2021/05/15 更新

写真a

ナカノ マサト
中野 雅人
NAKANO Masato
所属
医歯学総合病院 消化器外科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2002年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 大腸癌

  • 潰瘍性大腸炎

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学  / 下部消化管

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   助教

    2017年8月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   特任助教

    2016年4月 - 2017年7月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   特任助教

    2013年8月 - 2015年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   助教

    2017年8月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   特任助教

    2016年4月 - 2017年7月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   特任助教

    2013年8月 - 2015年3月

学歴

  • 新潟大学   医学部   医学科

    1996年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • Genomic characterization of colitis-associated colorectal cancer. 査読

    Kameyama H, Nagahashi M, Shimada Y, Tajima Y, Ichikawa H, Nakano M, Sakata J, Kobayashi T, Narayanan S, Takabe K, Wakai T

    World journal of surgical oncology16 ( 1 ) 121   2018年7月

  • Small bowel obstruction after ileal pouch-anal anastomosis with a loop ileostomy in patients with ulcerative colitis 査読

    Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Hashimoto, Yoshifumi Shimada, Saki Yamada, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Masato Nakano, Kohei Miura, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin-Ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    Annals of Coloproctology34 ( 2 ) 94 - 100   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Korean Society of Coloproctology  

    Purpose: Small bowel obstruction (SBO) remains a common complication after pelvic or abdominal surgery. However, the risk factors for SBO in ulcerative colitis (UC) surgery are not well known. The aim of the present study was to clarify the risk factors associated with SBO after ileal pouch-anal anastomosis (IPAA) with a loop ileostomy for patients with UC. Methods: The medical records of 96 patients who underwent IPAA for UC between 1999 and 2011 were reviewed. SBO was confirmed based on the presence of clinical symptoms and radiographic findings. The patients were divided into 2 groups: the SBO group and the non-SBO group. We also analyzed the relationship between SBO and computed tomography (CT) scan image parameters. Results: The study included 49 male and 47 female patients. The median age was 35.5 years (range, 14-72 years). We performed a 2- or 3-stage procedure as a total proctocolectomy and IPAA for patients with UC. SBO in the pretakedown of the loop ileostomy after IPAA occurred in 22 patients (22.9%). Moreover, surgical intervention for SBO was required for 11 patients. In brief, closure of the loop ileostomy was performed earlier than expected. A multivariate logistic regression analysis revealed that the 2-stage procedure (odds ratio, 2.850
    95% confidence interval, 1.009-8.044
    P = 0.048) was a significant independent risk factor associated with SBO. CT scan image parameters were not significant risk factors of SBO. Conclusion: The present study suggests that a 2-stage procedure is a significant risk factor associated with SBO after IPAA in patients with UC.

    DOI: 10.3393/ac.2017.06.14

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 【遠隔転移を有する大腸癌に対する治療戦略】 癌遺伝子変異解析パネルを用いた大腸癌Precision medicineへの取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 永橋 昌幸, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 凌 一葦, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    癌の臨床63 ( 6 ) 505 - 510   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    Stage IV大腸癌109例を対象とし、次世代シークエンサーを用いた癌遺伝子変異解析パネル(415遺伝子)で遺伝子変異を解析した。RAS変異群26例(23.9%)、RAS変異+PTEN欠失群16例(14.7%)、PTEN欠失+ERBB2増幅群16例(14.7%)、PTEN欠失+SRC増幅/欠失群8例(7.3%)、A11野生型群27例(24.8%)、BRAF変異+RNF43変異群9例(7.3%)、その他8例(7.3%)にカテゴリー分類された。実際に抗EGFR抗体薬を使用した40例の検討では、A11野生型群は、RASKETで判定できるKRAS/NRAS遺伝子以外の遺伝子に変異のある群に比べて、無増悪生存率(PFS)が有意に良好であった。

    researchmap

  • Feasibility of restorative proctocolectomy in patients with ulcerative colitis-associated lower rectal cancer: A retrospective study. 査読

    Hotta S, Shimada Y, Nakano M, Yamada S, Abe K, Oyanagi H, Yagi R, Tajima Y, Nakano M, Kameyama H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Asian journal of surgery   2018年2月

  • 閉塞性大腸炎のマネジメント (特集 閉塞性大腸癌 : ベストプラクティスを探す)

    亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 田島 陽介, 堀田 真之介, 山田 沙季, 中野 麻恵, 松澤 岳晃, 若井 俊文

    臨床外科 = Journal of clinical surgery73 ( 1 ) 48 - 53   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407211906

    CiNii Article

    researchmap

  • 【閉塞性大腸癌-ベストプラクティスを探す】 閉塞性大腸炎のマネジメント

    亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 田島 陽介, 堀田 真之介, 山田 沙季, 中野 麻恵, 松澤 岳晃, 若井 俊文

    臨床外科73 ( 1 ) 48 - 53   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>閉塞性大腸炎をきたす疾患として大腸癌が最も多いが,憩室炎,虚血性腸疾患,便秘なども原因となりうる.閉塞部から離れた口側腸管にびらん・潰瘍を認めることが多く,切除範囲の設定には注意を要する.ステント治療により,口側腸管の評価や減圧が可能となり,閉塞性大腸炎のマネジメントに変化がみられる.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407211906

    researchmap

  • 長期生存を得ている同時性多発肝転移・腹膜播種を伴う進行上行結腸癌の1例

    水戸 正人, 亀山 仁史, 島田 能史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 若井 俊文

    癌と化学療法44 ( 12 ) 1126 - 1128   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は73歳、男性。下腹部痛を主訴に受診し、精査で上行結腸癌、多発肝転移と診断され、結腸右半切除を施行した。術後のKRAS遺伝子検査ではcodon 12の変異を認めた。CapeOX+bevacizumab(Bv)療法後に肝部分切除を施行したが、5ヵ月後に新規肝転移病変を認めた。FOLFIRI+Bv療法後に再度肝部分切除を施行し、8ヵ月後にダグラス窩と右横隔膜下の腹膜播種を認めたため、同病変に対して低位前方切除、腹膜播種切除を施行した。6ヵ月後に右横隔膜下の腹膜播種、肺転移、胸膜播種を認め、sLV5FU2(+Bv)療法を継続している。初回手術から5年9ヵ月、全身状態良好で通院中である。近年、抗酸化ストレス蛋白の一つであるNAD(P)H:quinone oxidoreductase-1(NQO1)の抗癌剤耐性に関する報告が散見される。本症例の原発巣切除標本の免疫組織化学染色ではNQO1発現が陰性であり、病勢制御や長期生存に関与している可能性が考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • EQ-5D-5Lスコアを用いた大腸癌術後患者Quality of Life評価

    亀山 仁史, 島田 能史, 八木 亮磨, 山田 沙季, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法44 ( 12 ) 1083 - 1085   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    大腸癌術後患者の健康関連quality of life(QOL)を評価することを目的とした。QOL評価法として、EQ-5D-5Lを用いた。2017年1月に当科外来を受診した大腸癌術後患者30例を対象とした。年齢中央値は67.5歳、男性14例、女性16例であった。原発巣は結腸18例、直腸および肛門が12例であった。アンケート施行時に再発を有する症例が12例(40.0%)、化学療法中の症例は11例(36.7%)、ストーマ造設中の症例は3例(10.0%)であった。対象症例のEQ-5D-5Lスコア中央値は0.867(範囲:0.324〜1.000)であった。再発を有する症例のスコアは0.820であり、再発のない症例の0.948と比較して有意に低値であった(p=0.002)。女性のスコアは0.834であり、男性のスコア0.942と比較して有意に低値であった(p=0.015)。その他の因子ではスコアに差を認めなかった。EQ-5D-5Lスコアを用いた検討では、女性、再発を有することが大腸癌術後患者QOLの低下に関与していた。(著者抄録)

    researchmap

  • SRC増幅を認めた大腸癌の2例

    小柳 英人, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 市川 寛, 中野 麻恵, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    癌と化学療法44 ( 12 ) 1757 - 1759   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    SRC発現の亢進した癌は遠隔転移や薬剤耐性と関連があり、治療抵抗性とされている。今回、次世代シークエンサーによる415の癌関連遺伝子パネルを使用した後方視的な解析により、SRC増幅を認めた2例を報告する。症例1は62歳、男性。両葉多発肝転移を伴うRAS野生型cStage IVのS状結腸癌に対して、S状結腸切除を施行した。切除不能多発肝転移に対して、化学療法を行った。症例2は73歳、男性。肝外側区域に転移を伴うRAS野生型cStage IVの下行結腸癌に対して、左半結腸切除および外側区域切除を施行した。その後、肝再発に対して開腹ラジオ波焼灼術および化学療法を行った。SRC発現の亢進した大腸癌に対して、チロシンキナーゼ阻害薬による分子標的治療が有効であるという報告がある。包括的癌ゲノム検査により、新たな治療提案ができる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • [Quality of Life of Patients after Colorectal Cancer Surgery as Assessed Using EQ-5D-5L Scores]. 査読

    Kameyama H, Shimada Y, Yagi R, Yamada S, Hotta S, Tajima Y, Nakano M, Okamura T, Nakano M, Ichikawa H, Hanyu T, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1083 - 1085   2017年11月

     詳細を見る

  • [Two Cases of Colorectal Cancer with SRC Amplification]. 査読

    Oyanagi H, Shimada Y, Yagi R, Tajima Y, Ichikawa H, Nakano M, Nakano M, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Nogami H, Maruyama S, Takii Y, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1757 - 1759   2017年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Ascending Colon Cancer with Synchronous Liver Metastases and Peritoneal Dissemination]. 査読

    Mito M, Kameyama H, Shimada Y, Yamada S, Hotta S, Hirose Y, Yagi R, Tajima Y, Nakano M, Okamura T, Nakano M, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1126 - 1128   2017年11月

     詳細を見る

  • Comprehensive genomic sequencing detects important genetic differences between right-sided and left-sided colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Yusuke Muneoka, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Masato Nakano, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Tetsu Hayashida, Hiromasa Takaishi, Yuko Kitagawa, Eiji Oki, Tsuyoshi Konishi, Fumio Ishida, Shin-ei Kudo, Jennifer E. Ring, Alexei Protopopov, Stephen Lyle, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Takashi Ishikawa, Kohei Akazawa, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    ONCOTARGET8 ( 55 ) 93567 - 93579   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IMPACT JOURNALS LLC  

    Objectives: Anti-epidermal growth factor receptor (EGFR) therapy has been found to be more effective against left-sided colorectal cancer (LCRC) than right-sided colorectal cancer (RCRC). We hypothesized that RCRC is more likely to harbor genetic alterations associated with resistance to anti-EGFR therapy and tested this using comprehensive genomic sequencing.
    Materials and methods: A total of 201 patients with either primary RCRC or LCRC were analyzed. We investigated tumors for genetic alterations using a 415-gene panel, which included alterations associated with resistance to anti-EGFR therapy: TK receptors (ERBB2, MET, EGFR, FGFR1, and PDGFRA), RAS pathway (KRAS, NRAS, HRAS, BRAF, and MAPK2K1), and PI3K pathway (PTEN and PIK3CA). Patients whose tumors had no alterations in these 12 genes, theoretically considered to respond to anti-EGFR therapy, were defined as "all wild-type", while remaining patients were defined as "mutant-type".
    Results: Fifty-six patients (28%) and 145 patients (72%) had RCRC and LCRC, respectively. Regarding genetic alterations associated with anti-EGFR therapy, only 6 of 56 patients (11%) with RCRC were "all wild-type" compared with 41 of 145 patients (28%) with LCRC (P = 0.009). Among the 49 patients who received anti-EGFR therapy, RCRC showed significantly worse progression-free survival (PFS) than LCRC (P = 0.022), and "mutant-type" RCRC showed significantly worse PFS compared with "all wild-type" LCRC (P = 0.004).
    Conclusions: RCRC is more likely to harbor genetic alterations associated with resistance to anti-EGFR therapy compared with LCRC. Furthermore, our data shows primary tumor sidedness is a surrogate for the non-random distribution of genetic alterations in CRC.

    DOI: 10.18632/oncotarget.20510

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Prophylactic lateral pelvic lymph node dissection in stage IV low rectal cancer 査読

    Hiroshi Tamura, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Mae Nakano, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin-Ichi Kosugi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Toshifumi Wakai

    World Journal of Clinical Oncology8 ( 5 ) 412 - 419   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Baishideng Publishing Group Co., Limited  

    AIM: To assess the clinical significance of prophylactic lateral pelvic lymph node dissection (LPLND) in stage IV low rectal cancer. METHODS: We selected 71 consecutive stage IV low rectal cancer patients who underwent primary tumor resection, and enrolled 50 of these 71 patients without clinical LPLN metastasis. The patients had distant metastasis such as liver, lung, peritoneum, and paraaortic LN. Clinical LPLN metastasis was defined as LN with a maximum diameter of 10 mm or more on preoperative pelvic computed tomography scan. All patients underwent primary tumor resection, 27 patients underwent total mesorectal excision (TME) with LPLND (LPLND group), and 23 patients underwent only TME (TME group). Bilateral LPLND was performed simultaneously with primary tumor resection in LPLND group. R0 resection of both primary and metastatic sites was achieved in 20 of 50 patients. We evaluated possible prognostic factors for 5-year overall survival (OS), and compared 5-year cumulative local recurrence between the LPLND and TME groups. RESULTS: For OS, univariate analyses revealed no significant benefit in the LPLND compared with the TME group (28.7% vs 17.0%, P = 0.523)
    multivariate analysis revealed that R0 resection was an independent prognostic factor. Regarding cumulative local recurrence, the LPLND group showed no significant benefit compared with TME group (21.4% vs 14.8%, P = 0.833). CONCLUSION: Prophylactic LPLND shows no oncological benefits in patients with Stage IV low rectal cancer without clinical LPLN metastasis.

    DOI: 10.5306/wjco.v8.i5.412

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Intravenous Carnitine Administration in Addition to Parenteral Nutrition With Lipid Emulsion May Decrease the Inflammatory Reaction in Postoperative Surgical Patients. 査読

    Koyama Y, Moro K, Nakano M, Miura K, Nagahashi M, Kosugi SI, Tsuchida J, Ikarashi M, Nakajima M, Ichikawa H, Hanyu T, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T

    Journal of clinical medicine research9 ( 10 ) 831 - 837   2017年10月

  • Utility of comprehensive genomic sequencing for detecting HER2-positive colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Ryoma Yagi, Hitoshi Kameyama, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Mae Nakano, Masato Nakano, Yo Sato, Takeaki Matsuzawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Takashi Kawasaki, Kei-ichi Homma, Hiroshi Izutsu, Keisuke Kodama, Jennifer E. Ring, Alexei Protopopov, Stephen Lyle, Shujiro Okuda, Kohei Akazawa, Toshifumi Wakai

    HUMAN PATHOLOGY66   1 - 9   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC  

    HER2-targeted therapy is considered effective for KRAS codon 12/13 wild-type, HER2-positive metastatic colorectal cancer (CRC). In general, HER2 status is determined by the use of immunohistochemistry (IHC) and fluorescence in situ hybridization (FISH). Comprehensive genomic sequencing (CGS) enables the detection of gene mutations and copy number alterations including KRAS mutation and HER2 amplification; however, little is known about the utility of CGS for detecting HER2-positive CRC. To assess its utility, we retrospectively investigated 201 patients with stage I-IV CRC. The HER2 status of the primary site was assessed using IHC and FISH, and HER2 amplification of the primary site was also assessed using CGS, and the findings of these approaches were compared in each patient. CGS successfully detected alterations in 415 genes including KRAS codon 12/13 mutation and HER2 amplification. Fifty-nine (29%) patients had a KRAS codon 12/13 mutation. Ten (5%) patients were diagnosed as HER2 positive because of HER2 MC 3+, and the same 10 (5%) patients had HER2 amplification evaluated using CGS. The results of HER2 status and HER2 amplification were completely identical in all 201 patients (P < .001). Nine of the 10 HER2-positive patients were KRAS 12/13 wild-type and were considered possible candidates for HER2-targeted therapy. CGS has the same utility as IHC and FISH for detecting HER2-positive patients who are candidates for HER2-targeted therapy, and facilitates precision medicine and tailor-made treatment. (C) 2017 The Authors. Published by Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.humpath.2017.02.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 大腸全摘・回腸嚢肛門吻合術後に回腸嚢内腺癌を発症した家族性大腸腺腫症の1例

    橋本 喜文, 中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 島田 能史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌50 ( 6 ) 469 - 475   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は45歳の男性で,24歳時,家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis;以下,FAPと略記)に対して大腸全摘,W型回腸嚢肛門吻合術(ileal pouch anal anastomosis;以下,IPAAと略記)が施行された.術後,38歳時に施行した経肛門的内視鏡検査で回腸嚢内に約30個のポリープを認め,生検の結果,管状腺腫であった.44歳時に施行された経肛門的内視鏡検査で回腸嚢肛門吻合部の約1cm口側に8mm大の0-Is病変を認め,内視鏡的粘膜切除術を行った.病理組織診断の結果,腺腫内癌,高分化管状腺癌であった.現在も経肛門的内視鏡検査で経過観察中であるが,癌の再発や異所性癌の発生は認めていない.FAPに対する大腸全摘,IPAAの術後,回腸嚢内腺癌を認めた症例を経験した.早期発見・治療のためには,回腸嚢の定期的なサーベイランスが重要である.(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.2016.0055

    researchmap

  • 大腸全摘・回腸囊肛門吻合術後に回腸囊内腺癌を発症した家族性大腸腺腫症の1例

    橋本 喜文, 若井 俊文, 中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 島田 能史

    日本消化器外科学会雑誌50 ( 6 ) 469 - 475   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    <p> 症例は45歳の男性で,24歳時,家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis;以下,FAPと略記)に対して大腸全摘,W型回腸囊肛門吻合術(ileal pouch anal anastomosis;以下,IPAAと略記)が施行された.術後,38歳時に施行した経肛門的内視鏡検査で回腸囊内に約30個のポリープを認め,生検の結果,管状腺腫であった.44歳時に施行された経肛門的内視鏡検査で回腸囊肛門吻合部の約1 cm口側に8 mm大の0-Is病変を認め,内視鏡的粘膜切除術を行った.病理組織診断の結果,腺腫内癌,高分化管状腺癌であった.現在も経肛門的内視鏡検査で経過観察中であるが,癌の再発や異所性癌の発生は認めていない.FAPに対する大腸全摘,IPAAの術後,回腸囊内腺癌を認めた症例を経験した.早期発見・治療のためには,回腸囊の定期的なサーベイランスが重要である.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2016.0055

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 東京大学腫瘍外科・血管外科での国内研修を終えて

    中野 雅人

    日本臨床外科学会雑誌78 ( 2 ) 399 - 400   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 抗EGFR抗体薬が無効であったRAS野生型直腸癌に対して次世代シーケンサーによる癌関連遺伝子解析を施行した1例

    田島 陽介, 島田 能史, 八木 亮磨, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 三浦 宏平, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 12 ) 2280 - 2282   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は58歳、男性。血便を主訴に受診した。肛門直腸診で下部直腸に腫瘤を触知し、下部消化管内視鏡検査およびCT検査で肝・肺転移を伴う進行直腸癌と診断された。XELOX+bevacizumab療法を3コース施行してPRとなった後、局所制御のため腹会陰式直腸切断術を施行した。原発巣のKRAS遺伝子は野生型であった。術後にXELOX療法を14コース施行したが、アレルギー反応により中止した。脳転移が出現した後に二次治療としてIRIS+panitumumab療法を3コース施行したが、肝・肺・脳のいずれの転移巣も増大した。次世代シーケンサーによる遺伝子解析パネル(CancerPlex)により癌関連遺伝子を解析し、原発巣にBRAF変異を認めた。RAS-RAF-MAPK経路においてBRAFはRASの下流に位置する。そのため、BRAFに変異を認める場合、本症例のように抗EGFR抗体薬の治療効果が期待できない可能性がある。網羅的遺伝子解析により、個々の症例に最適な化学療法を選択できる可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • HER2陽性Stage IV大腸癌の1例

