2466   2018年12月

     詳細を見る

  • 再発巣に対して膵頭十二指腸切除術を施行した後腹膜脂肪肉腫の1例

    石川 博補, 坂田 純, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 市川 寛, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   1845 - 1846   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は57歳、女性。腹部膨満感と食欲低下を主訴に来院した。腹部CT検査で腹腔内臓器を圧排する巨大な後腹膜腫瘍を認め、後腹膜脂肪肉腫と診断し、手術を施行した。腫瘍は下行結腸、左腎臓、左卵巣を巻き込んでおり、腫瘍とともにこれらの臓器をen blocに摘出した。病理組織学的検査で脱分化型脂肪肉腫と診断された。術後1年目のCT検査で膵頭部背側に低濃度腫瘤の新規出現を認め、脂肪肉腫の再発と診断した。遠隔転移を認めず、完全切除が可能と判断し、再発巣に対して亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した。術後は特記すべき合併症を認めなかった。再発巣切除から1年が経過した現在、無再発生存中である。後腹膜脂肪肉腫に対し有効な化学療法が存在しない現況を考慮すると、本疾患の予後改善のためには可能な限り外科的切除を追求する必要があるものと考える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600019&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F019%2F1845-1847%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F019%2F1845-1847%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 多発外傷に対する集学的治療後に生じた腸管気腫症が保存的に軽快した1例

    酒井 剛, 羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 根本 万理子, 臼井 賢司, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   562 - 562   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 魚骨による消化管穿孔の3例

    山井 大介, 市川 寛, 根本 万理子, 臼井 賢司, 酒井 剛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   623 - 623   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌における根治切除後再発 再発率、再発形式、危険因子、再発治療

    坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   926 - 926   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるBlumgart変法による膵空腸吻合術後膵液瘻の検討

    滝沢 一泰, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   1000 - 1000   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝内胆管癌に対する外科治療戦略 術前/術後化学療法の治療効果

    堅田 朋大, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   308 - 308   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 外傷性横隔膜損傷6例の検討

    石川 博補, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   50 - 50   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌の術後早期死亡例の検討

    油座 築, 坂田 純, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   538 - 538   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 遠位胆管癌の予後因子解析 成績向上にむけた治療戦略の構築

    三浦 宏平, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 滝沢 一泰, 小林 隆, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   354 - 354   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 再発膵癌に対する治療戦略 再発巣切除の意義

    安藤 拓也, 滝沢 一泰, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   927 - 927   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 【胆膵疾患と性差医学】性差による臨床像の差異 胆嚢癌

    堅田 朋大, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 若井 俊文

    胆と膵   39 ( 6 )   521 - 525   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    胆嚢癌において性差による臨床像の差異を解説するとともに、胆嚢癌の発生と関連する背景疾患や危険因子を性差の観点から概説する。胆嚢癌は女性が占める割合が高い疾患である。本邦の胆嚢癌の全国登録データの解析によると、男性よりも女性で良好な予後(5年全生存率:男性36.8%、女性41.1%、P=0.004)を示すが、本邦では男性より女性の平均寿命が明らかに高齢であることがその一因と考えられている。胆嚢癌のハイリスクである膵・胆管合流異常症は女性が占める割合が高い。女性に多い胆石症と胆嚢癌の発生とに関連する疫学的な報告は多数あるが、現時点では胆石症と胆嚢癌との直接的因果関係は証明されていない。胆嚢癌の発生と女性ホルモンとの関連も示唆されているが、その機序はいまだ明らかではない。性差という疫学的背景を念頭に胆嚢癌の発生と関連する背景疾患や危険因子を理解し、本疾患の早期発見・早期治療につなげることが重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 転倒を契機とした高齢者の外傷性肝損傷IIIbに対し、非手術療法を行った1例

    滝沢 一泰, 石川 博補, 坂田 純, 若井 俊文

    日本外傷学会雑誌   32 ( 2 )   307 - 307   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外傷学会  

    researchmap

  • 術前診断が困難であった膵良性・低悪性度腫瘍の3例

    小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 堅田 朋大, 仲野 哲矢, 安藤 拓也, 油座 築, 坂田 純, 若井 俊文

    膵臓   33 ( 3 )   635 - 635   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    researchmap

  • 消化器手術患者における周術期リハビリテーション介入と地域包括ケアシステム構築に向けた取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 中島 真人, 石川 卓, 小林 隆, 小杉 伸一, 木村 慎二, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1055 - 1055   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆管生検組織標本の良・悪性判定にγH2AX発現が有用である

    石川 博補, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2114 - 2114   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胃癌術後縫合不全例における術前栄養状態の評価と発症予測因子についての検討

    角田 知行, 石川 卓, 佐藤 敦, 根本 万理子, 宗岡 悠介, 須藤 翔, 加納 陽介, 三浦 宏平, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 中島 真人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1585 - 1585   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 薬理ゲノミクス時代における結腸直腸癌多発性肝転移に対する外科治療戦略(Surgical treatment strategy for multiple liver metastases of colorectal cancer in pharmacogenomics era)

    島田 能史, 若井 俊文, 田島 陽介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 羽入 隆晃, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 亀山 仁史

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   322 - 322   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stage I-III大腸癌におけるSMAD4遺伝子変異の臨床病理学的特徴及びその意義

    小柳 英人, 島田 能史, 田島 陽介, 三浦 要平, 山田 沙季, 阿部 馨, 田中 花菜, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 坂田 純, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1864 - 1864   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 同種膵島移植実験を見据えたブタ1型糖尿病モデルおよび自家膵島移植モデルの確立

    三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 田島 陽介, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中島 真人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2444 - 2444   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵全摘の短期・長期成績 多施設共同研究の結果から

    堅田 朋大, 坂田 純, 滝沢 一泰, 土屋 嘉昭, 横山 直行, 北見 智恵, 皆川 昌広, 青野 高志, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2424 - 2424   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌肝転移に対する術前化学療法 NQO1発現を用いた治療効果予測の可能性

    相馬 大輝, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中島 真人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2003 - 2003   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 進行胆嚢癌に対する集学的治療と新たな治療 進行胆嚢癌に対する集学的治療 術前・術後化学療法と再発治療

    坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   695 - 695   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌における肝外胆管切除の意義 T2胆嚢癌では肝外胆管切除は必要か?

    峠 弘治, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2043 - 2043   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ヒト胆道癌組織における脂質メディエーターS1Pの発現とその意義

    廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 諸 和樹, 峠 弘治, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2040 - 2040   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 門脈圧亢進症に対する腹腔鏡下手術の成績

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2375 - 2375   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【胆嚢癌-術前診断に応じた治療を再考する-】胆嚢癌の術前診断に応じた治療方針 T2胆嚢癌

    坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 若井 俊文

    胆と膵   39 ( 3 )   257 - 261   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    術前診断T2(cT2)の胆嚢癌の治療方針について、自験例の成績と検索した文献から考察した。cT2胆嚢癌に対する肝切除範囲は胆嚢床切除で十分である可能性が高く、腫瘍局在が肝側の腫瘍では胆嚢床切除が原則、必要である。腹腔側の腫瘍では胆嚢床切除が省略できる可能性はあるが、現時点ではその適応は慎重に判断するべきである。少なくとも術中にリンパ節転移陰性と判定されたcT2胆嚢癌に対しては、肝外胆管を温存できることが示唆される。一方で、術中にリンパ節転移陽性と判定した胆嚢癌に対しては、自験例における肝外胆管温存例は胆外胆管切除例よりも郭清リンパ節の評価個数が少なかった結果を考慮して、われわれは肝外胆管切除を併施するほうが望ましいと考えている。cT2胆嚢癌に対するリンパ節郭清範囲は胆道癌取扱い規約第6版が定める領域リンパ節が妥当であり、この範囲をen blocに郭清することが重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 右母指離断に対し腹部有茎皮弁術を施行後に明らかになった外傷性右横隔膜ヘルニアの1例

    石川 博補, 滝沢 一泰, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本腹部救急医学会雑誌   38 ( 2 )   375 - 375   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • A Case of Pancreatic Schwannoma Diagnosed Preoperatively by Endoscopic Ultrasonography-Guided Fine Needle Aspiration and Treated with Laparoscopic Surgery. 査読

    Hayashi K, Tsuchiya A, Ikarashi S, Takizawa K, Terai S

    Journal of pancreatic cancer   4 ( 1 )   7 - 10   2018年

  • Pathogenic germline <i>BRCA1/2</i> mutations and familial predisposition to gastric cancer. 査読

    Ichikawa H, Wakai T, Nagahashi M, Shimada Y, Hanyu T, Kano Y, Muneoka Y, Ishikawa T, Takizawa K, Tajima Y, Sakata J, Kobayashi T, Kemeyama H, Yabusaki H, Nakagawa S, Sato N, Kawasaki T, Homma K, Okuda S, Lyle S, Takabe K

    JCO precision oncology   2   2018年

  • Endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration for diagnosing a rare extraluminal duodenal gastrointestinal tumor. 査読 国際誌

    Hayashi K, Kamimura K, Hosaka K, Ikarashi S, Kohisa J, Takahashi K, Tominaga K, Mizuno K, Hashimoto S, Yokoyama J, Yamagiwa S, Takizawa K, Wakai T, Umezu H, Terai S

    World journal of gastrointestinal endoscopy   9 ( 12 )   583 - 589   2017年12月

     詳細を見る

  • [Mixed Type Liposarcoma with Intra-Abdominal Bleeding - Report of a Case]. 査読

    Miura Y, Sakata J, Ando T, Soma D, Yuza K, Hirose Y, Ishikawa H, Miura K, Takizawa K, Kobayashi T, Ichikawa H, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1155 - 1157   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Hepatocellular Carcinoma with Lymph Node Metastasis Successfully Treated by Multidisciplinary Treatment]. 査読

    Soma D, Sakata J, Ando T, Yuza K, Ishikawa H, Ohashi T, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Ichikawa H, Hanyu T, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1565 - 1567   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 腹腔内出血を契機に発見された混合型脂肪肉腫の1例

    三浦 要平, 坂田 純, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 市川 寛, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1155 - 1157   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は71歳、男性。急激な腹痛を主訴に当科を受診した。心房細動、脳梗塞、心弁置換術後の既往を有し、ワーファリンを内服中であった。腹部造影CTで血性腹水と十二指腸水平脚に接する巨大な腫瘤を認めた。腫瘤は石灰化を伴う充実性部分と新旧の血腫とが混在して被包化されていた。十二指腸原発の消化管間質腫瘍の穿破による腹腔内出血が疑われ、開腹手術が施行された。術中所見で右側結腸間膜原発の脂肪肉腫が疑われ、結腸右半切除術を伴う腫瘤摘出術が施行された。病理組織学的にて腫瘍内出血を伴う混合型脂肪肉腫と診断された。術後は合併症なく経過し、術後第8病日目に退院した。術後52ヵ月が経過した現在、無再発生存中である。非常にまれではあるが、特に抗凝固療法中においては脂肪肉腫が腹腔内出血の一因となることもある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20171221480035&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F035%2F1155-1157%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F035%2F1155-1157%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • リンパ節転移を伴う肝細胞癌に対して集学的治療で長期生存が得られた1例

    相馬 大輝, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 石川 博補, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1565 - 1567   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は81歳、女性。C型肝硬変で通院中にCTで肝S7に径20mm大の腫瘤を指摘され、肝細胞癌(HCC)と診断された。高齢であり本人が肝切除を望まなかったので、病変に対して2回の肝動脈化学塞栓療法(TACE)を施行した。1年後のCTで局所再発と大動脈周囲リンパ節転移を認めた。局所再発に対してはTACEを施行し、大動脈周囲リンパ節転移に対しては外科切除を施行した。外科切除から6ヵ月後、CTで縦隔リンパ節転移を認め、放射線局所照射療法を施行した。原病の診断から7年が経過した現在、無再発で外来経過観察中である。HCCの肝外転移再発は肺、骨、リンパ節への転移が多く、有効な治療法は確立されていない。孤立性のリンパ節転移を伴うHCCに対して、TACE、外科切除、放射線局所照射療法を組み合わせた集学的治療は予後延長に寄与する可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20171221480173&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F173%2F1565-1567%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F173%2F1565-1567%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Hand-assisted laparoscopic Hassab's procedure for esophagogastric varices with portal hypertension. 査読 国際誌

    Kobayashi T, Miura K, Ishikawa H, Soma D, Zhang Z, Ando T, Yuza K, Hirose Y, Katada T, Takizawa K, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Wakai T

    Surgical case reports   3 ( 1 )   111 - 111   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-017-0387-y

    PubMed

    researchmap

  • 衝突腫瘍(collision tumor)の形態を呈した混合型肝癌の1例

    油座 築, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   739 - 739   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 無石胆嚢炎に続発したspontaneus bilomaの1例

    安藤 拓也, 滝沢 一泰, 油座 築, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   911 - 911   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Relevance of Dissection of the Posterior Superior Pancreaticoduodenal Lymph Nodes in Gallbladder Carcinoma 査読

    Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Yosuke Tajima, Taku Ohashi, Yuki Hirose, Kabuto Takano, Kazuyasu Takizawa, Kohei Miura, Toshifumi Wakai

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   24 ( 9 )   2474 - 2481   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Background. This study was designed to evaluate the prognostic value of positive posterior superior pancreaticoduodenal lymph nodes to clarify the need for dissection of these nodes.
    Methods. A total of 148 patients with gallbladder carcinoma who underwent radical resection including dissection of the posterior superior pancreaticoduodenal nodes were enrolled. The incidence of metastasis and the survival rates among patients with metastasis to each lymph node group were calculated.
    Results. Of the 148 patients, 70 (47%) had nodal disease. The incidences of metastasis in the cystic duct, pericholedochal, retroportal, and hepatic artery node groups, defined as regional nodes in the UICC TNM staging system, ranged from 8.3 to 24.3% with 5-year survival rates of 12.5-46.4% in patients with positive nodes. The incidence of metastasis to the posterior superior pancreaticoduodenal nodes was 12.8% with a 5-year survival rate of 31.6% in patients with positive nodes. Survival after resection was significantly better in patients with distant nodal disease affecting only the posterior superior pancreaticoduodenal nodes (5-year survival, 55.6%) than in patients with distant nodal disease beyond these nodes (5-year survival, 15.0%; p = 0.046), whereas survival after resection was comparable between the former group and patients with regional nodal disease alone (5-year survival, 40.7%; p = 0.426).
    Conclusions. In gallbladder carcinoma, involvement of the posterior superior pancreaticoduodenal nodes is similar to that of regional nodes in terms of both the incidence of metastasis and the impact on survival. Inclusion of the posterior superior pancreaticoduodenal nodes among the regional nodes should be considered.

