2021/12/04 更新

写真a

マツモト アキオ
松本 瑛生
MATSUMOTO Akio
所属
医歯学総合病院 消化器外科 助教
職名
助教
外部リンク

代表的な業績

    • 【論文】 RNF43 mutation is associated with aggressive tumor biology along with BRAF V600E mutation in right-sided colorectal cancer.  2020年6月

学位

  • 博士(医学) ( 2021年3月   新潟大学 )

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   助教

    2020年4月 - 現在

 

論文

  • [A Case of a"Watch and Wait Therapy"Approach after Preoperative Chemoradiotherapy for Rectal Cancer Accompanied by Severe Emphysema].

    Yasuo Obata, Yoshifumi Shimada, Atsushi Ohta, Akio Matsumoto, Kana Tanaka, Hidehito Oyanagi, Mae Nakano, Masato Nakano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1960 - 1962   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 72-year-old man was referred to our hospital for treatment for rectal cancer. Digital rectal examination and colonoscopy revealed a 4 cm tumor located at the anterior rectal wall 5 cm away from the anal verge, and pathological examination confirmed that the tumor was adenocarcinoma. A computed tomography scan detected neither regional lymph node metastasis nor distant metastasis. Hence, he was diagnosed with cT3N0M0, cStage Ⅱa rectal cancer. The preoperative general examination revealed bradyarrhythmia and severe emphysema, and he was considered to be high risk for general anesthesia. After placement of a pacemaker, preoperative capecitabine-based chemoradiotherapy(CRT)(50.4 Gy in 28 fractions of 1.8 Gy each)was implemented. The digital rectal examination and imaging evaluation 4 weeks after preoperative CRT revealed that the tumor disappeared, and pathological examination showed no malignant findings. Considering the risks of general anesthesia, the"watch and wait therapy"approach was adopted with sufficient informed consent. At present, 15 months after preoperative CRT, no evidence of regrowth or distant metastasis has been detected under rigorous follow- up evaluations.

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of High-Frequency Microsatellite Instability in Colorectal Cancer with MSH2 Mutation Detected Using Gene Panel Testing with a Next-Generation Sequencer].

    Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Chie Toshikawa, Kazuki Moro, Junko Tsuchida, Michiru Arabiki, Akio Matsumoto, Kana Tanaka, Kaoru Abe, Hidehito Oyanagi, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Yuki Hirose, Yosuke Kano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 7 )   1113 - 1115   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Here, we report about a woman in her 30s who had peritoneal dissemination and multiple colon cancer with high-frequency microsatellite instability(MSI-H). Her father, paternal grandfather, and maternal grandmother had a history of colorectal cancer treatment. Thus, Lynch syndrome was suspected. We performed R0 resection for peritoneal dissemination and subsequent peritoneal dissemination. A 435-gene panel testing using a next-generation sequencer identified MSH2 and other mutations in the tumor. Hence, we speculated that she could have a germline mutation of MSH2, which causes Lynch syndrome. In the future, if she wishes to receive genetic counseling and undergo germline testing for variants to confirm the diagnosis of Lynch syndrome, we will perform them after receiving informed consent.

    PubMed

    researchmap

  • RNF43 mutation is associated with aggressive tumor biology along with BRAF V600E mutation in right-sided colorectal cancer. 国際誌

    Akio Matsumoto, Yoshifumi Shimada, Mae Nakano, Hidehito Oyanagi, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Hitoshi Kameyama, Yuki Hirose, Hiroshi Ichikawa, Masayuki Nagahashi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Toshifumi Wakai

    Oncology reports   43 ( 6 )   1853 - 1862   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Right-sided colorectal cancer (RCRC) demonstrates worse survival outcome compared with left-sided CRC (LCRC). Recently, the importance of RNF43 mutation and BRAF V600E mutation has been reported in the serrated neoplasia pathway, which is one of the precancerous lesions in RCRC. It was hypothesized that the clinical significance of RNF43 mutation differs according to primary tumor sidedness. To test this hypothesis, the clinicopathological characteristics and survival outcome of patients with RNF43 mutation in RCRC and LCRC were investigated. Stage I-IV CRC patients (n=201) were analyzed. Genetic alterations including RNF43 using a 415-gene panel were investigated. Clinicopathological characteristics between RNF43 wild-type and RNF43 mutant-type were analyzed. Moreover, RNF43 mutant-type was classified according to primary tumor sidedness, i.e., right-sided RNF43 mutant-type or left-sided RNF43 mutant-type, and the clinicopathological characteristics between the two groups were compared. RNF43 mutational prevalence, spectrum and frequency between our cohort and TCGA samples were compared. RNF43 mutation was observed in 27 out of 201 patients (13%). Multivariate analysis revealed that age (≥65), absence of venous invasion, and BRAF V600E mutation were independently associated with RNF43 mutation. Among the 27 patients with RNF43 mutation, 12 patients were right-sided RNF43 mutant-type and 15 left-sided RNF43 mutant-type. Right-sided RNF43 mutant-type was significantly associated with histopathological grade 3, presence of lymphatic invasion, APC wild, BRAF V600E mutation, microsatellite instability-high (MSI-H), and RNF43 nonsense/frameshift mutation compared with left-sided RNF43 mutant-type. Similarly, RNF43 nonsense/frameshift mutations were more frequently observed in RCRC compared with LCRC in the TCGA cohort (P=0.042). Right-sided RNF43 mutant-type exhibited significantly worse overall survival than RNF43 wild-type and left-sided RNF43 mutant-type (P=0.001 and P=0.023, respectively) in stage IV disease. RNF43 mutation may be a distinct molecular subtype which is associated with aggressive tumor biology along with BRAF V600E mutation in RCRC.

