2021/04/20 更新

写真a

サカモト シユウイチ
坂本 秀一
SAKAMOTO Shuichi
所属
教育研究院 自然科学系 生産デザイン工学系列 准教授
自然科学研究科 材料生産システム専攻 准教授
工学部 工学科 准教授
職名
准教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 学術博士 ( 1991年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 設計工学  / 故障診断

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学  / センサ

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス  / 音響工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 機械要素、トライボロジー  / 故障診断

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 機械システム工学科   准教授

    1998年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部   助手

    1992年11月 - 1998年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1991年4月 - 1992年10月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2007年4月 - 現在

  • 新潟大学   機械システム工学科   准教授

    2007年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   助教授

    1998年4月 - 2007年3月

  • 新潟大学   工学部   助手

    1992年11月 - 1998年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1991年4月 - 1992年10月

▶ 全件表示

所属学協会

 

論文

  • Theoretical and experiment analysis on the sound absorption characteristics of a layer of fine lightweight powder. 査読

    Sakamoto S, Yamaguchi K, Ii K, Takakura R, Nakamura Y, Suzuki R

    The Journal of the Acoustical Society of America146 ( 4 ) 2253   2019年10月

  • Experiment and estimation of the sound absorption coefficient for clearance of corrugated honeycomb. 査読

    Sakamoto S, Maruyama Y, Yamaguchi K, Ii K

    The Journal of the Acoustical Society of America145 ( 2 ) 724 - 733   2019年2月

  • Physical-random number generation via a diode laser's frequency noise: an investigation into frequency discriminator 査読

    Arai Hideaki, Sato Takashi, Doi Kohei, Ohdaira Yasuo, Sakamoto Shuichi, Ohkawa Masashi

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS58 ( 1 )   2019年1月

  • A silencer incorporated within the thickness of the edge of the door for increasing sound transmission loss. 査読

    Sakamoto S, Koseki S, Chinda M, Abe S

    The Journal of the Acoustical Society of America144 ( 6 ) 3303 - 3312   2018年12月

  • Estimation and experiment for sound absorption coefficient of three clearance types using a bundle of nested tubes 査読

    Shuichi SAKAMOTO, Hirohiko TANIKAWA, Yuki MARUYAMA, Kohei YAMAGUCHI, Kohei II

    Journal of the Acoustical Society of America144 ( 4 ) 2281 - 2293   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Acoustical Society of America  

    Closely packed nested structure circular tubes form three types of clearances: circular clearances, concentric clearances, and longitudinal clearances. The cross-sectional shape of rice straw, including three types of clearances?circular clearances, concentric clearances, and clearances formed by three closely packed cylinders?is similar to that of the samples of the present study. Herein, the propagation constant and characteristic impedance of the circular, concentric, and longitudinal clearances surrounded by three cylindrical surfaces are treated as a transfer matrix. Then, by connecting these transfer matrices in parallel, a transfer matrix integrating these clearances is determined, and the sound absorption coefficient is calculated. Test samples that have three types of clearances are also created, and measure their sound absorption coefficients. The contributions of the concentric and circular clearances are significant because of the dimensions of the used tubes. The results of the calculations that took eccentricity into account revealed no significant impact on the sound absorption coefficient in wide-frequency range. The results of the calculations that took flexure int

    DOI: 10.1121/1.5063348

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.5063348

  • Fast physical-random number generation using laser diode's frequency noise: Influence of frequency discriminator 査読

    Kouhei Matsumoto, Yuki Kasuya, Mitsuki Yumoto, Hideaki Arai, Takashi Sato, Shuichi Sakamoto, Masashi Ohkawa, Yasuo Ohdaira

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering10526   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE  

    Not so long ago, pseudo random numbers generated by numerical formulae were considered to be adequate for encrypting important data-files, because of the time needed to decode them. With today's ultra high-speed processors, however, this is no longer true. So, in order to thwart ever-more advanced attempts to breach our system's protections, cryptologists have devised a method that is considered to be virtually impossible to decode, and uses what is a limitless number of physical random numbers. This research describes a method, whereby laser diode's frequency noise generate a large quantities of physical random numbers. Using two types of photo detectors (APD and PIN-PD), we tested the abilities of two types of lasers (FP-LD and VCSEL) to generate random numbers. In all instances, an etalon served as frequency discriminator, the examination pass rates were determined using NIST FIPS140-2 test at each bit, and the Random Number Generation (RNG) speed was noted.

    DOI: 10.1117/12.2288160

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Fast physical-random number generation for laser range finders using a laser diode's frequency noise -Comparison of the used lasers for fast random number generation- 査読

    Kasuya Yuki, Suzuki Masamichi, Matsumoto Kouhei, Arai Hideaki, Sato Takashi, Sakamoto Shuichi, Ohkawa Masashi, Ohdaira Yasuo

    MULTISPECTRAL, HYPERSPECTRAL, AND ULTRASPECTRAL REMOTE SENSING TECHNOLOGY, TECHNIQUES AND APPLICATIONS VII10780   2018年

  • Optical distance measuring system using a laser diode's fast frequency noise as a detection signal 査読

    Suzuki Masamichi, Kasuya Yuki, Kawakami Daiki, Sato Takashi, Ohkawa Masashi, Ohdaira Yasuo, Sakamoto Shuichi

    MULTISPECTRAL, HYPERSPECTRAL, AND ULTRASPECTRAL REMOTE SENSING TECHNOLOGY, TECHNIQUES AND APPLICATIONS VII10780   2018年

  • Optical distance measuring method using fast frequency noise characteristics of a laser diode 査読

    Daiki Kawakami, Masamichi Suzuki, Ryotaro Kimura, Takashi Sato, Takahiro Saito, Masashi Ohkawa, Yasuo Ohdaira, Shuichi Sakamoto

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering10526   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE  

    While standard laser range finders use modulation signals, such as sharp pulses, the method we devised employs laser diode's frequency noise, and a frequency discriminator, to produce the intensity noise signal, which we use to generate fast physical random numbers. Observed through a frequency discriminator, beams traveling along two different paths share intensity noise patterns, i.e., the same fast physical random numbers, but with a time lag. We compared the two, and calculated their cross-correlation. By sweeping their time lags, we confirmed the length of the two optical paths, up to 50m.

    DOI: 10.1117/12.2288086

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Physical-random number generator using an oscillation frequency stabilized laser diode 査読

    Kyohei Hirai, Toshihiro Taoka, Takashi Sato, Kohei Doi, Yasuo Ohdaira, Shuichi Sakamoto, Masashi Ohkawa

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering10526   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE  

    An inordinate amount of time, effort (and paper) has been spent trying to find a way to stabilize laser-diode frequencies, but our research team has been working on the premise, that frequency instability can, in fact, have its up-sides. In the present work, we focus on a method that uses laser diodes' own noise to generate physical random numbers. Introducing a frequency discriminator as a reference, we control and stabilize the difference between the frequency reference and the laser frequency, thereby generating random numbers at a suitable point.

    DOI: 10.1117/12.2288035

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Hearing Loss Controlled by Optogenetic Stimulation of Nonexcitable Nonglial Cells in the Cochlea of the Inner Ear 査読

    Mitsuo P. Sato, Taiga Higuchi, Fumiaki Nin, Genki Ogata, Seishiro Sawamura, Takamasa Yoshida, Takeru Ota, Karin Hori, Shizuo Komune, Satoru Uetsuka, Samuel Choi, Masatsugu Masuda, Takahisa Watabe, Sho Kanzaki, Kaoru Ogawa, Hidenori Inohara, Shuichi Sakamoto, Hirohide Takebayashi, Katsumi Doi, Kenji F. Tanaka, Hiroshi Hibino

    FRONTIERS IN MOLECULAR NEUROSCIENCE10   1 - 16   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FRONTIERS MEDIA SA  

    Light-gated ion channels and transporters have been applied to a broad array of excitable cells including neurons, cardiac myocytes, skeletal muscle cells and pancreatic b -cells in an organism to clarify their physiological and pathological roles. Nonetheless, among nonexcitable cells, only glial cells have been studied in vivo by this approach. Here, by optogenetic stimulation of a different nonexcitable cell type in the cochlea of the inner ear, we induce and control hearing loss. To our knowledge, deafness animal models using optogenetics have not yet been established. Analysis of transgenic mice expressing channelrhodopsin-2 (ChR2) induced by an oligodendrocyte-specific promoter identified this channel in nonglial cells-melanocytes-of an epithelial-like tissue in the cochlea. The membrane potential of these cells underlies a highly positive potential in a K C -rich extracellular solution, endolymph; this electrical property is essential for hearing. Illumination of the cochlea to activate ChR2 and depolarize the melanocytes significantly impaired hearing within a few minutes, accompanied by a reduction in the endolymphatic potential. After cessation of the illumination, the hearing thresholds and potential returned to baseline during several minutes. These responses were replicable multiple times. ChR2 was also expressed in cochlear glial cells surrounding the neuronal components, but slight neural activation caused by the optical stimulation was unlikely to be involved in the hearing impairment. The acuteonset, reversible and repeatable phenotype, which is inaccessible to conventional gene-targeting and pharmacological approaches, seems to at least partially resemble the symptom in a population of patients with sensorineural hearing loss. Taken together, this mouse line may not only broaden applications of optogenetics but also contribute to the progress of translational research on deafness.

    DOI: 10.3389/fnmol.2017.00300

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 通風ドアに用いるアレイ状の枝管消音器に関する研究(直線的に拡大する形状の枝管による減音特性の改善) 査読

    坂本秀一, 石田宗弘, 珍田美月

    日本機械学会論文集83 ( 850 ) 1 - 12   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/transjsme.16-00575

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Study on the resolution improvement of a range finder using the chaotic frequency characteristics of a laser diode 査読

    Takahiro Saito, Shinya Maehara, Kohei Doi, Takashi Sato, Yasuo Ohdaira, Shuichi Sakamoto, Masashi Ohkawa

    OPTICAL ENGINEERING56 ( 6 ) 1 - 6   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPIE-SOC PHOTO-OPTICAL INSTRUMENTATION ENGINEERS  

    An optical range finder system that relies on laser diodes' frequency noise, instead of intensity or frequency modulations, and its improvement in resolution are reported. The distance to the target is measured by calculating the cross-correlation of two signals reflected from the target and reference mirrors. These two signals are converted from the laser diodes' frequency noise signals by frequency/intensity converters, such as a Fabry-Perot etalon. We obtained the distance to the target by checking time lags between the target and reference beams at the highest correlation coefficient. We also measured the change in the correlation coefficient around the peak sampling point by adjusting the reference-path length, achieving a resolving power of +/- 3 mm. (C) The Authors. Published by SPIE under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.

    DOI: 10.1117/1.OE.56.6.064101

    Web of Science

    researchmap

  • バイオマスを応用した吸音材料に関する研究(音響粒子速度センサを用いた稲藁の斜め入射吸音率の測定) 査読

    坂本秀一, 鶴巻太盛, 藤澤洸平, 山宮弘毅

    日本機械学会論文集83 ( 845 ) 1 - 14   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    本論文においては,稲藁を束ねた吸音構造を,音波入射方向に対して斜めに配置した吸音材料ならびに,自由場における垂直及び斜め入射吸音率についても併せて報告する.稲藁を垂直方向に配置した試料と,斜め方向に配置した試料のいずれにおいても,自由場での垂直入射吸音率は音響管による結果に近い.稲藁を垂直方向に配置した試料と,斜め方向に配置した試料のいずれにおいても,自由場での斜め入射吸音率の吸音ピークは垂直入射吸音率に比べて高周波数側にシフトし,吸音カーブは高周波数域において平坦になる.これらのことより,稲藁製吸音材料が入射面に細孔を有する吸音材料として機能していると考えられる.

    DOI: 10.1299/transjsme.16-00344

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/transjsme/83/845/83_16-00344/_article/-char/ja/

  • Student's International Activities in Two Decades in Faculty of Engineering, Niigata University 査読

    Sato Takashi, Sakamoto Shuichi, Shimizu Tadaaki, Suzuki Takamasa, Sasaki Tomohiro, Oka Tetsuo

    JSEE Annual Conference International Session proceedings : international cooperation in engineering education2017 ( 0 ) 31 - 34   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japanese Society for Engineering Education  

    In 1996, when the Faculty of Engineering of Niigata University, Niigata Japan first set up its international student exchange program with Otto-von-Guericke-University, in Magdeburg, Germany, few students showed an interest in studying abroad. Twenty years later, the students' attitudes have changed. The number of students who express a desire to study abroad and have experienced the international conference has increased markedly. In this article, two directions of opportunities for students to start studying abroad are presented; one is short-term summer school program as a subject of general education to remove the students' barriers to go abroad, and the other is research-oriented students' exchange program.

    DOI: 10.20549/jseeen.2017.0_31

    CiNii Article

    researchmap

  • Beat Signal Generation between Two Rubidium Absorption-Line-Stabilized Diode Lasers in GHz-Frequency Band 査読

    Tomoyuki Uehara, Shinya Maehara, Kohei Doi, Toshiya Nimonji, Takahiro Saito, Hideaki Arai, Takashi Sato, Yasuo Ohdaira, Shuichi Sakamoto, Masashi Ohkawa

    International Journal of Modern Physics and Applications2 ( 1 ) 1 - 6   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A stable microwave source using frequency stabilized diode lasers was developed. The Doppler-free spectra of Rb atoms produced by saturated absorption spectroscopy were used to obtain highly-sensitive control signals and lock the frequency of diode lasers to it. The beat frequencies between two independently stabilized diode lasers were 1.2 GHz and 2.9 GHz. The fluctuations in beat frequencies were 40 kHz and 400 kHz respectively in the best stability.

    researchmap

  • Residual Stress Analysis Based on Acoustic and Optical Methods 査読

    Sanichiro Yoshida, Tomohiro Sasaki, Masaru Usui, Shuichi Sakamoto, David Gurney, Ik-Keun Park

    MATERIALS9 ( 2 ) 1 - 24   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Co-application of acoustoelasticity and optical interferometry to residual stress analysis is discussed. The underlying idea is to combine the advantages of both methods. Acoustoelasticity is capable of evaluating a residual stress absolutely but it is a single point measurement. Optical interferometry is able to measure deformation yielding two-dimensional, full-field data, but it is not suitable for absolute evaluation of residual stresses. By theoretically relating the deformation data to residual stresses, and calibrating it with absolute residual stress evaluated at a reference point, it is possible to measure residual stresses quantitatively, nondestructively and two-dimensionally. The feasibility of the idea has been tested with a butt-jointed dissimilar plate specimen. A steel plate 18.5 mm wide, 50 mm long and 3.37 mm thick is braze-jointed to a cemented carbide plate of the same dimension along the 18.5 mm-side. Acoustoelasticity evaluates the elastic modulus at reference points via acoustic velocity measurement. A tensile load is applied to the specimen at a constant pulling rate in a stress range substantially lower than the yield stress. Optical interferometry measures the resulting acceleration field. Based on the theory of harmonic oscillation, the acceleration field is correlated to compressive and tensile residual stresses qualitatively. The acoustic and optical results show reasonable agreement in the compressive and tensile residual stresses, indicating the feasibility of the idea.

    DOI: 10.3390/ma9020112

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://www.mdpi.com/1996-1944/9/2/112

  • Fundamental study of acoustic leakage through a gap between gasket and flange surface 査読

    Shuichi Sakamoto, Takanari Azami, Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING10 ( 4 ) 1 - 18   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    In this study, we theoretically and experimentally explore the acoustic leak of an entire acoustic system as well as the various gap occurring between a gasket and flange. We conducted the first-ever fundamental research related to sound transmission loss through a narrow gap between a gasket and flange. In the experiments, we constructed pipeline elements, including the gap and the leakage path, in the impedance measurement tube. In the theoretical analysis, we replaced the fluid path, including the gap, with acoustic elements that comprise an electrical equivalent circuit. We then conducted the analysis using the transfer matrix method. To calculate the attenuation of sound waves propagating through the gap, we considered friction in association with viscosity, primarily in the boundary layers of the inner wall, to derive the characteristic impedance and propagation constant. The trends between the calculated and the actual experimental values for transmission loss in the entire acoustic system coincided enough with regard to a large gap size range between 0.01 and 0.2 mm. Furthermore, the transmission loss linearly increased with the decreasing logarithm of gap for the calculated regions. Furthermore, the theoretical analysis and experimental results show agreement for incline gap conditions between the gasket and flange. The maximum gap also greatly affects the acoustic transmission loss for the inclined gaps. This was confirmed both by the experimental and the calculated values. We consider that these results provide fundamental acoustic knowledge specific to the narrow gap between the gasket and flange in an acoustic system.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2016jamdsm0067

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/10/4/10_2016jamdsm0067/_article

  • Fundamental study of acoustic leakage through a gap between gasket and flange surface

    Shuichi Sakamoto, Takanari Azami, Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING10 ( 4 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    In this study, we theoretically and experimentally explore the acoustic leak of an entire acoustic system as well as the various gap occurring between a gasket and flange. We conducted the first-ever fundamental research related to sound transmission loss through a narrow gap between a gasket and flange. In the experiments, we constructed pipeline elements, including the gap and the leakage path, in the impedance measurement tube. In the theoretical analysis, we replaced the fluid path, including the gap, with acoustic elements that comprise an electrical equivalent circuit. We then conducted the analysis using the transfer matrix method. To calculate the attenuation of sound waves propagating through the gap, we considered friction in association with viscosity, primarily in the boundary layers of the inner wall, to derive the characteristic impedance and propagation constant. The trends between the calculated and the actual experimental values for transmission loss in the entire acoustic system coincided enough with regard to a large gap size range between 0.01 and 0.2 mm. Furthermore, the transmission loss linearly increased with the decreasing logarithm of gap for the calculated regions. Furthermore, the theoretical analysis and experimental results show agreement for incline gap conditions between the gasket and flange. The maximum gap also greatly affects the acoustic transmission loss for the inclined gaps. This was confirmed both by the experimental and the calculated values. We consider that these results provide fundamental acoustic knowledge specific to the narrow gap between the gasket and flange in an acoustic system.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2016jamdsm0067

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Study of arrayed side branch silencer for ventilation door (Theoretical analysis and measurement of transmission loss) 査読

    Shuichi Sakamoto, Seiya Tatsuza, Munehiro Ishida, Arata Nakano, Kuniaki Nagai, Toshio Katou

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING9 ( 3 ) 1 - 15   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    This study focuses on acoustic silencers on indoor-use doors positioned in an array. In this paper, we discuss our studies of side branch silencers which are built in the ventilation door. By designing and fabricating a special attachment, we were able to attach silencers to the measurement tube that had larger cross sections than the impedance measurement tube. Using this attachment, we measured acoustic transmission losses for each of six different prototype silencers. By adding orifice silencer effects, we obtained transmission losses across a wide frequency range. However, attenuation decreased in frequency ranges below the attenuation peak of the side branch tubes. A wedge-shaped longitudinal cross section for the side branch tubes can double the length of the silencer and develop lower-frequency attenuation effects, while maintaining the same volume. This wedge-shaped side branch tube is suitable for a long silencer placed side by side in an array formation We performed theoretical analyses of acoustic transmission losses of silencers using the transfer matrix method based on a one-dimensional wave equation. We performed element decomposition on the transfer matrix for silencers with side branch tubes with a wedge-shaped longitudinal cross section. We obtained calculated results that were sufficiently valid compared to our experimental measurements.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2015jamdsm0028

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/9/3/9_2015jamdsm0028/_pdf

  • Study for louver with sound attenuating function using rectangular flat tubes of cross-sectional area decreasing along with longitudinal direction (Estimation and experiment of transmission loss) 査読

    Shuichi Sakamoto, Ryohei Sugahara, Soma Yamazaki, Toshihiro Nagumo, Hiromichi Kawase

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING9 ( 3 ) 1 - 14   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    In this paper, we propose a louver with a simple structure and a high aperture ratio. A louver element with a sound attenuating structure composed of layered two flat rectangular tubes, each of which is wedge-shaped with thickness decreasing toward the closed end, was constructed and experimentally and theoretically analyzed. Samples having more basic structures were also constructed and compared. In the theoretical analysis, the sound attenuation characteristics of a louver element were clarified considering sound attenuation in the clearance between two planes, as is typically observed in the flat rectangular tubes furnished in the louver element. To consider the sound attenuation due to the viscosity of the air in the rectangular tube, the propagation constant and characteristic acoustic impedance were derived using the Navier-Stokes equations, etc. Further, the sound transmission loss was calculated by the transfer matrix method. The tendency of the theoretical values in consideration of the attenuation of sound wave roughly agreed with the experimental values. Note that the attenuation of sound wave is evident in a thin or wedge-shaped tube and has to be considered in the theoretical analysis. The number of flat rectangular tubes was doubled without increasing the thickness of a louver element. The structure is useful as a louver slat because sound attenuation is achieved in a wide frequency range while maintaining a high aperture ratio.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2015jamdsm0039

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/9/3/9_2015jamdsm0039/_pdf

  • Estimation and experiment for sound absorption coefficient of cross-sectional shape of clearance by concentric cylinder 査読

    Shuichi Sakamoto, Arata Nakano, Hirohiko Tanikawa, Yuki Maruyama

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING9 ( 3 ) 1 - 13   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    There are engineering benefits if we can predict the acoustic properties such as the sound absorption coefficient of a sound incident on the clearance of such an annular cross-section based on the geometric dimensions of the tubes and the physical properties of the gas. However, a successful theory for the sound absorption coefficient of narrow tubes of the abovementioned shapes has not yet been presented, and the comparison between experimental and theoretical values has not been made. Further, the propagation constant and characteristic impedance in the clearance in a double cylinder have not yet been derived in the cylindrical coordinate system or by other methods. Therefore, in this paper, the propagation constant and characteristic impedance were derived by approximating clearance of an annular cross-section with clearance between two parallel planes. And the sound absorption coefficient was calculated, then compared with experimental results. The theoretical values, according to this method, agreed well with the experimental values, and practically sufficient accuracy was obtained. It was experimentally confirmed that the eccentricity of a round bar in a circular hole does not appreciably influence the sound absorption coefficient. Even when this calculation method is applied to a circular hole, the results agree with the theoretical and experimental values for the circular hole. Therefore, this method is effective even if the diameter of the internal cylinder is considerably smaller than that of the external cylinder.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2015jamdsm0040