    DOI: 10.1245/s10434-017-5939-7

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 【膵・胆道癌の早期診断を目指せ!】早期の胆嚢癌 "早期"胆嚢癌の特徴 外科切除例の解析から

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    肝胆膵   75 ( 3 )   675 - 679   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

    researchmap

  • 当科における門脈圧亢進症に対する外科治療

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本門脈圧亢進症学会雑誌   23 ( 3 )   151 - 151   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本門脈圧亢進症学会  

    researchmap

  • 外科的血行郭清術を施行した十二指腸静脈瘤の1例

    石川 博補, 小林 隆, 三浦 宏平, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本門脈圧亢進症学会雑誌   23 ( 3 )   152 - 152   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本門脈圧亢進症学会  

    researchmap

  • 混合型肝癌10例の臨床病理学的検討

    大橋 拓, 安藤 拓也, 油座 築, 石川 博補, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PO6 - 6   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • T1-T2肝細胞癌に対する系統的肝切除の意義

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 石川 博補, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PL16 - 3   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 局所進行胆嚢癌に対する根治を目指した新たな外科治療戦略 進行胆嚢癌に対する合理的なリンパ節郭清範囲

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   SY13 - 4   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 膵癌腫瘍先進部における簇出およびその細胞増殖活性は独立した予後不良因子である

    滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 三浦 宏平, 石川 博補, 堅田 朋大, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PK2 - 4   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • T2胆嚢癌における腫瘍局在が術後成績に与える影響

    峠 弘治, 坂田 純, 大橋 拓, 安藤 拓也, 油座 築, 石川 博補, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PN1 - 5   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌の術後遠隔成績 長期生存例の臨床病理学的特徴

    油座 築, 坂田 純, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 石川 博補, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PN4 - 3   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆道癌において術前栄養指標としての小野寺のprognostic nutritional indexは根治切除後の予後を予測する

    安藤 拓也, 坂田 純, 油座 築, 相馬 大輝, 石川 博補, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PN2 - 6   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 膵全摘術後症例の治療成績と課題

    高野 可赴, 滝沢 一泰, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 石川 博補, 大橋 拓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PK12 - 1   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 当科における腹部脂肪肉腫に対する治療成績

    石川 博補, 坂田 純, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PP12 - 3   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌に対する拡大手術 適応と限界

    坂田 純, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 門脈圧亢進症の当科治療成績

    石川 博補, 小林 隆, 三浦 宏平, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 浸潤性膵管癌術後の肺転移再発例に対する治療

    滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 坂田 純, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【先天性胆道拡張症の最前線】先天性胆道拡張症に対する分流手術後の遺残胆管癌

    大橋 拓, 坂田 純, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 石川 博補, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 若井 俊文

    胆と膵   38 ( 4 )   393 - 399   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    分流手術が先天性胆道拡張症に対する標準術式となり、すでに30年以上が経過した。しかし、近年では分流手術後の遺残胆管に生じた胆管癌(遺残胆管癌)の報告が増加しており、遺残胆管癌は分流手術後の新たな課題として重要視されている。自験例ならびに文献報告例をもとに遺残胆管癌の臨床的特徴を検討した。遺残胆管癌の発生リスクは分流手術後も低くはなく、そのリスクは経年的に上昇する可能性があるため、遺残胆管癌の発生頻度については今後も検証が必要である。遺残胆管癌のリスクを低減するためには、発癌リスクの高い胆管の切除と術後の胆汁うっ滞の予防とが重要であり、可及的な拡張胆管切除と胆汁ドレナージの良好な胆道再建とを行う必要がある。また、遺残胆管癌の予後を改善するためには、より早期の診断とそれに続く根治切除とが重要であり、そのためにも分流手術後の経過観察は必ず行うべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 膵癌切除例におけるMacrophage migration inhibitory factorの発現と治療成績

    高野 可赴, 滝沢 一泰, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 8   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • リンパ節転移陽性胆嚢癌の外科治療成績 外科切除が長期生存に寄与するのはどのような症例か?

    峠 弘治, 坂田 純, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   SF - 8   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Staged laparotomies based on the damage control principle to treat hemodynamically unstable grade IV blunt hepatic injury in an eight-year-old girl. 査読 国際誌

    Kobayashi T, Kubota M, Arai Y, Ohyama T, Yokota N, Miura K, Ishikawa H, Soma D, Takizawa K, Sakata J, Nagahashi M, Kameyama H, Wakai T

    Surgical case reports   2 ( 1 )   134 - 134   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-016-0264-0

    PubMed

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下幽門側胃切除の検討と定型化の取り組み

    羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 宗岡 悠介, 大渓 隆弘, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌   21 ( 7 )   OS137 - 4   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 若手外科医による腹腔鏡下大腸切除術の安全性の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 大渓 隆弘, 宗岡 悠介, 田島 陽介, 市川 寛, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌   21 ( 7 )   OS11 - 2   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • [Lymph Node Recurrence of Small Cell Carcinoma of the Extrahepatic Bile Ducts Effectively Treated with Cisplatin plus Irinotecan Chemotherapy - Report of a Case]. 査読

    Katada T, Sakata J, Ando T, Soma D, Yuza K, Toge K, Hirose Y, Ishikawa H, Miura K, Ohashi T, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2083 - 2085   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [Resection for a Locally Advanced Duodenal Adenocarcinoma with Obstructive Jaundice and Hepatic and Pancreatic Invasion - A Case Report]. 査読

    Hirose Y, Sakata J, Soma D, Katada T, Ishikawa H, Miura K, Ohashi T, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2077 - 2079   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [Surgical Resection for Carcinoma Arising from the Remnant Intrapancreatic Bile Duct after Excision of a Congenital Choledochal Cyst - A Case Report]. 査読

    Shimada T, Sakata J, Ando T, Yuza K, Toge K, Hirose Y, Katada T, Ishikawa H, Miura K, Ohashi T, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Tomita H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2101 - 2102   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [Long-Term Survival after Reoperation for Lung Metastasis of Resected Pancreatic Adenocarcinoma - A Case Report]. 査読

    Ishikawa H, Takano K, Ando T, Soma D, Yuza K, Hirose Y, Katada T, Miura K, Ohashi T, Takizawa K, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2199 - 2201   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 根治切除を施行し得た先天性胆道拡張症に対する分流手術後の膵内遺残胆管癌の1例

    島田 哲也, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 冨田 広, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2101 - 2102   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は77歳、女性。先天性胆道拡張症に対して23年前に肝外胆管切除、胆嚢摘出、肝管空腸吻合からなる分流手術が実施された。今回発熱で発症し、腹部CT検査で膵頭部背側に径90mm大の腫瘤を認め、膵内遺残胆管癌と診断された。膵・十二指腸への直接浸潤がみられたが、明らかなリンパ節転移や遠隔転移を認めなかった。根治切除として亜全胃温存膵頭十二指腸切除、領域リンパ節郭清を施行した。術後11ヵ月が経過した現在、無再発生存中である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480226&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F226%2F2101-2102%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F226%2F2101-2102%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 胆管小細胞癌の術後リンパ節再発に対しCisplatin/Irinotecan療法が有効であった1例

    堅田 朋大, 坂田 純, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2083 - 2085   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は78歳、男性。黄疸で発症し、精査で領域リンパ節転移を伴う肝門部胆管癌(Bismuth I型)と診断された。内視鏡的経鼻胆道ドレナージで減黄後に、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術が施行された。原発巣の免疫組織化学はchromogranin A、synaptophysin、CD56のすべてが陽性で、病理組織学的に胆管小細胞癌と診断された。胆管断端は陰性であったが、領域リンパ節8個が転移陽性であった。術後5ヵ月目の腹部CT検査で、左鎖骨上・腹部大動脈周囲リンパ節に再発を認めた。cisplatin(CDDP)/irinotecan(CPT-11)療法を2コース施行し、治療効果判定は部分奏効(PR)であった。CDDP/CPT-11療法を計6コース施行後の現在、縮小した再発巣の再増大や新規病変の出現はみられていない。胆管小細胞癌の術後リンパ節再発に対してCDDP/CPT-11療法は考慮すべき治療選択肢の一つと考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480220&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F220%2F2083-2085%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F220%2F2083-2085%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 根治切除を実施し得た閉塞性黄疸を伴う肝・膵直接浸潤陽性の局所進行十二指腸癌の1例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 相馬 大輝, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2077 - 2079   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は64歳、女性。消化管通過障害と閉塞性黄疸を伴う十二指腸癌の診断で当科を紹介受診した。精査の結果、十二指腸下行脚を中心に9×6cm大の腫瘤を認め、腫瘤は肝S6・膵頭部へ直接浸潤していた。リンパ節転移が疑われたが、明らかな遠隔転移を認めなかった。経皮経肝胆道ドレナージによる減黄後、亜全胃温存膵頭十二指腸切除、肝部分切除、結腸部分切除(結腸間膜浸潤陽性)、リンパ節郭清、Child変法再建を施行した。病理組織学的検査の結果は、肝・膵直接浸潤を伴う中分化型から低分化型の管状腺癌であり、リンパ節転移は認めなかった。術後化学療法としてS-1隔日投与を1年間継続し、術後1年3ヵ月が経過した現在、無再発生存中である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480218&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F218%2F2077-2079%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F218%2F2077-2079%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 膵癌術後肺転移に対し外科切除を含む集学的治療を施行して長期生存を得た1例

    石川 博補, 高野 可赴, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2199 - 2201   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は68歳、女性。66歳時に膵体部癌に対し膵体尾部切除術とゲムシタビン(GEM)による補助化学療法を施行した。術後37ヵ月目のCT検査で右肺S4に8mm大の孤立性腫瘤を認めた。他臓器に明らかな再発所見を認めず、右肺中葉切除術を施行した。病理組織像は原発巣と類似し、免疫組織化学の所見と合わせ、膵癌の肺転移と診断した。肺切除後にGEM単剤療法を再開したが、初回手術後67ヵ月目のCT検査にて左肺S3に孤立性腫瘤を認め、再々発を疑い左肺部分切除術を施行した。前回と同様な組織像で、膵癌の肺転移であった。術後にS-1単剤療法を行ったが、初回手術後110ヵ月目に肺再発と癌性胸膜炎を認めた。GEM+S-1併用療法を行ったが、初回手術後130ヵ月目に原病死した。膵癌術後の孤立性肺転移においては、積極的な外科切除と化学療法による集学的治療が予後を改善する症例も存在する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480259&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F259%2F2199-2201%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F259%2F2199-2201%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 遠位胆管癌術後18年目に落下肝内結石が吊り上げ空腸に嵌頓して緊急手術を要した1例

    峠 弘治, 坂田 純, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   821 - 821   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 浸潤性膵管癌根治切除後の肝再発および肺再発に対し再切除術を施行した1例

    安藤 拓也, 滝沢 一泰, 油座 築, 相馬 大輝, 峠 弘治, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 高野 可赴, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   770 - 770   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 混合型肝癌術後肝内・胆管内再発に対して根治切除を実施し得た1例

    油座 築, 坂田 純, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   891 - 891   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院における腹部刺創22例の検討

    滝沢 一泰, 林 悠介, 本田 博之, 柳川 貴央, 上村 夏生, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌   27 ( 9 )   457 - 457   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 当院におけるActute care surgeryの現状と未来 消化器外科医が担うACS

    滝沢 一泰, 三浦 宏平, 相馬 大輝, 石川 博輔, 新田 正和, 大橋 拓, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   71回   P1 - 1   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵領域における再発癌の治療 胆道癌再発治療における外科切除の役割

    坂田 純, 齋藤 敬太, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   71回   PD5 - 4   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下脾臓温存尾側膵切除の検討

    小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 大橋 拓, 高野 可赴, 坂田 純, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   71回   P2 - 6   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 進行胆嚢癌に対する術後補助化学療法の有用性

    堅田 朋大, 坂田 純, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   71回   P3 - 5   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝切除症例におけるEndotoxin Activity Assayの検討

    石川 博補, 三浦 宏平, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   71回   P2 - 1   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Biliary; Diagnosis and Treatment of cystic duct cancer in comparison of gallbladder or extrahepatic bile duct cancer 胆嚢管癌の臨床病理学的特徴と治療成績 胆嚢癌および肝外胆管癌との比較(Biliary: Diagnosis and Treatment of cystic duct cancer in comparison of gallbladder or extra-hepatic bile duct cancer Clinicopathological characteristics and surgical outcomes of cystic duct carcinoma in comparison of gallbladder carcinoma or extrahepatic cholangiocarcinoma)

    坂田 純, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 若井 俊文

    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回   348 - 348   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本肝胆膵外科学会  

    researchmap

  • 穿刺治療後再発肝細胞癌に対する外科切除の遠隔成績

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 相馬 大輝, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 若井 俊文

    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回   512 - 512   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝胆膵外科学会  

    researchmap

  • Study of Immune Tolerance Cases in Adult Living Donor Liver Transplantation 査読

    K. Miura, T. Kobayashi, Z. Zhang, D. Soma, Y. Hirose, H. Ishikawa, K. Takizawa, M. Nagahashi, J. Sakata, H. Kameyama, M. Minagawa, S. Kosugi, Y. Koyama, T. Wakai

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   48 ( 4 )   1119 - 1122   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Background. Complete immune tolerance is the chief goal in organ transplantation. This study aimed to evaluate patients who successfully withdrew from immunosuppressive (IS) agents after living donor liver transplantation (LDLT).
    Materials and Methods. A retrospective review of all adult LDLT from July 1999 to March 2012 was conducted. In patients who acquired immune tolerance after LDLT, their background and the course of surgical procedures were evaluated.
    Results. Of a total of 101 adult LDLT patients, 8 patients were completely free of IS agents. Six of these patients (75%) were female, and the median age at the time of transplantation was 56 years (range, 31-66 years). The primary disease causing liver failure was type C liver cirrhosis (50%), fulminant hepatitis (25%), type B liver cirrhosis (12%), and alcoholic liver cirrhosis (12%). The median Child-Pugh score and MELD score were 13 points (range, 8-15 points) and 19 points (range, 10-18 points), respectively. The living related donor was the recipient's child (75%), sibling (12%), or parent (12%). ABO compatibility was identical in 62%, compatible in 25%, and incompatible in 12%.
    Conclusions. In this study, we evaluated the adult patients who successfully withdrew from IS agents after LDLT. In most cases, it took more than 5 years to reduce IS agents. Because monitoring of the serum transaminase level is not adequate to detect chronic liver fibrosis in immune tolerance cases, further study is required to find appropriate protocols for reducing IS agent use after LDLT.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2015.12.093

    Web of Science

    researchmap

  • Successful Re-resection for Locally Recurrent Retroperitoneal Liposarcoma at Four Years After Ex Vivo Tumor Resection and Autotransplantation of the Liver: A Case Report. 査読

    Kobayashi T, Miura K, Ishikawa H, Soma D, Zhang Z, Yuza K, Hirose Y, Takizawa K, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T

    Transplantation proceedings   48 ( 4 )   1215 - 1217   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2016.01.026

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Successful Endoscopic Management of Acute Necrotic Pancreatitis and Walled Off Necrosis After Auxiliary Partial Orthotopic Living-Donor Liver Transplantation: A Case Report 査読

    T. Kobayashi, K. Miura, H. Ishikawa, D. Soma, Z. Zhang, K. Yuza, Y. Hirose, K. Takizawa, M. Nagahashi, J. Sakata, H. Kameyama, S. Kosugi, T. Wakai

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   48 ( 4 )   1212 - 1214   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Endoscopic management of acute necrotic pancreatitis and walled off necrosis is less invasive than surgical treatment and has become the 1st choice for treating pancreatic necrosis and abscess. We treated a case of acute necrotic pancreatitis and walled off necrosis after auxiliary partial orthotopic living-donor liver transplantation (APOLT). A 24-year-old woman was admitted to our university hospital for removal of the internal biliary stent, which had already been placed endoscopically for the treatment of biliary stricture after APOLT. She had been treated for acute liver failure by APOLT 10 years before. After we removed the internal stent with the use of an endoscopic retrograde approach, she presented with severe abdominal pain and a high fever. Her diagnosis was severe acute pancreatitis after endoscopic retrograde cholangiography (ERC). Her symptoms worsened, and she had multiple organ failure. She was transferred to the intensive care unit (ICU). Immunosuppression was discontinued because infection treatment was necessary and the native liver had already recovered sufficiently. After she had been treated for 19 days in the ICU, she recovered from her multiple organ failure. However, abdominal computerized tomography demonstrated the formation of pancreatic walled off necrosis and an abscess on the 20th day after ERC. We performed endoscopic ultrasonography-guided abscess drainage and repeated endoscopic necrosectomy. The walled off necrosis diminished gradually in size, and the symptoms disappeared. The patient was discharged on the 87th day after ERC. This is the 1st report of a case of acute necrotic pancreatitis and walled off necrosis that was successfully treated by endoscopic management after APOLT.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2015.12.113

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Six-Year Graft Survival After Partial Pancreas Heterotopic Auto-Transplantation: A Case Report 査読

    T. Kobayashi, K. Miura, H. Ishikawa, D. Soma, Z. Zhang, K. Yuza, Y. Hirose, K. Takizawa, M. Nagahashi, J. Sakata, H. Kameyama, S. -I. Kosugi, T. Tada, H. Hirukawa, T. Wakai