    松本 瑛生, 島田 能史, 八木 亮磨, 三浦 宏平, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 12 ) 2307 - 2309   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は51歳、男性。検診で便潜血陽性を指摘され、当院を受診した。精査の結果、左肺・左副腎への転移を伴う直腸癌と診断した。がん性腸閉塞に対してHartmann手術を施行した後、CapeOX+bevacizumab療法を3コース、IRIS+panitumumab療法を24コース、regorafenib療法を6コース、TAS-102療法を1コース施行した。その後、術後2年9ヵ月で左大腿骨頭転移、術後3年1ヵ月で小脳転移が出現した。左大腿骨頭置換術・小脳定位放射線照射療法を施行した後、best supportive careを行った。次世代シーケンサーによるがん遺伝子解析パネルであるCancerPlexを用いて、腫瘍組織におけるがん関連413遺伝子を網羅的に解析した。その結果、RAS遺伝子に変異を認めなかったが、HER2遺伝子の増幅を認めた。HER2受容体はEGFRと独立してMAPK経路を介して癌細胞増殖に関与するため、本症例では抗EGFR抗体薬が無効であった可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 抗EGFR抗体薬が奏効した切除不能大腸癌の1例

    八木 亮磨, 島田 能史, 三浦 宏平, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    癌と化学療法43 ( 12 ) 1800 - 1802   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    抗EGFR抗体薬はEGFR以下のシグナル伝達を遮断することで、抗腫瘍効果を発揮する。RAS変異型では、RASより下流のシグナル伝達が恒常的に活性化されているため、抗EGFR抗体薬の効果が期待できない。しかし近年、RAS変異だけではなくERBB2やFGFR1などのチロシンキナーゼ受容体の変異もしくは過剰発現、BRAFやPIK3CAなどの遺伝子変異も、抗EGFR抗体薬の治療抵抗性にかかわると指摘されている。そのため、これらの遺伝子を解析することにより、抗EGFR抗体薬が奏効する症例を的確に抽出できる可能性がある。CancerPlexは、次世代シーケンサーによる413種類のがん遺伝子解析パネルである。今回われわれはCancerPlexを用いてがん遺伝子解析を行い、上記の抗EGFR抗体薬の治療抵抗性にかかわる遺伝子がすべて野生型であり、かつ抗EGFR抗体薬が奏効した1例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • [A Case of Metastatic Colorectal Cancer with HER2 Overexpression/Amplification]. 査読

    Matsumoto A, Shimada Y, Yagi R, Miura K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Kameyama H, Nogami H, Maruyama S, Takii Y, Ichikawa H, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 2307 - 2309   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Metastatic Colon Cancer Dramatically Affected by Anti-EGFR Antibody Therapy]. 査読

    Yagi R, Shimada Y, Miura K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T, Nogami H, Maruyama S, Takii Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 1800 - 1802   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Systematic Analysis of Oncogene and Tumor Suppressor Genes for Panitumumab-Resistant Rectal Cancer with Wild RAS Gene - A Case Report]. 査読

    Tajima Y, Shimada Y, Yagi R, Okamura T, Nakano M, Kameyama H, Nogami H, Maruyama S, Takii Y, Miura K, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 2280 - 2282   2016年11月

     詳細を見る

  • Long-term survival in pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastases from colon cancer 査読

    Yosuke Tajima, Hitoshi Kameyama, Saki Yamada, Ryoma Yagi, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hajime Umezu, Toshifumi Wakai

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY14 ( 1 ) 286   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Meigs' syndrome is defined as the co-existence of benign ovarian fibroma or fibroma-like tumor, ascites, and pleural effusion. In contrast, pseudo-Meigs' syndrome is defined as the co-existence of other ovarian or pelvic tumors, ascites, and pleural effusion. In Meigs' and pseudo-Meigs' syndromes, ascites and pleural effusion resolve promptly after the complete resection of the ovarian or pelvic tumor(s). Secondary ovarian tumors from colorectal gastrointestinal metastases rarely cause pseudo-Meigs' syndrome; only 11 cases of pseudo-Meigs' syndrome secondary to colorectal cancers have been reported in the literature. Therefore, the prognosis and etiology of pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastasis from colorectal cancers remain unclear.
    Case presentation: We report here a rare case of pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastases from sigmoid colon cancer with long-term survival. A 47-year-old woman presented with abdominal distention of 1month duration. She developed acute dyspnea 2 weeks after the initial presentation. Colonoscopy and computed tomography revealed sigmoid colon cancer with an ovarian metastasis, along with massive ascites and bilateral pleural effusion. Emergency operation, including bilateral oophorectomy and sigmoidectomy, was performed. Subsequently, ascites and bilateral pleural effusion resolved rapidly. Curative hepatic resection was performed for liver metastases 29 months after the first operation, and as of this writing, the patient is alive with no evidence of a disease 78 months after the first operation. In general, colorectal cancer with ovarian metastasis is hard to cure, and long-term survival in patients with colorectal cancer with pseudo-Meigs' syndrome is rare. Our experience suggests that curative resection for pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastasis from colorectal cancer may offer long-term survival.
    Conclusions: Our experience suggests that pseudo-Meigs' syndrome can occur in a patient with colorectal cancer after metastasis to the ovaries, causing massive ascites and pleural effusion. Aggressive treatment, including R0 resection, for this disease if allowed by the patient's general condition may offer long-term survival.

    DOI: 10.1186/s12957-016-1040-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 十二指腸空腸部分切除術を施行した第4部原発十二指腸癌の1例

    丸山 智宏, 中野 雅人, 須田 和敬

    日本臨床外科学会雑誌77 ( 4 ) 833 - 838   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は59歳の男性で,心窩部不快感・食欲低下を主訴に来院した.腹部CTで十二指腸第4部に腫瘤性病変を認め,口側十二指腸および胃の拡張が認められた.上部消化管内視鏡検査で,第4部原発の十二指腸癌と診断し開腹手術を施行した.術中所見で横行結腸間膜に単発の腹膜播種を認めた.上腸間膜動脈リンパ節郭清を伴う十二指腸空腸部分切除術と腹膜播種巣を含めた横行結腸部分切除術を施行した.病理組織学的検査では,高分化型腺癌,pSS,ly0,v0であり,リンパ節転移は認めなかった.退院後は,S-1+CDDP療法を施行し,術後17ヵ月現在,再発なく外来通院中である.第4部原発の十二指腸癌の報告例は極めて少なく,その根治手術術式やリンパ節郭清範囲については確立されたものはない.十二指腸第4部に発生した原発性十二指腸癌の1例を経験したので,治療方針に関する考察を加え報告する.(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.77.833

    CiNii Article

    researchmap

  • Clinical significance of perineural invasion diagnosed by immunohistochemistry with anti-S100 antibody in Stage I-III colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Tomoki Kido, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-ichi Kosugi, Toshifumi Wakai, Yoichi Ajioka

    SURGERY TODAY45 ( 12 ) 1493 - 1500   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Perineural invasion (PN) diagnosed by hematoxylin-eosin (HE) staining is an important prognostic factor after curative-intent surgery in patients with colorectal cancer. However, the clinical significance of PN diagnosed by immunohistochemistry (IHC) has not been investigated. The present study assessed the clinical significance of PN diagnosed by IHC with an anti-S100 antibody in patients with colorectal cancer.
    We retrospectively enrolled 184 consecutive patients with stage I-III colorectal cancer who had undergone curative-intent surgery. We analyzed the absence/presence of PN diagnosed by HE staining (HE-PN) compared to that diagnosed by IHC with the anti-S100 antibody (S100-PN). Potential prognostic factors were identified by univariate and multivariate analyses of the overall and relapse-free survival. The statistics were used to assess the inter-observer reproducibility.
    The incidence of HE-PN and S100-PN among the 184 patients was 60 patients (32.6 %) and 113 patients (61.4 %), respectively (P < 0.001). A multivariate Cox proportional hazards regression model analysis indicated that S100-PN was an independent prognostic factor for both the overall and relapse-free survival. The value was 0.77 for S100-PN and 0.47 for HE-PN.
    PN diagnosed by IHC is an important prognostic factor in patients with colorectal cancer. An inter-observer assessment showed superior judgment reproducibility for S100-PN compared with HE-PN.

    DOI: 10.1007/s00595-014-1096-9

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 集学的治療により長期無再発生存が得られたS状結腸癌同時性多発肝転移の1例

    八木 亮磨, 亀山 仁史, 阿部 馨, 山田 沙季, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 若井 俊文, 長谷川 剛

    新潟医学会雑誌129 ( 12 ) 761 - 767   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は71歳男性。主訴は特になし。検診で便潜血陽性を指摘され精査を施行、肝両葉に計7個の多発肝転移を伴う進行S状結腸癌と診断された。原発巣切除(pT3N1M1(H2)pStage IV)を施行した後、Capecitabine+Oxaliplatin+Bevacizumabによる全身化学療法を計6コース施行した。有害事象は特に認めず、Response Evaluation Criteria in Solid Tumors v1.1判定では縮小率は38.7%でありPartial Responseであった。肝転移に対して切除可能と判断し、肝外側区域切除+6ヶ所の肝部分切除を行い、治癒切除となった。切除標本の病理組織結果では5病変に腺癌が認められ、S状結腸癌肝転移と診断された。残りの2病変には残存腫瘍を認めなかった。組織学的効果判定はGrade 2であった。術後にUFT/UZELによる化学療法を6ヵ月間行った。肝切除から1年6ヵ月後、肝S5に孤立性の肝転移を認めたため、肝S5の部分切除術を施行した。その後はUFT/UZELを継続し、外来通院中である。現在、初回手術から5年6ヵ月、無再発生存中である。切除不能・困難な肝転移を有する大腸癌に対して、Capecitabine+Oxaliplatin+Bevacizumabを用いた全身化学療法は有用である。(著者抄録)

    researchmap

  • 症例報告 集学的治療により長期無再発生存が得られたS状結腸癌同時性多発肝転移の1例

    八木 亮磨, 亀山 仁史, 阿部 馨, 山田 沙季, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 若井 俊文, 長谷川 剛, Yagi Ryoma, Kameyama Hitoshi, Abe Kaoru, Yamada Saki, Hosoi Mana, Tajima Yosuke, Nakano Mae, Nakano Masato, Shimada Yoshifumi, Wakai Toshifumi, Hasegawa Go

    新潟医学会雑誌129 ( 12 ) 761 - 767   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は71歳男性. 主訴は特になし. 検診で便潜血陽性を指摘され精査を施行, 肝両葉に計7個の多発肝転移を伴う進行S状結腸癌と診断された. 原発巣切除(pT3N1M1 (H2) pStage IV)を施行した後, Capecitabine+Oxaliplatin+Bevacizumabによる全身化学療法を計6コース施行した. 有害事象は特に認めず, Response Evaluation Criteria in Solid Tumors v1.1判定では縮小率は38.7%でありPartial Responseであった. 肝転移に対して切除可能と判断し, 肝外側区域切除+6か所の肝部分切除を行い, 治癒切除となった. 切除標本の病理組織結果では5病変に腺癌が認められ, S状結腸癌肝転移と診断された. 残りの2病変には残存腫瘍を認めなかった. 組織学的効果判定はGrade 2であった. 術後にUFT/UZELによる化学療法を6か月間行った. 肝切除から1年6か月後, 肝S5に孤立性の肝転移を認めたため, 肝S5の部分切除術を施行した. その後はUFT/UZELを継続し, 外来通院中である. 現在, 初回手術から5年6か月, 無再発生存中である. 切除不能・困難な肝転移を有する大腸癌に対して, Capecitabine+Oxaliplatin+Bevacizumabを用いた全身化学療法は有用である.

    CiNii Article

    researchmap

  • [A Case of Rectal Carcinoma with Recurrence around the Drainage Site Complicated by Fournier's Gangrene]. 査読

    Abe K, Kameyama H, Shimada Y, Yamada S, Soma D, Yagi R, Miura K, Tatsuda K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Nakano M, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 2291 - 2293   2015年11月

     詳細を見る

  • 卵巣癌直腸浸潤により直腸間膜内リンパ節転移を来した1例

    水木 亨, 島田 能史, 八木 寛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 辰田 久美子, 石川 卓, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 榎本 隆之

    癌と化学療法42 ( 12 ) 2300 - 2302   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は58歳、女性。腹部膨満を主訴に近医を受診し、その後当院産婦人科へ紹介された。胸腹骨盤部CT検査では、右卵巣腫大、多発肺転移、多発肝転移、腹膜播種を指摘され、さらにダグラス窩の腹膜播種は直腸への浸潤が疑われた。卵巣癌Stage IVに対して術前化学療法(paclitaxel+carboplatin療法)を3コース行った。その後、腹腔内の腫瘍減量手術(子宮・両側付属器摘出、大網部分切除、腹膜播種切除、Hartmann手術)を施行した。直腸間膜内に多発するリンパ節腫大を認めたため、下腸間膜動脈根部までのリンパ節郭清を行った。術後の病理組織学的診断では、右卵巣漿液性腺癌の診断となった。また、傍直腸リンパ節にも卵巣癌の転移が認められた。術後は化学療法を再開し、現在加療中である。卵巣癌の直腸浸潤では、直腸切除と直腸所属リンパ節郭清を行うことで卵巣癌の腫瘍減量手術に寄与する可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 症例報告 Pagetoid spreadを契機に発見された直腸癌術後局所再発の1例

    岩城 孝和, 亀山 仁史, 中野 雅人, 山田 沙季, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 島田 能史, 小山 諭, 若井 俊文, Iwaki Takawa, Kameyama Hitoshi, Nakano Masato, Yamada Saki, Hirose Yuki, Yagi Ryoma, Tajima Yosuke, Okamura Takuma, Nagahashi Masayuki, Shimada Yoshifumi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌129 ( 11 ) 692 - 698   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は80歳女性. 前医で下部直腸癌に対し経肛門的局所切除術が施行された. 局所切除後2年1か月目に, 外陰部から肛門にかけて掻痒を伴う紅色扁平隆起性病変が明らかとなった. 生検でPaget細胞が認められた. 乳房外Paget病は, 皮膚原発の一次性乳房外Paget病と二次性乳房外Paget病に分類され, 鑑別診断には免疫組織化学染色が有用である. 本症例では, 免疫組織化学染色でGCDFP-15陰性, CK20陽性, CK7陰性であり, Pagetoid spreadを伴う直腸癌局所再発と診断した. CT検査で所属リンパ節および遠隔転移を認めなかった. 外陰部膣合併切除を伴う腹会陰式直腸切断術を行うことで, 治癒切除となった. 直腸癌局所切除後のPagetoid spreadを伴う再発形式は稀であるが, Paget細胞遺残の可能性を考慮し, 外来通院時の肛門皮膚観察に注意すべきである.

    CiNii Article

    researchmap

  • 大腸癌肝転移、肺転移、腹膜播種の転移巣切除後長期生存した1例

    山本 潤, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 山田 沙季, 八木 亮磨, 辰田 久美子, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法42 ( 12 ) 1597 - 1599   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は73歳、女性。2003年6月に盲腸癌に対して結腸右半切除、D3リンパ節郭清を施行した。術中所見で原発巣近傍に腹膜播種を認めたが、同部の合併切除を行うことでR0切除となった。術後補助化学療法は行わなかった。外来で経過観察していたが、2004年12月、左肺上葉単発の肺転移に対し左肺上葉部分切除を施行した。2007年6月、肝S3単発の肝転移に対し肝外側区域切除を施行した。原発巣切除後11年9ヵ月、肝外側区域切除後7年9ヵ月が経過し、現在無再発生存中である。複数臓器へ異時性に転移再発を来した場合でも、癌の遺残なく切除を行うことで長期生存が得られる場合がある。全身状態が良好でR0切除が可能であれば、積極的に転移巣切除を考慮すべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • ドレナージ経路近傍に再発したフルニエ壊疽合併直腸癌の1例

    阿部 馨, 亀山 仁史, 島田 能史, 山田 沙季, 相馬 大輝, 八木 亮磨, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法42 ( 12 ) 2291 - 2293   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は71歳、女性。肛門会陰部の硬結と疼痛を主訴に受診した。直腸癌穿通によるフルニエ壊疽と診断し、切開ドレナージおよびS状結腸人工肛門造設術を施行した。術中の生検で中分化管状腺癌と診断された。術後経過は良好で、S-1+oxaliplatin(SOX)療法を4コース施行後、両側付属器と子宮腟合併切除を伴う腹会陰式直腸切除術を施行した。最終診断はpT4b(腟)N0M0、Stage IIであり、術後補助化学療法としてUFT/Leucovorin療法を行った。根治術後7ヵ月目に右肺に再発を認め、右肺部分切除術を施行した。その8ヵ月後、右肺と右臀部皮下組織内に再発を認めた。臀部再発は切除可能と判断し、大臀筋の一部を含めた右臀部腫瘍摘出術を行った。腫瘍は切開排膿時のドレナージ創沿いの深部組織に局在していた。後日、右肺部分切除術を施行し、その後再発なく、初回の切開排膿時のドレナージ手術から3年6ヵ月生存中である。フルニエ壊疽合併直腸癌のドレナージ術後には、ドレナージ経路に再発を来す可能性を考慮する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 側方リンパ節転移陽性Stage IV下部直腸癌の3例

    田村 博史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    癌と化学療法42 ( 12 ) 2303 - 2305   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    側方リンパ節転移陽性のStage IV下部直腸癌に対して側方リンパ節郭清を含む外科治療を行い、長期生存が得られている3例を報告する。症例1:61歳、男性。低位前方切除術、D3を施行した。5-FU肝動注療法・全身化学療法を行い、その後、肝転移に対して拡大肝右葉切除術・肝部分切除術を施行した。さらに肺転移再発に対して部分切除を行い、初回手術後9年6ヵ月経過し、無再発生存中である。症例2:53歳、男性。術前化学療法後に低位前方切除術、D3、腹膜播種切除を施行した。手術後6年3ヵ月経過し、無再発生存中である。症例3:48歳、男性。低位前方切除術、D3、肝右葉切除術、肝部分切除術を施行した。その後、肝転移・肺転移再発を来した。手術後4年経過し、現在、全身化学療法を継続中である。側方リンパ節転移陽性のStage IV下部直腸癌においても、R0切除の一環として側方リンパ節郭清は意義がある可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • Pagetoid spreadを契機に発見された直腸癌術後局所再発の1例

    岩城 孝和, 亀山 仁史, 中野 雅人, 山田 沙季, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 島田 能史, 小山 諭, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 11 ) 692 - 698   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は80歳女性。前医で下部直腸癌に対し経肛門的局所切除術が施行された。局所切除後2年1ヵ月目に、外陰部から肛門にかけてそう痒を伴う紅色扁平隆起性病変が明らかとなった。生検でPaget細胞が認められた。乳房外Paget病は、皮膚原発の一次性乳房外Paget病と二次性乳房外Paget病に分類され、鑑別診断には免疫組織化学染色が有用である。本症例では、免疫組織化学染色でGCDFP-15陰性、CK20陽性、CK7陰性であり、Pagetoid spreadを伴う直腸癌局所再発と診断した。CT検査で所属リンパ節および遠隔転移を認めなかった。外陰部腟合併切除を伴う腹会陰式直腸切断術を行うことで、治癒切除となった。直腸癌局所切除後のPagetoid spreadを伴う再発形式は稀であるが、Paget細胞遺残の可能性を考慮し、外来通院時の肛門皮膚観察に注意すべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • [Mesorectal Lymph Node Metastasis Arising from Rectal Invasion by an Ovarian Cancer--A Case Report]. 査読

    Mizuki T, Shimada Y, Yagi Y, Tajima Y, Nakano M, Nakano M, Tatsuda K, Ishikawa T, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Koyama Y, Wakai T, Enomoto T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 2300 - 2302   2015年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Long-Term Survival Following Metastasectomies of Liver Metastasis, Lung Metastasis, and Peritoneal Dissemination of Cecal Cancer]. 査読

    Yamamoto J, Nakano M, Shimada Y, Kameyama H, Yamada S, Yagi R, Tatsuda K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 1597 - 1599   2015年11月

     詳細を見る

  • [Three Cases of Stage Ⅳ Low Rectal Cancer with Lateral Pelvic Lymph Node Metastasis]. 査読

    Tamura H, Shimada Y, Yagi R, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Ishikawa T, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T, Nogami H, Maruyama S, Takii Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 2303 - 2305   2015年11月

     詳細を見る

  • 壁内転移を有した直腸癌の1例

    山田 沙季, 島田 能史, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 7 ) 409 - 414   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は76歳の女性。主訴は右鼠径部腫瘤。肛門指診で、肛門縁から2.5cmに下縁を有する2cm大の隆起性病変、および主病巣より肛門側に0.5cm大の粘膜下腫瘤を触知した。大腸内視鏡検査で、下部直腸に主座を有し一部肛門管に進展する2cmの2型腫瘍を認め、生検で中分化型腺癌と診断された。胸腹骨盤部CT検査では、右閉鎖、右総腸骨、右鼠径リンパ節の腫大を認めた。下部直腸癌cStage IIIbの術前診断にて、腹会陰式直腸切断術D3郭清、右鼠径リンパ節郭清を施行した。術後の病理組織学的検査では、組織型は中分化〜低分化充実型腺癌、主病巣の深達度はMPで、ly2、v1と脈管侵襲を認めた。また、右閉鎖リンパ節に2個、右総腸骨リンパ節に1個、そして右鼠径リンパ節に3個それぞれ転移を認め、下部直腸癌pStage IIIbの診断となった。主病巣の肛門側に、主病巣と非連続性で低分化充実型腺癌の粘膜下腫瘍を認め、そのさらに肛門側にリンパ管侵襲を認めた。同粘膜下腫瘍は、主病巣と非連続性であること、および主病巣と類似した組織型であることから直腸癌の壁内転移と診断された。また、同粘膜下腫瘍は、周囲にリンパ管侵襲を認め、さらに鼠径リンパ節転移を認めたことから、直腸における下方向リンパ流を介した壁内転移と推定された。(著者抄録)

    researchmap

  • 症例報告 肝硬変合併透析患者に発症したPTP誤飲による回腸穿通の1例

    阿部 馨, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 若井 俊文, Abe Kaoru, Kameyama Hitoshi, Yagi Ryoma, Nakano Mae, Nakano Masato, Shimada Yoshifumi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌129 ( 7 ) 415 - 422   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は54歳, 女性. 26歳時に輸血によりC型肝炎に罹患し, 48歳時に慢性腎不全により透析導入となった. 2013年12月, 血液透析後に腹痛が出現し, 腹部CT検査で小腸腸間膜への穿通所見を認めたため緊急手術を行った. 回腸と周囲腸間膜の腫脹がみられ, 回腸部分切除術を施行した. 回腸粘膜に陥入したpress through package(PTP)を認め, PTPによる回腸穿通と診断した. 術前腹部CT検査を再検討するとPTPに特徴的な陰影が描出されていた. PTP誤飲は自覚していない場合が多く診断は困難であるが, 消化管穿通・穿孔の一因となることを念頭に置き, multi-detector CT検査による詳細な画像検討を行うことが重要である.