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/9/3/9_2015jamdsm0040/_pdf

  • Study of sound-absorbing materials using layered narrow clearances between two surfaces (Theoretical analysis and experiments of Sensu (folding fan) shaped test samples) 査読

    Shuichi Sakamoto, Katsuya Higuchi, Shota Koseki

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING9 ( 5 ) 1 - 15   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    We conducted a study related to sound absorbing materials created by folding thin material in the shape of a Japanese folding fan. In order to conduct a calculation of the shape of a clearance in the folding fan-shaped test sample, we performed an approximation of element decomposition in both the incidence direction of the sound wave and the lateral direction. In a theoretical analysis, we considered sound wave attenuation due to boundary layer friction in the clearance between two surfaces. We compared experimental and calculated values for the sound absorption coefficient. Trends in both matched closely. Errors in the calculated values for large clearances could be attributed mainly to irregularity in the size of the clearances. Frequency shift of the calculated values for small clearances were due to errors in estimating the sound attenuation. Sound absorbing structures shaped like a folding fan possess sound absorption characteristics are similar to the wedge-shaped sound absorbing structures shown in previous reports. This was also shown in calculated values based on theoretical analysis. In cases with an appropriate back air space, sound absorption peak frequencies decreased relative to cases without a back air space, and sound absorption characteristics were superior across a wide frequency range.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2015jamdsm0062

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/9/5/9_2015jamdsm0062/_pdf

  • Theoretical analysis of the sound-absorption coefficient and transmission loss for longitudinal clearances among the close-packed cylinders (Three kinds of estimation and experiment) 査読

    Shuichi Sakamoto, Kouta Sutou, Arata Nakano, Hirohiko Tanikawa, Takanari Azami

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING9 ( 5 ) 1 - 18   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    This study estimates the sound-absorption coefficient and transmission loss for the dimensions of clearances among the close-packed cylinders by theoretical analysis and compares these estimates with experimental values. In the analysis, we performed an elemental breakdown of the clearance configuration, and then approached each element as the clearance between two planes. Considering the effects of sound wave attenuation in each element of clearance, we found the propagation constant and characteristic acoustic impedance using three-dimensional analysis. By connecting these elements in parallel, we treated them as a one-dimensional transfer matrix. We then calculated the sound-absorption coefficient and transmission loss through the transfer matrix method. No sound-absorption coefficient could be obtained with calculations that did not account for attenuation. In addition, calculations that approached the clearance as an equivalent circle and a triangle did not match experimental values well. On the other hand, calculations using the method that accounted for clearance shape, that is the method used in this study, closely matched experimental values. Estimations of transmission loss expressed all clearances by connecting their transfer matrices in parallel. In calculations, these estimations did not account for attenuation, and the falling curve for transmission loss greatly diverged from experimental values. In the three calculations that accounted for attenuation, the falling segment of transmission loss showed frequency characteristics that were close to experimental values. Calculations through the methods that accounted for clearance shapes and that analyzed clearance as an equivalent triangle also had peak transmission loss values that closely matched experimental values.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2015jamdsm0065

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/9/5/9_2015jamdsm0065/_pdf

  • Sound Attenuation for Dogs Barking Using of Transfer Function Method 査読

    Shuichi Sakamoto, Takatsune Narumi, Yuichi Toyoshima, Nobuaki Murayama, Toru Miyairi, Akira Hoshino

    ADVANCEMENT OF OPTICAL METHODS IN EXPERIMENTAL MECHANICS, VOL 3   153 - 160   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    This paper reports a natural ventilation silencer for an animal cage having considerable sound insertion loss. Many veterinary hospitals face a serious problem that hospitalized animals are stressed from the barks of other dogs in the hospital. To address this problem, a solution that barely affects caged dogs' health is required. We attempted to use a silencer with sound insertion loss by attaching it to an opening side of the cage. We constructed the tested prototype silencers by using the resonance of a rectangular room and a nonwoven fabric. We measured the acoustic characteristics of the silencers that were attached to the real scale model of the animal cage. We also measured their insertion loss by considering the estimated frequency characteristics of the dogs' barking sound. The result shows that proposed silencers have more than 10 dB insertion loss; therefore, they can maintain respiratory environment of a caged dogs along with good visibility.

    DOI: 10.1007/978-3-319-06986-9_16

    Web of Science

    researchmap

  • Sound Attenuation for Dogs Barking Using of Transfer Function Method 査読

    Shuichi Sakamoto, Takatsune Narumi, Yuichi Toyoshima, Nobuaki Murayama, Toru Miyairi, Akira Hoshino

    ADVANCEMENT OF OPTICAL METHODS IN EXPERIMENTAL MECHANICS, VOL 3Cloud   153 - 160   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    This paper reports a natural ventilation silencer for an animal cage having considerable sound insertion loss. Many veterinary hospitals face a serious problem that hospitalized animals are stressed from the barks of other dogs in the hospital. To address this problem, a solution that barely affects caged dogs' health is required. We attempted to use a silencer with sound insertion loss by attaching it to an opening side of the cage. We constructed the tested prototype silencers by using the resonance of a rectangular room and a nonwoven fabric. We measured the acoustic characteristics of the silencers that were attached to the real scale model of the animal cage. We also measured their insertion loss by considering the estimated frequency characteristics of the dogs' barking sound. The result shows that proposed silencers have more than 10 dB insertion loss; therefore, they can maintain respiratory environment of a caged dogs along with good visibility.

    DOI: 10.1007/978-3-319-06986-9_16

    Web of Science

    researchmap

  • 広視野レーザ顕微鏡による銅ガスケットの密封特性の評価 査読

    新田 勇, 松崎良男, 月山陽介, 堀田素志, 坂本秀一

    日本機械学会論文集80 ( 814 ) 1 - 7   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    旋削フランジと金属ガスケット間の密封特性を評価する際には,接触表間の平均すきまを基に漏れ量を見積もることが一般的であった.しかし,複雑な漏れ経路を平均すきまへと単純化するので,定性的に漏れ量を予測できても,定量的な予測は困難であった.本研究では,広視野レーザ顕微鏡を用いて,接触面全面の接触状況を観察できるようにした.旋削フランジの旋削峰がすべてガスケットに接触する臨界接触圧力以上では,旋削溝に沿って漏れ流れが生じると仮定することで,漏れ量を定量的に予測することができた.さらに,臨界接触圧力以下のところでも,観察画像から漏れ経路を特定できるので,ある程度精度良く漏れ量を予測することができた.

    DOI: 10.1299/transjsme.2014dsm0173

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/transjsme/80/814/80_2014dsm0173/_pdf

  • Sound Attenuation Devices for Dogs Barking (Estimation of Aperture Ratio and Experimental Study of Silencer) 査読

    Shuichi Sakamoto, Yuichi Toyoshima, Nobuaki Murayama, Toru Miyairi, Akira Hoshino, Takatsune Narumi

    International Journal of Mechanical Engineering and Applications2 ( 1 ) 18 - 24   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Science Publishing Group  

    This paper reports a natural ventilation silencer for an animal cage having considerable sound insertion loss. Many veterinary hospitals face a serious problem that hospitalized animals are stressed from the barks of other dogs in the hospital. To address this problem, a solution that barely affects caged dogs’ health is required. First, we estimated aperture ratio of the silencer device which was considered by physiological sustainability of dog. Next, we attempted to use a silencer with sound insertion loss by attaching it to an opening side of the cage. We constructed the tested prototype silencers by using the resonance of a rectangular room and a nonwoven fabric. We measured the acoustic characteristics of the silencers that were attached to the real scale model of the animal cage. We also measured their insertion loss by considering the estimated frequency characteristics of the dogs’ barking sound. The result shows that proposed silencers have more than 10 dB insertion loss; therefore, they can maintain respiratory environment of a caged dogs along with good visibility.

    DOI: 10.11648/j.ijmea.20140201.14

    researchmap

  • Theoretical analysis for sound-absorbing materials using layered narrow clearances between two planes 査読

    Shuichi Sakamoto, Katsuya Higuchi, Kazuyuki Saito, Shota Koseki

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING8 ( 3 ) 1 - 16   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    We investigated the sound absorption coefficient within a sound-absorbing structure made of layered clearances between two planes. We discussed the experimental results from the existing literature and conducted a theoretical analysis on several different sound-absorbing structures that take into account the viscosity of the boundary layer at the clearances. First, we examined the case of thin sheets placed in parallel. Then, we examined the case where the size of the clearance continuously changed perpendicular to the direction of incidence of the sound waves. Subsequently, we examined the case where the clearance continuously decreased in the direction of incidence of the sound waves. In latter two cases, the transfer matrix used in the calculations was divided into elements perpendicular or coincident to the direction of incidence of the sound waves and the size of the clearance for each element was changed in a stepwise fashion. We then calculated the sound absorption coefficients for various structures and dimensions and observed that the calculated and experimental data agreed well. On the basis of the calculation simulation, the differences between the calculated and experimental absorption coefficient data were attributed mainly to the changes in the flexure of the sheet materials. The proposed calculation methods will be useful in determining the absorption coefficient of such shapes, and in the design of sound-absorbing materials that use such shapes.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2014jamdsm0036

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/8/3/8_2014jamdsm0036/_pdf

  • Theoretical analysis and measurement of sound transmission loss in louver elements with a sound attenuating function using a Helmholtz resonator array 査読

    Shuichi Sakamoto, Ryohei Sugahara, Toshihiro Nagumo, Arata Nakano, Hiromichi Kawase

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING8 ( 3 ) 1 - 16   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    This paper discusses a noise reduction structure with a thin Helmholtz resonator array integrated in louver elements. Using theoretical analysis, we derived the propagation constant and characteristic acoustic impedance with consideration for sound wave attenuation in the clearance between two planes for a thin cavity within the louver. The experiments with variation in three conditions were also performed: number of necks, internal thickness of the cavity, and number of partitions. Another experiment was conducted to verify that sound reduction characteristics change depending on the number of holes. The results closely matched with those calculated with consideration for attenuation, demonstrating the validity of the theoretical analysis. With respect to changes in the internal thickness of the cavity, experimental results showed that attenuation increased for clearances of 2 mm, causing significant differences in the sound reduction characteristics. At clearances of 8 mm, there was almost no attenuation in the clearance. Louvers with thin internal dimensions, in which holes diameter equal to the internal thickness of the cavity had been formed, created a larger effect than those with normal open end correction length. This resulted in a reduction in sound reduction frequency. Additionally, when cavities seen from the neck are created on the end face of the louver element as acoustic tubes, the properties of the acoustic tubes are added to the properties of the air spring. This achieved a significant reduction in the sound reduction peak frequency without increasing the volume of the cavity.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2014jamdsm0022

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/8/3/8_2014jamdsm0022/_pdf

  • Thorough Observation of Real Contact Area of Copper Gaskets Using a Laser Microscope With a Wide Field of View 査読

    Isami Nitta, Yoshio Matsuzaki, Yosuke Tsukiyama, Motoshi Horita, Shuichi Sakamoto

    JOURNAL OF TRIBOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME135 ( 4 ) 041103-1 - 041103-7   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASME  

    To quantitatively predict the leakage rates of static metal seals, it is important to observe the real contact area at seal surfaces because the leakage path consists of the noncontact portions between the flange and gasket surfaces. In a previous study, we observed the real contact situation using a thin polymer film 1 mu m in thickness. In the present study, we observed the real contact area on gasket surfaces using a laser microscope with a wide field of view. With this method, observation time over the whole gasket surface could be greatly reduced compared with conventional methods. The observations indicated that the leakage paths on the gasket surfaces were in the radial direction perpendicular to a lathe-turned groove and the circumferential direction along the groove. As the closing loads increased, the leakage paths in the radial direction disappeared and only the leakage path in the circumferential direction remained. When the closing loads increased further, the widths of the leakage paths at both the inside and outside on the gasket surface became narrower. The critical contact pressure where the leakage paths in the radial direction disappear was determined from the observation of the contact surface of the gasket. The leakage rates obtained from the experiments showed good agreement with the calculated values under the assumption of laminar flow along the turned groove over the critical contact pressure.

    DOI: 10.1115/1.4024781

    Web of Science

    researchmap

  • Frequency noise characteristics of a diode laser and its application to physical random number generation 査読

    Shinya Maehara, Kohei Kawakami, Hideaki Arai, Kenji Nakano, Kohei Doi, Takashi Sato, Yasuo Ohdaira, Shuichi Sakamoto, Masashi Ohkawa

    OPTICAL ENGINEERING52 ( 1 ) 1 - 7   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPIE-SOC PHOTO-OPTICAL INSTRUMENTATION ENGINEERS  

    We describe a method of generating physical random numbers by means of a diode laser that has an extremely wide-band frequency-noise profile. Fluctuations in the laser frequency affect the intensity of the light transmitted through the optical frequency discriminator, detected thereafter as random fluctuations. This allows us to simultaneously generate 8 random bit streams, due to the parallel processing of 8-digit binary numbers sampled by an 8-bit analog-to-digital converter. Finally, we generated physical random numbers at a rate of 3 Gbit/s, by combining one data stream with another stream that is delayed by 2 ms, by exclusive-OR. (C) The Authors. Published by SPIE under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License. Distribution or reproduction of this work in whole or in part requires full attribution of the original publication, including its DOI. [DOI: 10.1117/1.OE.52.1.014302]

    DOI: 10.1117/1.OE.52.1.014302

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: http://SPIEDigitalLibrary.org/oe

  • 細穴の集合体の寸法による吸音率と透過損失の推定(理論解析と実験結果の比較) 査読

    坂本秀一, 星野 陽, 須藤浩太, 佐藤 孝

    日本機械学会論文集 C編79 ( 807 ) 4164 - 4176   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    細穴の集合体は管路中の触媒等,吸音や透過損失を主たる目的としない場合でも,各所に見られる.このような細穴の集合体について幾何学的な寸法のみを用いて,吸音率や透過損失を正確に推定することは重要である.そこで著者等は,理論的な推定法の開発を試み,2マイクと4マイクインピーダンス管によって行われた実験結果と比較する事で,その有効性を検証した.最初に,精密な推定のために,計算には,音波の減衰を考慮した二次元円柱座標系の解析に基づいた,細管内の伝搬定数と特性インピーダンスを適用した.次に,二次元の解析を基にした正確な伝搬定数と特性インピーダンスを,軸方向の一次元の伝達マトリックスへ,変換・導入をした.これにより,消音器の設計などで一般的な,一次元の伝達マトリックスを用いて,簡易なプロセスにより精密な推定が可能になった.

    DOI: 10.1299/kikaic.79.4164

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kikaic/79/807/79_4164/_pdf

  • アレイ状の細管による消音構造を持つルーバにおける音響透過損失の理論解析と測定 (共著) 査読

    坂本秀一, 佐藤北斗, 山崎 実, 菅原諒平, 川瀬寛道

    日本機械学会論文集 C編79 ( 804 ) 2817 - 2829   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    開口率が高い薄板のルーバにおける音響透過損失は一般に小さい.本研究は,消音構造を持ったルーバに関するものである.細管要素を並べた薄板をルーバ羽根とした場合,高い開口率を維持したアレイ消音器を構成出来る.このルーバについて,いくつかの形状を試作し,実験および理論解析を行った.まず,4マイクロホンインピーダンス測定管を用い,透過損失の測定を行った.また,伝達マトリックス法による透過損失の理論値を算出した.薄板に内装された細管要素内の音波の減衰は無視出来ないため,理論解析では二次元問題から導かれた伝搬定数と特性インピーダンスを適用した.透過損失の実験値と理論値を比較し,消音特性の検証を行った.

    DOI: 10.1299/kikaic.79.2817

    Scopus

    researchmap

  • Basic Study for Acoustic Absorption Characteristics of Soft and Light Granular Material 査読

    Shuichi Sakamoto, Masaru Sasaki, Itaru Kourakata, Kensaku Yanagimoto, Seiji Watanabe

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING7 ( 4 ) 677 - 689   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    In this paper fundamental sound absorption characteristics of expanded polystyrene beads with several geometries are reported when they are packed in some thick layers with and without back air space. The normal incidence sound absorption coefficients, which were obtained by the experiments using two-microphone impedance tube, were evaluated comparing to theoretical estimations. Experimental data were also compared to the similar conditions but hard material particles like glass beads whose acoustic property was investigated by Sakamoto et. al. in a preceding study. Then following results were obtained; packed layer with expanded polystyrene beads has almost equal sound absorption coefficient to the similar layer with hard and solid material: numerical estimation of sound absorption coefficient is valid enough except for the case having large back air space: lowering peak frequency of sound absorption coefficient is available by overfilling and compressing particles. The authors also consider that applying soft, light, and low cost material to the sound absorbing structures is very meaningful. Because human damage caused by falling of wall and ceiling panel of buildings is avoidable particularly under an earthquake attack.

    DOI: 10.1299/jamdsm.7.677

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/7/4/7_677/_pdf

  • Theoretical Analysis and Measurement of Sound Transmission Loss in Louver Elements with a Sound Attenuating Function Using a Narrow Tube Array 査読

    Shuichi Sakamoto, Hokuto Sato, Minoru Yamazaki, Ryohei Sugahara, Hiromichi Kawase

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING7 ( 4 ) 690 - 705   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    Sound transmission loss is relatively small in thin louver boards with a high aperture ratio. This study investigated louver elements with a sound attenuating function. Using narrow tubes, an array silencer was built into composite louver boards and a high aperture ratio was maintained. Several constructions for such louvers were prototyped, measured, and analyzed theoretically. Sound transmission loss was measured using four-microphone impedance tube. Then, sound transmission loss was calculated by a transfer matrix based on one-dimensional axial coordinate system analysis. The attenuation of sound in tubes should be calculated because a thin louver board must comprise narrow tubes. Therefore, an accurate propagation constant and a characteristic impedance based on two-dimensional analysis were introduced to enable theoretical analysis. The calculation results, including attenuation, and the experimental results had good coincidence. Moreover, the theoretical analysis confirmed that the silencer worked effectively and could be applied to silencer designs.

    DOI: 10.1299/jamdsm.7.690

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/7/4/7_690/_pdf

  • 透過性の膜で連結した二連のオリフィス型消音器の減音特性(透過損失の測定と理論解析) 査読

    坂本秀一, 宮入徹, 星野 陽, 小浦方 格, 佐藤 孝

    日本機械学会論文集 C編79 ( 806 ) 3474 - 3486   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    二連のオリフィスの間の膨張部に不織布シートを組み合わせた消音器について、インピーダンス管を用いて消音器の透過損失を測定し、ディップの改善効果を示した。また等価回路網により不織布部分の音響系をモデル化し、透過損失の計算値を求めた。その結果、実験値と計算値の傾向は良く一致し、提案した音響モデルで不織布シート部分をある程度近似できる事を示した。

    DOI: 10.1299/kikaic.79.3474

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kikaic/79/806/79_3474/_pdf

  • An Artificial Larynx Built in TE Shunt Valve that Produces Substitute Voice by only Patient’s Own Expiration (Preliminary Study for Suitable Tone Pitch and its Controllability) 査読

    Itaru KOURAKATA, Shuichi SAKAMOTO, Youta NAKAO

    Journal of Advanced Mechanical Design Systems and Manufacturing7 ( 4 ) 777 - 790   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Mechanical Engineers  

    A large portion of patients of larynx cancer tekes total laryngectomy and loses their original voice consequently. Some ways to obtain substitute voice for total laryngectomees have been presented, however, each of them cannot conquer inconveniences, tone quality, extremely low tone, monotonousness etc. We invented very simple, small enough to be built in TE (tracheaesophageal) shunt valve but functional substitute voice that is driven by patient’s own expiration and its tone pitch can be controlled by expiratory pressure simultaneously. The new device has an outward-striking membrane as an oscillating valve and a set of piston-cylinder mechanism, which controls oscillator’s tension and alters pitch of sound. As results of performance experiments applied to the prototype model made as twice scale as an actual dimension, the device produces the lowest sound frequency of 205 Hz and pitch range of 374 cent being approximately proportional to driving air pressure between 0.8 and 2.2 kPa. It is said that normal pitch of female voice is around 210 Hz, thus we consider the possibility of the device as a new substitute voice was shown that contributes to improvement of total laryngecto

    DOI: 10.1299/jamdsm.7.777

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamdsm/7/4/7_777/_pdf

  • 二面間の狭い隙間の集合体を利用した吸音材料に関する実験的研究 査読

    坂本秀一, 斎藤和幸, 村山信明, 樋口克也

    日本機械学会論文集 C編79 ( 807 ) 4141 - 4152   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    二面間の隙間を利用した吸音構造について,種々の形状・寸法について吸音率を実験により求めた.その結果,以下のことが明らかとなった.境界層厚さとの兼ね合いにより,70μmまでは,二面間の隙間が小さいほど,吸音率は高く,吸音ピーク周波数は低周波数で得られる.隙間が奥行き方向に連続的に減少する場合,隙間が一定の場合と比較して優れた吸音率が得られ,また,吸音率の周波数特性におけるディップは改善される傾向にある.薄板材料の物量が同一の場合,扇子型吸音構造は,楔形吸音構造と同等の吸音性能を有する.

