2021/12/04 更新

写真a

ニシヤマ ヒデヨシ
西山 秀昌
NISHIYAMA Hideyoshi
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 准教授
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 准教授
歯学部 歯学科 准教授
職名
准教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 1995年2月   大阪大学 )

研究キーワード

  • MRI

  • CT

  • 病態科学系歯学(含放射線系歯学)

  • CBCT

  • 画像診断

  • 顎関節症

  • 機械学習・深層学習

研究分野

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学

経歴

  • 新潟大学   歯学部 歯学科   准教授

    2007年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻   准教授

    2007年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   助教授

    2004年4月 - 2007年3月

学歴

  • 大阪大学

    - 1987年

      詳細を見る

  • 大阪大学   歯学部   歯学科

    - 1987年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

  • 日本顎関節学会

      詳細を見る

  • 日本歯科放射線学会

      詳細を見る

  • 国際歯顎顔面放射線学会(the International Association of Dentomxillofacial Radiology)

      詳細を見る

  • 日本口腔外科学会

      詳細を見る

  • 日本口腔腫瘍学会

      詳細を見る

 

論文

  • Risk factors of medication‐related osteonecrosis of the jaw in preventive tooth extraction before bone resorption inhibitor administration: A multicenter nested case–control study 査読

    Taro Saito, Atsushi Nishikawa, Yuko Hara‐Saito, Andrea Rei Estacio Salazar, Akira Kurokawa, Akihiko Iida, Masahiro Yamaga, Hiroyuki Kano, Yusuke Kato, Yoshiyuki Takata, Hideyoshi Nishiyama, Nobutaka Kitamura, Takahiro Tanaka, Ritsuo Takagi

    Oral Science International   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/osi2.1122

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/osi2.1122

  • Three‐dimensional analysis of the temporal bone and mandibular morphology in mandibular prognathism with facial asymmetry 査読

    Tomoko Kawamura, Tadao Fukui, Hideyoshi Nishiyama, Tadaharu Kobayashi, Ritsuo Takagi, Takafumi Hayashi, Isao Saito

    Oral Science International   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/osi2.1111

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/osi2.1111

  • 口底部に発生した孤立性神経線維腫の1例

    野澤 舞, 三上 俊彦, 船山 昭典, 齋藤 大輔, 須田 大亮, 新美 奏恵, 阿部 達也, 田沼 順一, 新國 農, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治

    日本口腔診断学会雑誌   34 ( 1 )   73 - 74   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • Low-grade myofibroblastic sarcoma of the tongue with difficulty of diagnosis: A case report and review of the literature 査読

    Masami Kawaharada, Wataru Katagiri, Satoshi Maruyama, Hideyoshi Nishiyama, Takafumi Hayashi, Tadaharu Kobayashi, Jun-ichi Tanuma

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   33 ( 1 )   93 - 97   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    © 2020 Asian AOMS(+) ASOMP(+) JSOP(+) JSOMS(+) JSOM(+) and JAMI We describe a case of low-grade myofibroblastic sarcoma (LGMS) on the dorsum of the tongue. A 41-year-old Japanese man noticed that a mass on the dorsal surface of the tongue had been present for 8 months. Computed tomography showed a homogeneously enhancing mass measuring 16 × 14 mm in the midline of the tongue. Magnetic resonance imaging showed a homogeneously enhancing mass with an almost clear margin on post-contrast T1-weighted imaging. The lesion was homogeneous with high signal intensity on T2-weighted imaging. The patient underwent excisional biopsy. Histologically, the tumor had an indistinct margin and was composed of spindle-shaped cells arranged in cellular fascicles. The cell nuclei showed signs of mild atypia. Positive staining for desmin and less strong staining for α-smooth muscle actin revealed that the tumor cells were myofibroblasts or smooth muscle cells. The tumor cells were negative for h-caldesmon. The MIB-1 labeling index of the tumor was 4.9 %. Thus, based on the histopathological, immunohistochemical and imaging findings, the tumor was finally diagnosed as LGMS. We reviewed the literature on the immunohistochemistry of LGMS. We suggest that immunohistochemistry is helpful in the differential diagnosis of LGMS.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2020.07.011

    Scopus

    researchmap

  • 外科的矯正治療にともなう顎関節症状と下顎頭形態の変化

    遠藤 諭, 加藤 祐介, 原 太一, 須田 大亮, 長谷部 大地, 佐久間 英伸, 齋藤 大輔, 齋藤 直朗, 新美 奏恵, 西山 秀昌, 片桐 渉, 林 孝文, 齋藤 功, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   120 - 120   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 外科的矯正治療にともなう顎関節症状と下顎頭形態の変化

    遠藤 諭, 加藤 祐介, 原 太一, 須田 大亮, 長谷部 大地, 佐久間 英伸, 齋藤 大輔, 齋藤 直朗, 新美 奏恵, 西山 秀昌, 片桐 渉, 林 孝文, 齋藤 功, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   120 - 120   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 口底部に発生した孤立性神経線維腫の1例

    野澤 舞, 三上 俊彦, 船山 昭典, 齋藤 大輔, 須田 大亮, 新美 奏恵, 阿部 達也, 田沼 順一, 新國 農, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治

    日本口腔内科学会雑誌   26 ( 2 )   121 - 122   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 前舌腺に発生した腺癌NOSの1例

    三上 俊彦, 船山 昭典, 西山 秀昌, 山崎 学, 田沼 順一, 小林 正治

    日本口腔外科学会雑誌   66 ( 11 )   553 - 558   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • Kissing molars Class IIIの2例

    内藤 絵里子, 池田 順行, 勝見 祐二, 小山 貴寛, 高木 律男, 西山 秀昌, 林 孝文, 丸山 智, 山崎 学, 田沼 順一

    日本口腔科学会雑誌   69 ( 2 )   115 - 115   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 小唾液腺の口腔内超音波正常像の検討 査読

    曽我麻里恵, 勝良剛詞, 西山秀昌, 小林太一, 髙村真貴, 林 孝文

    歯科放射線   60 ( 2 )   35 - 41   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Quantitative evaluation of elasticity of lower orbicularis oris muscle during the lip closing measurement using sonographic elastography. 国際誌

    Sachiko Hayashi-Sakai, Taichi Kobayashi, Makoto Sakamoto, Takafumi Hayashi, Yusuke Morise, Yutaka Nikkuni, Masaki Takamura, Jun Sakai, Junko Shimomura-Kuroki, Makiko Ike, Hideyoshi Nishiyama

    Bio-medical materials and engineering   31 ( 6 )   361 - 371   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Lip closing functions have never been evaluated from the viewpoint of elastic properties. OBJECTIVES: The purpose of the present study was to investigate the behavior of the lower orbicularis oris muscle during a button-pull exercise to measure lip closing force and quantitatively evaluate its elastic properties using sonographic elastography. METHODS: Appropriate compression loads for elastography were randomly measured on one of three types of acoustic couplers on three examiners. Compression tests were performed on three types of acoustic couplers within the appropriate compression load. Using the acoustic coupler with the lowest elastic modulus, the strain ratio of the lower orbicularis oris muscle during lip closing was measured, and elastography was performed on six males under tension loads of 0-8 N. RESULTS: The intraclass correlation coefficient (1, 3) for the tension load of 0 N was 0.81. Elastography showed that the strain ratio values increased significantly (p < 0.05) as the tension load increased. CONCLUSIONS: Combining the data obtained from lip closing test devices and sonographic elastography enabled the muscle performance to be evaluated objectively and accurately.

    DOI: 10.3233/BME-201101

    PubMed

    researchmap

  • 三次元CT画像を用いた骨格性下顎前突症患者における下顎骨偏位様相の検討

    大澤 知朗, 丹原 惇, 西山 秀昌, 高橋 功次朗, 本多 綾子, 新 ちひろ, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   49 ( 2 )   88 - 88   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • Masseter muscle hypertrophy: A case report 査読

    Tsuneki Masayuki, Maruyama Satoshi, Yamazaki Manabu, Niimi Kanae, Kobayashi Tadaharu, Nishiyama Hideyoshi, Hayshi Takafumi, Tanuma Jun-ichi

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   31 ( 6 )   428 - 431   2019年11月

  • クラスター分析を用いた骨格性下顎前突症患者における下顎骨偏位様相の検討

    大澤 知朗, 丹原 惇, 西山 秀昌, 高橋 功次朗, 本多 綾子, 新 ちひろ, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   78回   152 - 152   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 慢性腎不全患者の口底部蜂窩織炎を契機として観察された腎性骨異栄養症の1例

    羽賀 健太, 小田 陽平, 金丸 祥平, 中村 彬彦, 西山 秀昌, 小林 正治

    日本口腔外科学会雑誌   65 ( 10 )   672 - 677   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    82歳男。左側口底部の疼痛と腫脹を主訴とした。慢性腎不全に対し投薬加療中であった。血液検査では炎症反応と腎機能低下、貧血、iPTH高値を認めた。CTでは下顎骨の広範囲に及ぶ骨融解像と骨硬化像の混在と皮質骨の一部断裂を認めたが、左側口底部軟組織の炎症の範囲は舌下隙に限局していた。腎性骨異栄養症、左側口底部蜂窩織炎と臨床診断し、即日入院の上、切開排膿術およびスルバクタム/アンピシリン投与を開始した。第7病日より抗菌薬をメロペネムに変更し、その後全身状態・血液検査値ともに安定し、第22病日に退院した。初診から1年2ヵ月経過してCTでは下顎骨皮質骨の骨吸収領域に骨添加を認め、慢性腎不全は代謝性アシドーシスの補正により改善し、保存的に管理されている。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01073&link_issn=&doc_id=20191031550006&doc_link_id=10.5794%2Fjjoms.65.672&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5794%2Fjjoms.65.672&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 当科における顎関節開放手術の臨床的検討

    池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 北村 厚, 中谷 暢佑, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 荒井 良明, 新國 農, 西山 秀昌, 林 孝文, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   31 ( Suppl. )   142 - 142   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 三次元CT画像を用いた骨格性下顎前突症患者における下顎骨偏位の様相について

    大澤 知朗, 丹原 惇, 西山 秀昌, 高橋 功次朗, 本多 綾子, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   187 - 187   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Evaluation of permanent and primary enamel and dentin mineral density using micro-computed tomography 査読