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   48 ( 3 )   988 - 990   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Background. Long-term graft survival of partial pancreas auto-transplantation after total pancreatectomy has not been clarified. The clinical implications of repeat completion pancreatectomy for locally recurrent pancreatic carcinoma in the remnant pancreas after initial pancreatectomy also have not been clarified.
    Methods. We have previously reported a 61-year-old woman presenting with re-sectable carcinoma of the remnant pancreas at 3 years after undergoing a pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy for invasive ductal carcinoma of the pancreas head. We also performed distal pancreas auto-transplantation with the use of a part of the resected pancreas to preserve endocrine function.
    Results. The patient was discharged at 20 days after surgery without any complications. She had been followed regularly in our outpatient clinic. She had been treated with S-1 as adjuvant chemotherapy; 72 months after the completion total pancreatectomy with distal partial pancreas auto-transplantation, the patient was alive without any evidence of the pancreatic carcinoma recurrence. The pancreas graft was still functioning with a blood glucose level of 112 mg/dL, HbA1C of 6.7%, and serum C-peptide of 1.2 ng/mL; and urinary C-peptide was 11.6 mu g/d.
    Conclusions. Our patient demonstrated that repeated pancreatectomies can provide a chance for survival after a locally recurrent pancreatic carcinoma if the disease is limited to the remnant pancreas. An additional partial pancreas auto-transplantation was successfully performed to preserve endocrine function. However, the indications for pancreas auto transplantation should be decided carefully in the context of pancreatic carcinoma recurrence.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2016.01.030

    Web of Science

    researchmap

  • 門脈圧亢進症に対する外科治療

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 堅田 朋大, 市川 寛, 島田 能史, 小杉 伸一, 窪田 正幸, 荒井 勇樹, 大山 俊之, 横田 直樹, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 5   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝門部領域胆管癌に対するリンパ節郭清 リンパ節転移部位からみた郭清範囲と術後成績

    坂田 純, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 須藤 翔, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 7   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 腹部外傷における腹腔内出血コントロール Interventional Radiology vs Damage 鈍的外傷による腹腔内出血コントロール 当センターでの治療戦略

    滝沢 一泰, 三浦 宏平, 石川 博輔, 相馬 大輝, 大橋 拓, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本腹部救急医学会雑誌   36 ( 2 )   336 - 336   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 【肝内胆管癌の新しい規約と治療戦略】胆管浸潤型および胆管内発育型肝内胆管癌の手術方針と成績

    須藤 翔, 坂田 純, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 若井 俊文

    外科   78 ( 2 )   150 - 154   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    肝内胆管癌の肉眼型分類は腫瘍の進展様式を反映し,手術成績に影響を与える.胆管浸潤型はGlisson鞘に沿った進展を特徴とし,高率にリンパ節転移を伴い,根治切除として拡大肝葉切除+肝外胆管切除+リンパ節郭清が施行されても予後不良な場合が少なくない.一方,胆管内発育型は周囲組織への浸潤傾向がとぼしく,リンパ節転移の頻度も低いため良好な予後が期待される.いずれの肉眼型においても長期生存を得るためにはR0切除が必須であるが,拡大手術は高率に合併症を伴うため,過不足のない適切な術式選択が求められる.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20160208060007&doc_link_id=issn%3D0016-593X%26volume%3D78%26issue%3D2%26spage%3D150&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0016-593X%26volume%3D78%26issue%3D2%26spage%3D150&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • Histologic determination of primary site of perihilar cholangiocarcinoma based on microscopi'c tumor invasion of the vasculo-biliary sheaths 査読

    Yuki Hirose, Jun Sakata, Makoto Inoue, Zhengkun Zhang, Taku Ohashi, Kohei Miura, Kazuyasu Takizawa, Hiroshi Ichikawa, Masayuki Nagahashi, Takashi Kobayashi, Shin-ichi Kosugi, Hitoshi Kameyanna, Toshifumi Wakai

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY   9 ( 2 )   627 - 638   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E-CENTURY PUBLISHING CORP  

    This study aimed to histologically characterize microscopic tumor invasion of the vasculo-biliary sheaths in perihilar cholangiocarcinoma so as to determine the primary tumor site and to clarify clinicopathologic differences according to the primary site. A retrospective analysis was conducted of 52 patients who underwent resection for perihilar cholangiocarcinoma involving both the hepatic hilus and the liver, verified histologically. Histologic features of the vasculo-biliary sheath invasion were evaluated by double staining with hematoxylin-eosin to assess general morphology and Victoria Blue to detect the elastic fibers of the vasculo-biliary sheaths. The perihilar cholangiocarcinomas were classified into extrahepatic-type (34 patients), featuring an extrahepatic component involving the liver, and intrahepatic-type (18 patients), featuring an intrahepatic component involving the hepatic hilus. Hemihepatectomy with extrahepatic bile duct resection was the most common surgical procedure. Tumor size (p = 0.002), pN classification (p = 0.005), and pM classification (p = 0.023) were significant independent prognostic factors. The primary site was not significantly associated with survival after resection (p = 0.214), as patients with extrahepatictype tumors had a cumulative 5-year survival rate of 32%, compared with 28% for patients with intrahepatic-type tumors. Double staining with hematoxylin-eosin and Victoria Blue permits histologic discrimination between tumors of extrahepatic and intrahepatic origin, and thereby determination of the primary tumor site in clinical cases of perihilar cholangiocarcinoma. Combining extrahepatic-type and intrahepatic-type tumors under the term perihilar cholangiocarcinoma is valid clinically, as these tumors show comparable surgical outcomes with similar clinical management.

    Web of Science

    researchmap

  • [A Case of Radical Resection for Locally Advanced Pancreatic Cancer with Positive Peritoneal Cytology Treated with Chemoradiotherapy]. 査読

    Sato R, Takizawa K, Yuza K, Soma D, Hirose Y, Morimoto Y, Miura K, Nagahashi M, Takano K, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2385 - 2387   2015年11月

     詳細を見る

  • [Repeated Pancreatic Resections with Parenchymal Preservation for Pancreatic Metastases of Renal Cell Carcinoma--Report of a Case]. 査読

    Ishikawa H, Sakata J, Soma D, Yuza K, Ando T, Hirose Y, Miura K, Tatsuda K, Ohashi T, Takizawa K, Nagahashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2254 - 2255   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Solitary Paraaortic Lymph Node Recurrence after Surgical Resection for Combined Hepatocellular and Cholangiocarcinoma]. 査読

    Hirose Y, Sakata J, Yuza K, Soma D, Sudo N, Ishikawa H, Tatsuda K, Miura K, Takizawa K, Takano K, Nagahashi M, Kobayashi T, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1860 - 1862   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [Signet-Ring Cell Carcinoma of the Ampulla of Vater--Report of a Case]. 査読

    Yuza K, Sakata J, Soma D, Ando T, Hirose Y, Ishikawa H, Miura K, Tatsuda K, Ohashi T, Takizawa K, Nagahashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1767 - 1769   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 十二指腸乳頭部原発印環細胞癌の1例

    油座 築, 坂田 純, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 12 )   1767 - 1769   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は62歳、男性。閉塞性黄疸に伴う全身そう痒感を主訴に当院を受診した。精査の結果、十二指腸乳頭部癌の診断となり、幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行された。病理組織学的検査で印環細胞癌と診断された。リンパ節転移は認められなかった。術後補助化学療法を施行せず経過観察されていたが、術後38ヵ月目にイレウスを発症し、癒着剥離術、回腸部分切除術を施行された。病理組織学的検査では切除回腸の狭窄部に印環細胞癌を認め、腹膜播種再発と診断された。化学療法としてS-1隔日投与を開始し、14ヵ月間、腹膜播種増悪によるイレウスを発症するまで継続した。術後58ヵ月で原病死となった。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470107&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F107%2F1767-1769%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F107%2F1767-1769%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 化学放射線療法にて根治切除し得た局所進行切除不能膵癌の1例

    佐藤 良平, 滝沢 一泰, 油座 築, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 12 )   2385 - 2387   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は54歳、女性。閉塞性黄疸で発症し、上腸間膜動脈(SMA)浸潤および十二指腸狭窄を伴う局所進行切除不能膵頭部癌と診断された。胆道および消化管バイパス術を施行したが、開腹所見では腹膜播種は認めないものの、腹腔内洗浄細胞診(CY)は陽性であった。術後にgemcitabineおよびS-1による化学療法を6コース施行した。SMA周囲の軟部影は若干縮小したが残存し、CTでのRECISTによる効果判定はSDであった。adjuvant surgeryの適応を判断するため、審査腹腔鏡を施行した。遠隔転移は認めず、CYは陰性であった。化学放射線療法を追加した後に膵頭十二指腸切除術を行った。病理所見では腫瘍部の約60%は線維化組織に置き換わり、SMA周囲神経叢浸潤は認めなかった。根治術後17ヵ月経過し、無再発生存中である。切除不能膵癌であっても、化学療法が奏効した場合は切除へのconversionが可能となることがある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470313&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F313%2F2385-2387%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F313%2F2385-2387%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 腎癌膵転移に対して膵を温存しつつ三度の膵切除を実施した1例

    石川 博補, 坂田 純, 相馬 大輝, 油座 築, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 12 )   2254 - 2255   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は51歳、男性。右腎淡明細胞癌に対して右腎摘出術を施行した。術後6ヵ月目に膵尾部に単発の転移巣を認め、尾側膵切除術、脾摘出術を施行した。初回手術から1年6ヵ月目に膵頭部に単発の転移巣を認め、腫瘍の核出術を施行した。さらに、初回手術から3年10ヵ月目の今回、残膵体部に転移巣を認め、膵頭部を温存して残膵の尾側膵切除術を施行した。初回手術から4年が経過し、癌遺残なく生存中である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470269&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F269%2F2254-2255%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F269%2F2254-2255%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 混合型肝癌術後に孤立性大動脈周囲リンパ節再発を来した1例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 油座 築, 相馬 大輝, 須藤 翔, 石川 博補, 辰田 久美子, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 永橋 昌幸, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 12 )   1860 - 1862   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は46歳、女性。混合型肝癌に対し肝右葉切除術、胆嚢摘出術、肝門部リンパ節のサンプリングを施行した。術後にS-1内服を開始したが、血清CEA値は経時的に漸増した。術後12ヵ月目のPET-CT検査で孤立性の大動脈周囲リンパ節再発と診断され、大動脈周囲リンパ節郭清を施行した。組織学的にリンパ節再発巣は肝細胞癌成分で構成されていた。術後にソラフェニブ内服を開始した。肝切除後17ヵ月が経過し、生存中である。混合型肝癌の孤立性大動脈周囲リンパ節転移再発に対しては、特にリンパ節転移個数が少数であれば外科切除を含む集学的治療により予後改善が期待される。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470138&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F138%2F1860-1862%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F138%2F1860-1862%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 急性膵炎を繰り返し発症した後に診断に至った分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍の1切除例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 相馬 大輝, 須藤 翔, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   897 - 897   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 浸潤性膵管癌根治切除後再発に対する再切除例の検討

    滝沢 一泰, 高野 可赴, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 須藤 翔, 三浦 宏平, 大橋 拓, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文, 小杉 伸一

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   1082 - 1082   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • サイトメガロウイルス感染による直腸潰瘍の1例

    諸 和樹, 島田 能文, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   1053 - 1053   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 【リンパ節郭清up-to-date】胆嚢癌

    坂田 純, 田島 陽介, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 三浦 宏平, 丸山 智宏, 大橋 拓, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    消化器外科   38 ( 9 )   1313 - 1321   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • A case of pneumatosis cystoides intestinalis secondary to gefitinib therapy for lung adenocarcinoma 査読

    Takuya Ando, Jun Sakata, Tomohiro Maruyama, Yuki Hirose, Yasuyuki Okabe, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Takashi Ishikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Yu Koyama, Aya Ohtsubo, Satoshi Watanabe, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   42 ( 7 )   847 - 849   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    Pneumatosis cystoides intestinalis (PCI) is a relatively rare condition, characterized by subserosal or submucosal air within the bowel wall. Herein, we report a rare case of PCI secondary to treatment with an epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor (EGFR-TKI). A 71-year-old man, who had received gefitinib therapy for 2 years and 5 months for lung adenocarcinoma with metastases to the bones and brain, presented with abdominal pain, diarrhea, and vomiting. Computed tomography of the abdomen revealed intramural air in the small bowel, free air in the abdomen, and moderate ascites. A diagnosis of PCI was made, and the patient was managed conservatively by discontinuing gefitinib treatment, because his vital signs were stable and there was no sign of peritonitis. The patient's symptoms gradually improved, and follow-up CT after 1 week revealed that the initial findings had almost completely resolved. Clinicians should note that treatment with gefitinib might cause PCI.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 術前精査中に発症した胆石イレウスの1例

    安藤 拓也, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 油座 築, 岡部 康之, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1808 - 1808   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 拡大前区域切除で根治切除し得たERCP後重症急性膵炎による門脈左枝血栓を伴うBismuth IIIa肝門部胆管癌の1例

    油座 築, 坂田 純, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 皆川 昌広, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1808 - 1808   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 下大静脈高度圧排をきたした巨大後腹膜漿液性嚢胞の1例

    阿部 馨, 皆川 昌広, 諸 和樹, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1808 - 1808   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肺腺癌に対するGefitinib投与中に発症した腸管嚢腫様気腫症の1例

    安藤 拓也, 坂田 純, 丸山 智宏, 廣瀬 雄己, 岡部 康之, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 大坪 亜矢, 渡部 聡, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 7 )   847 - 849   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は71歳、男性。骨転移、脳転移を伴う肺腺癌に対して、2年5ヵ月前よりgefitinib(250mg/日)を連日投与され、安定(stable disease:SD)を維持中に腹痛、下痢、嘔吐を発症した。腹部骨盤造影CT検査を施行すると小腸壁内ガス像、腹腔内遊離ガス像、中等量の腹水を認め、腸管嚢腫様気腫症(pneumatosis cystoides intestinalis:PCI)の診断となった。バイタルサインが安定し、腹部理学所見で腹膜炎を疑う所見がみられなかったため、gefitinibを休薬して保存的に治療を開始した。自覚症状は徐々に改善し、治療開始7日後の腹部骨盤造影CT検査では画像所見も著明に改善した。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20150729440015&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004207%2F016%2F0847-0849%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004207%2F016%2F0847-0849%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 膵空腸吻合におけるBlumgart変法の晩期合併症に関わる検討

    皆川 昌広, 滝沢 一泰, 佐藤 良平, 仲野 哲矢, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   70回   RS - 6   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌に対する拡大肝右葉切除の意義

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 皆川 昌広, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   70回   P - 4   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 門脈圧亢進症を伴う脾機能亢進症に対する用手補助腹腔鏡下脾臓摘出の一例

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 油座 築, 安藤 拓也, 大橋 拓, 齋藤 敬太, 堅田 朋大, 須藤 翔, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 皆川 昌広, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   27回   628 - 628   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝胆膵外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 膵空腸吻合におけるBlumgart変法の膵液瘻予防因子

    皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 佐藤 良平, 仲野 哲矢, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 8   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【わかりやすい消化器癌治療のコンセンサス】胆道癌の診断と治療 胆道癌の外科治療 胆嚢癌の外科治療

    坂田 純, 若井 俊文, 皆川 昌広, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 小杉 伸一

    消化器外科   38 ( 5 )   782 - 786   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 肝胆膵 肝内胆管癌におけるリボヌクレオチドリダクターゼM1発現と化学療法効果との関連

    堅田 朋大, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 3   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術 従来式vs単孔式 肝胆膵 従来式

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   DB - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 膵頭十二指腸切除術後における膵外分泌機能とCT画像所見との相関性

    佐藤 良平, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 8   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 胆嚢癌に対するリンパ節郭清 リンパ節転移部位からみた郭清範囲と術後遠隔成績

    坂田 純, 若井 俊文, 小林 隆, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 佐藤 良平, 森本 悠太郎, 岡部 康之, 相馬 大輝, 油座 築, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 pT1b胆嚢癌に対する至適術式の検討 胆嚢摘出術と根治切除との比較

    丸山 智宏, 坂田 純, 大橋 拓, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 肝内胆管癌におけるNAD(P)H:quinine oxidoreductase-1発現に関する臨床病理学的検討

    須藤 翔, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 胆嚢癌におけるTNM分類 胆道癌取扱い規約第6版の妥当性の検証

    油座 築, 坂田 純, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 再発胆道癌に対する外科切除の適応と意義