    DOI: 10.1299/kikaic.79.4141

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kikaic/79/807/79_4141/_pdf

  • International Exchanges for Aspiring Students in Engineering Field 招待 査読

    T. Sato, S. Sakamoto, T. Shimizu, H. Ikeda, T. Oka

    Journal of Engineering Education Research15 ( 4 ) 3 - 7   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Basic Study for the Acoustic Characteristics of Granular Material (Normal Incidence Absorption Coefficient for Multilayer with Different Grain Diameters) 査読

    Shuichi SAKAMOTO, Yosuke SAKUMA, Kensaku YANAGIMOTO, Seiji WATANABE

    Journal of Environment and Engineering7 ( 1 ) 12 - 22   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jee.7.12

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jee/7/1/_contents

  • Sound Quality for Micro Axial Fan with Blade Run-Out 査読

    Kensaku YANAGIMOTO, Seiji WATANABE, Masayuki TAKAHASHI, Shuichi SAKAMOTO

    Journal of Environment and Engineering7 ( 1 ) 1 - 11   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jee.7.1

    researchmap

  • 呼気により駆動されるTEシャント弁内蔵型人工喉頭(適切な音高と音高制御機能獲得の可能性について)

    小浦方 格, 坂本 秀一, 中尾 陽太

    日本機械学会論文集 C編78 ( 792 ) 3053 - 3063   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    A large portion of patients of larynx cancer tekes total laryngectomy and loses their original voice consequently. Some ways to obtain substitute voice for total laryngectomees have been presented, however, each of them cannot conquer inconveniences, tone quality, extremely low tone, monotonousness etc. We invented very simple, small enough to be built in TE (tracheaesophageal) shunt valve but functional substitute voice that is driven by patient's own expiration and its tone pitch can be controlled by expiratory pressure simultaneously. The new device has an outward-striking membrane as an oscillating valve and a set of piston-cylinder mechanism, which controls oscillator's tension and alters pitch of sound. As results of performance experiments applied to the prototype model made as twice scale as an actual dimension, the device produces the lowest sound frequency of 205 Hz and pitch range of 374 cent being approximately proportional to driving air pressure between 0.8 and 2.2 kPa. It is said that normal pitch of female voice is around 210 Hz, thus we consider the possibility of the device as a new substitute voice was shown that contributes to improvement of total laryngectomees' QOL particularly to female patients.

    DOI: 10.1299/kikaic.78.3053

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 呼気により駆動されるTEシャント弁内蔵型人工喉頭(適切な音高と音高制御機能獲得の可能性について) (共著) 査読

    小浦方格, 坂本秀一, 中尾陽太

    日本機械学会論文集 C編78 ( 792 ) 3053 - 3063   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.78.3053

    Scopus

    researchmap

  • 音響を利用した中空光ファイバにおける漏洩検出(実験および理論解析) 査読

    坂本秀一, 長瀬功育, 中川雅哉, 新田 勇, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会論文集 C編77 ( 777 ) 2096 - 2106   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.77.2096

    researchmap

  • Study for Sound Absorbing Materials of Biomass Tubule etc. (Measured Result for Rice Straw, Rice Husks, and Buckwheat Husks) 招待 査読

    Sakamoto, S. Takauchi, Y. Yanagimoto, K. Watanabe

    Journal of Environment and Engineering6 ( 2 ) 352 - 364   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study for Sound Absorbing Materials of Biomass Tubule etc. 査読

    Journal of Environment and Engineering   2011年3月

  • International Exchanges for Aspiring Students in Engineering Field 査読

    T. Sato, L. Wisweh, S. Sakamoto, T. Shimizu, T. Suzuki, H. Ikeda, T. Oka, Y. Tanabe, H. Ohkawa

    Proceedings of Asian Conf. Engineering Education 2011 (ACEE2011)   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • International Cooperative Activities for the Engineering Education between Otto-von-Guericke-University Magdeburg, Germany, and Niigata University, Japan 招待 査読

    T. Sato, L. Wisweh, S. Sakamoto, T. Shimizu, H. Ikeda, T. Oka, Y. Tanabe

    Journal of Engineering Education Research13 ( 5 ) 49 - 54   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Discussion about Engineering Education in Japanese University from the International Point of View 査読

    T. Sato, S. Sakamoto, T. Shimizu, T. Suzuki, H. Iwabe, T. Oka, Y. Tanabe, H. Ohkawa, L. Wisweh

    Proceedings of the 12th World Conference Continuing Engineering Education (12th WCCEE)   355 - 359   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 柔らかく軽量な粒状材料の吸音特性に関する基礎的研究 : 発泡スチロールビーズにおける基礎的特性(機械力学,計測,自動制御)

    坂本 秀一, 佐々木 勝, 小浦方 格, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    日本機械学会論文集 C編76 ( 770 ) 2545 - 2551   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In this paper fundamental sound absorption characteristics of expanded polystyrene beads with several geometries are reported when they are packed in some thick layers with and without back air space. The normal incidence sound absorption coefficients, which were obtained by the experiments using two-microphone impedance tube, were evaluated comparing to theoretical estimations. Experimental data were also compared to the similar conditions but hard material particles like glass beads whose acoustic property was investigated by Sakamoto et. al. in a preceding study. Then following results were obtained; packed layer with expanded polystyrene beads has almost equal sound absorption coefficient to the similar layer with hard and solid material: numerical estimation of sound absorption coefficient is valid enough except for the case having large back air space: lowering peak frequency of sound absorption coefficient is available by overfilling and compressing particles. The authors also consider that applying soft, light, and low cost material to the sound absorbing structures is very meaningful. Because human damage caused by falling of wall and ceiling panel of buildings is avoidable particularly under an earthquake attack.

    DOI: 10.1299/kikaic.76.2545

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 柔らかく軽量な粒状材料の吸音特性に関する基礎的研究(発泡スチロールビーズにおける基礎的特性) 査読

    坂本秀一, 佐々木勝, 小浦方格, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会論文集 C編76 ( 770 ) 2545 - 2551   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.76.2545

    Scopus

    researchmap

  • International Cooperative Activities for the Engineering Education between Otto-von-Guericke University Magdeburg, Germany, and Niigata University, Japan 査読

    T. Sato, L. Wisweh, S. Sakamoto, T. Shimizu, T. Suzuki, H. Ikeda, T. Oka, Y. Tanabe, H. Ohkawa

    Proceedings of Asian Conf. Engineering Education 2009 (ACEE2009)   122 - 123   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • バイオマスの細管等を応用した吸音材料に関する研究 : 稲藁・籾殻およびそば殻の測定結果(機械力学,計測,自動制御)

    坂本 秀一, 高内 悠揮, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    日本機械学会論文集 C編75 ( 760 ) 3223 - 3229   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The porous material with continuous pore is useful for the sound absorbing material. In this research work, rice straw, rice husks, and buckwheat husks were dealt as a porous sound absorbing material that applied the biomass. About rice straw, geometrical condition of that was reproduced in the narrow tube of the simple structure, and the effect of absorbing sound of the tubule in the composite structure was verified. In the experiment, for the various thickness and the back air space were tested by using two microphone impedance tube, and the normal incidence sound absorption coefficient was measured. Moreover, the absorption coefficient was calculated from the acoustical constant obtained from the result of a measurement in a specific condition. And, these calculation values were compared with experiment values. As a result, it was shown to be able to estimate the absorption coefficient of the condition of the unmeasurement. As for rice straw, rice husks, and buckwheat husks, it has been understood it has a useful characteristic of absorbing sound. It leads to the fixation of the carbon, and even if the incineration processing is done, it is a carbon neutral.

    DOI: 10.1299/kikaic.75.3223

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 面ブレにともなう小型軸流ファンの音質変化 査読

    柳本憲作, 渡部誠二, 高橋政行, 坂本秀一

    日本機械学会論文集 C編75 ( 752 ) 1194 - 1200   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.75.1194

    Scopus

    researchmap

  • 面ブレにともなう小型軸流ファンの音質変化(機械要素,潤滑,工作,生産管理など)

    柳本 憲作, 渡部 誠二, 高橋 政行, 坂本 秀一

    日本機械学会論文集 C編75 ( 752 ) 1194 - 1200   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    This paper describes a sound quality change caused by a failure aerodynamic sound in a micro axial fan in order to apply an acoustic diagnosis at cooling fan motor assembly line. The failure aerodynamic sound is focused to a rotational fan blade tone and blade passing noise with fan blade run-out change. In this experimental result, a correlation between the sound quality metrics (Sharpness, Roughness, Fluctuation strength, Tone-to-noise ratio) and the blade run-out is cleared. In addition, an acoustic diagnosis technique for a fan blade run-out is proposed using an adaptive spectrum enhancer. This proposed acoustic diagnosis technique is used to adaptive feedback algorithm using internal model control architecture to extract a periodic abnormal signal including aerodynamic noise generated by rotating a micro axial fan. As the experimental results, the blade passing sound signal with the blade run-out change was improved about 10dB by using this adaptive feedback algorithm.

    DOI: 10.1299/kikaic.75.1194

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 粒状材料の含水率による音響特性変化に関する研究 査読

    坂本秀一, 堤 雄二, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会論文集 C編75 ( 757 ) 2515 - 2520   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.75.2515

    Scopus

    researchmap

  • 粒状材料の含水率による音響特性変化に関する研究(機械力学,計測,自動制御)

    坂本 秀一, 堤 雄二, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    日本機械学会論文集 C編75 ( 757 ) 2515 - 2520   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In this paper, variation of airborne sound absorption coefficient for granular material with small quantity water is dealt. The granular matter under the test is solid glass spherical grain as diameter 1mm. The relationship between water content by volume and absorption coefficient for each thickness of layer is measured by experiments. And tortuosity as one of the Biot's parameters is also measured by ultrasonic. It was proved that peak frequency of absorption coefficient decreases as increasing of water content. The reason is that reduced virtual sound velocity makes effect of larger sample thickness. Result of this study is useful for expecting absorption coefficient of wet or liquid bonded granular matter.

    DOI: 10.1299/kikaic.75.2515

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • バイオマスの細管等を応用した吸音材料に関する研究(稲藁・籾殻およびそば殻の測定結果) 査読

    坂本秀一, 高内悠揮, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会論文集 C編75 ( 760 ) 3223 - 3229   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.75.3223

    Scopus

    researchmap

  • 粒状材料の音響特性に関する基礎的研究(粒径の異なる層が重なる場合の垂直入射吸音率) 査読

    坂本秀一, 佐久間陽介, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会論文集 C編74 ( 745 ) 2240 - 2245   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.74.2240

    researchmap

  • Differences of Engineering Education Systems between Japan and Germany ~ Consideration about "before and after graduation" ~ 査読

    Takashi SATO, Christine SOBCZYK, Shuichi SAKAMOTO, Nozomu ISHII, Yuji TANABE, Masaki GODA, Takeo MARUYAMA, Tomiichi HASEGAWA, Hideo OHKAWA, Lutz WISWEH

    Proceedings of the 11th World Conference Continuing Engineering Education (11th WCCEE)   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 粒状材料の音響特性に関する基礎的研究(粒径の異なる層が重なる場合の垂直入射吸音率):粒径の異なる層が重なる場合の垂直入射吸音率

    坂本 秀一, 佐久間 陽介, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    日本機械学会論文集 C編74 ( 745 ) 2240 - 2245   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In this paper, several diameter of solid glass spherical grain was dealt. Each diameter grain has the each characteristic impedance and the complex wave constant. At first, the characteristic impedance and the complex wave constant for each grain diameters were measured. Then, the normal incidence absorption coefficient of each grain diameters for arbitrary layer thickness can be calculated. Likewise, the normal incidence absorption coefficient for multilayer with different grain diameters and arbitrary thicknesses can be calculated. This calculation process is comparatively lengthy, so the experiments for real multilayer and the calculations were compared. Result of the calculations coincided to the experiments. Consequently, calculation result of normal incidence absorption coefficient for multilayer with different grain diameters is useful.

    CiNii Article

    researchmap

  • Attenuation Effects of Discrete Tone Using Adaptive Feedback Active Noise Control 査読

    Seiji WATANABE, Kensaku YANAGIMOTO, Katsuya TANIFUJI, Shuichi SAKAMOTO, Masayuki TAKAHASHI, Ryoichi ICHIMIYA

    Journal of Environment and Engineering2 ( 3 ) 470 - 479   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jee.2.470

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-5745-1668

  • Fan sound quality changes by using new silencer system 査読

    Seiji WATANABE, Kensaku YAMAGIMOTO, Shuichi SAKAMAOTO, Daisuke SUZUKI, Katsuya TANIFUJI

    Proceedings of INTER-NOISE 2006CD-Rom   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Basic Study for the Acoustic Characteristics of Granular Material (Normal Incidence Absorption Coefficient for Multilayer between Different Grain Diameters) 査読

    Shuichi SAKAMAOTO, Kensaku YAMAGIMOTO, Seiji WATANABE, Yosuke SAKUMA

    Proceedings of INTER-NOISE 2006CD-Rom   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 適応フィードバック能動騒音制御による離散周波数音の抑制 査読

    渡部誠二, 柳本憲作, 谷藤克也, 坂本 秀一, 高橋政行, 一宮 亮一

    日本機械学会論文集 C編71 ( 701 ) 327 - 334   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.71.327

    researchmap

  • 適応フィードバック能動騒音制御による離散周波数音の抑制

    渡部 誠二, 柳本 憲作, 谷藤 克也, 坂本 秀一, 高橋 政行, 一宮 亮一

    日本機械学会論文集. C編71 ( 701 ) 327 - 334   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    The attenuation characteristics of a slit resonator that combined the adaptive feedback ANC system at a ventilation aperture of the package for leakage noise is investigated. The discrete tones radiated from an AC axial flow fan are controlled by DSP using Filtered-X Least Meane Square algorithm. The attenuation is found at the range of : 3 dB~14 dB with circular slit resonator, 2 dB~15 dB with elliptic slit resonator. Results of measurement show that the proposed system can achieve TNR (Tone to Noise Ratio) and PR (Prominence Ratio) under threshold effectively.

    CiNii Article

    researchmap

  • Attenuation effects of discrete tone using adaptive feedback active noise control

    Seiji Watanabe, Kensaku Yanagimoto, Katsuya Tanifuji, Shuichi Sakamoto, Masayuki Takahashi, Ryoichi Ichiyama

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C71   327 - 334   2005年1月

     詳細を見る

    The attenuation characteristics of a slit resonator that combined the adaptive feedback ANC system at a ventilation aperture of the package for leakage noise is investigated. The discrete tones radiated from an AC axial flow fan are controlled by DSP using Filtered-X Least Meane Square algorithm. The attenuation is found at the range of : 3 dB-14 dB with circular slit resonator, 2 dB-15 dB with elliptic slit resonator. Results of measurement show that the proposed system can achieve TNR (Tone to Noise Ratio) and PR (Prominence Ratio) under threshold effectively.

    Scopus

    researchmap

  • 音響を利用した容器内粉体レベルの測定(ガラスビーズを用いた基礎的実験と理論解析) 査読

    坂本秀一, 高井光太郎, 深井雄史, 柳本憲作, 渡部誠二, 一宮亮一

    日本機械学会論文集 C編70 ( 691 ) 679 - 686   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.70.679

    researchmap

  • 音響を利用した容器内粉体レベルの測定 : ガラスビーズを用いた基礎的実験と理論解析

    坂本 秀一, 高井 光太郎, 深井 雄史, 柳本 憲作, 渡部 誠二, 一宮 亮一

    日本機械学会論文集. C編70 ( 691 ) 679 - 686   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    This paper deals with the development of a new method for measurement of the height for granular material in a cylinder. For monitoring of automated filling processes of cartridges in a series production a new measurement method was developed which allows to detect rapidly incorrect products and to improve the process capability by the use of this method. The aim of this research work is to measure the level of granular material in a cartridge without contacting the material. The material is the mixture of the solid particles and air. The material is assumed as the porous media from the viewpoint of acoustics. As that, the inside of the cartridge, which is filled with granular material, is the acoustic system including porous media. The measuring method used the relationship between amount of granular meterial in the cartridge and the characteristics of the transfer function of the acoustic system is developed. The acoustic characteristic of the granular material, which is used for the theoretical analysis was also measured.

    CiNii Article

    researchmap

  • Measurement of the height for granular material level in a cylinder using sound (fundamental experiments for glass beads and theoretical analysis)

    Shuichi Sakamoto, Kotaro Takai, Yuji Fukai, Kensaku Yanagimoto, Seiji Watanabe, Ryoichi Ichimiya

    Nippon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C70   679 - 686   2004年3月

     詳細を見る

    This paper deals with the development of a new method for measurement of the height for granular material in a cylinder. For monitoring of automated filling processes of cartridges in a series production a new measurement method was developed which allows to detect rapidly incorrect products and to improve the process capability by the use of this method. The aim of this research work is to measure the level of granular material in a cartridge without contacting the material. The material is the mixture of the solid particles and air. The material is assumed as the porous media from the viewpoint of acoustics. As that, the inside of the cartridge, which is filled with granular material, is the acoustic system including porous media. The measuring method used the relationship between amount of granular meterial in the cartridge and the characteristics of the transfer function of the acoustic system is developed. The acoustic characteristic of the granular material, which is used for the theoretical analysis was also measured.

    Scopus

    researchmap

  • 音響を利用した樹脂袋内粉体の粒径・種類の非接触判別 査読

    坂本秀一, 高畠昌志, 柳本憲作, 渡部誠二, 一宮亮一

    日本機械学会論文集 C編69 ( 677 ) 42 - 48   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.69.42

    researchmap

  • NOISE ATTENUATION USING CIRCULAR SLIT RESONATOR COMBINED ACTIVE NOISE SOURCES 査読

    Seiji WATANABE, Kensaku YAMAGIMOTO, Katsuya TANIFUJI, Shuichi SAKAMAOTO, Ryoichi ICHIMIYA

    Proc. 8th Western Pacific Acoustics Conference (WESPAC-8)CD-Rom   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • CONTACTLESS DETECTION OF NUMBER OF CLOTHS BY SOUND (NUMERICAL ANALYSIS FOR ACOUSTIC SYSTEM) 査読

    Shuichi SAKAMAOTO, Yousuke SUGAHARA, Kensaku YAMAGIMOTO, Seiji WATANABE, Ryoichi ICHIMIYA

    Proc. 8th Western Pacific Acoustics Conference (WESPAC-8)CD-Rom   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • TOTAL FAN NOISE CONTROL BY USING CIRCULAR SLIT RESONATOR WITH ADDITIONAL ACTIVE SOURCES 査読

    Kensaku YAMAGIMOTO, Seiji WATANABE, Masayuki TAKAHASHI, Takahiro ITO, Shuichi SAKAMAOTO, Ryoichi ICHIMIYA

    Proc. 8th Western Pacific Acoustics Conference (WESPAC-8)CD-Rom   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 音響を利用した樹脂袋内粉体の粒径・種類の非接触判別

    坂本 秀一, 高畠 昌志, 柳本 憲作, 渡部 誠二, 一宮 亮一

    日本機械学會論文集. C編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. C69 ( 677 ) 42 - 48   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    This paper deals with the development of a new method for determination of powder form materials in plastic bag by sound. It is useful to determine the kind of powder form materials in the opaque plastic bag without open or contact. This detector utilizes the variation of the amplitude of the frequency response within entire acoustic system. The incident impedance of powder form materials varies with the diameter of particles and so on. For contactless determination, small distance gap between face of detector and plastic bag is adopted. Characteristic acoustic impedance and complex wave number are measured by the transfer function method. These measured parameters of powder form materials are introduced into theoretical analysis. The trends of the experiments and theory show good coincidence.

    CiNii Article

    researchmap

  • Non-contact discrimination method of the form of powder materials in plastic bag by sound

    Shuichi Sakamoto, Masashi Takabatake, Kensaku Yanagimoto, Seiji Watanabe, Ryoichi Ichimiya

    Nippon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C69   42 - 48   2003年1月

     詳細を見る

    This paper deals with the development of a new method for determination of powder form materials in plastic bag by sound. It is useful to determine the kind of powder form materials in the opaque plastic bag without open or contact. This detector utilizes the variation of the amplitude of the frequency response within entire acoustic system. The incident impedance of powder form materials varies with the diameter of particles and so on. For contactless determination, small distance gap between face of detector and plastic bag is adopted. Characteristic acoustic impedance and complex wave number are measured by the transfer function method. These measured parameters of powder form materials are introduced into theoretical analysis. The trends of the experiments and theory show good coincidence.

    Scopus

    researchmap

  • 円形空気薄膜層を壁面内に有する機械開口部からの音響放射(能動型分布音源による消音特性) 査読

    渡部誠二, 柳本憲作, 谷藤克也, 坂本 秀一, 伊藤孝宏, 一宮 亮一

    日本機械学会論文集 C編68 ( 674 ) 3122 - 3129   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.68.3122

    researchmap

  • New method for measurement of filling level of powder form materials in small cartridges by using sound 査読

    Shuichi Sakamoto, Lutz Wisweh, Ryoichi Ichimiya, Stephan Batt, Georg Plenikowski

    Proc. 2nd International Conference of Mechanical Engineering (COMEC 2002)CD-Rom   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 円形空気薄膜層を壁面内に有する機械開口部からの音響放射 : 能動型分布音源による消音特性

    渡部 誠二, 柳本 憲作, 谷藤 克也, 坂本 秀一, 伊藤 孝宏, 一宮 亮一

    日本機械学会論文集. C編68 ( 674 ) 3122 - 3129   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    This paper describes insulation characteristics of slit resonator that a single channel ANC system for silencing leakage noise at ventilation aperture of package. The circular slit resonator composed of thin air layer that is radial expansion with very short axial length was set up package wall. The circular thin air layer is driven by one to four speakers that are controlled using Filtered-X-LMS algorithm to minimize sound power at error microphone. The experimental results show that the noise reduction region spreads to the high frequency side, as the slit depth decreases. The noise reduction quantity increases, as the slit width widens. Visualization of SPL and phase on the circular slit resonator indicate that the noise reduction mechanism is the interference of control sound and noise.

    CiNii Article

    researchmap

  • Active Noise Control Using Slit Resonators in Cylindrical Duct Edge 査読

    Seiji WATANABE, Kensaku YANAGIMOTO, Takahiro ITO, Shuichi SAKAMOTO, Ryohichi ICHIMIYA, Katsuya TANIFUJI

    Proceedings of 30th International Congress on Noise Control Engineering (internoise2001)CD-Rom   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Method of Detecting Number of Cloths Using Sound (Non-Contact Measurement by Using Acoustic Characteristics of Cloths) 査読

    Shuichi SAKAMOTO, Ryoichi ICHIMIYA, Kensaku YANAGIMOTO, Taiki SATO

    Proceedings of 30th International Congress on Noise Control Engineering (internoise2001)CD-Rom   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法 (第5報,布の音響特性を利用した非接触測定)

    坂本 秀一, 一宮 亮一, 石橋 淳一, 佐藤 太紀

    日本機械学会論文集. C編67 ( 657 ) 1276 - 1281   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    This paper deals with the development of a new method for detecting the number of cloth without contact. It is necessary to detect one or plural number of sheets to avoid mishandling. This detecting sensor utilizes the variation of the phase of the transfer function within entire acoustic system. The incident impedance of sheets varies with the number of sheets. Characteristic acoustic impedance and complex wave number define peculiar and most fundamental characteristics of the material. It is useful for the detection of the number of cloth to know characteristic impedance of cloth. So that, we tried to measure characteristic impedance and wave number. The measured impedance of sheets by the transfer function method was introduced into theoretical analysis. The results of the experiments and theoretical analysis show fairly good coincidence

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法(第5報,布の音響特性を利用した非接触測定) 査読

    坂本秀一, 一宮亮一, 石橋淳一, 佐藤太紀

    日本機械学会論文集 C編67 ( 657 ) 1276 - 1281   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.67.1276

    Scopus

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法(第4報,布の音響特性を導入した音響系の解析) 査読

    坂本秀一, 一宮亮一, 玉橋知之

    日本機械学会論文集 C編64巻, 619号   986 - 991   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.64.986

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法 (第4報, 布の音響特性を導入した音響系の解析)

    坂本 秀一, 一宮 亮一, 玉橋 知之

    日本機械学会論文集. C編64 ( 619 ) 986 - 991   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    This paper deals with the development of a new method for detecting the number of cloth. It is necessary to detect one or plural number of sheets to avoid mishandling. This detecting sensor utilizes the variation of the phase of transfer function within entire acoustic system. The impedance of sheets varies with the number of sheets. Characteristic acoustic impedance and complex wave number define the material peculiar and the most fundamental characteristic. It is useful for the detection of the number of cloth to know characteristic impedance of cloth. So that, we tried to measure characteristic impedance and wave number. The measured impedance of sheets by transfer function method was introduced into theoretical analysis. The results of experiments and theoretical analysis show fairly good coincidence.

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響信号の位相遅れを利用したひずみ円形状の測定(第2報,測定精度の向上に関する検討) 査読

    相田収平, 一宮亮一, 山田正直, 坂本秀一

    日本機械学会論文集 C編63巻, 610号   1989 - 1995   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.63.1989

    researchmap

  • 音響信号の位相遅れを利用したひずみ円形状の測定 (第2報, 測定精度の向上に関する検討)

    相田 収平, 一宮 亮一, 山田 正直, 坂本 秀一

    日本機械学会論文集. C編63 ( 610 ) 1989 - 1995   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In this paper, we discuss the development of a new noncontact method for determining cylinder configurations using sound phase delay, In order to improve the accuracy of the measurements, the effect of the cavity in which the cylinder is placed has been studied. When the cylinder is placed near a side wall of the cavity, the phase delay angle increases, particularly for cylinders with odd periodic deflection. Thus, by varying the gap between the cylinder and the side wall, it is possible to determine the cylinder configuration even if the deflections are small. We propose a new method, in which the influence of noise is avoided by measuring the noise interference using a pair of microphones in the cavity.

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響信号の位相遅れを利用したひずみ円形状の測定 査読

    相田収平, 一宮亮一, 山田正直, 坂本秀一, 松村成生

    日本機械学会論文集 C編62 ( 603 ) 4250 - 4256   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.62.4250

    researchmap

  • 音響信号を利用した液面レベルと傾斜角度の測定 査読

    島崎義之, 一宮亮一, 坂本秀一, 田中誠三

    日本機械学会論文集 C編62 ( 595 ) 949 - 954   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.62.949

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法(第3報,伝達関数の位相による紙および布の検出) 査読

    坂本秀一, 一宮亮一, 太田雄三, 宮本賢一

    日本機械学会論文集 C編61 ( 584 ) 1516 - 1521   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.61.1516

    researchmap

  • A NEW MEASURING METHOD FOR UNDERWATER DISPLACEMENT UTILIZING SOUND SIGNAL - (EXPERIMENTAL RELATIONSHIP BETWEEN SOUND FREQUENCY AND DISPLACEMENT) 査読

    Y SUZUKI, R ICHIMIYA, T WATANABE, S SAKAMOTO

    JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES C-DYNAMICS CONTROL ROBOTICS DESIGN AND MANUFACTURING38 ( 1 ) 42 - 47   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS SANSHIN HOKUSEI BLDG  

    This paper deals with a newly developed underwater displacement sensor utilizing the acoustic resonant frequency of water in a submerged pipe. Both ends of the pipe are closed. A speaker to generate sound is fixed on the end of the pipe with the reflector at the other end. A piezoelectric ceramic is used as a speaker. Sweeping signal is radiated from the speaker to the water column in the pipe. The sound pressure takes the largest value at the resonant frequency. The displacement of the reflector which is inserted from the other end of the pipe by the plunger, corresponds to the length of the water column. The displacement of the reflector has good correspondence to the resonant frequency of the water column. It is found from the experiment that it is possible to measure accurately underwater displacement using this sensor.

    DOI: 10.1299/jsmec1993.38.42

    Web of Science

    researchmap

  • New method of measuring film thickness by means of sound signal 査読

    R Ichimiya, S Sakamoto, Y Tanaki

    26TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL ROBOTS, SYMPOSIUM PROCEEDINGS   545 - 549   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:MECHANICAL ENGINEERING PUBL  

    Web of Science

    researchmap

  • Development of New Sensor Using Sound to Detect Mistransfering Plural Sheets 査読

    Shuichi SAKAMOTO, Ryoichi ICHIMIYA

    Proceedings of the 1994 International Congress on Noise Control Engineering (internoise94)3   1915 - 1918   1994年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法(第2報,シート移動状態での検出) 査読

    坂本秀一, 一宮亮一, 太田雄三

    日本機械学会論文集 C編60 ( 571 ) 994 - 999   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.60.994

    researchmap

  • Sound-Based Detection Method of Number of Sheets 査読

    Shuichi SAKAMOTO, Ryoichi ICHIMIYA, Yuzo OHTA

    Journal of AdvancedAutomation Tech-nology6 ( 1 ) 42 - 49   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法 査読

    坂本秀一, 一宮亮一, 太田雄三

    日本機械学会論文集 C編59 ( 559 ) 819 - 826   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.59.819

    researchmap

  • 水中における音響信号を利用した変位の精密測定(音響周波数と変位の関係) 査読

    鈴木祐治, 一宮亮一, 渡邊友行, 坂本秀一

    日本機械学会論文集C編59 ( 558 ) 587 - 592   1993年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.59.587

    researchmap

  • 管内空気柱の音響周波数変化を利用した変位の精密測定(電気音響式非接触変位センサ) 査読

    坂本秀一, 一宮亮一

    日本機械学会論文集 C編58 ( 555 ) 3259 - 3264   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.58.3259

    researchmap

  • A NEW METHOD OF MEASURING DISPLACEMENT BY MEANS OF VARIATIONS OF SOUND FREQUENCY AND THE LENGTH OF AIR COLUMN IN A SMALL PIPE - (A RESONANT METHOD USING SPEAKER AND ELECTRIC FEEDBACK LOOP) 査読

    S SAKAMOTO, R ICHIMIYA, Y SUZUKI

    JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES III-VIBRATION CONTROL ENGINEERING ENGINEERING FOR INDUSTRY35 ( 1 ) 9 - 13   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS SANSHIN HOKUSEI BLDG  

    A new method of measuring displacement by means of variations of sound frequency and length of an air column in a stopped resonant pipe has been investigated. In this study, a speaker was used as the sound-generating source instead of the air jet, which was used for the feedback excitation mechanism on the edge instrument. This paper deals with a new kind of displacement sensor using an electric feedback circuit. A sweep signal is radiated from the speaker through the small hole which is opened on one end of the closed resonant pipe, toward the inside of the air column. The sound pressure takes the largest value at the resonant frequency. The displacement of the plunger which is inserted from the other end of the pipe corresponds to the length of the air column. Thus, the displacement of the plunger corresponds well to the resonant frequency of the air column. The phase-locked loop device is adopted for stability of the resonance and frequency.

    DOI: 10.1299/jsmec1988.35.9

    Web of Science

    researchmap

  • 管内空気柱の音響波数変化を利用した変位の精密測定 電気音響式非接触変位センサ

    坂本 秀一, 一宮 亮一

    日本機械学会論文集C編58 ( 555 ) 3259 - 3264   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    A new displacement measuring method using variations in sound frequency and length of an air column in a closed resonant pipe has been investigated. This noncontact displacement sensor is oscillated by the feedback loop, which is composed of a speaker, microphone and phase-locked loop. The sound pressure takes the largest value at the resonant frequency. The displacement of the measuring object corresponds to the impedance of one end of the air column. Thus the displacement of the measuring object has good correspondence to the resonant frequency of the acoustic system. The original resonant point is measured by transfer function from the FFT analyzer. An electrical analogy is adopted for theoretical analysis of the acoustic system. The results of the calculation and experiments coincide significantly.

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響信号を利用した管の長さ測定(管内空気柱の共振周波数検出) 査読

    一宮亮一, 坂本秀一

    日本機械学会論文集 C編57 ( 539 ) 2217 - 2222   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    管内空気柱の共鳴周波数は長さに対応する事を利用して管の長さを測定する方法を考案した。被測定管内に音波を放射し、マイクロホンにより拾った信号の周波数成分をフィードバックすることにより共振周波数において強力に発振させ、共振点を検出する。本測定法は、管が地中や液体中などに埋設されている場合や曲がり管の測定も可能である。

    DOI: 10.1299/kikaic.57.2217

    researchmap

  • 管内空気柱の音響周波数変化を利用した変位の精密測定(スピーカによる共鳴法における理論解析) 査読

    坂本秀一, 一宮亮一

    日本機械学会論文集 C編57 ( 535 ) 780 - 786   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    両端閉口管内に音波を入れ管内音圧が空気柱長さに対応した共振周波数で最大になる事を利用し、電気的フィードバックループを構成し発振させる変位センサにおいて、電気的等価回路により、音響系の理論解析を行い実験結果と比較した結果、両者はよく一致し、等価回路の妥当性が確認された。

    DOI: 10.1299/kikaic.57.780

    researchmap

  • 管内空気柱の共振周波数を利用した変位及び長さ測定の研究

    坂本秀一

    新潟大学 大学院自然科学研究科 学位論文   1991年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(その他)  

    researchmap

  • 管内空気柱の音響周波数変化を利用した変位の精密測定(スピーカと電気的フィードバックループによる共鳴法) 査読

    坂本秀一, 一宮亮一

    日本機械学会論文集 C編56 ( 530 ) 2562 - 2566   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.56.2562

    researchmap

  • 管内空気柱の音響周波数変化を利用した変位の精密測定(等価回路と流速分布による理論解析) 査読

    坂本秀一, 一宮亮一

    日本機械学会論文集 C編56 ( 522 ) 435 - 441   1990年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    一端閉口管の開口端に圧縮空気を吹き付けて音響を発生させ、空気柱長さと周波数を対応させた変位センサは、犬笛や一端閉口のエアリード楽器と同一のフィードバック発音機構を持つ。この観点から発音機構を解析し、等価回路を導き、音響インピーダンス、四端子網の定数を導入した。解析結果は実験結果とよい一致を見せ、解析の妥当性が確認された。

    DOI: 10.1299/kikaic.56.435

    researchmap

  • A NEW MEASURING METHOD OF DISPLACEMENT AND POSITION BY MEANS OF VARIATION OF SOUND FREQUENCY OF AIR COLUMN IN A SMALL PIPE - RELATIONSHIP BETWEEN ACTIVE END CORRECTION AND TRANSIT ANGLE 査読

    R ICHIMIYA, S SAKAMOTO

    JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES III-VIBRATION CONTROL ENGINEERING ENGINEERING FOR INDUSTRY31 ( 4 ) 727 - 731   1988年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS SANSHIN HOKUSEI BLDG  

    DOI: 10.1299/jsmec1988.31.727

    Web of Science

    researchmap

  • 管内空気柱の音響周波数変化を利用した変位の精密測定(動的端補正と位相進角の関係) 査読

    一宮亮一, 坂本秀一

    日本機械学会論文集 C編54 ( 499 ) 651 - 655   1988年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    一端閉口管の開口端に圧縮空気を吹き付け音響を発生させ、管内空気柱の長さを他端から差し込んだプランジャの変位に対応させることにより、測定物変位を音響周波数に変換する変位センサを開発した。またジェットの存在により起こる周波数のずれの性質を、ジェット位相進角との関係を用いて明らかにした。

    DOI: 10.1299/kikaic.54.651

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 吸音・遮音材料の開発、評価と騒音低減技術

    坂本 慎一, 山本 崇史, 坂本 秀一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 3.4節「バイオマスを利用した吸音材料に関する研究」)

    技術情報協会  2018年7月  ( ISBN:9784861047190

     詳細を見る

    総ページ数:721   担当ページ:95-107   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    本書は、粉体プロセスを構築するための、できるだけ具体的な内容を盛り込み、可能な限り装置、設備の実際の選定、設計に役立つように、実例を含めて解説、トラブルの対策を示している。また粉体を取り扱う上での多くの技術について説明し、トラブルを解説している。担当部分では、粉体層の音響特性とその利用について述べた。具体的には、粉体層における吸音の原理、粉体層の吸音率の測定方法、粉体層の吸音率の測定結果の例、粒子形状が不変で密度が変化した場合の吸音特性、異なる粒径同士を積層した場合の吸音特性、バインダーによる結合した場合の吸音特性、圧縮性の粒子が押しつぶされた場合の吸音特性、異形の粉体の吸音率、音響を利用した粉体の粒状の非接触判別、音響を利用した粉体の容器内レベル測定、について著者の研究成果も紹介して述べた。

    researchmap

  • 粉体・ナノ粒子の創製と製造・処理技術

    小波盛佳, 松本幹治, 坂本秀一ほ( 担当: 共著 ,  範囲: 3.8節「粉体層の音響特性とその利用」を執筆)

    テクノシステム  2014年11月  ( ISBN:9784924728721

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    粉体およびナノ粒子を創成し取り扱う技術には、近年目覚ましい発達が見られる。特に機能性粒子、ナノ粒子の創製では多くの方法が試され、実用化に向かっている。粉体であることの優位性が十分に発揮されつつあると言えるだろう。その技術、実用化の動向について解説する。 一方、粉体を扱うプロセスは多様で、多くのトラブルが発生しやすいというジレンマがある。 本書では、粉体プロセスを構築するための、できるだけ具体的な内容を盛り込み、可能な限り装置、設備の実際の選定、設計に役立つように、実例を含めて解説、トラブルの対策を示す。また粉体を取り扱う上での多くの技術について説明し、トラブルを解説する。

    researchmap

  • Handbook of Mechanical Engineering

    Karl-Heinrich Grote, Erik K. Antonsson, Shuichi Sakamoto( 担当: 共著 ,  範囲: 787-818)

    Springer  2009年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • フォーム吸音材に関する基礎的研究(ラーメン構造の吸音率の理論的推定と実験)

    赤嶺孝太, 坂本秀一, 佐藤隆政, 宇内俊介, 磯部卓功

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)56th   ROMBUNNO.K012   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 粒状体の充填構造における吸音率の推定と実験

    井伊恒平, 坂本秀一, 高倉陸椰, 片山伊吹, 鈴木隆介

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)56th   ROMBUNNO.K014   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • スリットの開口端補正長に関する基礎的研究(開口端補正長に対する隙間幅と隙間厚さの寄与)

    渡辺俊介, 坂本秀一, 小南亮太, 秋葉裕生

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)56th   ROMBUNNO.K013   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 粒状体の充填構造における吸音率の推定と実験

    井伊 恒平, 坂本 秀一, 高倉 陸椰, 片山 伊吹, 鈴木 隆介

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2019 ( 0 )   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • フォーム吸音材に関する基礎的研究:(ラーメン構造の吸音率の理論的推定と実験)

    赤嶺 孝太, 坂本 秀一, 佐藤 隆政, 宇内 俊介, 磯部 卓功

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2019 ( 0 )   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • スリットの開口端補正長に関する基礎的研究:(開口端補正長に対する隙間幅と隙間厚さの寄与)

    渡辺 俊介, 坂本 秀一, 小南 亮太, 秋葉 裕生

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2019 ( 0 )   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 隔壁開口部に用いる消音器に関する研究(背後空気層を持つ薄板を用いた消音器の透過損失)

    珍田美月, 坂本秀一, 阿部勝汰

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)55th   ROMBUNNO.H021   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 背後空気層を持つ薄板の振動による吸音効果に関する研究(吸音特性に対する隙間と振動板の寄与)

    藤澤洸平, 坂本秀一, 渡辺俊介, 小南亮太

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)55th   ROMBUNNO.H022   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軽量で微細な粉体層における吸音特性の測定及び理論解析

    山口紘平, 坂本秀一, 井伊恒平, 高倉陸椰, 中村裕哉

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)55th   ROMBUNNO.H024   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 二種類の消音器を接続したルーバに関する研究(理論解析と音響透過損失の測定)

    若色圭吾, 坂本秀一, 赤嶺孝太, 宇内俊介

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)55th   ROMBUNNO.H023   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ドイツの大学との交流担当者から見た新潟大学工学部における留学生交流について (教育フロンティア研究会 教育一般)

    佐藤 孝, 鈴木 孝昌, 清水 忠明, 坂本 秀一, 佐々木 朋裕, 岡 徹雄

    電気学会研究会資料. FIE2018 ( 1 ) 65 - 69   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ドイツの大学との交流担当者から見た新潟大学工学部における留学生交流について (教育フロンティア研究会 教育一般)

    佐藤 孝, 鈴木 孝昌, 清水 忠明, 坂本 秀一, 佐々木 朋裕, 岡 徹雄

    電気学会研究会資料. FIE2018 ( 1 ) 65 - 69   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Sound-absorbing materials using of rice straws (Oblique incident sound-absorption coefficient of oblique arrangement of hollow cylindrical biomass)

    Shuichi Sakamoto, Taisei Tsurumaki, Kohei Fujisawa, Koki Yamamiya

    INTER-NOISE 2018 - 47th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering: Impact of Noise Control Engineering   2018年1月

     詳細を見る

    © INTER-NOISE 2018 - 47th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering: Impact of Noise Control Engineering. All rights reserved. It was reported the use of sound-absorbing materials, specifically sound-absorbing structures of bundled rice straws, that are oblique arranged incident to the sound waves. In addition, we investigated the normal and oblique incident sound-absorption coefficients of sound-absorbing structures made of bundled rice straws in free space. In this study, we placed sound-absorbing structures made of bundled rice straws at an angle against the direction of the thickness in order to elongate the rice-straw element without increasing the apparent thickness. We then experimentally investigated the increase in sound absorption in the low-frequency range. For test samples with rice straws arranged both in the normal direction and in the oblique manner, the sound-absorption peak of the oblique incident sound-absorption coefficient in free space was shifted to the high-frequency side compared with that of the normal incident sound-absorption coefficient and the sound-absorption curve became flat in the high-frequency range. We demonstrated that the use of an oblique arrangement of rice straws inside acoustic tubes and in free space can improve the sound absorption in low-frequency range without increasing the apparent thickness of the material.

    Scopus

    researchmap

  • 二種類の消音器を接続したルーバに関する研究:(理論解析と音響透過損失の測定)

    若色 圭吾, 坂本 秀一, 赤嶺 孝太, 宇内 俊介

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2018 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 背後空気層を持つ薄板の振動による吸音効果に関する研究:(吸音特性に対する隙間と振動板の寄与)

    藤澤 洸平, 坂本 秀一, 渡辺 俊介, 小南 亮太

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2018 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 軽量で微細な粉体層における吸音特性の測定及び理論解析

    山口 紘平, 坂本 秀一, 井伊 恒平, 高倉 陸椰, 中村 裕哉

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2018 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 隔壁開口部に用いる消音器に関する研究:(背後空気層を持つ薄板を用いた消音器の透過損失)

    珍田 美月, 坂本 秀一, 阿部 勝汰

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2018 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • コルゲート板の隙間における吸音率の推定と実験

    丸山裕貴, 坂本秀一, 山口紘平, 井伊恒平, 橋本歩弥

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)54th   ROMBUNNO.L021   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 層状の楔形ヘルムホルツ共鳴器を用いた消音ルーバに関する研究(理論解析と音響透過損失の測定)

    山崎壮真, 坂本秀一, 若色圭吾, 赤嶺孝太

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)54th   ROMBUNNO.L023   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 背後空気層を持つ薄板の振動による吸音効果に関する研究(種々の境界条件による特性変化)

    渡邊琢, 坂本秀一, 渡辺俊介

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)54th   ROMBUNNO.L022   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 層状の楔形ヘルムホルツ共鳴器を用いた消音ルーバに関する研究:(理論解析と音響透過損失の測定)

    山﨑 壮真, 坂本 秀一, 若色 圭吾, 赤嶺 孝太

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2017 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2E10 留年を防ぐためのクラス担任による事前指導

    坂本 秀一, 月山 陽介, 佐藤 孝, 佐々木 朋裕

    工学教育研究講演会講演論文集2017 ( 0 ) 290 - 291   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 背後空気層を持つ薄板の振動による吸音効果に関する研究:(種々の境界条件による特性変化)

    渡邊 琢, 坂本 秀一, 渡辺 俊介

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2017 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 細管構造における吸音率の実験と推定(束ねた入れ子構造の細管における三種類の隙間)

    谷川裕彦, 坂本秀一, 丸山裕貴, 山口紘平

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)53rd   ROMBUNNO.614   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 隔壁開口部に用いる消音器に関する研究(サイドブランチ消音器の横断面形状による減音特性変化)

    石田宗弘, 坂本秀一, 珍田美月

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)53rd   ROMBUNNO.615   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 金属ガスケットとフランジの隙間における音響透過損失に関する研究(隙間が傾いている場合)

    浅見貴也, 坂本秀一, 大口誠也, 新田勇, 月山陽介

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)53rd   ROMBUNNO.612   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ドアのアンダーカット部に適用する消音器に関する研究

    小関将太, 坂本秀一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)53rd   ROMBUNNO.611   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • バイオマスを応用した吸音材料に関する研究(音響粒子速度センサを用いた稲藁の斜め入射吸音率の測定)

    鶴巻太盛, 坂本秀一, 藤澤洸平

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)53rd   ROMBUNNO.613   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 613 バイオマスを応用した吸音材料に関する研究 : 音響粒子速度センサを用いた稲藁の斜め入射吸音率の測定(OS6-1 機械力学(2)音の解析・制御技術)

    鶴巻 太盛, 坂本 秀一, 藤澤 洸平

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2016 ( 0 ) _613 - 1_-_613-5_   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 615 隔壁開口部に用いる消音器に関する研究 : サイドブランチ消音器の横断面形状による減音特性変化(OS6-1 機械力学(2)音の解析・制御技術)

    石田 宗弘, 坂本 秀一, 珍田 美月

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2016 ( 0 ) _615 - 1_-_615-4_   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 614 細管構造における吸音率の実験と推定 : 束ねた入れ子構造の細管における三種類の隙間(OS6-1 機械力学(2)音の解析・制御技術)

    谷川 裕彦, 坂本 秀一, 丸山 裕貴, 山口 紘平

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2016 ( 0 ) _614 - 1_-_614-5_   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 611 ドアのアンダーカット部に適用する消音器に関する研究(OS6-1 機械力学(2)音の解析・制御技術)

    小関 将太, 坂本 秀一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2016 ( 0 ) _611 - 1_-_611-4_   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 612 金属ガスケットとフランジの隙間における音響透過損失に関する研究 : 隙間が傾いている場合(OS6-1 機械力学(2)音の解析・制御技術)

    浅見 貴也, 坂本 秀一, 大口 誠也, 新田 勇, 月山 陽介

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2016 ( 0 ) _612 - 1_-_612-4_   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ドイツと日本の工学分野での単位認定に関する検討 : 工学教育の国際化 (教育フロンティア研究会 教育一般)

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明

    電気学会研究会資料. FIE2015 ( 11 ) 59 - 62   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ドイツと日本の工学分野での単位認定に関する検討―工学教育の国際化―

    佐藤孝, 坂本秀一, 清水忠明, 岡徹雄, 田邊裕治, 後藤康志, 佐々木朋裕, 鈴木孝昌

    電気学会教育フロンティア研究会資料FIE-15 ( 11-22 ) 59 - 62   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 呼気駆動型埋込式人工喉頭とその抑揚制御機能(簡易化モデルを用いた動的シミュレーション手法の開発)

    宗村真斗, 堀川秀司, 小浦方格, 坂本秀一

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集27th   259 - 260   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Optical range finder using semiconductor laser frequency noise

    T. Saito, K. Kondo, Y. Tokutake, S. Maehara, K. Doi, H. Arai, T. Sato, M. Ohkawa, Y. Ohdaira, S. Sakamoto

    APPLIED ADVANCED OPTICAL METROLOGY SOLUTIONS9576   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    Semiconductor laser range-finder systems use so-called "time-of-flight" methods that require us to modulate semiconductor lasers' intensity and frequency, and detect those of reflected lights, in order to compare optical paths to the reference and the target. But, accurate measurement requires both high-speed modulation and detection systems. By taking advantage of semiconductor lasers' broad-spectrum frequency noise, which has a range of up to a few GHz, and converting it to intensity noise, we were able to generate a set of high-speed physical random numbers that we used to precisely measure the distance. We tuned the semiconductor lasers' oscillation frequencies loosely to the Rb absorption line and converted their frequency noise to intensity noise, in the light transmitted. Observed through a frequency discriminator, beams traveling along two different paths will always share intensity noise patterns, but there is a time lag. We calculate the cross-correlation of the two signals by sweeping their time lags. The one with the highest degree of correlation was that corresponding to the difference in the length of the two optical paths. Through our experiments, we confirmed that the system was accurate up to a distance of 50 m, at a resolution of 0.03 m, when the sampling rate was adjusted to 0.2 ns.

    DOI: 10.1117/12.2187963

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 1G11 呼気駆動型埋込式人工喉頭とその抑揚制御機能 : 簡易化モデルを用いた動的シミュレーション手法の開発(GS2-1:治療・診断(1))

    宗村 真斗, 堀川 秀司, 小浦方 格, 坂本 秀一

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集2015 ( 0 ) 259 - 260   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を用いた物理乱数の生成 : 光源の特性による影響 (電子部品・材料)

    水谷 直博, 長谷川 真俊, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 185 ) 59 - 62   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    インターネット社会において、暗号技術は必要不可欠なものとなっている。現在多く使われている疑似乱数を用いた暗号は、解読に膨大な時間がかかることを担保に安全性を保っている。しかし、高速処理可能なコンピュータの登場により、解読される危険性がでてきた。一方で、理論上解読不可能な量子暗号通信の研究が進んでおり、物理乱数が大量に必要とされている。本研究では、半導体レーザの周波数雑音を用いて物理乱数の生成を行った。今回は、面発光型レーザ(VCSEL)とファブリ・ペロー型レーザ(FPLD)を用いて乱数生成を行い、VCSELでは120Gb/s、ではFPLDでは40Gb/sで乱数生成できた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を利用した光距離計測の検討 (光エレクトロニクス)

    近藤 勝軌, 齊藤 高大, 徳嵩 裕也, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 186 ) 63 - 66   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,低コスト,軽量,低電力,長寿命などの利点から,光距離計測の光源として用いられている.また,半導体レーザは,その発振周波数が変動する周波数雑音を持っており,私たちはそれを用いて物理乱数生成を行ってきた.本研究では,この生成された物理乱数を用いた新しい光距離計測法を考案し計測を行ったので報告する.通常の光距離計測は,パルスなどの変調信号を用いているが,本方式では変調信号の代わりに周波数雑音を用いた.周波数変動は,Rb-D_2吸収線を用いて透過光強度に変換し,距離測定を行った.これにより変調を加えず,0.06mの分解能で,50mまでの距離計測を行うことができた.また,サンプリングレートを変えずに分解能の向上を図る検討を行ったためここに報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を用いた物理乱数の生成 : 光源の特性による影響 (光エレクトロニクス)

    水谷 直博, 長谷川 真俊, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 186 ) 59 - 62   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    インターネット社会において、暗号技術は必要不可欠なものとなっている。現在多く使われている疑似乱数を用いた暗号は、解読に膨大な時間がかかることを担保に安全性を保っている。しかし、高速処理可能なコンピュータの登場により、解読される危険性がでてきた。一方で、理論上解読不可能な量子暗号通信の研究が進んでおり、物理乱数が大量に必要とされている。本研究では、半導体レーザの周波数雑音を用いて物理乱数の生成を行った。今回は、面発光型レーザ(VCSEL)とファブリ・ペロー型レーザ(FPLD)を用いて乱数生成を行い、VCSELでは120Gb/s、ではFPLDでは40Gb/sで乱数生成できた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を利用した光距離計測の検討 (機構デバイス)

    近藤 勝軌, 齊藤 高大, 徳嵩 裕也, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 184 ) 63 - 66   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,低コスト,軽量,低電力,長寿命などの利点から,光距離計測の光源として用いられている.また,半導体レーザは,その発振周波数が変動する周波数雑音を持っており,私たちはそれを用いて物理乱数生成を行ってきた.本研究では,この生成された物理乱数を用いた新しい光距離計測法を考案し計測を行ったので報告する.通常の光距離計測は,パルスなどの変調信号を用いているが,本方式では変調信号の代わりに周波数雑音を用いた.周波数変動は,Rb-D_2吸収線を用いて透過光強度に変換し,距離測定を行った.これにより変調を加えず,0.06mの分解能で,50mまでの距離計測を行うことができた.また,サンプリングレートを変えずに分解能の向上を図る検討を行ったためここに報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を用いた物理乱数の生成 : 光源の特性による影響 (機構デバイス)

    水谷 直博, 長谷川 真俊, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 184 ) 59 - 62   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    インターネット社会において、暗号技術は必要不可欠なものとなっている。現在多く使われている疑似乱数を用いた暗号は、解読に膨大な時間がかかることを担保に安全性を保っている。しかし、高速処理可能なコンピュータの登場により、解読される危険性がでてきた。一方で、理論上解読不可能な量子暗号通信の研究が進んでおり、物理乱数が大量に必要とされている。本研究では、半導体レーザの周波数雑音を用いて物理乱数の生成を行った。今回は、面発光型レーザ(VCSEL)とファブリ・ペロー型レーザ(FPLD)を用いて乱数生成を行い、VCSELでは120Gb/s、ではFPLDでは40Gb/sで乱数生成できた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を利用した光距離計測の検討 (信頼性)

    近藤 勝軌, 齊藤 高大, 徳嵩 裕也, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 183 ) 63 - 66   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,低コスト,軽量,低電力,長寿命などの利点から,光距離計測の光源として用いられている.また,半導体レーザは,その発振周波数が変動する周波数雑音を持っており,私たちはそれを用いて物理乱数生成を行ってきた.本研究では,この生成された物理乱数を用いた新しい光距離計測法を考案し計測を行ったので報告する.通常の光距離計測は,パルスなどの変調信号を用いているが,本方式では変調信号の代わりに周波数雑音を用いた.周波数変動は,Rb-D_2吸収線を用いて透過光強度に変換し,距離測定を行った.これにより変調を加えず,0.06mの分解能で,50mまでの距離計測を行うことができた.また,サンプリングレートを変えずに分解能の向上を図る検討を行ったためここに報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を用いた物理乱数の生成 : 光源の特性による影響 (信頼性)

    水谷 直博, 長谷川 真俊, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 183 ) 59 - 62   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    インターネット社会において、暗号技術は必要不可欠なものとなっている。現在多く使われている疑似乱数を用いた暗号は、解読に膨大な時間がかかることを担保に安全性を保っている。しかし、高速処理可能なコンピュータの登場により、解読される危険性がでてきた。一方で、理論上解読不可能な量子暗号通信の研究が進んでおり、物理乱数が大量に必要とされている。本研究では、半導体レーザの周波数雑音を用いて物理乱数の生成を行った。今回は、面発光型レーザ(VCSEL)とファブリ・ペロー型レーザ(FPLD)を用いて乱数生成を行い、VCSELでは120Gb/s、ではFPLDでは40Gb/sで乱数生成できた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を利用した光距離計測の検討 (レーザ・量子エレクトロニクス)

    近藤 勝軌, 齊藤 高大, 徳嵩 裕也, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 187 ) 63 - 66   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,低コスト,軽量,低電力,長寿命などの利点から,光距離計測の光源として用いられている.また,半導体レーザは,その発振周波数が変動する周波数雑音を持っており,私たちはそれを用いて物理乱数生成を行ってきた.本研究では,この生成された物理乱数を用いた新しい光距離計測法を考案し計測を行ったので報告する.通常の光距離計測は,パルスなどの変調信号を用いているが,本方式では変調信号の代わりに周波数雑音を用いた.周波数変動は,Rb-D_2吸収線を用いて透過光強度に変換し,距離測定を行った.これにより変調を加えず,0.06mの分解能で,50mまでの距離計測を行うことができた.また,サンプリングレートを変えずに分解能の向上を図る検討を行ったためここに報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を用いた物理乱数の生成 : 光源の特性による影響 (レーザ・量子エレクトロニクス)

    水谷 直博, 長谷川 真俊, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 187 ) 59 - 62   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    インターネット社会において、暗号技術は必要不可欠なものとなっている。現在多く使われている疑似乱数を用いた暗号は、解読に膨大な時間がかかることを担保に安全性を保っている。しかし、高速処理可能なコンピュータの登場により、解読される危険性がでてきた。一方で、理論上解読不可能な量子暗号通信の研究が進んでおり、物理乱数が大量に必要とされている。本研究では、半導体レーザの周波数雑音を用いて物理乱数の生成を行った。今回は、面発光型レーザ(VCSEL)とファブリ・ペロー型レーザ(FPLD)を用いて乱数生成を行い、VCSELでは120Gb/s、ではFPLDでは40Gb/sで乱数生成できた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を利用した光距離計測の検討 (電子部品・材料)

    近藤 勝軌, 齊藤 高大, 徳嵩 裕也, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大平 泰生, 大河 正志, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 185 ) 63 - 66   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,低コスト,軽量,低電力,長寿命などの利点から,光距離計測の光源として用いられている.また,半導体レーザは,その発振周波数が変動する周波数雑音を持っており,私たちはそれを用いて物理乱数生成を行ってきた.本研究では,この生成された物理乱数を用いた新しい光距離計測法を考案し計測を行ったので報告する.通常の光距離計測は,パルスなどの変調信号を用いているが,本方式では変調信号の代わりに周波数雑音を用いた.周波数変動は,Rb-D_2吸収線を用いて透過光強度に変換し,距離測定を行った.これにより変調を加えず,0.06mの分解能で,50mまでの距離計測を行うことができた.また,サンプリングレートを変えずに分解能の向上を図る検討を行ったためここに報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • C-4-14 半導体レーザの周波数雑音特性を用いた物理乱数生成 : 発振幅狭窄化が物理乱数生成への影響に関する考察(C-4.レーザ・量子エレクトロニクス,一般セッション)

    酒井 翔太, 新井 秀明, 齋藤 高大, 大河 正志, 大平 泰生, 坂本 秀一, 佐藤 孝

    電子情報通信学会総合大会講演論文集2014 ( 1 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 二面間の狭い隙間の集合体を利用した吸音材料に関する理論的研究

    樋口克也, 坂本秀一, 小関将太

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)51st   ROMBUNNO.908   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 広視野レーザ顕微鏡による静的シールの性能評価

    松崎良男, 新田勇, 月山陽介, 堀田素志, 坂本秀一, 若宮篤史, 朝倉真

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)51st   ROMBUNNO.1107   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 細管集合体における音波の伝搬特性の推定と実験(断面形状が三つの接する円による隙間の場合)

    須藤浩太, 坂本秀一, 中野新, 谷川裕彦, 浅見貴也

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)51st   ROMBUNNO.909   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 金属ガスケットとフランジの隙間における音響透過損失に関する研究(実験および理論解析)

    浅見貴也, 坂本秀一, 新田勇, 月山陽介, 松崎良男

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)51st   ROMBUNNO.911   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • バイオマスの細管を応用した吸音材料に関する研究(稲藁を斜めに配置した場合の特性インピーダンスと伝搬定数による吸音率の算出)

    藤橋貴史, 坂本秀一, 鶴巻太盛

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)51st   ROMBUNNO.907   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • アレイ状の通風ドア用サイドブランチ消音器に関する研究(透過損失の理論解析と測定)

    立座誠也, 坂本秀一, 石田宗弘, 永井邦明, 加藤敏夫

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)51st   ROMBUNNO.910   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 911 金属ガスケットとフランジの隙間における音響透過損失に関する研究 : 実験および理論解析(OS10-2 機械力学(2)音の解析・制御技術,オーガナイズドセッション10:「機械力学(2)音の解析・制御技術」)

    浅見 貴也, 坂本 秀一, 新田 勇, 月山 陽介, 松崎 良男

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2014 ( 0 ) _911 - 1_-_911-2_   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 910 アレイ状の通風ドア用サイドブランチ消音器に関する研究 : 透過損失の理論解析と測定(OS10-2 機械力学(2)音の解析・制御技術,オーガナイズドセッション10:「機械力学(2)音の解析・制御技術」)

    立座 誠也, 坂本 秀一, 石田 宗弘, 永井 邦明, 加藤 敏夫

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2014 ( 0 ) _910 - 1_-_910-2_   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 907 バイオマスの細管を応用した吸音材料に関する研究 : 稲藁を斜めに配置した場合の特性インピーダンスと伝搬定数による吸音率の算出(OS10-2 機械力学(2)音の解析・制御技術,オーガナイズドセッション10:「機械力学(2)音の解析・制御技術」)

    藤橋 貴史, 坂本 秀一, 鶴巻 太盛

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2014 ( 0 ) _907 - 1_-_907-2_   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1107 広視野レーザ顕微鏡による静的シールの性能評価(基調講演,OS11-2 機械要素とトライボロジー,オーガナイズドセッション11:「機械要素とトライボロジー」)

    松崎 良男, 新田 勇, 月山 陽介, 堀田 素志, 坂本 秀一, 若宮 篤史, 朝倉 真

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2014 ( 0 ) _1107 - 1_-_1107-2_   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 908 二面間の狭い隙間の集合体を利用した吸音材料に関する理論的研究(OS10-2 機械力学(2)音の解析・制御技術,オーガナイズドセッション10:「機械力学(2)音の解析・制御技術」)

    樋口 克也, 坂本 秀一, 小関 将太

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2014 ( 0 ) _908 - 1_-_908-2_   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 909 細管集合体における音波の伝搬特性の推定と実験 : 断面形状が三つの接する円による隙間の場合(OS10-2 機械力学(2)音の解析・制御技術,オーガナイズドセッション10:「機械力学(2)音の解析・制御技術」)

    須藤 浩太, 坂本 秀一, 中野 新, 谷川 裕彦, 浅見 貴也

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2014 ( 0 ) _909 - 1_-_909-2_   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 3H14 工学系学生のグローバル化を動機付ける奨学金制度((17)国際化時代における工学教育-IV,口頭発表)

    坂本 秀一, 佐藤 孝, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 岡 徹雄, 白井 健司

    工学教育研究講演会講演論文集2014 ( 0 ) 586 - 587   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    DOI: 10.20549/jseeja.2014.0_586

    CiNii Article

    researchmap

  • 周波数安定化半導体レーザーによる物理乱数生成システムの構築

    新井秀明, 前原進也, 土井康平, 佐藤孝, 大平泰生, 坂本秀一, 大河正志

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)74th   ROMBUNNO.16P-P2-3   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を応用した光距離計測の検討 (信頼性)

    清水 直弥, 前原 進也, 土井 康平, 新井 英明, 佐藤 孝, 大河 正志, 大平 泰生, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 186 ) 11 - 14   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,自然放出光の影響による振幅揺らぎとキャリア密度の変動から,屈折率の変動,すなわち発振周波数の変動となる周波数揺らぎを保有している.本研究では,半導体レーザの周波数雑音特性を積極的に利用した新たな応用として,光距離計測が可能か検討した.我々が提案する光距離計測では,周波数雑音の比較により、距離差を求める.それにより,光源の変調を必要とせず,遠距離でも測定精度が変わらないレーザ距離計測が可能と考えられる.ここでは,提案手法により0〜35 mの光距離計測検討を行ったので報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を応用した光距離計測の検討 (光エレクトロニクス)

    清水 直弥, 前原 進也, 土井 康平, 新井 英明, 佐藤 孝, 大河 正志, 大平 泰生, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 189 ) 11 - 14   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,自然放出光の影響による振幅揺らぎとキャリア密度の変動から,屈折率の変動,すなわち発振周波数の変動となる周波数揺らぎを保有している.本研究では,半導体レーザの周波数雑音特性を積極的に利用した新たな応用として,光距離計測が可能か検討した.我々が提案する光距離計測では,周波数雑音の比較により、距離差を求める.それにより,光源の変調を必要とせず,遠距離でも測定精度が変わらないレーザ距離計測が可能と考えられる.ここでは,提案手法により0〜35 mの光距離計測検討を行ったので報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を用いた物理乱数生成の検討 : 発振周波数狭窄化が物理乱数に及ぼす影響に関する研究 (光エレクトロニクス)

    古川 元一, 斎藤 高大, 酒井 翔太, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大河 正志, 坂本 秀一, 大平 泰生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 189 ) 5 - 10   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザから出力された光は強度及び周波数が変動する高速の雑音特性を持っている。本研究ではその周波数雑音を、周波数弁別器を利用して光強度に変換し、その信号から物理乱数の高速生成を行っている。今回の研究では半導体レーザの発振幅を外部共振器を利用して狭窄化し、そのときの物理乱数とフリーランニング時の物理乱数の比較を行った。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの広帯域周波数雑音を利用した物理乱数の高速生成 (光エレクトロニクス)

    近藤 尭信, 前原 進也, 水谷 直博, 新井 秀明, 土井 康平, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志, SHIMIZU Naoya

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 189 ) 1 - 4   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年の高度情報化社会の発展に伴い、インターネットなどを通じ情報を交換する機会が増加し、情報の保護という観点から情報の暗号化が日々重要視されている。そこで、解読が困難である「物理乱数」が注目を集めているが、高速に生成することは困難であるとされている。本研究では、「物理乱数」を高速に生成する方法として、半導体レーザが持つ、出力光の周波数が広帯域にかつ不規則に変化する物理現象である「周波数雑音特性」を利用する。Rbの吸収線を利用しレーザ光の周波数の変化を、光強度の変化に変換することで検出し、それをデジタル数値化することで「物理乱数」を高速に生成している。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を応用した光距離計測の検討 (機構デバイス)

    清水 直弥, 前原 進也, 土井 康平, 新井 英明, 佐藤 孝, 大河 正志, 大平 泰生, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 187 ) 11 - 14   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,自然放出光の影響による振幅揺らぎとキャリア密度の変動から,屈折率の変動,すなわち発振周波数の変動となる周波数揺らぎを保有している.本研究では,半導体レーザの周波数雑音特性を積極的に利用した新たな応用として,光距離計測が可能か検討した.我々が提案する光距離計測では,周波数雑音の比較により、距離差を求める.それにより,光源の変調を必要とせず,遠距離でも測定精度が変わらないレーザ距離計測が可能と考えられる.ここでは,提案手法により0〜35 mの光距離計測検討を行ったので報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を用いた物理乱数生成の検討 : 発振周波数狭窄化が物理乱数に及ぼす影響に関する研究 (機構デバイス)

    古川 元一, 斎藤 高大, 酒井 翔太, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大河 正志, 坂本 秀一, 大平 泰生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 187 ) 5 - 10   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザから出力された光は強度及び周波数が変動する高速の雑音特性を持っている。本研究ではその周波数雑音を、周波数弁別器を利用して光強度に変換し、その信号から物理乱数の高速生成を行っている。今回の研究では半導体レーザの発振幅を外部共振器を利用して狭窄化し、そのときの物理乱数とフリーランニング時の物理乱数の比較を行った。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの広帯域周波数雑音を利用した物理乱数の高速生成 (機構デバイス)

    近藤 尭信, 前原 進也, 水谷 直博, 新井 秀明, 土井 康平, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志, SHIMIZU Naoya

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 187 ) 1 - 4   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年の高度情報化社会の発展に伴い、インターネットなどを通じ情報を交換する機会が増加し、情報の保護という観点から情報の暗号化が日々重要視されている。そこで、解読が困難である「物理乱数」が注目を集めているが、高速に生成することは困難であるとされている。本研究では、「物理乱数」を高速に生成する方法として、半導体レーザが持つ、出力光の周波数が広帯域にかつ不規則に変化する物理現象である「周波数雑音特性」を利用する。Rbの吸収線を利用しレーザ光の周波数の変化を、光強度の変化に変換することで検出し、それをデジタル数値化することで「物理乱数」を高速に生成している。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を応用した光距離計測の検討 (電子部品・材料)

    清水 直弥, 前原 進也, 土井 康平, 新井 英明, 佐藤 孝, 大河 正志, 大平 泰生, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 188 ) 11 - 14   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,自然放出光の影響による振幅揺らぎとキャリア密度の変動から,屈折率の変動,すなわち発振周波数の変動となる周波数揺らぎを保有している.本研究では,半導体レーザの周波数雑音特性を積極的に利用した新たな応用として,光距離計測が可能か検討した.我々が提案する光距離計測では,周波数雑音の比較により、距離差を求める.それにより,光源の変調を必要とせず,遠距離でも測定精度が変わらないレーザ距離計測が可能と考えられる.ここでは,提案手法により0〜35 mの光距離計測検討を行ったので報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を用いた物理乱数生成の検討 : 発振周波数狭窄化が物理乱数に及ぼす影響に関する研究 (電子部品・材料)

    古川 元一, 斎藤 高大, 酒井 翔太, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大河 正志, 坂本 秀一, 大平 泰生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 188 ) 5 - 10   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザから出力された光は強度及び周波数が変動する高速の雑音特性を持っている。本研究ではその周波数雑音を、周波数弁別器を利用して光強度に変換し、その信号から物理乱数の高速生成を行っている。今回の研究では半導体レーザの発振幅を外部共振器を利用して狭窄化し、そのときの物理乱数とフリーランニング時の物理乱数の比較を行った。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの広帯域周波数雑音を利用した物理乱数の高速生成 (電子部品・材料)

    近藤 尭信, 前原 進也, 水谷 直博, 新井 秀明, 土井 康平, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志, SHIMIZU Naoya

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 188 ) 1 - 4   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年の高度情報化社会の発展に伴い、インターネットなどを通じ情報を交換する機会が増加し、情報の保護という観点から情報の暗号化が日々重要視されている。そこで、解読が困難である「物理乱数」が注目を集めているが、高速に生成することは困難であるとされている。本研究では、「物理乱数」を高速に生成する方法として、半導体レーザが持つ、出力光の周波数が広帯域にかつ不規則に変化する物理現象である「周波数雑音特性」を利用する。Rbの吸収線を利用しレーザ光の周波数の変化を、光強度の変化に変換することで検出し、それをデジタル数値化することで「物理乱数」を高速に生成している。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの広帯域周波数雑音を利用した物理乱数の高速生成 (レーザ・量子エレクトロニクス)

    近藤 尭信, 前原 進也, 水谷 直博, 新井 秀明, 土井 康平, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志, SHIMIZU Naoya

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 190 ) 1 - 4   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年の高度情報化社会の発展に伴い、インターネットなどを通じ情報を交換する機会が増加し、情報の保護という観点から情報の暗号化が日々重要視されている。そこで、解読が困難である「物理乱数」が注目を集めているが、高速に生成することは困難であるとされている。本研究では、「物理乱数」を高速に生成する方法として、半導体レーザが持つ、出力光の周波数が広帯域にかつ不規則に変化する物理現象である「周波数雑音特性」を利用する。Rbの吸収線を利用しレーザ光の周波数の変化を、光強度の変化に変換することで検出し、それをデジタル数値化することで「物理乱数」を高速に生成している。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を用いた物理乱数生成の検討 : 発振周波数狭窄化が物理乱数に及ぼす影響に関する研究 (信頼性)

    古川 元一, 斎藤 高大, 酒井 翔太, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大河 正志, 坂本 秀一, 大平 泰生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 186 ) 5 - 10   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザから出力された光は強度及び周波数が変動する高速の雑音特性を持っている。本研究ではその周波数雑音を、周波数弁別器を利用して光強度に変換し、その信号から物理乱数の高速生成を行っている。今回の研究では半導体レーザの発振幅を外部共振器を利用して狭窄化し、そのときの物理乱数とフリーランニング時の物理乱数の比較を行った。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの広帯域周波数雑音を利用した物理乱数の高速生成 (信頼性)

    近藤 尭信, 前原 進也, 水谷 直博, 新井 秀明, 水谷 直博, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 186 ) 1 - 4   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年の高度情報化社会の発展に伴い、インターネットなどを通じ情報を交換する機会が増加し、情報の保護という観点から情報の暗号化が日々重要視されている。そこで、解読が困難である「物理乱数」が注目を集めているが、高速に生成することは困難であるとされている。本研究では、「物理乱数」を高速に生成する方法として、半導体レーザが持つ、出力光の周波数が広帯域にかつ不規則に変化する物理現象である「周波数雑音特性」を利用する。Rbの吸収線を利用しレーザ光の周波数の変化を、光強度の変化に変換することで検出し、それをデジタル数値化することで「物理乱数」を高速に生成している。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を応用した光距離計測の検討 (レーザ・量子エレクトロニクス)

    清水 直弥, 前原 進也, 土井 康平, 新井 英明, 佐藤 孝, 大河 正志, 大平 泰生, 坂本 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 190 ) 11 - 14   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは,自然放出光の影響による振幅揺らぎとキャリア密度の変動から,屈折率の変動,すなわち発振周波数の変動となる周波数揺らぎを保有している.本研究では,半導体レーザの周波数雑音特性を積極的に利用した新たな応用として,光距離計測が可能か検討した.我々が提案する光距離計測では,周波数雑音の比較により、距離差を求める.それにより,光源の変調を必要とせず,遠距離でも測定精度が変わらないレーザ距離計測が可能と考えられる.ここでは,提案手法により0〜35 mの光距離計測検討を行ったので報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を用いた物理乱数生成の検討 : 発振周波数狭窄化が物理乱数に及ぼす影響に関する研究 (レーザ・量子エレクトロニクス)

    古川 元一, 斎藤 高大, 酒井 翔太, 新井 秀明, 前原 進也, 土井 康平, 佐藤 孝, 大河 正志, 坂本 秀一, 大平 泰生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 190 ) 5 - 10   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザから出力された光は強度及び周波数が変動する高速の雑音特性を持っている。本研究ではその周波数雑音を、周波数弁別器を利用して光強度に変換し、その信号から物理乱数の高速生成を行っている。今回の研究では半導体レーザの発振幅を外部共振器を利用して狭窄化し、そのときの物理乱数とフリーランニング時の物理乱数の比較を行った。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を応用した光距離計測の検討

    清水直弥, 前原進也, 土井康平, 新井英明, 佐藤孝, 大河正志, 大平泰生, 坂本秀一

    電子情報通信学会技術研究報告113 ( 186(R2013 28-63) ) 11 - 14   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 半導体レーザの広帯域周波数雑音を利用した物理乱数の高速生成

    近藤尭信, 前原進也, 水谷直博, 新井秀明, 土井康平, 佐藤孝, 坂本秀一, 大平泰生, 大河正志

    電子情報通信学会技術研究報告113 ( 186(R2013 28-63) ) 1 - 4   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音特性を用いた物理乱数生成の検討―発振周波数狭窄化が物理乱数に及ぼす影響に関する研究―

    古川元一, 斎藤高大, 酒井翔太, 新井秀明, 前原進也, 土井康平, 佐藤孝, 大河正志, 坂本秀一, 大平泰生

    電子情報通信学会技術研究報告113 ( 186(R2013 28-63) ) 5 - 10   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を用いた物理乱数の生成 : 発振幅が物理乱数に及ぼす影響に関する考察 (レーザ・量子エレクトロニクス)

    齊藤 高大, 新井 秀明, 古川 元一, 酒井 翔太, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報113 ( 49 ) 17 - 21   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは、自然放出光の影響により、活性層内のキャリア密度の変動がおき、屈折率が変化し、発振周波数が変動する周波数雑音を内在している。我々は、この非周期的で高速な周波数雑音を積極的に用い、物理乱数生成システムを構築してきた。周波数雑音による半導体レーザの発振周波数変動幅は、主に発振幅として表現される。本研究では、フリーランニング半導体レーザと線幅の細い外部共振器半導体レーザを用いて、それぞれ乱数を生成した。生成した各乱数列を暗号用乱数検定FIPS140-2に通し、評価結果を比較し、乱数を生成する半導体レーザの発振幅が乱数性に及ぼす影響を考察した。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を用いた物理乱数の生成~発振幅が物理乱数に及ぼす影響に関する考察~

    齊藤高大, 新井秀明, 古川元一, 酒井翔太, 佐藤孝, 坂本秀一, 大河正志

    電子情報通信学会技術研究報告113 ( 49(LQE2013 1-16) ) 17 - 21   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 消音構造を持つルーバに関する研究(透過損失の理論解析と測定)

    佐藤北斗, 坂本秀一, 菅原諒平, 川瀬寛道

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)50th   ROMBUNNO.810   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 琴柱に用いる象牙の代替材料に関する研究(超音波および粘弾性による材料評価)

    三浦弘太, 坂本秀一, 小浦方格, 吉田悠人

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)50th   ROMBUNNO.811   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 二面間の狭い隙間の集合体を利用した吸音材料に関する実験的研究

    斎藤和幸, 坂本秀一, 樋口克也, 牛島勇樹

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)50th   ROMBUNNO.809   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 0811 琴柱に用いる象牙の代替材料に関する研究 (超音波および粘弾性による材料評価)(OS05-2 機械力学(2)音と振動の解析・制御技術,オーガナイズドセッション 5:「機械力学(2)音と振動の解析・制御技術」)

    三浦 弘太, 坂本 秀一, 小浦方 格, 吉田 悠人

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2013 ( 0 ) 81101 - 81102   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 4-102 風に向かって進むラジコン操舵式のウインドカー : 機械系学部2年生向け「ゼロから作るもの作り実習」での10年((09)ものつくり教育-I)

    坂本 秀一, 鳴海 敬倫, 白井 健司

    工学教育研究講演会講演論文集2013 ( 0 ) 72 - 73   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 0809 二面間の狭い隙間の集合体を利用した吸音材料に関する実験的研究(OS05-2 機械力学(2)音と振動の解析・制御技術,オーガナイズドセッション 5:「機械力学(2)音と振動の解析・制御技術」)

    斎藤 和幸, 坂本 秀一, 樋口 克也, 牛島 勇樹

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2013 ( 0 ) 80901 - 80902   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 0810 消音構造を持つルーバに関する研究 (透過損失の理論解析と測定)(OS05-2 機械力学(2)音と振動の解析・制御技術,オーガナイズドセッション 5:「機械力学(2)音と振動の解析・制御技術」)

    佐藤 北斗, 坂本 秀一, 菅原 諒平, 川瀬 寛道

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2013 ( 0 ) 81001 - 81002   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 工学系学生のグローバル化を動機付ける短期学生交流

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 池田 英喜, 後藤 康志, ANJA Hopf, 岡 徹雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan2012 ( 35 ) 63 - 67   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 工学系学生のグローバル化を動機付ける短期学生交流

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 池田 英喜, 後藤 康志, ANJA Hopf, 岡 徹雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan2012 ( 35 ) 63 - 67   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザーの周波数雑音を利用した物理乱数生成と距離計測

    土井康平, 前原進也, 新井秀明, 佐藤孝, 大平泰生, 坂本秀一, 大河正志

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)73rd   ROMBUNNO.12A-PA1-1   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 半導体レーザの雑音特性を用いた物理乱数の生成―発振周波数安定化が物理乱数に及ぼす影響に関する考察―

    齊藤高大, 古川元一, 新井秀明, 佐藤孝, 坂本秀一, 大河正志

    電子情報通信学会技術研究報告112 ( 184(LQE2012 24-57) ) 5 - 8   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 面発光型半導体レーザの周波数雑音を利用した物理乱数の生成に関する研究

    川上 航平, 前原 進也, 土井 康平, 新井 秀明, 近藤 尭信, 清水 直弥, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. CPM, 電子部品・材料112 ( 182 ) 9 - 12   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    大規模シミュレーションや通信の暗号化を行う際に現行では一般的に擬似乱数が用いられている.しかし,近年物理乱数への期待が非常に高まっており,半導体レーザカオスを利用した物理乱数の高速生成も報告されている.そこで本研究では,面発光型半導体レーザの周波数雑音を,Rb原子の吸収線を介して光強度雑音に変換し,A/Dコンバータで2進数列にすることで乱数を生成させ,より高速な物理乱数生成の可能性を検討した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 面発光型半導体レーザの周波数雑音を利用した物理乱数の生成に関する研究

    川上航平, 前原進也, 土井康平, 新井秀明, 近藤尭信, 清水直弥, 佐藤孝, 坂本秀一, 大平泰生, 大河正志

    電子情報通信学会技術研究報告112 ( 184(LQE2012 24-57) ) 9 - 12   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 半導体レーザの雑音特性を用いた物理乱数の生成 : 発振周波勢安定化が物理乱数に及ぼす影響に関する考察

    齊藤 高大, 古川 元一, 新井 秀明, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. CPM, 電子部品・材料112 ( 182 ) 5 - 8   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは、キャリア密度の変動で利得や屈折率が変動し、単一縦モード発振中でも周波数雑音が発生する。我々はこの半導体レーザの周波数雑音を、周波数弁別器を用いて光強度雑音に変換し、更にA/Dで2進数にすることで、物理乱数の生成を行ってきた。しかし、半導体レーザの発振周波数が大きく変動すると、生成される乱数の乱数性が劣化する可能性がある。そのため、安定化半導体レーザによる物理乱数の乱数検定通過率を測定した。

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの雑音特性を用いた物理乱数の生成 : 発振周波勢安定化が物理乱数に及ぼす影響に関する考察

    齊藤 高大, 古川 元一, 新井 秀明, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性112 ( 180 ) 5 - 8   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは、キャリア密度の変動で利得や屈折率が変動し、単一縦モード発振中でも周波数雑音が発生する。我々はこの半導体レーザの周波数雑音を、周波数弁別器を用いて光強度雑音に変換し、更にA/Dで2進数にすることで、物理乱数の生成を行ってきた。しかし、半導体レーザの発振周波数が大きく変動すると、生成される乱数の乱数性が劣化する可能性がある。そのため、安定化半導体レーザによる物理乱数の乱数検定通過率を測定した。

    CiNii Article

    researchmap

  • 面発光型半導体レーザの周波数雑音を利用した物理乱数の生成に関する研究

    川上 航平, 前原 進也, 土井 康平, 新井 秀明, 近藤 尭信, 清水 直弥, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス112 ( 184 ) 9 - 12   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    大規模シミュレーションや通信の暗号化を行う際に現行では一般的に擬似乱数が用いられている.しかし,近年物理乱数への期待が非常に高まっており,半導体レーザカオスを利用した物理乱数の高速生成も報告されている.そこで本研究では,面発光型半導体レーザの周波数雑音を,Rb原子の吸収線を介して光強度雑音に変換し,A/Dコンバータで2進数列にすることで乱数を生成させ,より高速な物理乱数生成の可能性を検討した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの雑音特性を用いた物理乱数の生成 : 発振周波勢安定化が物理乱数に及ぼす影響に関する考察

    齊藤 高大, 古川 元一, 新井 秀明, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス112 ( 184 ) 5 - 8   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは、キャリア密度の変動で利得や屈折率が変動し、単一縦モード発振中でも周波数雑音が発生する。我々はこの半導体レーザの周波数雑音を、周波数弁別器を用いて光強度雑音に変換し、更にA/Dで2進数にすることで、物理乱数の生成を行ってきた。しかし、半導体レーザの発振周波数が大きく変動すると、生成される乱数の乱数性が劣化する可能性がある。そのため、安定化半導体レーザによる物理乱数の乱数検定通過率を測定した。

    CiNii Article

    researchmap

  • 面発光型半導体レーザの周波数雑音を利用した物理乱数の生成に関する研究

    川上 航平, 前原 進也, 土井 康平, 新井 秀明, 近藤 尭信, 清水 直弥, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス112 ( 183 ) 9 - 12   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    大規模シミュレーションや通信の暗号化を行う際に現行では一般的に擬似乱数が用いられている.しかし,近年物理乱数への期待が非常に高まっており,半導体レーザカオスを利用した物理乱数の高速生成も報告されている.そこで本研究では,面発光型半導体レーザの周波数雑音を,Rb原子の吸収線を介して光強度雑音に変換し,A/Dコンバータで2進数列にすることで乱数を生成させ,より高速な物理乱数生成の可能性を検討した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの雑音特性を用いた物理乱数の生成 : 発振周波勢安定化が物理乱数に及ぼす影響に関する考察

    齊藤 高大, 古川 元一, 新井 秀明, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス112 ( 183 ) 5 - 8   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは、キャリア密度の変動で利得や屈折率が変動し、単一縦モード発振中でも周波数雑音が発生する。我々はこの半導体レーザの周波数雑音を、周波数弁別器を用いて光強度雑音に変換し、更にA/Dで2進数にすることで、物理乱数の生成を行ってきた。しかし、半導体レーザの発振周波数が大きく変動すると、生成される乱数の乱数性が劣化する可能性がある。そのため、安定化半導体レーザによる物理乱数の乱数検定通過率を測定した。

    CiNii Article

    researchmap

  • 面発光型半導体レーザの周波数雑音を利用した物理乱数の生成に関する研究

    川上 航平, 前原 進也, 土井 康平, 新井 秀明, 近藤 尭信, 清水 直弥, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. EMD, 機構デバイス112 ( 181 ) 9 - 12   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    大規模シミュレーションや通信の暗号化を行う際に現行では一般的に擬似乱数が用いられている.しかし,近年物理乱数への期待が非常に高まっており,半導体レーザカオスを利用した物理乱数の高速生成も報告されている.そこで本研究では,面発光型半導体レーザの周波数雑音を,Rb原子の吸収線を介して光強度雑音に変換し,A/Dコンバータで2進数列にすることで乱数を生成させ,より高速な物理乱数生成の可能性を検討した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 半導体レーザの雑音特性を用いた物理乱数の生成 : 発振周波勢安定化が物理乱数に及ぼす影響に関する考察

    齊藤 高大, 古川 元一, 新井 秀明, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. EMD, 機構デバイス112 ( 181 ) 5 - 8   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    半導体レーザは、キャリア密度の変動で利得や屈折率が変動し、単一縦モード発振中でも周波数雑音が発生する。我々はこの半導体レーザの周波数雑音を、周波数弁別器を用いて光強度雑音に変換し、更にA/Dで2進数にすることで、物理乱数の生成を行ってきた。しかし、半導体レーザの発振周波数が大きく変動すると、生成される乱数の乱数性が劣化する可能性がある。そのため、安定化半導体レーザによる物理乱数の乱数検定通過率を測定した。

    CiNii Article

    researchmap

  • 面発光型半導体レーザの周波数雑音を利用した物理乱数の生成に関する研究

    川上 航平, 前原 進也, 土井 康平, 新井 秀明, 近藤 尭信, 清水 直弥, 佐藤 孝, 坂本 秀一, 大平 泰生, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性112 ( 180 ) 9 - 12   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    大規模シミュレーションや通信の暗号化を行う際に現行では一般的に擬似乱数が用いられている.しかし,近年物理乱数への期待が非常に高まっており,半導体レーザカオスを利用した物理乱数の高速生成も報告されている.そこで本研究では,面発光型半導体レーザの周波数雑音を,Rb原子の吸収線を介して光強度雑音に変換し,A/Dコンバータで2進数列にすることで乱数を生成させ,より高速な物理乱数生成の可能性を検討した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 工学系の学生の留学を動機付ける超短期学生交流プログラムについて

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 岩部 洋育, 岡 徹雄, 後藤 康志, 山際 和明, HOPF Anja, 鳴海 敬倫

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan2012 ( 1 ) 71 - 74   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 工学系の学生の留学を動機付ける超短期学生交流プログラムについて

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 岩部 洋育, 岡 徹雄, 後藤 康志, 山際 和明, HOPF Anja, 鳴海 敬倫

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan2012 ( 1 ) 71 - 74   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 消音構造を持つルーバに関する基礎的研究(透過損失と挿入損失による評価)

    山崎実, 佐藤北斗, 坂本秀一, 川瀬寛道

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)49th   ROMBUNNO.1516   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 自然換気用消音器の減音特性に関する研究(透過損失と挿入損失による評価)

    宮入徹, 坂本秀一, 立座誠也, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)49th   ROMBUNNO.1507   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • バイオマスの細管等を応用した吸音材料に関する研究(斜めに配置した細管による幾何学的厚さの削減効果の検証)

    山宮弘毅, 坂本秀一, 藤橋貴史, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)49th   ROMBUNNO.1506   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 呼気駆動型埋込式人工喉頭とその抑揚制御機能(簡易予測式による発生音高の推定と機能性向上)

    中尾陽太, 小浦方格, 坂本秀一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)49th   ROMBUNNO.1515   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 細管構造を持つ吸音材の吸音率の測定および理論解析(境界層内における伝搬定数)

    星野陽, 坂本秀一, 須藤浩太, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)49th   ROMBUNNO.1514   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1506 バイオマスの細管等を応用した吸音材料に関する研究 (斜めに配置した細管による幾何学的厚さの削減効果の検証)(OS12-2 機械力学(2)音と振動の解析・制御技術,オーガナイズドセッション 12:「機械力学(2)音と振動の解析・制御技術」)

    山宮 弘毅, 坂本 秀一, 藤橋 貴史, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2012 ( 0 ) 150601 - 150602   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1514 細管構造を持つ吸音材の吸音率の測定および理論解析 (境界層内における伝搬定数)(OS12-3 機械力学(2)音と振動の解析・制御技術,オーガナイズドセッション 12:「機械力学(2)音と振動の解析・制御技術」)

    星野 陽, 坂本 秀一, 須藤 浩太, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2012 ( 0 ) 151401 - 151402   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1507 自然換気用消音器の減音特性に関する研究 (透過損失と挿入損失による評価)(OS12-2 機械力学(2)音と振動の解析・制御技術,オーガナイズドセッション 12:「機械力学(2)音と振動の解析・制御技術」)

    宮入 徹, 坂本 秀一, 立座 誠也, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2012 ( 0 ) 150701 - 150702   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1516 消音構造を持つルーバに関する基礎的研究 (透過損失と挿入損失による評価)(OS12-3 機械力学(2)音と振動の解析・制御技術,オーガナイズドセッション 12:「機械力学(2)音と振動の解析・制御技術」)

    山崎 実, 佐藤 北斗, 坂本 秀一, 川瀬 寛道

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2012 ( 0 ) 151601 - 151602   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1515 呼気駆動型埋込式人工喉頭とその抑揚制御機能 (簡易予測式による発生音高の推定と機能性向上)(OS12-3 機械力学(2)音と振動の解析・制御技術,オーガナイズドセッション 12:「機械力学(2)音と振動の解析・制御技術」)

    中尾 陽太, 小浦方 格, 坂本 秀一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2012 ( 0 ) 151501 - 151502   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Detection of leak of hollow optical fiber using acoustics (Experiments and theoretical analysis)

    Shuichi Sakamoto, Takayasu Nagase, Masaya Nakagawa, Isami Nitta, Kensaku Yanagimoto, Seiji Watanabe

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C77   2096 - 2106   2011年12月

     詳細を見る

    In this paper, the problem in the CO2 infrared laser medical operation device that propagates the laser in the hollow optical fiber was dealt. There is risk of the accident of damaging by a fire when leak is opened in the hollow optical fiber, and the laser light is discharged outside. This study is the detecting method for the leak on hollow optical fiber by using the sound. A basic experiment concerning this method and comparison result between the theoretical analysis and the experiment are reported. The leakage of the narrow tube with large attenuation can be detected. The experiment was corresponding to the tendency to the theoretical analysis for the presence of the leakage and the change in the hole diameter. This method is inexpensive than the method of adding the optical device, it makes small hand peace, and doesn't ruin handling that is the advantage of the hollow optical fiber. © 2011 The Japan Society of Mechanical Engineers.

    Scopus

    researchmap

  • 半導体レーザの周波数雑音を応用した高速物理乱数生成

    土井 康平, 新井 秀明, 前原 進也, 高森 大希, 松本 良彦, 佐藤 孝, 大平 泰生, 坂本 秀一, 大河 正志

    電子情報通信学会技術研究報告. LQE, レーザ・量子エレクトロニクス111 ( 56 ) 9 - 12   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    周波数弁別器によって半導体レーザの周波数雑音は簡単に検出することができる.この周波数雑音は広帯域に分布し,高速な物理乱数生成のソースとして有用であると見込まれる.また,周波数雑音を利用した物理乱数生成器は,周波数雑音を検出するための光学系が単純なため,装置の小型化が容易という利点がある.今回,実験的に半導体レーザの周波数雑音を用いて物理乱数生成を生成し,国際標準とされるNIST SP 800-22によって評価した結果を報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 工学系の学生の国際交流に関する一つの提言

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 池田 英喜, 岡 徹雄, 田邊 裕治, 大川 秀雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan2011 ( 1 ) 87 - 90   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 呼気駆動型埋込式人工喉頭とその抑揚制御機能

    小浦方格, 坂本秀一, 中尾陽太

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集23rd   393 - 394   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 9F-01 呼気駆動型埋込式人工喉頭とその抑揚制御機能(OS-8 福祉・リハビリテーション工学(3))

    小浦方 格, 坂本 秀一, 中尾 陽太

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集2010 ( 0 ) 393 - 394   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 極端に比重の小さい粒状材料の吸音特性に関する基礎的研究

    坂本秀一, 佐々木勝, 三善拓也, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集47th   249 - 250   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 薄肉の筐体に伝わる振動による騒音に関する研究(振動源を支持するファンカバーの打抜形状による騒音の変化)

    坂本秀一, 須佐元彦, 山崎実, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集47th   245 - 246   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 犬の吠え声に特化した自然換気用消音器に関する研究(透過損失の理論解析と測定)

    坂本秀一, 川越悠, 宮入徹, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集47th   247 - 248   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 細かい楔形多孔構造を用いた吸音材料に関する研究

    坂本秀一, 村山信明, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集47th   251 - 252   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 可動型ルーバを持った開口部への能動騒音制御の適応に関する研究

    鈴木雅程, 柳本憲作, 渡部誠二, 鈴木大介, 坂本秀一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集47th   235 - 236   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ファン騒音に対する変動強度解析の異常診断への適用

    佐藤隼也, 渡部誠二, 柳本憲作, 鈴木大介, 坂本秀一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集47th   243 - 244   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • シロッコファンの気柱共鳴音の低減化に関する研究

    佐藤龍, 柳本憲作, 渡部誠二, 高橋政行, 坂本秀一

    鶴岡工業高等専門学校研究紀要 ( 44 ) 57 - 65   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1-212 国際化の視点からの工学教育システムの検討((19)国際化時代における工学教育-II,口頭発表論文)

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 田邊 裕治, 大川 秀雄

    工学・工業教育研究講演会講演論文集2010 ( 0 ) 222 - 223   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 710 細かい楔形多孔構造を用いた吸音材料に関する研究(OS10-2 音と振動の解析・制御技術2,オーガナイズドセッション:10)

    坂本 秀一, 村山 信明, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2010 ( 0 ) 251 - 252   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 709 極端に比重の小さい粒状材料の吸音特性に関する基礎的研究(OS10-2 音と振動の解析・制御技術2,オーガナイズドセッション:10)

    坂本 秀一, 佐々木 勝, 三善 拓也, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2010 ( 0 ) 249 - 250   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 708 犬の吠え声に特化した自然換気用消音器に関する研究 : 透過損失の理論解析と測定(OS10-2 音と振動の解析・制御技術2,オーガナイズドセッション:10)

    坂本 秀一, 川越 悠, 宮入 徹, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2010 ( 0 ) 247 - 248   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 707 薄肉の筐体に伝わる振動による騒音に関する研究 : 振動源を支持するファンカバーの打抜形状による騒音の変化(OS10-2 音と振動の解析・制御技術2,オーガナイズドセッション:10)

    坂本 秀一, 須佐 元彦, 山崎 実, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2010 ( 0 ) 245 - 246   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 706 ファン騒音に対する変動強度解析の異常診断への適用(OS10-2 音と振動の解析・制御技術2,オーガナイズドセッション:10)

    佐藤 隼也, 渡部 誠二, 柳本 憲作, 鈴木 大介, 坂本 秀一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2010 ( 0 ) 243 - 244   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 702 可動型ルーバを持った開口部への能動騒音制御の適応に関する研究(OS10-1 音と振動の解析・制御技術1,オーガナイズドセッション:10)

    鈴木 雅程, 柳本 憲作, 渡部 誠二, 鈴木 大介, 坂本 秀一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2010 ( 0 ) 235 - 236   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 755 ルーバとスリットを持つ開口部における能動騒音制御に関する研究(低騒音化技術I,OS-4 音響・振動,総合テーマ「伝統を,未来へ!」)

    鈴木 雅程, 柳本 憲作, 渡部 誠二, 鈴木 大介, 坂本 秀一

    Dynamics & Design Conference2010 ( 0 ) _755 - 1_-_755-4_   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The purpose of this study is about noise reduction by Active Noise Control (ANC) at the opening with a louver which attached Piezoelectric Card Speaker. In a house and an apartment not only machinery, louvers are used at large opening aimed for air conditioning and ventilation. Leakage of a sound from the opening set louver becomes a problem. In this experimental study, proposed ANC system is independent parallel control system using two single channel ANC systems. One of them, secondary noise source is set at each bane down side of louver. The other one is set slit of enclosure opening. The experimental results show that noise reduction is obtained from 5dB to 25dB in sound field on this proposed ANC system.

    CiNii Article

    researchmap

  • ルーバとスリットを持つ開口部における能動騒音制御に関する研究

    鈴木雅程, 柳本憲作, 渡部誠二, 鈴木大介, 坂本秀一

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)2010   ROMBUNNO.755   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • P-15 教育GP「つもり学習からの脱却」((08)工学教育に関するGood Practice,ポスター発表論文):: 機械系の実施事例

    櫻井 篤, 松原 幸治, 鳴海 敬倫, 坂本 秀一, 岩部 洋育, 渡辺 健彦

    工学・工業教育研究講演会講演論文集2010 ( 0 ) 686 - 687   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 工学系の国際交流を通じて工学系の学生は何を学べるか : 新潟大学工学部とドイツ・マグデブルグ大学工学系学部との交流を通じて

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 池田 英喜, 岡 徹雄, 田邊 裕治, 大川 秀雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan2009 ( 17 ) 7 - 10   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 工学系の国際交流を通じて工学系の学生は何を学べるか : 新潟大学工学部とドイツ・マグデブルグ大学工学系学部との交流を通じて

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 池田 英喜, 岡 徹雄, 田邊 裕治, 大川 秀雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan2009 ( 17 ) 7 - 10   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 皮膚レーザ治療における刺青検出法の研究

    長谷川研介, 高木謙, 新田勇, 坂本秀一, 荻原優一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集46th   485 - 486   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 琴柱の代替材料の開発に関する研究(象牙と既存の代替材料などの音響特性)

    坂本秀一, 荻原優一, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集46th   307 - 308   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 一面開口の患犬ケージからの吠声低減を目的とした自然換気用消音器

    坂本秀一, 豊嶋祐一, 村山信明, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集46th   295 - 296   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 細管を応用した吸音構造に関する研究

    坂本秀一, 高内悠揮, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集46th   297 - 298   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多孔質材料の含水率による音響特性変化に関する研究(試料厚さ変化に伴う音響特性変化)

    坂本秀一, 堤雄二, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集46th   299 - 300   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1221 皮膚レーザ治療における刺青検出法の研究(OS12-5 生体センシングと治療関連技術,オーガナイズドセッション:12 人間・生物・植物等に関するエンジニアリングの研究)

    長谷川 研介, 高木 謙, 新田 勇, 坂本 秀一, 荻原 優一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2009 ( 0 ) 485 - 486   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 336 吸音シートを用いたシロッコファンの気柱共鳴音の低減化に関する研究

    佐藤 龍, 柳本 憲作, 高橋 政行, 渡部 誠二, 坂本 秀一

    Dynamics & Design Conference2009 ( 0 ) _336 - 1_-_336-4_   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Sirocco fan having a big static pressure is used for ventilation of the bathroom or cooling of the projector. This paper described the reduction of an air born sound radiated from the sirocco fan when put an absorption sheet on the casing inside. And an airflow-static pressure characteristics and noise reduction was clarified when change the kind and the thickness of absorption sheet. An air born sound was reduced to occur by putting absorption sheet on the casing inside, but it became clear that maximum airflow decreased with it.

    CiNii Article

    researchmap

  • 810 琴柱の代替材料の開発に関する研究 : 象牙と既存の代替材料などの音響特性(OS8-2 振動・音響解析,オーガナイズドセッション:8 音と振動の解析・制御技術)

    坂本 秀一, 荻原 優一, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2009 ( 0 ) 307 - 308   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 806 多孔質材料の含水率による音響特性変化に関する研究 : 試料厚さ変化に伴う音響特性変化(OS8-1 機械の静音化と低振動化,オーガナイズドセッション:8 音と振動の解析・制御技術)

    坂本 秀一, 堤 雄二, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2009 ( 0 ) 299 - 300   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 805 細管を応用した吸音構造に関する研究(OS8-1 機械の静音化と低振動化,オーガナイズドセッション:8 音と振動の解析・制御技術)

    坂本 秀一, 高内 悠揮, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2009 ( 0 ) 297 - 298   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 804 一面開口の患犬ケージからの吠声低減を目的とした自然換気用消音器(OS8-1 機械の静音化と低振動化,オーガナイズドセッション:8 音と振動の解析・制御技術)

    坂本 秀一, 豊嶋 祐一, 村山 信明, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2009 ( 0 ) 295 - 296   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 4-208 工学系の学生国際交流を通じて学べること(口頭発表論文,(19)国際化時代における工学教育-I):: ドイツ・マグデブルグ大学との交流

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 田邊 裕治, 大川 秀雄

    工学・工業教育研究講演会講演論文集2009 ( 0 ) 270 - 271   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 3-218 公開講演会「日本機械学会による2007年度「機械遺産」認定とその意義」の企画・実施と教育的成果(口頭発表論文,(06)工学教育の個性化・活性化-I)

    岩部 洋育, 坂本 秀一, 堤 一郎

    工学・工業教育研究講演会講演論文集2009 ( 0 ) 252 - 253   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 吸音シートを用いたシロッコファンの気柱共鳴音の低減化に関する研究

    佐藤龍, 柳本憲作, 高橋政行, 渡部誠二, 坂本秀一

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)2009   ROMBUNNO.336   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大学における工学教育の目標の設定について : ドイツの大学と日本の大学との相違

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 池田 英喜, 伊東 章, 田邊 裕治, 合田 正毅, 長谷川 富市, 大川 秀雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan2008 ( 13 ) 73 - 76   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 大学における工学教育の目標の設定について~ドイツの大学と日本の大学との相違~

    佐藤孝, 坂本秀一, 清水忠明, 鈴木孝昌, 池田英喜, 伊東章, 田邊裕治, 合田正毅, 長谷川富市, 大川秀雄

    電気学会教育フロンティア研究会資料FIE-08 ( 13-24.26-29 ) 73 - 76   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 挿入損失に優れた自然換気用開口部に関する研究(一面開口の動物用ケージに対する適用)

    坂本秀一, 山崎真吾, 豊嶋祐一, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集45th   355 - 356   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 粒状材料の音響特性に関する基礎的研究(被覆および背後空気層を有する場合)

    坂本秀一, 佐久間陽介, 佐々木勝

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集45th   351 - 352   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用した中空光ファイバのリーク検出に関する研究(中空光ファイバ内音響系に関する理論解析)

    坂本秀一, 長瀬功育, 荻原優一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集45th   353 - 354   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 優れた音響透過損失を持つ自然換気用消音器に関する研究(犬の鳴き声の騒音スペクトルへの適用)

    坂本秀一, 中島陽輔, 川越悠, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集45th   357 - 358   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1012 粒状材料の音響特性に関する基礎的研究 : 被覆および背後空気層を有する場合(GS5 音響・消音,一般セッション:5 音響・消音)

    坂本 秀一, 佐久間 陽介, 佐々木 勝

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2008 ( 0 ) 351 - 352   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1015 優れた音響透過損失を持つ自然換気用消音器に関する研究 : 犬の鳴き声の騒音スペクトルへの適用(GS5 音響・消音,一般セッション:5 音響・消音)

    坂本 秀一, 中島 陽輔, 川越 悠, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2008 ( 0 ) 357 - 358   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1014 挿入損失に優れた自然換気用開口部に関する研究 : 一面開口の動物用ケージに対する適用(GS5 音響・消音,一般セッション:5 音響・消音)

    坂本 秀一, 山崎 真吾, 豊嶋 祐一, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2008 ( 0 ) 355 - 356   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 7-322 ドイツの大学と日本の大学における工学教育の相違について((17)国際化時代における工学教育-I,口頭発表論文)

    佐藤 孝, 坂本 秀一, 清水 忠明, 鈴木 孝昌, 長谷川 富市, 大川 秀雄

    工学・工業教育研究講演会講演論文集2008 ( 0 ) 574 - 575   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1013 音響を利用した中空光ファイバのリーク検出に関する研究 : 中空光ファイバ内音響系に関する理論解析(GS5 音響・消音,一般セッション:5 音響・消音)

    坂本 秀一, 長瀬 功育, 荻原 優一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2008 ( 0 ) 353 - 354   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 粒状材料の含水率による音響特性変化に関する研究

    坂本秀一, 草階達朗, 堤雄二, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集44th   121 - 122   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 318 粒状材料の含水率による音響特性変化に関する研究(OS8-4 装置の最適化,オーガナイズドセッション:8 機械と車両のダイナミクスおよび諸問題)

    坂本 秀一, 草階 達朗, 堤 雄二, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2007 ( 0 ) 121 - 122   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 4-102 工学系学部・大学院学生を対象とした夏の学校の実施とその効果(口頭発表論文,(16)国際化時代における工学教育-I)

    坂本 秀一, 佐藤 孝, 新田 勇, 伊東 章, 池田 英喜, 長谷川 富市

    工学・工業教育研究講演会講演論文集2007 ( 0 ) 56 - 57   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 粒状材料の音響特性に関する基礎的研究(異なる粒径間の積層における垂直入射吸音率)

    坂本秀一, 円田恵一, 佐久間陽介, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集43rd   123 - 124   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用した中空光ファイバのリーク検出に関する研究

    坂本秀一, 中川雅哉, 長瀬功育, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集43rd   125 - 126   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ブンゼンバーナを持つ燃焼機器の低騒音化に関する研究

    坂本秀一, 小平裕彦, 山崎真吾, 野水幸一, 川瀬寛道, 伊部歩

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集43rd   337 - 338   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超音波を利用した液相・固相判別に関する研究

    坂本秀一, 多田均, 中島陽輔, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集43rd   127 - 128   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 732 ルーバを持った開口部での能動消音に関する研究

    小泉 寛也, 柳本 憲作, 高橋 政行, 渡部 誠二, 坂本 秀一

    Dynamics & Design Conference2006 ( 0 ) _732 - 1_-_732-4_   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The purpose of this study is about noise reduction by Active Noise Control at the opening with a louver which installed Piezoelectric Vibrator. From the viewpoint of improvement of appearance and privacy, louvers are used at large opening aimed for air conditioning and ventilation. In late years, in a house and an apartment, a leak of a sound from the opening which installed a louver becomes a problem. The experimental results show that noise reduction is obtained from 5dB to 30dB at control point by ANC system.

    CiNii Article

    researchmap

  • 1004 ブンゼンバーナを持つ燃焼機器の低騒音化に関する研究(GS5,一般セッション:GS5 熱工学)

    坂本 秀一, 小平 裕彦, 山崎 真吾, 野水 幸一, 川瀬 寛道, 伊部 歩

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2006 ( 0 ) 337 - 338   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 412 超音波を利用した液相・固相判別に関する研究(GS3,一般セッション:GS3 加工・計測)

    坂本 秀一, 多田 均, 中島 陽輔, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2006 ( 0 ) 127 - 128   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 411 音響を利用した中空光ファイバのリーク検出に関する研究(GS3,一般セッション:GS3 加工・計測)

    坂本 秀一, 中川 雅哉, 長瀬 功育, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2006 ( 0 ) 125 - 126   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 410 粒状材料の音響特性に関する基礎的研究 : 異なる粒径間の積層における垂直入射吸音率(GS3,一般セッション:GS3 加工・計測)

    坂本 秀一, 圓田 恵一, 佐久間 陽介, 柳本 憲作, 渡部 誠二

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2006 ( 0 ) 123 - 124   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ルーバを持った開口部での能動消音に関する研究

    小泉寛也, 柳本憲作, 高橋政行, 渡部誠二, 坂本秀一

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)2006   ROMBUNNO.732   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 粒状材料の音響特性に関する基礎的研究(垂直入射吸音率と透過損失)

    坂本秀一, 栗山俊助, 草階達朗, 柳本憲作, 渡辺誠二, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集42nd   375 - 376   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1115 粒状材料の音響特性に関する基礎的研究 : 垂直入射吸音率と透過損失(GS9 超音波・音響,一般セッション)

    坂本 秀一, 栗山 俊助, 草階 達朗, 柳本 憲作, 渡辺 誠二, 一宮 亮一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2005 ( 0 ) 375 - 376   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 338 音響を用いた小型DC ファンの品質診断

    若杉 基生, 柳本 憲作, 高橋 政行, 渡部 誠二, 坂本 秀一

    Dynamics & Design Conference2005 ( 0 ) _338 - 1_-_338-4_   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    This paper describes an acoustic diagnosis for a failure aerodynamic sound in a micro DC fan motor assembly line. The failure sound is caused by assembly accuracy of which an eccentricity of fan casing, a yawing of fan blade, etc. Proposed acoustic diagnosis technique is used to Adaptive Line Enhancer (ALE) to extract a periodic abnormal signal including aerodynamic noise generated by rotating a micro DC fan motor. Then, this research performed improvement in a S/N ratio in sound diagnosis of a micro DC fan using adaptive line enhancer. Consequently, the noise signal is not correlative in time decreased by about 10dB, the typical periodic signal with high correlation was acquired as an output signal, and it was cleared that this periodic signal could be used for unusual diagnosis.

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響を用いた小型DCファンの品質診断

    若杉基生, 柳本憲作, 高橋政行, 渡部誠二, 坂本秀一

    Dynamics & Design Conference (CD-ROM)2005   ROMBUNNO.338   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 406 適応フィードバック ANC による離散周波数音の消音

    渡部 誠二, 柳本 憲作, 谷藤 克也, 坂本 秀一, 一宮 亮一, 高橋 政行, 伊藤 孝宏

    Dynamics and Design Conference : 機械力学・計測制御講演論文集 : D & D2003 ( 0 )   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The attenuation characteristics of a slit resonator that has the adaptive feedback ANC system for leakage noise at a ventilation aperture of the package is investigated. The discrete tones that are radiate from an AC axial fan are controlled by DSP using Filtered-X LMS algorithm. The attenuation level at each discrete tone in using the circular slit resonator is between 4dB and 14dB. Also, the attenuation level between 6dB and 15dB is observed in the ellipse slit resonator. The proposed system, which consists of a slit resonator with control speakers and the adaptive feedback ANC, enable us to reduce discrete tones effectively.

    CiNii Article

    researchmap

  • 適応フィードバックANCシステムの円形スリット状共鳴器への適用

    渡部誠二, 柳本憲作, 坂本秀一, 谷藤克也, 一宮亮一, 高橋政行, 伊藤孝宏

    振動・音響新技術シンポジウム講演論文集2003   203 - 206   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用した容器内粉体レベルの測定 (数値解析値と実験値の比較)

    坂本秀一, 高井光太郎, 今井大祐, 柳本憲作, 渡部誠二, 一宮亮一

    振動・音響新技術シンポジウム講演論文集2003   79 - 82   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 204 音響を利用した容器内粉体レベルの測定 : 数値解析値と実験値の比較

    坂本 秀一, 高井 光太郎, 今井 大祐, 柳本 憲作, 渡部 誠二, 一宮 亮一

    振動・音響新技術シンポジウム講演論文集2003   79 - 82   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    This paper deals with the development of a new method for Measurement of powder level in the cylinder. For monitoring of automated filling processes of cartridges in a series production a new measurement method was developed which allows to detect rapidly incorrect products and to improve the process capability by the use of this method. The aim of this research work is to measure the level of powder in a cartridge without contacting the powder. The powder is a mixture of solid particles and air, and therefore porous media from the viewpoint of acoustics. As above, the inside of the cartridge, which is filled with powder, is an acoustic system including porous media. The here developed measuring method use the relationship between amount of powder in the cartridge and the characteristics of the transfer function of the acoustic system. The acoustic characteristic of the powder, which is used for the theoretical analysis and FEM was also measured.

    CiNii Article

    researchmap

  • 適応フイードバックANCによる離散周波数音の消音

    渡部誠二, 柳本憲作, 谷藤克也, 坂本秀一, 一宮亮一, 高橋政行, 伊藤孝宏

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会論文集2003 ( Pt.7 ) 964 - 967   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 406 適応フィードバックANC による離散周波数音の消音

    渡部 誠二, 柳本 憲作, 谷藤 克也, 坂本 秀一, 一宮 亮一, 高橋 政行, 伊藤 孝宏

    Dynamics & Design Conference2003 ( 0 ) _406 - 1_-_406-4_   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    The attenuation characteristics of a slit resonator that has the adaptive feedback ANC system for leakage noise at a ventilation aperture of the package is investigated. The discrete tones that are radiate from an AC axial fan are controlled by DSP using Filtered-X LMS algorithm. The attenuation level at each discrete tone in using the circular slit resonator is between 4dB and 14dB. Also, the attenuation level between 6dB and 15dB is observed in the ellipse slit resonator. The proposed system, which consists of a slit resonator with control speakers and the adaptive feedback ANC, enable us to reduce discrete tones effectively.

    CiNii Article

    researchmap

  • 223 適応フィードバック ANC システムの円形スリット状共鳴器への適用

    渡部 誠二, 柳本 憲作, 坂本 秀一, 谷藤 克也, 一宮 亮一, 高橋 政行, 伊藤 孝宏

    振動・音響新技術シンポジウム講演論文集2003   203 - 206   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    This paper describes noise attenuation characteristics of a slit resonator that has adaptive feedback NANC system for silencing leakage noise at ventilation aperature. The slit resonator contains a thin air layer that extends radially over a very short axial length. In order to calculate the noise attenuation, computer simulations use the actual data such as fan noise and the transfer function from the canceling source to the error microphone. The effectiveness of the slit resonator that has adaptive feedback ANC system is clarified by computer simulations.

    CiNii Article

    researchmap

  • 314 間接境界要素法を用いた円形スリット状共鳴器の数値解析

    渡部 誠二, 菅原 洋介, 中川 雅哉, 柳本 憲作, 坂本 秀一, 谷藤 克也, 一宮 亮一

    Dynamics and Design Conference : 機械力学・計測制御講演論文集 : D & D2002 ( 0 )   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    This paper describes sound radiation characteristics of circular slit resonator with active sources which are calculated by the indirect boundary element method (IBEM). Spherical sources are used in this analysis as active sources. The calculated sound radiation characteristic of a circular slit resonator is approximately the same as the experimental result. The calculations of sound radiation are implemented by changing slit diameter, slit width, active source locations and number of active source.

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響を利用した容器内粉体レベルの測定 第2報 ガラスビーズを用いた基礎的実験

    坂本秀一, 高井光太郎, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集39th   287 - 288   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用した布の非接触枚数検出法 有限要素法による数値解析

    坂本秀一, 佐藤太紀, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集39th   289 - 290   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用した樹脂袋内容物の非接触認識法 内容物の音響特性を導入した理論解析

    坂本秀一, 高畠昌志, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集39th   285 - 286   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 811 音響を利用した樹脂袋内容物の非接触認識法 : 内容物の音響特性を導入した理論解析

    坂本 秀一, 高畠 昌志, 一宮 亮一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2002 ( 0 ) 285 - 286   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 間接境界要素法を用いた円形スリット状共鳴器の数値解析

    渡部誠二, 菅原洋介, 中川雅哉, 柳本憲作, 坂本秀一, 谷藤克也, 一宮亮一

    日本機械学会機械力学・計測制御部門講演会論文集2002 ( Pt.2 ) 253 - 256   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 813 音響を利用した布の非接触枚数検出法 : 有限要素法による数値解析

    坂本 秀一, 佐藤 太紀, 一宮 亮一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2002 ( 0 ) 289 - 290   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 812 音響を利用した容器内粉体レベルの測定 : 第 2 報ガラスビーズを用いた基礎的実験

    坂本 秀一, 高井 光太郎, 一宮 亮一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2002 ( 0 ) 287 - 288   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • スリット状共鳴器を用いた円筒ダクト端での能動制御

    渡部誠二, 柳本憲作, 伊藤孝宏, 坂本秀一, 一宮亮一

    振動・音響新技術シンポジウム講演論文集2001   247 - 250   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • スリット状共鳴器の音響伝達に関する数値解析

    坂本秀一, 星幸義, 柳本憲作, 渡部誠二, 一宮亮一, 菅原洋介

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集38th   125 - 126   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用した容器内粉体レベルの測定

    坂本秀一, 深井雄史, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集38th   299 - 300   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • スリット状共鳴器の音響伝達に関する数値解析

    菅原洋介, 坂本秀一, 柳本憲作, 渡部誠二, 星幸義, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越学生会学生員卒業研究発表講演会講演論文集30th   163 - 164   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 227 スリット状共鳴器を用いた円筒ダクト端での能動制御(一般 : アクティブ制振・制音)

    渡部 誠二, 柳本 憲作, 伊藤 孝宏, 坂本 秀一, 一宮 亮一

    振動・音響新技術シンポジウム講演論文集2001   247 - 250   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会  

    Purpose of this study is clarifying the sound insulation characteristics of the circular slit resonators and elliptic slit resonators with additional active noise sources. The hybrid system which consists of these slit resonators with loudspeakers and the active noise control technique (ANC) is expected to improve the sound attenuation performance of resonators.This paper describes sound insulation characteristics of these slit resonators that combined ANC system at cylindorical duct edge. The thin air layer is driven by four loudspeakers that are controlled using Filtered X-LMS algorithm to minimize sound pressure at outside error microphone. The experimental results show that this hybrid system has two noise absorption regions. There are 30dB to 45dB noise reductions in the frequency range 150Hz to 2kHz. By combining ANC with the slit resonators, attenuation performance at resonant frequency in the high range 2kHz to 5kHz are increased greatly.

    CiNii Article

    researchmap

  • 415 スリット状共鳴器の音響伝達に関する数値解析(G.S.3 機械力学)

    坂本 秀一, 星 幸義, 柳本 憲作, 渡部 誠二, 一宮 亮一, 菅原 洋介

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2001 ( 0 ) 125 - 126   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • (81)工学系の国際交流と工学教育の国際化(国際化,第20セッション)

    佐藤 孝, 合田 正毅, 今泉 洋, 伊東 章, 坂本 秀一, 長谷川 富市

    工学・工業教育研究講演会講演論文集2001 ( 0 ) 275 - 278   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 913 音響を利用した容器内粉体レベルの測定(G.S.6 計測)

    坂本 秀一, 深井 雄史, 一宮 亮一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2001 ( 0 ) 299 - 300   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 413 超音波の減衰を利用した湿度測定の基礎研究(GS.3 計測I)

    坂本 秀一, 石川 洋, 高井 光太郎, 一宮 亮一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2000 ( 0 ) 145 - 146   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 415 音響を利用した内容物の非接触認識法 : ポリエチレンバッグ内の内容物認識(GS.3 計測I)

    坂本 秀一, 本間 慎二, 高畠 昌志, 一宮 亮一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2000 ( 0 ) 149 - 150   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 414 音響を利用したシートの枚数検出法 : 布の音響特性を利用した非接触測定(GS.3 計測I)

    坂本 秀一, 石橋 淳一, 佐藤 太紀, 一宮 亮一

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2000 ( 0 ) 147 - 148   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 伝達関数法による多孔性材料の透過損失の計算 四端子定数を用いた透過損失の計算

    深井雄史, 山本拓, 坂本秀一, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越学生会学生員卒業研究発表講演会講演論文集28th   73 - 74   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超音波浮揚における浮揚の安定性に関する研究

    坂本秀一, 岩田一樹, 星幸義, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集36th   255 - 256   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 伝達関数法による多孔性材料の音響特性の測定 四端子定数を用いた透過損失の計算

    坂本秀一, 山本拓, 深井雄史, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集36th   253 - 254   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超音波浮揚における超音波の回折の影響に関する研究

    星幸義, 岩田一樹, 坂本秀一, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越学生会学生員卒業研究発表講演会講演論文集28th   71 - 72   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用したポリエチレンバッグ内の内容物認識法

    坂本秀一, 中嶋信次, 本間慎二, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集36th   251 - 252   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用した布の枚数検出法 布の音響特性を導入した音響系の解析

    坂本秀一, 一宮亮一, 玉橋知之, 石橋淳一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集35th   139 - 140   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響信号の位相遅れを利用したひずみ円形状の測定 2 測定精度の向上に関する検討

    相田収平, 一宮亮一, 山田正直, 坂本秀一

    日本機械学会通常総会講演会講演論文集74th ( 4 ) 192 - 193   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超音波の放射圧を利用した物体浮揚・搬送の研究 音響管内の安定浮揚領域の解析と非接触物体移動

    長谷川良樹, 辻清志, 一宮亮一, 坂本秀一

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集35th   317 - 318   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超音波の放射圧を利用した物体の浮揚・搬送の研究 振動板を利用した物体の浮揚・搬送に関する基礎的研究

    石黒章郎, 岩田一樹, 一宮亮一, 坂本秀一

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集35th   319 - 320   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響信号を利用した液面の傾斜角度・傾斜方向の測定

    横地吉昭, 一宮亮一, 坂本秀一, 中嶋信次

    日本機械学会創立100周年記念北陸信越支部記念式典・講演会・公開シンポジウム講演論文集   127 - 128   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超音波の減衰を利用した湿度の測定

    坂本秀一, 一宮亮一, 佐藤直樹

    Thermophysical Properties18th   321 - 324   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音波で紙の枚数を数える

    坂本秀一

    超音波TECHNO8 ( 11 ) 34 - 37   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本工業出版(株)  

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響を利用した布の枚数検出法 布の音響特性の実測に関する基礎実験

    坂本秀一, 一宮亮一, 黒田啓介, 玉橋知之

    日本機械学会全国大会講演論文集74th ( Vol 1 ) 411 - 412   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響信号の位相遅れを利用したひずみ円形状の測定

    相田収平, 一宮亮一, 山田正直, 坂本秀一, 松村成生

    日本機械学会通常総会講演会講演論文集73rd ( Pt 4 ) 398 - 399   1996年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響管内の音圧分布の利用に関する研究 音圧レベルの変化を利用した変位測定

    一宮亮一, 坂本秀一, 石川修

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集33rd   137 - 138   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響信号を利用した肺気量変化の測定

    一宮亮一, 坂本秀一, 村山研一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集33rd   139 - 140   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法 布の音響特性を導入したセンサの解析

    坂本秀一, 一宮亮一, 坂井則夫, 宮本賢一

    日本機械学会全国大会講演論文集73rd ( Vol 5 ) 61 - 62   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響信号を利用した液面レベルと傾斜角度の測定

    一宮亮一, 坂本秀一, 田中誠三, 島崎義之

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集32nd   239 - 240   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響信号を利用した体積測定の研究 空洞容器内部音源による複数個の同時体積測定

    一宮亮一, 坂本秀一, 藤田英隆

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集32nd   237 - 238   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 伝達関数法による多孔性材料の音響特性の測定

    坂本秀一, 一宮亮一, 坂井則夫

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集32nd   241 - 242   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響管内の音圧分布の測定に関する研究

    長谷川 良樹, 石川 修, 一宮 亮一, 坂本 秀一

    北陸信越学生会学生員卒業研究発表講演会講演論文集 = 北陸信越学生会学生員卒業研究発表講演会講演論文集 ( 24 ) 129 - 130   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会北陸信越学生会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響信号を利用した液面レベルと傾斜角度の測定

    一宮 亮一, 坂本 秀一, 田中 誠三, 島崎 義之

    北陸信越支部総会・講演会講演論文集 = 北陸信越支部総会・講演会講演論文集 ( 957 ) 239 - 240   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会北陸信越支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 伝達関数法による多孔性材料の音響特性の測定

    坂本 秀一, 一宮 亮一, 坂井 則夫

    北陸信越支部総会・講演会講演論文集 = 北陸信越支部総会・講演会講演論文集 ( 957 ) 241 - 242   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会北陸信越支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響信号を利用した気体の流量測定 : 定常流における気体の微小流量の測定

    石黒 章郎, 村山 研一, 一宮 亮一, 坂本 秀一

    北陸信越学生会学生員卒業研究発表講演会講演論文集 = 北陸信越学生会学生員卒業研究発表講演会講演論文集 ( 24 ) 127 - 128   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会北陸信越学生会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法 伝達関数の位相による布の検出

    坂本秀一, 一宮亮一, 宮本賢一

    日本機械学会全国大会講演論文集72nd ( Vol 4 ) 177 - 179   1994年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法 伝達関数の位相による枚数検出

    坂本秀一, 一宮亮一, 太田雄三

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集31st   77 - 79   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法 シート移動状態での検出

    坂本秀一, 一宮亮一, 太田雄三

    日本機械学会全国大会講演論文集71th ( Pt F ) 49 - 51   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響を利用したシートの枚数検出法

    坂本秀一, 一宮亮一, 太田雄三

    日本機械学会全国大会講演論文集70th ( Pt E ) 183 - 185   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 管内空気柱の音響周波数変化を利用した変位の精密測定 電気音響式非接触変位センサ

    坂本秀一, 一宮亮一

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集29th   134 - 136   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 管内空気柱の共振周波数を利用した変位及び長さ測定の研究

    坂本 秀一

    新潟大學工學部研究報告41   75 - 76   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 水中における音響信号を利用した変位の精密測定(音響周波数と変位との実験)

    鈴木祐治, 一宮亮一, 坂井克己, 坂本秀一

    日本機械学会東北支部・精密工学会東北支部地方講演会講演論文集1991   220 - 222   1991年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 音響信号を利用した管の長さ測定 管内空気柱の共振周波数検出

    一宮亮一, 坂本秀一

    日本機械学会通常総会講演会講演論文集68th ( Pt C ) 321 - 323   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 管内空気柱の音響周波数変化を利用した変位の精密測定 スピーカによる共鳴法における理論解析

    坂本秀一, 一宮亮一

    日本機械学会全国大会講演論文集68th ( Pt E ) 297 - 299   1990年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 管内空気柱の音響周波数変化を利用した変位の精密測定 スピーカと電気的フィードバックループによる共鳴法

    坂本秀一, 一宮亮一, 鈴木祐治

    日本機械学会通常総会講演会講演論文集67th ( Pt C ) 503 - 505   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 管内空気柱の音響周波数変化を利用した変位の精密測定(動的端補正と位相進角の関係)

    一宮 亮一, 坂本 秀一

    北陸信越支部北陸地方講演会講演概要集 = 北陸信越支部北陸地方講演会講演概要集 ( 877 ) 71 - 71   1987年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本機械学会北陸信越支部  

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

産業財産権

  • 音響式液面検出装置

    島崎義之, 田中誠三, 一宮亮一, 坂本秀一

     詳細を見る

    出願番号:特願平7-187973  出願日:1995年6月30日

    公開番号:特開平9-15020  公開日:1997年1月17日

    researchmap

受賞

  • 日本機械学会 優秀講演論文賞

    1997年3月   日本機械学会(生産加工・機械工作部門)  

    相田収平, 一宮亮一, 山田正直, 坂本秀一, 松村成生

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本機械学会 研究奨励賞

    1996年4月   日本機械学会  

    坂本秀一

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • バイオマスを利用した吸音材料の実験的・理論的研究

    2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    坂本秀一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3800000円 ( 直接経費:2660000円 、 間接経費:1140000円 )

    バイオマス材料を利用したカーボンニュートラルな吸音材料の開発と、音響構造の理論的な解析を行う。

    researchmap

  • バイオマスを利用した吸音材料に関する研究

    2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4000000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:1200000円 )

    バイオマス材料を利用したカーボンニュートラルな吸音材料の開発と、音響構造の解析を行う。

    researchmap

  • TEシャント弁内蔵型人工喉頭の実用化開発

    2011年12月 - 2012年07月

    独立行政法人科学技術振興機構(JST)  受託研究(一般受託研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1700000円

    研究成果展開事業(研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP))(フィージビリティスタディ(探索タイプ))

    researchmap

  • 室内ドアの消音構造に関する研究

    2011年10月 - 2012年09月

    株式会社LIXIL  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

    民間企業との共同研究につき、詳細は割愛。

    researchmap

  • 昆虫類の飛翔音の測定と解析

    2010年09月 - 2011年06月

    株式会社新潟TLO  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

    人間に対して被害を及ぼす可能性がある昆虫類(アブ、ハチ等)の飛翔音を測定・解析する。その飛翔音の解析から特徴を把握し、被害の防止に役立てる。

    researchmap

  • 医療用炭酸ガスレーザに用いる中空光ファイバーにおけるリーク検出に音響を利用する方法(研究成果実用化検討(FS)課題)

    2006年07月 - 2007年01月

    独立行政法人科学技術振興機構 JSTサテライト新潟  受託研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:885500円

    researchmap

  • ブンゼン気化式バーナーの「シュー」音低減

    2004年07月 - 2005年03月

    ダイニチ工業株式会社  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:700000円

    企業との共同研究につき割愛

    researchmap

  • 音響を利用した薄膜材料の非接触枚数検出法に関する研究

    2004年04月 - 2006年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    音響を利用して薄膜材料の枚数を非接触で検出する方法に関する研究。樹脂などの固体材料の他、布などの多孔性の膜についても検出を可能とした。また、移動中の非接触検出も可能とした。

    researchmap

  • 音響を利用した各種シート材料の複数枚誤送検出に関する研究

    1999年04月 - 2001年03月

    科学研究費助成事業  奨励研究(A)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2500000円 ( 直接経費:2500000円 )

    音響を利用して薄膜材料の枚数を非接触で検出する方法に関する研究。樹脂などの固体材料の他、布などの多孔性の膜についても検出を可能とした。また、移動中の非接触検出も可能とした。

    researchmap

  • 音響を利用したシート材の複数枚誤送検出に関する研究

    1997年04月 - 1999年03月

    科学研究費助成事業  奨励研究(A)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

    音響を利用して薄膜材料の枚数を非接触で検出する方法に関する研究。樹脂などの固体材料の他、布などの多孔性の膜についても検出を可能とした。また、移動中の非接触検出も可能とした。

    researchmap

  • 音響を利用したシート材の複数枚誤送検出センサに関する研究

    1996年04月 - 1997年03月

    科学研究費助成事業  奨励研究(A)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1100000円 ( 直接経費:1100000円 )

    音響を利用して薄膜材料の枚数を非接触で検出する方法に関する研究。

    researchmap

  • 音響を利用したシート複数枚誤送検出センサに関する研究

    1995年04月 - 1996年03月

    科学研究費助成事業  奨励研究(A)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    音響を利用して薄膜材料の枚数を非接触で検出する方法に関する研究。

    researchmap

▶ 全件表示