    Sachiko Hayashi-Sakai, Makoto Sakamoto, Takafumi Hayashi, Tatsuya Kondo, Kaito Sugita, Jun Sakai, Junko Shimomura-Kuroki, Makiko Ike, Yutaka Nikkuni, Hideyoshi Nishiyama

    Oral Radiology   35 ( 1 )   29 - 34   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    OBJECTIVES: The present study was performed to investigate the mineral density distribution in enamel and dentin for both permanent and primary teeth and to establish the standard density per tooth type using micro-computed tomography (CT). METHODS: Fifty-seven extracted human teeth (37 permanent, 20 primary) were evaluated in the present study. The enamel and dentin mineral densities in the extracted teeth were measured using micro-CT. Cubic regression curves were used to determine the mineral density distribution in the enamel and dentin for each tooth type. RESULTS: The mean values, distributions, and regression equations of the mineral densities were obtained. The mean mineral density values for permanent enamel and dentin were significantly higher than those for their primary counterparts for each tooth type. CONCLUSIONS: In the present study, we demonstrated the distribution of mineral density in sound enamel and dentin and attempted to determine the standard mineral density for each tooth type using micro-CT. The mineral density distributions found in this study contribute to our understanding of the mechanical properties of enamel and dentin. A positive correlation suggests that the systemic bone mineral density could be predicted based on the analysis of exfoliated teeth, such as in patients with hypophosphatasia. The present results may be useful in establishing a numerical standard for the mechanism involved in root fracture and for early detection of root fracture risk.

    DOI: 10.1007/s11282-018-0315-2

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s11282-018-0315-2.pdf

  • 顎関節開放手術を行った顎関節円板障害を伴う変形性顎関節症の1例

    池田 順行, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 荒井 良明, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 中谷 暢佑, 新國 農, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本歯科心身医学会雑誌   33 ( 2 )   100 - 101   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科心身医学会  

    researchmap

  • 小唾液腺の口腔内超音波画像解剖アトラス策定に向けた試み

    曽我 麻里恵, 勝良 剛詞, 西山 秀昌, 小林 太一, 高村 真貴, 林 孝文

    新潟歯学会雑誌   48 ( 2 )   124 - 124   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • The relationship between masseter muscle pain and T2 values in temporomandibular joint disorders 査読

    新國 農, 西山 秀昌, 林 孝文

    Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol   126 ( 4 )   349 - 354   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.oooo.2018.06.003

    researchmap

  • 顎関節開放手術を行った顎関節円板障害を伴う変形性顎関節症の1例

    池田 順行, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 荒井 良明, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 中谷 暢佑, 新國 農, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   30 ( Suppl. )   106 - 106   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 口腔内超音波走査における粘膜上皮層に関するファントムを用いた基礎的検討

    小林 太一, 林 孝文, 池 真樹子, 新國 農, 勝良 剛詞, 西山 秀昌, 田中 礼

    日本口腔科学会雑誌   67 ( 2 )   119 - 119   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Clinical guidelines for dental cone-beam computed tomography 査読

    Takafumi Hayashi, Yoshinori Arai, Toru Chikui, Sachiko Hayashi-Sakai, Kazuya Honda, Hiroko Indo, Taisuke Kawai, Kaoru Kobayashi, Shumei Murakami, Masako Nagasawa, Munetaka Naitoh, Eiji Nakayama, Yutaka Nikkuni, Hideyoshi Nishiyama, Noriaki Shoji, Shigeaki Suenaga, Ray Tanaka

    Oral Radiology   34 ( 2 )   89 - 104   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s11282-018-0314-3

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s11282-018-0314-3.pdf

  • 術後2ヵ月で手術部位感染が顕在化した顎変形症の1例

    池田 順行, 小玉 直樹, 西野 和臣, 西山 秀昌, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   136 - 136   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 18FDG PET/CTにおけるSUVヒストグラム分析による口腔扁平上皮癌の組織型予測の検討

    新國 農, 西山 秀昌, 高村 真貴, 小林 太一, 曽我 麻里恵, 坂井 幸子, 池 真樹子, 勝良 剛詞, 林 孝文

    歯科放射線   58 ( 増刊 )   54 - 54   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    researchmap

  • Oral and maxillofacial manifestations of methotrexate-associated lymphoproliferative disorder in a patient with rheumatoid arthritis: Report of a case 査読

    Kanae Niimi, Susumu Shingaki, Akinori Funayama, Toshihiko Mikami, Hideyoshi Nishiyama, Takafumi Hayashi, Manabu Yamazaki, Satoshi Maruyama, Takashi Saku, Takashi Saku, Tadaharu Kobayashi

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   31 ( 2 )   86 - 93   2018年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2018 Asian AOMS(+) ASOMP(+) JSOP(+) JSOMS(+) JSOM(+) and JAMI Methotrexate (MTX) is a commonly used medicine treating rheumatoid arthritis (RA), and occasional patients receiving MTX are known to have lymphoproliferative disorders (MTX–LPDs). MTX–LPDs involving widely the maxillofacial region have been rarely documented, though those limited in the oral cavity are not so rare. We herein report a 63-year-old Japanese woman with RA, who had received MTX and developed maxillofacial lesions with lymph-node swelling as MTX–LPD. She had subcutaneous masses around her nasolabial sulcus in addition to a submucosal mass of the right side of the palate, which were similarly and homogeneously enhanced with contrastive media together with cervical, inguinal, and axillary lymph nodes in computed tomography. In biopsy, the palatal mass showed a nodular proliferation of CD20-positive large atypical lymphocytes without Epstein-Barr viral infection signals replacing the mucous gland, which resembled that seen in diffuse large B-cell lymphoma. Under the diagnosis of MTX–LPD, MTX was discontinued for four months, and those mass lesions and the swollen lymph nodes simultaneously disappeared. These findings suggest that observation after MTX withdrawal should be tried in the treatment of patients with MTX–LPD arising in the background of RA, even if the clinicopathological findings are suggestive of malignant lymphoma. This is a report describing comprehensive clinicopathological data of an oromaxillofacial MTX–LPD case with simultaneous lymphadenopathy.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2018.07.010

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • An unusual and difficult diagnosis of synovial chondromatosis: A case report 査読

    Toshihiko Mikami, Yusuke Kato, Taku Kojima, Tatsuya Abe, Satoshi Maruyama, Hideyoshi Nishiyama, Takafumi Hayashi, Tadaharu Kobayashi

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   30 ( 5 )   422 - 427   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Synovial chondromatosis (SC) is a reactive joint disorder characterized by the development of metaplastic cartilaginous nodules floating within the joint space. We report a case of SC of the temporomandibular joint (TMJ) which had difficulty in diagnosis in a 40-year-old woman. The patient had TMJ pain with mandibular lateral deviation for two years. CT and MRI revealed well-defined and round-shaped bone resorption at the right mandibular fossa and an ovoid-shaped expansion of the superior articular cavity, which showed heterogeneous high signal intensity on T2-weighted MRI. Following a clinical diagnosis of benign TMJ tumor, the lesion was surgically removed. Histopathologically, it was diagnosed as SC in Milgram's stage 1, mainly involving the upper joint space. This is the first case report of SC in an early stage in which no cartilaginous nodules were generated but instead the mandibular fossa of the temporal bone was resorbed.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2018.03.006

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 口腔内超音波走査による粘膜上皮層基底部の描出の検討

    小林 太一, 林 孝文, 高村 真貴, 曽我 麻里恵, 坂井 幸子, 池 真樹子, 新國 農, 勝良 剛詞, 西山 秀昌

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   126 - 126   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 側頭部蜂窩織炎後の瘢痕形成により開口障害が持続した1例 査読

    渡部 桃子, 池田 順行, 西山 秀昌, 林 孝文, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   89 - 94   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟歯学会  

    われわれは、側頭部蜂窩織炎後に残遺した瘢痕による開口障害の1例を報告する。顎顔面口腔領域における炎症性開口障害は、消炎に伴い自ずと改善されることがほとんどであるが、ごくまれに炎症が長期に及び開口障害が持続することがある。患者は62歳の男性で、側頭部蜂窩織炎の消炎後に開口障害が改善せず、当院を受診した。開口障害の治療として、まず保存的に開口訓練を数ヵ月間行ったが、改善が得られなかった。保存療法での改善が認められない場合、外科療法を考慮するが、その明確な適応基準はない。本例の臨床的特徴として、end feelの硬い開口障害で、側頭筋腱・腱膜過形成症と同様に前方運動や側方運動などの下顎頭の滑走が認められた。画像診断では、MRI画像にて、側頭筋、咬筋に沿って頭蓋底から筋突起におよぶ瘢痕が帯状に形成されており、顎関節部には異常所見はなかった。瘢痕および筋突起の切除により術中開口量は十分に回復し、術後早期からの開口練習により症状は改善した。(著者抄録)

    researchmap

  • Relationships among. maxillofacial morphologies, bone properties, and bone metabolic markers in patients with jaw deformities 査読

    D. Saito, T. Mikami, Y. Oda, D. Hasebe, H. Nishiyama, I. Saito, T. Kobayashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   45 ( 8 )   985 - 991   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    The aim of this study was to determine the relationships among bone properties, bone metabolic markers, and types of jaw deformity. The subjects were 55 female patients with jaw deformities. Skeletal morphology was examined using lateral cephalograms, and the patients were divided into three groups according to the type of anteroposterior skeletal pattern. Serum osteocalcin, bone alkaline phosphatase, and tartrate-resistant acid phosphatase isoform 5b, as well as deoxypyridinoline in urine, were measured as bone metabolic markers Quantitative ultrasound (QUS) measurements were used to assess bone properties at the calcaneal bone. The bone volume and bone density of the condylar process were measured in 43 patients by computed tomography. There were no significant differences in bone metabolic markers and QUS parameters between the groups, although bone formation and resorption markers tended to be higher in patients with a protrusive mandible. On the other hand, patients with mandibular retrusion had a higher tendency to have small and dense condylar processes. In conclusion, the results suggest that growth depression or a degenerative change in the mandibular condyle is involved in the pathogenesis of mandibular retrusion, although risk factors for progressive condylar resorption were not determined.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2016.02.003

