2021/04/20 更新

写真a

オダ マサフミ
尾田 雅文
ODA Masafumi
所属
地域創生推進機構 教授
■廃止組織■ 生産システム専攻 教授
工学部 工学科 教授
職名
教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 1996年3月   新潟大学 )

  • 工学修士 ( 1988年3月   新潟大学 )

  • 工学学士 ( 1986年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 機械要素、トライボロジー

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 設計工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ライフサイエンス / 医用システム

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

▶ 全件表示

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   工学部 工学科   教授

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   地域創生推進機構   教授

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   産学地域連携推進機構 知的財産創成センター   教授

    2011年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 生産システム専攻   教授

    2004年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 生産システム専攻   教授

    2004年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   社会連携推進機構 地域共同研究センター   教授

    2003年9月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   社会連携推進機構 地域共同研究センター   教授

    2003年9月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 職業能力開発総合大学校   助教授

    2003年4月 - 2003年8月

      詳細を見る

  • 近畿職業能力開発大学校   助教授

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

  • 職業能力開発総合大学校   助教授

    1997年7月 - 2001年3月

      詳細を見る

  • 職業能力開発総合大学校   講師

    1997年4月 - 1997年6月

      詳細を見る

  • 新潟職業能力開発短期大学校   講師

    1992年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

  • 新潟県工業技術センター   研究員

    1991年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

  • 新潟県工業技術センター   技師

    1989年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   教授

    2019年4月 - 現在

  • 新潟大学   地域創生推進機構   教授

    2016年4月 - 現在

  • 新潟大学   知的財産創成センター   教授

    2011年4月 - 2016年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 生産システム専攻   教授

    2004年4月 - 現在

  • 新潟大学   地域共同研究センター   教授

    2003年9月 - 2011年3月

学歴

  • 新潟大学大学院   自然科学研究科  

    - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学   Graduate School, Division of Engineering  

    - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学   工学部  

    - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • パラアイスホッケー用スレッジのフレーム形状に対する強度評価 査読

    阿部 佳峻, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 川越 健矢

    年次大会2019 ( 0 ) J02330P   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>Para Ice Hockey is an adaptive form of ice hockey used for athletes who have a disability which could be from limb loss, spinal cord injury, or a condition such as cerebral palsy. Athletes use a special sled called a 'sledge' to play Para Ice Hockey. Because Para Ice Hockey is a very physical sport, a sledge needs strength and stiffness. Foreign-made sledge is heavy and bad handling for Japanese athletes so there is a necessity of their weight saving. Therefore, Mg alloy sledge was manufactured because of weight saving. However, there were some problems about strength and stiffness for Mg alloy sledge. The purpose of this study is to evaluate strength of frame shape for Mg alloy sledge using finite element (FE) analysis. Based on the drawing, CAD models of Mg alloy prototype sledge were created, and their FE models were constructed. From FEA result on frontal impact, several high stress values were found in the sledge frame.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.J02330P

    CiNii Article

    researchmap

  • 髄内釘インプラントの形状が骨折部固定性に与える影響 査読

    佐野 匠, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 塩田 直史

    年次大会2019 ( 0 ) J02328P   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>Intramedullary nail fixation is one of the useful treatments for subtrochanteric fracture. In many cases, long type of intramedullary nail is applied to treatment of subtrochanteric fractures. A middle intramedullary nail, which has an intermediate length between long type and short type, was developed because of the viewpoint of minimally invasive. It is important to examine biomechanical influences on length and diameter of the intramedullary nail systems subjected to various loads. The aim of this study was to investigate the influence of length and diameter of intramedullary nail for subtrochanteric fracture models with Seinsheimer classification IIB using finite element analysis (FEA). Four types of intramedullary nail were considered: nail diameter 10mm and 12mm in long type, and nail diameter 10mm and 12mm in middle type. Subtrochanteric fracture finite element (FE) models with fracture type IIB that each nail was implanted were developed. A 1-mm-thick callus layer was set in the gap between bone fragments of the femur. As a result of FE analysis, the effectiveness of nail diameter increase was indicated from the viewpoint of bone union.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.J02328P

    CiNii Article

    researchmap

  • 骨折部固定性に与える髄内釘インプラントの軸径の影響

    佐野 匠, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 塩田 直史

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2019 ( 0 ) D014   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmehs.2019.56.D014

    CiNii Article

    researchmap

  • 腸骨大体靱帯を考慮した大腿骨近位部の骨折リスク評価 査読

    櫻井航太, 笹川圭右, 尾田雅文, 佐藤朗, 寺島正二郎, 原利昭

      39   175 - 180   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腿骨転子部骨折における髄内釘型インプラントと小径スクリュー併用による内固定への影響 査読

    田中 啓太, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 前原 孝, 原 利昭, 櫻井 航太

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集2018 ( 0 ) 1B08   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmebio.2018.30.1B08

    CiNii Article

    researchmap

  • 大腿骨有限要素モデルにおける腸骨大腿靱帯を考慮した骨折評価 査読

    櫻井 航太, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 佐藤 朗, 寺島 正二郎, 原 利昭

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2018 ( 0 ) K023   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmehs.2018.55.K023

    CiNii Article

    researchmap

  • 大腿骨近位部骨折における腸骨大腿靭帯の影響 査読

    笹川 圭右, 櫻井 航太, 尾田 雅文, 佐藤 朗, 原 利昭

    年次大会2018 ( 0 ) J0270202   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2018.J0270202

    CiNii Article

    researchmap

  • 長期臥床患者のQOL改善のための深部静脈血栓症予防装置の開発 査読

    横山 翔平, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 蛭川 浩史

    年次大会2018 ( 0 ) J0270404   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2018.J0270404

    CiNii Article

    researchmap

  • 小径スクリューを併用した髄内釘固定術の力学的検討 査読

    笹川 圭右, 田中 啓太, 尾田 雅文, 前原 孝, 櫻井 航太, 原 利昭

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2018 ( 0 ) K024   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmehs.2018.55.K024