    齋藤 敬太, 坂田 純, 丸山 智宏, 堅田 朋広, 須藤 翔, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 4   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 基礎研究・移植再生 PgR高発現のER陽性HER2陰性乳癌は、タンパク質レベルで性質の違いがあるのか

    長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 石川 卓, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小林 隆, 坂田 純, 滝沢 一泰, 島田 能史, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 皆川 昌広, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 6   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 通常型膵癌における予後因子としての簇出と再発部位の検討

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 4   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 進行性胆嚢癌に対する根治的切除術の長期転帰(Long-term outcomes of radical resection for advanced gallbladder carcinoma)

    若井 俊文, 坂田 純, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 油座 築, 須藤 翔, 堅田 朋大, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   IS - 5   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 肝内胆管癌における上皮-間葉移行の臨床的意義

    森本 悠太, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 佐藤 良平, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 6   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【進展度に応じた胆嚢癌の治療戦略】リンパ節転移からみた胆嚢癌の治療成績

    坂田 純, 若井 俊文, 皆川 昌広, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭

    胆と膵   36 ( 1 )   55 - 59   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    当科における局所進展度pT2以上の胆嚢癌145例のリンパ節転移からみた手術成績を呈示し、胆嚢癌の至適リンパ節郭清範囲について概説した。145例のリンパ節郭清範囲は、領域リンパ節が116例、領域リンパ節+膵頭周囲リンパ節(膵頭十二指腸切除併施)が29例であった。癌遺残の無いR0手術が実施された123例で解析すると、リンパ節転移陰性57例、リンパ節転移陽性66例の5年生存率は、おのおの75%、43%であった(P<0.001)。リンパ節転移陽性で5年生存したのは24例で、そのうちリンパ節転移個数が4個以上であった4例中3例で膵頭周囲リンパ節転移に対して膵頭十二指腸切除が併施されていた。胆嚢癌の至適リンパ節郭清範囲は領域リンパ節であり、領域リンパ節郭清によりリンパ節転移陽性の長期生存例を得ることができ、胆嚢癌の手術成績は向上する。膵頭十二指腸切除は膵頭周囲リンパ節転移陽性例の予後を改善する可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00807&link_issn=&doc_id=20150123600009&doc_link_id=%2Faa6tnsid%2F2015%2F003601%2F028%2F0055-0059%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Faa6tnsid%2F2015%2F003601%2F028%2F0055-0059%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • CapeOX+Bevacizumab療法が著効した下行結腸癌多発肝転移の1例 査読

    中野麻恵, 亀山仁史, 島田能史, 橋本喜文, 細井愛, 中野雅人, 野上仁, 羽入隆晃, 滝沢一泰, 石川卓, 坂田純, 小林隆, 皆川昌広, 小杉伸一, 小山諭, 若井俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1785 - 1787   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 門脈再建を伴う胆囊癌手術 (特集 胆囊癌手術のすべて : 腹腔鏡下から拡大手術まで)

    皆川 昌広, 滝沢 一泰, 坂田 純

    手術 = Operation   68 ( 11 )   1489 - 1492   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版  

    CiNii Article

    researchmap

  • ホルモン療法が奏功した肝硬変併存広範なDCISの1例

    土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 滝沢 一泰, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   794 - 794   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 胆管原発小細胞癌の1例

    相馬 大輝, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   550 - 550   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 骨形成を伴う胆嚢癌肉腫の1例

    庭野 稔之, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 島田 能史, 羽入 隆晃, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   705 - 705   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肝転移で発症しカプセル内視鏡によって診断し得た小腸神経内分泌腫瘍の1例

    油座 築, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 安藤 拓也, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   673 - 673   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 傷病者の搬送及び受入れに関する実施基準における応需率低下の検討

    遠藤 裕, 林 悠介, 山口 征吾, 大橋 さとみ, 本多 忠幸, 新田 正和, 滝沢 一泰, 本田 博之

    日本救急医学会雑誌   25 ( 8 )   441 - 441   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 3. 胆嚢癌の外科治療の現況 : 特に外科切除の限界,至適切除範囲に関して(<特集>胆道癌外科治療の現況)

    坂田 純, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 4 )   185 - 189   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • [Current surgical treatment for gallbladder cancer]. 査読

    Sakata J, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Minagawa M, Wakai T

    Nihon Geka Gakkai zasshi   115 ( 4 )   185 - 189   2014年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:4  

    PubMed

    researchmap

  • 肝内胆管癌に対する外科治療戦略

    堅田 朋大, 須藤 翔, 丸山 智宏, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌弘, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   RS - 4   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 当科におけるBlumgart変法の導入とその根拠

    皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 仲野 哲矢, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 坂田 純, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   O - 5   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • NAFLD-NASH関連肝細胞癌に対する肝切除術の周術期合併症および遠隔成績

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   O - 5   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 膵癌切除例におけるsecreted protein acidic and rich in cysteine(SPARC)の発現意義

    高野 可赴, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 石川 卓, 島田 能史, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   P - 4   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Laparoscope-assisted Hassab's Operation for Esophagogastric Varices After Living Donor Liver Transplantation: A Case Report 査読

    T. Kobayashi, K. Miura, H. Ishikawa, H. Oya, Y. Sato, M. Minagawa, J. Sakata, K. Takano, K. Takizawa, H. Nogami, S. -I. Kosugi, T. Wakai

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   46 ( 3 )   986 - 988   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    This is the first successful report of a laparoscope-assisted Hassab's operation for esophagogastric varices after living donor liver transplantation (LDLT). A 35-year-old man underwent LDLT using a right lobe graft as an aid for primary sclerosing cholangitis (PSC) in 2005. Follow-up endoscopic and computed tomography (CT) examinations showed esophagogastric varices with splenomegaly in 2009 that increased (esophageal varices [EV]: locus superior [Ls], moderator enlarged, beady varices [F2], medium in number and intermediate between localized and circumferential red color signs [RC2]; gastric varices [GV]: extension from the cardiac orifice to the fornix [Lg-cf], moderator enlarged, beady varices [F2], absent red color signs [RC0]). A portal venous flow to the esophagogastric varices through a large left gastric vein was also confirmed. Preoperative Child-Pugh was grade B and score was 9. Because these esophagogastric varices had a high risk of variceal bleeding, we proceeded with a laparoscope-assisted Hassab's operation. Operative time was 464 minutes. Blood loss was 1660 mL. A graft liver biopsy was also performed and recurrence of PSC was confirmed histologically. It was suggested that portal hypertension and esophagogastric varices were caused by recurrence of PSC. Postoperative complications were massive ascites and enteritis. Both of them were treated successfully. This patient was discharged on postoperative day 43. Follow-up endoscopic study showed improvement in the esophagogastric varices (esophageal varices [EV]: locus superior [Ls], no varicose appearance [F0], absent red color signs [RC0], gastric varices [GV]: adjacent to the cardiac orifice [Lg-c], no varicose appearance [F0], absent red color signs [RC0]) at 6 months after the operation. We also confirmed the improvement of esophagogastric varices by serial examinations of CT.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2013.10.047

    Web of Science

    researchmap

  • 膵癌におけるリンパ節転移個数とlymph node ratioが予後に与える影響

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   752 - 752   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌において免疫組織化学染色によって同定される神経侵襲の臨床的意義

    木戸 知紀, 島田 能史, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 滝澤 一泰, 羽入 隆晃, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   571 - 571   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵頭十二指腸切除後のロストチューブトラブル

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 小杉 伸一, 野上 仁, 若井 俊文, 黒崎 功

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   900 - 900   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎手術における回腸嚢作製に関与する因子

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   331 - 331   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝門部領域胆管癌におけるリンパ節転移分類法 リンパ節転移個数とlymph node ratioの比較

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   356 - 356   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併する大腸腫瘍におけるサーベイランス内視鏡検査の臨床的意義

    伏木 麻恵, 島田 能史, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   333 - 333   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌に対するリンパ節郭清範囲 13aリンパ節は所属リンパ節に含めるべきである

    坂田 純, 大橋 拓, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   747 - 747   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した大腸腫瘍に対する手術術式の選択 回腸嚢肛門吻合術かそれとも回腸嚢肛門管吻合術か

    島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   331 - 331   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌に対する肝切除の程度(Extent of liver resection for gallbladder carcinoma)

    若井 俊文, 坂田 純, 皆川 昌広, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 廣瀬 雄己, 大橋 拓, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   106 - 106   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎におけるLoop ileostomy造設時のoutlet obstructionの発症状況と危険因子の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   332 - 332   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 十二指腸下行部における内視鏡的治療後穿孔に対する穿孔部単純閉鎖法の問題点

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 新田 正和, 若井 俊文

    日本腹部救急医学会雑誌   34 ( 2 )   429 - 429   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 慢性腎不全による血液透析患者に対する腹部緊急手術症例の検討

    堅田 朋大, 坂田 純, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文

    日本腹部救急医学会雑誌   34 ( 2 )   531 - 531   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 腹膜炎術後DIC合併症例におけるDIC治療薬効果の検討

    新田 正和, 若井 俊文, 滝沢 一泰, 須藤 翔, 本多 忠幸, 大橋 さとみ, 本田 博之, 山口 征吾, 林 悠介, 遠藤 裕

    日本腹部救急医学会雑誌   34 ( 2 )   448 - 448   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 腹腔内出血に対するIVR 鈍的外傷による腹腔内出血に対するIVRの適応と限界

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文, 新田 正和, 林 悠介, 本田 博之, 大橋 さとみ, 山口 征吾, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本腹部救急医学会雑誌   34 ( 2 )   394 - 394   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 膵頭十二指腸切除後仮性動脈瘤出血に対する治療 血流維持を目的としたStent&Coil法の問題点

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 新田 正和, 堅田 朋大, 若井 俊文, 黒崎 功

    日本腹部救急医学会雑誌   34 ( 2 )   444 - 444   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下肝部分切除におけるバルーンを使った視野づくり

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   439 - 439   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腹腔内から右胸腔・縦隔を占拠し、Growing teratoma syndromeを呈した巨大再発成熟卵巣奇形腫の1切除例

    仲野 哲矢, 黒崎 功, 皆川 昌広, 小林 隆, 坂田 純, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 新田 正和, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   601 - 601   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 進行胆嚢癌に対する治療戦略 進行胆嚢癌に対する治療戦略 R0手術と術後補助化学療法

    若井 俊文, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 仲野 哲矢, 石川 博補, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   393 - 393   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 内視鏡下手術手技の工夫(肝・胆・膵、脾、甲状腺) 低出力CUSAを使用した膵腫瘍切除

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   450 - 450   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵外科再手術創における真皮埋没縫合の効果

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科感染症学会雑誌   10 ( 5 )   680 - 680   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    researchmap

  • 術前に診断し得た隆起型の早期胆嚢癌2切除例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    胆道   27 ( 3 )   551 - 551   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • 腹部鈍的外傷における腹腔鏡手術の経験

    滝沢 一泰, 大矢 洋, 林 悠介, 普久原 朝海, 本田 博之, 柳川 貴央, 大橋 さとみ, 木下 秀則, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌   23 ( 10 )   689 - 689   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • Left posterior approach to the superior mesenteric vascular pedicle in pancreaticoduodenectomy for cancer of the pancreatic head 査読

    Isao Kurosaki, Masahiro Minagawa, Kabuto Takano, Kazuyasu Takizawa, Katsuyoshi Hatakeyama

    Journal of the Pancreas   12 ( 3 )   220 - 229   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:3  

    Context: Dissection of the superior mesenteric artery is the most important part of a pancreaticoduodenectomy for pancreatic cancer. Since 2005, we have used the left posterior approach for superior mesenteric vascular pedicle dissection, in which the superior mesenteric artery and the superior mesenteric vein are dissected first in a clockwise fashion. Objective: This article presents the technique of a left posterior approach and the clinical outcome. Patients: Forty patients underwent a left posterior approach and were compared to 35 patients treated with a conventional dissection. Main outcome measures: The differences in surgical technique between the left posterior approach and the conventional method were described, and the short- and long-term surgical results compared patients who underwent the left posterior approach to those who were treated with the conventional method. Intervention: The superior mesenteric vascular pedicle was first dissected from the left lateral border of the superior mesenteric artery. The superior mesenteric vein was also dissected from the left side. Then, the uncinate process and perivascular soft tissue were separated en bloc from the vasculature. Results: No life-threatening complications occurred after the pancreaticoduodenectomies using a left posterior approach. Diarrhea requiring the administration of antidiarrheal agents occurred in 65% of patients
    however, planned adjuvant chemotherapy was completed in all patients who did not have an early tumor recurrence. Survival rate was 52.8% at 3 years after surgery. Conclusion: After a pancreaticoduodenectomy with a left posterior approach, most patients had various degrees of diarrhea, but the adjuvant chemotherapy was able to be continued with close monitoring. The left posterior approach facilitates understanding of the topographic anatomy in the superior mesenteric vascular pedicle.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Splenic-intrahepatic left portal shunt in an adult patient with extrahepatic portal vein obstruction without recurrence after pancreaticoduodenectomy 査読

    Satoshi Yamamoto, Yoshinobu Sato, Hiroshi Oya, Hideki Nakatsuka, Takaoki Watanabe, Kazuyasu Takizawa, Katsuyoshi Hatakeyama

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SURGERY   16 ( 1 )   86 - 89   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    In the last decade, a superior mesenteric-intrahepatic left portal shunt (Rex shunt) has been reported for successful management of extrahepatic portal vein obstruction in children. However, in adults, a mesocaval shunt has been generally performed for the surgical management of extrahepatic portal vein obstruction because of the complexity of the underlying disease and the difficulty of the superior mesenteric-intrahepatic left portal shunt. We herein report an adult patient who was successfully treated by splenic-intrahepatic left portal shunt with an artificial graft (6-mm polytetrafluoroethylene) for complete obstruction of the extrahepatic portal vein following pancreaticoduodenectomy. The shunt procedure not only relieved portal hypertension but also restored hepatic portal flow. In the near future, the Rex shunt should be considered for a beneficial management of extrahepatic portal vein obstruction, even in adults.

    DOI: 10.1007/s00534-008-0002-5

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Intrahepatic lymphatic invasion independently predicts poor survival and recurrences after hepatectomy in patients with colorectal carcinoma liver metastases 査読

    Pavel V. Korita, Toshifumi Wakai, Yoshio Shirai, Jun Sakata, Kazuyasu Takizawa, Pauldion V. Cruz, Yoichi Ajioka, Katsuyoshi Hatakeyama

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   14 ( 12 )   3472 - 3480   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Background: D2-40 monoclonal antibody immunoreactivity is specific for lymphatic endothelium and therefore provides a marker of lymphatic invasion. We hypothesized that intrahepatic lymphatic invasion reflects the nodal status of colorectal carcinoma liver metastases and may function as an adverse prognostic factor.
    Methods: A retrospective analysis of 105 consecutive patients who underwent resection for colorectal carcinoma liver metastases was conducted. Intrahepatic lymphatic invasion was declared when either single tumor cells or cell clusters were clearly visible within vessels that showed immunoreactivity for D2-40 monoclonal antibody. The median follow-up time was 124 months.
    Results: Of 105 patients, 13 were classified as having intrahepatic lymphatic invasion. All tumor foci of intrahepatic lymphatic invasion were detected within the portal tracts. Intrahepatic lymphatic invasion was significantly associated with hepatic lymph node involvement (P = 0.039). Survival after resection was significantly worse in patients with intrahepatic lymphatic invasion (median survival time of 13 months; cumulative five-year survival rate of 0%) than in patients without (median survival time of 40 months; cumulative five-year survival rate of 41%; P &lt; 0.0001). Patients with intrahepatic lymphatic invasion also showed decreased disease-free survival rates (P &lt; 0.0001). Intrahepatic lymphatic invasion thus independently affected both survival (relative risk, 7.666; 95% confidence interval, 3.732-15.748; P &lt; 0.001) and disease-free survival (relative risk, 4.112; 95% confidence interval, 2.185-7.738; P &lt; 0.001).
    Conclusions: Intrahepatic lymphatic invasion is associated with hepatic lymph node involvement and is an adverse prognostic factor in patients with colorectal carcinoma liver metastases.

