Updated on 2022/11/30

写真a

 
KISHI Yasuyuki
 
Organization
Academic Assembly Institute of Humanities and Social Sciences KEIZAIGAKU KEIRETU Associate Professor
Faculty of Economic Sciences Department of Interdisciplinary Economic Studies Associate Professor
Title
Associate Professor
External link

Degree

  • 博士(学術) ( 2009.6   早稲田大学 )

Research Interests

  • 日本酒産業

  • 日本酒学

  • 伝統と革新

  • 伝統産業

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Business administration

Research History (researchmap)

  • Niigata University   副センター長

    2020.1

      More details

  • Niigata University   Graduate School of Modern Society and Culture Multisocial Studies   Associate Professor

    2012.4

      More details

  • Niigata University   Faculty of Economics Department of Business Administration Management Information   Associate Professor

    2012.4

      More details

  • Niigata University   Graduate School of Modern Society and Culture Economics and Management   Associate Professor

    2012.4

      More details

  • The University of Tokyo   Division of Economics, Graduate School

    2012.4 - 2013.3

      More details

  • Waseda University

    2011.4

      More details

  • Sophia University   Faculty of Economics

    2011.4 - 2013.3

      More details

  • The University of Tokyo   Division of Economics, Graduate School   Specially Appointed Assistant Professor

    2010.4 - 2012.3

      More details

  • Waseda University   Graduate School of Asia Pacific Studies   Researcher

    2009.4 - 2010.3

      More details

  • 中央研究院 亜細亜太平洋研究中心(台湾)   客員研究員

    2007.8 - 2007.9

      More details

  • Waseda University   Graduate School of Asia Pacific Studies   Research Assistant

    2007.4 - 2009.3

      More details

  • The University of Hong Kong   Honorary Research Associate

    2006.1 - 2007.1

      More details

▶ display all

Research History

  • Niigata University   Faculty of Economic Sciences Department of Interdisciplinary Economic Studies   Associate Professor

    2020.4

  • Niigata University   Graduate School of Modern Society and Culture Multisocial Studies   Associate Professor

    2012.4 - 2020.3

  • Niigata University   Graduate School of Modern Society and Culture Economics and Management   Associate Professor

    2012.4 - 2020.3

  • Niigata University   Faculty of Economics Department of Business Administration Management Information   Associate Professor

    2012.4 - 2020.3

Education

  • Waseda University   アジア太平洋研究科   国際関係学

    - 2009.6

      More details

    Country: Japan

    researchmap

 

Papers

▶ display all

Books

  • グローバル現代社会論

    山田真茂留( Role: Sole author ,  第3章 グローバル統合とローカル適応の相克-伝統産業としての日本酒の海外展開への示唆―)

    文眞堂  2018.10  ( ISBN:9784830950056

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 人的資源管理の力

    白木三秀( Role: Sole author ,  第3章 採用と導入訓練)

    文眞堂  2018.4 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

    researchmap

  • 新潟の中小企業を識る

    有元, 知史, 岸, 保行, 伊藤, 龍史, 張, 文婷

    [新潟大学]  2018.3 

     More details

    Total pages:73p   Language:Japanese

    CiNii Books

    researchmap

  • チャイナ・リスクといかに向きあうか: 日韓台の企業の挑戦

    園田茂人, 蕭新煌編( Role: Edit ,  第6章 反日デモはチャイナ・リスク認識に影響を与えたか-二十一世紀以降のビジネスリスク と駐在員の役割変化-(園田茂人・岸保行・内村幸司))

    東京大学出版会  2016.3  ( ISBN:9784130402750

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 中小企業の空洞化適応:日本の現場から導きだされたモデル

    岸本太一, 粂野博行( Role: Edit ,  第5章 「営業」と「開発」の増強:顧客と現場をつなぐ分業体制の構築)

    同友館  2014.2  ( ISBN:9784496050428

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    researchmap

  • [新版] 人的資源管理の基本

    白木三秀( Role: Sole author ,  aaa)

    文眞堂  2013.4 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

    researchmap

  • アジア比較社会研究のフロンティアⅡ リスクの中の東アジア

    園田茂人( Role: Edit ,  第8章 義理と人情、どちらが大切?:縁故主義の日米印中比較)

    勁草書房  2013.3 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    researchmap

  • もっとアジアを学ぼう:研究留学という生き方

    水口拓寿, 胎中千鶴( Role: Edit ,  第3章 1. 永遠の「観察者(アウトサイダー)」としての「調査者(インサイダー)」(pp.34-46))