    CiNii Article

    researchmap

  • 大腿骨転子下骨折モデルに対する髄内釘長さの影響 査読

    佐野 匠, 櫻井 航太, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 塩田 直史

    年次大会2018 ( 0 ) J0270201   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>Intramedullary nail fixation is one of the useful treatments for subtrochanteric fracture. The intramedullary nail used is selected from two types, long type and short type. In many cases, long intramedullary nail is applied to treatment of subtrochanteric fractures. However, there is discussion on application of long intramedullary nail from the viewpoint of minimally invasive. A middle intramedullary nail, which has an intermediate length between long type and short type, was developed. It is essential to conduct biomechanical investigations of the intramedullary nail systems subjected to various loads. The aim of this study was to investigate the influence of length of intramedullary nail for subtrochanteric fracture models with Seinsheimer classification IIB. Three types of intramedullary nail were considered: long type, middle type, and short type. Subtrochanteric fracture finite element (FE) models, which included the femoral fracture of Seinsheimer classification IIB and the intramedullary nail system, were developed. A 1-mm-thick callus layer was set in the gap between bone fragments of the femur. As a result of FE analysis, the effectiveness of middle intramedullary nail was indicated from the viewpoint of bone union and invasiveness.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2018.J0270201

    CiNii Article

    researchmap

  • 大腿骨転子部骨折における髄内釘のインプラント長さが与える骨折部固定性への影響 査読

    笹川 圭右, 尾田 雅文, 塩田 直史, 佐藤 徹, 原 利昭

    臨床バイオメカニクス39   167 - 173   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床バイオメカニクス学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 大腿骨転子下骨折の髄内釘固定術モデルに対するねじりの影響 査読

    野口 愛子, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 塩田 直史, 佐藤 徹, 原 利昭

    臨床バイオメカニクス38   47 - 54   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床バイオメカニクス学会  

    大腿骨転子骨折の固定術において髄内釘にプレートを併用した有限要素モデルを作成し、ねじり負荷が骨折部と固定インプラントの力学的状態に及ぼす影響について検討した。その結果、プレート併用による固定効果は、治癒初期段階のねじり負荷に対しては小さいことが示唆された。このことから、骨折治癒期間には、ねじり変形が作用するような動作を制限することが必要と考えられた。

    researchmap

  • 人工股関節ステムの弾性率傾斜モデルによる生体力学的解析 査読

    田中 啓太, 笹川 圭右, 原 利昭, 尾田 雅文, 山田 崇史, 櫻井 航太, 野口 愛子

    臨床バイオメカニクス38   267 - 274   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床バイオメカニクス学会  

    近年、ステムネック部の高強度化と低弾性化を両立することを目的として、ステムの弾性率を傾斜化できる新たなステム「TNSステム」が開発された。今回、同ステムの生体力学的解析を有限要素法で行い、対照ステム(弾性率を傾斜化させていないステム)と比較検討した。結果、「TNSステム」におけるステム遠位部の弾性率傾斜は、ステム遠位先端での骨接触部応力を一様にする一方で、骨への荷重伝達を良好にすることが示された。弾性率傾斜による初期固定性への影響はほとんどないと考えられた。

    researchmap

  • 数値解析手法を用いた人工股関節ステムの形状設計検討 査読

    笹川 圭右, 櫻井 航太, 尾田 雅文, 原 利昭, 田中 啓太, 中田 活也, 野口 愛子

    臨床バイオメカニクス38   259 - 265   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床バイオメカニクス学会  

    ステムの形状がTHAの初期固定性に及ぼす影響について検討した。セメントレスステムを埋植された70歳女性例の臨床データを用い、ステム形状デザインのパラメータ4指標(ステム横幅、ステム厚、ステム長、ポーラスコーティング範囲)が異なるステムモデル16種を作成して有限要素応力解析を行った。結果、4指標のうち初期固定性への影響度が最も高いのはステム長であった。このことからステム形状設計の際には特にステム長を重視する必要があると考えられた。

    researchmap

  • 大腿骨転子下骨折におけるストレッチ運動が骨折部位に与える生体力学的影響 査読

    野口 愛子, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 塩田 直史, 佐藤 徹, 原 利昭

    ライフサポート29 ( 3 ) 100 - 105   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)ライフサポート学会  

    大腿骨転子下骨折偽関節に対する髄内釘プレート固定例(60代男性)1例を対象とし、骨折治癒過程中のストレッチ運動が骨折部とその周辺に与える影響を有限要素法で解析した。結果、股関節屈曲・外転・外旋位で内側へのストレッチを行うと仮骨層に引張応力が生じ、骨癒合不全をきたす危険性があると考えられた。股関節屈曲・内転・内旋位で外側へのストレッチを行えば仮骨層に引張応力はほとんど生じず、骨癒合への影響は小さいと考えられた。

    researchmap

  • 弾性率傾斜機能を有する人工股関節ステムによる生体力学的解析 査読

    田中 啓太, 笹川 圭右, 原 利昭, 尾田 雅文, 櫻井 航太, 野口 愛子

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2017 ( 0 ) D032   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmehs.2017.54.D032

    CiNii Article

    researchmap

  • 大腿骨転子下骨折における髄内釘システムの選択 査読

    笹川 圭右, 尾田 雅文, 原 利昭, 塩田 直史

    年次大会2017 ( 0 ) J0250102   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2017.J0250102

    CiNii Article

    researchmap

  • 人工股関節ステムの最適形状設計に関する数値解析的検討 査読

    櫻井 航太, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 原 利昭, 中田 活也, 野口 愛子

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集2017 ( 0 ) D031   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmehs.2017.54.D031

    CiNii Article

    researchmap

  • Liver-targeted hydrodynamic gene therapy: Recent advances in the technique 査読

    Takeshi Yokoo, Kenya Kamimura, Hiroyuki Abe, Yuji Kobayashi, Tsutomu Kanefuji, Kohei Ogawa, Ryo Goto, Masafumi Oda, Takeshi Suda, Shuji Terai, Masafumi Oda

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY22 ( 40 ) 8862 - 8868   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BAISHIDENG PUBLISHING GROUP INC  

    One of the major research focuses in the field of gene therapy is the development of clinically applicable, safe, and effective gene-delivery methods. Since the first case of human gene therapy was performed in 1990, a number of gene-delivery methods have been developed, evaluated for efficacy and safety, and modified for human application. To date, viral-vector-mediated deliveries have shown effective therapeutic results. However, the risk of lethal immune response and carcinogenesis have been reported, and it is still controversial to be applied as a standard therapeutic option. On the other hand, delivery methods for non-viral vector systems have been developed, extensively studied, and utilized in in vivo gene-transfer studies. Compared to viral-vector mediated gene transfer, nonviral systems have less risk of biological reactions. However, the lower gene-transfer efficiency was a critical hurdle for applying them to human gene therapy. Among a number of nonviral vector systems, our studies focus on hydrodynamic gene delivery to utilize physical force to deliver naked DNA into the cells in the living animals. This method achieves a high gene-transfer level by DNA solution injections into the tail vein of rodents, especially in the liver. With the development of genome editing methods, in vivo gene-transfer therapy using this method is currently the focus in this research field. This review explains the method principle, efficiency, safety, and procedural modifications to achieve a high level of reproducibility in large-animal models.