    DOI: 10.1245/s10434-007-9594-2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 正中弓状靱帯症候群に伴う膵頭アーケード仮性動脈瘤破裂に対しIVR治療後に発症した気腫性胆嚢炎の1例

    滝沢 一泰, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   33 ( 3 )   681 - 681   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • cT2胆嚢癌の術後遠隔成績と局所進行胆嚢癌に対する術前化学療法

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   33 ( 3 )   577 - 577   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • 胆嚢管癌に対する外科切除の術後短期および遠隔成績

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 齋藤 敬太, 油座 築, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    胆道   33 ( 3 )   517 - 517   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • 鈍的外傷にて腹部動脈閉塞をきたした2例

    滝沢 一泰, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 若井 俊文

    Japanese Journal of Acute Care Surgery   9 ( 1 )   144 - 144   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本Acute Care Surgery学会  

    researchmap

  • 門脈圧亢進症に対する外科治療の長期成績

    小林 隆, 三浦 宏平, 坂田 純, 滝沢 一泰, 堅田 朋大, 市川 寛, 島田 能史, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   74回   P257 - 5   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌Hypermutated typeとミスマッチ修復蛋白質発現およびマイクロサテライト不安定性検査の関係

    島田 能史, 家守 智大, 阿部 馨, 小柳 英人, 中野 雅人, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 土田 純子, 永橋 昌幸, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 沖 英次, 若井 俊文

    日本消化器病学会甲信越支部例会抄録集   64回   56 - 56   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-甲信越支部  

    researchmap

  • 【胆道疾患診療の最前線】 胆嚢ポリープ・胆嚢癌

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 峠 弘治, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 若井 俊文

    消化器外科   41 ( 10 )   1403 - 1410   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 当院における外傷性脾損傷に対する治療

    滝沢 一泰, 坂田 純, 若井 俊文

    Japanese Journal of Acute Care Surgery   8 ( 1 )   103 - 103   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本Acute Care Surgery学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌における根治切除後再発 再発率、再発形式、危険因子、再発治療

    坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   926 - 926   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるBlumgart変法による膵空腸吻合術後膵液瘻の検討

    滝沢 一泰, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   1000 - 1000   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 再発膵癌に対する治療戦略 再発巣切除の意義

    安藤 拓也, 滝沢 一泰, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   927 - 927   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 同種膵島移植実験を見据えたブタ1型糖尿病モデルおよび自家膵島移植モデルの確立

    三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 田島 陽介, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中島 真人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2444 - 2444   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵管内管状乳頭腫瘍との術前鑑別が困難であった乏粘液性の胃型膵管内乳頭粘液性腫瘍の1例

    水戸 正人, 梅津 哉, 若井 俊文, 大橋 拓, 油座 築, 安藤 拓也, 石川 博補, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆

    日消外会誌   51 ( 3 )   206 - 213   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    &lt;p&gt;今回,主膵管内の結節状腫瘍として観察され,膵管内管状乳頭腫瘍(intraductal tubulopapillary neoplasm;以下,ITPNと略記)との術前鑑別が困難であった乏粘液性の膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary-mucinous neoplasm;以下,IPMNと略記)の1例を経験したため報告する.症例は71歳の女性で,急性膵炎後の精査で膵管内粘液を伴わない膵頭部主膵管内の結節状腫瘍を認めた.ITPNもしくはIPMNとの術前診断で,リンパ節郭清を伴う膵頭十二指腸切除術を施行した.切除標本の膵頭部主膵管内に15 mm大の有茎性隆起結節を認めたが,肉眼的に膵管内粘液を認めなかった.病理組織学的検査で,主膵管内結節は少量の粘液を含む胃幽門腺類似の管状異型腺管からなり,結節周囲の膵管上皮に乳頭状増殖を認めたため,胃型IPMNと診断した.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.5833/jjgs.2017.0064

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 胆囊癌に対する外科治療のup-to-date

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   32 ( 1 )   105 - 113   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    &lt;p&gt;胆囊癌の外科治療において良好な長期成績を得るための唯一のコンセンサスは癌遺残のない外科切除(R0切除)である.胆囊癌は解剖学的特殊性や生物学的悪性度の高さに起因して多様な進展様式をきたすため,R0切除を実施するためには病巣所見に応じて適切に切除範囲を選択していく必要がある.進行胆囊癌の不良な手術成績を改善するために,本邦を中心に拡大肝右葉切除や膵頭十二指腸切除といった拡大切除術式が提案・実施されてきたが,近年では,その適応と限界が明らかになりつつある.pT2胆囊癌に対する切除術式に関しては,肝切除範囲,リンパ節郭清範囲,肝外胆管切除の併施の有無のいずれも明確なコンセンサスが得られていない.また,最近では,潜在性胆囊癌に関する知見も新たに報告されつつある.本稿では胆囊癌の外科治療の現状を明らかにするとともに,胆囊癌の病巣所見に応じた至適切除範囲について考察したい.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.11210/tando.32.105

    CiNii Article

    researchmap

  • 胆囊癌の画像診断と外科治療

    若井 俊文, 坂田 純, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己

    胆道   32 ( 1 )   44 - 50   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    &lt;p&gt;胆囊癌について,早期癌,画像診断,肝内進展様式,肝切除範囲,リンパ節郭清範囲を中心に解説する.早期癌に関しては,その概念や肉眼的形態による特徴を十分に理解して診療にあたる必要があり,胆囊管断端が癌陰性であれば単純胆囊摘出術で十分であり根治切除は不要である.画像診断では,各種画像の有用性・限界を理解した上で,これらを駆使して胆囊癌の存在診断を行い,その進行度を評価することが求められる.切除可能な胆囊癌の主要な肝内進展様式は直接浸潤とグリソン鞘浸潤であり,グリソン鞘浸潤の主体はリンパ管浸潤である.胆囊癌に対する根治切除の際には,主病巣とその近傍の肝内に潜在する顕微鏡的なグリソン鞘浸潤巣とを除去することに主眼をおいて肝切離マージンを設定する必要がある.#13aリンパ節を含む本邦の胆道癌取扱い規約第6版の定める領域リンパ節が,胆囊癌における至適なリンパ節郭清範囲である.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.11210/tando.32.44

    CiNii Article

    researchmap

  • 遠位胆管癌 (特集 最新の胆道癌診療トピックス : 新たな治療戦略の可能性を探る) -- (術前治療と切除適応)

    三浦 宏平, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 滝沢 一泰, 小林 隆, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    臨床外科 = Journal of clinical surgery   72 ( 13 )   1423 - 1427   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407211871

    CiNii Article

    researchmap

  • 当院での局所進行膵臓癌に対するS‐1併用化学放射線療法について

    松本吉史, 周啓亮, 森山雅人, 滝沢一泰, 若井俊文, 青山英史, 西條康夫

    日本癌治療学会学術集会(Web)   55th   ROMBUNNO.P53‐5 (WEB ONLY) - 5   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 進行胆囊癌に対する外科治療戦略 (特集 胆膵進行癌に対する外科治療戦略) -- (胆道)

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    外科 = Surgery : 臨床雑誌   79 ( 8 )   731 - 737   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/J00393.2017324287

    CiNii Article

    researchmap

  • 胆囊癌手術における剝離層の選択 (特集 イラストでわかる! 消化器手術における最適な剝離層)

    坂田 純, 田島 陽介, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    臨床外科 = Journal of clinical surgery   72 ( 7 )   842 - 848   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407211674

    CiNii Article

    researchmap

  • 生体肝移植後胆管狭窄に対する早期内視鏡的胆管造影の有用性

    相馬 大輝, 小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 205   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植ドナーの長期成績の検討

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 島田 能史, 市川 寛, 横田 直樹, 大山 俊之, 荒井 勇樹, 窪田 正幸

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   SF - 18   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 「国内初の、肝臓移植を担う高度医療人養成(SNUC-LT)」への参加 第一期履修生としての活動報告

    三浦 宏平, 小林 隆, 相馬 大輝, 油座 築, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 坂田 純, 皆川 昌広, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 3 )   713 - 713   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 先天性胆道拡張症に対する分流手術後に異時性発生した肝門部胆管癌

    大橋 拓, 坂田 純, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   30 ( 1 )   149 - 153   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    DOI: 10.11210/tando.30.149

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝損傷に伴うnonsurgical pneumoperitoneumの1例

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 須藤 翔, 田島 陽介, 大橋 拓, 小林 隆, 若井 俊文

    日腹部救急医会誌   36 ( 5 )   923 - 926   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    &lt;p&gt;症例は19歳,男性。7mの高所での作業中に誤って墜落した。受診時は意識清明でバイタルサインも安定していた。CTで肝外側区域の深在性損傷と造影剤の血管外漏出を認め,肝損傷Ⅲbと診断した。肝損傷に対し,カテーテル塞栓術を行い,出血源の責任肝動脈枝を塞栓した。受傷2病日に38℃の発熱を認め,CTで左横隔膜下から胃小弯近傍に貯留する血腫および腹腔内遊離ガスを認めた。受傷3病日には腹痛が増強し腹膜刺激症状を呈したため,消化管穿孔が否定できず緊急手術を施行した。術中所見では明らかな消化管穿孔を認めず,挫滅した肝S2の部分切除と洗浄ドレナージを施行した。気腹の原因は明らかではないが,肝損傷部の胆道系からのガスが腹腔内に入ったことなどが推測された。腹腔内遊離ガスの存在下では,肝損傷に由来する胆汁性腹膜炎と消化管穿孔による腹膜炎の鑑別は困難であった。&lt;/p&gt;

    DOI: 10.11231/jaem.36.923

    CiNii Article

    researchmap

  • 脂質メディエーターを介した胆汁酸シグナル伝達系の役割

    永橋 昌幸, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   30 ( 2 )   220 - 227   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    近年の分子生物学の進歩により,胆汁酸が特異的に作用する受容体の存在が明らかになり,胆汁酸の情報伝達物質としての役割が注目されている.脂質メディエーターであるスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)の特異的受容体であるS1P2型受容体は,胆汁酸が直接作用する特異的受容体の一つであることが明らかになった.胆汁酸によるS1P2型受容体の活性化は,さらにS1P産生酵素であるスフィンゴシンキナーゼ2型(SphK2)を活性化する.胆汁酸によるS1P2型受容体およびSphK2を介したS1Pシグナル伝達系は,肝細胞における脂質代謝や糖代謝の制御に関与していることが明らかとなった.また,この胆汁酸によるS1Pを介したシグナル伝達系は,胆道癌の発育進展を促進することが報告され,様々な生理機能や病態に関与していることが分かってきた.本稿では,胆汁酸シグナル伝達系と,S1P2型受容体およびSphK2を介したS1Pシグナル伝達系の相互作用と,その病態生理における役割について概説する.

    DOI: 10.11210/tando.30.220

    CiNii Article

    researchmap

  • 胆囊癌における胆道癌取扱い規約第6版の検証―N分類を中心に―

    坂田 純, 大橋 拓, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   30 ( 4 )   673 - 681   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    &lt;p&gt;根治切除が実施された胆囊癌183症例を対象としてN分類を中心に胆道癌取扱い規約第6版の妥当性を検証した.6版-N0,N1の5年生存率(5生率)は各々68%,35%(p<0.001)であった.一方,リンパ節転移個数別分類における0個,1-3個,4個以上の症例の5生率は各々77%,49%,15%であり,良好に予後を層別化していた(p<0.001).6版-Stage IIIBはT2N1M0とT3N1M0を含み,前者(5生率77%)は後者(5生率31%)よりも良好な成績であり(p<0.001),また,6版-Stage IIIA(T3N0M0:5生率41%)よりも良好な成績であった(p=0.013).胆囊癌において,取扱い規約第6版のN分類は転移の程度が考慮されずに予後の層別化が不十分であり,転移個数による細分化を検討すべきである.T2N1M0症例の予後が過小評価されており改善の余地がある.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.11210/tando.30.673

    CiNii Article

    researchmap

  • 生体肝移植後に発症した自己免疫性肝炎の一例

    相馬 大輝, 三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 油座 築, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 堅田 朋大, 大橋 拓, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   886 - 886   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 症例報告 子宮頸癌術後に生じた外腸骨動脈による絞扼性イレウスの1例

    油座 築, 皆川 昌広, 高野 可赴, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文, Yuza Kizuki, Minagawa Masahiro, Takano Kabuto, Miura Kohei, Takizawa Kazuyasu, Sakata Jun, Kobayashi Takashi, Kosugi Shin-ichi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   129 ( 8 )   450 - 455   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は64歳女性. 子宮頸癌IIB期の診断で, 術前化学療法後に広汎子宮全摘術を施行された. 術後の化学放射線療法を施行中に腹痛が出現し, 腹部造影CTで絞扼性イレウスと診断し, 緊急手術を施行した. 開腹所見では前回手術の際に露出・遊離させていた左外腸骨動脈によって小腸が絞扼され壊死に陥っていた. 小腸部分切除術を施行し, 後腹膜で外腸骨動脈を被覆した. 開腹術後の露出した血管を原因としたイレウスの報告は稀であり, 若干の文献的考察を加えて報告する. 「緒言」絞扼性イレウスは種々の原因で起こるが, 術後の露出血管が原因となることは稀である. 今回, 婦人科術後に外腸骨動脈を原因とした絞扼性イレウスの1例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 膵内副脾に生じた類上皮嚢胞の1例

    諸 和樹, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文, Moro Kazuki, Minagawa Masahiro, Takano Kabuto, Takizawa Kazuyasu, Miura Kouhei, Nagahashi Masayuki, Sakata Jun, Kobayashi Takashi, Kosugi Shin-ichi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   129 ( 7 )   401 - 407   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は35歳男性. 検診腹部エコーで脾門部に2cm大の腫瘤を指摘された. 2年後検診で腫瘤の増大傾向を認め, 腹部造影CT検査で膵尾部に44mm大の多房性分葉状腫瘤を認めた. 血算・生化学・凝固系, 腫瘍マーカー, 各種ホルモン値は正常範囲内であった. SPIO造影MRIを施行したが, 腫瘍より尾側におけるT2強調画像信号低下を確認したのみで, 確定診断を下すことができなかった. 腹腔鏡下膵尾部切除を施行し, 術後病理診断で膵内副脾に生じた類上皮嚢胞と診断された. 診断に苦渋した1例を報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝胆膵領域手術での再切開創に対する真皮縫合の効果 (特集 創閉鎖法の進歩)

    皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰

    日本外科感染症学会雑誌   12 ( 3 )   209 - 216   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科感染症学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例による透析患者の画像診断 慢性の便秘症とメタボリック症候群から大腸イレウス・腹部コンパートメント症候群に陥った慢性腎不全の1例

    飯田倫理, 酒巻裕一, 山本卓, 滝沢一泰, 高野可赴, 皆川昌広, 本田博之, 風間順一郎, 丸山弘樹, 成田一衛

    臨床透析   31 ( 4 )   471 - 474   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

    症例は66歳男性で、50歳頃より慢性腎臓病、高血圧症、メタボリック症候群を指摘され、二次性副甲状腺機能亢進症と尿毒症に対し炭酸カルシウム、球形吸着炭を開始した。慢性の便秘があり、腎機能低下で血液透析導入となったが、第4病日より腹部膨満感増強、腹痛が生じた。画像所見で横隔膜挙上、S状結腸から口側の腸管拡張を認め、血圧および動脈血酸素飽和度低下より大腸イレウス、ショックと判断した。腹部は膨隆し続け、膀胱内圧は21mmHgと上昇し、腹部コンパートメント症候群と診断した。下部消化管内視鏡でS状結腸内は球形吸着炭を混じた便塊で満たされ、腸管粘膜は虚血状態にあった。経肛門的に結腸閉鎖を解除できず、緊急開腹術を施行した。開腹直後より呼吸不全は改善し、血圧上昇、自尿流出を認めた。小腸部分切除の後、敗血症合併に対する持続的血液濾過透析と直接血液灌流法を行い、腎機能は改善して第62病日に退院した。