    風響社  2012.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    researchmap

  • アジアを学ぶ:海外調査研究の手法

    鴨川明子( Role: Edit ,  第3章 量的分析手法:「問題意識の明確化」から「データ分析」まで)

    勁草書房  2011.11 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

    researchmap

  • アジアを学ぶ:海外調査研究の手法

    鴨川明子( Role: Edit ,  第4章 質問紙のデザイン:どのように調査質問紙を作成するか(共著))

    勁草書房  2011.11 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

    researchmap

  • 社員力は「文化能力」 : 台湾人幹部が語る日系企業の人材育成

    岸, 保行

    風響社  2009.11  ( ISBN:9784894897427

     More details

    Total pages:65p   Language:Japanese

    CiNii Books

    researchmap

  • 国際比較からみた日本の職場と労働生活

    石川晃弘, 白石利政( Role: Joint author ,  第9章 東アジアの労働者と労働組合:組合帰属意識の日中韓比較分析(共著))

    学文社  2005.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    researchmap

▶ display all

MISC

  • 〔連載〕 日台経済交流の礎を築いた人々 第九回 林信義氏(前編)

    根橋玲子, 岸保行

    赤門マネジメント・レビュー   15 ( 3 )   167 - 178   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 〔連載〕 日台経済交流の礎を築いた人々 第八回 劉仲庸氏

    根橋玲子, 岸保行

    赤門マネジメント・レビュー   15 ( 1 )   21 - 36   2016.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • Key Persons of Creating the Foundation of Economic Exchanges between Japan and Taiwan:Volume 12: Final Episode

    Nebashi Reiko, Kishi Yasuyuki

    Akamon Management Review   15 ( 9 )   453 - 468   2016

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Global Business Research Center  

    DOI: 10.14955/amr.150902

    CiNii Article

    researchmap

  • Key Persons of Creating the Foundation of Economic Exchanges between Japan and Taiwan:Vol. 11: Mr. Tong Ching His

    Nebashi Reiko, Kishi Yasuyuki

    Akamon Management Review   15 ( 7 )   351 - 366   2016

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Global Business Research Center  

    DOI: 10.14955/amr.150701

    CiNii Article

    researchmap

  • Key Persons of Creating the Foundation of Economic Exchanges between Japan and Taiwan Vol. 10:Mr. Hsin-I Lin (Sequel)

    Nebashi Reiko, Kishi Yasuyuki

    Akamon Management Review   15 ( 5 )   285 - 296   2016

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Global Business Research Center  

    DOI: 10.14955/amr.150502

    CiNii Article

    researchmap

  • 〔連載〕 日台経済交流の礎を築いた人々 第七回 黄瑞耀氏 (後編)

    岸保行, 根橋玲子

    赤門マネジメント・レビュー   14 ( 11 )   613 - 628   2015.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 〔連載〕 日台経済交流の礎を築いた人々 第六回 黄瑞耀氏 (前編)

    根橋玲子, 岸保行

    赤門マネジメント・レビュー   14 ( 9 )   495 - 518   2015.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 〔連載〕 日台経済交流の礎を築いた人々 第五回 江丙坤氏 (後編)

    根橋玲子, 岸保行, 藤原弘

    赤門マネジメント・レビュー   14 ( 7 )   387 - 401   2015.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 〔連載〕 日台経済交流の礎を築いた人々 第四回 江丙坤氏 (前編)

    根橋玲子, 岸保行, 藤原弘

    赤門マネジメント・レビュー   14 ( 5 )   287 - 310   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • カンボジアの夜明け―投資先としてのカンボジアの魅力と課題―

    岸保行

    JMCジャーナル   63 ( 3 )   44 - 49   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本機械輸出組合  

    researchmap

  • 〔連載〕 日台経済交流の礎を築いた人々 第三回 鄭世松氏(後編)

    根橋玲子, 岸保行, 福岡賢昌

    赤門マネジメント・レビュー   14 ( 3 )   127 - 158   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 〔連載〕 日台経済交流の礎を築いた人々 第二回 鄭世松氏 (前編)

    根橋玲子, 岸保行

    赤門マネジメント・レビュー   14 ( 1 )   25 - 58   2015.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • The Potentiality of <i>Monozukuri (Manufacturing)</i> in Cambodia:Thailand Plus One? or China Plus One?