    DOI: 10.3748/wjg.v22.i40.8862

    Web of Science

    researchmap

  • 大腿骨転子下骨折の髄内釘固定術モデルにおける力学的検討 査読

    野口 愛子, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 塩田 直史, 佐藤 徹, 原 利昭

    臨床バイオメカニクス37   173 - 179   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床バイオメカニクス学会  

    大腿骨転子下骨折に対する髄内釘法の適用では骨癒合のための整復位を保持することが難しく、固定力を高める目的でプレートが併用される。再手術に至った臨床例に基づいて構築した解析モデルに有限要素法によるシミュレーション解析を適用した。解析対象は60歳男性で、左大腿骨転子下骨折に髄内釘固定法を適用したが、偽関節およびインプラント破損に至り、新たな髄内釘とプレート固定併用により骨癒合が得られた。再術後CT画像を基に表面形状モデルを作成した。さらに3DCADソフトウェアを用いて大腿骨、髄内釘、プレート、スクリューのCADモデルを作成した。大腿骨転子下骨折治療における髄内釘インプラントの力学的状態と、プレート併用の影響を生体力学的に評価したところ、髄内釘固定治療におけるプレート追加の有用性が示された。骨折治療期間における繰り返し歩行荷重により、髄内釘インプラントの疲労破壊が生じる危険性も示唆された。

    researchmap

  • 高齢患者の多発骨盤骨折内固定における骨盤傾斜の影響 査読

    野口 愛子, 勝山 恵子, 笹川 圭右, 尾田 雅文, 塩田 直史, 寺島 正二郎, 原 利昭

    臨床バイオメカニクス36   157 - 164   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床バイオメカニクス学会  

    高齢患者の多発骨盤骨折内固定における骨盤傾斜の影響について検討した。骨盤の両側骨折を受傷し、内固定術により骨折部をプレートとスクリューで固定した75歳女性の臨床データを解析対象とした。骨盤患部の術後X線CT画像を基に、骨盤、プレートおよびスクリューそれぞれの三次元形状モデルを作成した。その結果、骨盤姿勢の後傾により、骨盤への負荷は増加傾向を示した。骨盤後傾姿勢では、インプラントへの負荷は増加傾向にあり、破損の危険性が高まることが示唆された。

    researchmap

  • 大腿骨ステム境界面におけるすべり量とステム長の関係 査読

    櫻井 航太, 笹川 圭右, 勝山 恵子, 原 利昭, 寺島 正二郎, 尾田 雅文, 中田 活也

    臨床バイオメカニクス36   171 - 180   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床バイオメカニクス学会  

    大腿骨ステム境界面におけるすべり量とステム長の関係について検討した。標準型セメントレスステムの人工股関節置換術(THA)を施行した10例(全例女性、平均67.0±6.3歳)を解析対象とした。THAの術前および術後にCT撮影を行った。術前および術後のCTスライス画像から、三次元画像再構築ソフトを用いて、大腿骨およびステムそれぞれの表面形状モデルを構築した。大腿骨の有限要素(FE)モデルには、術前CT画像から構築した大腿骨モデルとステムCADモデルをFEモデル構築に使用した。ステム長が50〜100%までの短縮化ならば初期固定性への影響は少なかった。ステム長の短縮化が30〜40%にかけては初期固定性が著しく低下した。

    researchmap

  • Quantitative single-cell motility analysis of platelet-rich plasma-treated endothelial cells in vitro 査読

    Tomoyuki Kawase, Takaaki Tanaka, Kazuhiro Okuda, Makoto Tsuchimochi, Masafumi Oda, Toshiaki Hara

    CYTOSKELETON72 ( 5 ) 246 - 255   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Platelet-rich plasma (PRP) has been widely applied in regenerative therapy due to its high concentration of growth factors. Previous in vitro and in vivo studies have provided evidence supporting the angiogenic activity of PRP. To more directly demonstrate how PRP acts on endothelial cells, we examined the PRP-induced changes in the motility of human umbilical vein endothelial cells by examining the involvement of VEGF. Time-lapse quantitative imaging demonstrated that in the initial phase (approximate to 2 h) of treatment, PRP substantially stimulated cell migration in a wound-healing assay. However, this effect of PRP was not sustained at significant levels beyond the initial phase. The average net distance of cell migration at 10 h was 0.45 +/- 0.16 mm and 0.82 +/- 0.23 mm in control and PRP-stimulated cells, respectively. This effect was also demonstrated with recombinant human VEGF and was significantly attenuated by a neutralizing anti-VEGF antibody. Immunofluorescent examination of paxillin and actin fibers demonstrated that PRP concomitantly up-regulated focal adhesion and cytoskeletal formation. Western blotting analysis of phosphorylated VEGFR2 demonstrated that PRP mainly stimulated the phosphorylation of immature VEGFR2 in a dose- and time-dependent manner, an action that was completely blocked by the neutralizing antibody. Taken together, these data suggest that PRP acts directly on endothelial cells via the activation of VEGFR2 to transiently up-regulate their motility. Thus, the possibility that PRP desensitizes target endothelial cells for a relatively long period of time after short-term activation should be considered when the controlled release system of PRP components is designed. (c) 2015 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/cm.21221