    DOI: 10.19020/J01864.2015209953

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 症例報告 劇症肝炎に対する脳死肝移植の1例

    相馬 大輝, 三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文, Soma Daiki, Miura Kohei, Kobayashi Takashi, Ishikawa Hirosuke, Takizawa Kazuyasu, Nagahashi Masayuki, Sakata Jun, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   129 ( 4 )   216 - 220   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    今回, 術前に敗血症を呈した亜急性型劇症肝炎に対し脳死肝移植を施行し救命し得た症例を経験したので文献的考察を加えて報告する. 症例は62歳, 男性. 薬剤性亜急性型劇症肝炎として近医にて加療されるも改善なく, 肝移植目的に当院に転院した. 転院4日目に脳症の増悪を認め緊急生体肝移植の方針となったが, カテーテル感染による敗血症性ショック, 重度の呼吸不全, 腎不全のため手術を延期し, 保存的に加療を継続した. その後ショックから離脱し, 血液培養の陰性化を確認した. 転院10日目に脳死ドナーが発生したため脳死全肝移植を施行した. 手術直前に採取した血液培養検査が陽性であったため結果的には菌血症状態での肝移植となった. 術後早期より持続的血液濾過透析, エンドトキシン吸着療法を開始し, タクロリムス血中濃度を低値に抑えることで全身状態は比較的速やかに改善した. その後重篤な合併症なく第10病日にICU退室した. 術前に敗血症を呈した症例に対する肝移植の成績は極めて不良であるが, 術後の集中管理により救命し得たので報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝胆膵 当院における劇症肝炎症例に対する生体肝移植の経験

    相馬 大輝, 小林 隆, 三浦 宏平, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   RS - 16   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 非アルコール性脂肪肝疾患関連肝細胞癌における肝切除の術後成績およびp27発現の臨床的意義

    廣瀬 雄己, 松田 康伸, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   YIA - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 成人生体肝移植における免疫抑制剤完全離脱症例の検討

    三浦 宏平, 小林 隆, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 163   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝外胆管癌に対する術前胆道ドレナージ法としての経皮経肝胆道ドレナージと内視鏡的ドレナージとの比較

    石川 博補, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文, Ishikawa Hirosuke, Sakata Jun, Hirose Yuki, Ohashi Taku, Takizawa Kazuyasu, Takano Kabuto, Kobayashi Takashi, Minagawa Masahiro, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   129 ( 2 )   71 - 77   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】手術部位感染(SSI)の発生率, 術前胆汁培養検査の陽性率, 経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD)瘻孔部播種の発生率の観点から, 肝外胆管癌における術前胆道ドレナージ法としてPTBDと内視鏡的胆道ドレナージ(EBD)のどちらが優れているかを明らかにする. 【対象と方法】EBDが導入普及してきた2001年1月以降, 2011年7月までの間に, 術前胆道ドレナージ施行後に当科で根治切除を施行された肝外胆管癌68例を対象とした. PTBDが32例, EBDが36例で施行された. 68例中63例で術前胆汁培養検査が実施された. 【結果】PTBD施行群, EBD施行群のSSI発生率は, 各々59%(19/32例), 61%(22/36例)であり, 両群で有意な差を認めなかった(P&gt;0.999). 術前胆汁培養検査が実施された63例中48例(76%)で合計23種類の細菌が検出された. Streptococcus属が最多で, 次いで, Staphylococcus属, Klebsiella属, Enterococcus属の順であった. 術前胆汁培養検査陽性でSSIを発症した28例中15例(54%)で, 術前胆汁とSSI発生部位の両者で少なくとも1種類の共通の細菌が検出された. PTBD施行群31例中22例(71%), EBD施行群32例中26例(81%)で術前胆汁培養検査が陽性であった(P=0.387). EBD施行群ではPTBD施行群と比較して, 口腔内や上部消化管常在のStreptococcus属の検出頻度が高かった(P=0.003). PTBD施行群32例中2例(6%)でPTBDの瘻孔部播種を認めた. いずれの症例も播種巣と原発巣とを同時に切除したが早期に再発をきたした. 【結論】肝外胆管癌において, SSIの発生率や術前胆汁細菌培養検査の陽性率の観点からは, PTBD施行群とEBD施行群とで術前胆道ドレナージ法としての優劣は認められなかった. 一方, PTBDの瘻孔部播種の発生は決してまれではなく, 腫瘍学的な観点からは, 肝外胆管癌に対する術前胆道ドレナージ法はEBDの方が優れている.

    CiNii Article

    researchmap

  • 【胆道癌外科切除 再発防止のストラテジー】 術中戦略 リンパ節郭清範囲 胆嚢癌

    坂田 純, 若井 俊文, 皆川 昌広, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭

    臨床外科   70 ( 1 )   68 - 72   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>胆嚢癌に対する至適リンパ節郭清範囲は,胆道癌取扱い規約第6版の定める領域リンパ節である.この領域リンパ節をen blocに郭清することが進行胆嚢癌の手術成績向上の鍵である.膵頭十二指腸切除は,膵頭周囲リンパ節転移陽性胆嚢癌の予後を改善する可能性がある.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407210613

    researchmap

  • 心肺停止状態から救命し得た上部消化管造影検査後大腸穿孔によるバリウム腹膜炎の1例

    須藤 翔, 小林 隆, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 若井 俊文

    日腹部救急医会誌   35 ( 1 )   119 - 124   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    症例は66歳,女性。検診で上部消化管造影検査を施行された2日後に腹痛を自覚した。翌日腹痛が増悪したため救急要請し,搬送先病院で心肺停止状態となった。蘇生処置により心拍再開し,腹部CT検査で腹腔内遊離ガスと腸管外へのバリウム漏出を指摘された。消化管穿孔によるバリウム腹膜炎と診断され,同院では緊急手術の施行が困難な状況であったため,当院へ転院搬送し緊急手術を行った。S状結腸に穿孔部を認め,S状結腸部分切除,人工肛門造設,洗浄ドレナージを施行した。手術直後は循環動態が不安定であったが,PMX-DHPを含む集学的治療により敗血症性ショックから離脱し,神経学的後遺症無く術後36病日目に退院した。上部消化管造影検査後に生じる大腸穿孔によるバリウム腹膜炎はまれだが重篤な合併症である。本症例は一時心肺停止状態となったが,迅速な手術と集学的治療により救命し得たので,若干の文献的考察を加え報告する。

    DOI: 10.11231/jaem.35.119

    CiNii Article

    researchmap

  • PTBD瘻孔部に癌着床を認め術後腹壁再発をきたした下部胆管癌の1例

    須藤 翔, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 齋藤 敬太, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純

    胆道   29 ( 2 )   247 - 253   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    症例は79歳,男性.尿濃染を自覚し,血液検査にて黄疸と肝機能障害を指摘された.画像検査所見から下部胆管癌による閉塞性黄疸と診断され, PTBDが施行された.黄疸改善後,膵頭十二指腸切除,PTBD瘻孔部同時切除が施行された.病理組織学的検査では,PTBD瘻孔部に胆管癌着床を認め,術後補助化学療法としてS-1単独療法を施行された.術後18カ月目に,瘻孔切除部近傍の腹壁に腫瘤を認め,穿刺細胞診にてClass Vと判定された.胆管癌の腹壁再発と診断され,Gemcitabine(GEM)+S-1療法を施行された.術後24カ月目に肝再発を指摘され,その後再発巣が増大傾向を示したため,肝動脈化学塞栓療法および腹壁再発巣に対する放射線療法を施行された.術後32カ月経過し,現在,全身状態良好で外来経過観察中である.PTBD瘻孔部に癌着床を認めた場合,異時性の腹膜播種性再発に関して慎重な経過観察を行う必要がある.

    DOI: 10.11210/tando.29.247

    CiNii Article

    researchmap

  • 初回腹腔鏡手術後に発症した外傷性腹壁ヘルニアの1例

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 須藤 翔, 田島 陽介, 中野 雅人, 小林 隆, 若井 俊文

    日腹部救急医会誌   35 ( 4 )   477 - 482   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    症例は29歳,男性。車同士の交通外傷で受傷し当院へ救急搬送された。下腹部にシートベルト痕を認め,全身CTで下顎骨,右鎖骨,左第10肋骨,右腓骨の多発骨折および腹腔内出血を認めた。消化管穿孔は明らかではなかったが,確定診断のため腹腔鏡手術の適応とした。S状結腸腸間膜損傷IIa(S)およびS状結腸損傷cIa(S)の診断でS状結腸切除術を施行した。しかし,術後腸閉塞となったため初回手術後8日目に腹部CTを施行した。腹部正中臍下部で小腸が皮下に脱出しており外傷性腹壁ヘルニア嵌頓と診断した。再手術とし開腹すると,ポートサイトではなく弓状線尾側の下腹部で腹直筋鞘が断裂していた。小腸部分切除を施行し,腹直筋鞘を直接縫合した。今後,腹部鈍的外傷において,診断を兼ねた腹腔鏡手術例は増えてくると思われる。外傷性腹壁ヘルニアは,まれな病態ではあるが,腹腔鏡手術にて見落としがちな腹壁の損傷には注意すべきである。

    DOI: 10.11231/jaem.35.477

    CiNii Article

    researchmap

  • ゲフィチニブ投与中に発症した腸管嚢腫様気腫症の1例

    安藤拓也, 坂田純, 丸山智宏, 小林隆, 滝沢一泰, 皆川昌広, 若井俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3399   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 膵内異所性脾に生じた類上皮嚢胞の1例

    諸和樹, 皆川昌広, 高野可赴, 滝沢一泰, 坂田純, 小林隆, 若井俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3399 - 3400   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 劇症肝炎に対する脳死移植の1経験

    相馬大輝, 小林隆, 三浦宏平, 石川博補, 滝沢一泰, 坂田純, 皆川昌広, 若井俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3399   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 子宮頸癌術後に生じた外腸骨動脈による絞扼性イレウスの1例

    油座築, 皆川昌広, 高野可赴, 滝沢一泰, 坂田純, 小林隆, 若井俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3399   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 消化器外科手術アトラス 胆嚢癌に対する拡大根治的胆嚢摘出術(Glenn手術変法)

    若井 俊文, 坂田 純, 田島 陽介, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭

    消化器外科   37 ( 13 )   1885 - 1894   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 膵癌術後難治性リンパ瘻を外科的に治療しえた腎移植後患者の1例

    安藤 拓也, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   660 - 660   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 5 若年者に対する腹腔鏡下脾温存尾側膵切除の1例(Ⅰ.一般演題, 第22回新潟内視鏡外科研究会)

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 8 )   404 - 404   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22 サイトケラチン7, 19陽性肝細胞癌の異時性リンパ節転移再発の1切除例(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   340 - 340   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 21 膵原発Solitary fibrous tumorの1例(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 坂田 純, 高野 可赴, 新田 正和, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   339 - 340   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25 食道胃静脈瘤に対する用手補助腹腔鏡補助下Hassab手術の短期成績(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    小林 隆, 大矢 洋, 堀田 真之介, 島田 哲也, 仲野 哲矢, 滝沢 一泰, 石川 博補, 山本 潤, 皆川 昌広, 坂田 純, 高野 可赴, 新田 正和, 小杉 伸一, 野上 仁, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   341 - 341   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 24 膵・胆管合流異常症に合併した胆嚢癌8例の検討(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    大橋 拓, 廣瀬 雄己, 新田 正和, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   341 - 341   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 23 高度肝硬変背景の肝細胞癌に対して腹腔鏡下肝部分切除を施行した1例(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    皆川 昌広, 高野 可赴, 佐藤 洋, 堀田 真之介, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 新田 正和, 島田 哲也, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   340 - 340   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 症例報告 肝内胆管癌との鑑別が困難であった胆管浸潤を伴う大腸癌肝転移の2切除例

    須藤 翔, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 斉藤 敬太, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文, Sudo Natsuru, Hirose Yuki, Ishikawa Hirosuke, Katada Tomohiro, Saito Keita, Takizawa Kazuyasu, Takano Kabuto, Sakata Jun, Kobayashi Takashi, Minagawa Masahiro, Wakui Toshifumi

    新潟医学会雑誌   128 ( 6 )   269 - 275   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】大腸癌肝転移と肝内胆管癌は両者ともに腺癌であり, 画像検査や腫瘍マーカー等も類似した所見を示すことが多い. 今回我々は, 術前に肝内胆管癌との鑑別が困難であり, 切除標本の免疫組織化学により診断可能となった胆管浸潤を伴う大腸癌肝転移の2例を経験したので報告する. 【対象・方法】対象となった2例はいずれも過去に大腸癌に対する根治手術を施行されていた. 腹部CT検査で胆管浸潤を伴う肝腫瘤を指摘され, 術前に大腸癌肝転移と肝内胆管癌との鑑別は困難であった. 切除標本の免疫組織化学により, 両者の鑑別診断を行った. 【結果】「症例1」: 71歳, 男性. 直腸癌Stage Iに対する手術施行後4年7か月の腹部CT検査で肝右葉に腫瘤を指摘された. 肝内胆管後区域枝および尾状葉枝に拡張を認め, 胆管浸潤が疑われた. 肝内胆管後区域枝および尾状葉枝に腫瘍栓を認め, 肝右葉切除・尾状葉切除・肝外胆管切除が施行された. 「症例2」: 75歳, 女性. 上行結腸癌Stage IIに対する手術後2年5か月の腹部CT検査で肝後区域に腫瘤を指摘された. 大腸癌肝転移を疑われ, 全身化学療法を施行されたが反応性は明らかでなく, 腫瘤の胆管浸潤も認められるようになったため, 肝右葉切除・肝外胆管切除が施行された. いずれの症例も, 腫瘍細胞はCytokeratin(CK)7陰性, CK20陽性を示し, 組織学的に大腸癌肝転移と診断された. 【考察】胆管浸潤は肝内胆管癌に特徴的な画像所見とされている. 今回経験した大腸癌肝転移の2例はいずれも胆管浸潤所見が認められ, 肝内胆管癌との鑑別は画像上困難であった. 両者の鑑別診断に際しては大腸癌既往に関する情報が重要であるが, 大腸癌原発巣の切除から時間が経過した異時性再発例や化学療法への反応性が乏しい場合, 術前診断は容易ではない. 大腸癌肝転移と肝内胆管癌の病理診断において, 免疫組織化学の有用性が報告されている. 大腸上皮マーカーであるCK20と胆管上皮マーカーであるCK7の組み合わせにより正確な組織診断が可能となる. 2例ともCK7陰性かつCK20陽性であり, 大腸癌肝転移と診断する強い根拠となった. 【結論】肝内胆管癌との鑑別が困難であった胆管浸潤を伴う大腸癌肝転移の2切除例を経験した. 両者の鑑別診断にはCK7, CK20に対する免疫組織化学が有用である. 免疫組織化学による正確な鑑別診断により, 適切な薬物療法の選択が可能となる.