    Web of Science

    researchmap

  • HTML5+JavaScript+CGIを利用した画像診断演習システム(HNImage2)

    西山 秀昌, 池 真樹子, 小田 陽平, 林 孝文

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   35回   76 - 76   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • シェーグレン症候群の超音波診断基準に関する検討

    小林 太一, 曽我 麻里恵, 坂井 幸子, 中山 美和, 池 真樹子, 新国 農, 勝良 剛詞, 西山 秀昌, 林 孝文

    歯科放射線   56 ( 増刊 )   71 - 71   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    researchmap

  • Nondestructive Microcomputed Tomography Evaluation of Mineral Density in Exfoliated Teeth with Hypophosphatasia 査読

    Sachiko Hayashi-Sakai, Takafumi Hayashi, Makoto Sakamoto, Jun Sakai, Junko Shimomura-Kuroki, Hideyoshi Nishiyama, Kouji Katsura, Makiko Ike, Yutaka Nikkuni, Miwa Nakayama, Marie Soga, Taichi Kobayashi

    Case Reports in Dentistry   2016   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hindawi Limited  

    Most cases of hypophosphatasia (HPP) exhibit early loss of primary teeth. Results of microcomputed tomography (micro-CT) analysis of teeth with HPP have rarely been reported. The purpose of the present study was to describe the mineral density distribution and mapping of exfoliated teeth from an HPP patient using micro-CT. Four exfoliated teeth were obtained from a patient with HPP. Enamel and dentin mineral densities of exfoliated teeth were measured on micro-CT. The mean values of enamel and dentin mineral densities in mandibular primary central incisors with HPP were 1.61 and 0.98 g/cm3, respectively. The corresponding values in the mandibular primary lateral incisors were 1.60 and 0.98 g/cm3, respectively. Enamel hypoplasia was seen in the remaining teeth, both maxillary and mandibular primary canines and first and second molars. Micro-CT enables nondestructive, noninvasive evaluation and is useful for studying human hard tissues obtained from patients.

    DOI: 10.1155/2016/4898456

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 超音波による舌骨の下顎骨との同時動態評価法の試み 口腔内装置の効果判定を目指して

    堀内 悟, 小林 太一, 新垣 元基, 曽我 麻里恵, 中山 美和, 新國 農, 池 真樹子, 田中 礼, 勝良 剛詞, 西山 秀昌, 林 孝文

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   115 - 115   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • Detection of subsequent cervical lymph node metastasis in a patient with gingival carcinoma using computed tomography perfusion with a single-compartment kinetic model 査読

    Takafumi Hayashi, Ray Tanaka, Manabu Yamazaki, Jun Cheng, Yohei Oda, Harumi Hayashi, Etsuro Takeishi, Katsuhiko Honma, Hideyoshi Nishiyama

    Oral Radiology   30 ( 2 )   186 - 191   2014年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s11282-013-0153-1

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s11282-013-0153-1/fulltext.html

  • 大学学習法へのパフォーマンス評価導入における実践的課題

    小野 和宏, 西山 秀昌, 八木 稔, ステガロユ ロクサーナ, 重谷 佳見, 山村 健介, 井上 誠, 前田 健康, Ono Kazuhiro, Nishiyama Hideyoshi, Yagi Minoru, Stegaroiu Roxana, Shigetani Yoshimi, Yamamura Kensuke, Inoue Makoto, Maeda Takeyasu

    新潟大学高等教育研究   1 ( 2 )   5 - 8   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学教育・学生支援機構  

    新潟大学歯学部では,初年次教育として大学学習法を実施している.この授業は講義・演習での知識や技能をもとに,レポート作成とプレゼンテーションを行うもので,その学習活動を通して,間題解決能力,論理的思考力,表現力の開発をねらいとしている.今回,学習成果の直接評価に向けて,パフォーマンス評価を導入すべく,レポートからこれら能力を読み解くルーブリックづくりに取り組んだ.また,この経験からみえてきたパフォーマンス評価の難点とその対処について検討した.その結果,パフォーマンス評価により能力を把握できる可能性が示されたが,導入には教員の理解と協力,能力と関連した適切な評価観点の設定,評価の信頼性を高める工夫,評価と指導の一体化を考慮した授業デザインなど,いくつかの課題があることも明らかになった.The curriculum of Niigata University Faculty of Dentistry provides the &quot;Study Skills&quot; course as first year education. The ultimate goal of this course is to develop student abilities of problem solving, logical thinking and expression. For that purpose, each student is guided through the process of writing a report and presenting its content. To access the degree to which these abilities were achieved, we created a rubric and used it to evaluate the student reports. Based on the experience of this trial, we discussed problems for the introduction of performance assessment into the course. Although performance assessment has a high potential to grasp these abilities, there are some practical problems that may interfere with its introduction, such as &quot;how to involve the faculty in assessment&quot;, &quot;how to establish dimensions of the rubric that appropriately relate with the student abilities&quot;, &quot;how to increase the reliability of assessment&quot;, &quot;how to design the course to allow for a connection between assessment and instruction&quot;.

    CiNii Article

    researchmap

  • アーム型X線診断装置AUGE SOLIOの適正使用条件の検討 査読

    池真樹子, 田中 礼, 曽我麻里恵, 西山秀昌, 林 孝文

    新潟歯学会誌   43 ( 2 )   25 - 30   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Clinical significance of T2 mapping MRI for the evaluation of masseter muscle pain in patients with temporomandibular joint disorders 査読

    Yutaka Nikkuni, Hideyoshi Nishiyama, Takafumi Hayashi

    Oral Radiology   29 ( 1 )   50 - 55   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: Masticatory muscle pain is one of the typical symptoms of temporomandibular joint disorders (TMD). T2 mapping (distribution of T2 values) is a notable MRI technique for evaluating water contents in tissues. We investigated the clinical significance of T2 mapping for the evaluation of masticator muscle conditions by comparing the difference in the T2 values between the painful and pain-free sides of the masseter muscle in patients with TMD. Methods: Seventy-three patients clinically diagnosed with TMD were enrolled in this study. We divided the patients into two groups: a unilateral pain group (patients with unilateral masseter muscle pain) and a painless group (patients without muscle pain). There were 29 patients in the unilateral pain group and 44 patients in the painless group. We compared the difference in the mean T2 values between the painful and pain-free sides of the masseter muscle in the unilateral pain group and between the right and left sides in the painless group. Results: The mean T2 values of the masseter muscle on the painful side were significantly higher than those on the pain-free side in the unilateral muscle pain group (p &lt
    0.01). In the painless group, there was no significant difference in the mean T2 values between the right and left sides. Conclusions: It is suggested that T2 mapping is a promising method for evaluating masseter muscle pain caused by edematous change related to TMD through monitoring of the T2 values. © 2012 Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology and Springer Japan.

    DOI: 10.1007/s11282-012-0108-y

    Scopus

    researchmap

  • Towards the Establishment of a Trabecular Model to Predict Bone Stress Around Implants from Cone-beam Computed Tomography Images 招待 査読

    Roxana Stegaroiu, Kouichi Kurokawa, Ryohei Takano, Hideyoshi Nishiyama, Takafumi Hayashi

    Revista Romana de Stomatologie   LIX (59) ( 3 )   254 - 257   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Societatea Romana de Stomatologie  

    researchmap

  • 顎顔面形態の評価に有用な3次元計測点の再現性に関する研究 査読

    永井 嘉洋, 西山 秀昌, 丹原 惇, 田中 礼, 八巻 正樹, 林 孝文, 齋藤 功

    日骨形態誌   23   S145 - S155   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Evaluation of bone volume changes after sinus floor augmentation with autogenous bone grafts 査読

    M. Arasawa, Y. Oda, T. Kobayashi, K. Uoshima, H. Nishiyama, H. Hoshina, C. Saito

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   41 ( 7 )   853 - 857   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    The aim of this study was to establish an objective method for quantitative evaluation of bone volume change after sinus augmentation. 11 sinuses in 9 patients were evaluated by computed tomography images taken before treatment (T0), and 3 months (T1) and at least 1 year (T2) after sinus augmentation. Based on the 3D digital subtraction technique, augmented bone images were extracted and bone volumes were calculated from voxel numbers of the extracted images. The mean augmented bone volumes at T1 and T2 were 2.46 cm(3) and 1.85 cm(3), respectively. These bone volume changes were statistically significant and the mean bone volume change +/- SE was -24.8% +/- 6.1%. Loss of augmented bone was observed in all except one of the patients. The correlation coefficient between bone volume change and elapsed time was -0.64, which was statistically significant and indicated that bone resorption progressed with elapse of time after sinus augmentation. The authors' method of analysis enabled visualization of augmented bone and objective assessment of bone volume change. Within the limited number of cases, the present investigation demonstrated a significant decrease in augmented bone volume between 3 and 23 months after surgery.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2012.01.020

    Web of Science

    researchmap

  • The lingual lymph node identified as a sentinel node on CT lymphography in a patient with cN0 squamous cell carcinoma of the tongue 査読

    M. Saito, H. Nishiyama, Y. Oda, S. Shingaki, T. Hayashi

    DENTOMAXILLOFACIAL RADIOLOGY   41 ( 3 )   254 - 258   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BRITISH INST RADIOLOGY  

    We performed CT lymphography on an 81-year-old female patient with a histologically confirmed squamous cell carcinoma of the tongue with no clinical or radiological evidence of cervical lymph node involvement. The lateral lingual lymph node was identified as a sentinel node, which is the first lymph node to receive drainage from a primary tumour. CT lymphography also showed draining lymphatics passing through the sublingual space, the medial side of the submandibular gland and near the hyoid bone and connected with the middle internal jugular node. Although metastasis to the lateral lingual lymph node is known as one of the crucial events in determining survival outcome in cancer of the tongue and floor of the mouth, very few reports are available on the imaging of the lateral lingual lymph node metastasis. This is the first report regarding the lateral lingual lymph node identified as a sentinel node demonstrated on CT lymphography. Dentomaxillofacial Radiology (2012) 41, 254-258. doi: 10.1259/dmfr/61883763