    Web of Science

    researchmap

  • An atmospheric-pressure plasma-treated titanium surface potentially supports initial cell adhesion, growth, and differentiation of cultured human prenatal-derived osteoblastic cells 査読

    Tomoyuki Kawase, Takaaki Tanaka, Hiromi Minbu, Mana Kamiya, Masafumi Oda, Toshiaki Hara

    JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART B-APPLIED BIOMATERIALS102 ( 6 ) 1289 - 1296   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    An atmospheric-pressure plasma (APP) treatment was recently reported to render titanium (Ti) surfaces more suitable for osteoblastic cell proliferation and osteogenesis. However, the mechanism of action remains to be clearly demonstrated. In this study, we focused on cell adhesion and examined the effects of the APP treatment on the initial responses of human prenatal-derived osteoblastic cells incubated on chemically polished commercially pure Ti (CP-cpTi) plates. In the medium containing 1% fetal bovine serum, the initial cell adhesion and the actin polymerization were evaluated by scanning electron microscopy and fluorescence microscopy. The expression of cell adhesion-related molecules and osteoblast markers at the messenger RNA level was assessed by real-time quantitative polymerase chain reaction. Although the cells on the APP-treated CP-cpTi surface developed fewer cytoskeletal actin fibers, they attached with higher affinity and consequently proliferated more actively (1.46-fold over control at 72 h). However, most of the cell adhesion molecule genes were significantly downregulated (from 40 to 85% of control) in the cells incubated on the APP-treated CP-cpTi surface at 24 h. Similarly, the osteoblast marker genes were significantly downregulated (from 49 to 63% of control) at 72 h. However, the osteoblast marker genes were drastically upregulated (from 197 to 296% of control) in these cells by dexamethasone and beta-glycerophosphate treatment. These findings suggest that the APP treatment improves the ability of the CP-cpTi surface to support osteoblastic proliferation by enhancing the initial cell adhesion and supports osteoblastic differentiation when immature osteoblasts begin the differentiation process. (C) 2014 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jbm.b.33114

    Web of Science

    researchmap

  • Novel electric power-driven hydrodynamic injection system for gene delivery: Safety and efficacy of human factor IX delivery in rats 査読

    T. Yokoo, K. Kamimura, T. Suda, T. Kanefuji, M. Oda, G. Zhang, D. Liu, Y. Aoyagi

    Gene Therapy20 ( 8 ) 816 - 823   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The development of a safe and reproducible gene delivery system is an essential step toward the clinical application of the hydrodynamic gene delivery (HGD) method. For this purpose, we have developed a novel electric power-driven injection system called the HydroJector-EM, which can replicate various time-pressure curves preloaded into the computer program before injection. The assessment of the reproducibility and safety of gene delivery system in vitro and in vivo demonstrated the precise replication of intravascular time-pressure curves and the reproducibility of gene delivery efficiency. The highest level of luciferase expression (272 pg luciferase per mg of proteins) was achieved safely using the time-pressure curve, which reaches 30 mm Hg in 10 s among various curves tested. Using this curve, the sustained expression of a therapeutic level of human factor IX protein (&gt
    500 ng ml-1) was maintained for 2 months after the HGD of the pBS-HCRHP-FIXIA plasmid. Other than a transient increase in liver enzymes that recovered in a few days, no adverse events were seen in rats. These results confirm the effectiveness of the HydroJector-EM for reproducible gene delivery and demonstrate that long-term therapeutic gene expression can be achieved by automatic computer-controlled hydrodynamic injection that can be performed by anyone. © 2013 Macmillan Publishers Limited.

    DOI: 10.1038/gt.2013.2

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Mechanical Evaluation for Fitting of NPPV Nasal Mask 査読

    Masafumi Oda, Keiichi Ninomiya, Toshiaki Hara

    Journal of Life Support Engineering25 ( 4 ) 124 - 129   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 小型静電容量型6分力触覚センシングシステムの試作 査読

    尾田雅文, 原利昭

    ライフサポート23 ( 3 ) 116 - 123   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5136/lifesupport.23.116

    researchmap

  • 大腿骨髄腔形状と骨質から見た楔状テーパー型セメントレスステムの適用 -初期固定性の生体力学的定量評価- 査読

    中田活也, 山村在慶, 富士武史, 樋浦耐, 山子剛, 尾田雅文, 原利昭, 菅本一臣, 吉川秀樹

    日本関節病学会誌29 ( 4 ) 485 - 494   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11551/jsjd.29.485

    researchmap

  • NPPV鼻マスク装着部の応力解析のためのFEモデル構築 査読

    二宮 敬一, 吉田 祐介, 尾田 雅文

    実践教育ジャーナル24 ( 4 ) 23 - 26   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • NPPV用鼻マスク装着時に作用する応力の計算力学的検討 査読

    二宮敬一, 吉田祐介, 半田俊弘, 尾田雅文, 原利昭

    ライフサポート21 ( 2 ) 70 - 75   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5136/lifesupport.21.70

    researchmap

  • セメントレスステムの初期固定性に関する生体力学的定量評価 査読

    中田活也, 山村在慶, 富士武史, 尾田雅文

    日本整形外科学会雑誌 ( 83 ) 2   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • NPPV用鼻マスク装着部における応力解析のための個人対応FEモデルの構築 査読

    二宮敬一, 吉田祐介, 尾田雅文, 原 利昭

    日本機械学会論文集(C編)75 ( 752 ) 1026 - 1032   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.75.1026

    Scopus

    researchmap

  • 義足ソケット形状決定のための下腿モデリングシステム 査読

    尾田雅文, 原利昭

    日本機械学会論文集(C編)75 ( 754 ) 1725 - 1732   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.75.1725

    Scopus

    researchmap

  • 中越沖地震における地場産業の被害と復興状況(共著)

    尾田雅文, 小浦方格, 原利昭

    日本機械学会2008年度年次大会講演資料集(9)   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Dynamic Mechanical Characteristics of Thorax Structure 査読