    CiNii Article

    researchmap

  • 細胞周期調節因子p27はNASH関連肝細胞癌再発の予測因子である

    廣瀬 雄己, 松田 康伸, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   26回   488 - 488   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝胆膵外科学会  

    researchmap

  • 浸潤性膵管癌における簇出と臨床病理学的因子および予後との関連

    滝沢 一泰, 若井 俊文, Takizawa Kazuyasu, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   128 ( 5 )   216 - 226   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【緒言】膵癌は, 罹患数と死亡数がほぼ同数であり難治性消化器癌の代表である. 膵癌の予後予測因子としては組織分化度, リンパ節転移の有無, 癌遺残の有無などの病理学的因子が報告されている. 近年, 大腸癌, 食道癌, 胃癌および乳頭部癌などの消化器癌において, 簇出が腫瘍の浸潤性発育を反映し予後予測因子であることが報告されている. 本研究の目的は, 外科切除された浸潤性膵管癌を対象として, HE染色およびAE1/AE3免疫染色を行い簇出の評価方法を確立することである. また, 簇出を臨床病理学的因子と比較検討し, 高簇出群は術後の転移・再発により術後成績は不良であるという仮説を立て, 簇出の予後予測因子としての臨床的意義を解明することである. 【方法】1990年から2010年に切除された浸潤性膵管癌81例を対象とした. 症例の平均年齢は65.6歳(38-74歳), 性別は男性54例, 女性27例であった. 腫瘍の最大割面を代表切片とし, HE染色, AE1/AE3免疫染色を行った. 簇出の定義は癌発育先進部の間質に認められる5個未満の細胞からなる癌胞巣とした. 各染色別の簇出のカットオフ値は, Cox比例ハザードモデルによるカイ二乗値を基準として決定した. 【結果】簇出検出個数の平均±標準誤差はHE染色で7.8±0.5個であり, AE1/AE3免疫染色で15.3±1.0個であった. 各染色別での簇出カットオフ値は, HE染色では13個以上(X^2=23.123, P&lt;0.001)を高簇出群, AE1/AE3免疫染色では15個以上(X^2=9.236, P=0.002)を高簇出群とした. HE染色, AE1/AE3免疫染色ともに高簇出群はTNM分類でのG3(低分化型)と有意に関連していた(各々, P=0.016, P&lt;0.001). 多変量解析では, TNM分類G3(ハザード比2.062, P=0.011), 顕微鏡的癌遺残(ハザード比2.603, P=0.001)およびHE染色での高簇出(ハザード比5.213, P&lt;0.001)が独立した有意な予後不良因子であった. HE染色で評価された高簇出群の累積2年生存率は0%, 生存期間中央値は11.9か月であり, 低簇出群の累積2年生存率43.1%, 生存期間中央値21.7か月と比較して有意に術後成績は不良であった(P&lt;0.001). 【考察】浸潤性膵管癌において簇出を検討した報告は少なく, 高簇出を定義する統一基準に関する報告はない. 多変量解析の結果では, HE染色での高簇出が最も強い独立した予後不良因子であった. AE1/AE3免疫染色では簇出の検出が容易で多数の簇出が検出されるにもかかわらず, HE染色で診断された簇出高度陽性判定基準のほうが予後因子として有用であった. この原因としては, AE1/AE3免疫染色はすでに生物学的活性を失っている癌細胞も簇出として計測している可能性が考えられた. 【結語】浸潤性膵管癌の簇出診断では, HE染色(簇出カットオフ値13個)の方がAE1/AE3免疫染色(簇出カットオフ値15個)より予後因子として有用である.

    CiNii Article

    researchmap

  • 浸潤性膵管癌における簇出と臨床病理学的因子および予後との関連

    滝沢 一泰

    新潟医学会雑誌   128 ( 5 )   216 - 226   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 サイトケラチン7,19陽性肝細胞癌の異時性リンパ節転移再発の1切除例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, Hirose Yuki, Sakata Jun, Ohashi Taku, Takizawa Kazuyasu, Nitta Masakazu, Takano Kabuto, Kobayashi Takashi, Nagomi Hitoshi, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   128 ( 4 )   177 - 181   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    肝細胞癌の主たる再発形式は肝内再発であるが, リンパ節再発は比較的稀である. 今回, 肝細胞癌に対して肝切除後に異時性リンパ節転移再発を認めた症例を経験したので, 文献的考察を加えて報告する. 症例は66歳, 男性. C型肝硬変の経過観察中に肝S6, S8-4の多発肝細胞癌を指摘され, 各々肝部分切除術が施行された. 病理組織診断は, 肝S6病変が中分化型, 肝S8-4病変が低分化型肝細胞癌であったが, 肝S8-4の病変はサイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌であった. 術後1年4か月後のCT検査で膵頭部背側のリンパ節の腫大を認めたため, 肝細胞癌の孤立性リンパ節転移再発と診断し, リンパ節摘出術を施行した. 病理組織診断は, サイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌のリンパ節転移であった. 本症例は, 肝細胞癌2病変のうち, 胆管上皮マーカーであるサイトケラチン7,19陽性であった肝S8-4病変からリンパ節転移再発をきたしたと考えられた. サイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌は, 肝内胆管癌と類似した生物学的悪性度を有しリンパ節転移をきたす可能性があるため, 肝硬変に伴うリンパ節腫大との鑑別および術後の経過観察の際には肝外病変に対しても注意が必要である.

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-086-6 胆嚢癌に対するリンパ節郭清範囲 : 13aリンパ節は所属リンパ節に含めるべきである(PS-086 胆 悪性-5,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    坂田 純, 大橋 拓, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   747 - 747   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-024-7 肝門部領域胆管癌におけるリンパ節転移分類法 : リンパ節転移個数とlymph node ratioの比較(OP-024 胆 悪性 胆道癌-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   356 - 356   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-011-7 潰瘍性大腸炎におけるLoop ileostomy造設時のoutlet obstructionの発症状況と危険因子の検討(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    中野 雅人, 亀山 仁史, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-011-4 潰瘍性大腸炎手術における回腸嚢作製に関与する因子(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-011-3 潰瘍性大腸炎に合併した大腸腫瘍に対する手術術式の選択 : 回腸嚢肛門吻合術かそれとも回腸嚢肛門管吻合術か(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-006-3 肝のMove the Ground : 横隔膜ドーム下病変に対する腹腔鏡下肝部分切除の視野確保(PS-006 肝 内視鏡下-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   586 - 586   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-145-4 大腸癌において免疫組織化学染色によって同定される神経侵襲の臨床的意義(OP-145 大腸 病理・NET,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    木戸 知紀, 島田 能史, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 滝澤 一泰, 羽入 隆晃, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-012-3 潰瘍性大腸炎に合併する大腸腫瘍におけるサーベイランス内視鏡検査の臨床的意義(OP-012 炎症性腸疾患-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    伏木 麻恵, 島田 能史, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • IS-9-6 Extent of liver resection for gallbladder carcinoma(IS-9 International Session (9) Hepato-biliary surgery-2)

    若井 俊文, 坂田 純, 皆川 昌広, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 廣瀬 雄己, 大橋 拓, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   106 - 106   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-089-2 膵癌におけるリンパ節転移個数とlymph node ratioが予後に与える影響(PS-089 膵 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   752 - 752   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-163-1 膵頭十二指腸切除後のロストチューブ : トラブル(PS-163 膵 周術期管理,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 小杉 伸一, 野上 仁, 若井 俊文, 黒崎 功

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13 膵移植の現状と当科の経験(Ⅰ.一般演題, 第14回新潟胆膵研究会)

    小林 隆, 石川 博補, 須藤 翔, 山本 潤, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 坂田 純, 皆川 昌広, 野上 仁, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 3 )   138 - 139   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 15 肝胆膵術後頻脈性不整脈における塩酸ランジオロールの効果(Ⅰ.一般演題, 第14回新潟胆膵研究会)

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 3 )   139 - 139   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 膵原発Solitary Fibrous Tumorの1例

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 高野 可赴, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 若井 俊文, 味岡 洋一, Nakano Tetsuya, Minagawa Masahiro, Takano Kabuto, Hirose Yuki, Takizawa Kazuyasu, Kobayashi Takashi, Sakata Jun, Wakai Toshifumi, Ajioka Yoichi

    新潟医学会雑誌   128 ( 3 )   121 - 127   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は69歳男性. 下肢蜂窩織炎の精査中に膵頭部に腫瘤を指摘され当科紹介となった. 腹部CT検査で膵頭部に早期濃染し持続濃染を呈する2cm弱の腫瘤を認めた. 術前の内分泌学検査では, 血中インスリン値4μU/L, 血中ガストリン値132pg/mLと正常範囲内であり, 非機能性膵神経内分泌腫瘍の術前診断で亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した. 病理組織学検査では紡錘形の腫瘍細胞が様々な密度で混在し, 免疫組織化学検査では, CD34陽性, bc1-2陽性, c-kit陰性, S-100陰性でありSolitary fibrous tumorと診断された. Solitary fibrous tumorは主に胸膜に発生する腫瘍であり, 膵原発Solitary fibrous tumorの報告は稀であるため文献的考察を加えて報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 膵頭十二指腸切除後の仮性動脈瘤出血に対してStent-Assisted Coilingを施行した3例

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 若井 俊文, 高野 徹, 黒崎 功

    日腹部救急医会誌   34 ( 8 )   1445 - 1449   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    膵頭十二指腸切除術(以下,PD)後の仮性動脈瘤出血は致死的合併症の一つである。経カテーテル的動脈塞栓術が第一選択の治療とされるが,肝不全,肝膿瘍の危険性を回避するため,近年では肝血流を維持した上で止血可能なStent-assisted coiling(以下,SAC)を用いられることがある。今回,PD術後の仮性動脈瘤に対しSACを施行した3症例を経験したので,その有用性と問題点について報告する。1例目は肝膵同時切除後に仮性動脈瘤を認めたが経過観察とし,治療の遅れがあった。2例目は仮性動脈瘤の部位に関して誤認があった。3症例目は準備に時間がかかったもののPD術後仮性動脈瘤出血に対してSACを用いて治療し得た。いずれの症例もSAC後に肝不全は認めていない。PD後の仮性動脈瘤出血には積極的な治療と,放射線科医との情報共有が欠かせないと考えられた。

    DOI: 10.11231/jaem.34.1445

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝のMove the Ground~横隔膜ドーム下病変に対する腹腔鏡下肝部分切除の視野確保~

    皆川昌広, 仲野哲矢, 廣瀬雄己, 石川博補, 滝沢一泰, 新田正和, 高野可赴, 坂田純, 小林隆, 小杉伸一, 小山諭, 若井俊文

    日本外科学会雑誌   115   2014年

     詳細を見る

  • 膵原発Solitary fibrous tumorの1例

    仲野哲矢, 皆川昌広, 坂田純, 高野可赴, 新田正和, 滝沢一泰, 小林隆, 若井俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   2014年

     詳細を見る

  • 16 当科におけるIPMNの外科的治療とその成績(Ⅰ.一般演題, 第13回新潟胆膵研究会)

    皆川 昌広, 黒崎 功, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲矢, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   127 ( 12 )   704 - 705   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 高度局所進展を呈する肝内胆管癌に対する術前化学療法の効果

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, Hirose Yuki, Sakata Jun, Ohashi Taku, Takizawa Kazuyasu, Nitta Masakazu, Takano Kabuto, Kobayashi Takashi, Nogami Hitoshi, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   127 ( 8 )   422 - 426   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】本研究の目的は, 局所進展が高度な肝内胆管癌に対する術前化学療法の効果と周術期に及ぼす影響を明らかにすることにある. 【方法】当科で2009年1月から2012年8月までに術前の画像診断で根治切除が困難・不能と判断された症例に対して術前化学療法を行った5例を対象とした. 根治切除が困難・不能と判断した因子は, 高度局所進展(腹壁・胃への浸潤, 腹膜播種)が4例, 高度局所進展+大動脈周囲リンパ節転移が1例であった. 術前化学療法としては, gemcitabine(GEM)が2例, テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(S-1)が1例, GEM+S-1が1例, GEM+S-1からGEM+cisplatinに変更が1例であった. 抗癌剤効果判定基準(RECISTガイドライン)に準じて術前化学療法の効果を判定した. 【成績】標的病変の抗癌剤効果判定は, 部分奏功(PR)が1例(GEM+S-1を施行し腫瘍縮小率68%), 安定(SD)が3例, 進行(PD)が1例であり, 奏功率は20%であった. Grade3の有害事象を1例に認めたが, 全例で術前化学療法前に立案していた術式の遂行が可能であった. 全例にR0切除が行われ, pStage Iが1例, pStage IVAが3例, pStage IVBが1例であった. 術後合併症を3例に認めた. その内訳は, 腹腔内膿瘍2例, 仮性動脈瘤破裂1例, 腸炎1例, リンパ漏1例(重複あり)であった. 術後在院死亡は認めなかった. 術前化学療法の効果判定がPRとSDであった2例が, 各々術後9か月, 14か月に原病死したが, 残り3例は生存中であった. 全症例の累積1年生存率は75%, 累積2年生存率は50%, 生存期間中央値は14か月であった. 【結論】局所進展が高度な肝内胆管癌に対する術前化学療法は安全に施行でき, 化学療法前に立案していた術式を遂行可能である. ただし, 術前化学療法の奏功率が低いこと, 奏功しないPD症例が存在することが臨床上の問題点として挙げられる.

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-233-4 膵頭十二指腸切除後の大血管合併症 : 仮性肝動脈瘤と門脈閉塞の成因と対処法の選択(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲矢

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-223-1 T因子による非機能性膵神経内分泌腫瘍の比較検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    高野 可赴, 黒峙 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲也

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-363-1 自家静脈グラフトを用いた門脈再建術後における影響とその注意点(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 森本 悠太, 仲野 哲矢

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-362-1 残膵全摘の適応と術後QOL : 残膵切除と一次的膵全摘症例の比較検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    森本 悠太, 黒崎 功, 仲野 哲矢, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 皆川 昌広

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-363-1 自家静脈グラフトを用いた門脈再建術後における影響とその注意点(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 森本 悠太, 仲野 哲矢

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   1029 - 1029   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-362-1 残膵全摘の適応と術後QOL : 残膵切除と一次的膵全摘症例の比較検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    森本 悠太, 黒崎 功, 仲野 哲矢, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 皆川 昌広

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   1027 - 1027   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-223-1 T因子による非機能性膵神経内分泌腫瘍の比較検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    高野 可赴, 黒峙 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲也

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   831 - 831   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-233-4 膵頭十二指腸切除後の大血管合併症 : 仮性肝動脈瘤と門脈閉塞の成因と対処法の選択(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲矢

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   847 - 847   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の短期成績

    小林隆, 滝沢一泰, 石川博補, 山本潤, 皆川昌弘, 坂田純, 高野可赴, 蛭川浩史, 多田哲也, 野上仁, 小杉伸一, 仲野哲也, 新田正和, 若井俊文

    胆道   27 ( 3 )   2013年

     詳細を見る

  • 腹腔鏡下Hassab手術後胃内容排泄障害の1例

    小林隆, 高野可赴, 須藤翔, 滝沢一泰, 石川博補, 山本潤, 仲野哲矢, 石川卓, 坂本薫, 新田正和, 羽入隆晃, 市川寛, 廣瀬雄己, 野上仁, 坂田純, 皆川昌広, 小杉伸一, 若井俊文

    胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集   43rd   2013年

     詳細を見る

  • PS-040-5 真皮埋没連続縫合における肝胆膵術後SSIの低減効果(PS-040 膵 周術期管理,第112回日本外科学会定期学術集会)

    皆川 昌広, 黒崎 功, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲矢, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-147-5 膵癌組織内における炎症性サイトカインの役割 : マクロファージ遊走阻止因子の発現性と手術成績の関連性(PS-147 膵 基礎-1,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会)

    高野 可赴, 黒崎 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • WS-10-1 StageIII-IV胆嚢癌に対する手術と治療成績(WS-10 ワークショップ(10)進行胆道癌(StageIII,IV)切除後長期生存例からみた治療方針)

    黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 仲野 哲矢, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-150-3 TS1膵癌の発見契機と治療成績 : 治療成績は改善したか?(膵悪性,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会)

    仲野 哲矢, 黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 北見 智恵, 角南 栄二, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-148-2 Micropapillary carcinomaを有する膵癌症例の臨床病理学的検討(PS-148 膵 基礎-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌弘, 高野 可赴, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 16 浸潤性膵管癌に対する術後補助化学療法 : 肝還流化学療法 (LPC) の意義(I.一般演題,第12回新潟胆膵研究会)

    高野 可赴, 黒崎 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   126 ( 3 )   173 - 173   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 8 主膵管内進展を伴う膵全体癌の1例(I.一般演題,第12回新潟胆膵研究会)

    仲野 哲矢, 黒崎 功, 高野 可赴, 小海 秀央, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   126 ( 3 )   169 - 169   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • StageⅢ・Ⅳ胆囊癌に対する手術と治療成績 : 長期生存を得るための条件 (特集 進行胆道癌(StageⅢ,Ⅳ)切除後長期生存例からみた治療方針)

    黒崎 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰

    癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics   59 ( 1 )   1 - 6   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:篠原出版新社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 脾囊胞自然破裂に対する脾摘後に形成された脾動静脈瘻の1例

    角南 栄二, 黒崎 功, 滝沢 一泰, 西倉 健, 畠山 勝義

    日消外会誌   45 ( 8 )   850 - 856   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    症例は78歳の女性で,2002年9月脾囊胞自然破裂による腹腔内出血のため当院にて緊急脾臓摘出術を施行した.その際脾動静脈は数回に分けて一括結紮処理された.その後2006年6月他院での腹部USにて脾静脈拡張を指摘され当科紹介となった.腹部CTにて膵尾部外側に長経約7 cmの,脾静脈と同等に強く造影される腫瘤を指摘された.腹部MRIでは造影早期相にて強い造影効果を呈し,さらに,拡張した門脈にも造影効果を認めたことから脾動静脈瘻と診断し手術適応と考え,前回手術から3年11か月後に手術を施行した.開腹所見では膵尾部外側の,脾動静脈の断端に約7 cm径のスリルを伴う血流豊富な腫瘤を認め脾動静脈瘻と診断した.手術は脾動静脈をそれぞれ結紮切離し腫瘤切除を行った.術後経過は良好であった.脾摘の際に脾動静脈を一括結紮切離したことが原因になり脾動静脈瘻が形成されたと考えられる,まれな1例を経験したので報告する.