    DOI: 10.1259/dmfr/61883763

    Web of Science

    researchmap

  • 外側翼突筋内に膿瘍を形成した化膿性顎関節炎の1例

    高田 佳之, 小林 正治, 西山 秀昌, 小野 由起子, 泉 直也, 齊藤 力

    TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint = 日本顎関節学会雑誌   23 ( 3 )   155 - 160   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本顎関節学会  

    化膿性顎関節炎は比較的まれな疾患である。今回,右側顎関節部に生じた外側翼突筋内に膿瘍を伴った化膿性顎関節炎の1例を経験したので,その概要を報告する。症例は58歳の男性。右側顎関節部の腫脹,開口痛を主訴に当科へ来院した。切歯部最大開口距離は18 mmで,咬合時に右側犬歯部は約2 mmの開咬を呈した。CTおよびMRI所見で右下顎頭内側極の骨吸収と右側顎関節包内および外側翼突筋内に膿瘍形成を認めた。試験的穿刺により,黄白色の粘稠な膿汁を吸引した。細菌検査により,口腔内常在菌である&lt;i&gt;Peptostreptococcus micros&lt;/i&gt;が同定された。抗菌薬の内服投与および静脈内点滴投与で徐々に症状は消退した。初診から3年経過した現在,右側顎関節部の腫脹は消失し, 開口時に下顎骨の右側偏位と関節雑音を認めるものの, 切歯部最大開口距離は47 mmに改善した。口腔内常在菌が起炎菌であったことから歯性感染が下顎頭へ波及し,さらに外側翼突筋内へ進行したことが示唆された。&lt;br&gt;

    DOI: 10.11246/gakukansetsu.23.155

    CiNii Article

    researchmap

  • 初年次教育としての大学学習法の効果と課題

    小野 和宏, 八木 稔, ステガロユ ロクサーナ, 大島 勇人, 西山 秀昌, 八巻 正樹, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education   27 ( 2 )   69 - 77   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • Finite element analysis of implant-embedded maxilla model from CT data: Comparison with the conventional model 査読

    Nobuaki Okumura, Roxana Stegaroiu, Hideyoshi Nishiyama, Kouichi Kurokawa, Eriko Kitamura, Takafumi Hayashi, Shuichi Nomura

    JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH   55 ( 1 )   24 - 31   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Purpose: There are no entire maxillary finite element analysis models available, as a base of reference for the dimensions of conventional segment finite element analysis models. The objectives of this study were: (1) to construct a maxillary model derived from a human skull and to investigate the strain distribution around a posterior implant embedded in it; (2) to investigate the usability of conventional segment maxillary models.
    Methods: CT DICOM data of a human dried skull maxilla was imported into the Mesh Generation Tools (ANSYS AI environment) and a computer-generated implant-abutment unit was bicortically embedded into it. In this Large model, Von Mises strains under axial and buccolingual loads were then calculated by a finite element program. Moreover, two simplified maxillary segments (Simplified models) were computer-generated and their Von Mises strains were similarly calculated.
    Results: Although absolute values differed markedly, strain distribution patterns in the cortical bone were similar to those in the Simplified models: high Von Mises strains in the cortical bone concentrated in the sinus floor around the implant apex under axial load, and in the alveolar crest around the implant neck under buccolingual load.
    Conclusions: The simplified and segmented three-dimensional finite element models of the human maxilla showed the same locations of the highest equivalent strains as the full maxilla model created from CT DICOM data. If absolute strain values are not of interest, the Simplified models could be used in strain analyses of simulated posterior maxilla for diagnostic suggestions in implant placement. (C) 2010 Japan Prosthodontic Society. Published by Elsevier Ireland. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jpor.2010.07.002

    Web of Science

    researchmap

  • 顎関節症の画像診断ガイドラインの策定 査読

    林孝文, 佐野司, 庄司憲明, 末永重明, 田口明, 筑井徹, 中山英二, 村上秀明, 小林馨, 西山秀昌

    日本歯科医学会誌   29   57 - 61   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 顎下部に発生した乳幼児線維腫症の1例

    金丸祥平, 新美奏恵, 小田陽平, 小林正治, 西山秀昌, 新垣 晋, 齊藤 力

    日本口腔腫瘍学会雑誌   21 ( 4 )   273 - 278   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5843/jsot.21.273

    researchmap

  • Adenoid cystic carcinoma of sublingual gland involving the submandibular duct 査読

    M. Saito, H. Nishiyama, S. Maruyama, Y. Oda, T. Saku, T. Hayashi

    DENTOMAXILLOFACIAL RADIOLOGY   37 ( 7 )   421 - 424   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BRITISH INST RADIOLOGY  

    We report Bill unusual case of adenoid cystic carcinoma (ACC) arising in the sublingual gland and extending into the submandibular duct. Our article mainly describes the MR findings. The margin of the mass was well-defined and the mass was divided into two parts - anterior and posterior. The anterior part of the mass showed isointense to surrounding muscle on T-1 weighted images and hyperintense on fat-saturated T-2 weighted images. The posterior part of the mass showed hyperintense both on T-1 weighted and fat-saturated T-2 weighted images. The findings indicated that the cystic space of the posterior part was filled with tumour mass which extended from the anterior part. ACC of the sublingual gland extending into the submandibular duct is rare and the MR findings have not been previously described in the literature.

    DOI: 10.1259/dmfr/31299961

    Web of Science

    researchmap

  • Correction of mandibular asymmetry due to hemifacial microsomia using a custom-made implant 査読

    Kodama Y, Fukuda J, Watanabe N, Nishiyama H, Ono K, SAITO I, Takagi R

    Asian J Oral Maxillofacial Surg   20 ( 4 )   204 - 208   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Follow-up study of condylar bony changes using helical computed tomography in patients with temporomandibular disorder 査読

    J. Koyama, H. Nishiyama, T. Hayashi

    DENTOMAXILLOFACIAL RADIOLOGY   36 ( 8 )   472 - 477   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BRITISH INST RADIOLOGY  

    Objectives: We investigated condylar bone changes in 1032 joints from 516 subjects in order to clarify the incidence and type of bone changes in the temporomandibular joint (TMJ), and alteration of the change during follow-up, in patients with temporomandibular disorders (TMD).
    Methods: We classified condylar bone change into five types on multiplanar reformatted (MPR) images of helical CT: N, no bone change; F, flattening; E, erosion with or without roughening; D, deformity; S, deformity accompanied by erosion with or without roughening. In 51 of 516 subjects, follow-up CT examination was performed and transition of condylar bone change was observed.
    Results: Condylar bone change was seen in 617 (63.7%) of 1032 joints and in 70 (68.6%) of 102 follow-up joints. The number of joints of Types D and S increased at follow-up, but those of Types N, F and E decreased.
    Conclusion: In this study, the main direction of transition of condylar bone change in joints with TMD was absorptive bone change to absorptive with sclerotic (proliferative) bone change and further to sclerotic (proliferative) bone change. Our classification of condylar bone change was thought to be convenient for the evaluation of bone change in TMD.

    DOI: 10.1259/dmfr/28078357

    Web of Science

    researchmap

  • 歯科医学教育へのPBLテュートリアルの導入 査読

    小野和宏, 大内章嗣, 魚島勝美, 林 孝文, 西山秀昌, 安島久雄, 小林正治, 瀬尾憲司, 齋藤 功, 程 ?, 山田好秋, 前田健康

    日歯教誌   22 ( 1 )   58 - 71   2006年

     詳細を見る

  • MRI of nasoalveolar cyst: Case report 査読

    Keiko Tanimoto, Naoya Kakimoto, Hideyoshi Nishiyama, Shumei Murakami, Mitsunobu Kishino

    Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology and Endodontology   99 ( 2 )   221 - 224   2005年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nasoalveolar cyst is a rare nonodontogenic cyst arising in the nasoalar region of the face. In this case, a 39-year-old female had a nontender, fluctuant, soft, round, and bluish lesion in the right anterior gingiva of the right maxilla. Panoramic and magnetic resonance imaging examinatioins were performed. No abnormality was evident on the radiograph. The lesion was hypointense signal intensity on T1-weighted images and hyperintense on T2-weighted images. On sagittal T2-weighted images, a septum could be seen within the lesion. After injection of contrast medium and acquisition of T1-weighted images, enhancement was not observed in the lesion, but was evident at the periphery. The lesion did not enhance with contrast on T1-weighted images, but the periphery was enhanced. The lesion was surgically excised. Histopathologic examination showed the lesion to be a nasoalveolar cyst.

    DOI: 10.1016/j.tripleo.2004.08.002

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 咽頭弁形成術の術前診査におけるMRAの有用性

    中谷 温紀, 村上 秀明, 柿本 直也, 西山 秀昌, 平田 創一郎, 古川 惣平

    歯科放射線   40 ( 4 )   282 - 283   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科放射線学会  

    researchmap

  • Magnetic resonance imaging of human mandibular elevator muscles after repetitive maximal clenching exercise 査読

    Yehua Gan, Tadashi Sasai, Hideyoshi Nishiyama, Xuchen Ma, Zhenkang Zhang, Hajime Fuchihata

    Archives of Oral Biology   45 ( 3 )   247 - 251   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Exercise can enhance the signal intensity (SI) of skeletal limb muscles on T2-weighted magnetic resonance imaging (MRI). The purpose here was to evaluate the effects of repetitive maximal clenching exercises involving the mandibular elevator muscles with T2-weighted MRI. Seven normal volunteers were imaged before and immediately after performing repetitive maximal clenching and at 3, 6, 9, 12, 15, 20 min after the exercise in a 1.5 T GE magnet with spin-echo sequences. SI in the masseter, medial pterygoid and temporalis increased significantly (p &lt
    0.001) and the cross-sectional area (CSA) of masseter increased 10.11% on T2-weighted MRI after exercise. The increased SI and CSA declined approximately to the pre-exercise level in about 20 min after exercise. No SI and CSA changes were found in the inactive neck muscle and no SI changes in the mandibular bone marrow (p &gt
    0.05). The findings suggest that the use of exercise-enhanced MRI might be helpful in the study of the function and dysfunction of muscles in the orofacial region. (C) 2000 Published by Elsevier Science Ltd.