    Kishi Yasuyuki, Shintaku Junjiro

    Akamon Management Review   14 ( 6 )   339 - 356   2015

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:Global Business Research Center  

    DOI: 10.14955/amr.140603

    CiNii Article

    researchmap

  • 〔連載〕 日台経済交流の礎を築いた人々 第一回 李上甲氏

    岸保行, 根橋玲子

    赤門マネジメント・レビュー   13 ( 11 )   443 - 464   2014.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • Key Persons of Creating the Foundation of Economic Exchanges between Japan and Taiwan:Vol. 1: Mr. Shang-Chia Lee, Director, Special Adviser of Taiwan-Japanese Economic and Trade Foundation, Adviser of the Ministry of Economic Affairs (MOEA), R.O.C.

    Kishi Yasuyuki, Nebashi Reiko

    Akamon Management Review   13 ( 11 )   443 - 464   2014

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Global Business Research Center  

    DOI: 10.14955/amr.131102

    CiNii Article

    researchmap

  • K-1 台湾日系企業の魅力 : 台湾大学生と日系企業で働く現地人スタッフの比較分析を通じて(Kセッション【研究発表】)

    岸 保行, Froese Fabian J

    経営行動科学学会年次大会 : 発表論文集   ( 10 )   153 - 156   2007

     More details

    Language:Japanese   Publisher:経営行動科学学会年次大会準備委員会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▶ display all

Research Projects

  • 伝統産業のダイナミック・ケイパビリティ:伝統保持と革新のための学際的アプローチ

    Grant number:22H00875  2022.4 - 2027.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    岸 保行

      More details

    Grant amount:\17160000 ( Direct Cost: \13200000 、 Indirect Cost:\3960000 )

    researchmap

  • 日本におけるワインの大衆品化メカニズム ~文化製品の国際展開に関する事例研究~

    Grant number:19K21700  2019.6 - 2022.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    岸本 太一, 岸 保行

      More details

    Grant amount:\6240000 ( Direct Cost: \4800000 、 Indirect Cost:\1440000 )

    本研究では「日本市場におけるワインの大衆品化」を事例研究の主な題材として活用し、「文化製品の国際普及メカニズムの全体像」を大まかに描写することを、最終目的としている。そして、その結果を、短編論文に留まらずに、著書化することを目指しており、この点を上述の目的と共に、挑戦的研究としての意義の一つに掲げている。
    以上を踏まえ、本年度は、その中間作業という位置づけで、全体像の構成要素となる鍵現象の抽出を試みた。具体的には「模創品と伝統品のダイナミズム」と「本国側の構造転換」という二つの鍵現象を抽出し、その現象が普及に貢献する論理を導出した。
    模創品とは、伝統的な製法や作法の一部に、創造的な変更が加えられた文化製品のことを指す。寿司で言えば、カリフォルニアロールが模創品の典型例である。模創品の普及は「製品の文化を捻じ曲げ、伝統品の普及を妨げる」といった負の影響と共に語られることが多い。しかし、日本市場におけるワインの事例では、濃縮還元ワインという模創品が、伝統品と動的に補完し合う形で、普及に大きく貢献していた。本年度は、その背後にある論理を解明し、その結果を「日本経営学会 第93回大会」で発表した。
    「本国側の構造転換」の説明に移る。構造転換の一例としては、流通チャネルや開発体制の転換等が挙げられる。文化製品の国際展開の議論では、進出先の国のみが考察対象となる傾向にある。しかし、調査した事例では、海外進出を契機に、本国側の構造が転換し、その転換により国際普及が促進される、という現象が見られた。本年度は、この現象も考察し、その成果の一部を「国際ビジネス研究学会 第26回全国大会」で発表した。
    以上の他に、未公表の実績も存在する。本年度は、ワイン業界の関係者に対する訪問調査と公刊統計によるマクロデータ分析も行った。これらの成果は、著書の一部に活用される形で、将来的に最終目的に貢献する。

    researchmap

  • 人口減少地域における異文化接触の実態と地域活性型教育プログラムに関する研究

    Grant number:19K00816  2019.4 - 2023.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山田 陽子, 岸 保行, 李 健泳