    DOI: 10.5833/jjgs.45.850

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-104-3 膵癌におけるマクロファージ遊走阻止因子(MIF)の発現と予後における検討(PS-104 ポスターセッション(104)膵臓:基礎-1,第111回日本外科学会定期学術集会)

    高野 可赴, 黒崎 功, 北見 智恵, 佐藤 大輔, 滝沢 一泰, 皆川 昌広, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-176-6 膵頭部・尾部の同時性多発腫瘍に対するMiddle-preserving pancreatectomy(PS-176 ポスターセッション(176)膵臓:手術-1,第111回日本外科学会定期学術集会)

    佐藤 大輔, 黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-026-2 各種病態下における肝胆膵領域術後内臓血管合併症に対する血管内ステント治療の意義(PS-026 ポスターセッション(26)膵臓:集学的治療-1,第111回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 高野 可赴, 北見 知恵, 皆川 昌弘, 吉村 宣彦, 高野 徹, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-061-4 膵頭十二指腸切除後の異時性肝転移に対する肝切除 : 臨床病理学的検討と手技的な注意点(膵手術-1,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌広, 北見 智恵, 高野 可赴, 佐藤 大輔, 二瓶 幸栄, 伊達 和俊, 親松 学, 角南 栄二, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-248-4 膵癌切除例における術後補助化学療法の意義 : ゲムシタビン+肝灌流化学療法(LPC)の適応と有効性(膵・集学的-2,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)

    黒崎 功, 皆川 昌広, 二瓶 幸栄, 伊達 和俊, 北見 智恵, 高野 可赴, 黒崎 亮, 佐藤 大輔, 滝沢 一泰, 畠山 畠山

    日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-2-540 膵solid pseudopapillary tumorの臨床病理学的検討 : 4症例報告(膵 嚢胞性腫瘍・他,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌広, 北見 智恵, 黒崎 亮, 高野 可赴, 佐藤 大輔, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-3-304 膵体尾部癌に対するAntegrade fashionによる膵体尾部切除と治療成績(膵癌・移植,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会)

    高野 可赴, 黒崎 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 佐藤 大輔, 北見 智恵, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13 画像学的に胆嚢癌との鑑別を要した消化管外間質腫瘍 (EGIST) の1切除例(Session IV 『肝・胆道・脾 (1)』,第9回新潟胆膵研究会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 高野 可赴, 北見 智恵, 皆川 昌広, 畠山 勝義, 佐藤 大輔, 井上 真, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌   123 ( 4 )   205 - 205   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • HP-140-4 膵体尾部癌に対するAntegrade fashionによる膵体尾部切除 : 膵頭側断端陰性化の限界(膵(臨床3),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 佐藤 大輔, 北見 智恵, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • HP-173-6 IV型Budd-Chiari症候群に対する生体部分肝移植4例の経験(肝移植1,ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)

    小海 秀央, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 中塚 英樹, 小林 隆, 渡邊 隆興, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • HP-141-4 大綱被覆法による膵液瘻重症化の予防 : 郭清大血管と膵腸吻合部分離の有用性(膵(臨床4),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)

    高橋 元子, 黒崎 功, 皆川 昌広, 二瓶 幸栄, 伊達 和俊, 北見 智恵, 小林 孝, 高野 可赴, 佐藤 大輔, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • HP-141-3 全胃温存膵頭十二指腸切除後における胃内容排出遅延 : ISGPS定義と胃切除後食に基づく術後管理の問題点(膵(臨床4),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)

    北見 智恵, 黒崎 功, 皆川 昌広, 佐藤 大輔, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 二瓶 幸栄, 伊達 和俊, 小林 孝, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 10 最近5年間に当院で経験した大腸穿孔性腹膜炎36例の検討(I.一般演題,第1回新潟腹部救急研究会)

    辰田 久美子, 河内 保之, 牧野 成人, 西村 淳, 小川 洋, 滝沢 一泰, 加納 陽介, 池墻 寛子, 新国 恵也

    新潟医学会雑誌   122 ( 11 )   662 - 662   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 24 食道アカラシアに合併した進行食道癌の2切除例(一般演題,第265回新潟外科集談会)

    森本 悠太, 牧野 成人, 小林 俊恵, 須田 一暁, 滝沢 一泰, 小川 洋, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    新潟医学会雑誌   122 ( 8 )   476 - 476   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • O-2-220 当院における腹腔鏡下大腸癌手術の短・中期成績(大腸 術式手技1,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会)

    西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 小川 洋, 滝沢 一泰, 辰田 久美子

    日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • O-1-354 ABO不適合肝移植からみたドナー特異的抗原門脈内投与によるテーラーメードの免疫抑制療法(肝 移植2,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会)

    小海 秀央, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 中塚 英樹, 小林 隆, 渡辺 隆興, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • DP-047-1 同時性肝所属リンパ節転移を伴う大腸癌肝転移に対する肝切除+リンパ節郭清の意義(第108回日本外科学会定期学術集会)

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 金子 和弘, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • DP-133-6 成人における異所性静脈瘤を伴う肝外門脈閉塞症に対する外科治療(第108回日本外科学会定期学術集会)

    山本 智, 佐藤 好信, 大矢 洋, 中塚 英樹, 小林 隆, 渡辺 隆興, 小海 秀央, 滝沢 一泰, 黒崎 功, 白井 良夫, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1 大腸癌肝転移における肝切離マージンの意義(Session I『肝・胆道』,第7回新潟胆膵研究会)

    若井 俊文, 白井 良夫, Valera Vladimir A, 坂田 純, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, Pavel Korita, 丸山 聡, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 黒崎 功, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌   122 ( 2 )   101 - 101   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1 大腸癌肝転移における肝切離マージンの意義(Session I『肝・胆道』,第7回新潟胆膵研究会)

    若井 俊文, 白井 良夫, Valera Vladimir A, 坂田 純, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, Pavel Korita, 丸山 聡, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 黒崎 功, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌   122 ( 2 )   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 19 I型糖尿病に対する外科からの参画(第263回新潟外科集談会)

    佐藤 好信, 山本 智, 中塚 英樹, 大矢 洋, 小林 隆, 渡辺 隆興, 小海 秀央, 滝沢 一泰, 富山 智香子, 宗田 聡, 平山 哲, 岩永 みどり, 剣持 敬, 田村 紀子, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   121 ( 12 )   701 - 702   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • Successful super small for size graft liver transplantation by decompression of portal hypertansion by splenectomy and making of meso-caval shunt

    Hidenaka Kokai, Yoshinobu Sato, Satoshi Yamamoto, Hiroshi Oya, Hideki Nakatsuka, Takaoki Watanabe, Kazuyasu Takizawa, Katsuyoshi Hatakeyama

    TRANSPLANT INTERNATIONAL   20   293 - 294   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Web of Science

    researchmap

  • P-1-319 ウイルソン病に対する生体部分肝移植の経験(肝 移植2,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    渡邊 隆興, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 小海 秀央, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • O-2-100 脾摘およびPCシャントが有用であった超過小グラフトによる生体部分肝移植の1例(肝 症例報告,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    小海 秀央, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 中塚 英樹, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-1-355 大腸癌肝転移における胆管浸潤 : 胆管上皮内進展の組織学的検討(肝 転移性腫瘍1,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    滝沢 一泰, 白井 良夫, 若井 俊文, 坂田 純, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2 大腸穿孔性腹膜炎症例の検討(第55回新潟大腸肛門病研究会)

    岡村 拓磨, 佐藤 賢治, 親松 学, 滝沢 一泰, 筒井 光廣

    新潟医学会雑誌   121 ( 5 )   291 - 292   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • DP-085-7 合併症のないI型糖尿病に対する単独生体部分膵臓移植(第107回日本外科学会定期学術集会)

    佐藤 好信, 山本 智, 中塚 英樹, 大矢 洋, 小林 隆, 渡辺 隆興, 小海 秀央, 滝沢 一泰, 畠山 勝義, 剣持 敬

    日本外科学会雑誌   108 ( 2 )   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • アレルギー性肉芽腫性血管炎による腸閉塞の1例

    内藤 哲也, 鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 渡邉 真実, 滝沢 一泰

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   67 ( 7 )   1591 - 1595   2006年7月

     詳細を見る

  • 1874 大腸癌肝転移に対する5-FU肝動注療法6症例の検討(大腸癌転移6(肝転移),一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会)

    鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 内藤 哲也, 渡辺 真実, 滝沢 一泰

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 7 )   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1978 大腸癌肝転移においてグリソン鞘内のリンパ管侵襲は独立した強い予後因子である(転移性肝癌2,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会)

    滝沢 一泰, 白井 良夫, 若井 俊文, 坂田 純, Korita Pavel, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 岡本 春彦, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 7 )   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 23 横行結腸間膜裂孔ヘルニアの2手術例(一般演題,第261回新潟外科集談合)

    滝沢 一泰, 鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 内藤 哲也, 渡邉 真実, 松原 要一

    新潟医学会雑誌   120 ( 6 )   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • アレルギー性肉芽腫性血管炎による腸閉塞の1例

    内藤 哲也, 鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 渡邉 真実, 滝沢 一泰

    日臨外会誌   67 ( 7 )   1591 - 1595   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は68歳,男性.腹痛を主訴として来院し,腹部X線所見より腸閉塞の診断で入院となった.イレウス管を挿入したが譫妄状態となり,イレウス管を自己切断し,イレウス管断端が小腸内に遺残したため,開腹手術を施行した.小腸全体に血行障害を疑わせる色調変化を認め,腸間膜リンパ節腫大,胆嚢腫大を認めた.イレウス管の摘出,小腸生検,腸間膜リンパ節生検,胆嚢摘出術を施行した.病理所見では小腸,胆嚢,リンパ節のいずれも著明な好酸球浸潤を認め,小腸と胆嚢の一部には血管壊死と周囲の好酸球浸潤を強く認めた.気管支喘息の既往があり,好酸球増多,血清IgE増加,リウマトイド因子陽性などを認めたことからアレルギー性肉芽腫性血管炎と診断した.術後ステロイド投与を開始したところ,イレウス症状は改善され,現在ステロイド維持療法にて外来経過観察中である.アレルギー性肉芽腫性血管炎による腸閉塞の1例を経験したので報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.67.1591

    CiNii Article

    researchmap

  • 外科的切除が奏効した限局型全身性硬化症による腸閉塞症の1例(小腸・大腸・肛門18, 第60回日本消化器外科学会総会)

    滝沢 一泰, 渡辺 直純, 林 達彦, 村山 裕一, 清水 春夫

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • Best Poster Award, IASGO continuing medical education advanced Post-Graduate Course in Tokyo 2015

    2015年   IASGO   Association of tumor budding with clinicopathological characteristics and prognosis in pancreatic ductal adenocarcinoma: Impact of Ki-67 expression on budding cancer cells.

    Kazuyasu Takizawa, M.D., Ph.D., Masahiro Minagawa, M.D., Ph.D., Kohei Miura, M.D., Ph.D., Masayuki Nagahashi, M.D., Ph.D., Jun Sakata, M.D., Ph.D., Takashi Kobayashi, M.D., Ph.D, Toshifumi Wakai, M.D., Ph.D.

     詳細を見る

  • Best Poster Award, the 3rd Prize, 7th World Congress of the IHPBA. Edinburgh

    2006年   IHPBA   Intrahepatic Lymphatic Invasion Detected Using D2-40 Monoclonal Antibody Is An Adverse Prognostic Factor in Colorectal Carcinoma Liver Metastasis

    Takizawa K, MD, Wakai T, MD, Shirai Y, MD, Cruz PV, MD, Sakata J, MD, Nagahashi M, MD, Tani T, MD, Iiai T, MD, Okamoto H, MD, Hatakeyama K, MD, FACS

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • HER2陽性胆嚢癌の遺伝子異常の包括的癌関連パスウェイ解析とその臨床的意義の解明

    研究課題/領域番号:21K08770  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    坂田 純, 若井 俊文, 島田 能史, 滝沢 一泰, 市川 寛, 三浦 宏平, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 石川 博補

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • 膵癌患者の免疫微小環境における脂質メディエーター分子の役割と臨床的意義

    研究課題/領域番号:20K09099  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    滝沢 一泰, 油座 築, 廣瀬 雄己, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 若井 俊文, 坂田 純, 三浦 宏平, 長櫓 宏規

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 腫瘍関連マクロファージを介した膵癌の腫瘍微小環境形成機序の解明および臨床的意義

    研究課題/領域番号:17K10690  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高野 可赴, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文, 坂田 純

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    膵癌の腫瘍進展に腫瘍関連マクロファージとマクロファージ遊走阻止因子 (MIF)が関与していると考え、通常型膵癌67例を対象としMIFについて免疫染色の結果と生存解析について検討した。
    MIF発現と治療成績について、生存期間中央値はMIF高発現26.2か月、MIF低発現59.6か月(p = 0.035)と有意にMIF高発現の方が治療成績が不良であった。全生存期間に対する多変量解析では、MIF高発現は独立した予後不良因子であった(p =0.022, HR 2.613, 95%信頼区間:1.151-5.928)。以上の結果から、通常型膵癌切除例におけるMIF発現は独立した予後不良因子である。

    researchmap

  • 胃癌におけるBRCA1/2遺伝子変異解析およびタンパク質発現とその臨床的意義

    研究課題/領域番号:17K10580  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    滝沢 一泰, 若井 俊文, 羽入 隆晃, 市川 寛, 田澤 立之, 中田 光, 小杉 伸一

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    BRCA1/2遺伝子異常を始めとしたDNA二本鎖損傷修復機構の異常は、放射線や抗癌剤の治療効果に関与すると考えられる。また、BRCA1/2は遺伝性乳癌卵巣癌症候群の原因遺伝子である。我々は、胃癌におけるBRCA1/2遺伝子変異の臨床的意義を明らかにすることを目的に研究を行った。
    胃癌腫瘍組織にBRCA2変異を認める症例の予後は良好であり、BRCA2変異は胃癌の予後良好な因子であることが明らかになった。また、BRCA1/2胚細胞性変異陽性例ではプラチナ系抗癌剤の治療効果が高い可能性や、この遺伝子変異が胃癌の家族集積性に関与する可能性が示唆された。

    researchmap

  • 膵癌における光線力学診断を応用した化学療法効果予測法の開発

    研究課題/領域番号:26462055  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    皆川 昌広, 若井 俊文, 坂田 純, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 小杉 伸一

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    術前5-ALA投与によって膵癌の標本を蛍光させることができる.15名の膵癌患者において,5-ALA投与における切除標本の確認をおこなった.蛍光パターンを3つのタイプ(カテゴリー0:蛍光なし,カテゴリー1:点状また部分的経口,カテゴリー2:全体的な蛍光)に分類した.カテゴリー0および1群,カテゴリー2群の2群にわけてカプランメイヤー法にて比較するとカテゴリー2群のほうがカテゴリー0および1群にくらべ有意に生存率が高かった.膵癌細胞株にてALA蛍光性とGemcitabineの奏効率をみてみると,ALA蛍光性があるものはGemcitabineの奏効率が高かった.

    researchmap

  • 膵癌におけるBudding cancer cellの新たな生物学的評価法の確立

    研究課題/領域番号:26462056  2014年 - 2016年

    文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(C))  基盤研究(C)

    滝沢 一泰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    researchmap

▶ 全件表示