    DOI: 10.1016/S0003-9969(99)00078-3

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Spin echo法におけるBovine tendonの信号強度の角度依存性について 査読

    西山 秀昌, 笹井 正思, 前田 隆史, 松村 聡子, 渕端 孟

    歯科放射線   39 ( 1 )   27 - 34   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11242/dentalradiology1960.39.27

    CiNii Article

    researchmap

  • デジタルトモグラフィの臨床応用に関する研究

    西山 秀昌

    大阪大学歯学会雑誌   40 ( 1 )   34 - 49   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11501/3100698

    researchmap

  • 顎関節規格型経頭蓋方向左右同時ビデオ透視システムの開発(共著)

    高橋 章, 西山 秀昌, 藤下 昌巳, 渕端 孟, 中村 通

    歯科放射線   34 ( 1 )   58 - 63   1994年

  • 関節円板前方転位のMR画像所見と臨床症状との関連性に関する研究(共著)

    荊木 理恵子, 西山 秀昌, 中南 匡史, 高橋 章, 桑原 俊也, 高島 史男, 丸山 剛郎

    日本補綴歯科学会雑誌   38 ( 5 )   1066 - 1071   1994年

  • 顎関節前後方向撮影法による下顎頭輪郭影について 査読

    西山 秀昌, 呉 好宗, 高橋 章, 村上 秀明, 藤下 昌巳, 渕端 孟

    日本顎関節学会雑誌   5 ( 1 )   48 - 61   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11246/gakukansetsu1989.5.48

    researchmap

  • レイ・トレーシングを用いた数字ファントム表示と輝度による線量分布の三次元表示 査読

    西山 秀昌, 速水 昭宗, 徳岡 修, 渕端 孟

    歯科放射線   32 ( 2 )   61 - 66   1992年

  • ビデオ入力画像における細胞径測定プログラム 査読

    西山 秀昌, 北村 清一郎, 堺 章

    細胞   18 ( 8 )   310 - 312   1986年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11501/1729473

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 一般臨床家, 口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル : 口腔外科YEAR BOOK

    西山秀昌, 林 孝文( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 3. 口腔外科治療における画像診断. 歯科・口腔外科における3Dの応用)

    クインテッセンス出版  2003年2月  ( ISBN:4874177565

     詳細を見る

    総ページ数:冊   担当ページ:178-187   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

    researchmap

  • Signal intensity change in pseudodynamic MR imaging of TMJ

    Oral and Maxillofacial Radiology Today  2000年 

     詳細を見る

MISC

  • 論証モデルを用いたアカデミック・ライティングの授業デザインの有効性

    丹原 惇, 斎藤 有吾, 松下 佳代, 小野 和宏, 秋葉 陽介, 西山 秀昌

    大学教育学会誌 = Journal of Japan Association for College and University Education   42 ( 1 )   125 - 134   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大学教育学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 慢性腎不全患者の口底部蜂窩織炎を契機として観察された腎性骨異栄養症の1例

    羽賀 健太, 小田 陽平, 金丸 祥平, 中村 彬彦, 西山 秀昌, 小林 正治

    日本口腔外科学会雑誌   65 ( 10 )   672 - 677   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口蓋に発生した唾液腺導管癌の1例

    笠原 映, 勝見 祐二, 大貫 尚志, 永田 昌毅, 山崎 学, 西山 秀昌, 田沼 順一, 林 孝文, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   68 ( 2 )   114 - 115   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 下顎角部に発生した奇形様嚢胞の1例

    齋藤 大輔, 原 太一, 丸山 智, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治

    日本口腔外科学会雑誌   65 ( 7 )   479 - 483   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は17歳女性で、8歳頃に発熱した際に左側下顎角部の腫脹を認め、解熱後も残存していたが放置していた。14歳ごろから徐々に増大を自覚しており当科を紹介受診した。画像所見から脂肪腫または類皮嚢胞と診断し、全身麻酔下で経皮的に病変の摘出術を施行した。病変は耳下腺下極の内側に入り込んでおり、周囲耳下腺組織からの剥離は一部でやや困難であったが一塊として摘出した。術後6年6ヵ月間経過観察を行っていたが、再発所見を認めないため経過観察を終了とした。病理組織学的所見では大小2個の嚢胞腔を認め、いずれの嚢胞も内腔面は皮膚表皮様の基底線の平坦な重層扁平上皮で被覆されており、線維性組織から成る難胞壁はおおむね薄く、二つの嚢胞間部は肥厚していた。奇形様嚢胞との病理組織学的診断を下した。

    researchmap

  • 口蓋に発生した唾液腺導管癌の1例

    笠原映, 勝見祐二, 大貫尚志, 永田昌毅, 山崎学, 西山秀昌, 田沼順一, 林孝文, 高木律男

    日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集   73rd   162   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌cN0症例の頸部後発転移に関する検討

    小玉直樹, 永田昌毅, 小山貴寛, 勝見祐二, 新垣元基, 木口哲郎, 原夕子, 池田順行, 児玉泰光, 星名秀行, 西山秀昌, 林孝文, 丸山智, 田沼順一, 高木律男

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   37th   185   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 左右で別時期に疼痛が生じた両側茎状突起過長症の1例

    北村厚, 池田順行, 大貫尚志, 齋藤太郎, 上野山敦士, 新國農, 西山秀昌, 林孝文, 高木律男, 高木律男

    日本顎関節学会雑誌   31   2019年

     詳細を見る

  • 顎関節部に石灰化物を認めた症例の臨床統計学的検討

    齋藤太郎, 齋藤太郎, 池田順行, 大貫尚志, 上野山敦士, 北村厚, 新國農, 西山秀昌, 林孝文, 高木律男, 高木律男

    日本顎関節学会雑誌   31   2019年

     詳細を見る

  • 線維性異形成症に続発した下顎低悪性骨中心性骨肉腫の1例

    金丸 祥平, 新垣 晋, 芳澤 享子, 西山 秀昌, 程 くん, 小林 正治

    日本口腔外科学会雑誌   64 ( 7 )   423 - 428   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は35歳女性で、16歳時に右側下顎の腫脹を主訴に受診した。CTにより線維性異形成症を疑い、生検は典型的な線維性異形成症の所見であった。成長期であることを考慮し、治療は行わず経過観察の方針となったが、外来通院が中断した。25歳時に発熱、右側下顎の腫脹、疼痛を訴えて受診した。CTで右側下顎部病変の増大を確認した。線維性異形成症の悪性転化も考慮して生検を施行し、線維性異形成症の診断であった。外科的切除は行わず経過観察の方針となったが、外来通院を自己中断した。35歳時に38℃台の持続する発熱と右側下顎に強い自発痛が出現した。CT所見では、右側下顎骨体部を中心に、右側下顎筋突起から左下4番に及ぶ病変を認めた。MRI所見では、右側筋突起先端から左側下顎臼歯部付近まで至る骨膨隆性病変を認めた。画像所見より線維性異形成症の悪性化を疑い、右下3番部より生検を行い、下顎骨単独病変と診断した。下顎区域切除術、両側顎下部郭清術ならびに血管柄付腓骨皮弁による下顎再建術を施行した。術後の経過は良好で、7年を経た現在も腫瘍の再発や転移はない。病理組織学的診断は低悪性骨中心性骨肉腫であった。

    researchmap

  • 術後2ヵ月で手術部位感染が顕在化した顎変形症の1例

    池田 順行, 小玉 直樹, 西野 和臣, 西山 秀昌, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   136 - 136   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • チタンプレートによる顎骨再建を行った下顎骨区域切除症例の検討

    小玉直樹, 池田順行, 小山貴寛, 永田昌毅, 新垣元基, 勝見祐二, 木口哲郎, 齋藤太郎, 山田瑛子, 児玉泰光, 西山秀昌, 林孝文, 星名秀行, 高木律男

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   36th   197   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における側頭骨と下顎骨形態についての検討

    村上 智子, 福井 忠雄, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   125 - 125   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における下顎窩と下顎骨形態の関連性の検討

    村上 智子, 福井 忠雄, 西山 秀昌, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   147 - 147   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎部に発生したInfantile Fibromatosisの1例

    小玉 直樹, 高山 裕司, 永田 昌毅, 小山 貴寛, 勝見 祐二, 新垣 元基, 隅田 賢正, 池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 山田 瑛子, 西山 秀昌, 林 孝文, 丸山 智, 高木 律男

    小児口腔外科   27 ( 2 )   68 - 68   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 感染性リンパ節腫脹との鑑別に苦慮した悪性リンパ腫の1例

    三上 俊彦, 原 太一, 加藤 祐介, 船山 昭典, 金丸 祥平, 小田 陽平, 新美 奏恵, 阿部 達也, 丸山 智, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌   66 ( 2 )   182 - 182   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 当科における過去11年間の小児関節突起骨折症例の臨床的検討

    大貫 尚志, 池田 順行, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 北村 厚, 中谷 暢佑, 新國 農, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   29 ( Suppl. )   114 - 114   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 関節円板上関節腔面に沿って骨組織形成を認めた滑膜性骨軟骨腫症の1例

    齋藤 太郎, 池田 順行, 大貫 尚志, 中山 美和, 西山 秀昌, 林 孝文, 高嶋 真樹子, 荒井 良明, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   29 ( Suppl. )   97 - 97   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 前舌腺に発生した腺癌NOSの1例

    三上俊彦, 船山昭典, 金丸祥平, 小田陽平, 山崎学, 丸山智, 西山秀昌, 林孝文, 小林正治

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   35th   174   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 筋突起部に著明な骨膜反応を呈した慢性下顎骨骨髄炎の1例

    小山 貴寛, 清水 志保, 池田 順行, 小玉 直樹, 西山 秀昌, 林 孝文, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   65 ( 4 )   336 - 336   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 歯科矯正治療後に生じた片側性下顎頭吸収による開咬に対し歯科矯正用インプラントを併用して顎間牽引を行った1例

    池田 順行, 福井 忠雄, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 北村 厚, 中谷 暢佑, 西山 秀昌, 荒井 良明, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   28 ( Suppl. )   136 - 136   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における脳頭蓋底の三次元形態分析

    村上 智子, 福井 忠雄, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   141 - 141   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎変形症患者における顎顔面形態と骨代謝ならびに骨質の評価

    齋藤 大輔, 三上 俊彦, 小田 陽平, 長谷部 大地, 西山 秀昌, 齋藤 功, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 2 )   163 - 163   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 臼歯部の開咬や顎変形を生じた下顎頭増大病変の臨床的検討