    Hisashi Ohkawa, Yushi Suzuki, Yutaka Kaneta, Masafumi Oda, Toshiaki Hara

    Journal of Biomechanical Science and Engineering3 ( 4 ) 468 - 477   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Thorax plays a crucial role in shielding internal organs from external loads. To establish a rational safety criterion for traffic accidents, it is important that we understand the mechanical behaviors of the thorax. We studied the response of thorax to impact experimentally. The purpose of this study is to understand the characterization of thoracic structure from measurement parameters by impact test. The specimen used was porcine thorax, the size of which was approximately equal to human thorax, after removing the internal organs. Using original test apparatus, the specimen was subjected to low energy impact and a sensitivity study was conducted to explore various parameters, including the response to the impact load, strain on each rib, and the acceleration and displacement in the thorax. Comparison of impact locations (front, back, and lateral) showed characteristic variations among the results. A frontal impact produced large acceleration and displacement. Therefore, it could be expected to stress the internal organs directly. In the case of an impact from behind, the impact response load was higher and the deformation of thorax was remarkably small. It appeared that the thoracic resists backward impact, and provides protection of internal organs. In lateral impact, the concentrated load tends to occur in the ribs, and the rib strain was high. Hence, the rib parts were prone to fracture, and the internal organs were subject to increased risk of secondary damages of the bone fracture due to bone sticking organs. In conjunction with the impact tests, static compressive tests were conducted. The deformation behavior of the thorax is grossly affected by the constraints of the binding of ligaments connecting bones. Therefore, this structure provides smooth elasticity by transforming the whole structure when a load is applied to the thoracic parts. This provided confirmation of the structural characteristics that were obvious in impact testing. This is the first time that attention has been paid to the thoracic structure and its deformation behavior has been investigated. The response of thoracic structures to external loads requires further research. © 2008, The Japan Society of Mechanical Engineers. All rights reserved.

    DOI: 10.1299/jbse.3.468

    Scopus

    researchmap

  • 法人化後の産学連携と知財事業(シンポジウム 知的財産における生命科学と医療との関わり,第598回新潟医学会) 招待

    尾田 雅文

    新潟医学会雑誌119 ( 8 ) 450 - 453   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Wavelet 解析を利用した下腿の超音波計測システムに関する研究 査読

    浅井 協子, 花房 昭彦, 不破 輝彦, 尾田 雅文, 中山 剛

    ライフサポート17 ( 3 ) 100 - 108   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5136/lifesupport.17.100

    researchmap

  • 車椅子シミュレータ操作時における視点位置移動特性に関する検討 査読

    尾田雅文, 磯村 恒

    日本機械学会論文集 C編69 ( 685 ) 2437 - 2444   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.69.2437

    researchmap

  • 逐次撃墜法を利用した車椅子操作時の非接触視点位置検出 査読

    鉄谷聖和, 尾田雅文, 首藤由里子

    職業能力開発報文誌15 ( 1 ) 1 - 8   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Direct Linear Transformation法を利用した車椅子移動時の非接触視点位置検出法の検討 第2報:2次元多重解像度解析を利用した検出法の改良 査読

    尾田雅文

    ライフサポート14 ( 1 ) 2 - 7   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5136/lifesupport.14.2

    researchmap

  • 2次元多重解像度解析を利用した非接触点位置検出法の検討 査読

    尾田雅文, 鉄谷聖和, 首藤由里子

    職業能力開発報文誌13 ( 2 ) 17 - 24   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 動的荷重条件下における人工股関節コンポーネントの歪み量評価 査読

    帆足雅晃, 尾田雅文

    職業能力開発報文誌13 ( 1 ) 43 - 50   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 2次元多重解像度解析法を利用した非接触視点位置検出法の検討 査読

    尾田雅文

    日本機械学会論文集 C編66 ( 650 ) 3406 - 3412   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.66.3406

    Scopus

    researchmap

  • Direct Linear Transformation法を利用した車椅子移動時の非接触視点位置検出法の検討 査読

    尾田雅文, 真田 希

    ライフサポート11 ( 3 ) 80 - 85   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5136/lifesupport.11.80

    researchmap

  • Ultrasonic technique for contact mechanism estimation of an artificial hip joint 査読

    Masafumi Oda, Tasuku Kanomata, Toshiaki Hara

    JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing42 ( 3 ) 560 - 567   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Mechanical Engineers  

    Ultrasonic techniques were developed to study the characteristics for contact mechanics of an artificial hip joint. Total Hip Replacement model was used to determine contact pressure distribution on an artificial aceptabular cup subjected to compressive load ranged from 196 N to 588 N in four femur positions. The contact pressure was found to be non-uniform and reaches more than 6 MPa. It was shown that the tendency of the pressure distribution is in agreement with that obtained by the computer simulation. Some preliminary results were also presented to illustrate the effect of the direction and the magnitude of the load applied to a femoral head on the contact pressure distribution on the aceptabular cup and to evaluate the contact mechanism of the artificial hip joint.

    DOI: 10.1299/jsmec.42.560

    Scopus

    researchmap

  • 超音波を利用した人工股関節の接触メカニズム評価法の検討 査読

    尾田雅文, 原 利昭

    日本機械学会論文集 A編64 ( 624 ) 2093 - 2099   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaia.64.2093

    researchmap

  • 超音波を利用した人工股関節の接触メカニズム評価 査読

    尾田雅文

    ライフサポート10 ( 3 ) 111 - 118   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5136/lifesupport.10.111

    researchmap

  • 超音波法による摺動時の摩擦力評価 査読

    尾田 雅文

    職業能力開発報文誌9 ( 2 ) 17 - 24   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 鋼-セラミクス摺動時の摺動初期における摩擦応力解析

    尾田雅文

    新潟職業能力開発短期大学校紀要3   8 - 13   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • AEを用いたTiN薄膜の付着力評価方法の検討 査読

    尾田雅文, 原 利昭

    日本機械学会論文集 A編62 ( 595 ) 865 - 871   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaia.62.865

    researchmap

  • 反射超音波の時間周波数解析を利用したゴム摺動面の接触圧力測定 査読

    尾田雅文, 原 利昭

    日本機械学会論文集 A編62 ( 598 ) 1425 - 1431   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaia.62.1425

    researchmap

  • ゴム摺動面のアブレージョンパターンに及ぼすスティックスリップ現象の影響 査読

    尾田雅文, 原 利昭

    日本機械学会論文集 A編61 ( 587 ) 1663 - 1668   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaia.61.1663

    researchmap

  • AEを用いたほう化処理鋼のトライボロジー特性評価 査読

    尾田雅文, 原 利昭

    日本機械学会論文集 C編61 ( 591 ) 4450 - 4456   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.61.4450

    researchmap

  • ゴム摺動時の接触圧力挙動

    尾田雅文

    新潟職業能力開発短期大学校紀要1   1 - 7   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 新素材等の耐摩耗特性に関する研究(硼化処理鋼の耐摩耗特性及びAE信号測定による危険予知)