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 壁内転移を有した直腸癌の1例

    山田 沙季, 島田 能史, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文, Yamada Saki, Shimada Yoshifumi, Yagi Ryoma, Nakano Mae, Nakano Masato, Kameyama Hitoshi, Kosugi Shin-ichi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌129 ( 7 ) 409 - 414   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は76歳の女性. 主訴は右鼠径部腫瘤. 肛門指診で, 肛門縁から2.5cmに下縁を有する2cm大の隆起性病変, および主病巣より肛門側に0.5cm大の粘膜下腫瘤を触知した. 大腸内視鏡検査で, 下部直腸に主座を有し一部肛門管に進展する2cmの2型腫瘍を認め, 生検で中分化型腺癌と診断された. 胸腹骨盤部CT検査では, 右閉鎖, 右総腸骨, 右鼠径リンパ節の腫大を認めた. 下部直腸癌cStage IIIbの術前診断にて, 腹会陰式直腸切断術D3郭清, 右鼠径リンパ節郭清を施行した. 術後の病理組織学的検査では, 組織型は中分化~低分化充実型腺癌, 主病巣の深達度はMPで, ly2, v1と脈管侵襲を認めた. また, 右閉鎖リンパ節に2個, 右総腸骨リンパ節に1個, そして右鼠径リンパ節に3個それぞれ転移を認め, 下部直腸癌pStage IIIbの診断となった. 主病巣の肛門側に, 主病巣と非連続性で低分化充実型腺癌の粘膜下腫瘍を認め, そのさらに肛門側にリンパ管侵襲を認めた. 同粘膜下腫瘍は, 主病巣と非連続性であること, および主病巣と類似した組織型であることから直腸癌の壁内転移と診断された. また, 同粘膜下腫瘍は, 周囲にリンパ管侵襲を認め, さらに鼠径リンパ節転移を認めたことから, 直腸における下方向リンパ流を介した壁内転移と推定された.

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝硬変合併透析患者に発症したPTP誤飲による回腸穿通の1例

    阿部 馨, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 7 ) 415 - 422   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は54歳、女性。26歳時に輸血によりC型肝炎に罹患し、48歳時に慢性腎不全により透析導入となった。2013年12月、血液透析後に腹痛が出現し、腹部CT検査で小腸腸間膜への穿通所見を認めたため緊急手術を行った。回腸と周囲腸間膜の腫脹がみられ、回腸部分切除術を施行した。回腸粘膜に陥入したpress through package(PTP)を認め、PTPによる回腸穿通と診断した。術前腹部CT検査を再検討するとPTPに特徴的な陰影が描出されていた。PTP誤飲は自覚していない場合が多く診断は困難であるが、消化管穿通・穿孔の一因となることを念頭に置き、multi-detector CT検査による詳細な画像検討を行うことが重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 初回腹腔鏡手術後に発症した外傷性腹壁ヘルニアの1例

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 須藤 翔, 田島 陽介, 中野 雅人, 小林 隆, 若井 俊文

    日本腹部救急医学会雑誌35 ( 4 ) 477 - 482   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    症例は29歳,男性。車同士の交通外傷で受傷し当院へ救急搬送された。下腹部にシートベルト痕を認め,全身CTで下顎骨,右鎖骨,左第10肋骨,右腓骨の多発骨折および腹腔内出血を認めた。消化管穿孔は明らかではなかったが,確定診断のため腹腔鏡手術の適応とした。S状結腸腸間膜損傷IIa(S)およびS状結腸損傷cIa(S)の診断でS状結腸切除術を施行した。しかし,術後腸閉塞となったため初回手術後8日目に腹部CTを施行した。腹部正中臍下部で小腸が皮下に脱出しており外傷性腹壁ヘルニア嵌頓と診断した。再手術とし開腹すると,ポートサイトではなく弓状線尾側の下腹部で腹直筋鞘が断裂していた。小腸部分切除を施行し,腹直筋鞘を直接縫合した。今後,腹部鈍的外傷において,診断を兼ねた腹腔鏡手術例は増えてくると思われる。外傷性腹壁ヘルニアは,まれな病態ではあるが,腹腔鏡手術にて見落としがちな腹壁の損傷には注意すべきである。(著者抄録)

    DOI: 10.11231/jaem.35.477

    CiNii Article

    researchmap

  • 【最新臨床大腸癌学-基礎研究から臨床応用へ-】 大腸癌の浸潤・転移 大腸癌骨転移・脳転移の臨床的特徴

    亀山 仁史, 島田 能史, 中野 麻恵, 中野 雅人, 若井 俊文

    日本臨床73 ( 増刊4 最新臨床大腸癌学 ) 179 - 182   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • 症例報告 単孔式腹腔鏡手術を行ったPress Through Packageによる小腸閉塞の1例

    下田 傑, 亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 野上 仁, 若井 俊文, Shimoda Takashi, Kameyama Hitoshi, Nakano Masato, Shimada Yoshifumi, Nogami Hitoshi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌129 ( 3 ) 151 - 155   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は79歳, 男性. 認知症治療のため当院に入院した. 軽度の貧血と体重減少を認めた. 精査のために施行した腹部CTで小腸内のPress Through Package(PTP)が確認された. 明らかな出血や腸閉塞症状が無く保存的に経過をみていたが, PTPはほとんど移動しなかった. 腸管浮腫, 腹痛も出現したため, 小腸内視鏡下でのPTPの摘出は行わず, 手術の方針とした. 単孔式腹腔鏡補助下にPTP摘出術を行った. 手術時間は80分で, 出血量は少量であった. 術後は特に問題なく経過した. 嚥下可能もしくは肛門より挿入可能な全てのものが消化管異物の原因となりうる. 高齢化社会に伴い, 今後このような症例は増加していくことが予想される. 単孔式腹腔鏡下手術は特に小腸良性疾患の手術に有用であると考える.

    CiNii Article

    researchmap

  • 単孔式腹腔鏡手術を行ったPress Through Packageによる小腸閉塞の1例

    下田 傑, 亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 野上 仁, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 3 ) 151 - 155   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は79歳、男性。認知症治療のため当院に入院した。軽度の貧血と体重減少を認めた。精査のために施行した腹部CTで小腸内のPress Through Package(PTP)が確認された。明らかな出血や腸閉塞症状が無く保存的に経過をみていたが、PTPはほとんど移動しなかった。腸管浮腫、腹痛も出現したため、小腸内視鏡下でのPTPの摘出は行わず、手術の方針とした。単孔式腹腔鏡補助下にPTP摘出術を行った。手術時間は80分で、出血量は少量であった。術後は特に問題なく経過した。嚥下可能もしくは肛門より挿入可能な全てのものが消化管異物の原因となりうる。高齢化社会に伴い、今後このような症例は増加していくことが予想される。単孔式腹腔鏡下手術は特に小腸良性疾患の手術に有用であると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 同一病巣内に神経内分泌腫瘍と腺癌の両者の成分を認めた直腸腫瘍の1例

    木戸 知紀, 島田 能史, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 若井 俊文, 岩渕 三哉

    日本大腸肛門病学会雑誌68 ( 2 ) 145 - 145   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 同一病巣内に神経内分泌腫瘍と腺癌の成分を認めた径8mmの直腸腫瘍の1例

    木戸 知紀, 島田 能史, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 若井 俊文, 岩渕 三哉

    日本大腸肛門病学会雑誌68 ( 1 ) 55 - 59   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    同一病巣内に神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumor;NET)と腺癌の成分を認める直腸腫瘍は非常に稀である.このような腫瘍の発生過程は,NETと腺癌の両者への分化傾向をもつ単一クローン由来,それぞれ別のクローンから発生した腫瘍の衝突の2つの可能性がある.症例は52歳,男性.便潜血陽性で下部消化管内視鏡検査を施行され,下部直腸に10mm大の粘膜下腫瘍様病変を指摘された.生検でNETの診断となり,同病巣に対し内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した.病理診断では,病巣は径8mmで,病巣内にNETと腺癌の成分があり,両成分の粘膜下層までの浸潤を認めた.病巣構築より一方から他方が発生した経路を除外できること,明らかな組織移行像を認めないこと,および免疫組織化学の染色態度の相違から,NETと腺癌が別々のクローンから発生した衝突腫瘍であると診断した.追加腸切除の適応とされ,腹腔鏡補助下超低位前方切除術,D2郭清を施行し,現在まで再発を認めていない.(著者抄録)

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.68.55

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 単孔式腹腔鏡補助下に切除した狭窄型虚血性小腸炎の1例

    須藤 翔, 亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 野上 仁, 若井 俊文, Sudo Natsuru, Kameyama Hitoshi, Nakano Masato, Shimada Yoshifumi, Nogami Hitoshi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌129 ( 1 ) 38 - 44   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】虚血性小腸炎は, 動脈硬化などを背景とした血流障害により, 小腸に虚血性病変が発生する疾患の総称である. 虚血性病変の治癒過程で瘢痕狭窄をきたす場合があり, 外科的治療の対象となる. 今回我々は, 単孔式腹腔鏡補助下手術を施行し, 良好な経過をたどった狭窄型虚血性小腸炎の1例を経験したので報告する. 【症例】患者は60歳, 男性, 高血圧, 脂質異常症の既往を有していた. 腹痛を自覚し当院を受診し, 腹部CT検査および小腸内視鏡検査の所見から虚血性小腸炎と診断された. 保存的治療により症状は軽快したが, 約1か月後に再度腹痛を自覚した. 腸閉塞と診断され, 経鼻イレウス管による腸管減圧が行われた. イレウス管造影検査では, 回腸に約10cm長の狭窄像を指摘された. 虚血性小腸炎による瘢痕狭窄であり, 保存的治療による改善は困難と考えられ, 単孔式腹腔鏡補助下手術が施行された. 臍を3cm切開し, ラッププロテクターミニタイプ, E・Zアクセスを装着した. 鉗子2本を用いて, 小腸全体を手繰るように観察した. 回腸終末部より約80cm口側の回腸に, 発赤と壁の硬化を認めた. 同部が狭窄部位であると判断し, 回腸を約18cm部分切除した. 病理組織学的検査では, 特異性炎症や悪性所見は認められず, 虚血性変化として矛盾の無い所見が認められた. 術後経過は良好で, 術後12病日目に退院した. 【考察】虚血性腸炎は左側結腸に好発し, 小腸病変の発生頻度は比較的低いと報告されている. しかし, 虚血性小腸炎は狭窄による腸閉塞をきたしやすいため, 外科的治療を要する割合が高い. 小腸は後腹膜や他臓器に固定されておらず, 体腔外への導出が容易であることなどから, 一般的に小腸疾患は腹腔鏡下手術の良い適応とされている. しかし, 腸閉塞をきたしやすい本疾患に対して, 腹腔鏡下手術が施行された症例の報告は少ない. 本症例では, 術前にイレウス管を留置し腸管の減圧が得られたこと, 小腸内視鏡検査やイレウス管造影検査により, 病変の局在や範囲を把握できていたことなどから, 腹腔鏡下手術が施行可能であると判断した. より整容性に優れた術式として単孔式腹腔鏡補助下手術を選択し, 安全に施行し得た. 【結論】狭窄型虚血性小腸炎は腸閉塞を呈することが多いが, イレウス管により腸管減圧が得られ, 術前に病変の局在や範囲が確認された状態であれば, 単孔式腹腔鏡補助下手術は安全に施行可能である.

    CiNii Article

    researchmap

  • 単孔式腹腔鏡補助下に切除した狭窄型虚血性小腸炎の1例

    須藤 翔, 亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 野上 仁, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 1 ) 38 - 44   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】虚血性小腸炎は、動脈硬化などを背景とした血流障害により、小腸に虚血性病変が発生する疾患の総称である。虚血性病変の治癒過程で瘢痕狭窄をきたす場合があり、外科的治療の対象となる。今回我々は、単孔式腹腔鏡補助下手術を施行し、良好な経過をたどった狭窄型虚血性小腸炎の1例を経験したので報告する。【症例】患者は60歳、男性。高血圧、脂質異常症の既往を有していた。腹痛を自覚し当院を受診し、腹部CT検査および小腸内視鏡検査の所見から虚血性小腸炎と診断された。保存的治療により症状は軽快したが、約1ヵ月後に再度腹痛を自覚した。腸閉塞と診断され、経鼻イレウス管による腸管減圧が行われた。イレウス管造影検査では、回腸に約10cm長の狭窄像を指摘された。虚血性小腸炎による瘢痕狭窄であり、保存的治療による改善は困難と考えられ、単孔式腹腔鏡補助下手術が施行された。臍を3cm切開し、ラッププロテクターミニタイプ、E・Zアクセスを装着した。鉗子2本を用いて、小腸全体を手繰るように観察した。回腸終末部より約80cm口側の回腸に、発赤と壁の硬化を認めた。同部が狭窄部位であると判断し、回腸を約18cm部分切除した。病理組織学的検査では、特異性炎症や悪性所見は認められず、虚血性変化として矛盾の無い所見が認められた。術後経過は良好で、術後12病日目に退院した。【考察】虚血性腸炎は左側結腸に好発し、小腸病変の発生頻度は比較的低いと報告されている。しかし、虚血性小腸炎は狭窄による腸閉塞をきたしやすいため、外科的治療を要する割合が高い。小腸は後腹膜や他臓器に固定されておらず、体腔外への導出が容易であることなどから、一般的に小腸疾患は腹腔鏡下手術の良い適応とされている。しかし、腸閉塞をきたしやすい本疾患に対して、腹腔鏡下手術が施行された症例の報告は少ない。本症例では、術前にイレウス管を留置し腸管の減圧が得られたこと、小腸内視鏡検査やイレウス管造影検査により、病変の局在や範囲を把握できていたことなどから、腹腔鏡下手術が施行可能であると判断した。より整容性に優れた術式として単孔式腹腔鏡補助下手術を選択し、安全に施行し得た。【結論】狭窄型虚血性小腸炎は腸閉塞を呈することが多いが、イレウス管により腸管減圧が得られ、術前に病変の局在や範囲が確認された状態であれば、単孔式腹腔鏡補助下手術は安全に施行可能である。(著者抄録)

    researchmap

  • Surgical curative resection after chemotherapy and portal vein embolization for multiple liver metastases of rectal cancer - Report of a case 査読

    Shinnosuke Hotta, Hitoshi Nogami, Mae Nakano, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy41 ( 12 ) 1794 - 1795   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 34-year-old woman presenting with bloody stools was diagnosed with a rectal tumor. Computed tomography (CT) revealed multiple liver masses in Couinaud segments IV, V, and VU. The lesions were diagnosed as multiple liver metastases from rectal cancer. Right trisegmentectomy of the liver was considered the optimal treatment option for curative resection
    however, liver volumetric examination using CT estimated that the remnant liver volume after right trisegmentectomy would be only 24.6 % of the total liver volume. Therefore, she underwent resection of the primary lesion followed by systemic chemotherapy for multiple liver metastases. She showed a partial response, according to the Response Evaluation Criteria in Solid Tumors, after 5 courses of capecitabine/oxaliplatin plus bevacizumab. Embolization of the right branch of the portal vein was performed to increase liver volume. A subsequent liver volumetric examination with CT estimated that the remnant liver volume after right trisegmentectomy would be 38.4 % of the total liver volume. Therefore, she underwent right trisegmentectomy of the liver for curative resection of the liver metastases. She had had no signs of recurrence at 3 years and 6 months after initial surgery.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of long-term survival in a patient with rectal cancer with virchow lymph node metastasis, liver metastases, and lung metastases 査読

    Hidehito Oyanagi, Hitoshi Kameyama, Hitoshi Nogami, Yoshifumi Shimada, Mae Nakano, Masato Nakano, Takashi Ishikawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy41 ( 12 ) 1674 - 1676   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 69-year-old man with advanced rectal cancer and liver metastases was treated with 2 courses of chemotherapy with irinotecan and S-1 followed by low anterior resection and partial hepatectomy. Chemotherapy with S-1 was then administered for 22 months. However, lung metastases developed, for which partial pneumonectomy was performed. Seven months later, computed tomography (CT) revealed swelling of the left supraclavicular lymph node. Despite chemotherapy with 5-fluorouracil, Leucovorin, and oxaliplatin (mFOLFOX6)
    5-fluorouracil, Leucovorin and irinotecan (FOLFIRI)
    and capecitabine plus bevacizumab, the lung metastases recurred and Virchow lymph node swelling was noted again. Accordingly, palliative therapy was administered. The patient died 3 years 1 month after Virchow lymph node resection. Herein, we describe a case of advanced rectal cancer, in which lung and Virchow lymph node metastases developed after liver metastasis. Surgical excision of the metastases resulted in long-term survival of 6 years following the first operation.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of curatively resected, locally advanced ascending colon cancer with ileal conduit invasion 査読

    Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Nogami, Mae Nakano, Masato Nakano, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy41 ( 12 ) 1677 - 1679   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 71-year-old man was referred to our hospital because of repeated bowel obstruction. He had previously undergone cystectomy with ileal conduit urinary diversion for the treatment of bladder cancer at the age of 28 years. Computed tomography revealed a mass in the ascending colon. Ileostomy was initially performed because of poor general condition that improved with postoperative nutrition management. Enema findings revealed ascending colon cancer and we therefore decided to perform curative surgery. Intraoperative findings revealed that the ascending colon cancer had invaded the ileal conduit. However, it was confirmed that the ureter-ileal conduit anastomosis and the mesentery of the ileal conduit could be preserved. We performed right colectomy and partial resection of the ileal conduit with curative intent. The pathological stage was pT4bpN0cM0, pStage II. There were no signs of recurrence 15 months after curative surgery.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Single-port laparoscopic stoma creation for fecal diversion - Experience of ten consecutive patients 査読