    池田順行, 安島久雄, 大貫尚志, 齋藤太郎, 西山秀昌, 荒井良明, 高嶋真樹子, 河村篤志, 高木律男

    日本顎関節学会雑誌   27   2015年

     詳細を見る

  • 顎変形症患者における顎顔面形態と骨代謝マーカーならびに骨密度との関連性

    齋藤 大輔, 三上 俊彦, 小田 陽平, 長谷部 大地, 西山 秀昌, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌   44 ( 2 )   127 - 128   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 口蓋垂に発生した扁平上皮癌の1例

    原夕子, 池田順行, 小玉直樹, 高木律男, 大西真, 飯田明彦, 齋藤太郎, 堀野一人, 西山秀昌, 林孝文, 程君, 朔敬

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   32nd   2014年

     詳細を見る

  • 腫瘍を疑わせた顎関節炎の1例

    安島 久雄, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 齋藤 太郎, 荒井 良明, 河村 篤志, 西山 秀昌, 阿部 達也, 朔 敬, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   25 ( Suppl. )   79 - 79   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 下顎窩骨吸収を主徴とした顎関節滑膜性軟骨腫症の1例 初期病像の認識

    加藤 祐介, 小林 正治, 三上 俊彦, 西山 秀昌, 阿部 達也, 林 孝文, 朔 敬, 齊藤 力

    日本顎関節学会雑誌   25 ( Suppl. )   78 - 78   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 5 処置によって咀嚼筋T2値が変化した症例について(Ⅰ.一般演題, 第66回新潟画像医学研究会)

    西山 秀昌, 新国 農, 嵐山 貴徳, 瀬尾 憲司, 林 孝文

    新潟医学会雑誌   127 ( 4 )   211 - 211   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013376196

  • 7 cN0舌癌のCT lymphography : リンパ経路と至適撮影タイミングについて(Ⅰ.一般演題, 第66回新潟画像医学研究会)

    斎藤 美紀子, 西山 秀昌, 勝良 剛詞, 林 孝文

    新潟医学会雑誌   127 ( 4 )   212 - 212   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013376198

  • デンタルエックス線画像による根尖部透過像から診断に至った多発性骨髄腫の一例

    小玉直樹, 永田昌毅, 福田純一, 池田順行, 西山秀昌, 林孝文, 高木律男

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   31st   233   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大学学習法へのパフォーマンス評価の導入

    小野 和宏, 井上 誠, 山村 健介, 西山 秀昌, 八木 稔, ステガロユ・ロクサーナ, 重谷 佳見, 前田 健康, 高橋 雄介, 松下 佳代

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   31回   141 - 141   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院顎関節治療部における顎関節症IIIb/IV型の臨床統計的検討

    安島 久雄, 小菅 健裕, 八木 稔, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 西山 秀昌, 齋藤 太郎, 荒井 良明, 奥村 暢旦, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   24 ( Suppl. )   101 - 101   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 外科的治療が奏功した上顎骨炎後の瘢痕性開口障害の1例

    池田 順行, 福田 純一, 安島 久雄, 嵐山 貴徳, 大貫 尚志, 斎藤 太郎, 高木 律男, 西山 秀昌, 林 孝文

    日本顎関節学会雑誌   24 ( Suppl. )   92 - 92   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 下顎第3大臼歯抜歯後の下歯槽神経麻痺の予測に関するCT画像の有用性

    小山 純市, 西山 秀昌, 新国 農, 池 真樹子, 勝良 剛詞, 斎藤 美紀子, 田中 礼, 林 孝文, 齊藤 力, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   41 ( 2 )   130 - 131   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • CT画像を用いた顎顔面形態の評価に有用な3次元計測点と計測角度の再現性

    永井 嘉洋, 西山 秀昌, 丹原 惇, 八巻 正樹, 林 孝文, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   70回   195 - 195   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎頭肥大を伴った滑膜性骨軟骨腫症の1例

    齋藤 太郎, 安島 久雄, 池田 順行, 高木 律男, 小山 純市, 西山 秀昌, 林 孝文, 常木 雅之, 朔 敬

    日本顎関節学会雑誌   23 ( Suppl. )   93 - 93   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • CT画像を用いた顎顔面形態の評価に有用な三次元計測点の新しい定義とその再現性

    永井 嘉洋, 西山 秀昌, 丹原 惇, 八巻 正樹, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   21 ( 2 )   123 - 123   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎顔面形態の評価に有用な3次元計測点の再現性に関する研究

    永井 嘉洋, 西山 秀昌, 丹原 惇, 八巻 正樹, 林 孝文, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   40 ( 2 )   199 - 199   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 遠隔診断用関節雑音録音システムと電子聴診器の比較

    櫻井 直樹, 昆 はるか, 高木 律男, 池田 順行, 安島 久雄, 高田 佳之, 西山 秀昌, 荒井 良明

    日本顎関節学会雑誌   22 ( Suppl. )   94 - 94   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 閉口位で発生するクリックにより二態咬合を呈した1例

    荒井 良明, 奥村 暢旦, 高嶋 真樹子, 崎谷 仁重, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   22 ( Suppl. )   79 - 79   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部における初年次教育の役割と課題

    小野和宏, 八木稔, STEGAROIU Roxana, 大島勇人, 西山秀昌, 八巻正樹, 鈴木一郎, 朔敬, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   29th   97   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 臼歯部開咬状態を呈した閉口末期における閉口障害の3例

    池田順行, 安島久雄, 嵐山貴徳, 藤田一, 齋藤太郎, 櫻井直樹, 西山秀昌, 荒井良明, 高木律男

    日本顎関節学会雑誌   22   2010年

     詳細を見る

  • 口蓋に生じた良性リンパ上皮性病変の1例

    庭野 将広, 飯田 明彦, 高木 律男, 西山 秀昌, 朔 敬

    日本口腔科学会雑誌   58 ( 4 )   215 - 216   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院顎関節治療部における高齢者顎関節症患者に関する臨床統計的検討

    安島 久雄, 高木 律男, 荒井 良明, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 西山 秀昌, 福井 忠雄, 高田 佳之, 桜井 直樹, 川崎 真依子

    日本顎関節学会雑誌   21 ( Suppl. )   93 - 93   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 顎関節症の画像診断ガイドラインの策定

    林 孝文, 佐野 司, 庄司 憲明, 田口 明, 筑井 徹, 中山 英二, 村上 秀明, 末永 重明, 小林 馨, 西山 秀昌

    日本顎関節学会雑誌   21 ( Suppl. )   137 - 137   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 4 口腔癌の頸部リンパ節転移診断へのエラストグラフイーおよび歪み比 Strain Ratio の臨床応用(I.一般演題,第58回新潟画像医学研究会)

    平 周三, 林 孝文, 新国 農, 西山 秀昌, 澤浦 恵子, 星名 秀行, 新垣 晋, 金子 耕司, 小山 諭, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   122 ( 12 )   711 - 712   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 好酸球肉芽腫を疑わせた下顎骨異常吸収性病変の1例

    藤田 一, 小林 孝憲, 高木 律男, 星名 秀行, 山田 裕士, 池田 順行, 朔 敬, 西山 秀昌, 林 孝文

    日本口腔科学会雑誌   57 ( 4 )   537 - 537   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 関節雑音記録を利用した顎関節症遠隔診断法の開発

    櫻井 直樹, 荒井 良明, 高木 律男, 安島 久雄, 林 孝文, 西山 秀昌, 佐藤 一夫, 高田 佳之, 福井 忠雄, 細貝 暁子, 宮島 久, 岡崎 敦子

    日本顎関節学会雑誌   20 ( Suppl. )   103 - 103   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 両側性の下顎頭吸収により開咬が認められた顎関節症の1例

    安島 久雄, 西山 秀昌, 荒井 良明, 高木 律男, 山田 裕士, 池田 順行, 嵐山 貴徳

    日本顎関節学会雑誌   20 ( Suppl. )   146 - 146   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • IPTV電話を応用した顎関節症遠隔診断の試み

    櫻井 直樹, 荒井 良明, 高木 律男, 林 孝文, 西山 秀昌, 佐藤 一夫, 安島 久雄, 高田 佳之, 福井 忠雄, 細貝 暁子, 加藤 一誠, 宮島 久, 岡崎 敦子

    日本顎関節学会雑誌   20 ( 1 )   52 - 52   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 歯科医師臨床研修における新潟大学医歯学総合病院・顎関節治療部の関与

    池田 順行, 荒井 良明, 西山 秀昌, 山田 一尋, 高田 佳之, 小野 由起子, 桜井 直樹, 佐藤 一夫, 安島 久雄, 山田 裕士, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   20 ( 1 )   51 - 51   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 後部結合織の後方肥厚部上への嵌入によると思われた閉口障害症例について

    西山 秀昌, 林 孝文, 荒井 良明, 田中 礼, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   20 ( 1 )   83 - 83   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 顎関節症患者遠隔診断支援システムの開発

    櫻井 直樹, 小林 博, 高木 律男, 荒井 良明, 西山 秀昌, 安島 久雄, 高田 佳之, 佐藤 一夫, 福井 忠雄, 鈴木 一郎

    新潟歯学会雑誌   37 ( 2 )   215 - 216   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 口腔顎顔面領域におけるFDG-PET 検査のSUV 値について

    平 周三, 林 孝文, 西山 秀昌, 星名 秀行, 新垣 晋, 鈴木 誠, 石田 均, 間島 寧興

    新潟核医学懇話会記録集   35   32 - 36   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院顎関節治療班における顎関節症への対応

    安島 久雄, 荒井 良明, 寺田 員人, 高木 律男, 西山 秀昌, 山田 一尋, 高田 佳之, 小野 由起子, 桜井 直樹, 井伊 直子

    日本顎関節学会雑誌   19 ( 1 )   68 - 69   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • カスタムメイド人工骨を用いて顔面非対称を改善したHemifacial microsomiaの1例

    児玉泰光, 高木律男, 小野和宏, 福田純一, 山中正文, 西山秀昌, 林孝文, 渡邊直子, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   16 ( 2 )   81   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MR of 2270 TMJs: prevalence of radiographic presence of otomastoiditis in temporomandibular joint disorders