    尾田雅文, 高野格, 田中亙, 桂沢豊

    新潟県工業技術研究報告書20   29 - 34   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 新素材等の耐摩耗特性に関する研究(セラミクス及び各種表面処理材の耐摩耗特性)

    尾田雅文, 高野格, 田中亙, 三村和弘

    新潟県工業技術研究報告書19   27 - 32   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 3D×テーラーメイド医療 実践股関節手術

    中田活也, 尾田雅文( 担当: 共編者(共編著者))

    金芳堂  2016年11月  ( ISBN:9784765316934

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 福祉工学(共著)

    依田光正, 塩田泰仁, 寺師良輝, 花房昭彦, 向後礼子, 垣本映, 河合俊宏, 松田康広, 依田麻子, 磯村恒, 根武谷吾, 船久保昭夫, 尾田雅文( 担当: 共著)

    理工図書  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 地域中小企業の高学歴インターンシップ受け入れ環境整備と新規産学連携ルート開拓

    坪川紀夫, 尾田雅文, 後藤隆夫, 中津普門, 長濱勝介( 担当: 共著)

    国立大学法人 新潟大学  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

    researchmap

  • 能登半島および中越沖地震による地場産業等の被害とその復興に関する臨時調査分科会成果報告書

    尾田十八, 尾田雅文( 担当: 共著 ,  範囲: 第2調査班中越沖地震担当)

    日本機械学会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

    researchmap

  • 大学特許の活用の成果例分析の研究報告書

    谷川紘太郎, 尾田雅文( 担当: 共著)

    国立大学法人 長崎大学  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

    researchmap

  • 「国際的な産学官連携を進める上で問題となるアジア各国(中国・韓国)と日本との特許制度における相違点に関する調査研究」に関する調査報告書

    長谷川彰, 尾田雅文( 担当: 編集)

    新潟県大学連合知的財産本部  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 大腿骨転子下骨折の骨折部固定性に及ぼす髄内釘長さの生体力学的評価

    笹川 圭右, 佐野 匠, 尾田 雅文, 塩田 直史, 佐藤 徹

    臨床バイオメカニクス40   45 - 52   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床バイオメカニクス学会  

    転子下骨折の治療において、適切な髄内釘インプラントの長さを選択するためには、骨折治療への影響を力学的・臨床的の双方から検討を行う必要がある。本研究では、転子下骨折の骨折部固定性について、髄内釘インプラントの長さによる影響を有限要素(FE)解析によって比較検討することを目的とした。転子下骨折の一分類手法であるSeinsheimer分類のType II A、II BおよびII Cに基づいた3種類の骨折モデルを対象とし、髄内釘が埋植された転子下骨折FEモデルをそれぞれ構築した。髄内釘インプラントには異なる長さをもつロング型、ミドル型、ショート型の3種類を使用した。解析の結果、仮骨部に生じる圧縮応力領域が広範囲であることによる骨髄合促進や、応力遮蔽の抑制への期待、さらに侵襲性の観点からミドル型の髄内釘インプラントの有効性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • Slot-scanning 3D X-ray imager(EOS)による脊椎アライメントの3次元評価に関する精度評価

    笹川 圭右, 岡本 昌士, 長谷川 和宏, 尾田 雅文, 原 利昭, 初鹿野 駿

    Journal of Spine Research8 ( 3 ) 618 - 618   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊椎脊髄病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 非定型大腿骨転子下骨折の治療成績 臨床成績と有限要素解析による力学的検討

    塩田 直史, 佐藤 徹, 黒田 崇之, 金澤 智子, 尾田 雅文, 笹川 圭右, 野口 愛子, 原 利昭

    骨折38 ( Suppl. ) S428 - S428   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 整形外科用インプラントの機能的デザイン

    櫻井 航太, 笹川 圭右, 勝山 恵子, 寺島 正二郎, 尾田 雅文, 原 利昭, 中田 活也

    新潟工科大学研究紀要 ( 20 ) 223 - 233   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟工科大学  

    Length of the femoral stem is reduced to prevent loosening and to preserve bone stock for potential revision surgery. However, the influence of the stem shortening on primary stability and weight bearing is not investigated enough from a dynamic viewpoint. In the present paper, we report primary stabilities of five femoral stems with different length based on clinical Total Hip Arthroplasty (THA) data. The length was based on standard type of tapered wedge-shaped cementless stem, defined as 100% of the stem length. Furthermore, comparison of femoral stems having 75%, 50%, 40% and 30% of the stem length was made. The subject was ten female patients operated for THA. Finite Element model implanted with five lengths of the femoral stem was loaded by forces representing two physiological activities: walking and stair climbing. In conclusion, when the stem length became less than 40%, the primary stability of the stem decreased. These results, suggested that excessive stem shortening had an influence on the weight bearing.

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1714/00000240/

  • テーパーウェッジ型ステムにおけるステム長と初期固定性に関する生体力学的解析

    中田 活也, 北田 誠, 田村 理, 大脇 肇, 冨士 武史, 尾田 雅文, 笹川 圭右, 勝山 恵子, 原 利昭

    日本整形外科学会雑誌89 ( 2 ) S176 - S176   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • テーパーウェッジ型ステムの初期固定性 スタンダードとショートタイプの比較

    中田 活也, 北田 誠, 秋山 慶輔, 大脇 肇, 尾田 雅文, 笹川 圭右, 勝山 恵子, 原 利昭

    日本整形外科学会雑誌88 ( 3 ) S959 - S959   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 超音波計測に基づく人体パーソナルモデリングと機器設計

    尾田雅文

    ケミカルエンジニアリング54 ( 5 ) 329 - 334   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:化学工業社  

    researchmap

  • 超音波人体計測による医療・福祉機器のオーダーメイド化技術の開発

    尾田雅文

    トライボロジスト54 ( 10 ) 683 - 688   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本トライボロジー学会  