    Ryoma Yagi, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, You Sato, Tomoki Kido, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy41 ( 12 ) 1643 - 1644   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    Purpose: In the present study, we aimed to describe the surgical results of single-port laparoscopic stoma creation in our institution. Methods: We examined the safety of the surgical procedure and short-term results in 10 consecutive patients who underwent single-port laparoscopic stoma creation at our hospital between April 2011 and July 2013. Results: The median age of the patients was 60.5 (range, 31-75) years. Five patients were men, and 5 were women. There were 5 cases of colorectal cancer, 2 each of extramammary Paget's disease and uterine cancer, and one of perineal neurofibroma. Eight surgeries were performed for bowel obstruction or stenosis, and two surgeries were performed for other reasons. The median operative time was 59.5 (range, 40-91) min, blood loss volume was 0 (range, 0-10) mL, postoperative duration before commencement of oral intake was 2.5 (range, 1-4) days, and duration of postoperative hospital stay was 11 (range, 5-19) days. No short-term complications were noted after the surgery. Conclusion: Single-port laparoscopic stoma creation appears to be feasible in terms of safety and short-term surgical results, and may improve the quality of life of patients requiring fecal diversion.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of early gastric cancer completely responding to adjuvant chemotherapy for advanced colon cancer 査読

    Ryo Tanaka, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Masato Nakano, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin-Ichi Kosugi, Masahiro Minagawa, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy41 ( 12 ) 2364 - 2366   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 70-year-old man was referred to our hospital with ascending colon cancer (cT3N1M0, Stage IIIa), which was found during examinations following a positive fecal occult blood test. The patient was also diagnosed with early gastric cancer (cT1a, NO, MO, Stage IA) during a preoperative gastroscopy examination. A laparoscopically assisted right colectomy and D3 lymphadenectomy was performed for the ascending colon cancer. The postoperative pathological diagnosis was Stage IIIb (pT3N2), he was administered in combination with capecitabine plus oxaliplatin (CapeOX) as adjuvant chemotherapy before the treatment for the colon cancer. After 6 months of adjuvant chemotherapy, we were unable to detect any gastric lesions at the same location using gastroscopy, and so diagnosed a clinical complete response. A follow-up gastroscopy 6 months later showed the same findings. The patient has had no recurrence of gastric cancer for 18 months after the initial operation. He will continue to be followed up closely using gastroscopy. In this case, CapeOX as adjuvant chemotherapy for advanced colon cancer was also effective for early gastric cancer.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of an elderly patient who underwent single-incision laparoscopic surgery for small intestine cancer 査読

    Yoshifumi Hashimoto, Hitoshi Kameyama, Yuki Hirose, Ryoma Yagi, Mae Nakano, You Sato, Tomoki Kido, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Masato Nakano, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Takashi Kobayashi, Jun Sakata, Masahiro Minagawa, Shin-Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy41 ( 12 ) 2442 - 2443   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    An 81-year-old man presented with chief complaints of abdominal pain and vomiting. Intestinal obstruction was found at the time of admission to a local hospital in October 2011. Conservative treatment provided symptomatic relief
    however, he was readmitted with similar symptoms in December 2011. Small-intestinal wall thickening was detected by abdominal and pelvic computed tomography, and he was referred to our hospital. Small-bowel endoscopy revealed an elevated subcircumferential tumor in the jejunum. Biopsy revealed well to moderately differentiated adenocarcinoma diagnosed as jejunal cancer, which caused narrowing of the jejunum. Single-incision laparoscopy-assisted small-bowel resection was performed. The intraoperative findings were a tumor with inflammatory changes in the jejunum and enlarged surrounding lymph nodes. We performed regional lymph node dissection. Histopathological analysis showed moderately differentiated small-intestinal tubular adenocarcinoma and 2 of 5 lymph nodes positive for metastatic cancer cells. After an uneventful postoperative course, he was discharged on day 7. He preferred not to undergo postoperative adjuvant chemotherapy and quickly recovered his activities of daily living postoperatively. He stayed home until he developed abdominal distention resulting from peritoneal recurrence 1 year and 6 months postoperatively and died 1 month later.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of descending colon cancer with multiple liver metastases effectively treated with capecitabine/oxaliplatin (CapeOX) and bevacizumab 査読

    Mae Nakano, Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Yoshifumi Hashimoto, Mana Hosoi, Masato Nakano, Hitoshi Nogami, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Takashi Ishikawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy41 ( 12 ) 1785 - 1787   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 57-year-old woman was referred to our hospital because of descending colon cancer with multiple liver metastases. Abdominal magnetic resonance imaging (MRI) revealed 13 liver metastases across the lobes. We started combination chemotherapy with capecitabine/oxaliplatin (CapeOX) and bevacizumab. After 9 courses of the treatment, the number and size of the liver metastases were remarkably reduced on MRI. Left colectomy and partial hepatectomy were performed. Histopathological examination revealed no residual cancer cells in the colon but revealed a few cancer cells in 4 of 7 resected liver specimens. At 11 postoperative months, 1 liver metastasis reappeared, for which we performed laparoscopy-assisted partial hepatectomy. At 21 months after the second operation, the patient was well without any signs of recurrence. Thus, the combination chemotherapy with CapeOX and bevacizumab allowed for the successful resection of the tumor and metastasis in our patient who initially had unresectable colon cancer and multiple liver metastases.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 単孔式腹腔鏡手術を行った高齢者小腸癌の1例

    橋本 喜文, 亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 石川 卓, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法41 ( 12 ) 2442 - 2443   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は81歳、男性。主訴は腹痛、嘔吐で腸閉塞を生じ、近医で入院加療が行われた。保存的治療で症状は改善したが、2ヵ月後に同じ症状で再入院となった。腹部骨盤部CT検査で小腸壁の肥厚が指摘されたため、当院紹介となった。小腸内視鏡検査で空腸に亜全周性の隆起性腫瘍を認め、生検で高分化〜中分化腺癌と診断された。狭窄所見を伴う空腸癌と診断し、単孔式腹腔鏡補助下空腸部分切除術を行った。術中所見として、空腸に炎症性変化を伴う腫瘍が確認された。リンパ節の腫大を認めたため腸管周囲リンパ節の郭清を行った。病理組織結果は小腸中分化管状腺癌、リンパ節は2/5個で転移陽性であった。術後経過は良好で、7病日に退院となった。術後補助化学療法は希望されなかった。術後すぐに日常生活動作は回復し、自宅で生活されていた。術後1年6ヵ月ごろより腹膜再発による腹部膨満を生じ、1年7ヵ月で永眠された。(著者抄録)

    researchmap

  • 進行大腸癌の術後補助化学療法により完全奏効した早期胃癌の1例

    田中 亮, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法41 ( 12 ) 2364 - 2366   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は70歳、男性。検診の便潜血陽性を主訴に近医にて下部消化管内視鏡検査が行われ、2型上行結腸癌と診断された。術前の上部消化管内視鏡検査で、体中部後壁大彎に12mm大の0-IIa病変(tub1)を指摘された。上行結腸癌(cT3N1M0、Stage IIIa)、胃癌[cT1a(M)、N0、M0、Stage IA]の診断で、上行結腸癌に対して手術を先行、その後内視鏡的胃粘膜下層剥離術を行う方針とした。腹腔鏡補助下結腸右半切除、D3郭清を施行。術後経過良好で12病日に退院した。病理組織診断はtub1、pT3N2(4/15)、Stage IIIbで、35病日から術後補助化学療法としてCapeOXを6ヵ月間施行した。その後、上部消化管内視鏡検査を施行したが病変は指摘できず、6ヵ月後の再検でも同様であった。補助化学療法開始後1年6ヵ月経過したが、胃癌は臨床的に完全奏効の状態である。(著者抄録)

    researchmap

  • 全身化学療法および門脈塞栓術施行後に治癒切除を行った直腸癌多発肝転移の1例

    堀田 真之介, 野上 仁, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法41 ( 12 ) 1794 - 1795   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は34歳、女性。同時性多発肝転移を伴う直腸癌の診断で当院を紹介された。CT検査で肝S4、S5、S7に腫瘤を認め、治癒切除のためには右三区域切除が必要であった。CT volumetry検査では切除後の予測残肝容積率は24.6%であり、切除不能肝転移と判断した。下血の症状があることから原発巣切除を先行した。原発巣術後に、全身化学療法としてcapecitabine/oxaliplatin+bevacizumabを5コース施行した。新規病変はみられず、Response Evaluation Criteria in Solid Tumors判定でpartial responseであった。門脈右枝塞栓術を施行し、予測残肝容積率は38.4%まで増大した。切除可能と判断して肝右三区域切除を行い治癒切除となった。肝切除から3年6ヵ月経過し再発を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • 長期生存を得たVirchowリンパ節、肝、肺転移を伴った直腸癌の1例

    小柳 英人, 亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 中野 麻恵, 中野 雅人, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法41 ( 12 ) 1674 - 1676   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は69歳、男性。主訴は肛門痛。肝転移、側方リンパ節転移を伴う直腸癌[Rb](cT3N3M1a)、S状結腸癌(cT1N0M0)、上行結腸癌(cTisN0M0)と診断された。全身化学療法としてirinotecan+S-1を施行後、腫瘍は著明に縮小し、低位前方切除、回盲部切除を行った。その後、肝転移巣に対し肝前区域切除、S2部分切除を行い、術後にS-1を22ヵ月服用した。さらにCT検査で右肺S2、S6に転移巣を指摘され、右肺部分切除を行った。7ヵ月後のCT検査で左鎖骨上リンパ節の腫大が指摘され、Virchowリンパ節の単独転移と判断し切除を行った。切除後3ヵ月後に肺転移が出現したため、mFOLFOX6、FOLFIRI、capecitabine+bevacizumabによる全身化学療法を施行した。その後、肺病変は増大、左鎖骨上リンパ節も再増大し、緩和治療に移行した。Virchowリンパ節切除後、3年1ヵ月で永眠された。肝転移、肺転移切除後に生じたVirchowリンパ節転移を切除し、初回手術から6年の長期生存を得た症例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院における単孔式人工肛門造設術の検討

    八木 亮磨, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法41 ( 12 ) 1643 - 1644   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    目的:当科における単孔式人工肛門造設術の手術成績を明らかにする。対象・方法:2011年4月〜2013年7月の間に当院で単孔式人工肛門造設術を施行した連続10症例において、安全性、短期的な手術成績を検討した。全例でストーマサイトを切開し、プラットフォームにEZアクセスを用いた。結果:年齢中央値(範囲)は60.5(31〜75)歳、男性5例、女性5例。原疾患は、直腸癌3例、S状結腸癌1例、子宮癌3例、乳房外パジェット病2例、会陰神経線維腫1例であった。手術時間の中央値(範囲)は59.5(40〜91)分、出血量0(0〜10)mL、術後経口摂取開始時期2.5(1〜4)病日、術後の在院日数は11(5〜19)日であった。術後短期の合併症はみられなかった。結論:単孔式人工肛門造設術は、安全性、術後の短期成績ともに良好で、QOL改善に寄与していると思われた。(著者抄録)

    researchmap

  • CapeOX+Bevacizumab療法が著効した下行結腸癌多発肝転移の1例

    中野 麻恵, 亀山 仁史, 島田 能史, 橋本 喜文, 細井 愛, 中野 雅人, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法41 ( 12 ) 1785 - 1787   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は57歳、女性。検診便潜血陽性の精査で、多発肝転移を伴う下行結腸癌(1/4周、低分化腺癌)と診断された。肝転移はMRI検査で両葉に13個認め、術前化学療法の方針となった。capecitabine/oxaliplatin(CapeOX)+bevacizumab(BV)療法を9コース施行したところ、原発巣は瘢痕化、肝転移は5個と減少し、partial response(PR)と判定し、左結腸切除術、肝部分切除術を施行した。術中超音波検査では肝臓に7病変を認め、すべて部分切除が可能でR0の手術となった。病理診断では原発巣は癌細胞を認めず、肝転移は切除した7病変のうち4病変にわずかに癌細胞の残存を認めるのみであった。術後11ヵ月目に肝S5に単発の肝転移を認め、腹腔鏡補助下肝部分切除術を施行した。現在、21ヵ月無再発生存中である。CapeOX+BV療法は切除不能肝転移大腸癌に対して、根治切除を可能とする有用な治療法と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 回腸導管に浸潤した局所進行上行結腸癌に対して治癒切除を行った1例

    亀山 仁史, 島田 能史, 野上 仁, 中野 麻恵, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法41 ( 12 ) 1677 - 1679   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は71歳、男性。28歳時、膀胱癌に対して膀胱全摘術、回腸導管による尿路変向術が施行されていた。腸閉塞症状を繰り返すため当院を受診した。腹部骨盤部CT検査で、上行結腸に腫瘤性病変を認めた。腫瘤による腸閉塞と診断し緊急手術の適応と判断したが、全身状態が不良であり小腸人工肛門造設を行った。術後の栄養管理により全身状態は改善した。術中所見、術後の注腸造影検査で上行結腸癌と診断、根治手術の方針とした。術中所見では回腸導管に浸潤する上行結腸癌を認めたが、尿管回腸導管吻合部、回腸導管腸間膜の温存は可能であると判断した。回腸導管の部分切除を含めた右側結腸切除を行い、治癒切除となった。病理結果はtype2、55×44mm、tub1、med、T4b(回腸導管)N0M0、pStage IIであった。術後15ヵ月経過し再発を認めていない。局所進行上行結腸癌に対して回腸導管部分切除を行うことで、治癒切除となった1例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 【創傷の予防と治癒のための栄養療法】 創傷ケアにおける周術期栄養管理の役割

    小山 諭, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    WOC Nursing2 ( 7 ) 52 - 59   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    <Point>▼創傷治癒にはエネルギーや栄養素が必要である▼創傷治癒形式には、一期治癒、二期治癒、三期治癒の形式がある▼周術期栄養管理は、創傷治癒を円滑にし、術後合併症を減らし術後回復を順調にすることである(著者抄録)

    researchmap

  • 大網内リンパ節から胃大彎リンパ節転移を認めた右側結腸癌の2例 査読

    中野雅人, 瀧井康公, 丸山聡, 中山真緒, 福本将人

    日本大腸肛門病学会雑誌   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.67.173

    researchmap

  • Enhanced aquaporin 8 expression after subtotal colectomy in rat 査読

    Masato Nakano, Yu Koyama, Hitoshi Nogami, Tadashi Yamamoto, Toshifumi Wakai

    Open Journal of Gastroenterology3 ( 5 ) 252 - 258   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 肝ガス壊疽による播種性血管内凝固症候群、多臓器不全から救命しえた1例

    中野 雅人, 岡本 春彦, 岡村 拓磨, 小野 一之, 田宮 洋一

    日本消化器外科学会雑誌46 ( 6 ) 416 - 423   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は60歳の男性で,16年前膵頭部癌にて幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行されていた.2010年10月,残膵の体部癌に対し,胃全摘術,残膵全摘術,脾摘出術を施行した.3病日に肝・腎不全,播種性血管内凝固症候群となり,CTで肝左葉にガス像を認めガス産生性肝膿瘍と診断した.7病日に正中創経由のドレナージを行い,肝・腎不全,播種性血管内凝固症候群はやや改善したが,炎症所見は改善せずCT所見も不変であった.15病日にドレナージ創を広げ肝左葉の一部を可及的に切除した.摘出した肝組織はスポンジ状に変性し,脈管も全て消失し完全な壊死に陥っており,肝ガス壊疽と診断した.以後,正中開放創から創外に脱出する壊死肝をベッドサイドで約4ヵ月間計11回にわたり切除した結果,肝左葉が全て消失し炎症所見も改善した.血流不全を伴う肝ガス壊疽には穿刺または開放ドレナージの効果はわずかで,壊死組織の除去が重要と考えられた.(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.2012.0159

    CiNii Article

    researchmap

  • Pathologically complete response for unresectable stage IV rectal cancer using systemic chemotherapy with panitumumab - A case report 査読

    Takeo Bamba, Takeyasu Suda, Masato Nakano, Tetsuro Terashima, Hajime Umezu

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy39 ( 2 ) 311 - 315   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a case of rectal cancer resulting in a pathologically complete response of the primary tumor by systemic chemotherapy with panitumumab, a new endothelial growth factor receptor (EGFR) antibody. A 56-year-old man was diagnosed as having unresectable Stage IV rectal cancer with local invasion and lung metastasis, and underwent systemic chemotherapy by FOLFOX, combined with panitumumab as a first-line therapy. After 3 courses of FOLFOX and 3 courses of FOLFOX with panitumumab, the treatment regimen was changed to FOLFIRI with panitumumab to prevent peripheral neuropathy. After 5 courses of FOLFIRI with panitumumab, pelvic computed tomography (CT) revealed that the primary tumor was markedly reduced, and the intrapelvic direct invasion was resolved. On the post-treatment chest CT, lung metastasis had disappeared. A low anterior resection preserving the automatic nerves, the colonic J-pouch and anal anastomosis, was performed 20 days after the last chemotherapy. Although the whole tumor-like lesion of the specimen was sectioned macroscopically at 5-mm intervals, no vivid tumor cells were detected at the pathological examination. The patient's postoperative course was uneventful, and no recurrence occurred 5 months after the operation. The EGFR receptor antibody is reported to have a significant anti-cancer effect for colorectal cancer without the KRAS gene mutation. In cases with relatively large tumors especially, EGFR antibody can be an effective first-line treatment.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Panitumumabを用いた化学療法で病理学的CRが得られた切除不能Stage IV直腸癌の1例

    番場 竹生, 須田 武保, 中野 雅人, 寺島 哲郎, 梅津 哉

    癌と化学療法39 ( 2 ) 311 - 315   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    切除不能Stage IV直腸癌に対し、新規分子標的治療薬の抗上皮成長因子受容体(endothelial growth factor receptor:EGFR)薬であるpanitumumabを用いた化学療法を行い、病理学的完全寛解(complete response:CR)が得られた1例を報告する。症例は56歳、男性。局所浸潤と肺転移を伴う切除不能直腸癌に対して、一次治療としてFOLFOXとpanitumumabの併用化学療法を行った。FOLFOXを計6回(そのうちpanitumumabとの併用を3回)行った後、末梢神経障害の予防目的にFOLFIRIとpanitumambの併用治療に変更した。同治療を5回施行した後、CT検査で骨盤内の周囲直接浸潤所見は改善し、肺転移は消失した。最終化学療法から20日後に自律神経全温存の超低位前方切除および結腸嚢-肛門吻合術を施行した。肉眼的に腫瘍様にみえる部分を全割して病理学的検索を行ったが、大部分が肉芽組織に置換され、わずかに残る癌細胞もすべて変性・壊死しており、病理学的CRと診断した。術後経過は良好で、手術5ヵ月後の時点で再発を認めていない。抗EGFR薬はKRAS遺伝子に変異のない大腸癌に対して、良好な治療成績が報告され、特に腫瘍量の多い症例に対しては、一次治療として有効な選択肢の一つと考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 腫瘍内巨大膿瘍形成をみた胃腸管間質腫瘍(GIST)の1例 GIST内嚢胞化の機序に関する考察

    工藤 まどか, 深瀬 眞之, 内ヶ崎 新也, 鈴木 聡, 中野 雅人, 大橋 拓

    鶴岡市立荘内病院医学雑誌22   9 - 17   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    巨大腹腔内膿瘍から肺炎・成人呼吸窮迫症候群(ARDS)をきたし、挿管・人工呼吸器管理と経皮的膿瘍ドレナージを施行したが、入院8日(全経過約3ヵ月)で死亡した20歳代男性例を経験した。剖検所見では、膿瘍壁の各所で胃腸管間質腫瘍(gastrointestinal stromal tumor、以下GIST)の所見が観察され、GISTの穿孔は認めず、腫瘍内部が嚢胞化し腸内細菌の感染が起こり膿瘍を呈したものと考えた。膿瘍壁と胃内腔との間には細い瘻孔が形成されており、胃や十二指腸にも膿瘍内と同様の膿が少量存在した。高度の肺炎とGIST内膿瘍による敗血症が死因と考えられた。GIST内嚢胞化・膿瘍化の機序を考察するために自験27例のGISTについて嚢胞の有無、背景病変の検討を行った。(著者抄録)

    researchmap

  • グローブ法による単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の経験

    寺島 哲郎, 須田 武保, 中野 雅人, 番場 竹生

    新潟医学会雑誌125 ( 8 ) 427 - 433   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    腹腔鏡下胆嚢摘出術は近年、より低侵襲で整容性に優れた手技として単孔式腹腔鏡下手術が試みられており、その方法も様々である。今回我々はその一手法であるグローブ法を経験したので報告する。対象は3例(男性1名、女性2名)2例は胆石症、1例は胆嚢腺筋症であった。3例の平均手術時間は75分、術中出血は全例とも少量、トロッカーの追加挿入、開腹移行例も認めなかった。術後経過も通常の腹腔鏡下手術と同等であり、合併症もなく、臍部切開創の感染も認めなかった。平均在院期間は5日であった。グローブ法は、カメラと鉗子の干渉は存在するものの十分に実用的であり、従来の腹腔鏡下手術に代わるスタンダードとなり得ると思われた。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • グローブ法による単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の経験

    寺島 哲郎, 須田 武保, 中野 雅人, 番場 竹生, Terashima Tetsuro, Suda Takeyasu, Nakano Naoto, Bamba Takeo

    新潟医学会雑誌125 ( 8 ) 427 - 433   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    腹腔鏡下胆嚢摘出術は近年, より低侵襲で整容性に優れた手技として単孔式腹腔鏡下手術が試みられており, その方法も様々である. 今回我々はその一手法であるグローブ法を経験したので報告する. 対象は3例 (男性1名, 女性2名) 2例は胆石症, 1例は胆嚢腺筋症であった. 3例の平均手術時間は75分, 術中出血は全例とも少量, トロッカーの追加挿入, 開腹移行例も認めなかった. 術後経過も通常の腹腔鏡下手術と同等であり, 合併症もなく, 臍部切開創の感染も認めなかった. 平均在院期間は5日であった. グローブ法は, カメラと鉗子の干渉は存在するものの十分に実用的であり, 従来の腹腔鏡下手術に代わるスタンダードとなり得ると思われた.