    Kaan Orhan, Hideyoshi Nishiyama, Sasaki Tadashi, Murakami Shumei, Souhei Furukawa

    Eur J Radiol   55   102 - 107   2005年7月

     詳細を見る

    Objective: The purpose of this study is to determine the prevalence of radiographic presence of otomastoiditis while examining temporomandibular joint (TMJ) disorders in magnetic resonance images (MRI) in a series of 2270 temporomandibular joint magnetic resonance images and to examine the relationship between otomastoiditis and TMJ disorders. Materials and methods: 2270 temporomandibular joint magnetic resonance images and patients&#039; data were retrospectively investigated. Magnetic resonance images were obtained from the patients who referred to Osaka University Dental Hospital Outpatient Clinic with TMJ complaints for the last four years (from January 1998 to January 2003). The patients, who were diagnosed as otomastoiditis based on their temporomandibular joint magnetic resonance images, were sent to Osaka University Hospital Department of Otolaryngology for a medical consultation in order to have their pathologies certified following their MR process. Age and sex were recorded for all patients and for otomastoiditis cases; location of the disease, symptoms of patients and TMJ findings were noted as well. Results: Seven patients were diagnosed as acute otomastoiditis and one patient diagnosed as chronic active otitis media with cholesteatoma in the series of 2270 MR, which were representing a prevalence of 0.39%. Neurilemoma diagnosed in left mastoid process in one patient. The final diagnoses of all patients were made after medical consultation. Conclusion: While examining temporomandibular joint magnetic resonance images; it is not only important to examine just the TMJ structures, but also to look at the nearby anatomical features to check evidence for inflammatory disease. © 2004 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2004.11.001

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 本院における10年間(1994〜2003)の顎関節症患者の臨床統計学的検討

    荒井 良明, 寺田 員人, 高木 律男, 西山 秀昌, 山田 一尋, 高田 佳之, 小野 由紀子, 安島 久雄, 桜井 直樹, 井伊 直子

    日本顎関節学会雑誌   17 ( 1 )   84 - 84   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 歯科医学教育へのPBLチュートリアル導入に対する学生の評価

    小野和宏, 林孝文, 前田健康, 小林正治, 安島久雄, 瀬尾憲司, CHENG Jun, 斎藤功, 西山秀昌

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   24th   110   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • PBLチュートリアルにおける学生の学習態度に関する評価

    安島久雄, 小山貴寛, 小野和宏, 高木律男, 小林正治, TEI Jun, 瀬尾憲司, 西山秀昌, 林孝文, 斎藤功, 前田健康, 山田好秋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   24th   110   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎関節症患者における下顎頭骨変化の研究

    小山 純市, 西山 秀昌, 林 孝文, 山田 一尋, 高木 律男, 齊藤 力

    新潟歯学会雑誌   34 ( 1 )   73 - 73   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 顎関節症例における下顎頭骨変化の経時的観察

    小山 純市, 小林 富貴子, 西山 秀昌, 林 孝文, 山田 一尋, 花田 晃治, 小林 龍彰, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   16 ( 1 )   97 - 97   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 慢性関節リウマチの画像診断におけるMR画像の有用性

    内山 百夏, 村上 秀明, 西山 秀昌, 笹井 正思, 古川 惣平

    <i>日顎誌</i>   13 ( 2 )   243 - 247   2001年

  • MRIによる顎関節の画像診断

    草野 雅章, 笹井 正思, 西山 秀昌

    精密工学会大会学術講演会講演論文集   1999 ( 2 )   621 - 621   1999年9月

     詳細を見る

  • 口内法デジタルエックス線撮影装置「Digora」

    徳岡 修, 西山秀昌, 渕端 孟

    日本歯科評論   ( 676 )   63 - 75   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • WWW技術を用いたDICOM3.0画像診断レポートシステムの運用(解説)

    徳岡 修, 西山 秀昌, 渕端 孟, 角田 明, 宮崎 博文

    映像情報   30 ( 22 )   1397 - 1402   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • A study of condylar movement by bilateral simultaneous videofluorography

    XN Zhang, H Nishiyama, S Murakami, H Fuchihata

    DENTOMAXILLOFACIAL RADIOLOGY   27 ( 5 )   279 - 286   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:STOCKTON PRESS  

    Objectives: To analyse the condylar movements of patients with temporomandibular disorders and investigate the mutual interaction between both temporomandibular joints (TMJs) by comparing bilateral simultaneous videofluorography with the disk position on MRI.
    Methods: Fifty-two patients who had been diagnosed as having internal derangement in one or both TMJs on the base of the clinical symptoms underwent bilateral simultaneous videofluorography and MRI. The TMJs were classified from the MRI into three categories: superior disk position (SDP), reducing disk displacement (RDD) and nonreducing disk displacement (NDD), Condylar movements of the TMJs were analysed from the videofluorography and correlated with the MR diagnoses.
    Results: The range of condylar movement of NDD joints was significantly shorter than that of SDP or RDD joints at maximum mouth opening (P&lt;0.001), but not at maximum protrusion and lateral protrusion. Based on the sagittal, condylar path during maximum mouth opening and closing, three patterns of condylar movement were identified: normal, deflected and short. Sixty-nine per cent of the normal pattern were SDP, 55% of the deflected RDD and 77% of the short NDD. The condylar movement of a NDD or RDD joint could influence the range and pattern of movement of the contralateral joint.
    Conclusions: Analysis of condylar movement was helpful in assessing the state of the disk because they were closely related. The range and pattern of condylar movement of both TMJs were mutually interrelated. Patients with signs and symptoms of internal derangement should have both sides examined for an accurate and complete diagnosis.

    Web of Science

    researchmap

  • Diagnostic imaging for a case of maxillary myxoma with a review of the magnetic resonance images of myxoid lesions

    Tadahiko Kawai, Shumei Murakami, Hideyoshi Nishiyama, Mitsunobu Kishino, Masayoshi Sakuda, Hajime Fuchihata

    Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology   84 ( 4 )   449 - 454   1997年10月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/s1079-2104(97)90047-0

    researchmap

  • Clinical and magnetic resonance imaging findings in temporomandibular joint disc displacement

    W Cholitgul, H Nishiyama, T Sasai, Y Uchiyama, H Fuchihata, M Rohlin

    DENTOMAXILLOFACIAL RADIOLOGY   26 ( 3 )   183 - 188   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:STOCKTON PRESS  

    Objectives: To describe the clinical and MRI findings in patients with disc displacement of the temporomandibular joint.
    Methods: Eighty-eight joints in 51 patients referred for suspected TMJ disc displacement were examined by MRI. Two oral radiologists assessed the images. The clinical findings were obtained by retrospective review of the patients' records.
    Results: Clicking was the most common clinical finding, present in 47 joints. Pain was reported for only 30 joints. Anterior disc displacement with reduction was found in 39 joints, anterior disc displacement without reduction in 31 joints, compound dislocations (anterolateral or anteromedial) in 13 joints and sideways displacement in 5 joints respectively. In about one-fourth of the joints, MRI revealed abnormal configuration of both disc and condyle. The osseous changes were subtle. Only 9% of the joints exhibited an osteophyte. Joint effusion in either the upper or the lower joint compartment was found in 19 joints. Out of 14 patients with joint effusion, six patients complained of pain from the TMJ region.
    Conclusion: The most extensive soft and hard tissue changes were found in patients with anterior disc displacement without reduction. Pain was not a characteristic symptom for any type of disc displacement.

    Web of Science

    researchmap

  • 顎顔面部用MRI表面コイルの試作と信号強度分布計測による評価

    高橋章, 前田直樹, 川口真一, 上村修三郎, 西山秀昌, 村上一夫, 田中優

    歯科放射線   36   109   1996年9月

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

    researchmap

  • joint effusionのMRによる診断

    高橋章, 上村修三郎, 西山秀昌, 渕端孟

    映像情報   28 ( 2 )   63 - 68   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • Longitudinal study of patients with TMJ dysfunction by tomographic examination: Condylar position and clinical sign

    Shumei Murakami, Masami Fujishita, Akira Takahashi, Hideyoshi Nishiyama, Yuka Uchiyama, Tadashi Sasai, Hajime Fuchihata

    Oral Radiology   9   41 - 47   1993年6月

     詳細を見る

    For patients with TMJ dysfunction, operators often change the condylar position by various methods. The aim of this study is to investigate how much the changes with time of condylar positions are related to the changes of clinical signs. The subjects were 584 joints of 127 patients with TMJ dysfunction to whom the serial lateral TMJ tomography was performed more than twice. In the most of cases where the condylar position had moved downward, inter-incisal distance had increased and TMJ noise had ameliorated. Furthermore, in many cases where the condylar position had moved forward, the amelioration of the TMJ pain was observed. It was considered that those ameliorations occurred because the positional relationship between the condylar head and the articular disk or posterior attachment had been improved. © 1993 The Japanese Society of Dental Radiology.

    DOI: 10.1007/BF02349102

    Scopus

    researchmap

  • Magnetic resonance evaluation of the temporomandibular joint disc position and configuration

    S. Murakami, A. Takahashi, H. Nishiyama, M. Fujishita, H. Fuchihata

    Dentomaxillofacial Radiology   22   205 - 207   1993年1月

     詳細を見る

    Although magnetic resonance imaging (MRI) is the modality of choice for evaluation of TMJ disc position, it is sometimes difficult to determine when it is displaced or reduced. The MR images of 273 Patients with a clinical diagnosis of TMJ disorders were assessed for disc position and configuration. Most (90-97%) of the slightly anteriorly displaced discs were reduced to the normal position in the open-mouth position. However, the greater part (76%) of the distorted discs was completely displaced anteriorly and without reduction. Since no distorted discs were found in the normal disc position, we conclude that discs are distorted after displacement. © 1993.