    Web of Science

    researchmap

  • 地域産業支援部門 地域産業政策分野の活動

    尾田 雅文, 永山 庸男, 桝田 正美

    新潟大学災害復興科学センター年報1   109 - 112   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:新潟大学災害復興科学センター  

    researchmap

  • 超音波による下腿義足ソケット装着部の3次元生体形状計測

    小野創平, 尾田雅文, 坂本信, 寺島和浩, 原利昭

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集18th   447 - 448   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超音波による人工股関節の接触メカニズム評価

    尾田雅文

    非破壊検査 -検査と材料評価-53 ( 12 ) 776 - 777   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本非破壊検査協会  

    researchmap

  • 超音波波形のWavelet解析を利用した応力測定

    尾田雅文

    検査技術5 ( 6 ) 8 - 11   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本工業出版  

    researchmap

  • 超音波による人工股関節の接触メカニズム評価

    尾田雅文

    超音波TECHNO11 ( 8 ) 44 - 47   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本工業出版  

    researchmap

  • 海綿骨の超音波を用いた力学特性評価

    坂本信, 坂井淳, 尾田雅文, 夏目実, 鹿俣丞, 原利昭

    日本機械学会通常総会講演会講演論文集73rd ( Pt 1 ) 464 - 465   1996年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 技術高度化指針(機械Ⅰ 設計・組立)

    斎藤博, 長谷川光彦, 磯部達夫, 吉原英雄, 土佐進, 廣井晃, 野中敏, 坂井修, 尾田雅文, 柴山勉

    技術高度化指針(機械Ⅰ 設計・組立)   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:新潟県商工労働部  

    researchmap

  • 技術高度化指針(作業工具)

    渡部豈臣, 高野英資, 長谷川直, 兼古耕一, 佐藤則明, 横田優治, 紫竹耕司, 尾田雅文, 木村文夫

    技術高度化指針(作業工具)   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:新潟県商工労働部  

    researchmap

▶ 全件表示

産業財産権

  • 腸内洗浄用具

    尾田雅文

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-040966  出願日:2017年3月3日

    特許番号/登録番号:特許6845471  登録日:2021年3月2日 

    researchmap

  • 術前計画骨モデルの作製方法

    尾田雅文, 鶴間明, 原利昭, 笹川圭右, 勝山恵子

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-220505  出願日:2013年10月23日

    researchmap

  • 褥瘡予防用マットレス

    尾田雅文

     詳細を見る

    出願番号:特願2012-15858  出願日:2012年1月27日

    特許番号/登録番号:特許5776569  登録日:2015年7月17日  発行日:2015年

    researchmap

  • 画像処理装置および画像処理方法

    尾田雅文, 武田知己

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 新潟大学

    出願番号:2009‐204635  出願日:2009年9月4日

    researchmap

  • マスク形状決定支援システム,マスク形状決定支援方法およびマスク形状決定支援プログラム

    尾田雅文

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人新潟大学

    出願番号:特願2008-308075  出願日:2008年12月3日

    researchmap

  • 触覚センサ

    尾田雅文

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人新潟大学,外1組織

    出願番号:特願2007-227156  出願日:2007年8月31日

    公開番号:特開2009-58445  公開日:2009年3月19日

    researchmap

  • 物理量導出装置、物理量導出プログラム及び物理量導出方法

    尾田 雅文

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人新潟大学,外1組織

    出願番号:特許出願2007-56  出願日:2007年1月4日

    公開番号:特許公開2008-164556  公開日:2008年7月17日

    researchmap

  • 触覚センサ

    尾田 雅文

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人新潟大学,他1組織

    出願番号:特願2007-57  出願日:2007年1月4日

    公開番号:特許公開2008-164557  公開日:2008年7月17日

    researchmap

  • 3次元形状の計測装置およびその計測データによる義肢のソケット形状設計装置

    尾田 雅文

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 新潟大学

    出願番号:特許出願2005-77834  出願日:2005年3月17日

    公開番号:特許公開2006-255199  公開日:2006年9月28日

    特許番号/登録番号:特許第4304341号  発行日:2009年5月15日

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 地域医療機関と連携したバイオメカニクスを基盤とする術前検討・術中支援システム開発プロジェクト

    2015年04月 - 現在

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    バイオメカニクス分野は、整形外科分野および消化器外科分野との結びつきにより、欧米では治療方法や治療技術での顕著な成果が得られている。本プロジェクトでは、これまで医療機関と連携を図ってきた特異な研究体制基盤と協業力を生かして、整形外科分野の骨折治療、脊椎治療において、これまでの医師の経験値による外科インプラント治療に、バイオメカニクスに基づき、外科インプラントが骨格に与える影響を術前検討可能なシステムを地域医療機関との密な連携により、確実な治癒手法を目指す。

    researchmap

  • 新潟発・革新的脊椎診断/評価システムとインプラントの開発

    2013年04月 - 2016年03月

    新規産業創造型提案公募制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    患者数が多く、高度の治療が必要な脊椎疾患に使用する高機能インプラント(低弾性化、レーザー加工によるカスタムメイド化)と共に、正確に脊椎機能を評価するシステムを併せて開発・改良する.
    再生医療技術やモデルサージェリーを併用したシミュレーション技術のソフトウエアを組み合わせ、患者も医師も共に安全確実な結果が期待出来る脊椎疾患用医療製品・診断装置を中心とする新しい医用デバイス市場の創出を目指す.