    CiNii Article

    researchmap

  • Damage control surgery での一時的閉腹に創部保護リトラクター Applied Alexis ^<TM> を用いた1例

    大橋 拓, 二瓶 幸栄, 大滝 雅博, 中野 雅人, 鈴木 聡, 三科 武

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine31 ( 5 ) 777 - 781   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    damage control surgeryにおいて創部保護リトラクターApplied AlexisTM(Alexis)を用いたsilo closure法で一時的閉腹を行った1例を報告する。症例は17歳男性。自動二輪運転中の事故で肛門近傍の陰部裂創とそれに連続する開放骨盤骨折を受傷し,当院へ搬送された。陰部裂創からの出血によりショックとなったが,体表からの止血は困難であったため,開腹し骨盤内ガーゼパッキングを行い止血した。後日にplanned reoperationを行う方針とし,術中使用したAlexisの創外リングを捻転してairtightとし,滅菌ドレープで被覆して一時的に閉腹した。第4病日にガーゼ抜去と人工肛門造設を行った。Alexisによる閉腹と再開腹は迅速かつ容易に行い得た。術後腹部手術部位感染を認めなかった。Alexisを用いたsilo closure法は,気密性の高い腹腔閉鎖を可能とし,臓器保護や感染に対して有効である。また,abdominal compartment syndromeへはAlexisによる吊り上げsiloでの対応を検討すべきである。

    DOI: 10.11231/jaem.31.777

    CiNii Article

    researchmap

  • Damage control surgeryでの一時的閉腹に創部保護リトラクターApplied Alexisを用いた1例

    大橋 拓, 二瓶 幸栄, 大滝 雅博, 中野 雅人, 鈴木 聡, 三科 武

    日本腹部救急医学会雑誌31 ( 5 ) 777 - 781   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    damage control surgeryにおいて創部保護リトラクターApplied Alexis(Alexis)を用いたsilo closure法で一時的閉腹を行った1例を報告する。症例は17歳男性。自動二輪運転中の事故で肛門近傍の陰部裂創とそれに連続する開放骨盤骨折を受傷し,当院へ搬送された。陰部裂創からの出血によりショックとなったが,体表からの止血は困難であったため,開腹し骨盤内ガーゼパッキングを行い止血した。後日にplanned reoperationを行う方針とし,術中使用したAlexisの創外リングを捻転してairtightとし,滅菌ドレープで被覆して一時的に閉腹した。第4病日にガーゼ抜去と人工肛門造設を行った。Alexisによる閉腹と再開腹は迅速かつ容易に行い得た。術後腹部手術部位感染を認めなかった。Alexisを用いたsilo closure法は,気密性の高い腹腔閉鎖を可能とし,臓器保護や感染に対して有効である。また,abdominal compartment syndromeへはAlexisによる吊り上げsiloでの対応を検討すべきである。(著者抄録)

    DOI: 10.11231/jaem.31.777

    researchmap

  • 腸管嚢腫様気腫症を合併した潰瘍性大腸炎の2手術例

    中野 雅人, 須田 武保, 寺島 哲郎, 五十嵐 聡, 味岡 洋一

    日本大腸肛門病学会雑誌64 ( 6 ) 433 - 438   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例1は31歳女性.23歳時に全大腸炎型の潰瘍性大腸炎(UC)と診断され,ステロイド内服をしていた.腹部膨満感の精査で上行結腸から横行結腸にかけての腸管嚢腫様気腫症(PCI)を認めた.PCIの症状は保存的治療にて軽快したが,ステロイド依存性のUCのため,大腸全摘術を行った.病理組織検査では,盲腸から下行結腸にかけて粘膜下層に嚢胞を認めた.症例2は34歳男性.24歳時に左側結腸炎型のUCと診断され,ステロイドの内服を開始したが,ステロイド依存性のため手術の方針となった.術前の精査で上行結腸から肝彎曲部にかけてPCIを認めた.手術は大腸全摘術を行った.病理組織検査では盲腸から上行結腸にかけて粘膜下層に多発する嚢胞を認めた.UCの治療期間中にPCIを合併することは稀である.PCIを合併したUCの手術を2例経験したので報告する.(著者抄録)

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.64.433

    CiNii Article

    researchmap

  • 腹腔鏡下直腸吊り上げ固定術による直腸脱の治療経験

    中野 雅人, 野上 仁, 関根 和彦, 島田 能史, 飯合 恒夫, 谷 達夫, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌124 ( 4 ) 222 - 227   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    直腸脱は比較的稀な良性疾患であり、生命予後に直接影響を及ぼすことはないが、患者には身体的にも精神的にも大きな負担となり、生活の質は著しく低下する。現在まで直腸脱の手術は様々な術式が報告されている。経肛門的手術は、容易で手術時間も短く、手術侵襲や術後の合併症も少ないことが長所だが、再発率が高いという短所がある。経腹的手術は術後再発率が低いという長所があるが、全身麻酔が必要であること、手術時間が長く侵襲も大きくなることが短所である。直腸脱に対する腹腔鏡下直腸吊り上げ固定術は、従来の開腹手術では両立し難かった低侵襲、根治性を兼ね備えた有効な治療法として急速に普及しつつある。今回我々は腹腔鏡下直腸吊り上げ固定術による直腸脱の治療を経験したので報告する。症例は67歳、女性。気管支喘息、アレルギー性肉芽腫性血管炎、結節性多発性動脈炎の既往があり、ステロイド内服中であった。2年前から続く直腸脱に対し、腹腔鏡下でS状結腸間膜、直腸間膜を十分授動した後、ポリプロピレンメッシュを用いたWells法にて直腸を仙骨前面に吊り上げ固定した。その後、腹膜の閉鎖ならびにダグラス窩を浅く形成する目的でダグラス窩の挙上再建を行った。術後特に合併症なく経過し、現在まで再発を認めていない。腹腔鏡下直腸吊り上げ固定術は、腹腔鏡下直腸切除術を行っている施設であれば比較的安全に施行可能な術式であり、低侵襲性とその低い再発率を考慮すると、全身麻酔が可能な症例に対しては今後第一選択になりうる術式であると考えられる。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 腹腔鏡下直腸吊り上げ固定術による直腸脱の治療経験

    中野 雅人, 野上 仁, 関根 和彦

    新潟医学会雑誌124 ( 4 ) 222 - 227   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 大動脈解離治療後の上行結腸狭窄に対して腹腔鏡下手術を行った1例

    亀山 仁史, 山崎 俊幸, 前田 知世, 中野 雅人, 赤松 道成, 片柳 憲雄

    臨床外科65 ( 4 ) 583 - 587   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は64歳,男性.2009年1月,胸痛の精査をしたところ,Debakey IIIb型の大動脈解離と診断された.破裂の所見はなく,血圧コントロールを行いながら保存的治療の方針となった.2ヵ月後,右下腹部痛が出現した.下部内視鏡検査で上行結腸に限局性の狭窄が認められた.内視鏡的拡張術を行ったが拡張されなかった.症状が改善せず,狭窄も高度のため内科的治療の限界と考えた.手術適応と判断して腹腔鏡補助下回盲部切除を行った.病理組織学的標本では憩室や特異炎症はみられず,瘢痕組織による狭窄と診断された.術後の経過は良好で術後6病日に退院となった.退院後は腹痛などもみられず,外来経過観察中である.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407103042

    researchmap

  • Nonsteroidal antiinflammatory drugs投与によると考えられた大腸穿孔・穿通の2例

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 岩谷 昭, 丸山 聡, 谷 達夫, 長谷川 剛, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌42 ( 4 ) 404 - 410   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    近年,非ステロイド性抗炎症薬(Nonsteroidal antiinflammatory drugs;以下,NSAIDs)により,下部消化管病変を発生しうることが明らかになってきた.今回,我々はNSAIDs投与によると考えられた大腸穿孔・穿通を2例経験したので報告する.症例1は75歳の女性で,lornoxicamにより横行結腸,下行結腸に穿通を来し,左半結腸切除術を施行した.症例2は72歳の女性で,sulpyrineにより終末回腸,横行結腸に穿孔を来し,S状結腸にも多発潰瘍を認めたため,回盲部,横行結腸,S状結腸の部分切除術を施行した.2例ともNSAIDs開始後1週間前後で穿孔・穿通を来しており,また穿孔・穿通部以外にも多発潰瘍を認めた.NSAIDsによる下部消化管穿孔・穿通例では,病変部が広く,非連続性で,複数ある可能性があるため,術中内視鏡の使用も含め,切除範囲の決定を慎重に行う必要があると考えられた.(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.42.404

    CiNii Article

    researchmap

  • 腹膜透析カテーテル位置異常に対し腹腔鏡下に整復およびperitoneal wall anchor techniqueで腹壁固定を行った1例

    中野 雅人, 矢島 和人, 松沢 岳晃, 丸山 聡, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本内視鏡外科学会雑誌13 ( 4 ) 381 - 385   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    72歳女性。患者は2006年10月末に糖尿病性腎症による腎機能低下のため腹膜透析の適応となり、腹膜透析カテーテル挿入術が施行された。その後、順調に腹膜透析を行っていたが、2007年1月頃よりカテーテルの注・排液が不良となり、精査にてカテーテル位置異常を認めた。α整復術にて修復不可能であったため著者らの施設へ紹介となり、腹部単純X線で腹膜透析カテーテルの先端を右側腹部に認め、このカテーテル位置異常に対し、腹腔鏡下でカテーテル位置を整復し、PWATを用いてカテーテルを腹壁に固定した。その結果、術後は経過は良好で、術後3ヵ月経過、現在も位置異常は認めず、腹膜透析を継続中である。

    DOI: 10.11477/mf.4426100209

    researchmap

  • スコップの腹部打撲による十二指腸後腹膜穿孔の1例

    千田 匡, 中野 雅人

    日本腹部救急医学会雑誌28 ( 3 ) 489 - 492   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は55歳男性。会社の除雪作業中にスリップし転倒。スコップの柄で心窩部を強打し当科初診。受診時,症状ならびに腹部所見にとぼしく一旦帰宅したが,次第に腹痛が増強し入院。翌日の腹部CTにて十二指腸損傷,後腹膜穿孔を疑い緊急手術を施行した。十二指腸水平部の前壁と後壁の2ヶ所に穿孔部を認めた。穿孔部を単純閉鎖の後,十二指腸内腔の減圧が重要と判断し,胃空腸吻合,ブラウン吻合,胃管による十二指腸減圧,外胆汁瘻,さらに栄養空腸瘻を造設した。術後は腹腔内膿瘍,肝機能障害を認めたが,縫合不全なく軽快退院した。外傷性十二指腸損傷,後腹膜穿孔は縫合不全の併発が高率で予後不良とされているが,減圧術の組み合わせで良好な経過を得た。(著者抄録)

    DOI: 10.11231/jaem.28.489

    CiNii Article

    researchmap

  • 臨床報告 胃癌術後にたこつぼ心筋障害を併発した1例

    中野 雅人, 林 達彦, 渡辺 直純

    臨床外科63 ( 1 ) 133 - 137   2008年1月

     詳細を見る

  • 胃癌術後にたこつぼ心筋障害を併発した1例

    中野 雅人, 林 達彦, 渡辺 直純, 村山 裕一, 畑田 勝治, 清水 武昭

    臨床外科63 ( 1 ) 133 - 137   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は53歳女性で、検診にて異常を指摘され来院し、精検の上部消化管内視鏡で胃体中部前壁に0-IIc+IIa病変を認め、生検により印環細胞癌と診断され、手術目的で入院となった。手術では全身麻酔・硬膜麻酔下に幽門側胃切除術を施行、術中の心電図に異常所見は認めなかったが、麻酔覚醒時から背部痛を訴え、術後1日目の検査所見から心筋梗塞が疑われ緊急カテーテル検査が施行された。心エコー検査では心尖部を中心に壁運動の低下を認めたが、心駆出率は66%と正常範囲であり、心カテーテル検査では冠動脈の狭窄や閉塞は認めず、左室造影では心基部のみが収縮し心尖部は殆ど収縮せず、いわゆる「たこつぼ型」を呈していた。以上の所見から胃癌術後に発症したたこつぼ型心筋障害と診断、ジクロフェナクナトリウム坐薬とペンタゾシンによる除痛を行いつつ維持輸液による点滴で4日目には胸痛は消失した。術後3日後の心エコーでは心尖部に僅かな壁運動の低下を持続するものの、全体的に壁運動は良好であったが、5日目の心電図では発症直後に認められた異常Q波・陰性T波は持続していた。発症後2週間目に症状の再発を認めないことから退院となり、外来にて経過観察となったが、1ヵ月後の心エコーでは壁運動は正常に改善し、6ヵ月後の検査でも異常所見は認めなかった。発症から約22ヵ月を経過した現在、胸痛症状の再発は認めていない。

    DOI: 10.11477/mf.1407102018

    researchmap

  • スコップの腹部打撲による十二指腸後腹膜穿孔の1例

    千田 匡, 中野 雅人

    日本腹部救急医学会雑誌28 ( 3 ) 489 - 492   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は55歳男性。会社の除雪作業中にスリップし転倒。スコップの柄で心窩部を強打し当科初診。受診時,症状ならびに腹部所見にとぼしく一旦帰宅したが,次第に腹痛が増強し入院。翌日の腹部 CTにて十二指腸損傷,後腹膜穿孔を疑い緊急手術を施行した。十二指腸水平部の前壁と後壁の2ヵ所に穿孔部を認めた。穿孔部を単純閉鎖の後,十二指腸内腔の減圧が重要と判断し,胃空腸吻合,ブラウン吻合,胃管による十二指腸減圧,外胆汁瘻,さらに栄養空腸瘻を造設した。術後は腹腔内膿瘍,肝機能障害を認めたが,縫合不全なく軽快退院した。外傷性十二指腸損傷,後腹膜穿孔は縫合不全の併発が高率で予後不良とされているが,減圧術の組み合わせで良好な経過を得た。

    DOI: 10.11231/jaem.28.489

    CiNii Article

    researchmap

  • 生体肝移植におけるグラフト肝虚血再潅流障害

    佐藤 好信, 平野 謙一郎, 小林 隆, 中塚 英樹, 大矢 洋, 渡辺 隆興, 小海 秀央, 中野 雅人, 山本 智, 畠山 勝義

    外科と代謝・栄養40 ( 5 ) 211 - 218   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 【生体肝移植におけるグラフト肝虚血再灌流障害】

    佐藤 好信, 平野 謙一郎, 小林 隆, 中塚 英樹, 大矢 洋, 渡辺 隆興, 小海 秀央, 中野 雅人, 山本 智, 畠山 勝義

    外科と代謝・栄養40 ( 5 ) 211 - 218   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腸閉塞を伴う直腸癌に肝細胞癌と胆管細胞癌の同時性3重複癌を合併した1切除例

    中野 雅人, 林 達彦, 渡辺 直純, 村山 裕一, 五十嵐 俊彦, 清水 春夫

    日本臨床外科学会雑誌67 ( 9 ) 2232 - 2237   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    今回われわれは腸閉塞を伴う直腸癌の術前精査にて偶然発見された非常に稀とされる肝細胞癌と胆管細胞癌の重複癌を合併した同時性3重複癌の症例を経験した.症例は84歳,男性.以前よりHCV感染を指摘されていたが無治療であった.腹部膨満にて発症,精査にて直腸癌による腸閉塞と診断.また,術前の腹部超音波検査で肝のS5に3×2cm大,S7に2×2cm大の原発性肝細胞癌と考えられる腫瘤を認めた.手術は低位前方切除,肝S5,7の部分切除術を施行した.術後病理組織診断で肝S5の腫瘤を肝細胞癌,肝S7の腫瘤は胆管細胞癌と診断され,それぞれの腫瘤間に連続性のないことから重複癌と判断した.肝細胞癌と胆管細胞癌が同一の肝臓に異所性に発生する重複癌は極めて稀な疾患であり,その予後は肝細胞癌,胆管細胞癌いずれの単独例よりも悪いと報告されている.当症例では直腸癌に合併していたことで早期発見ができ,いずれも遺残なく摘出することができた.現在までの術後17ヵ月間再発なく生存している.(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.67.2232

    CiNii Article

    researchmap

  • 広範な内頸静脈内腫瘍塞栓を伴う甲状腺乳頭癌の1例

    中野 雅人, 小山 諭, 神林 智寿子, 鈴木 聡, 三科 武, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌67 ( 1 ) 28 - 32   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は77歳の女性.2002年夏より頸部腫瘤の増大を訴え,近医受診.精査にて甲状腺乳頭癌と診断された.当科での術前CT,MRIで甲状腺左葉に10×9.5×6.5cm大の腫瘍と左内頸静脈内に腫瘍塞栓を認めた.術中所見では5cm大の左内頸静脈内腫瘍塞栓を認め,甲状腺全摘術と左内頸静脈の合併切除を施行し,肉眼的には癌の遺残を認めなかった.甲状腺分化癌は一般的に予後良好な腫瘍であるが,局所浸潤をきたす症例は比較的予後不良であるとされる.内頸静脈浸潤を伴った甲状腺分化癌の外科的治療は,現在まで数症例でその有用性が報告されている.特に肉眼的に腫瘍を摘出しうることが重要であるとされる.本症例は肉眼的腫瘍の遺残なく,手術を施行し,術後TSH抑制療法にて経過観察中である.本人の希望により131I内照射療法は施行されていないが,術後現在まで28ヵ月間,再発を認めない(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.67.28

    CiNii Article

    researchmap

  • 広範な内頚静脈内腫よう塞栓を伴う甲状腺乳頭癌の1例

    中野 雅人, 小山 諭, 神林 智寿子, 鈴木 聡, 三科 武, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌67 ( 1 ) 28 - 32   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    症例は77歳の女性. 2002年夏より頸部腫瘤の増大を訴え,近医受診.精査にて甲状腺乳頭癌と診断された.当科での術前CT, MRIで甲状腺左葉に10&amp;times;9.5&amp;times;6.5cm大の腫瘍と左内頸静脈内に腫瘍塞栓を認めた.術中所見では5cm大の左内頸静脈内腫瘍塞栓を認め,甲状腺全摘術と左内頸静脈の合併切除を施行し,肉眼的には癌の遺残を認めなかった.&lt;br&gt; 甲状腺分化癌は一般的に予後良好な腫瘍であるが,局所浸潤をきたす症例は比較的予後不良であるとされる.内頸静脈浸潤を伴った甲状腺分化癌の外科的治療は,現在まで数症例でその有用性が報告されている.特に肉眼的に腫瘍を摘出しうることが重要であるとされる.&lt;br&gt; 本症例は肉眼的腫瘍の遺残なく,手術を施行し,術後TSH抑制療法にて経過観察中である.本人の希望により&lt;sup&gt;131&lt;/sup&gt;I内照射療法は施行されていないが,術後現在まで28カ月間,再発を認めない.