    DOI: 10.3892/or.2020.7561

    PubMed

    researchmap

  • [Staged Laparoscopy-Assisted Surgery Including Hand-Assisted Laparoscopic Surgery for Rectal Cancer with Synchronous Liver Metastases-A Case Report].

    Saki Yamada, Yoshifumi Shimada, Akio Matsumoto, Kaoru Abe, Kana Tanaka, Hidehito Oyanagi, Takahiro Otani, Shinnosuke Hotta, Natsuru Sudo, Kohei Miura, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1851 - 1853   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Here, we reported a case of a 39-year-old woman having rectal cancer with multiple liver metastases who underwent staged laparoscopic resection. She was diagnosed with low rectal cancer and multiple liver metastases; thus, she underwent low anterior resection and diverting colostomy. Following the neoadjuvant chemotherapy, she underwent colostomy closure and subsequent hand-assisted laparoscopic partial hepatectomy using the operative site during the colostomy closure. The postoperative course was uneventful, and adjuvant chemotherapy with CapeOX was performed 3 weeks post-surgery. Minimally invasive surgery was performed using hand-assisted laparoscopy.

    PubMed

    researchmap

  • HER2陽性Stage IV大腸癌の1例

    松本 瑛生, 島田 能史, 八木 亮磨, 三浦 宏平, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2307 - 2309   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は51歳、男性。検診で便潜血陽性を指摘され、当院を受診した。精査の結果、左肺・左副腎への転移を伴う直腸癌と診断した。がん性腸閉塞に対してHartmann手術を施行した後、CapeOX+bevacizumab療法を3コース、IRIS+panitumumab療法を24コース、regorafenib療法を6コース、TAS-102療法を1コース施行した。その後、術後2年9ヵ月で左大腿骨頭転移、術後3年1ヵ月で小脳転移が出現した。左大腿骨頭置換術・小脳定位放射線照射療法を施行した後、best supportive careを行った。次世代シーケンサーによるがん遺伝子解析パネルであるCancerPlexを用いて、腫瘍組織におけるがん関連413遺伝子を網羅的に解析した。その結果、RAS遺伝子に変異を認めなかったが、HER2遺伝子の増幅を認めた。HER2受容体はEGFRと独立してMAPK経路を介して癌細胞増殖に関与するため、本症例では抗EGFR抗体薬が無効であった可能性がある。(著者抄録)

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480295&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F295%2F2307-2309%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F295%2F2307-2309%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

MISC

  • 【胆道癌診療の最前線】胆道癌のゲノム医療

    若井 俊文, 島田 能史, 奥田 修二郎, 栗山 洋子, 須貝 美佳, 中野 麻恵, 松本 瑛生, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 市川 寛, 坂田 純

    消化器外科   44 ( 2 )   207 - 212   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 右側大腸癌におけるRNF43変異の臨床的意義

    松本 瑛生, 島田 能史, 小柳 英人, 中野 雅人, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 肺気腫併存直腸癌に術前化学放射線療法後Watch and Wait治療を行った1例

    小幡 泰生, 島田 能史, 太田 篤, 松本 瑛生, 田中 花菜, 小柳 英人, 中野 麻恵, 中野 雅人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法  2020年12月  (株)癌と化学療法社