      More details

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

    本研究では、異文化接触の相手との関係性の違いを、「日本人組織の中で働く外国人」と「日本人組織の外にいる外国人」とに分ける。年度初めに研究メンバーで行った数回の打ち合わせの結果、令和元年度は、日本人組織の外にいる外国人と日本人との間で行われる異文化コミュニケーションの一つのタイプとして、新潟を訪れる訪日外国人旅行者と彼らを迎える地域の人との間で行われるコミュニケーションに焦点をあてることにした。打ち合わせ時に行った検討内容をふまえて、調査方法と調査項目を検討し、新潟を訪れる訪日外国人旅行者と彼らを迎える地域の人との間で行われるコミュニケーションの現状について理解を深めるためのインタビュー調査を、夏以降、実施した。
    また、訪日外国人旅行者に関する既存統計や調査結果、異文化間コミュニケーションの研究分野の先行研究に基づいた文献研究を行い、地方を訪れる訪日外国人旅行者と彼らを迎える地域の人との間で行われるコミュニケーションのかたちを探った。考察内容は論文としてまとめ、『新潟大学経済論集』第108号(2020年3月発行)で発表した。
    さらに、考察の過程で、地方を訪れる訪日外国人旅行者と彼らを迎える地域の人との間で行われるコミュニケーションにおける日本語の使用状況について知見を得る必要性が出てきた。そのため、やさしい日本語でのコミュニケーションを試みている新潟県外の一地方都市で実態調査を行った。

    researchmap

  • 日本酒の海外市場での浸透メカニズム

    Grant number:18K01832  2018.4 - 2021.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岸 保行, 浜松 翔平

      More details

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

    2019年度は、2018年度に実施してきた国内と海外でおこなった調査の結果をワーキングペーパーにまとめる作業をおこない、調査結果の整理をおこなった。
    また、2018年度までの調査結果を国際学会(EGOS:European Group for Organization Studies)のクラフト研究のセッションで発表をおこなった。発表後のフロアとの質疑応答では、特定の文化や歴史に埋め込まれたクラフト製品が、海外の異なる文化的文脈の中で生産されるようになることが、従来の伝統的な文化的なクラフトの国内市場へ与える影響は大きいのではないかといった大変に示唆に富む助言を得た。そのため、国際学会で得た助言に基づき、再度、海外で生産されているクラフト生産拠点の調査をおこなった。具体的には、台湾でSakeを現地生産している霧峰農協酒蔵の再調査をおこなった。どのような経緯でSakeの酒蔵が台湾の地で創設されたのか、伝統的な日本酒をどのようにとらえて生産しているのかについて再度現地調査を実施した。
    また、国際学会では、輸出が国内市場に与える影響についての質問も受けた。そのため、日本酒の海外展開と国内市場との関連性に関する視点も入れ込み、再度、国内の酒蔵へ輸出に対する取り組みについてのヒアリング調査を実施した。その調査成果については既に国内学会で発表済みである。
    さらに、日本酒の輸出の初期に結成された日本酒輸出協会という民間団体の代表者へのヒアリングをおこない、戦後、日本酒が海外に輸出されるようになってきた背景から、近年の最新の動向に関する概略について、特に流通の観点からのヒアリングをおこなった。2018年度には中国北部のSake市場調査を実施し、2019年度には中国南部のSake市場調査を予定していたが、その調査を2019年度の後半に予定していたため、Covid-19の世界的な感染拡大の影響で調査中止を余儀なくされてしまった。

    researchmap

  • 多国籍企業における人的資源管理(HRM)の強さと人材育成に関する国際比較研究

    Grant number:18H00895  2018.4 - 2021.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    白木 三秀, 山本 崇雄, 細萱 伸子, 岸 保行, 飛田 正之

      More details

    Grant amount:\9100000 ( Direct Cost: \7000000 、 Indirect Cost:\2100000 )

    3年計画の2年目である2019年度は、関連の文献収集・研究のレビューを継続的に実施し、それを継続しながら、あるいはそれらを踏まえた上で、「多国籍企業におけるHRMの強さ」、すなわちどのようなHRMの要素がどのような条件において近位アウトカムに資するのかに関する枠組みの作成、変数の抽出などに資するために、日本国内、アジア各国での企業並びに従業員に対するヒアリング調査を幅広く行う予定であった。業種を特定化するかしないかという検討も行う必要があるが、これまで研究蓄積のある自動車産業、即ち完成車メーカー、ティア・ワン、ティア・ツーに当てはまる企業を中心に電機産業などにも視野を広げながら研究を進めてきたが、総合的な研究に資するため、他の業界、特に小売りやサービス系の業界も視野に入れていく予定であった。前者は日本の世界本社から海外子会社にノウハウを移転していくのが中心であったが、後者の場合には必ずしもその図式が妥当せず、別のスキームが適用されていることも想定されるためである。
    当初の計画では、アンケート調査に先立ってヒアリングを継続的に実施するが、ヒアリングはテーマとの関係で、企業では各レベルのHRM担当者ならびにライン・マネジャーに対して実施する必要があり、同時に、同企業での従業員からのヒアリングも必要となるが、それは、従業員は各施策を受ける立場にあり、その認知の在り方がHRMの強さを大きく規定すると考えられるからである。
    実査のため、北米と東南アジアにおける複数企業を2月から3月にかけて手分けして訪問すべく、アポイントを取り、日程も決まっていたが、コロナウイルスの流行が急速に広がり、企業におけるグループ企業間の移動が禁止となり、我々社外のリサーチャーの訪問も延期せざるを得なくなった。
    このため、実査に関する計画は大きく停滞をきたし、3年目に改めて実施することのやむなきに至った。

    researchmap

  • 日本酒の海外市場での浸透メカニズム

    2018.4

    日本学術振興会: 科学研究費助成事業 

    岸 保行

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    日本酒の海外市場での浸透メカニズム

    researchmap

  • Designing an educational programme with a view to developing students' competence to work in multicultural workplaces in rural areas: A case study in Niigata

    Grant number:16K13257  2016.4 - 2019.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research  Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research

    Yamada Yoko

      More details

    Grant amount:\2990000 ( Direct Cost: \2300000 、 Indirect Cost:\690000 )

    In order to gain a better understanding of characteristics of multicultural workplaces in rural areas of Japan, this study conducted a questionnaire survey and semi-structured interviews. A close examination of the results obtained from the survey and interviews provides us with some insights into competence necessary to work in multicultural workplaces in rural areas.
    By designing an educational programme to develop the competence and practising it, this study shows the validity of the programme and research questions left for further study.

    researchmap

  • International comparative study on the strength of human resource management system (HRM system): Comparison between Japan, Asia, and Latin America

    Grant number:15H03386  2015.4 - 2018.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    SHIRAKI Mitsuhide

      More details

    Grant amount:\8320000 ( Direct Cost: \6400000 、 Indirect Cost:\1920000 )

    The case studies for three Japanese automotive companies, that is, Companies O, I, and A, show us that the globalization of HR have been evolving quickly, and therefore the balancing and gaining consistency between global and local HR system have become bigger issues. It becomes clear here that the direction for giving bigger power to regional headquarters.
    The empirical study was conducted in Japanese, Mexican and other foreign multinational companies operating mainly in the automotive industry and employing mostly Mexican nationals. HRM outcomes are linked to both desired and undesired behavioral outcomes and finally to the employee’s job performance. Our framework contributes to not only the academic circle but also the practical understanding of the perception of local workers for foreign HR practices.

    researchmap

  • Globalization of Japanese Sake

    Grant number:15K13033  2015.4 - 2018.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research  Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research

    Kishi Yasuyuki

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\2990000 ( Direct Cost: \2300000 、 Indirect Cost:\690000 )

    This study shows that process of production and distribution of information from R&D to consumption of Japanese sake is important when we understand globalization of Japanese sake. This study clarifies all actors related to globalization of Japanese sake and theoretical framework of what kind of information each actor produces in each stage. Manufacturing companies produce not only Japanese sake itself but also a variety of Manufacturing information. Trading companies get the information and produce Mapping information in order to classify many kinds of Japanese sake. Restaurants or retail stores produce Matching information based on Mapping information in order to add extra value on Japanese sake. Those three kinds of information (3M information) are produces in each actor.

    researchmap

  • 中国日系ものづくり工場で働く中国人ワーカーの職業意識

    2011.4 - 2014.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    岸 保行

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    中国日系ものづくり工場で働く中国人ワーカーの職業意識に関する研究

    researchmap

  • Work Values of Chinese Workers Working at Japanese Manufacturing Sites in China

    Grant number:23730470  2011 - 2013

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)  Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    KISHI Yasuyuki

      More details

    Grant amount:\3250000 ( Direct Cost: \2500000 、 Indirect Cost:\750000 )

    This study explores work values of Chinese workers working at Japanese manufacturing companies in China. In order to do so, we carried out a questionnaire survey. We collected 228 samples from Shanghai and 306 from Dalian. As for the survey in Shanghai, we got warm support from four Japanese manufacturing companies and collected data between individual companies. On the other hand, however, as for the survey in Dalian, Fang Ming Hao, an assistant professor of Dalian University of Technology, supported to collect samples because we could not support any Japanese companies. So, we collected samples individually in the survey of Dalian. We collected 534 samples in total and analyzed the data to uncover work values of Chinese workers working at Japanese manufacturing companies in China.

    researchmap

  • 日系企業のアジアマネジメントとセンス・メーキング

    2009.4 - 2011.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    岸 保行

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    日系企業のアジアマネジメントとセンス・メーキングに関する研究

    researchmap

  • Sensemaking Processes of Japanese Companies in Asia

    Grant number:21730426  2009 - 2010

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)  Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    KISHI Yasuyuki

      More details

    Grant amount:\2600000 ( Direct Cost: \2000000 、 Indirect Cost:\600000 )

    From the results of the fieldwork conducted in the Chinese societies of Taiwan, Hong Kong and Mainland China, the long service employees in the three Chinese societies have moved up in their positions through their long-term commitment to the Japanese companies. By accumulating a lot of interactions and shared memories with Japanese expatriates, they can make sense of Japanese expatriates or Japanese HQs. This process is called a "secondary socialization process" (Berger & Luckmann 1966) of Japanese companies and this is a process of "sensemaking" (Weick 1995) in Japanese manufacturing companies in Taiwan, Hong Kong, and Mainland China.

    researchmap

▶ display all

 

Teaching Experience (researchmap)

▶ display all

Teaching Experience

  • 課題研究II

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 発展日本酒学実習

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 日本酒学概論I(自然科学)

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 日本酒学A

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 日本酒学概論IV(人文社会科学)

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 日本酒学概論II(自然科学)

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 課題発掘・解決セミナーI

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 基礎日本酒学実習

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 演習I

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 日本酒学概論III(人文社会科学)

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 演習II

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 酒蔵組織の企業行動論

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 課題研究I

    2022
    Institution name:新潟大学

  • 特定研究III

    2021
    Institution name:新潟大学

  • 経営学概論I

    2021
    Institution name:新潟大学

  • 新潟中小企業魅力発信演習

    2021
    Institution name:新潟大学

  • 組織行動論研究

    2021
    Institution name:新潟大学

  • スタディスキルズI

    2021
    Institution name:新潟大学

  • スタディスキルズII

    2021
    Institution name:新潟大学

  • 卒業論文

    2021
    Institution name:新潟大学

  • 特定研究Ⅰ

    2019
    Institution name:新潟大学

  • 日本酒学B

    2018
    Institution name:新潟大学

  • 日本酒学A-2

    2018
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 日本酒学A-1

    2018
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 企業経営特殊講義

    2018
    Institution name:新潟大学

  • スタディスキルズ(経済学科)

    2018
    Institution name:新潟大学

  • 特定研究Ⅱ

    2017
    Institution name:新潟大学

  • 組織行動論入門

    2017
    -
    2018
    Institution name:新潟大学

  • 新潟中小企業魅力発信演習

    2017
    -
    2018
    Institution name:新潟大学

  • 経営学基礎

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 企業経営論

    2016
    Institution name:新潟大学

  • 組織行動論研究

    2015
    -
    2018
    Institution name:新潟大学

  • 演習ⅠA(岸保行)

    2014
    -
    2016
    Institution name:新潟大学

  • 演習ⅡA(岸保行)

    2014
    -
    2016
    Institution name:新潟大学

  • 東アジア社会研究基礎

    2014
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 演習ⅡB(岸保行)

    2014
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 演習ⅠB(岸保行)

    2014
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 卒業論文(岸保行)

    2014
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 人的資源管理論Ⅱ

    2013
    Institution name:新潟大学

  • 組織行動特論

    2013
    Institution name:新潟大学

  • 人的資源管理論

    2013
    Institution name:新潟大学

  • 人的資源管理論Ⅰ

    2013
    Institution name:新潟大学

  • 課題研究Ⅲ

    2013
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 組織行動演習

    2013
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 卒業論文

    2013
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 演習ⅡA

    2013
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 演習ⅡB

    2013
    -
    2021
    Institution name:新潟大学

  • 演習ⅠB

    2013
    -
    2020
    Institution name:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2013
    -
    2020
    Institution name:新潟大学

  • 演習ⅠA

    2013
    -
    2020
    Institution name:新潟大学

  • 課題研究Ⅱ

    2013
    -
    2020
    Institution name:新潟大学

  • 経営学概論Ⅰ

    2013
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 経営管理論Ⅰ

    2013
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 経営管理論

    2013
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 特別演習(組織行動論研究)

    2013
    -
    2014
    Institution name:新潟大学

  • 演習Ⅲ

    2013
    Institution name:新潟大学

  • スタディスキルズ(経営学科)

    2012
    -
    2018
    Institution name:新潟大学

▶ display all