    DOI: 10.3919/jjsa.67.28

    CiNii Article

    researchmap

  • 高CEA,CA19-9血症を伴った成熟型腸間膜奇形腫の1例

    佐藤 友威, 三科 武, 鈴木 聡, 大滝 雅博, 宮澤 智徳, 坂本 薫, 中野 雅人, 深瀬 真之, 松原 要一, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌38 ( 6 ) 690 - 695   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    成熟型腸間膜奇形腫の1例を経験した.症例は45歳の男性で,腹痛を主訴に来院し,腹部CT,超音波検査で右下腹部に境界明瞭な一部石灰化を有する嚢胞性病変を認めた.血清CEA,CA19-9はそれぞれ138ng/ml,53U/mlと高値で,悪性腫瘍も否定できなかった.開腹すると回盲部腸間膜に9×5cm大の嚢胞性腫瘍を認めた.被膜に覆われており浸潤傾向を認めなかったため,腸管を切除せず腫瘍切除術のみ施行した.術後の病理組織診で良性の成熟型奇形腫と診断された.血清CEA,CA19-9ともに術後2ヵ月でほぼ正常化した.高CEA,CA19-9血症を伴う腸間膜奇形腫は,我々が検索した範囲では他に報告を認めなかった.腸間膜腫瘍の鑑別には奇形腫も念頭におく必要があり,腸間膜奇形腫の治療は腫瘍摘除で十分であることから,拡大手術を含めた過大な侵襲は避けるべきであると考えられた(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.38.690

    CiNii Article

    researchmap

  • 全身性炎症反応を呈さなかった急性虫垂炎穿孔の1例

    金子 和弘, 白井 良夫, 中野 雅人, 植村 元貴, 下山 雅朗, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌119 ( 3 ) 196 - 198   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    全身性炎症反応(発熱,白血球数増多,血清CRP値上昇)は急性虫垂炎の診断に際して有用な所見とされている.今回,全身性炎症反応を欠く急性虫垂炎穿孔症例を経験したので文献的考察を加えて報告する.症例は57歳,女性.右下腹部痛を主訴に当院を受診した.右下腹部を中心に下腹部全体に圧痛,筋性防御を認めたが,発熱,白血球数増多,血清CRP値上昇等の全身性炎症反応は見られなかった.CT検査では,盲腸壁肥厚,少量の腹水,糞石を認めた.腹部所見,CT所見から穿孔性腹膜炎を合併する急性虫垂炎と診断し,虫垂切除術および腹腔ドレナージを施行した.臨床医は,急性虫垂炎が穿孔して腹膜炎を生じても全身性炎症反応を欠く症例があることを銘記すべきである(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • 高CEA,CA19‐9血症を伴った成熟型腸間膜奇形腫の1例

    佐藤 友威, 畠山 勝義, 三科 武, 鈴木 聡, 大滝 雅博, 宮澤 智徳, 坂本 薫, 中野 雅人, 深瀬 真之, 松原 要一

    日本消化器外科学会雑誌38 ( 6 ) 690 - 695   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    成熟型腸間膜奇形腫の1例を経験した. 症例は45歳の男性で, 腹痛を主訴に来院し, 腹部CT, 超音波検査で右下腹部に境界明瞭な一部石灰化を有する嚢胞性病変を認めた. 血清CEA, CA19-9はそれぞれ138ng/ml, 53U/mlと高値で, 悪性腫瘍も否定できなかった. 開腹すると回盲部腸間膜に9×5cm大の嚢胞性腫瘍を認めた. 被膜に覆われており浸潤傾向を認めなかったため, 腸管を切除せず腫瘍切除術のみ施行した. 術後の病理組織診で良性の成熟型奇形腫と診断された. 血清CEA, CA19-9ともに術後2か月でほぼ正常化した. 高CEA, CA19-9血症を伴う腸間膜奇形腫は, 我々が検索した範囲では他に報告を認めなかった. 腸間膜腫瘍の鑑別には奇形腫も念頭におく必要があり, 腸間膜奇形腫の治療は腫瘍摘除で十分であることから, 拡大手術を含めた過大な侵襲は避けるべきであると考えられた.

    DOI: 10.5833/jjgs.38.690

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 急性虫垂炎の臨床病理学的検討と手術適応について

    中野 雅人, 鈴木 聡, 三科 武, 早見 守仁, 大滝 雅博, 平野 謙一郎

    鶴岡市立荘内病院医学雑誌15   1 - 6   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    入院急性虫垂炎症例を,虫垂切除術24例(男13例・女11例,平均34.6歳:A群),虫垂切除術+腹腔ドレナージ術28例(男14例・女14例,平均48.3歳:B群),保存的治療73例(男44例・女29例,平均30.8歳:C群)に分類し検討した.C群に対しB群で有意に平均年齢が高く,C群で男女数の差を認めた.A群,C群に比べB群の平均入院期間は有意に長かった.経口摂取開始までの平均日数についてA群はB群に対し有意に短かく,抗生物質の平均使用期間についてC群はB群に対し有意に短かった.病理学的に保存的治療+カタル性78例(E群),蜂窩織炎性32例(F群),壊疽性15例(G群)に分類し検討したところ,Blumberg徴候,筋性防御の陽性率はE群に対しF群,G群で有意に高率であった.入院時の白血球数平均値はE群に対しF群で,CRPはE群に対しG群で有意に高値であった.腹部CT所見では,虫垂の腫大,糞石の陽性率はE群に対しF群,G群が有意に高く,腹水陽性率はG群が他群より有意に高率であった

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • Stage IV大腸癌における「新規病変の出現」と遺伝子変異の関連についての検討

    田島 陽介, 島田 能史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stage IV大腸癌のPrecision medicineにおけるR0切除の意義

    島田 能史, 宗岡 悠介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 包括的癌ゲノム検査からみた高齢者大腸癌の遺伝子変異の特徴

    堀田 真之介, 島田 能史, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎関連大腸癌診断における脂質メディエーター(S1P)解析の有用性

    亀山 仁史, 永橋 昌幸, 油座 築, 田島 陽介, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸S状部癌は左側結腸癌として取扱うべきか、直腸癌として取扱うべきか 術後成績及び再発形式からみて

    中野 雅人, 島田 能史, 田島 陽介, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 包括的がん遺伝子変異解析からみた右側大腸癌と左側大腸癌の分子生物学的特徴 Oncotarget

    島田 能史, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 田島 陽介, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した下部直腸癌の臨床病理学的特徴および術後成績

    堀田 真之介, 島田 能史, 中野 麻恵, 小柳 英人, 山田 紗季, 阿部 馨, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 三浦 宏平, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stage IV下部直腸癌における予防的側方リンパ節郭清の意義

    田村 博史, 島田 能史, 山田 沙季, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣癌直腸浸潤における直腸間膜リンパ節転移は術後肝転移と関連する

    田中 花菜, 島田 能史, 中野 麻恵, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 小柳 英人, 堀田 真之介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 西野 幸治, 榎本 隆之, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 薬理ゲノミクス時代における結腸直腸癌多発性肝転移に対する外科治療戦略(Surgical treatment strategy for multiple liver metastases of colorectal cancer in pharmacogenomics era)

    島田 能史, 若井 俊文, 田島 陽介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 羽入 隆晃, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 亀山 仁史

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • StageIV大腸癌における原発巣の治療戦略 Stage IV大腸癌における原発巣の局在のバイオマーカーとしての有用性

    島田 能史, 田島 陽介, 永橋 昌幸, 市川 寛, 八木 亮磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stage II/III大腸癌におけるPTENおよびPIK3CA変異の臨床的意義の検討

    田島 陽介, 島田 能史, 小柳 英人, 八木 亮磨, 永橋 昌幸, 市川 寛, 山田 沙季, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stage I-III大腸癌におけるSMAD4遺伝子変異の臨床病理学的特徴及びその意義

    小柳 英人, 島田 能史, 田島 陽介, 三浦 要平, 山田 沙季, 阿部 馨, 田中 花菜, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 坂田 純, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 進行大腸癌の発育先進部における間質線維化反応の臨床的意義

    橋本 喜文, 島田 能史, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 堀田 真之介, 小柳 英人, 田中 花菜, 阿部 馨, 山田 沙季, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 術前CTリンパ節径は結腸癌Hypermutation subtypeの予測に有用である

    山田 沙季, 島田 能史, 田島 陽介, 堀田 真之介, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胃癌術後縫合不全例における術前栄養状態の評価と発症予測因子についての検討

    角田 知行, 石川 卓, 佐藤 敦, 根本 万理子, 宗岡 悠介, 須藤 翔, 加納 陽介, 三浦 宏平, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 中島 真人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 消化器手術患者における周術期リハビリテーション介入と地域包括ケアシステム構築に向けた取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 中島 真人, 石川 卓, 小林 隆, 小杉 伸一, 木村 慎二, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸S状部癌は左側結腸癌として取扱うべきか、それとも直腸癌として取扱うべきか

    中野 雅人, 島田 能史, 田島 陽介, 山田 沙季, 田中 花菜, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 酸・アルカリ性洗剤の同時飲用により胃穿孔をきたした1例

    根本 万理子, 羽入 隆晃, 宗岡 悠介, 須藤 翔, 田島 陽介, 角田 知行, 市川 寛, 中野 雅人, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腟転移を契機に発見されたS状結腸癌の1例

    佐藤 敦, 中野 雅人, 山田 沙季, 田中 花菜, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 異時性多発大腸癌および十二指腸癌に対して計5回の切除手術を施行したLynch症候群の1例

    堀田 真之介, 島田 能史, 山田 沙季, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 石川 卓, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 肛門周囲巨大尖圭コンジローマの一例

    田中 花菜, 小林 孝, 渡邊 隆興, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 田島 陽介, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸切除術後縫合不全の早期内視鏡所見は一時的ストーマ閉鎖困難の予測に有用である

    田島 陽介, 亀山 仁史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸癌に対して術前補助治療後に郭清された側方リンパ節径の検討

    岡村 拓磨, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 田島 陽介, 堀田 真之介, 山田 沙季, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌におけるTGF-β signal pathway遺伝子変異と臨床病理学的特徴

    小柳 英人, 島田 能史, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 坂田 純, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 一時的回腸人工肛門造設が腎機能に及ぼす影響

    中野 麻恵, 亀山 仁史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌の原発部位と臨床病理学的特徴 右側と左側の比較

    島田 能史, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小腸人工肛門が直腸癌術後補助化学療法に与える影響

    中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 横行結腸癌に対する腹腔鏡手術の妥当性についての検討 横行結腸癌に対する腹腔鏡手術の適応拡大に向けて

    中野 雅人, 亀山 仁史, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 島田 能史, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 遠隔転移を有する大腸癌に対する治療戦略 癌遺伝子解析パネルを用いた大腸癌個別化医療への取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 永橋 昌幸, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヨーグルトのMRSAに対する抗菌活性の検討

    田島 陽介, 亀山 仁史, 山田 沙季, 山本 潤, 堀田 真之介, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 八木 寛, 細井 愛, 岩城 孝和, 市川 寛, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • HER2陽性大腸癌における次世代シーケンサーを用いた癌遺伝子変異解析パネルの意義

    島田 能史, 八木 亮磨, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 井筒 浩, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 次世代型シーケンサーを用いた包括的がんゲノム検査を踏まえた、Stage IV大腸癌の予後予測因子の探索

    宗岡 悠介, 島田 能史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎における一時的回腸人工肛門造設後の腎機能の検討

    中野 麻恵, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 小柳 英人, 水木 亨, 山本 潤, 堀田 真之介, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 八木 寛, 細井 愛, 田島 陽介, 岩城 孝和, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • StageIV大腸癌における細分類

    岡村 拓磨, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 田島 陽介, 八木 亮磨, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Crohn病における縫合不全のリスク因子の検討

    岡村 拓磨, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 田島 陽介, 岩城 孝和, 八木 寛, 細井 愛, 八木 亮磨, 田村 博史, 堀田 真之介, 橋本 喜文, 小柳 英人, 水木 亨, 山本 潤, 阿部 馨, 山田 沙希, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 次世代型シーケンサーを用いたBRAF変異解析及びその臨床病理学的意義

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 田中 光隆, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stage IV下部直腸癌における側方リンパ節郭清の臨床的意義

    田村 博史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本大腸肛門病学会雑誌  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 同時性大腸癌肝転移に対するNeoadjuvant chemotherapyの有用性についての検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎における一時的回腸人工肛門造設が腎機能に与える影響

    中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • キルシュナー鋼線使用時と皮膚ブリッジ法とのストーマの高さ検討

    小林 希美, 中野 雅人

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下幽門側胃切除の検討と定型化の取り組み

    羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 宗岡 悠介, 大渓 隆弘, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 若手外科医による腹腔鏡下大腸切除術の安全性の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 大渓 隆弘, 宗岡 悠介, 田島 陽介, 市川 寛, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸癌術後に再発を疑うPET-CT強腸性の結節を切除したが、転移陰性であった一例

    遠藤 麻巳子, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に対する回腸嚢肛門吻合術後のSmall bowel obstruction発生危険因子の検討

    亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 山田 沙季, 阿部 馨, 小柳 英人, 水木 亨, 山本 潤, 八木 亮磨, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 田村 博史, 八木 寛, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 家族性大腸腺腫症の術後に回腸嚢内腺癌を発症した一例

    永井 佑, 中野 雅人, 山田 沙季, 堀田 真之介, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 細井 愛, 八木 寛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stage II/III大腸癌におけるDesmoplastic reaction(DR)の検討

    岡村 拓磨, 島田 能史, 橋本 喜文, 山田 沙季, 阿部 馨, 山本 潤, 水木 亨, 小柳 英人, 堀田 真之介, 八木 亮磨, 田村 博史, 八木 寛, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 遺伝性大腸がん、ポリポーシスに対する治療戦略 家族性大腸腺腫症に合併したデスモイド、回腸嚢腺腫・腺癌の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 阿部 馨, 山田 沙季, 小柳 英人, 水木 亨, 山本 潤, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 田村 博史, 八木 亮磨, 細井 愛, 八木 寛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 家族性大腸腺腫症術後患者における回腸嚢サーベイランスの現状と問題点

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌における転写メディエーターMED12異常発現の臨床的意義

    島田 能史, 田島 陽介, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 内視鏡的摘除後に追加治療として外科的切除されたpT1大腸癌の臨床病理学的因子の検討

    岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 田島 陽介, 八木 亮磨, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の経過中に発見された大腸腫瘍に対する治療戦略

    堀田 真之介, 岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 酒井 剛, 松本 瑛生, 諸 和樹, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 寛, 八木 亮磨, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 佐藤 洋, 中野 雅人, 小杉 伸一, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣癌の直腸浸潤に対する直腸合併切除の検討

    八木 寛, 島田 能史, 亀山 仁史, 酒井 剛, 松本 瑛生, 諸 和樹, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 中野 雅人, 小杉 伸一, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 肺肉腫様癌の盲腸転移に対し外科的切除を行った1例

    松本 瑛生, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 統合失調症の妄想により誤飲した裁縫針を腹腔鏡下に摘出した1例

    酒井 剛, 田島 陽介, 臼井 賢司, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 三浦 宏平, 佐藤 優, 佐藤 洋, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 単孔式腹腔鏡手術によって原発巣の確定診断が得られたSister Mary Joseph結節の1例

    須田 和敬, 中野 雅人

    日本臨床外科学会雑誌  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣転移によりpseudo-Meigs症候群を呈したS状結腸癌の1切除例

    酒井 剛, 田島 陽介, 島田 能史, 八木 亮磨, 八木 寛, 細井 愛, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣癌の直腸浸潤に対し直腸切除術を行った23例の検討

    八木 寛, 島田 能史, 中野 麻恵, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎における小腸ストーマの問題点

    亀山 仁史, 中野 雅人, 若井 俊文

    Gastroenterological Endoscopy  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部直腸癌における側方リンパ節領域転移症例の組織学的分類による層別化

    八木 亮磨, 島田 能史, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文, 瀧井 康公, 川崎 隆

    日本消化器外科学会総会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stage IV下部直腸癌に対する側方リンパ節郭清を含む外科治療成績

    田村 博史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本消化器外科学会総会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 同時性脳転移を契機に発見された直腸癌の1例

    田中 花菜, 島田 能史, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • S状結腸浸潤を伴った腸間膜デスモイド腫瘍の1手術例

    日紫喜 万理子, 中野 雅人, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 島田 能史, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌肝転移切除後に出現した再発巣に対する追加切除の有効性

    阿部 馨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎患者の人工肛門造設術後ストーマサイズの経時的変化

    諸 和樹, 亀山 仁史, 田島 陽介, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌における低分化胞巣と5FU系抗癌剤耐性との関係

    島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎手術における一時的人工肛門造設時のoutlet obstructionについて

    中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 田島 陽介, 島田 能史, 若井 俊文

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌pSEに対する腹腔鏡手術の再発形式についての検討

    中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 阿部 馨, 山田 沙季, 田島 陽介, 中野 麻恵, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CapeOX療法によりCRとなった高齢者再発直腸癌の1例

    八木 亮磨, 島田 能史, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部消化管 大腸癌における肉眼的リンパ節転移診断の意義

    田島 陽介, 島田 能史, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 広瀬 雄己, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部消化管 潰瘍性大腸炎に合併した下部直腸の癌およびdysplasiaに対する外科治療

    島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部消化管 炎症性腸疾患の長期経過例におけるサーベイランスの臨床的意義

    安藤 拓也, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部消化管 複数臓器への遠隔転移を来した大腸癌に対する外科的治療の長期成績 Prognostic nutritional indexは予後予測因子として有用か

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部消化管 進行再発大腸癌におけるNQO1発現の臨床的意義

    亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 佐藤 洋, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部消化管 当科でのCrohn's Diseaseに合併した痔瘻癌についての検討

    山田 沙季, 亀山 仁史, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部消化管 直腸癌の側方領域におけるリンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣の臨床的意義

    八木 亮磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 田島 陽介, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 瀧井 康公, 川崎 隆

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部直腸癌における側方領域EX(リンパ節構造を伴わない壁外非連続性癌進展)の臨床的意義

    八木 亮磨, 島田 能史, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 急性腹症を来したC型肝炎合併透析患者の1例

    阿部 馨, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 壁内転移を有した直腸癌の1例

    山田 沙季, 島田 能史, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌における壁内転移の臨床的意義

    山田 沙季, 島田 能史, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 羽入 隆晃, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸癌術後多発リンパ節転移に対し、化学療法施行後に切除をし得た1例

    平島 浩太郎, 坂田 純, 三浦 宏平, 諸 和樹, 相馬 大輝, 番場 竹生, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 開腹手術経験者における腹腔鏡大腸手術習得の過程

    亀山 仁史, 山崎 俊幸, 岩谷 昭, 野上 仁, 中野 雅人, 島田 能史, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pagetoid spreadで発見された直腸癌術後再発の1例

    岩城 孝和, 亀山 仁史, 中野 雅人, 阿部 馨, 山田 沙季, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 島田 能史, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 複数臓器への遠隔転移を来した大腸癌に対する外科的治療の長期成績

    中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 山田 沙季, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 5 潰瘍性大腸炎に合併する大腸腫瘍におけるサーベイランス内視鏡検査の臨床的意義(?.主題「IBDに合併した癌」, 第69回新潟大腸肛門病研究会)

    伏木 麻恵, 島田 能史, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • StageII-III下部直腸癌の側方領域におけるリンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣の臨床的意義

    八木 亮磨, 島田 能史, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文, 瀧井 康公, 川崎 隆

    日本大腸肛門病学会雑誌  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併する大腸腫瘍におけるサーベイランス内視鏡検査の臨床的意義