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語  

    症例は72歳、男性。下血を主訴に来院し、大腸内視鏡検査で肛門縁から5cmの直腸前壁に下縁を有する2型腫瘍を指摘された。生検で高分化管状腺癌であった。術前胸腹骨盤部CT検査の結果遠隔転移は認めず、下部直腸癌、cT3N0M0、cStage IIaと診断された。術前の全身検査で徐脈性心房細動および重症肺気腫を認め、全身麻酔のリスクが高い症例と判断された。ペースメーカー留置後、術前化学放射線療法(CRT)(capecitabine併用、1.8Gy28回、計50.4Gy)を開始した。術前CRT後4週間目の直腸診および画像評価では腫瘍は消失し、生検で悪性所見を認めなかった。十分なインフォームド・コンセントの下、全身麻酔のリスクを勘案し、"watch and wait治療"の方針とした。現在、術前CRT後15ヵ月経過し局所の再増大および遠隔転移を認めず、経過観察を行っている。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20210118600073&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F073%2F1960b1962%26dl%3D3&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F073%2F1960b1962%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • 術前化学放射線療法を施行した痔瘻癌の1例

    中野 麻恵, 島田 能史, 平井 裕美子, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 中野 雅人, 廣瀬 雄己, 加納 陽介, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 阿部 達也, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器病学会甲信越支部例会抄録集  2020年11月  日本消化器病学会-甲信越支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌術後再発との鑑別を要したデスモイド腫瘍の一例

    中野 雅人, 島田 能史, 平井 裕美子, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 廣瀬 雄己, 加納 陽介, 中野 麻恵, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 中村 真衣, 若井 俊文

    日本消化器病学会甲信越支部例会抄録集  2020年11月  日本消化器病学会-甲信越支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 左閉鎖リンパ節再々発に対し放射線療法を行いcCRが得られたMSI-H直腸癌の1例

    小柳 英人, 島田 能史, 中野 雅人, 荒引 みちる, 松本 瑛生, 田中 花菜, 中野 麻恵, 峠 弘治, 石川 博輔, 須藤 翔, 加納 陽介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 石川 卓, 小林 隆, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2020年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 切除不能大腸癌肝単独転移に対するconversion therapy

    野上 仁, 茂木 大輔, 松本 瑛生, 油座 築, 田中 亮, 宮澤 美季, 高野 可赴, 番場 竹生, 曾澤 雅樹, 松木 淳, 丸山 聡, 野村 達也, 薮崎 裕, 瀧井 康公, 中川 悟

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Blumgart変法による膵空腸吻合の成績 膵密着吻合法との比較

    油座 築, 野村 達也, 高野 可赴, 茂木 大輔, 松本 瑛生, 眞鍋 高宏, 宮澤 美季, 田中 亮, 番場 竹生, 會澤 雅樹, 野上 仁, 松木 淳, 丸山 聡, 中川 悟, 瀧井 康公, 藪崎 裕

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 次世代シークエンサーを用いた遺伝子パネル検査によりMSH2変異を認めた高頻度マイクロサテライト不安定性大腸癌の1例

    島田 能史, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 利川 千絵, 諸 和樹, 土田 純子, 荒引 みちる, 松本 瑛生, 田中 花菜, 阿部 馨, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 雅人, 廣瀬 雄己, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 若井 俊文

    癌と化学療法  2020年7月  (株)癌と化学療法社

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

    症例は30歳代、女性。家族歴は父、父方祖父、母方祖母が大腸癌である。高頻度マイクロサテライト不安定性(high-frequency microsatellite instability:MSI-H)Stage II大腸癌の術後経過観察中に、腹膜播種再発および多発大腸癌を指摘された。現病歴および家族歴からリンチ症候群が疑われたため、当院を紹介された。当院では腹膜播種再発と、その後の腹膜播種再々発に対して2回のR0切除術を施行した。腹膜播種再発の癌組織を用いて、次世代シークエンサーを用いた遺伝子パネル検査を施行したところ、MSH2変異(c.A2211-2G)を認めた。本症例では、生殖細胞系列におけるMSH2変異がリンチ症候群の原因遺伝子変異となり、MSI-H大腸癌の発生に関与している可能性がある。今後は、必要に応じて遺伝カウンセリングや生殖細胞系列の遺伝子変異検査を実施する予定である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20200728400024&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004707%2F025%2F1113-1115%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004707%2F025%2F1113-1115%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 腹腔鏡下幽門側胃切除術における左副肝動脈温存の意義

    茂木 大輔, 番場 竹生, 會澤 雅樹, 松木 淳, 中川 悟, 藪崎 裕, 松本 瑛生, 油座 築, 真鍋 高宏, 宮澤 美季, 田中 亮, 高野 可赴, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部直腸癌に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清術の短期・中期成績

    野上 仁, 茂木 大輔, 松本 瑛生, 油座 築, 真鍋 高宏, 宮澤 美季, 田中 亮, 高野 可赴, 番場 竹生, 會澤 雅樹, 松木 淳, 丸山 聡, 藪崎 裕, 瀧井 康公, 中川 悟