    researchmap

  • ハイドロダイナミック遺伝子治療装置の制御パラメータ導出手法の開発

    2011年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    物理的非ウイルスベクターによる遺伝子治療の臨床応用を目指し、犬やブタ等の大型動物における効率的かつ再現性の高い、局所的ハイドロダイナミック遺伝子導入のための新規導入システムの安全性確立を目的とする。すなわち、Good Clinical Practiceに準拠した遺伝子導入機を開発するとともに、安全にシステム制御可能なアルゴリズムを確立し、大型動物におけるその有用性の確認を行う。本研究を遂行することにより、疾患モデル大動物と非ヒト霊長類を用いた臨床試験前段階への移行が可能になると共に、薬物の細胞内直接送達という新規分野開拓に寄与する。

    researchmap

  • ハイドロダイナミック遺伝子治療装置の制御パラメータ導出手法の開発

    2011年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    物理的非ウイルスベクターによる遺伝子治療の臨床応用を目指し、犬やブタ等の大型動物における効率的かつ再現性の高い、局所的ハイドロダイナミック遺伝子導入のための新規導入システムの安全性確立を目的とする。すなわち、Good Clinical Practiceに準拠した遺伝子導入機を開発するとともに、安全にシステム制御可能なアルゴリズムを確立し、大型動物におけるその有用性の確認を行う。本研究を遂行することにより、疾患モデル大動物と非ヒト霊長類を用いた臨床試験前段階への移行が可能になると共に、薬物の細胞内直接送達という新規分野開拓に寄与する。

    researchmap

  • ”ソフトな財=経験”による若手人材育成

    2009年07月 - 現在

    文部科学省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    若手研究人材が研究を通して学ぶベンチャー・ビジネス・ラボラトリーを基盤とし、地域共同研究センターおよび大学院との連携の下で、途切れることのない地域イノベーション創出のための地域中核人材の育成を図る。そのために経験による”ソフトな財”を、産官学コネクションズ・パートナーシップ等を活用して修得する。但し、実施対象組織や企業等との間で“ソフトな契約”を締結した上で、業種および企業の生産等が繁忙ではない時期を考慮して、本プログラム実施する。学びの場となる企業を公募することも含めて契約先を入念に決定し、幾つかの育成コースに分けてプログラムを実施する。契約先企業等との関係は有料、無料のいずれの場合もあり、必ずしも課題解決のみに固執せず、“有形無形の知の経験”修得を優先する。研修先とは互いに義務感と目的を共有し、”お客様ではなく、社員に限りなく近い実務経験”による本物のキャリア構築を図る。他方、ソリューション能力を活用し、地域社会での科学技術の理解促進や効果的理数教育支援、そのための施策の提案等もプログラムで学ぶ特徴の一つとする。

    researchmap

  • 地域中小企業の高学歴インターンシップ受入れ環境整備と新規産学連携ルート開拓

    2009年01月 - 2009年03月

    経済産業省  平成20年度中小企業高度人材確保のための長期企業内実務研修制度整備委託事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:10428000円 ( 直接経費:9820196円 、 間接経費:607804円 )

    ポスドクや博士課程学生等の高学歴技術者がインターンシップを通じて地域で活躍する仕組みを構築するために、現状のインターンシップにおける問題点について調査し、情報の集積と分析を行うとともに企業、学校及び行政関係者で構成される運営協議会を設置し、インターンシップ研修が地域企業にとって人材確保の場に留まらず企業活動の活性化に繋げるための方策や、企業と技術者をつなげるコーディネータの役割及びその育成について検討した。
    これらの検討をもとに、高学歴技術者を対象とした新しい長期インターンシッププログラムを開発・試行するとともに有効性を検証し、地域に対して理解の促進を図った。

    researchmap

  • 4次元感覚センシング・フィードバックによるNIPPV用鼻マスク形状の最適化

    2007年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 4次元感覚センシング・フィードバックによるNIPPV用鼻マスク形状の最適化

    2007年04月 - 2010年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3800000円 ( 直接経費:2660000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究では個々人の顔形状に適した鼻マスクのオーダー・メイド・システムを構築するために,レーザー光による被験者の顔形状計測,超音波による軟部組織の厚さ計測,血流速計測などの基礎データを収集する.さらに,得られた形状データに基づき鼻マスク装着時を考慮した有限要素パーソナルモデルを構築し,FEM応力解析を利用して気密性を確保した上で血流を損なわないマスク形状の提案を行うと共に,感圧導電ゴムを用いた4次元触覚センシングシステム等を構築・適用し,鼻マスク装着時において作用する接触圧力分布,トラクション荷重分布ならびに血流速の実測結果とFEM応力解析結果を比較検討し,システムの実用性の評価を行う.

    researchmap

  • 国際的な産学官連携を進める上で問題となるアジア各国(中国・韓国等)と日本との特許制度における相違点に関する調査研究

    2006年09月 - 2007年03月

    文部科学省  平成18年度21世紀型産学官連携手法の構築に係るモデルプログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    環日本海沿岸諸国の特許制度の相違点とそこから派生する産学連携分野における適切な契約内容等のあり方について調査研究を行った.
    将来予測される諸問題が未然に解決され、国内技術を保護し円滑で効果的な国際的産学連携に寄与できるものと思われる.

    researchmap

  • 触覚センシングについての研究

    2004年04月 - 2011年03月

    共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 超音波を利用した義足ソケット形状決定支援システム構築に関する研究

    2004年04月 - 2007年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3900000円 )

    下肢切断術後のリハビリテーション過程において,義足装着時の切端痛や皮膚の損傷が無視し得ない例が,極めて多く報告されている.義足の良否を決定する義足ソケットの適合に着目し,従来,「経験」や「勘」に基づく義足ソケット形状決定のプロセスを,超音波測長技術ならびにCAE技術を駆使することで,免荷と安定性を両立した義足ソケット形状の決定支援システムの構築を目指す.すなわち,義足ソケット装着により皮膚への圧迫や摩擦等により,皮膚の物理的損傷や血流等,生体にいかなる影響を及ぼすかを明らかにする.超音波測長で得られる軟部組織および骨組織の形状に基づき有限要素モデルを構築し,応力解析を行った結果に対し,前述の知見を適用することで,皮膚への負担を予測するとともに,いかなる義足ソケット形状が義足使用者に対し,負担が少ないかを明らかにする.

    researchmap

  • 義足ソケットの最適形状決定支援についての研究

    2000年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 車椅子操作時の非接触視点位置移動特性についての研究

    1996年04月 - 2003年03月

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 人工関節の接触メカニズムについての研究

    1995年04月 - 1998年03月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ゴムしゅう動時のトライボロジー特性に関する研究

    1991年04月 - 1995年03月

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 新素材等の耐摩耗性に関する研究

    1986年04月 - 1990年03月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示