    伏木 麻恵, 島田 能史, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 患者アンケートから解析した潰瘍性大腸炎に対する外科治療の今後の展望

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 4 網嚢側から膵下縁レベルでの剥離を先行した脾弯曲部の授動(?.一般演題, 第22回新潟内視鏡外科研究会)

    中野 雅人, 野上 仁, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 網嚢側から膵下縁レベルでの剥離を先行した脾彎曲部の授動

    中野 雅人, 野上 仁, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡補助下低位前方切除術の各段階における高難易度因子の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 伏木 麻恵, 島田 能史, 野上 仁, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の手術後に急性ジストニアを呈した2例

    橋本 喜文, 亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 15 同一病巣内にカルチノイドと腺癌の両者の成分を認めた直腸腫瘍の1例(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    木戸 知紀, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 野上 仁, 若井 俊文, 岩渕 三哉

    新潟医学会雑誌  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stage IV大腸癌CurB症例の検討

    野上 仁, 中野 雅人, 島田 能史, 石川 卓, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • IBDに対する外科治療の位置づけ 患者側視点から見た潰瘍性大腸炎に対する手術のタイミング

    亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 中野 雅人, 伏木 麻恵, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣癌の播種病巣に対する直腸切除の検討

    伏木 麻恵, 島田 能史, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌におけるS-100免疫組織化学により診断される神経侵襲の臨床的意義

    木戸 知紀, 島田 能史, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本消化器外科学会総会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 同一病巣内にカルチノイドと腺癌の両者の成分を認めた直腸腫瘍の1例

    木戸 知紀, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 野上 仁, 若井 俊文, 岩渕 三哉

    新潟医学会雑誌  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • OP-011-7 潰瘍性大腸炎におけるLoop ileostomy造設時のoutlet obstructionの発症状況と危険因子の検討(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    中野 雅人, 亀山 仁史, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌  2014年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • OP-145-4 大腸癌において免疫組織化学染色によって同定される神経侵襲の臨床的意義(OP-145 大腸 病理・NET,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    木戸 知紀, 島田 能史, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 滝澤 一泰, 羽入 隆晃, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌  2014年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • OP-011-4 潰瘍性大腸炎手術における回腸嚢作製に関与する因子(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌  2014年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • OP-011-3 潰瘍性大腸炎に合併した大腸腫瘍に対する手術術式の選択 : 回腸嚢肛門吻合術かそれとも回腸嚢肛門管吻合術か(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌  2014年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • OP-012-3 潰瘍性大腸炎に合併する大腸腫瘍におけるサーベイランス内視鏡検査の臨床的意義(OP-012 炎症性腸疾患-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    伏木 麻恵, 島田 能史, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌  2014年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎におけるLoop ileostomy造設時のoutlet obstructionの発症状況と危険因子の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌において免疫組織化学染色によって同定される神経侵襲の臨床的意義

    木戸 知紀, 島田 能史, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 滝澤 一泰, 羽入 隆晃, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎手術における回腸嚢作製に関与する因子

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した大腸腫瘍に対する手術術式の選択 回腸嚢肛門吻合術かそれとも回腸嚢肛門管吻合術か

    島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併する大腸腫瘍におけるサーベイランス内視鏡検査の臨床的意義

    伏木 麻恵, 島田 能史, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌手術におけるReduced Port Surgery 患者にとって意義の有る手術を求めて

    須藤 翔, 野上 仁, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 堅田 朋大, 田村 博史, 八木 亮磨, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 網嚢側から膵下縁レベルでの剥離を先行した脾彎曲部の授動

    中野 雅人, 野上 仁, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科でのStageIV大腸癌の治療の現況

    岡村 拓磨, 飯合 恒夫, 野上 仁, 亀山 仁史, 中野 雅人, 佐藤 洋, 下田 傑, 細井 愛, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下虫垂切除術の成績

    堀田 真之介, 野上 仁, 亀山 仁史, 中野 雅人, 佐藤 洋, 岡村 拓磨, 下田 傑, 細井 愛, 橋本 喜文, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 尿路系臓器の合併切除を行った大腸癌の治療成績

    中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 福本 将人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 松木 淳, 野村 達也, 中川 悟, 藪崎 裕, 佐藤 信昭, 土屋 嘉昭, 梨本 篤

    日本外科系連合学会誌  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 一般消化器科医の超音波ガイド下鎖骨下静脈穿刺法の導入に関する検討

    佐藤 洋, 飯合 恒夫, 野上 仁, 亀山 仁史, 中野 雅人, 若井 俊文

    日本消化器病学会雑誌  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 4 外科切除したcolitic cancerの検討(一般演題, 第68回新潟大腸肛門病研究会)

    飯合 恒夫, 野上 仁, 亀山 仁史, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 細井 愛, 下田 傑, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 畠山 勝義, 岡田 貴幸, 大橋 瑠子, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • これから内視鏡外科技術認定医を目指す皆さんへ

    亀山 仁史, 野上 仁, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 細井 愛, 下田 傑, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 5 これから内視鏡外科技術認定医を目指す皆さんへ(一般演題, 第68回新潟大腸肛門病研究会)

    亀山 仁史, 野上 仁, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 細井 愛, 下田 傑, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外科切除したcolitic cancerの検討

    飯合 恒夫, 野上 仁, 亀山 仁史, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 細井 愛, 下田 傑, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 畠山 勝義, 岡田 貴幸, 大橋 瑠子, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸全摘術、回腸嚢肛門吻合術施行後に回腸嚢癌を発症した家族性大腸腺腫症の1例

    橋本 喜文, 飯合 恒夫, 亀山 仁史, 野上 仁, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 下田 傑, 細井 愛, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に発症したcolitic cancerの検討 Stageに影響すると考えられる因子について

    佐藤 洋, 飯合 恒夫, 野上 仁, 亀山 仁史, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 下田 傑, 細井 愛, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 手術が奏効した成人segmental hypoganglionosisの1例

    堀田 真之介, 亀山 仁史, 野上 仁, 飯合 恒夫, 中野 雅人, 佐藤 洋, 岡村 拓磨, 細井 愛, 下田 傑, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の工夫と短期成績

    中野 雅人, 丸山 聡, 瀧井 康公, 福本 将人, 松木 淳, 野村 達也, 中川 悟, 薮崎 裕, 土屋 嘉昭, 梨本 篤

    日本消化器外科学会総会  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 膀胱合併切除を伴った大腸癌に対する治療成績の検討

    中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 福本 将人, 中山 真緒

    日本大腸肛門病学会雑誌  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 8 側方リンパ節郭清を伴う腹腔鏡下直腸癌手術の経験(?.一般演題, 第21回新潟内視鏡外科研究会)

    丸山 聡, 福本 将人, 中野 雅人, 瀧井 康公

    新潟医学会雑誌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 側方リンパ節郭清を伴う腹腔鏡下直腸癌手術の経験

    丸山 聡, 福本 将人, 中野 雅人, 瀧井 康公

    新潟医学会雑誌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 切除不能・困難な大腸癌肝転移に対するオキザリプラチン併用抗癌剤治療の効果・切除率・切除例の検討

    瀧井 康公, 丸山 聡, 中野 雅人, 福本 将人

    日本大腸肛門病学会雑誌  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高齢者大腸癌に対する術後補助化学療法の検討

    中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 福本 将人

    日本大腸肛門病学会雑誌  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PS-326-5 大腸癌における腹腔洗浄細胞診の意義(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    福本 将人, 瀧井 康公, 中野 雅人, 丸山 聡, 松木 淳, 野村 達也, 中川 悟, 薮崎 裕, 土屋 嘉昭, 梨本 篤

    日本外科学会雑誌  2013年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PS-206-5 膀胱浸潤を伴った大腸癌に対する治療成績の検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 福本 将人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 松木 淳, 野村 達也, 中川 悟, 薮崎 裕, 佐藤 信昭, 土屋 嘉昭, 梨本 篤

    日本外科学会雑誌  2013年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌における腹腔洗浄細胞診の意義

    福本 将人, 瀧井 康公, 中野 雅人, 丸山 聡, 松木 淳, 野本 達也, 中川 悟, 薮崎 裕, 土屋 嘉昭, 梨本 篤

    日本外科学会雑誌  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 空腸原発腺扁平上皮癌の1例

    宗岡 悠介, 新国 恵也, 河内 保之, 西村 淳, 牧野 成人, 川原 聖佳子, 北見 智恵, 中野 雅人, 堀田 慎之介, 富所 隆, 渡邊 ゆか理

    新潟医学会雑誌  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 19 空腸原発腺扁平上皮癌の1例(一般演題, 第272回新潟外科集談会)

    宗岡 悠介, 新国 恵也, 河内 保之, 西村 淳, 牧野 成人, 川原 聖佳子, 北見 智恵, 中野 雅人, 堀田 慎之介, 富所 隆, 渡邊 ゆか理

    新潟医学会雑誌  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 膀胱浸潤を伴った大腸癌に対する治療成績の検討

    中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 福本 将人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 松木 淳, 野村 達也, 中川 悟, 薮崎 裕, 佐藤 信昭, 土屋 嘉昭, 梨本 篤

    日本外科学会雑誌  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 肝ガス壊疽による播種性血管内凝固症候群、多臓器不全から救命しえた1例

    中野 雅人, 岡本 春彦, 岡村 拓磨, 小野 一之, 田宮 洋一

    日本腹部救急医学会雑誌  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下大腸癌手術難易度予測因子としての腎周囲脂肪厚の意義

    中野 雅人, 丸山 聡, 瀧井 康公, 福本 将人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 松木 淳, 野村 達也, 中川 悟, 薮崎 裕, 佐藤 信昭, 土屋 嘉昭, 梨本 篤

    日本内視鏡外科学会雑誌  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 切除不能・困難な大腸癌肝転移に対するOxaliplatin併用抗癌剤治療の効果・切除率・切除例の検討

    瀧井 康公, 丸山 聡, 中野 雅人, 福本 将人, 松木 淳, 金子 耕司, 神林 智寿子, 野村 達也, 中川 悟, 藪崎 裕, 土屋 嘉昭, 佐藤 信昭, 梨本 篤

    日本臨床外科学会雑誌  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 切除不能・切除困難大腸癌肝転移に対するオキサリプラチン使用後肝切除の成績

    瀧井 康公, 丸山 聡, 中野 雅人, 福本 将人, 松木 淳, 金子 耕司, 神林 智寿子, 野村 達也, 中川 悟, 藪崎 裕, 土屋 嘉昭, 佐藤 信昭, 梨本 篤

    日本癌治療学会誌  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高齢者StageIII大腸癌に対する術後補助化学療法の検討

    中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 神林 智寿子, 金子 耕司, 松木 淳, 野村 達也, 中川 悟, 薮崎 裕, 佐藤 信昭, 土屋 嘉昭, 梨本 篤

    日本癌治療学会誌  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大網内リンパ節から胃大彎リンパ節転移を認めた右側結腸癌の2症例

    中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 福本 将人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 松木 淳, 野村 達也, 中川 悟, 薮崎 裕, 佐藤 信昭, 土屋 嘉昭, 梨本 篤

    日本臨床外科学会雑誌  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌肝転移の治療方針 切除不能・困難な大腸癌肝転移に対するオキザリプラチン±ベバシツマブ併用抗癌剤治療の効果・切除率・切除例の検討

    瀧井 康公, 丸山 聡, 中野 雅人

    日本大腸肛門病学会雑誌  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下直腸切除術における縫合不全対策

    丸山 聡, 瀧井 康公, 中野 雅人

    日本大腸肛門病学会雑誌  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 肥満者に対する大腸癌手術についての検討

    中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡

    日本大腸肛門病学会雑誌  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 85歳以上の大腸癌に対する腹腔鏡下手術成績

    西村 淳, 川原 聖佳子, 堀田 真之介, 中野 雅人, 北見 智恵, 牧野 成人, 河内 保之, 新国 恵也

    日本消化器外科学会総会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 6 大腸癌化学療法後切除例の検討(II.シンポジウム,第67回新潟大腸肛門病研究会)

    川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 中野 雅人, 堀田 真之介

    新潟医学会雑誌  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胃切除後落下胃石の嵌頓による小腸イレウスの3例

    堀田 真之介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 牧野 成人, 河内 保之, 中野 雅人, 新国 恵也

    日本消化器外科学会総会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • StageIV大腸癌治癒切除後の補助化学療法

    川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 中野 雅人, 堀田 真之介

    日本消化器外科学会総会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌化学療法後切除例の検討

    川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 中野 雅人, 堀田 真之介

    新潟医学会雑誌  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術後の会陰ヘルニアの2例

    宗岡 悠介, 西村 淳, 堀田 真之介, 中野 雅人, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 河内 保之, 新国 恵也

    日本消化器外科学会総会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3 化学療法後1年6か月以上PR, CRを継続している大腸癌多発肝転移の2例(I.一般演題,第67回新潟大腸肛門病研究会)

    中野 雅人, 西村 淳, 宗岡 悠介, 堀田 真之介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 河内 保之, 新国 恵也

    新潟医学会雑誌  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 内視鏡切除後の外科的追加切除を要したpSM大腸癌の臨床病理学的検討

    中野 雅人, 西村 淳, 堀田 真之介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 河内 保之, 新国 恵也

    日本消化器外科学会総会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 化学療法後1年6ヵ月以上PR、CRを継続している大腸癌多発肝転移の2例

    中野 雅人, 西村 淳, 宗岡 悠介, 堀田 真之介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 河内 保之, 新国 恵也

    新潟医学会雑誌  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1 低位前方切除術を施行した卵巣癌の2例(I.一般演題,第66回新潟大腸肛門病研究会)

    中野 雅人, 岡本 春彦, 小野 一之, 田宮 洋一

    新潟医学会雑誌  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 低位前方切除術を施行した卵巣癌の2例

    中野 雅人, 岡本 春彦, 小野 一之, 田宮 洋一

    新潟医学会雑誌  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 18 グローブ法による単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の経験(I.一般演題,第19回新潟内視鏡外科研究会)

    寺島 哲郎, 須田 武保, 中野 雅人

    新潟医学会雑誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • グローブ法による単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の経験

    寺島 哲郎, 須田 武保, 中野 雅人

    新潟医学会雑誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡補助下胃切除術における肝挙上法についての検討

    松木 淳, 小杉 伸一, 矢島 和人, 中野 雅人, 島田 哲也, もたい 陽介, 神田 達夫, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 11 腹腔鏡補助下胃切除術における肝挙上法についての検討(I.一般演題,第18回新潟内視鏡外科研究会)

    松本 淳, 小杉 伸一, 矢島 和人, 中野 雅人, 島田 哲也, 陽介, 神田 達夫, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2 腹腔鏡下直腸固定術による直腸脱の治療経験(I.一般演題,第18回新潟内視鏡外科研究会)

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 谷 達夫, 野上 仁, 島田 能史, 関根 和彦, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 横行結腸癌、下行結腸癌に対する腹腔鏡下手術の検討

    中野 雅人, 山崎 俊幸, 須藤 翔, 堅田 朋大, 前田 知世, 池野 嘉信, 松浦 文昭, 岩谷 昭, 横山 直行, 桑原 史郎, 大谷 哲也, 片柳 憲雄

    新潟医学会雑誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1 横行結腸癌, 下行結腸癌に対する腹腔鏡下手術の検討(I.一般演題,第19回新潟内視鏡外科研究会)

    中野 雅人, 山崎 俊幸, 須藤 翔, 堅田 朋大, 前田 知世, 池野 嘉信, 松浦 文昭, 岩谷 昭, 横山 直行, 桑原 史郎, 大谷 哲也, 片柳 憲雄

    新潟医学会雑誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下直腸固定術による直腸脱の治療経験

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 谷 達夫, 野上 仁, 島田 能史, 関根 和彦, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腸管気腫性嚢胞症を合併した潰瘍性大腸炎の2手術例

    中野 雅人, 坂田 英子, 寺島 哲郎, 須田 武保, 五十嵐 聡, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1 腸管気腫性嚢胞症を合併した潰瘍性大腸炎の2手術例(I.一般演題,第65回新潟大腸肛門病研究会)

    中野 雅人, 坂田 英子, 寺島 哲郎, 須田 武保, 五十嵐 聡, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 横行結腸癌、下行結腸癌に対する腹腔鏡下手術の検討

    中野 雅人, 山崎 俊幸, 須藤 翔, 堅田 朋大, 前田 知世, 池野 嘉信, 松浦 文昭, 岩谷 昭, 横山 直行, 桑原 史郎, 大谷 哲也, 片柳 憲雄

    日本内視鏡外科学会雑誌  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腸管気腫性嚢胞症を合併した潰瘍性大腸炎の2手術例

    中野 雅人, 寺島 哲郎, 須田 武保, 五十嵐 聡, 味岡 洋一

    日本大腸肛門病学会雑誌  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胃粘膜下腫瘍に対してSILSにて切除した4症例

    赤松 道成, 桑原 史郎, 片柳 憲雄, 前田 知世, 中野 雅人, 横山 直行, 山崎 俊幸, 大谷 哲也, 西巻 正

    日本消化器外科学会総会  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 特発性食道破裂の手術治療の問題点 16例の経験から

    前田 知世, 桑原 史郎, 片柳 憲雄, 中野 雅人, 赤松 道成, 横山 直行, 山崎 俊幸, 大谷 哲也

    日本消化器外科学会総会  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ICG-近赤外線蛍光システムを用いた膵癌術中画像支援

    横山 直行, 大谷 哲也, 前田 知世, 中野 雅人, 赤松 道成, 山崎 俊幸, 桑原 史郎, 片柳 憲雄

    日本消化器外科学会総会  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸癌におけるリンパ節構造のない壁外非連続性病巣の臨床的意義に関する検討 外科切除材料の取扱いが違う2施設の比較

    島田 能史, 関根 和彦, 岡村 拓磨, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 野上 仁, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 丸山 聡, 瀧井 康公, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胆嚢管-総胆管連続切開法による腹腔鏡下胆管切石術

    横山 直行, 大谷 哲也, 前田 知世, 中野 雅人, 赤松 道成, 山崎 俊幸, 桑原 史郎, 片柳 憲雄

    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SF-046-1 家族性大腸腺腫症術後に発症した回腸嚢腺腫の検討(大腸良性ほか,サージカルフォーラム,第110回日本外科学会定期学術集会)

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 関根 和彦, 島田 能史, 野上 仁, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌  2010年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • OP-089-4 高齢者潰瘍性大腸炎の問題点 : 回腸嚢肛門吻合術(IPAA)を選択すべきか?(炎症性腸疾患-4,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)

    飯合 恒夫, 野上 仁, 中野 雅人, 島田 能史, 関根 和彦, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌  2010年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 家族性大腸腺腫症術後に発症した回腸嚢腺腫の検討

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 関根 和彦, 島田 能史, 野上 仁, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎にEvans症候群を合併した一例

    細井 愛, 八木 寛, 松澤 岳晃, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本消化器病学会雑誌  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高齢者潰瘍性大腸炎の問題点 回腸嚢肛門吻合術(IPAA)を選択すべきか?