    日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 右半結腸切除D3リンパ節郭清の手術手技 進行右側結腸癌に対する安全なアプローチ法 上(頭側)からアプローチする腹腔鏡下右半結腸切除術

    丸山 聡, 真鍋 高宏, 宮澤 美季, 松本 瑛生, 野上 仁, 瀧井 康公

    日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下噴門側胃切除後の半周噴門形成術を付加した食道残胃吻合

    會澤 雅樹, 松本 瑛生, 茂木 大輔, 油座 築, 真鍋 高宏, 宮澤 美季, 田中 亮, 番場 竹生, 高野 可赴, 野上 仁, 丸山 聡, 松木 淳, 中川 悟, 瀧井 康公, 藪崎 裕

    日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胸腔鏡下食道切除術における反回神経周囲リンパ節転移の手術成績への影響

    番場 竹生, 中川 悟, 茂木 大輔, 田中 亮, 會澤 雅樹, 松木 淳, 藪崎 裕, 松本 瑛生, 油座 築, 真鍋 高宏, 宮澤 美季, 高野 可赴, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高度肥満を伴うS状結腸狭窄に対し腹腔鏡下S状結腸切除術を行った1例

    阿部 馨, 中野 雅人, 平井 裕美子, 荒引 みちる, 松本 瑛生, 田中 花菜, 小柳 英人, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 神経外層を意識した幽門下領域リンパ節郭清

    田中 亮, 會澤 雅樹, 番場 竹生, 茂木 大輔, 油座 築, 松本 瑛生, 真鍋 高宏, 宮澤 美季, 高野 可赴, 野上 仁, 松木 淳, 丸山 聡, 瀧井 康公, 薮崎 裕, 中川 悟

    日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 同時性肝転移を有する直腸癌に対して二期的に用手補助腹腔鏡下肝部分切除術を行った1例

    山田 沙季, 島田 能史, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 大渓 隆弘, 堀田 真之介, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 雅人, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法  2018年12月  (株)癌と化学療法社

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語  

    切除可能な遠隔転移を有する大腸癌は、原発巣に加えて遠隔転移巣に対するR0切除が推奨されている。症例は39歳、女性。血便を主訴に近医を受診した。大腸内視鏡検査を施行し、上部直腸癌と診断した。また、腹部MRI検査を施行し、肝S4およびS5/8に計2個の肝転移を認めた。二期的切除の方針とし、一期目の手術として腹腔鏡補助下低位前方切除術、横行結腸双孔式人工肛門造設術を施行した。肝転移に対する術前補助化学療法としてCapeOX療法を2コース施行した後に、二期目の手術として人工肛門閉鎖術と人工肛門閉鎖創を利用した用手補助腹腔鏡下肝部分切除術の同時手術を施行した。術後経過は良好で、二期目の手術から21日後にCapeOX療法を再開した。人工肛門閉鎖の創部を利用して用手補助用デバイスを装着し、安全かつ低侵襲に肝部分切除を施行できたと考える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600021&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F021%2F1851-1853%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F021%2F1851-1853%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 成人特発性腸重積症の一例

    橋本 喜文, 渡邊 直純, 井上 真, 松本 瑛生, 大渓 隆弘, 大渓 彩香, 林 達彦

    日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡手術で外鼠径ヘルニア門から標本を摘出したS状結腸癌の2例

    窪田 晃, 西村 淳, 松本 瑛生, 川原 聖佳子, 北見 智恵, 新国 恵也

    日本臨床外科学会雑誌  2018年9月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    大腸癌症例が鼠径ヘルニアに併存することは,しばしば経験する.今回,外鼠径ヘルニアが併存したS状結腸癌の2症例に対して,計画的に切除標本をヘルニア門から摘出したので報告する.ヘルニア門を腹腔アクセスデバイス(GelPOINT Mini)で保護したうえで,同部から標本を摘出.口側結腸に自動吻合器のアンビルを留置して腹腔内に戻した.ヘルニア門からガーゼやリニアステイプラーを挿入することで,腹壁ポートを3mmあるいは5mmとすることができた.鼠径ヘルニアはメッシュを使用して修復した.2例とも,合併症なく6病日に退院した.Numeric rating scale(0〜10点)で疼痛評価し,最悪値は2点であった.両者とも,現在まで腫瘍およびヘルニアの再発を認めていない.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20181004020018&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.79.1901&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.79.1901&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Stage II/III右側結腸癌に対する腹腔鏡下手術後の腹膜・局所再発危険因子の検討

    角田 知行, 西村 淳, 茂木 大輔, 松本 瑛生, 須藤 翔, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 河内 保之, 新國 恵也

    日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示