    DOI: 10.1259/dmfr.22.4.8181648

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • THE CLINICORADIOLOGIC PREDICTABILITY OF PERFORATIONS OF THE SOFT-TISSUE OF THE TEMPOROMANDIBULAR-JOINT

    A TAKAHASHI, S MURAKAMI, H NISHIYAMA, T SASAI, M FUJISHITA, H FUCHIHATA

    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY AND ENDODONTICS   74 ( 2 )   243 - 250   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MOSBY-YEAR BOOK INC  

    One hundred thirty-one arthrographic examinations of temporomandibular joints were performed on 119 patients. The relationships between clinical symptoms, tomographic findings, and soft-tissue perforation were examined. Perforations of the articular disk or posterior attachment were revealed in 58 joints. Joints with crepitation showed a high frequency of perforation (20 of 22). Pain in the joint area and limitation of opening correlated to disk reduction. Perforations were observed in 12 of 21 joints with continuous pain. Osseous changes were detected in 89 joints. Joints with abnormal radiodensity (erosion, sclerosis) combined with abnormal shape (pocket erosion, osteophyte formation, deformity) showed a high frequency of perforation (41 of 45), which corresponded to 84% in this study. In those cases with osseous change or crepitation, positive predictive values of perforation were both 91%. These types of osseous change and their clinical significance might predict soft-tissue perforation with high accuracy before an arthrogram is performed.

    Web of Science

    researchmap

  • The clinicoradiologic predictability of perforations of the soft tissue of the temporomandibular joint

    Akira Takahashi, Shumei Murakami, Hideyoshi Nishiyama, Tadashi Sasai, Masami Fujishita, Hajime Fuchihata

    Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology   74   243 - 250   1992年1月

     詳細を見る

    One hundred thirty-one arthrographic examinations of temporomandibular joints were performed on 119 patients. The relationships between clinical symptoms, tomographic findings, and soft-tissue perforation were examined. Perforations of the articular disk or posterior attachment were revealed in 58 joints. Joints with crepitation showed a high frequency of perforation (20 of 22). Pain in the joint area and limitation of opening correlated to disk reduction. Perforations were observed in 12 of 21 joints with continuous pain. Osseous changes were detected in 89 joints. Joints with abnormal radiodensity (erosion, sclerosis) combined with abnormal shape (pocket erosion, osteophyte formation, deformity) showed a high frequency of perforation (41 of 45), which corresponded to 84% in this study. In those cases with osseous change or crepitation, positive predictive values of perforation were both 91%. These types of osseous change and their clinical significance might predict soft-tissue perforation with high accuracy before an arthrogram is performed. © 1992 Mosby-Year Book, Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/0030-4220(92)90390-C

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 深層学習システムの画像認識過程を人間が理解可能な抽象化過程に近づけることは可能か?

    西山秀昌, 髙村真貴, 曽我麻里恵, 小林太一, 新國 農, 池真樹子, 勝良剛詞, 林 孝文

    NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Sanity checks for deep learning to estimate the location of dental X-ray images

    Nishiyama H, Kobayashi T, Ike M, Takamura M, Nikkuni Y, Soga M, Hayashi-Sakai S, Hayashi T

    The 23rd International Congress of DentoMaxilloFacial Radiology  2021年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月 - 2021年5月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Classification of 3-dimensional mandibular deviation using cluster analysis in patients with mandibular prognathism

    Osawa K, Nihara J, Nishiyama H, Takahashi K, Honda A, Atarashi C, Takagi R, Kobayashi T, Saito I

    The 58th Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月 - 2019年11月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • HTML5を用いた教育用画像閲覧システム(HNImage2)とポートフォリオとの連携について

    西山秀昌, 池真樹子, 坂井幸子, 勝良剛詞, 新國 農, 小田陽平, 林 孝文

    NPO法人日本歯科放射線学会第22回臨床画像大会  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The penumbra effect on enlargement of gutta-percha point on cone-beam CT images.

    Nishiyama H, Ike M, Nikkuni Y, Hayashi-SakaiS, Hayashi T

    21th International Congress of Dental and Maxillofacial Radiology  2017年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • HTML5 + JavaScript + CGI を利用した画像診断演習システム (HNImage2).

    西山秀昌, 池 真樹子, 小田陽平, 林 孝文

    第35回日本歯科医学教育学会総会・学術大会  2016年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HTML5を用いた教育用画像閲覧システム・HNImage2-グループ学習の試み-

    西山秀昌, 池真樹子, 新國 農, 田中 礼, 勝良剛詞, 林 孝文

    NPO法人日本歯科放射線学会第56回学術大会・第12回定例総会  2015年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水ファントムの形状変化がCBCTのZ軸方向の濃度変化に及ぼす影響

    西山秀昌, 新國 農, 小山純市, 池真樹子, 田中 礼, 中野昂史, 新田見耕太, 能登義幸, 井浦敏彦, 林 孝文

    NPO法人日本歯科放射線学会第55回総会・学術大会  2014年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • HTML5を用いた教育用読影システム(HNImage2)の試作―Part2. 公開システムとしての暗号化について―

    西山秀昌, 新垣元基, 曽我麻里恵, 池真樹子, 新國 農, 小山純市, 田中 礼, 勝良剛詞, 林 孝文

    NPO法人日本歯科放射線学会第18回臨床画像大会および教育研修会  2013年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HTML5 Canvasを用いた教育用読影システムの試作

    西山秀昌, 曽我麻里恵, 新垣元基, 阿部達也, 浅井佑介, 小山和泉, 堀内 悟, 林 孝文

    NPO法人日本歯科放射線学会第217回関東地方会・第33回北日本地方会・第21回合同地方会  2013年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Relative comparison between masticator muscle on both sides with the simplified T2 values on FSE

    Nishiyama H, Nikkuni Y, Naito K, Hayashi T

    18th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology  2011年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 深層学習における口内法エックス線画像と濃淡シェーマ、および線画スケッチ画像のエントロピーとダイバージェンスについて

    西山秀昌, 小林太一, 髙村真貴, 新國 農, 勝良剛詞, 池 真樹子, 曽我麻里恵, 林 孝文

    第3回歯科人工知能(AI)研究会  2021年7月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟大学でのCOVID-19影響下における口内法エックス線撮影実習について

    西山秀昌, 坂井幸子, 池 真樹子, 勝良剛詞, 新國 農, 小林太一, 林 孝文

    NPO法人日本歯科放射線学会第1回秋季学術大会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大学院選択科目としての画像診断学演習の内容と役割について

    西山秀昌, 齋藤大輔, 清野雄多, 河村智子, 新ちひろ, 小林太一, 曽我麻里恵, 髙村真貴, Jorge Eduardo Saez Chandia, 林 孝文

    NPO法人日本歯科放射線学会 第24回臨床画像大会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CT画像にてRaySum(ray-summation)を用いた歯科撮影シミュレーションの有用性

    西山秀昌, 髙村真貴, 新國 農, 勝良剛詞, 池 真樹子, 坂井幸子, 小林太一, 曽我麻里恵, Jorge Eduardo Saez Chandia, 林 孝文

    第74回新潟画像医学研究会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パノラマおよび4分割撮影にて関節円板の石灰化を疑った症例

    西山秀昌, 新國 農, 林 孝文

    日本歯科放射線学会、第228回関東地方会  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディープラーニングを用いたデンタル画像のマウント位置学習における特徴量について

    西山秀昌, 髙村 真貴, 小林 太一, 曽我 麻里恵, 坂井 幸子, 新國 農, 勝良 剛詞, 林 孝文

    NPO法人日本歯科放射線学会第59回学術大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    添付ファイル: O-07-西山秀昌-final-ハンドアウト.pdf

    researchmap

  • 正円孔のWaters法における検出能について―RaySumを用いたCT画像との対比―

    西山秀昌, 小林太一, 新垣元基, 曽我麻里恵, 中山美和, 新國 農, 田中 礼, 勝良剛詞, 林 孝文

    日本歯科放射線学会、第222回関東地方会  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脂肪抑制を併用しないFSE系列Double echo 画像を用いた簡易T2値およびT2値の強調画像について

    西山秀昌, 新国 農, 林 孝文

    第53回日本歯科放射線学会学術大会  2012年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 顎顔面部の神経痛を主訴とする症例の咀嚼筋T2 map所見について

    西山秀昌, 新国 農, 林 孝文

    日本歯科放射線学会第31回関西・九州合同地方会  2011年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非復位性円板前方転位における円板前方端の可動範囲について

    西山秀昌, 新国 農, 櫻井直樹, 荒井良明, 林 孝文

    第24回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会  2011年7月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

Works(作品等)

受賞

  • 日本歯科放射線学会学術奨励賞

    2000年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 自律神経系は咀嚼筋のT2値に関与するのか?

    研究課題/領域番号:23592761  2011年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西山 秀昌, 新國 農, 山村 健介

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    疼痛の有無に左右差がある場合、咀嚼筋のT2値は疼痛側の咬筋にてT2値が高くなった。また、疼痛の検査手法による違いとの関係を調べたところ、運動痛よりも圧痛との関連が強かった。これらの左右差は、プロトン密度の影響を受けるT2強調画像で検出可能なレベルよりも低く、組織の破壊によるものは考えられず、筋組織内での血流量・自由水の比率の影響によると思われた。また、三叉神経痛を有する症例でも左右差が認められ、トリガーポイントと無関係に咀嚼筋全体のT2値に左右差を認める症例が優位に多く、疼痛が自律神経系を介することで血流動態や組織間液の状態に影響を及ぼしたと思われる。

    researchmap

  • 顎関節MRIの信号強度補正

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Study on Clinical Application of Digital Image Processing

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Correction of Signal intensity on MR images of Temporomandibular Joint

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 顎関節機能異常に関する画像診断

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • デジタル画像処理の臨床応用に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Diagnostic Imaging for Temporomandibular Disorders

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 歯科診療補助

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • PBL

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線学総論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 楽位置楽The Tutorial

    機関名:新潟大学、岐阜大学

     詳細を見る

  • 歯科放射線学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 臨床実習II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 口腔と全身との関わり

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習ⅠB

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 歯の形態学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯学スタディ・スキルズⅡ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習Ⅰ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線学総論

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • インターネットテュートリアル

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 顎顔面画像診断学演習ⅠA

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 顎顔面画像診断学演習ⅠB

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 選択実習Ⅰc

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 歯の形態と機能

    2014年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 顎顔面画像診断学演習

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 臨床歯学コースワーク(顎顔面画像診断学演習)

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 歯科診療補助Ⅱ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯学スタディ・スキルズ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体理工学Ⅱ

    2008年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 歯科放射線学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 顎顔面診断・治療学

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 生体理工学II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 歯科診療補助II

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示