    飯合 恒夫, 野上 仁, 中野 雅人, 島田 能史, 関根 和彦, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸癌術後局所再発の外科治療

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 谷 達夫, 野上 仁, 島田 能史, 関根 和彦, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2010年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 4 直腸癌術後局所再発の外科治療(II.主題,第63回新潟大腸肛門病研究会)

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 谷 達夫, 野上 仁, 島田 能史, 関根 和彦, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2010年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • damage control surgeryにおける一時的閉腹に創部保護リトラクター(Applied Alexis)を用いた1例

    大橋 拓, 二瓶 幸栄, 中野 雅人, 大滝 雅博, 鈴木 聡, 三科 武

    日本腹部救急医学会雑誌  2010年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下直腸固定術による直腸脱の治療経験

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 谷 達夫, 野上 仁, 島田 能史, 関根 和彦, 畠山 勝義

    日本内視鏡外科学会雑誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下大腸癌手術の成績(手技の定型化前後での比較)

    野上 仁, 関根 和彦, 中野 雅人, 島田 能史, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本内視鏡外科学会雑誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Paclitaxel(PTX)によるアナフィラキシーショックを発症した乳癌の1例

    仲谷 健吾, 二瓶 幸栄, 山下 淳, 大橋 拓, 小島 伸一郎, 中野 雅人, 大滝 雅博, 鈴木 聡, 三科 武

    新潟医学会雑誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 15 Paclitaxel (PTX) によるアナフィラキシーショックを発症した乳癌の1例(一般演題,第268回新潟外科集談会)

    仲谷 健吾, 二瓶 辛栄, 山下 淳, 大橋 拓, 小島 伸一郎, 中野 雅人, 大滝 雅博, 鈴木 聡, 三科 武

    新潟医学会雑誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Damage Control Surgeryにおける一時的閉腹に創部保護リトラクターを用いた1例

    大橋 拓, 二瓶 幸栄, 仲谷 健吾, 山下 淳, 小島 伸一郎, 中野 雅人, 大滝 雅博, 鈴木 聡, 三科 武

    新潟医学会雑誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 8 Damage Control Surgeryにおける一時的閉腹に創部保護リトラクターを用いた1例(一般演題,第268回新潟外科集談会)

    大橋 拓, 二瓶 幸栄, 仲谷 健吾, 山下 淳, 小島 伸一郎, 中野 雅人, 大滝 雅博, 鈴木 聡, 三科 武

    新潟医学会雑誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 右側肝円索と左側胆嚢が術前診断された十二指腸乳頭部癌と転移性肝腫瘍の2切除例

    仲野 哲矢, 黒崎 功, 皆川 昌広, 黒崎 亮, 中野 雅人, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大出血時の潰瘍性大腸炎の手術

    飯合 恒夫, 野上 仁, 島田 能史, 中野 雅人, 関根 和彦, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の手術直後に発症した深部静脈血栓症の1例

    伏木 麻恵, 関根 和彦, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 島田 能史, 野上 仁, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CAPD施行中に腹腔鏡補助下手術を行った上行結腸癌の1例

    関根 和彦, 飯合 恒夫, 中野 雅人, 島田 能史, 野上 仁, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸癌術後局所再発の外科切除例の検討

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 谷 達夫, 野上 仁, 島田 能史, 関根 和彦, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸全摘・回腸肛門吻合術に対する手術の工夫 W型回腸嚢肛門吻合術の標準化を目指して

    飯合 恒夫, 野上 仁, 谷 達夫, 島田 能史, 中野 雅人, 関根 和彦, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Crohn病に食道GISTを併発した一例

    関根 和彦, 野上 仁, 中野 雅人, 島田 能史, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直腸癌におけるリンパ節構造のない壁外非連続性病巣の検索方法に関する検討

    島田 能史, 関根 和彦, 中野 雅人, 野上 仁, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 丸山 聡, 瀧井 康公, 畠山 勝義

    日本癌治療学会誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨盤内臓器全摘術症例の検討

    野上 仁, 関根 和彦, 中野 雅人, 島田 能史, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の術後経過 潰瘍性大腸炎に対する大腸全摘・回腸嚢肛門吻合術後長期経過例の検討

    飯合 恒夫, 野上 仁, 谷 達夫, 島田 能史, 中野 雅人, 関根 和彦, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 17 DPC病院における外科診療(一般演題,第267回新潟外科集談会)

    三科 武, 鈴木 聡, 二瓶 幸栄, 中野 雅人, 小島 伸一郎, 大橋 拓, 松原 要一, 大滝 雅博, 仲谷 健吾

    新潟医学会雑誌  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 臍帯ヘルニアに対するリングリトラクターによるサイロ形成術の経験

    大滝 雅博, 山下 淳, 小島 伸一郎, 中野 雅人, 二瓶 幸栄, 鈴木 聡, 三科 武, 仲谷 健吾

    新潟医学会雑誌  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 9 臍帯ヘルニアに対するリングリトラクターによるサイロ形成術の経験(一般演題,第267回新潟外科集談会)

    大滝 雅博, 山下 淳, 小島 伸一郎, 中野 雅人, 二瓶 幸栄, 鈴木 聡, 三科 武, 仲谷 健吾

    新潟医学会雑誌  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DPC病院における外科診療

    三科 武, 鈴木 聡, 二瓶 幸栄, 中野 雅人, 小島 伸一郎, 大橋 拓, 松原 要一, 大滝 雅博, 仲谷 健吾

    新潟医学会雑誌  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 16 治療に難渋した重症急性膵炎後巨大仮性嚢胞の1例(Session V 『術後管理・合併症』,第9回新潟胆膵研究会)

    二瓶 幸栄, 黒崎 功, 三科 武, 鈴木 聡, 大滝 雅博, 中野 雅人, 丸山 智宏, 小島 眞一郎

    新潟医学会雑誌  2009年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 治療に難渋した重症急性膵炎後巨大仮性嚢胞の1例

    二瓶 幸栄, 黒崎 功, 三科 武, 鈴木 聡, 大滝 雅博, 中野 雅人, 丸山 智宏, 小島 眞一郎

    新潟医学会雑誌  2009年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小腸腫瘍によるイレウスの診断で開腹術を行った小腸内異物の1例

    小島 伸一郎, 鈴木 聡, 中野 雅人, 大滝 雅博, 二瓶 幸栄, 三科 武

    日本腹部救急医学会雑誌  2009年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小児癒着性イレウスに対する腹腔鏡下手術の有用性

    大滝 雅博, 丸山 智宏, 小島 伸一郎, 中野 雅人, 二瓶 幸栄, 鈴木 聡, 三科 武

    日本小児外科学会雑誌  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 9 上部胃癌に対する腹腔鏡下手術(I.一般演題,第8回新潟食道・胃癌研究会)

    桑原 史郎, 片柳 憲雄, 狩俣 弘幸, 中野 雅人, 長谷川 智行, 横山 直行, 山崎 俊幸, 大谷 哲也, 斎藤 英樹

    新潟医学会雑誌  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 上部胃癌に対する腹腔鏡下手術

    桑原 史郎, 片柳 憲雄, 狩俣 弘幸, 中野 雅人, 長谷川 智行, 横山 直行, 山崎 俊幸, 大谷 哲也, 斎藤 英樹

    新潟医学会雑誌  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 尿膜管遺残症に対して腹腔鏡下に切除し臍形成を施行した1例

    中野 雅人, 二瓶 幸栄, 三科 武, 鈴木 聡, 大滝 雅博, 小島 伸一郎, 丸山 智宏, 千葉 眞人

    日本内視鏡外科学会雑誌  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 尿膜管遺残症に対する腹腔鏡下切除術の経験

    中野 雅人, 二瓶 幸栄, 鈴木 聡, 千葉 眞人, 丸山 智宏, 小島 伸一郎, 大滝 雅博, 三科 武

    山形県医師会学術雑誌  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 緩和ケア先進病院での研修を終えて

    鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 中野 雅人, 石井 信二, 田中 亮, 松原 要一, 大滝 雅博

    新潟医学会雑誌  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • P-1-191 NSAIDs投与によると考えられた下部消化管穿孔・穿通の2例(小腸・大腸 良性1,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会)

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 岩谷 昭, 丸山 聡, 谷 達夫, 長谷川 剛, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2008年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1 NSAIDs投与によると考えられた下部消化管穿孔例の臨床・病理学的検討(II.主題,第59回新潟大腸肛門病研究会)

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 松澤 岳晃, 高橋 聡, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 岩谷 昭, 丸山 聡, 谷 達夫, 長谷川 剛, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • NSAIDs投与によると考えられた下部消化管穿孔・穿通の2例

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 岩谷 昭, 丸山 聡, 谷 達夫, 長谷川 剛, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • NSAIDs投与によると考えられた下部消化管穿孔例の臨床・病理学的検討

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 松澤 岳晃, 高橋 聡, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 岩谷 昭, 丸山 聡, 谷 達夫, 長谷川 剛, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3 腹腔鏡下大腸手術における3D-CTAを用いた術前ナビゲーションの試み(II.主題,第57回新潟大腸肛門病研究会)

    山崎 俊幸, 長谷川 智行, 中野 雅人, 狩俣 弘幸, 横山 直行, 桑原 史郎, 大谷 哲也, 片柳 憲雄, 斎藤 英樹

    新潟医学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下大腸手術における3D-CTAを用いた術前ナビゲーションの試み

    山崎 俊幸, 長谷川 智行, 中野 雅人, 狩俣 弘幸, 横山 直行, 桑原 史郎, 大谷 哲也, 片柳 憲雄, 斎藤 英樹

    新潟医学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外科病棟における長期入院患者症例の検討

    石井 信二, 鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 大滝 雅博, 中野 雅人, 田中 亮, 明城 和子

    山形県医師会学術雑誌  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 9.小児癒着性イレウスに対する腹腔鏡下手術の有用性(第76回日本小児外科学会東北地方会)

    大滝 雅博, 丸山 智宏, 小島 伸一郎, 中野 雅人, 二瓶 幸栄, 鈴木 聡, 三科 武

    日本小児外科学会雑誌  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹膜透析カテーテル先端位置異常に対し腹腔鏡下に整復および腹壁固定を行った1例

    中野 雅人, 矢島 和人, 松澤 岳晃, 丸山 聡, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本内視鏡外科学会雑誌  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胃癌術後9年目に直腸狭窄をきたし、4型直腸癌との鑑別を要した転移性直腸再発の1症例

    中野 雅人, 千田 匡, 長谷川 滋

    日本臨床外科学会雑誌  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ハイリスク症例に対する腹腔鏡補助下大腸切除術(LAC)の検討

    丸山 聡, 谷 達夫, 川原 聖佳子, 松澤 岳晃, 中野 雅人, 高橋 聡, 寺島 哲郎, 岩谷 昭, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本内視鏡外科学会雑誌  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • RS-72 進行直腸癌における側方郭清術の意義について(要望演題15 直腸側方郭清,第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 松澤 岳晃, 清水 大喜, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 丸山 聡, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • O-2-116 POSSUMによる大腸癌手術症例のリスク評価 : 大学病院の現状から(大腸 手術リスク,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    川原 聖佳子, 飯合 恒夫, 谷 達夫, 丸山 聡, 寺島 哲郎, 清水 大喜, 中野 雅人, 松澤 岳晃, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • O-1-104 大腸癌手術における郭清リンパ節個数の臨床的意義は?(大腸癌 臨床病理1,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    谷 達夫, 松澤 岳晃, 中野 雅人, 清水 大喜, 島田 能史, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 丸山 聡, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • O-1-130 潰瘍性大腸炎に対する回腸嚢肛門吻合術後長期経過例の検討(大腸 炎症性疾患1,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    飯合 恒夫, 亀山 仁史, 岩谷 昭, 川原 聖佳子, 松澤 岳晃, 中野 雅人, 丸山 聡, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • P-1-496 下部直腸・肛門管癌手術症例の検討(大腸・肛門 下部直腸の手術,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    丸山 聡, 中野 雅人, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 進行直腸癌における側方郭清術の意義について

    中野 雅人, 飯合 恒夫, 松澤 岳晃, 清水 大喜, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 丸山 聡, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POSSUMによる大腸癌手術症例のリスク評価 大学病院の現状から

    川原 聖佳子, 飯合 恒夫, 谷 達夫, 丸山 聡, 寺島 哲郎, 清水 大喜, 中野 雅人, 松澤 岳晃, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大腸癌手術における郭清リンパ節個数の臨床的意義は?

    谷 達夫, 松澤 岳晃, 中野 雅人, 清水 大喜, 島田 能史, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 丸山 聡, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に対する回腸嚢肛門吻合術後長期経過例の検討

    飯合 恒夫, 亀山 仁史, 岩谷 昭, 川原 聖佳子, 松澤 岳晃, 中野 雅人, 丸山 聡, 谷 達夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下部直腸・肛門管癌手術症例の検討

    丸山 聡, 中野 雅人, 寺島 哲郎, 川原 聖佳子, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DP-038-2 ドナー血門脈内投与は生体肝移植後HCV再感染に影響するか : HCV自然消腿例の免疫学的解析(第107回日本外科学会定期学術集会)

    小海 秀央, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 中塚 英樹, 小林 隆, 原 義明, 渡辺 隆興, 中野 雅人, 山際 訓, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌  2007年3月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ドナー血門脈内投与は生体肝移植後HCV再感染に影響するか HCV自然消腿例の免疫学的解析

    小海 秀央, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 中塚 英樹, 小林 隆, 原 義明, 渡辺 隆興, 中野 雅人, 山際 訓, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下大腸手術(LAC)におけるlearning curve(LC)の検討

    山崎 俊幸, 桑原 史郎, 中野 雅人, 狩俣 弘幸, 横山 直行, 大谷 哲也, 片柳 憲雄, 斎藤 英樹

    日本内視鏡外科学会雑誌  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胃癌と直腸癌に対する腹腔鏡補助下同時手術の3例

    山崎 俊幸, 桑原 史郎, 長谷川 智行, 中野 雅人, 狩俣 弘幸, 横山 直行, 大谷 哲也, 片柳 憲雄, 斎藤 英樹

    日本臨床外科学会雑誌  2006年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 0199 胃癌術後にたこつぼ型心筋症を合併した一例(胃悪性1(合併症),一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会)

    中野 雅人, 林 達彦, 渡辺 直純, 村山 裕一, 清水 春夫

    日本消化器外科学会雑誌  2006年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2375 外科領域における深在性真菌症の現状と反省 : 早期推定治療をどうするか(感染症1,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会)

    林 達彦, 中野 雅人, 渡辺 直純, 村山 裕一, 清水 春夫

    日本消化器外科学会雑誌  2006年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胃癌術後にたこつぼ型心筋症を合併した一例

    中野 雅人, 林 達彦, 渡辺 直純, 村山 裕一, 清水 春夫

    日本消化器外科学会雑誌  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外科領域における深在性真菌症の現状と反省 早期推定治療をどうするか

    林 達彦, 中野 雅人, 渡辺 直純, 村山 裕一, 清水 春夫

    日本消化器外科学会雑誌  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 成人生体肝移植急性期におけるドナー,レシピエントの凝固線溶系の変動

    中野 雅人, 佐藤 好信, 山本 智, 竹石 利之, 大矢 洋, 中塚 英樹, 平野 謙一郎, 原 義明, 渡邊 隆興, 小海 秀央, 畠山 勝義

    外科と代謝・栄養  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 成人生体肝移植急性期におけるドナー,レシピエントの凝固線溶系の変動

    中野 雅人, 佐藤 好信, 山本 智, 竹石 利之, 大矢 洋, 中塚 英樹, 平野 謙一郎, 原 義明, 渡邊 隆興, 小海 秀央, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌  2006年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1 消化管手術における手術部位感染(SSI)予防対策の効果(第258回新潟外科集談会)

    鈴木 聡, 三科 武, 大滝 雅博, 早見 守仁, 平野 謙一郎, 中野 雅人, 松原 要一

    新潟医学会雑誌  2005年4月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ドナー特異的多種移植抗原門脈内投与によるABO不適合肝移植の制御(第105回日本外科学会定期学術集会)

    中野 雅人, 佐藤 好信, 大矢 洋, 小林 隆, 竹石 利之, 平野 謙一郎, 中塚 英樹, 小海 秀央, 原 義明, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌  2005年4月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ドナー特異的多種移植抗原門脈内投与によるABO不適合肝移植の制御

    中野 雅人, 佐藤 好信, 大矢 洋, 小林 隆, 竹石 利之, 平野 謙一郎, 中塚 英樹, 小海 秀央, 原 義明, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌  2005年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 消化管手術における手術部位感染(SSI)予防対策の効果

    鈴木 聡, 三科 武, 大滝 雅博, 早見 守仁, 平野 謙一郎, 中野 雅人, 松原 要一

    新潟医学会雑誌  2005年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 7 腸重積で発症した小腸原発悪性線維性組織球腫症(MFH)の1例(第257回新潟外科集談会)

    中野 雅人, 鈴木 聡, 三科 武, 大滝 雅博, 早見 守仁, 平野 謙一郎, 松原 要一

    新潟医学会雑誌  2005年3月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 31 荘内病院医療情報電子化への取り組み(第257回新潟外科集談会)

    三科 武, 松原 要一, 鈴木 聡, 早見 守人, 平野 謙一郎, 中野 雅人, 大滝 雅博

    新潟医学会雑誌  2005年3月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腸重積で発症した小腸原発悪性線維性組織球腫症(MFH)の1例

    中野 雅人, 鈴木 聡, 三科 武, 大滝 雅博, 早見 守仁, 平野 謙一郎, 松原 要一

    新潟医学会雑誌  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 十二指腸乳頭部に発生した悪性リンパ腫(follicular lymphoma)の1切除例

    平野 謙一郎, 三科 武, 鈴木 聡, 早見 守仁, 大滝 雅博, 中野 雅人, 松原 要一

    東北医学雑誌  2004年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 膵島腫瘍に対する膵頭十二指腸切除後,残膵に微小嚢胞性腺腫を生じたVon Hippel-Lindau病の一例

    中野 雅人, 黒崎 功, 本間 英之, 横山 直行, 佐藤 大輔, 北見 智恵, 白井 良夫, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PPS-2-106 十二指腸乳頭部に発生した悪性リンパ腫(follicular lymphoma)の一切除例(胃リンパ腫他)

    平野 謙一郎, 三科 武, 鈴木 聡, 早見 守仁, 大滝 雅博, 中野 雅人, 松原 要一

    日本消化器外科学会雑誌  2004年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PPB-1-022 GIST再発例に対するGlivecの治療効果(GIST)

    鈴木 聡, 三科 武, 早見 守仁, 大滝 雅博, 平野 謙一郎, 中野 雅人, 松原 要一

    日本消化器外科学会雑誌  2004年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • GIST再発例に対するGlivecの治療効果

    鈴木 聡, 三科 武, 早見 守仁, 大滝 雅博, 平野 謙一郎, 中野 雅人, 松原 要一

    日本消化器外科学会雑誌  2004年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 十二指腸乳頭部に発生した悪性リンパ腫(follicular lymphoma)の一切除例

    平野 謙一郎, 三科 武, 鈴木 聡, 早見 守仁, 大滝 雅博, 中野 雅人, 松原 要一

    日本消化器外科学会雑誌  2004年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腸重積で発症した小腸原発悪性線維性組織球腫症(MFH)の一例

    中野 雅人, 鈴木 聡, 三科 武, 宮澤 智徳

    日本腹部救急医学会雑誌  2004年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 癒着性イレウス手術症例の検討

    鈴木 聡, 三科 武, 宮澤 智徳, 中野 雅人

    日本腹部救急医学会雑誌  2004年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 27 気管浸潤・広範な内頚静脈内腫瘍塞栓を伴うも切除しえた甲状腺癌の一例(一般演題,第256回新潟外科集談会)

    中野 雅人, 小山 諭, 鈴木 晋, 桜井 加奈子, 金子 耕司, 佐藤 友威, 内藤 哲也, 金谷 有子, 高久 秀哉, 神田 達夫, 畠山 勝義, 神林 智寿子, 鈴木 聡, 中島 真人, 三科 武

    新潟医学会雑誌  2003年12月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 気管浸潤・広範な内頸静脈内腫瘍塞栓を伴うも切除しえた甲状腺癌の一例

    中野 雅人, 小山 諭, 鈴木 晋, 桜井 加奈子, 金子 耕司, 佐藤 友威, 内藤 哲也, 金谷 有子, 高久 秀哉, 神田 達夫, 畠山 勝義, 神林 智寿子, 鈴木 聡, 中島 真人, 三科 武

    新潟医学会雑誌  2003年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 成人腸間膜奇形腫の1例

    佐藤 友威, 三科 武, 鈴木 聡, 大滝 雅博, 宮沢 智徳, 坂本 薫, 中野 雅人, 松原 要一

    東北医学雑誌  2003年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 進行・再発胃癌に対するTS-1療法39例の検討

    鈴木 聡, 三科 武, 佐藤 友威, 大滝 雅博, 宮澤 智徳, 坂本 薫, 中野 雅人, 松原 要一

    日本臨床外科学会雑誌  2003年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血清CEA,CA19-9高値を伴う腸間膜奇形腫の1例

    佐藤 友威, 三科 武, 鈴木 聡, 大滝 雅博, 宮沢 智徳, 坂本 薫, 中野 雅人, 松原 要一

    日本臨床外科学会雑誌  2003年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • Yokohama Award of ISS / SIC Japan Chapter

    2013年8月   ISS/SIC Japan Chapter  

    中野 雅人

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap