2021/04/22 更新

写真a

ナガハシ マサユキ
永橋 昌幸
NAGAHASHI Masayuki
所属
医歯学総合病院 消化器外科 講師
職名
講師
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2008年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • リンパ行性転移

  • 腫瘍外科

  • セラミド

  • 薬剤耐性

  • プレシジョン・メディシン

  • 乳癌

  • 消化器癌

  • スフィンゴシン-1-リン酸

  • 外科病理

  • 脂質メディエーター

  • 癌ゲノム

  • 癌代謝

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   講師

    2015年5月 - 2021年3月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 遺伝子制御   助教

    2014年5月 - 2015年4月

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • Impact of Concurrent Genomic Alterations Detected by Comprehensive Genomic Sequencing on Clinical Outcomes in East-Asian Patients with EGFR-Mutated Lung Adenocarcinoma 査読

    Seijiro Sato, Masayuki Nagahashi, Terumoto Koike, Hiroshi Ichikawa, Yoshifumi Shimada, Satoshi Watanabe, Toshiaki Kikuchi, Kazuki Takada, Ryota Nakanishi, Eiji Oki, Tatsuro Okamoto, Kouhei Akazawa, Stephen Lyle, Yiwei Ling, Kazuaki Takabe, Shujiro Okuda, Toshifumi Wakai, Masanori Tsuchida

    Scientific Reports8 ( 1 ) 1005   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    Next-generation sequencing (NGS) has enabled comprehensive detection of genomic alterations in lung cancer. Ethnic differences may play a critical role in the efficacy of targeted therapies. The aim of this study was to identify and compare genomic alterations of lung adenocarcinoma between Japanese patients and the Cancer Genome Atlas (TCGA), which majority of patients are from the US. We also aimed to examine prognostic impact of additional genomic alterations in patients harboring EGFR mutations. Genomic alterations were determined in Japanese patients with lung adenocarcinoma (N = 100) using NGS-based sequencing of 415 known cancer genes, and correlated with clinical outcome. EGFR active mutations, i.e., those involving exon 19 deletion or an L858R point mutation, were seen in 43% of patients. Some differences in driver gene mutation prevalence were observed between the Japanese cohort described in the present study and the TCGA. Japanese cohort had significantly more genomic alterations in cell cycle pathway, i.e., CDKN2B and RB1 than TCGA. Concurrent mutations, in genes such as CDKN2B or RB1, were associated with worse clinical outcome in patients with EGFR active mutations. Our data support the utility of comprehensive sequencing to detect concurrent genomic variations that may affect clinical outcomes in this disease.

    DOI: 10.1038/s41598-017-18560-y

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The role of sphingosine-1-phosphate in inflammation and cancer progression. 査読 国際誌

    Masayuki Nagahashi, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    Cancer science109 ( 12 ) 3671 - 3678   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Many inflammatory mediators are involved in the process of carcinogenesis and cancer progression. In addition to cytokines and chemokines, lipid mediators have recently attracted attention as signaling molecules associated with inflammatory diseases. Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a pleiotropic lipid mediator that regulates cell survival and migration, immune cell recruitment, angiogenesis and lymphangiogenesis. S1P also plays a significant role in inflammation and cancer. The gradation of S1P concentration in the blood, lymph and tissue regulates lymphocyte trafficking, an important component of inflammation. Furthermore, cancer cells produce elevated levels of S1P, contributing to the tumor microenvironment and linking cancer and inflammation. Future technological advances may reveal greater detail about the mechanisms of S1P regulation in the tumor microenvironment and the contribution of S1P to cancer progression. Considering the critical role of S1P in linking inflammation and cancer, it is possible that the S1P signaling pathway could be a novel therapeutic target for cancers with chronic inflammation.

    DOI: 10.1111/cas.13802

    PubMed

    researchmap

  • Different Roles of Sphingosine Kinase 1 and 2 in Pancreatic Cancer Progression. 査読 国際誌

    Kizuki Yuza, Masato Nakajima, Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Yuki Hirose, Kohei Miura, Yosuke Tajima, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    The Journal of surgical research232   186 - 194   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    BACKGROUND: Pancreatic cancer is a disease with poor prognosis, and development of new treatments is necessary. Sphingosine-1-phosphate (S1P), a bioactive lipid mediator produced by sphingosine kinases (SphK1 and SphK2), plays a critical role in progression of many types of cancer. However, little is known about the role of sphingosine kinases in pancreatic cancer. This study investigated the roles of sphingosine kinases in pancreatic cancer progression. MATERIALS AND METHODS: S1P levels in pancreatic cancer and noncancerous pancreatic tissue were measured in 10 patients. We generated PAN02 murine pancreatic cancer cell lines with a clustered regularly interspaced short palindromic repeats (CRISPR)/CRISPR-associated system genes 9 (Cas9)-mediated deletion of SphK1 or SphK2 and assessed cell growth and migration. In an animal model, we assessed the survival of mice injected with PAN02 cells intraperitoneally. RESULTS: S1P levels in the pancreatic cancer tissue were significantly higher than those in noncancerous tissue. SphK1 knockout (KO) cells showed greater proliferation and migration than wild type (WT) cells, and SphK2 KO cells showed less proliferation and migration than WT cells. Animal experiments showed that the survival of mice injected with SphK1 KO cells was significantly shorter than those injected with WT cells, and the survival of mice injected with SphK2 KO cells was longer than those injected with WT cells. Surprisingly, cytotoxic assay using gemcitabine showed that SphK1 KO cells survived less than WT cells, and SphK2 KO cells survived more than WT cells. CONCLUSIONS: S1P produced by SphK1 and SphK2 may have different functions in pancreatic cancer cells. Targeting both SphK1 and SphK2 may be a potential strategy for pancreatic cancer treatment.

    DOI: 10.1016/j.jss.2018.06.019

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Significance of BRAF Non-V600E Mutations in Colorectal Cancer: A Retrospective Study of Two Institutions. 査読

    Shimada Y, Tajima Y, Nagahashi M, Ichikawa H, Oyanagi H, Okuda S, Takabe K, Wakai T

    The Journal of surgical research232   72 - 81   2018年12月

  • Upregulation of phosphorylated sphingosine kinase 1 expression in colitis-associated cancer 査読

    Kizuki Yuza, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Mae Nakano, Yosuke Tajima, Hitoshi Kameyama, Masato Nakajima, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    Journal of Surgical Research231   323 - 330   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Academic Press Inc.  

    Background: Colitis-associated cancer (CAC) is the most serious complication of inflammatory bowel disease. Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a bioactive lipid mediator that is generated by sphingosine kinase 1 (SphK1) and is known to play an important role in inflammation and cancer progression. Moreover, SphK1 and S1P act as upstream mediators of proinflammatory cytokine interleukin 6 (IL-6) and signal transducer and activator of transcription-3 (STAT3). We hypothesized that the expression levels of phosphorylated SphK1 (pSphK1), phosphorylated STAT3 (pSTAT3), and IL-6 are universally higher in CAC patients than in sporadic colorectal cancer (CRC) patients because all of these factors are associated with inflammation. In this study, we determined the expression levels of pSphK1 in patients with sporadic CRC and CAC and clarified the importance of S1P in CAC patients. Materials and methods: We randomly selected 10 sporadic CRC patients and 10 CAC patients who underwent curative resection, and we examined their surgical specimens by immunohistochemistry. We determined the expression levels of pSphK1, pSTAT3, and IL-6 in these samples. Results: We found pSphK1 expression to be more prevalent in CAC patients (P = 0.019) and to have a higher immunohistochemistry score (P = 0.005) than in sporadic CRC patients. However, the expression of pSTAT3 and IL-6 did not differ between the patient groups. Conclusions: To our knowledge, this is the first report comparing pSphK1 expression levels in CAC with those in sporadic CRC. The high levels of pSphK1 expression in CAC suggest an important role of S1P in the disease process of CAC.

    DOI: 10.1016/j.jss.2018.05.085

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Next generation sequencing-based gene panel tests for the management of solid tumors. 査読

    Nagahashi M, Shimada Y, Ichikawa H, Kameyama H, Takabe K, Okuda S, Wakai T

    Cancer science   2018年10月

  • Common driver mutations and smoking history affect tumor mutation burden in lung adenocarcinoma. 査読

    Nagahashi M, Sato S, Yuza K, Shimada Y, Ichikawa H, Watanabe S, Takada K, Okamoto T, Okuda S, Lyle S, Takabe K, Tsuchida M, Wakai T

    The Journal of surgical research230   181 - 185   2018年10月

  • Genomic characterization of colitis-associated colorectal cancer. 査読

    Kameyama H, Nagahashi M, Shimada Y, Tajima Y, Ichikawa H, Nakano M, Sakata J, Kobayashi T, Narayanan S, Takabe K, Wakai T

    World journal of surgical oncology16 ( 1 ) 121   2018年7月

  • Generation of sphingosine-1-phosphate is enhanced in biliary tract cancer patients and is associated with lymphatic metastasis. 査読

    Hirose Y, Nagahashi M, Katsuta E, Yuza K, Miura K, Sakata J, Kobayashi T, Ichikawa H, Shimada Y, Kameyama H, McDonald KA, Takabe K, Wakai T

    Scientific reports8 ( 1 ) 10814   2018年7月

  • Clinical and Genetic Implications of Mutation Burden in Squamous Cell Carcinoma of the Lung 査読

    Tatsuro Okamoto, Kazuki Takada, Seijiro Sato, Gouji Toyokawa, Tetsuzo Tagawa, Fumihiro Shoji, Ryota Nakanishi, Eiji Oki, Terumoto Koike, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Yoshifumi Shimada, Satoshi Watanabe, Toshiaki Kikuchi, Kouhei Akazawa, Stephen Lyle, Kazuaki Takabe, Shujiro Okuda, Kenji Sugio, Toshifumi Wakai, Masanori Tsuchida, Yoshihiko Maehara

    Annals of Surgical Oncology25 ( 6 ) 1564 - 1571   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer New York LLC  

    Background: Lung squamous cell carcinoma (LSCC) is a major histological subtype of lung cancer. In this study, we investigated genomic alterations in LSCC and evaluated the clinical implications of mutation burden (MB) in LSCC. Methods: Genomic alterations were determined in Japanese patients with LSCC (N = 67) using next-generation sequencing of 415 known cancer genes. MB was defined as the number of non-synonymous mutations per 1 Mbp. Programmed death-ligand 1 (PD-L1) protein expression in cancer cells was evaluated by immunohistochemical analysis. Results: TP53 gene mutations were the most common alteration (n = 51/67, 76.1%), followed by gene alterations in cyclin-dependent kinase inhibitor 2B (CDKN2B
    35.8%), CDKN2A (31.3%), phosphatase and tensin homolog (30.0%), and sex-determining region Y-box 2 (SOX2, 28.3%). Histological differentiation was significantly poorer in tumors with high MB (greater than or equal to the median MB) compared with that in tumors with low MB (less than the median MB
    p = 0.0446). The high MB group had more tumors located in the upper or middle lobe than tumors located in the lower lobe (p = 0.0019). Moreover, cancers in the upper or middle lobes had significantly higher MB than cancers in the lower lobes (p = 0.0005), and tended to show higher PD-L1 protein expression (p = 0.0573). SOX2 and tyrosine kinase non-receptor 2 amplifications were associated with high MB (p = 0.0065 and p = 0.0010, respectively). Conclusions: The MB level differed according to the tumor location in LSCC, suggesting that the location of cancer development may influence the genomic background of the tumor.

    DOI: 10.1245/s10434-018-6401-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Expression of phosphorylated sphingosine kinase 1 is associated with diffuse type and lymphatic invasion in human gastric cancer 査読

    Takaaki Hanyu, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Takashi Ishikawa, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    Surgery (United States)163 ( 6 ) 1301 - 1306   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Mosby Inc.  

    Background: Sphingosine-1-phosphate, a pleiotropic bioactive lipid mediator, is an important player in cancer progression. Previous studies suggested that sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase 1, which is activated by phosphorylation, plays important roles in the progression of disease and metastasis. The association between phospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase 1 and clinical parameters in human gastric cancer have not been fully investigated to date. Methods: We created phospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase expression profiles by immunohistochemistry for 136 patients who underwent operative intervention for gastric cancer in 2007–2009. Phospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase expression and compared clinicopathologic factors by univariate and multivariate analyses. Results: The univariate analysis revealed that phospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase expression was correlated significantly with depth of tumor invasion, lymph node metastasis, distant metastasis, histologic type, and lymphatic invasion. The multivariate analysis revealed that the diffuse type (odds ratio 2.210
    95% confidence interval, 1.045–4.671, P =.038) and the presence of lymphatic invasion (odds ratio 3.697
    95% confidence interval, 1.161–8.483, P =.002) were associated independently with phospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase expression in patients with gastric cancer. The 5-year rate of disease-specific survival was 79.3% in patients with phospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinasephospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase-positive expression and 98.3% in those with phospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase-negative expression (P =.002). In multivariate analysis, however, high phospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase expression was not an independent prognostic factor for disease-specific survival (hazard ratio 5.540
    95% confidence interval, 0.717–42.81, P =.100). Conclusion: We provide the first evidence that diffuse histologic type and lymphatic invasion were independently associated with high phospho-sphingosine-1-phosphate produced by sphingosine kinase expression in gastric cancer patients, indicating a role of sphingosine-1-phosphate in disease progression among patients with gastric cancer. (Surgery 2017
    160:XXX-XXX.)

    DOI: 10.1016/j.surg.2017.11.024

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • ABCC1-exported sphingosine-1-phosphate, produced by sphingosine kinase 1, shortens survival of mice and patients with breast cancer 査読

    Akimitsu Yamada, Masayuki Nagahashi, Tomoyoshi Aoyagi, Wei-Ching Huang, Santiago Lima, Nitai C. Hait, Aparna Maiti, Kumiko Kida, Krista P. Terracina, Hiroshi Miyazaki, Takashi Ishikawa, Itaru Endo, Michael R. Waters, Qianya Qi, Li Yan, Sheldon Milstien, Sarah Spiegel, Kazuaki Takabe

    Molecular Cancer Research16 ( 6 ) 1059 - 1070   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Association for Cancer Research Inc.  

    Sphingosine-1-phosphate (S1P), a bioactive sphingolipid mediator, has been implicated in regulation of many processes important for breast cancer progression. Previously, we observed that S1P is exported out of human breast cancer cells by ATPbinding cassette (ABC) transporter ABCC1, but not by ABCB1, both known multidrug resistance proteins that efflux chemotherapeutic agents. However, the pathologic consequences of these events to breast cancer progression and metastasis have not been elucidated. Here, it is demonstrated that high expression of ABCC1, but not ABCB1, is associated with poor prognosis in breast cancer patients. Overexpression of ABCC1, but not ABCB1, in human MCF7 and murine 4T1 breast cancer cells enhanced S1P secretion, proliferation, and migration of breast cancer cells. Implantation of breast cancer cells overexpressing ABCC1, but not ABCB1, into the mammary fat pad markedly enhanced tumor growth, angiogenesis, and lymphangiogenesis with a concomitant increase in lymph node and lung metastases as well as shorter survival of mice. Interestingly, S1P exported via ABCC1 from breast cancer cells upregulated transcription of sphingosine kinase 1 (SPHK1), thus promoting more S1P formation. Finally, patients with breast cancers that express both activated SPHK1 and ABCC1 have significantly shorter disease-free survival. These findings suggest that export of S1P via ABCC1 functions in a malicious feed-forward manner to amplify the S1P axis involved in breast cancer progression and metastasis, which has important implications for prognosis of breast cancer patients and for potential therapeutic targets. Implication: Multidrug resistant transporter ABCC1 and activation of SPHK1 in breast cancerworsen patient's survival by export of S1P to the tumor microenvironment to enhance key processes involved in cancer progression. Mol Cancer Res
    16(6)
    1059-70.

    DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-17-0353

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Ceramide species are elevated in human breast cancer and are associated with less aggressiveness 査読

    Kazuki Moro, Tsutomu Kawaguchi, Junko Tsuchida, Emmanuel Gabriel, Qianya Qi, Li Yan, Toshifumi Wakai, Kazuaki Takabe, Masayuki Nagahashi

    Oncotarget9 ( 28 ) 19874 - 19890   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Impact Journals LLC  

    Sphingolipids have emerged as key regulatory molecules in cancer cell survival and death. Although important roles of sphingolipids in breast cancer progression have been reported in experimental models, their roles in human patients are yet to be revealed. The aim of this study was to investigate the ceramide levels and its biosynthesis pathways in human breast cancer patients. Breast cancer, peri-tumor and normal breast tissue samples were collected from surgical specimens from a series of 44 patients with breast cancer. The amount of sphingolipid metabolites in the tissue were determined by mass spectrometry. The Cancer Genome Atlas was used to analyze gene expression related to the sphingolipid metabolism. Ceramide levels were higher in breast cancer tissue compared to both normal and peri-tumor breast tissue. Substrates and enzymes that generate ceramide were significantly increased in all three ceramide biosynthesis pathways in cancer. Further, higher levels of ceramide in breast cancer were associated with less aggressive cancer biology presented by Ki-67 index and nuclear grade of the cancer. Interestingly, patients with higher gene expressions of enzymes in the three major ceramide synthesis pathways showed significantly worse prognosis. This is the first study to reveal the clinical relevance of ceramide metabolism in breast cancer patients. We demonstrated that ceramide levels in breast cancer tissue were significantly higher than those in normal tissue, with activation of the three ceramide biosynthesis pathways. We also identified that ceramide levels have a significant association with aggressive phenotype and its enzymes have prognostic impact on breast cancer patients.

    DOI: 10.18632/oncotarget.24903

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Targeting the SphK1/S1P/S1PR1 Axis That Links Obesity, Chronic Inflammation, and Breast Cancer Metastasis. 査読 国際誌

    Masayuki Nagahashi, Akimitsu Yamada, Eriko Katsuta, Tomoyoshi Aoyagi, Wei-Ching Huang, Krista P Terracina, Nitai C Hait, Jeremy C Allegood, Junko Tsuchida, Kizuki Yuza, Masato Nakajima, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Sheldon Milstien, Toshifumi Wakai, Sarah Spiegel, Kazuaki Takabe

    Cancer research78 ( 7 ) 1713 - 1725   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Although obesity with associated inflammation is now recognized as a risk factor for breast cancer and distant metastases, the functional basis for these connections remain poorly understood. Here, we show that in breast cancer patients and in animal breast cancer models, obesity is a sufficient cause for increased expression of the bioactive sphingolipid mediator sphingosine-1-phosphate (S1P), which mediates cancer pathogenesis. A high-fat diet was sufficient to upregulate expression of sphingosine kinase 1 (SphK1), the enzyme that produces S1P, along with its receptor S1PR1 in syngeneic and spontaneous breast tumors. Targeting the SphK1/S1P/S1PR1 axis with FTY720/fingolimod attenuated key proinflammatory cytokines, macrophage infiltration, and tumor progression induced by obesity. S1P produced in the lung premetastatic niche by tumor-induced SphK1 increased macrophage recruitment into the lung and induced IL6 and signaling pathways important for lung metastatic colonization. Conversely, FTY720 suppressed IL6, macrophage infiltration, and S1P-mediated signaling pathways in the lung induced by a high-fat diet, and it dramatically reduced formation of metastatic foci. In tumor-bearing mice, FTY720 similarly reduced obesity-related inflammation, S1P signaling, and pulmonary metastasis, thereby prolonging survival. Taken together, our results establish a critical role for circulating S1P produced by tumors and the SphK1/S1P/S1PR1 axis in obesity-related inflammation, formation of lung metastatic niches, and breast cancer metastasis, with potential implications for prevention and treatment.Significance: These findings offer a preclinical proof of concept that signaling by a sphingolipid may be an effective target to prevent obesity-related breast cancer metastasis. Cancer Res; 78(7); 1713-25. ©2018 AACR.

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-17-1423

    PubMed

    researchmap

  • Small bowel obstruction after ileal pouch-anal anastomosis with a loop ileostomy in patients with ulcerative colitis 査読

    Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Hashimoto, Yoshifumi Shimada, Saki Yamada, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Masato Nakano, Kohei Miura, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin-Ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    Annals of Coloproctology34 ( 2 ) 94 - 100   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Korean Society of Coloproctology  

    Purpose: Small bowel obstruction (SBO) remains a common complication after pelvic or abdominal surgery. However, the risk factors for SBO in ulcerative colitis (UC) surgery are not well known. The aim of the present study was to clarify the risk factors associated with SBO after ileal pouch-anal anastomosis (IPAA) with a loop ileostomy for patients with UC. Methods: The medical records of 96 patients who underwent IPAA for UC between 1999 and 2011 were reviewed. SBO was confirmed based on the presence of clinical symptoms and radiographic findings. The patients were divided into 2 groups: the SBO group and the non-SBO group. We also analyzed the relationship between SBO and computed tomography (CT) scan image parameters. Results: The study included 49 male and 47 female patients. The median age was 35.5 years (range, 14-72 years). We performed a 2- or 3-stage procedure as a total proctocolectomy and IPAA for patients with UC. SBO in the pretakedown of the loop ileostomy after IPAA occurred in 22 patients (22.9%). Moreover, surgical intervention for SBO was required for 11 patients. In brief, closure of the loop ileostomy was performed earlier than expected. A multivariate logistic regression analysis revealed that the 2-stage procedure (odds ratio, 2.850
    95% confidence interval, 1.009-8.044
    P = 0.048) was a significant independent risk factor associated with SBO. CT scan image parameters were not significant risk factors of SBO. Conclusion: The present study suggests that a 2-stage procedure is a significant risk factor associated with SBO after IPAA in patients with UC.

    DOI: 10.3393/ac.2017.06.14

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Feasibility of restorative proctocolectomy in patients with ulcerative colitis-associated lower rectal cancer: A retrospective study. 査読

    Hotta S, Shimada Y, Nakano M, Yamada S, Abe K, Oyanagi H, Yagi R, Tajima Y, Nakano M, Kameyama H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Asian journal of surgery   2018年2月

  • Formalin-fixed paraffin-embedded sample conditions for deep next generation sequencing 査読

    Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Hiroshi Ichikawa, Satoru Nakagawa, Nobuaki Sato, Koji Kaneko, Keiichi Homma, Takashi Kawasaki, Keisuke Kodama, Stephen Lyle, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH220   125 - 132   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Introduction: Precision medicine is only possible in oncology practice if targetable genes in fragmented DNA, such as DNA from formalin-fixed paraffin-embedded (FFPE) samples, can be sequenced using next generation sequencing (NGS). The aim of this study was to examine the quality and quantity of DNA from FFPE cancerous tissue samples from surgically resected and biopsy specimens.
    Methods: DNA was extracted from unstained FFPE tissue sections prepared from surgically resected specimens of breast, colorectal and gastric cancer, and biopsy specimens of breast cancer. A total quantity of DNA >= 60 ng from a sample was considered adequate for NGS. The DNA quality was assessed by Q-ratios, with a Q-ratio >0.1 considered sufficient for NGS.
    Results: The Q-ratio for DNA from FFPE tissue processed with neutral-buffered formalin was significantly better than that processed with unbuffered formalin. All Q-ratios for DNA from breast, colorectal and gastric cancer samples indicated DNA levels sufficient for NGS. DNA extracted from gastric cancer FFPE samples prepared within the last 7 years is suitable for NGS analysis, whereas those older than 7 years may not be suitable. Our data suggested that adequate amounts of DNA can be extracted from FFPE samples, not only of surgically resected tissue but also of biopsy specimens.
    Conclusions: The type of formalin used for fixation and the time since FFPE sample preparation affect DNA quality. Sufficient amounts of DNA can be extracted from FFPE samples of both surgically resected and biopsy tissue, thus expanding the potential diagnostic uses of NGS in a clinical setting. (C) 2017 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jss.2017.06.077

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Gastric adenosquamous carcinoma producing granulocyte-colony stimulating factor: a case of a rare malignancy. 査読 国際誌

    Kazuki Moro, Masayuki Nagahashi, Tetsuya Naito, Yu Nagai, Tomohiro Katada, Masahiro Minagawa, Jun Hasegawa, Tatsuo Tani, Naohiro Shimakage, Hiroyuki Usuda, Emmanuel Gabriel, Tsutomu Kawaguchi, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    Surgical case reports3 ( 1 ) 67 - 67   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: A gastric adenosquamous carcinoma (ASC) that produces granulocyte-colony stimulating factor (G-CSF) is an uncommon malignancy with a poor prognosis. Due to the rarity of this lesion, a standard treatment for the disease has not been established. CASE PRESENTATION: We describe a case of a 66-year-old male with a G-CSF-producing gastric ASC who presented with severe anemia and leukocytosis. A radical resection was performed, followed by a course of adjuvant chemotherapy. Histopathologic examination revealed that the tumor consisted of areas of both squamous cell carcinoma and adenocarcinoma. Immunohistochemical staining with an anti-G-CSF antibody was also positive. He was started on adjuvant capecitabine and oxaliplatin (CapeOX) 6 weeks after surgery. The patient stopped treatment after 3 months due to his own preference. Eight months following surgery, the patient was found to have diffuse lymph node, liver, and peritoneal metastases. CONCLUSIONS: G-CSF-producing gastric ASC is a rare and aggressive tumor. Because patients are usually diagnosed at an advanced stage, multidisciplinary evaluation and innovative treatments are needed. The rarity of this disease, with its aggressive features, poses a significant challenge in its treatment. In this brief case report, we summarize the management and outcomes of G-CSF-producing gastric ASC.

    DOI: 10.1186/s40792-017-0338-7

    PubMed

    researchmap

  • Doxorubicin effect is enhanced by sphingosine-1-phosphate signaling antagonist in breast cancer 査読

    Eriko Katsuta, Li Yan, Masayuki Nagahashi, Ali Raza, Jamie L. Sturgill, Debra E. Lyon, Omar M. Rashid, Nitai C. Hait, Kazuaki Takabe

    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH219   202 - 213   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Background: Doxorubicin is one of the most commonly used chemotherapeutic drugs for breast cancer; however, its use is limited by drug resistance and side effects. We hypothesized that adding FTY720, a sphingosine-1-phosphate (S1P) receptor functional antagonist, to doxorubicin would potentiate its effects by suppression of drug-induced inflammation.
    Materials and Methods: The Cancer Genome Atlas, Gene Expression Omnibus data sets, and National Cancer Institute-60 panel were used for gene expressions and gene set enrichment analysis. E0771 syngeneic mammary tumor cells were used. OB/OB mice fed with western high-fat diet were used as an obesity model.
    Results: STAT3 expression was significantly increased after doxorubicin treatment in human breast cancer that implicates that doxorubicin evokes inflammation. Expression of sphingosine kinase 1, the enzyme that produces S1P and links inflammation and cancer, tended to be higher in doxorubicin-resistant human cancer and cell lines. In a murine breast cancer model, sphingosine kinase 1, S1P receptor 1, interleukin 6, and STAT3 were overexpressed in the doxorubicin-treated group, whereas all of them were significantly suppressed with addition of FTY720. Combination therapy synergistically suppressed cancer growth both in vitro and in vivo. Furthermore, combination therapy showed higher efficacy in an obesity breast cancer model, where high body mass index demonstrated trends toward worse disease-free and overall survival, and high-serum S1P levels in human patients and volunteers.
    Conclusions: We found that FTY720 enhanced the efficacy of doxorubicin by suppression of drug-induced inflammation, and combination therapy showed stronger effect in obesity-related breast cancer. (C) 2017 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jss.2017.05.101

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Comprehensive genomic sequencing detects important genetic differences between right-sided and left-sided colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Yusuke Muneoka, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Masato Nakano, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Tetsu Hayashida, Hiromasa Takaishi, Yuko Kitagawa, Eiji Oki, Tsuyoshi Konishi, Fumio Ishida, Shin-ei Kudo, Jennifer E. Ring, Alexei Protopopov, Stephen Lyle, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Takashi Ishikawa, Kohei Akazawa, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    ONCOTARGET8 ( 55 ) 93567 - 93579   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IMPACT JOURNALS LLC  

    Objectives: Anti-epidermal growth factor receptor (EGFR) therapy has been found to be more effective against left-sided colorectal cancer (LCRC) than right-sided colorectal cancer (RCRC). We hypothesized that RCRC is more likely to harbor genetic alterations associated with resistance to anti-EGFR therapy and tested this using comprehensive genomic sequencing.
    Materials and methods: A total of 201 patients with either primary RCRC or LCRC were analyzed. We investigated tumors for genetic alterations using a 415-gene panel, which included alterations associated with resistance to anti-EGFR therapy: TK receptors (ERBB2, MET, EGFR, FGFR1, and PDGFRA), RAS pathway (KRAS, NRAS, HRAS, BRAF, and MAPK2K1), and PI3K pathway (PTEN and PIK3CA). Patients whose tumors had no alterations in these 12 genes, theoretically considered to respond to anti-EGFR therapy, were defined as "all wild-type", while remaining patients were defined as "mutant-type".
    Results: Fifty-six patients (28%) and 145 patients (72%) had RCRC and LCRC, respectively. Regarding genetic alterations associated with anti-EGFR therapy, only 6 of 56 patients (11%) with RCRC were "all wild-type" compared with 41 of 145 patients (28%) with LCRC (P = 0.009). Among the 49 patients who received anti-EGFR therapy, RCRC showed significantly worse progression-free survival (PFS) than LCRC (P = 0.022), and "mutant-type" RCRC showed significantly worse PFS compared with "all wild-type" LCRC (P = 0.004).
    Conclusions: RCRC is more likely to harbor genetic alterations associated with resistance to anti-EGFR therapy compared with LCRC. Furthermore, our data shows primary tumor sidedness is a surrogate for the non-random distribution of genetic alterations in CRC.

    DOI: 10.18632/oncotarget.20510

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Prophylactic lateral pelvic lymph node dissection in stage IV low rectal cancer 査読

    Hiroshi Tamura, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Mae Nakano, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin-Ichi Kosugi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Toshifumi Wakai

    World Journal of Clinical Oncology8 ( 5 ) 412 - 419   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Baishideng Publishing Group Co., Limited  

    AIM: To assess the clinical significance of prophylactic lateral pelvic lymph node dissection (LPLND) in stage IV low rectal cancer. METHODS: We selected 71 consecutive stage IV low rectal cancer patients who underwent primary tumor resection, and enrolled 50 of these 71 patients without clinical LPLN metastasis. The patients had distant metastasis such as liver, lung, peritoneum, and paraaortic LN. Clinical LPLN metastasis was defined as LN with a maximum diameter of 10 mm or more on preoperative pelvic computed tomography scan. All patients underwent primary tumor resection, 27 patients underwent total mesorectal excision (TME) with LPLND (LPLND group), and 23 patients underwent only TME (TME group). Bilateral LPLND was performed simultaneously with primary tumor resection in LPLND group. R0 resection of both primary and metastatic sites was achieved in 20 of 50 patients. We evaluated possible prognostic factors for 5-year overall survival (OS), and compared 5-year cumulative local recurrence between the LPLND and TME groups. RESULTS: For OS, univariate analyses revealed no significant benefit in the LPLND compared with the TME group (28.7% vs 17.0%, P = 0.523)
    multivariate analysis revealed that R0 resection was an independent prognostic factor. Regarding cumulative local recurrence, the LPLND group showed no significant benefit compared with TME group (21.4% vs 14.8%, P = 0.833). CONCLUSION: Prophylactic LPLND shows no oncological benefits in patients with Stage IV low rectal cancer without clinical LPLN metastasis.

    DOI: 10.5306/wjco.v8.i5.412

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Intravenous Carnitine Administration in Addition to Parenteral Nutrition With Lipid Emulsion May Decrease the Inflammatory Reaction in Postoperative Surgical Patients. 査読

    Koyama Y, Moro K, Nakano M, Miura K, Nagahashi M, Kosugi SI, Tsuchida J, Ikarashi M, Nakajima M, Ichikawa H, Hanyu T, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T

    Journal of clinical medicine research9 ( 10 ) 831 - 837   2017年10月

  • Hand-assisted laparoscopic Hassab's procedure for esophagogastric varices with portal hypertension. 査読

    Kobayashi T, Miura K, Ishikawa H, Soma D, Zhang Z, Ando T, Yuza K, Hirose Y, Katada T, Takizawa K, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Wakai T

    Surgical case reports3 ( 1 ) 111   2017年10月

  • Actionable gene-based classification toward precision medicine in gastric cancer 査読

    Hiroshi Ichikawa, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Takaaki Hanyu, Takashi Ishikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Jun Sakata, Hiroshi Yabusaki, Satoru Nakagawa, Nobuaki Sato, Yuki Hirata, Yuko Kitagawa, Toshiyuki Tanahashi, Kazuhiro Yoshida, Ryota Nakanishi, Eiji Oki, Dana Vuzman, Stephen Lyle, Kazuaki Takabe, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Kohei Akazawa, Toshifumi Wakai

    GENOME MEDICINE9 ( 1 ) 93   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Intertumoral heterogeneity represents a significant hurdle to identifying optimized targeted therapies in gastric cancer (GC). To realize precision medicine for GC patients, an actionable gene alteration-based molecular classification that directly associates GCs with targeted therapies is needed.& para;& para;Methods: A total of 207 Japanese patients with GC were included in this study. Formalin-fixed, paraffin-embedded (FFPE) tum or tissues were obtained from surgical or biopsy specimens and were subjected, to DMA extraction. We generated comprehensive genomic profiling data using a 435-gene panel including 69 actionable genes paired, with US Food and Drug Administration-approved targeted therapies, and the evaluation o f Epstein-Barr virus (EBV) infection and microsatellite instability (MSI) status.& para;& para;Results: Comprehensive genomic sequencing detected at least one alteration o f 435 cancer-related genes in 194 GCs (93.7%) and o f 69 actionable genes in 141 GCs (68.1%). We classified the 207 GCs into four The Cancer Genome Atlas (TCGA) subtypes using the genomic profiling data; EBV (N = 9), MSI (N = 17), chromosomal instability (N = 119), and genomicaliy stable subtype (N = 62). Actionable gene alterations were not specific and were widely observed throughout all TCGA subtypes. To discover a novel classification which more precisely selects candidates for targeted therapies, 207 GCs were classified using hypermutated. phenotype and the mutation profile of 69 actionable genes. We identified a hypermutated group (N = 32), while the others (N = 175) were sub-divided into six dusters including five with actionable gene alterations: ERBB2 (N = 25), CDKN2A, and CDKN2B (N = 10), KRAS (N = 10), BRCA2 (N = 9), and ATM duster (N = 12). The clinical utility of this classification was demonstrated by a case of unresectable GC. with a remarkable response to anti-HER2 therapy in the ERBB2 duster.& para;& para;Conclusions: This actionable gene-based classification creates a framework for further studies for realizing precision medicine in GC.

    DOI: 10.1186/s13073-017-0484-3

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Benign esophageal schwannoma: a brief overview and our experience with this rare tumor. 査読 国際誌

    Kazuki Moro, Masayuki Nagahashi, Kotaro Hirashima, Shin-Ichi Kosugi, Takaaki Hanyu, Hiroshi Ichikawa, Takashi Ishikawa, Gen Watanabe, Emmanuel Gabriel, Tsutomu Kawaguchi, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    Surgical case reports3 ( 1 ) 97 - 97   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Benign esophageal tumors are uncommon, comprising approximately 2% of esophageal tumors. Esophageal schwannomas constitute an even rarer entity, with few cases reported in the literature. CASE PRESENTATION: We present a 66-year-old male who was referred for dysphagia. A computed tomography scan showed a well-demarcated, enhancing, and homogenous esophageal tumor measuring 50 mm. The tumor was hypermetabolic on positron emission tomography, and an endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration demonstrated the presence of benign spindle cells. We performed an uncomplicated, simple, tumor enucleation through a cervical approach. Histology revealed spindle-shaped cells in a fasciculated, disarrayed pattern. Immunohistochemistry demonstrated positive staining for S-100 protein and negative staining for KIT, CD34, desmin, and α-smooth muscle actin. These findings were consistent with a benign esophageal schwannoma. CONCLUSIONS: We report our experience with esophageal schwannoma, a rare but benign diagnosis of the esophagus.

    DOI: 10.1186/s40792-017-0369-0

    PubMed

    researchmap

  • Utility of comprehensive genomic sequencing for detecting HER2-positive colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Ryoma Yagi, Hitoshi Kameyama, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Mae Nakano, Masato Nakano, Yo Sato, Takeaki Matsuzawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Takashi Kawasaki, Kei-ichi Homma, Hiroshi Izutsu, Keisuke Kodama, Jennifer E. Ring, Alexei Protopopov, Stephen Lyle, Shujiro Okuda, Kohei Akazawa, Toshifumi Wakai

    HUMAN PATHOLOGY66   1 - 9   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC  

    HER2-targeted therapy is considered effective for KRAS codon 12/13 wild-type, HER2-positive metastatic colorectal cancer (CRC). In general, HER2 status is determined by the use of immunohistochemistry (IHC) and fluorescence in situ hybridization (FISH). Comprehensive genomic sequencing (CGS) enables the detection of gene mutations and copy number alterations including KRAS mutation and HER2 amplification; however, little is known about the utility of CGS for detecting HER2-positive CRC. To assess its utility, we retrospectively investigated 201 patients with stage I-IV CRC. The HER2 status of the primary site was assessed using IHC and FISH, and HER2 amplification of the primary site was also assessed using CGS, and the findings of these approaches were compared in each patient. CGS successfully detected alterations in 415 genes including KRAS codon 12/13 mutation and HER2 amplification. Fifty-nine (29%) patients had a KRAS codon 12/13 mutation. Ten (5%) patients were diagnosed as HER2 positive because of HER2 MC 3+, and the same 10 (5%) patients had HER2 amplification evaluated using CGS. The results of HER2 status and HER2 amplification were completely identical in all 201 patients (P < .001). Nine of the 10 HER2-positive patients were KRAS 12/13 wild-type and were considered possible candidates for HER2-targeted therapy. CGS has the same utility as IHC and FISH for detecting HER2-positive patients who are candidates for HER2-targeted therapy, and facilitates precision medicine and tailor-made treatment. (C) 2017 The Authors. Published by Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.humpath.2017.02.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Bile acids as global regulators of hepatic nutrient metabolism. 査読

    Hylemon PB, Takabe K, Dozmorov M, Nagahashi M, Zhou H

    Liver research1 ( 1 ) 10 - 16   2017年6月

  • The Role of Sphingosine 1-Phosphate Receptor 2 in Bile-Acid-Induced Cholangiocyte Proliferation and Cholestasis-Induced Liver Injury in Mice 査読

    Yongqing Wang, Hiroaki Aoki, Jing Yang, Kesong Peng, Runping Liu, Xiaojiaoyang Li, Xiaoyan Qiang, Lixin Sun, Emily C. Gurley, Guanhua Lai, Luyong Zhang, Guang Liang, Masayuki Nagahashi, Kazuaki Takabe, William M. Pandak, Phillip B. Hylemon, Huiping Zhou

    HEPATOLOGY65 ( 6 ) 2005 - 2018   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Bile duct obstruction is a potent stimulus for cholangiocyte proliferation, especially for large cholangiocytes. Our previous studies reported that conjugated bile acids (CBAs) activate the protein kinase B (AKT) and extracellular signal-regulated kinase 1 and 2 (ERK1/2) signaling pathways through sphingosine 1-phosphate receptor (S1PR) 2 in hepatocytes and cholangiocarcinoma cells. It also has been reported that taurocholate (TCA) promotes large cholangiocyte proliferation and protects cholangiocytes from bile duct ligation (BDL)-induced apoptosis. However, the role of S1PR2 in bile-acid-mediated cholangiocyte proliferation and cholestatic liver injury has not been elucidated. Here, we report that S1PR2 is the predominant S1PR expressed in cholangiocytes. Both TCA- and sphingosine-1-phosphate (S1P)-induced activation of ERK1/2 and AKT were inhibited by JTE-013, a specific antagonist of S1PR2, in cholangiocytes. In addition, TCA- and S1P-induced cell proliferation and migration were inhibited by JTE-013 and a specific short hairpin RNA of S1PR2, as well as chemical inhibitors of ERK1/2 and AKT in mouse cholangiocytes. In BDL mice, expression of S1PR2 was up-regulated in whole liver and cholangiocytes. S1PR2 deficiency significantly reduced BDL-induced cholangiocyte proliferation and cholestatic injury, as indicated by significant reductions in inflammation and liver fibrosis in S1PR2 knockout mice. Treatment of BDL mice with JTE-013 significantly reduced total bile acid levels in serum and cholestatic liver injury. Conclusion: This study suggests that CBA-induced activation of S1PR2-mediated signaling pathways plays a critical role in obstructive cholestasis and may represent a novel therapeutic target for cholestatic liver diseases.

    DOI: 10.1002/hep.29076

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The role of sphingosine-1-phosphate in the tumor microenvironment and its clinical implications 査読

    Masato Nakajima, Masayuki Nagahashi, Omar M. Rashid, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    TUMOR BIOLOGY39 ( 4 ) 1010428317699133   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Elucidating the interaction between cancer and non-cancer cells, such as blood vessels, immune cells, and other stromal cells, in the tumor microenvironment is imperative in understanding the mechanisms underlying cancer progression and metastasis, which is expected to lead to the development of new therapeutics. Sphingosine-1-phosphate is a bioactive lipid mediator that promotes cell survival, proliferation, migration, angiogenesis/lymphangiogenesis, and immune responsiveness, which are all factors involved in cancer progression. Sphingosine-1-phosphate is generated inside cancer cells by sphingosine kinases and then exported into the tumor microenvironment. Although sphingosine-1-phosphate is anticipated to play an important role in the tumor microenvironment and cancer progression, determining sphingosine-1-phosphate levels in the tumor microenvironment has been difficult due to a lack of established methods. We have recently developed a method to measure sphingosine-1-phosphate levels in the interstitial fluid that bathes cancer cells in the tumor microenvironment, and reported that high levels of sphingosine-1-phosphate exist in the tumor interstitial fluid. Importantly, sphingosine-1-phosphate can be secreted from cancer cells and non-cancer components such as immune cells and vascular/lymphatic endothelial cells in the tumor microenvironment. Furthermore, sphingosine-1-phosphate affects both cancer and non-cancer cells in the tumor microenvironment promoting cancer progression. Here, we review the roles of sphingosine-1-phosphate in the interaction between cancer and non-cancer cells in tumor microenvironment, and discuss future possibilities for targeted therapies against sphingosine-1-phosphate signaling for cancer patients.

    DOI: 10.1177/1010428317699133

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Impact of Sphingosine-1-Phosphate in Breast Cancer 査読

    Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    MEDIATORS OF INFLAMMATION2017   2076239   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:HINDAWI LTD  

    Breast cancer metastasizes to lymph nodes or other organs, which determine the prognosis of patients. It is difficult to cure the breast cancer patients with distant metastasis due to resistance to drug therapies. Elucidating the underlying mechanisms of breast cancer metastasis and drug resistance is expected to provide new therapeutic targets. Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a pleiotropic, bioactive lipid mediator that regulates many cellular functions, including proliferation, migration, survival, angiogenesis/lymphangiogenesis, and immune responses. S1P is formed in cells by sphingosine kinases and released from them, which acts in an autocrine, paracrine, and/or endocrine manner. S1P in extracellular space, such as interstitial fluid, interacts with components in the tumor microenvironment, which may be important for metastasis. Importantly, recent translational research has demonstrated an association between S1P levels in breast cancer patients and clinical outcomes, highlighting the clinical importance of S1P in breast cancer. We suggest that S1P is one of the key molecules to overcome the resistance to the drug therapies, such as hormonal therapy, anti-HER2 therapy, or chemotherapy, all of which are crucial aspects of a breast cancer treatment.

    DOI: 10.1155/2017/2076239

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Hypermutation and microsatellite instability in gastrointestinal cancers 査読

    Kizuki Yuza, Masayuki Nagahashi, Satoshi Watanabe, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    Oncotarget8 ( 67 ) 112103 - 112115   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Impact Journals LLC  

    Recent progress in cancer genome analysis using next-generation sequencing has revealed a high mutation burden in some tumors. The particularly high rate of somatic mutation in these tumors correlates with the generation of neo-antigens capable of eliciting an immune response. Identification of hypermutated tumors is therefore clinically valuable for selecting patients suitable for immunotherapy treatment. There are several known causes of hypermutation in tumors, such as ultraviolet light in melanoma, tobacco smoke in lung cancer, and excessive APOBEC (apolipoprotein B mRNA editing enzyme, catalytic polypeptide-like) activity in breast and gastric cancer. In gastrointestinal cancers, one of the leading causes of hypermutation is a defect in DNA mismatch repair, which results in microsatellite instability (MSI). This review will focus on the frequency, characteristics and genomic signature of hypermutated gastrointestinal cancers with MSI. Detection of tumor hypermutation in cancer is expected to not only predict the clinical benefit of immune checkpoint inhibitor treatment, but also to provide better surgical strategies for the patients with hypermutated tumors. Thus, in an era of precision medicine, identification of hypermutation and MSI will play an important role directing surgical and chemotherapeutic treatment.

    DOI: 10.18632/oncotarget.22783

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Sphingosine-1-phosphate in the lymphatic fluid determined by novel methods 査読

    Masayuki Nagahashi, Akimitsu Yamada, Tomoyoshi Aoyagi, Jeremy Allegood, Toshifumi Wakai, Sarah Spiegel, Kazuaki Takabe

    Heliyon2 ( 12 ) e00219   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Background Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a pleiotropic bioactive lipid mediator that regulates many physiological and pathological processes. It has been suggested that S1P gradient with high concentrations in the blood and lymphatic fluid and low concentrations in the peripheral tissue plays important roles in immune cell trafficking and potentially cancer progression. However, only a few reports have assessed S1P levels in the lymphatic fluid due to lack of an established easy-to-use method. Here, we report a simple technique for collection of lymphatic fluid to determine S1P. Materials and methods Lymphatic fluid was collected directly with a catheter needle (classical method) or was absorbed onto filter paper after incision of cisterna chyli (new method) in murine models. Blood, lymphatic fluid and mesenteric lymph nodes were corrected from wild type and sphingosine kinase 2 (SphK2) knockout mice to determine S1P levels by mass spectrometry. Results The volume of lymphatic fluid collected by the new method was at least three times greater than those collected by the classical method. S1P concentrations in lymphatic fluid are lower than in blood and higher than in lymph nodes. Interestingly, S1P levels in lymphatic fluid from SphK2 knockout mice were significantly higher than those in wild type, suggesting an important role of SphK2 and/or SphK1 to regulate S1P levels in lymphatic fluid. Conclusions In agreement with the previous theory, our results confirm “S1P gradient” among blood, lymphatic fluid and peripheral lymphatic tissues. Convenient methods for collection and measurement of sphingolipids in lymphatic fluid are expected to provide new insights on functions of sphingolipids.

    DOI: 10.1016/j.heliyon.2016.e00219

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Low fat-containing elemental formula is effective for postoperative recovery and potentially useful for preventing chyle leak during postoperative early enteral nutrition after esophagectomy 査読

    Kazuki Moro, Yu Koyama, Shin-ichi Kosugi, Takashi Ishikawa, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kohei Miura, Masayuki Nagahashi, Masato Nakajima, Kumiko Tatsuda, Junko Tsuchida, Chie Toshikawa, Mayuko Ikarashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    CLINICAL NUTRITION35 ( 6 ) 1423 - 1428   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    Background and aims: Transthoracic esophagectomy using 3-field lymphadenectomy (TTE-3FL) for esophageal cancer is one of the most aggressive gastrointestinal surgeries. Early enteral nutrition (EN) for TTE-3FL patients is useful and valid for early recovery; however, EN using a fat-containing formula risks inducing chyle leak. In the present study, we retrospectively examined esophageal cancer patients treated byTTE-3FL and administered postoperative EN to elucidate the validity of lowering the fat levels in elemental formulas to prevent postoperative chyle leak and improve postoperative recovery.
    Methods: A total of 74 patients who received TTE-3FL for esophageal cancer were retrospectively examined. Patients were classified into two groups according to the type of postoperative EN: Group LF patients received a low-fat elemental formula, and Group F patients received a standard fat-containing polymeric formula. The following clinical factors were compared between the groups: EN start day, maximum EN calories administered, duration of respirator use, length of ICU stay, incidence of postoperative infectious complications, use of parenteral nutrition (PN), and incidence of postoperative chyle leak.
    Results: Patients in Group LF were started on EN significantly earlier after surgery and they consumed significantly higher maximum EN calories compared to Group F patients (P < 0.01). Duration of respirator use and length of ICU stay were also significantly shorter, and TPN was used significantly less in Group LF compared to Group F (P < 0.05). Postoperative chyle leak was observed in six patients in total (8.1%); five patients in Group F and one patient in Group LF, although there was no significant difference in frequency of chyle leak per patient between Group LF and Group F.
    Conclusions: Early EN using low-fat elemental formula after esophagectomy with three-field lymphadenectomy was safe and valid for postoperative recovery and potentially useful in preventing chyle leak. (C) 2016 The Authors. Published by Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.clnu.2016.03.018

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Surgical and long-term outcomes following oesophagectomy in oesophageal cancer patients with comorbidity 査読

    Hiroshi Ichikawa, Shin-ichi Kosugi, Tatsuo Kanda, Kazuhito Yajima, Takashi Ishikawa, Takaaki Hanyu, Yusuke Muneoka, Takahiro Otani, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY36 ( Pt A ) 212 - 218   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Introduction: The elucidation of the clinical impact of comorbidities is important to optimize the treatment and follow-up strategy in oesophageal cancer. We aimed to clarify the surgical and long-term outcomes following oesophagectomy in oesophageal cancer patients with comorbidity.
    Methods: A total of 658 consecutive patients who underwent oesophagectomy for oesophageal cancer between 1985 and 2008 at our institution were enrolled. Based on the criteria of comorbidity as we defined it, we retrospectively reviewed and compared the surgical outcomes and survival between the comorbid (n= 251) and non-comorbid group (n=407).
    Results: Postoperative morbidity and mortality were not significantly different between the two groups. The 5-year overall survival rate of the comorbid group was significantly lower (39.3% vs. 45.2%, adjusted HR = 1.31, 95% CI: 1.07-1.62) but the 5-year disease-specific survival rate was not significantly different between the comorbid and non-comorbid groups (53.9% vs. 53.1%, adjusted HR = 1.11, 95% CI: 0.86 -1.42). The 5-year incidence rate of death from other diseases in the comorbid group was significantly higher than that in the non-comorbid group (26.7% vs. 14.8%, P < 0.01). The leading cause of death from other diseases was pneumonia.
    Conclusions: Oesophagectomy in oesophageal cancer patients with comorbidity can be safely performed. However, the overall survival after oesophagectomy in these patients was unfavorable because of the high incidence of death from other diseases, especially pneumonia. (C) 2016 IJS Publishing Group Ltd. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2016.10.041

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Staged laparotomies based on the damage control principle to treat hemodynamically unstable grade IV blunt hepatic injury in an eight-year-old girl. 査読

    Kobayashi T, Kubota M, Arai Y, Ohyama T, Yokota N, Miura K, Ishikawa H, Soma D, Takizawa K, Sakata J, Nagahashi M, Kameyama H, Wakai T

    Surgical case reports2 ( 1 ) 134   2016年12月

  • Genomic landscape of colorectal cancer in Japan: clinical implications of comprehensive genomic sequencing for precision medicine 査読

    Masayuki Nagahashi, Toshifumi Wakai, Yoshifumi Shimada, Hiroshi Ichikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Jun Sakata, Ryoma Yagi, Nobuaki Sato, Yuko Kitagawa, Hiroyuki Uetake, Kazuhiro Yoshida, Eiji Oki, Shin-ei Kudo, Hiroshi Izutsu, Keisuke Kodama, Mitsutaka Nakada, Julie Tse, Meaghan Russell, Joerg Heyer, Winslow Powers, Ruobai Sun, Jennifer E. Ring, Kazuaki Takabe, Alexei Protopopov, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Stephen Lyle

    GENOME MEDICINE8 ( 1 ) 136   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Comprehensive genomic sequencing (CGS) has the potential to revolutionize precision medicine for cancer patients across the globe. However, to date large-scale genomic sequencing of cancer patients has been limited to Western populations. In order to understand possible ethnic and geographic differences and to explore the broader application of CGS to other populations, we sequenced a panel of 415 important cancer genes to characterize clinically actionable genomic driver events in 201 Japanese patients with colorectal cancer (CRC).
    Methods: Using next-generation sequencing methods, we examined all exons of 415 known cancer genes in Japanese CRC patients (n = 201) and evaluated for concordance among independent data obtained from US patients with CRC (n = 108) and from The Cancer Genome Atlas-CRC whole exome sequencing (WES) database (n = 224). Mutation data from non-hypermutated Japanese CRC patients were extracted and clustered by gene mutation patterns. Two different sets of genes from the 415-gene panel were used for clustering: 61 genes with frequent alteration in CRC and 26 genes that are clinically actionable in CRC.
    Results: The 415-gene panel is able to identify all of the critical mutations in tumor samples as well as WES, including identifying hypermutated tumors. Although the overall mutation spectrum of the Japanese patients is similar to that of the Western population, we found significant differences in the frequencies of mutations in ERBB2 and BRAF. We show that the 415-gene panel identifies a number of clinically actionable mutations in KRAS, NRAS, and BRAF that are not detected by hot-spot testing. We also discovered that 26% of cases have mutations in genes involved in DNA double strand break repair pathway. Unsupervised clustering revealed that a panel of 26 genes can be used to classify the patients into eight different categories, each of which can optimally be treated with a particular combination therapy.
    Conclusions: Use of a panel of 415 genes can reliably identify all of the critical mutations in CRC patients and this information of CGS can be used to determine the most optimal treatment for patients of all ethnicities.

    DOI: 10.1186/s13073-016-0387-8

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Long-term survival in pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastases from colon cancer 査読

    Yosuke Tajima, Hitoshi Kameyama, Saki Yamada, Ryoma Yagi, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hajime Umezu, Toshifumi Wakai

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY14 ( 1 ) 286   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Meigs' syndrome is defined as the co-existence of benign ovarian fibroma or fibroma-like tumor, ascites, and pleural effusion. In contrast, pseudo-Meigs' syndrome is defined as the co-existence of other ovarian or pelvic tumors, ascites, and pleural effusion. In Meigs' and pseudo-Meigs' syndromes, ascites and pleural effusion resolve promptly after the complete resection of the ovarian or pelvic tumor(s). Secondary ovarian tumors from colorectal gastrointestinal metastases rarely cause pseudo-Meigs' syndrome; only 11 cases of pseudo-Meigs' syndrome secondary to colorectal cancers have been reported in the literature. Therefore, the prognosis and etiology of pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastasis from colorectal cancers remain unclear.
    Case presentation: We report here a rare case of pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastases from sigmoid colon cancer with long-term survival. A 47-year-old woman presented with abdominal distention of 1month duration. She developed acute dyspnea 2 weeks after the initial presentation. Colonoscopy and computed tomography revealed sigmoid colon cancer with an ovarian metastasis, along with massive ascites and bilateral pleural effusion. Emergency operation, including bilateral oophorectomy and sigmoidectomy, was performed. Subsequently, ascites and bilateral pleural effusion resolved rapidly. Curative hepatic resection was performed for liver metastases 29 months after the first operation, and as of this writing, the patient is alive with no evidence of a disease 78 months after the first operation. In general, colorectal cancer with ovarian metastasis is hard to cure, and long-term survival in patients with colorectal cancer with pseudo-Meigs' syndrome is rare. Our experience suggests that curative resection for pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastasis from colorectal cancer may offer long-term survival.
    Conclusions: Our experience suggests that pseudo-Meigs' syndrome can occur in a patient with colorectal cancer after metastasis to the ovaries, causing massive ascites and pleural effusion. Aggressive treatment, including R0 resection, for this disease if allowed by the patient's general condition may offer long-term survival.

    DOI: 10.1186/s12957-016-1040-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The roles of bile acids and sphingosine-1-phosphate signaling in the hepatobiliary diseases 査読

    Masayuki Nagahashi, Kizuki Yuza, Yuki Hirose, Masato Nakajima, Rajesh Ramanathan, Nitai C. Hait, Phillip B. Hylemon, Huiping Zhou, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF LIPID RESEARCH57 ( 9 ) 1636 - 1643   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    Based on research carried out over the last decade, it has become increasingly evident that bile acids act not only as detergents, but also as important signaling molecules that exert various biological effects via activation of specific nuclear receptors and cell signaling pathways. Bile acids also regulate the expression of numerous genes encoding enzymes and proteins involved in the synthesis and metabolism of bile acids, glucose, fatty acids, and lipoproteins, as well as energy metabolism. Receptors activated by bile acids include, farnesoid X receptor., pregnane X receptor, vitamin D receptor, and G protein-coupled receptors, TGR5, muscarinic receptor 2, and sphingosine-1-phosphate receptor (S1PR) 2. The ligand of S1PR2, sphingosine-1-phosphate (S1P), is a bioactive lipid mediator that regulates various physiological and pathophysiological cellular processes. We have recently reported that conjugated bile acids, via S1PR2, activate and upregulate nuclear sphingosine kinase 2, increase nuclear S1P, and induce genes encoding enzymes and transporters involved in lipid and sterol metabolism in the liver. Here, we discuss the role of bile acids and S1P signaling in the regulation of hepatic lipid metabolism and in hepatobiliary diseases.

    DOI: 10.1194/jlr.R069286

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • DNA damage response and sphingolipid signaling in liver diseases 査読

    Masayuki Nagahashi, Yasunobu Matsuda, Kazuki Moro, Junko Tsuchida, Daiki Soma, Yuki Hirose, Takashi Kobayashi, Shin-ichi Kosugi, Kazuaki Takabe, Masaaki Komatsu, Toshifumi Wakai

    SURGERY TODAY46 ( 9 ) 995 - 1005   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    Patients with unresectable hepatocellular carcinoma (HCC) cannot generally be cured by systemic chemotherapy or radiotherapy due to their poor response to conventional therapeutic agents. The development of novel and efficient targeted therapies to increase their treatment options depends on the elucidation of the molecular mechanisms that underlie the pathogenesis of HCC. The DNA damage response (DDR) is a network of cell-signaling events that are triggered by DNA damage. Its dysregulation is thought to be one of the key mechanisms underlying the generation of HCC. Sphingosine-1-phosphate (S1P), a lipid mediator, has emerged as an important signaling molecule that has been found to be involved in many cellular functions. In the liver, the alteration of S1P signaling potentially affects the DDR pathways. In this review, we explore the role of the DDR in hepatocarcinogenesis of various etiologies, including hepatitis B and C infection and non-alcoholic steatohepatitis. Furthermore, we discuss the metabolism and functions of S1P that may affect the hepatic DDR. The elucidation of the pathogenic role of S1P may create new avenues of research into therapeutic strategies for patients with HCC.

    DOI: 10.1007/s00595-015-1270-8

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Breast cancer sphingosine-1-phosphate is associated with phospho-sphingosine kinase 1 and lymphatic metastasis 査読

    Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Masato Nakajima, Kazuki Moro, Kumiko Tatsuda, Rajesh Ramanathan, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH205 ( 1 ) 85 - 94   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Background: Sphingosine-1-phosphate (S1P), a pleiotropic bioactive lipid mediator, has been implicated as a key regulatory molecule in cancer through its ability to promote cell proliferation, migration, angiogenesis, and lymphangiogenesis. Previous studies suggested that S1P produced by sphingosine kinase 1 (SphK1) in breast cancer plays important roles in progression of disease and metastasis. However, the associations between S1P and clinical parameters in human breast cancer have not been well investigated to date.
    Materials and methods: We determined levels of S1P and other sphingolipids in breast cancer tissue by electrospray ionization-tandem mass spectrometry. Associations between S1P levels and clinicopathologic features of the tumors were analyzed. Expression of phospho-SphK1 (pSphK1) in breast cancer tissues was determined by immunohistochemical scoring.
    Results: Levels of S1P in breast cancer tissues were significantly higher in patients with high white blood cell count in the blood than those patients without. S1P levels were lower in patients with human epidermal growth factor receptor 2 overexpression and/or amplification than those patients without. Furthermore, cancer tissues with high pSphK1 expression showed significantly higher levels of S1P than cancer tissues without. Finally, patients with lymph node metastasis showed significantly higher levels of S1P in tumor tissues than the patients with negative nodes.
    Conclusions: To our knowledge, this is the first study to demonstrate that high expression of pSphK1 is associated with higher levels of S1P, which in turn is associated with lymphatic metastasis in breast cancer. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jss.2016.06.022

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Sphingosine-1-phosphate phosphatase 2 promotes disruption of mucosal integrity, and contributes to ulcerative colitis in mice and humans 査読

    Wei-Ching Huang, Jie Liang, Masayuki Nagahashi, Dorit Avni, Akimitsu Yamada, Michael Maceyka, Aaron R. Wolen, Tomasz Kordula, Sheldon Milstien, Kazuaki Takabe, Tamas Oravecz, Sarah Spiegel

    FASEB JOURNAL30 ( 8 ) 2945 - 2958   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    The bioactive sphingolipid sphingosine-1-phosphate (S1P) and the kinase that produces it have been implicated in inflammatory bowel diseases in mice and humans; however, little is known about the role of the 2 S1P-specific phosphohydrolase isoforms, SGPP1 and SGPP2, which catalyze dephosphorylation of S1P to sphingosine. To elucidate their functions, we generated specific knockout mice. Deletion of Sgpp2, which is mainly expressed in the gastrointestinal tract, significantly reduced dextran sodium sulfate (DSS)-induced colitis severity, whereas deletion of ubiquitously expressed Sgpp1 slightly worsened colitis. Moreover, Sgpp1 deletion enhanced expression of multifunctional proin-flammatory cytokines, IL-6, TNF-alpha, and IL-1 beta, activation of the transcription factor signal transducer and activator of transcription 3, and immune cell infiltration into the colon. Conversely, Sgpp2-nullmice failed to mount a DSS-induced systemic inflammatory response. Of interest, Sgpp2 deficiency suppressed DSS-induced intestinal epithelial cell apoptosis and improved mucosal barrier integrity. Furthermore, down-regulation of Sgpp2 attenuated LPS-induced para-cellular permeability in cultured cells and enhanced expression of the adherens junction protein E-cadherin. Finally, in patients with ulcerative colitis, SGPP2 expression was elevated in colitis tissues relative to that in uninvolved tissues. These results indicate that induction of SGPP2 expression contributes to the pathogenesis of colitis by promoting disruption of the mucosal barrier function. SGPP2 may represent a novel therapeutic target in inflammatory bowel disease.

    DOI: 10.1096/fj.201600394R

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • High levels of sphingolipids in human breast cancer 査読

    Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Miki Hasegawa, Kumiko Tatsuda, Ingrid A. Woelfel, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH204 ( 2 ) 435 - 444   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Background: Sphingolipids, including sphingosine-1-phosphate (S1P) and ceramide, have emerged as key regulatory molecules that control various aspects of cell growth and proliferation in cancer. Although important roles of sphingolipids in breast cancer progression have been reported in experimental models, their roles in human patients have yet to be determined. The aims of this study were to determine the levels of sphingolipids including S1P, ceramides, and other sphingolipids, in breast cancer and normal breast tissue and to compare the difference in levels of each sphingolipid between the two tissues.
    Materials and methods: Tumor and noncancerous breast tissue were obtained from 12 patients with breast cancer. Sphingolipids including S1P, ceramides, and their metabolites of sphingosine, sphingomyelin, and monohexosylceramide were measured by liquid chromatography-electrospray ionization-tandem mass spectrometry.
    Results: The levels of S1P, ceramides, and other sphingolipids in the tumor were significantly higher than those in normal breast tissue. There was a relatively strong correlation in the levels of S1P between the tumor and those of normal breast tissue from the same person. On the other hand, there was no correlation in the levels of most of the ceramide species between the tumor and those of normal breast tissue from the same person.
    Conclusions: To our knowledge, this is the first study to reveal that levels of sphingolipids in cancer tissue are generally higher than those of normal breast tissue in patients with breast cancer. The correlation of S1P levels in these tissues implicates the role of S1P in interaction between cancer and the tumor microenvironment. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jss.2016.05.022

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Resolvins and omega three polyunsaturated fatty acids: Clinical implications in inflammatory diseases and cancer 査読

    Kazuki Moro, Masayuki Nagahashi, Rajesh Ramanathan, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    WORLD JOURNAL OF CLINICAL CASES4 ( 7 ) 155 - 164   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BAISHIDENG PUBLISHING GROUP INC  

    Inflammation is a central process in several disorders and contributes to cancer progression. Inflammation involves a complex cascade of pro-inflammatory and anti-inflammatory signaling events with protein and lipid mediators. Recent advances in lipid detection have revealed the importance of lipid mediators in inflammation. Omega three polyunsaturated fatty acids (omega-3 PUFA) are found naturally in fish oil and have been extensively studied in multiple inflammatory diseases with improved outcomes. Resolvins are thought to be the active metabolites of omega-3 PUFA, and are responsible for facilitating the resolving phase of acute inflammation. Clinically, resolvins have been associated with resolution of acute kidney injury and acute lung injury, micro and macro vascular response to injury, and inhibition of microglia-activated inflammation in neurodegenerative disorders. In addition to inflammatory diseases, omega-3 PUFA and resolvins appear to modulate cancer progression. omega-3 PUFA intake has been associated with reduced inflammation in colorectal cancer, and favorable phenotype in breast cancer. Resolvins offer promising therapeutic potential as they may modulate inflammation with minimal side-effects, in contrast to currently available anti-inflammatory medications. This review describes the roles of omega-3 PUFA and resolvins in the inflammatory cascade, various inflammatory diseases, and specific cancers. Additionally, it will discuss the clinical therapeutic potential of resolvins as targets in inflammatory diseases and cancers.

    DOI: 10.12998/wjcc.v4.i7.155

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • p62/Sqstm1 promotes malignancy of HCV-positive hepatocellular carcinoma through Nrf2-dependent metabolic reprogramming 査読

    Tetsuya Saito, Yoshinobu Ichimura, Keiko Taguchi, Takafumi Suzuki, Tsunehiro Mizushima, Kenji Takagi, Yuki Hirose, Masayuki Nagahashi, Tetsuro Iso, Toshiaki Fukutomi, Maki Ohishi, Keiko Endo, Takefumi Uemura, Yasumasa Nishito, Shujiro Okuda, Miki Obata, Tsuguka Kouno, Riyo Imamura, Yukio Tada, Rika Obata, Daisuke Yasuda, Kyoko Takahashi, Tsutomu Fujimura, Jingbo Pi, Myung-Shik Lee, Takashi Ueno, Tomoyuki Ohe, Tadahiko Mashino, Toshifumi Wakai, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Tetsuo Nagano, Hozumi Motohashi, Satoshi Waguri, Tomoyoshi Soga, Masayuki Yamamoto, Keiji Tanaka, Masaaki Komatsu

    NATURE COMMUNICATIONS7   12030   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    p62/Sqstm1 is a multifunctional protein involved in cell survival, growth and death, that is degraded by autophagy. Amplification of the p62/Sqstm1 gene, and aberrant accumulation and phosphorylation of p62/Sqstm1, have been implicated in tumour development. Herein, we reveal the molecular mechanism of p62/Sqstm1-dependent malignant progression, and suggest that molecular targeting of p62/Sqstm1 represents a potential chemotherapeutic approach against hepatocellular carcinoma (HCC). Phosphorylation of p62/Sqstm1 at Ser349 directs glucose to the glucuronate pathway, and glutamine towards glutathione synthesis through activation of the transcription factor Nrf2. These changes provide HCC cells with tolerance to anti-cancer drugs and proliferation potency. Phosphorylated p62/Sqstm1 accumulates in tumour regions positive for hepatitis C virus (HCV). An inhibitor of phosphorylated p62-dependent Nrf2 activation suppresses the proliferation and anticancer agent tolerance of HCC. Our data indicate that this Nrf2 inhibitor could be used to make cancer cells less resistant to anticancer drugs, especially in HCV-positive HCC patients.

    DOI: 10.1038/ncomms12030

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Interstitial Fluid Sphingosine-1-Phosphate in Murine Mammary Gland and Cancer and Human Breast Tissue and Cancer Determined by Novel Methods 査読

    Masayuki Nagahashi, Akimitsu Yamada, Hiroshi Miyazaki, Jeremy C. Allegood, Junko Tsuchida, Tomoyoshi Aoyagi, Wei-Ching Huang, Krista P. Terracina, Barbara J. Adams, Omar M. Rashid, Sheldon Milstien, Toshifumi Wakai, Sarah Spiegel, Kazuaki Takabe

    JOURNAL OF MAMMARY GLAND BIOLOGY AND NEOPLASIA21 ( 1-2 ) 9 - 17   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS  

    The tumor microenvironment is a determining factor for cancer biology and progression. Sphingosine-1-phosphate (S1P), produced by sphingosine kinases (SphKs), is a bioactive lipid mediator that regulates processes important for cancer progression. Despite its critical roles, the levels of S1P in interstitial fluid (IF), an important component of the tumor microenvironment, have never previously been measured due to a lack of efficient methods for collecting and quantifying IF. The purpose of this study is to clarify the levels of S1P in the IF from murine mammary glands and its tumors utilizing our novel methods. We developed an improved centrifugation method to collect IF. Sphingolipids in IF, blood, and tissue samples were measured by mass spectrometry. In mice with a deletion of SphK1, but not SphK2, levels of S1P in IF from the mammary glands were greatly attenuated. Levels of S1P in IF from mammary tumors were reduced when tumor growth was suppressed by oral administration of FTY720/fingolimod. Importantly, sphingosine, dihydro-sphingosine, and S1P levels, but not dihydro-S1P, were significantly higher in human breast tumor tissue IF than in the normal breast tissue IF. To our knowledge, this is the first reported S1P IF measurement in murine normal mammary glands and mammary tumors, as well as in human patients with breast cancer. S1P tumor IF measurement illuminates new aspects of the role of S1P in the tumor microenvironment.

    DOI: 10.1007/s10911-016-9354-7

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Reply. 査読

    Hylemon P, Nagahashi M, Takabe K, Zhou H

    Hepatology (Baltimore, Md.)63 ( 5 ) 1740 - 1741   2016年5月

  • Clinical significance of perineural invasion diagnosed by immunohistochemistry with anti-S100 antibody in Stage I-III colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Tomoki Kido, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-ichi Kosugi, Toshifumi Wakai, Yoichi Ajioka

    SURGERY TODAY45 ( 12 ) 1493 - 1500   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Perineural invasion (PN) diagnosed by hematoxylin-eosin (HE) staining is an important prognostic factor after curative-intent surgery in patients with colorectal cancer. However, the clinical significance of PN diagnosed by immunohistochemistry (IHC) has not been investigated. The present study assessed the clinical significance of PN diagnosed by IHC with an anti-S100 antibody in patients with colorectal cancer.
    We retrospectively enrolled 184 consecutive patients with stage I-III colorectal cancer who had undergone curative-intent surgery. We analyzed the absence/presence of PN diagnosed by HE staining (HE-PN) compared to that diagnosed by IHC with the anti-S100 antibody (S100-PN). Potential prognostic factors were identified by univariate and multivariate analyses of the overall and relapse-free survival. The statistics were used to assess the inter-observer reproducibility.
    The incidence of HE-PN and S100-PN among the 184 patients was 60 patients (32.6 %) and 113 patients (61.4 %), respectively (P < 0.001). A multivariate Cox proportional hazards regression model analysis indicated that S100-PN was an independent prognostic factor for both the overall and relapse-free survival. The value was 0.77 for S100-PN and 0.47 for HE-PN.
    PN diagnosed by IHC is an important prognostic factor in patients with colorectal cancer. An inter-observer assessment showed superior judgment reproducibility for S100-PN compared with HE-PN.

    DOI: 10.1007/s00595-014-1096-9

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Development of a metastatic murine colon cancer model 査読

    Krista P. Terracina, Tomoyoshi Aoyagi, Wei-Ching Huang, Masayuki Nagahashi, Akimitsu Yamada, Kazunori Aoki, Kazuaki Takabe

    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH199 ( 1 ) 106 - 114   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Background: It has now become clear that the complex interplay of cancer and the immune responses against it plays a critical role in the tumor microenvironment during cancer progression. As new targets for cancer treatment are being discovered and investigated, murine models used for preclinical studies need to include intact immune responses to provide a closer correlation with human cancer. We have recently developed a modified syngeneic orthotopic murine colon cancer model that mimics human colon cancer progression with consistent results.
    Materials and methods: Tumors were created using the murine colon adenocarcinoma cell line, CT26, modified to overexpress the firefly luciferase gene (CT26-luc1), which allowed real-time in vivo monitoring of tumor burden when the substrate, D-luciferin, was injected intraperitoneally using the In Vivo Imaging System. Mice are Balb/c (Harlan), syngeneic with the CT26-luc1 cells. Cells are injected submucosally, suspended in Matrigel, into the cecum wall under direct visualization.
    Results: The model has demonstrated consistent implantation in the cecum. In vivo bioluminescence allowed real-time monitoring of total tumor burden. Perioperative preparation had a significant impact on reproducibility of the model. Finally, total tumor burden quantified with bioluminescence enabled estimation of lymph node metastasis ex vivo.
    Conclusions: This method maintains an intact immune response and closely approximates the clinical tumor microenvironment. It is expected to provide an invaluable murine metastatic colon cancer model particularly in preclinical studies for drug development targeting those mechanisms. (C) 2015 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jss.2015.04.030

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Predictive Factors for Non-Sentinel Lymph Node Metastasis in the Case of Positive Sentinel Lymph Node Metastasis in Two or Fewer Nodes in Breast Cancer. 査読

    Toshikawa C, Koyama Y, Nagahashi M, Tatsuda K, Moro K, Tsuchida J, Hasegawa M, Niwano T, Manba N, Ikarashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Journal of clinical medicine research7 ( 8 ) 620 - 626   2015年8月

  • At what age should screening mammography be recommended for Asian women? 査読

    Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Omar M. Rashid, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    CANCER MEDICINE4 ( 7 ) 1136 - 1144   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Although regular screening mammography has been suggested to be associated with improvements in the relative survival of breast cancer in recent years, the appropriate age to start screening mammography remains controversial. In November 2009, the United States Preventive Service Task Force published updated guidelines for breast cancer, which no longer support routine screening mammography for women aged 40-49years, but instead, defer the choice of screening in that age group to the patient and physician. The age to begin screening differs between guidelines, including those from the Task Force, the American Cancer Society and the World Health Organization. It remains unclear how this discrepancy impacts patient survival, especially among certain subpopulations. Although the biological characteristics of breast cancer and peak age of incidence differ among different ethnic populations, there have been few reports that evaluate the starting age for screening mammography based on ethnicity. Here, we discuss the benefits and harm of screening mammography in the fifth decade, and re-evaluate the starting age for screening mammography taking ethnicity into account, focusing on the Asian population. Breast cancer incidence peaked in the fifth decade in Asian women, which has been thought to be due to a combination of biological and environmental factors. Previous reports suggest that Asian women in their 40s may receive more benefit and less harm from screening mammography than the age-matched non-Asian US population. Therefore, starting screening mammography at age 40 may be beneficial for women of Asian ethnicity in well-resourced countries, such as Japanese women who reside in Japan.

    DOI: 10.1002/cam4.468

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Conjugated Bile Acid-Activated S1P Receptor 2 Is a Key Regulator of Sphingosine Kinase 2 and Hepatic Gene Expression 査読

    Masayuki Nagahashi, Kazuaki Takabe, Runping Liu, Kesong Peng, Xiang Wang, Yun Wang, Nitai C. Hait, Xuan Wang, Jeremy C. Allegood, Akimitsu Yamada, Tomoyoshi Aoyagi, Jie Liang, William M. Pandak, Sarah Spiegel, Phillip B. Hylemon, Huiping Zhou

    HEPATOLOGY61 ( 4 ) 1216 - 1226   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Bile acids are important hormones during the feed/fast cycle, allowing the liver to coordinately regulate nutrient metabolism. How they accomplish this has not been fully elucidated. Conjugated bile acids activate both the ERK1/2 and AKT signaling pathways via sphingosine 1-phosphate receptor 2 (S1PR2) in rodent hepatocytes and in vivo. Here, we report that feeding mice a high-fat diet, infusion of taurocholate into the chronic bile fistula rat, or overexpression of the gene encoding S1PR2 in mouse hepatocytes significantly upregulated hepatic sphingosine kinase 2 (SphK2) but not SphK1. Key genes encoding nuclear receptors/enzymes involved in nutrient metabolism were significantly downregulated in livers of S1PR2(-/-) and SphK2(-/-) mice. In contrast, overexpression of the gene encoding S1PR2 in primary mouse hepatocytes differentially increased SphK2, but not SphK1, and mRNA levels of key genes involved in nutrient metabolism. Nuclear levels of sphingosine-1-phosphate, an endogenous inhibitor of histone deacetylases 1 and 2, as well as the acetylation of histones H3K9, H4K5, and H2BK12 were significantly decreased in hepatocytes prepared from S1PR2(-/-) and SphK2(-/-) mice. Conclusion: Both S1PR2(-/-) and SphK2(-/-) mice rapidly developed fatty livers on a high-fat diet, suggesting the importance of conjugated bile acids, S1PR2, and SphK2 in regulating hepatic lipid metabolism. (Hepatology 2015;61:1216-1226)

    DOI: 10.1002/hep.27592

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Conservative treatment of idiopathic spontaneous pneumoperitoneum in a bedridden patient: a case report. 査読

    Tanaka R, Kameyama H, Nagahashi M, Kanda T, Ichikawa H, Hanyu T, Ishikawa T, Kobayashi T, Sakata J, Kosugi S, Wakai T

    Surgical case reports1 ( 1 ) 69   2015年

  • An improved syngeneic orthotopic murine model of human breast cancer progression 査読

    Omar M. Rashid, Masayuki Nagahashi, Suburamaniam Ramachandran, Catherine Dumur, Julia Schaum, Akimitsu Yamada, Krista P. Terracina, Sheldon Milstien, Sarah Spiegel, Kazuaki Takabe

    BREAST CANCER RESEARCH AND TREATMENT147 ( 3 ) 501 - 512   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Breast cancer drug development costs nearly $610 million and 37 months in preclinical mouse model trials with minimal success rates. Despite these inefficiencies, there are still no consensus breast cancer preclinical models. Murine mammary adenocarcinoma 4T1-luc2 cells were implanted subcutaneous (SQ) or orthotopically percutaneous (OP) injection in the area of the nipple, or surgically into the chest 2nd mammary fat pad under direct vision (ODV) in Balb/c immunocompetent mice. Tumor progression was followed by in vivo bioluminescence and direct measurements, pathology and survival determined, and tumor gene expression analyzed by genome-wide microarrays. ODV produced less variable-sized tumors and was a reliable method of implantation. ODV implantation into the chest 2nd mammary pad rather than into the abdominal 4th mammary pad, the most common implantation site, better mimicked human breast cancer progression pattern, which correlated with bioluminescent tumor burden and survival. Compared to SQ, ODV produced tumors that differentially expressed genes whose interaction networks are of importance in cancer research. qPCR validation of 10 specific target genes of interest in ongoing clinical trials demonstrated significant differences in expression. ODV implantation into the chest 2nd mammary pad provides the most reliable model that mimics human breast cancer compared from subcutaneous implantation that produces tumors with different genome expression profiles of clinical significance. Increased understanding of the limitations of the different preclinical models in use will help guide new investigations and may improve the efficiency of breast cancer drug development .

    DOI: 10.1007/s10549-014-3118-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Sphingosine-1-phosphate in chronic intestinal inflammation and cancer. 査読

    Nagahashi M, Hait NC, Maceyka M, Avni D, Takabe K, Milstien S, Spiegel S

    Advances in biological regulation54   112 - 120   2014年1月

  • Sphingosine-1-Phosphate Transporters as Targets for Cancer Therapy 査読

    Masayuki Nagahashi, Kazuaki Takabe, Krista P. Terracina, Daiki Soma, Yuki Hirose, Takashi Kobayashi, Yasunobu Matsuda, Toshifumi Wakai

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL2014   651727   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:HINDAWI PUBLISHING CORPORATION  

    Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a pleiotropic lipid mediator that regulates cell survival, migration, the recruitment of immune cells, angiogenesis, and lymphangiogenesis, all of which are involved in cancer progression. S1P is generated inside cancer cells by sphingosine kinases then exported outside of the cell into the tumor microenvironment where it binds to any of five G protein coupled receptors and proceeds to regulate a variety of functions. We have recently reported on the mechanisms underlying the "inside-out" signaling of S1P, its export through the plasma membrane, and its interaction with cell surface receptors. Membrane lipids, including S1P, do not spontaneously exchange through lipid bilayers since the polar head groups do not readily go through the hydrophobic interior of the plasma membrane. Instead, specific transporter proteins exist on the membrane to exchange these lipids. This review summarizes what is known regarding S1P transport through the cell membrane via ATP-binding cassette transporters and the spinster 2 transporter and discusses the roles for these transporters in cancer and in the tumor microenvironment. Based on our research and the emerging understanding of the role of S1P signaling in cancer and in the tumor microenvironment, S1P transporters and S1P signaling hold promise as new therapeutic targets for cancer drug development.

    DOI: 10.1155/2014/651727

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Intestinal Co-infection of Tuberculosis and CMV can Cause Massive Lower GI Bleeding in a Patient with HIV. 査読

    Nagahashi M, Aoyagi T, Yamada A, Rashid OM, Adams BJ, Takabe K

    Journal of surgery and science1 ( 1 ) 12 - 15   2013年12月

     詳細を見る

  • Is tail vein injection a relevant breast cancer lung metastasis model? 査読

    Omar M. Rashid, Masayuki Nagahashi, Suburamaniam Ramachandran, Catherine I. Dumur, Julia C. Schaum, Akimitsu Yamada, Tomoyoshi Aoyagi, Sheldon Milstien, Sarah Spiegel, Kazuaki Takabe

    JOURNAL OF THORACIC DISEASE5 ( 4 ) 385 - 392   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PIONEER BIOSCIENCE PUBL CO  

    Background: Two most commonly used animal models for studying breast cancer lung metastasis are: lung metastasis after orthotopic implantation of cells into the mammary gland, and lung implantations produced after tail vein (TV) injection of cells. Tail vein injection can produce lung lesions faster, but little has been studied regarding the differences between these tumors, thus, we examined their morphology and gene expression profiles.
    Methods: Syngeneic murine mammary adenocarcinoma, 4T1-luc2 cells, were implanted either subcutaneously (Sq), orthotopically (OS), or injected via TV in Balb/c mice. Genome-wide microarray analyses of cultured 4T1 cells, Sq tumor, OS tumor, lung metastases after OS (LMet), and lung tumors after TV (TVt) were performed 10 days after implantation.
    Results: Bioluminescence analysis demonstrated different morphology of metastases between LMet and TVt, confirmed by histology. Gene expression profile of cells were significantly different from tumors, OS, Sq, TVt or LMet (10,350 probe sets; FDR <= 1%; P<0.0001). Sq tumors were significantly different than OS tumors (700 probe sets; FDR <= 15%; P<0.01), and both tumor types (Sq and OS) were significantly different than LMet (1,247 probe sets; >1.5-fold-change; P<0.01), with no significant difference between TVt and LMet.
    Conclusions: There were significant differences between the gene profiles of cells in culture and OS versus LMet, but there were no differences between LMet versus TVt. Therefore, the lung tumor generated by TVt can be considered genetically similar to those produced after OS, and thus TVt is a relevant model for breast cancer lung metastasis.

    DOI: 10.3978/j.issn.2072-1439.2013.06.17

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Resection of the primary tumor improves survival in metastatic breast cancer by reducing overall tumor burden 査読

    Omar M. Rashid, Masayuki Nagahashi, Subramaniam Ramachandran, Laura Graham, Akimitsu Yamada, Sarah Spiegel, Harry D. Bear, Kazuaki Takabe

    SURGERY153 ( 6 ) 771 - 778   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    Background. Although many retrospective studies suggest that resection of the primary tumor improves survival in metastatic breast cancer animal studies suggest that resection induces metastasis. Moreover, there has been no critical evaluation of how well animal studies actually model metastatic breast cancer. We used our newly established orthotopic cancer implantation under direct vision model to evaluate the hypothesis that primary tumor resection improves survival in metastatic breast cancer by reducing overall tumor burden and improving immune responsiveness.
    Methods. Murine mammary adenocarcinoma 4T1-luc2 cells that can be visualized by bioluminescence were implanted orthotopically into BALB/c mice under direct vision. Resection of the primary tumors at days 6, 10, and 28 were compared to sham resection of the contralateral normal mammary gland and observation alone. Tumor burden was quantified by bioluminescence. Taimor-draining lymph nodes were identified by intradermal injection of lymphazurin, and primary tumors, lymph nodes, and lungs.were examined pathologically. Kaplan-Meier survival analyses were performed. Splenocyte myeloid-derived suppressor cells (MDSCs) and CD4 or CD8 single positive T lymphocytes were quantified by flow cytometry.
    Results. Tumors invaded locally, metastasized to regional lymph nodes, and then metastasized to distant organs, with subsequent mortality. Surgical stress increased tumor burden only transiently without affecting survival. When primary tumor resection decreased overall tumor burden substantially, further growth of metastatic lesions did not increase the overall tumor burden compared to observation, and survival was improved, which was not the case when resection did not significantly reduce the overall tumor burden. Decreasing overall tumor burden through resection of the primary tumor resulted in decreased splenic MDSC numbers and increased CD4 and CD8 cells, suggesting 'the potential for an improved immunologic response to cancer.
    Conclusion. Decreasing overall tumor burden through resection of the primary breast tumor decreased MDSCs, increased CD4 and CD8 cells, and improved survival.

    DOI: 10.1016/j.surg.2013.02.002

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Minimally invasive colostomy revision for palliation of large stomal prolapse and an adherent sliding peristomal hernia. 査読

    Rashid OM, Nagahashi M, Takabe K

    The American surgeon79 ( 4 ) E167 - 8   2013年4月

     詳細を見る

  • Spns2, a transporter of phosphorylated sphingoid bases, regulates their blood and lymph levels, and the lymphatic network 査読

    Masayuki Nagahashi, Eugene Y. Kim, Akimitsu Yamada, Subramaniam Ramachandran, Jeremy C. Allegood, Nitai C. Hait, Michael Maceyka, Sheldon Milstien, Kazuaki Takabe, Sarah Spiegel

    FASEB JOURNAL27 ( 3 ) 1001 - 1011   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Sphingosine-1-phosphate (S1P), a ligand for 5 specific receptors, is a potent lipid mediator that plays important roles in lymphocyte trafficking and immune responses. S1P is produced inside cells and therefore must be secreted to exert its effects through these receptors. Spinster 2 (Spns2) is one of the cell surface transporters thought to secrete S1P. We have shown that Spns2 can export endogenous S1P from cells and also dihydro-S1P, which is active at all cell surface S1P receptors. Moreover, Spns(2-/-) mice have decreased levels of both of these phosphorylated sphingoid bases in blood, accompanied by increases in very long chain ceramide species, and have defective lymphocyte trafficking. Surprisingly, levels of S1P and dihydro-S1P were increased in lymph from Spns(2-/-) mice as well as in specific tissues, including lymph nodes, and interstitial fluid. Moreover, lymph nodes from Spns(2-/-) mice have aberrant lymphatic sinus that appeared collapsed, with reduced numbers of lymphocytes. Our data suggest that Spns2 is an S1P transporter in vivo that plays a role in regulation not only of blood S1P but also lymph node and lymph S1P levels and consequently influences lymphocyte trafficking and lymphatic vessel network organization.-Nagahashi, M., Kim, E. Y., Yamada, A., Ramachandran, S., Allegood, J. C., Hait, N. C., Maceyka, M., Milstien, S., Takabe, K., Spiegel, S. Spns2, a transporter of phosphorylated sphingoid bases, regulates their blood and lymph levels and the lymphatic network. FASEB J. 27, 1001-1011 (2013). www.fasebj.org

    DOI: 10.1096/fj.12-219618

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Sphingosine-1-phosphate links persistent STAT3 activation, chronic intestinal inflammation, and development of colitis-associated cancer. 査読

    Liang J, Nagahashi M, Kim EY, Harikumar KB, Yamada A, Huang WC, Hait NC, Allegood JC, Price MM, Avni D, Takabe K, Kordula T, Milstien S, Spiegel S

    Cancer cell23 ( 1 ) 107 - 120   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ccr.2012.11.013

    PubMed

    researchmap

  • Emerging Role of Sphingosine-1-phosphate in Inflammation, Cancer, and Lymphangiogenesis. 査読

    Huang WC, Nagahashi M, Terracina KP, Takabe K

    Biomolecules3 ( 3 )   2013年

  • Inverted Meckel's diverticulum as a cause of occult lower gastrointestinal hemorrhage 査読

    Omar M. Rashid, Joseph K. Ku, Masayuki Nagahashi, Akimitsu Yamada, Kazuaki Takabe

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY18 ( 42 ) 6155 - 6159   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BAISHIDENG PUBL GRP CO LTD  

    Meckel's diverticulum is a common asymptomatic congenital gastrointestinal anomaly, but rarely it can present with hemorrhage. Over the last few years inverted Meckel's diverticulum has been reported in the literature with increasing frequency as an occult source of lower gastrointestinal hemorrhage. Here, we report a case of a 54-year-old male, who was referred for surgical evaluation with persistent anemia and occult blood per rectum after a work up which failed to localize the source over 12 mo, including upper and capsule endoscopy, colonoscopy, enteroclysis, Meckel scan, and tagged nuclear red blood cell scan. An abdominal computed tomography scan showed a possible mid-ileal intussusception and intraluminal mass. During the abdominal exploration, inverted Meckel's diverticulum was diagnosed and resected. We review the literature, discuss the forms in which the disease presents, the diagnostic modalities utilized, pathological findings, and treatment. Although less than 40 cases have been reported in the English literature from 1978 to 2005, 19 cases have been reported in the last 6 years alone (2006-2012) due to improved diagnostic modalities. Successful diagnosis and treatment of this disease requires a high index of clinical suspicion, which is becoming increasingly relevant to general gastroenterologists. (C) 2012 Baishideng. All rights reserved.

    DOI: 10.3748/wjg.v18.i42.6155

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Twofer anti-vascular therapy targeting sphingosine-1-phosphate for breast cancer. 査読

    Takabe K, Yamada A, Rashid OM, Adams BJ, Huang WC, Aoyagi T, Nagahashi M

    Gland surgery1 ( 2 ) 80 - 83   2012年8月

  • Management of massive soft tissue defects: The use of INTEGRA® artificial skin after necrotizing soft tissue infection of the chest. 査読

    Rashid OM, Nagahashi M, Takabe K

    Journal of thoracic disease4 ( 3 ) 331 - 335   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3978/j.issn.2072-1439.2012.05.12

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Bevacizumab and breast cancer: what does the future hold? 査読

    Christina E. Stevenson, Masayuki Nagahashi, Subramaniam Ramachandran, Akimitsu Yamada, Harry D. Bear, Kazuaki Takabe

    FUTURE ONCOLOGY8 ( 4 ) 403 - 414   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:FUTURE MEDICINE LTD  

    Breast cancer is a major health concern for many women, but despite the current standard therapies, many women still die of metastatic disease. Angiogenesis has been evaluated as a possible target for therapy and bevacizumab (Avastin (R), Genentech/Roche, CA, USA), a monoclonal antibody against VEGF-A, has been developed to target this. Current clinical trials utilizing bevacizumab have shown an increase in progression-free survival, but this has not translated to an increase in overall survival in breast cancer patients. In this article, we summarize the currently published trials utilizing bevacizumab in the treatment of breast cancer and describe various methods of measuring angiogenesis In vitro and In vivo. We also describe the related process of lymphangiogenesis, as this may contribute to the mechanism of cancer progression and may be a potential target for therapy in the future. Understanding these processes may help us develop new treatments for breast cancer.

    DOI: 10.2217/FON.12.22

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Sphingosine-1-Phosphate Produced by Sphingosine Kinase 1 Promotes Breast Cancer Progression by Stimulating Angiogenesis and Lymphangiogenesis 査読

    Masayuki Nagahashi, Subramaniam Ramachandran, Eugene Y. Kim, Jeremy C. Allegood, Omar M. Rashid, Akimitsu Yamada, Renping Zhao, Sheldon Milstien, Huiping Zhou, Sarah Spiegel, Kazuaki Takabe

    CANCER RESEARCH72 ( 3 ) 726 - 735   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a pleiotropic bioactive lipid mediator that promotes breast cancer progression by diverse mechanisms that remain somewhat unclear. Here we report pharmacologic evidence of a critical role for sphingosine kinase 1 (SphK1) in producing S1P and mediating tumor-induced hemangiogenesis and lymphangiogenesis in a murine model of breast cancer metastasis. S1P levels increased both in the tumor and the circulation. In agreement, serum S1P levels were significantly elevated in stage IIIA human breast cancer patients, compared with age/ ethnicity-matched healthy volunteers. However, treatment with the specific SphK1 inhibitor SK1-I suppressed S1P levels, reduced metastases to lymph nodes and lungs, and decreased overall tumor burden of our murine model. Both S1P and angiopoietin 2 (Ang2) stimulated hemangiogenesis and lymphangiogenesis in vitro, whereas SK1-I inhibited each process. We quantified both processes in vivo from the same specimen by combining directed in vivo angiogenesis assays with fluorescence-activated cell sorting, thereby confirming the results obtained in vitro. Notably, SK1-I decreased both processes not only at the primary tumor but also in lymph nodes, with peritumoral lymphatic vessel density reduced in SK1-I-treated animals. Taken together, our findings show that SphK1-produced S1P is a crucial mediator of breast cancer-induced hemangiogenesis and lymphangiogenesis. Our results implicate SphK1 along with S1P as therapeutic targets in breast cancer. Cancer Res; 72(3); 726-35. (C) 2012 AACR.

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-11-2167

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Conjugated bile acids activate the sphingosine-1-phosphate receptor 2 in primary rodent hepatocytes 査読

    Elaine Studer, Xiqiao Zhou, Renping Zhao, Yun Wang, Kazuaki Takabe, Masayuki Nagahashi, William M. Pandak, Paul Dent, Sarah Spiegel, Ruihua Shi, Weiren Xu, Xuyuan Liu, Pat Bohdan, Luyong Zhang, Huiping Zhou, Phillip B. Hylemon

    HEPATOLOGY55 ( 1 ) 267 - 276   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Bile acids have been shown to be important regulatory molecules for cells in the liver and gastrointestinal tract. They can activate various cell signaling pathways including extracellular regulated kinase (ERK)1/2 and protein kinase B (AKT) as well as the G-proteincoupled receptor (GPCR) membrane-type bile acid receptor (TGR5/M-BAR). Activation of the ERK1/2 and AKT signaling pathways by conjugated bile acids has been reported to be sensitive to pertussis toxin (PTX) and dominant-negative Gai in primary rodent hepatocytes. However, the GPCRs responsible for activation of these pathways have not been identified. Screening GPCRs in the lipid-activated phylogenetic family (expressed in HEK293 cells) identified sphingosine-1-phosphate receptor 2 (S1P2) as being activated by taurocholate (TCA). TCA, taurodeoxycholic acid (TDCA), tauroursodeoxycholic acid (TUDCA), glycocholic acid (GCA), glycodeoxycholic acid (GDCA), and S1P-induced activation of ERK1/2 and AKT were significantly inhibited by JTE-013, a S1P2 antagonist, in primary rat hepatocytes. JTE-013 significantly inhibited hepatic ERK1/2 and AKT activation as well as short heterodimeric partner (SHP) mRNA induction by TCA in the chronic bile fistula rat. Knockdown of the expression of S1P2 by a recombinant lentivirus encoding S1P2 shRNA markedly inhibited the activation of ERK1/2 and AKT by TCA and S1P in rat primary hepatocytes. Primary hepatocytes prepared from S1P2 knock out (S1P2-/-) mice were significantly blunted in the activation of the ERK1/2 and AKT pathways by TCA. Structural modeling of the S1P receptors indicated that only S1P2 can accommodate TCA binding. In summary, all these data support the hypothesis that conjugated bile acids activate the ERK1/2 and AKT signaling pathways primarily through S1P2 in primary rodent hepatocytes. (HEPATOLOGY 2012;55:267-276)

    DOI: 10.1002/hep.24681

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The Role of Sphingosine-1-Phosphate in Breast Cancer Tumor-Induced Lymphangiogenesis 査読

    Tomoyoshi Aoyagi, Masayuki Nagahashi, Akimitsu Yamada, Kazuaki Takabe

    LYMPHATIC RESEARCH AND BIOLOGY10 ( 3 ) 97 - 106   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MARY ANN LIEBERT, INC  

    Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a potent sphingolipid metabolite that regulates a number of biological processes critical for cancer. S1P produced inside cancer cells is exported and exerts its extracellular functions by binding to its specific receptors in an autocrine, paracrine, and/or endocrine manner, which is known as inside-out signaling. S1P is also known to exert its intracellular functions especially in the inflammatory process, but its relevance to cancer biology remains to be elucidated. Recently, there have been growing interests in the role of S1P in breast cancer progression, including angiogenesis and lymphangiogenesis. Our group demonstrated that activation of sphingosine kinase 1, the enzyme that catalyzes the phosphorylation of sphingosine to S1P, is a key step of this process. In this review, we will cover our current knowledge on the role of S1P signaling pathway in breast cancer progression with an emphasis on its role in tumor-induced lymphangiogenesis.

    DOI: 10.1089/lrb.2012.0010

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Targeting Sphingosine-1-Phosphate in Hematologic Malignancies 査読

    Christina E. Stevenson, Kazuaki Takabe, Masayuki Nagahashi, Sheldon Milstien, Sarah Spiegel

    ANTI-CANCER AGENTS IN MEDICINAL CHEMISTRY11 ( 9 ) 794 - 798   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BENTHAM SCIENCE PUBL LTD  

    Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a pleiotropic bioactive lipid mediator that regulates several processes important for hematologic cancer progression. S1P is generated by two sphingosine kinases, SphK1 and SphK2, and is exported outside the cell, where it activates specific cell surface S1P G-protein coupled receptors in autocrine/paracrine manner, coined "inside-out signaling". In this review, we highlight the importance of SphK1 and inside-out signaling by S1P in hematologic malignancy. We also summarize the results of studies targeting the SphK1/S1P/S1P receptor axis and the effects of the S1P receptor modulator, FTY720, in hematologic malignancy.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Alteration of p53-binding protein 1 expression as a risk factor for local recurrence in patients undergoing resection for extrahepatic cholangiocarcinoma 査読

    Toshifumi Wakai, Yoshio Shirai, Jun Sakata, Pavel V. Korita, Yasunobu Matsuda, Masaaki Takamura, Riuko Ohashi, Masayuki Nagahashi, Yoichi Ajioka, Katsuyoshi Hatakeyama

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY38 ( 5 ) 1227 - 1236   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    P53-binding protein 1 (53BP1) is an early DNA damage response-protein that is rapidly recruited to sites of DNA. double-strand breaks. The presence of 53BP1 nuclear foci can be considered as a cytologic marker for endogenous double-strand breaks reflecting genomic instability. This study aimed to clarify the early DNA damage response mediated by 53BP1 in tumor specimens of ductal resection margins and to elucidate its predictive value for clinically evident local recurrence at ductal stumps in 110 patients undergoing resection for extrahepatic cholangiocarcinoma. The ductal resection margin status was classified as negative (85 patients), positive with carcinoma in situ (14 patients), or positive with invasive carcinoma (11 patients). The nuclear staining pattern of 53BP1 was evaluated by immunofluorescence. TUNEL analysis was used to calculate apoptotic index. Ductal margin status was the only independent risk factor for local recurrence (P=0.001). The cumulative probability of local recurrence at 5 years was 10%, 40% and 100% in patients with negative ductal margins, positive with carcinoma in situ and positive with invasive carcinoma, respectively (P<0.001). Of the 14 tumor specimens of carcinoma in situ, 10 showed diffuse localization of 53BP1 in nuclei (53BP1 inactivation) and 4 showed discrete nuclear Foci of 53BP1 (53BP1 activation). All 11 tumor specimens of invasive carcinoma showed 53BP1 inactivation. Apoptotic index was markedly decreased in tumor specimens with 53BP1 inactivation compared to those with 53BP1 activation (median index, 0% vs. 22%; P<0.001). Among 14 patients with residual carcinoma in situ, the cumulative probability of local recurrence was significantly higher in patients with 53BP1 inactivation than in patients with 53BP1 activation (60% vs. 0% at 5 years; P=-0.020). In conclusion, after resection for extrahepatic cholangiocarcinoma, clinically evident local recurrence at ductal stumps is closely associated with 53BP1 inactivation and decreased apoptosis.

    DOI: 10.3892/ijo.2011.959

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Lysophosphatidic acid stimulates gastric cancer cell proliferation via ERK1-dependent upregulation of sphingosine kinase 1 transcription 査読

    Subramaniam Ramachandran, Dai Shida, Masayuki Nagahashi, Xianjun Fang, Sheldon Milstien, Kazuaki Takabe, Sarah Spiegel

    FEBS LETTERS584 ( 18 ) 4077 - 4082   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In MKN1 gastric cancer cells, lysophosphatidic acid (LPA) upregulates expression of sphingosine kinase 1 (SphK1) and its downregulation or inhibition suppresses LPA mediated proliferation. Although LPA activates numerous signaling pathways downstream of its receptors, including extracellular-signal-regulated kinase 1/2, p38, JNK, and Akt, and the transactivation of the epidermal growth factor receptor, pharmacological and molecular approaches demonstrated that only activation of ERK1, in addition to the CCAAT/enhancer-binding protein beta transcription factor, is involved in transcriptional upregulation of SphK1 by LPA. Our data implicate ERK1 as an important mediator of LPA signaling leading to upregulation of SphK1 and point to SphK1 and sphingosine-1-phosphate production as potential therapeutic targets in gastric cancer. (c) 2010 Federation of European Biochemical Societies. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.febslet.2010.08.035

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Lymphangiogenesis: A new player in cancer progression 査読

    Masayuki Nagahashi, Subramaniam Ramachandran, Omar M. Rashid, Kazuaki Takabe

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY16 ( 32 ) 4003 - 4012   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W J G PRESS  

    Lymph node metastasis is the hallmark of colon cancer progression, and is considered one of the most important prognostic factors. Recently, there has been growing evidence that tumor lymphangiogenesis (formation of new lymphatic vessels) plays an important role in this process. Here, we review the latest findings of the role of lymphangiogenesis in colorectal cancer progression, and discuss its clinical application as a biomarker and target for new therapy. Understanding the molecular pathways that regulate lymphangiogenesis is mandatory to pave the way for the development of new therapies for cancer. In the future, tailored treatments consisting of combinations of chemotherapy, other targeted therapies, and anti-lymphangiogenesis agents will hopefully improve patient outcomes. This progression to the clinic must be guided by new avenues of research, such as the identification of biomarkers that predict response to treatment. (C) 2010 Baishideng. All rights reserved.

    DOI: 10.3748/wjg.v16.i32.4003

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Estradiol Induces Export of Sphingosine 1-Phosphate from Breast Cancer Cells via ABCC1 and ABCG2 査読

    Kazuaki Takabe, Roger H. Kim, Jeremy C. Allegood, Poulami Mitra, Subramaniam Ramachandran, Masayuki Nagahashi, Kuzhuvelil B. Harikumar, Nitai C. Hait, Sheldon Milstien, Sarah Spiegel

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY285 ( 14 ) 10477 - 10486   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    Sphingosine 1-phosphate (S1P), a potent sphingolipid mediator produced by sphingosine kinase isoenzymes (SphK1 and SphK2), regulates diverse cellular processes important for breast cancer progression acting in an autocrine and/or paracrine manner. Here we show that SphK1, but not SphK2, increased S1P export from MCF-7 cells. Whereas for both estradiol (E-2) and epidermal growth factor-activated SphK1 and production of S1P, only E-2 stimulated rapid release of S1P and dihydro-S1P from MCF-7 cells. E-2-induced S1P and dihydro-S1P export required estrogen receptor-alpha, not GPR30, and was suppressed either by pharmacological inhibitors or gene silencing of ABCC1(multidrug resistant protein 1) or ABCG2(breast cancer resistance protein). Inhibiting these transporters also blocked E2-induced activation of ERK1/2, indicating that E-2 activates ERK via downstream signaling of S1P. Taken together, our findings suggest that E-2-induced export of S1P mediated by ABCC1 and ABCG2 transporters and consequent activation of S1P receptors may contribute to nongenomic signaling of E-2 important for breast cancer pathophysiology.

    DOI: 10.1074/jbc.M109.064162

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Depth of Invasion Determines the Postresectional Prognosis for Patients With T1 Extrahepatic Cholangiocarcinoma 査読

    Masayuki Nagahashi, Yoshio Shirai, Toshifumi Wakai, Jun Sakata, Yoichi Ajioka, Tatsuya Nomura, Yoshiaki Tsuchiya, Katsuyoshi Hatakeyama

    CANCER116 ( 2 ) 400 - 405   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    BACKGROUND: We tested the hypothesis that in patients with T1 extrahepatic cholangiocarcinoma (EHC), prognosis postresection is significantly different for those with tumors that are limited to the mucosa than for those with tumors that have invaded (but not penetrated) the fibromuscular layer. METHODS: A retrospective analysis was conducted of 33 consecutive patients with pathologic T1 (pT1) EHC tumors. According to the depth of invasion, the pT1 tumors were divided into 2 groups: Group 1, tumors that were limited to the mucosa (mucosal tumors); and Group 2, tumors that had invaded (but not penetrated) the fibromuscular layer (fibromuscular layer-invasive tumors). Longterm outcomes after resection were compared between the 2 groups for a median follow-up time of 175 months. RESULTS: Eighteen patients had mucosal tumors and 15 patients had tumors that had invaded the fibromuscular layer. None of the patients with mucosal tumors had lymphovascular invasion, whereas 3 of the patients with fibromuscular layer-invasive tumors had lymphovascular invasion (P = .083). Overall survival after resection was better in Group 1 than in Group 2 (cumulative 10-year survival rate, 100% vs 52%; P = .024). The rate of disease-free survival after resection was higher in Group 1 than in Group 2 (cumulative disease-free 10-year survival rate, 100% vs 56%; P = .022). CONCLUSIONS: The long-term outcome after resection for EHC is significantly better for patients with mucosal tumors than for patients with fibromuscular layer-invasive tumors. This suggests that the depth of tumor invasion affects the postresection prognosis for patients with pT1 EHC. Cancer 2010;116:400-5. (C) 2070 American Cancer Society.

    DOI: 10.1002/cncr.24766

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mode of Hepatic Spread From Gallbladder Carcinoma: An Immunohistochemical Analysis of 42 Hepatectomized Specimens 査読

    Toshifumi Wakai, Yoshio Shirai, Jun Sakata, Masayuki Nagahashi, Yoichi Ajioka, Katsuyoshi Hatakeyama

    AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY34 ( 1 ) 65 - 74   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    This study aimed to clarify the mode of hepatic spread from gallbladder carcinoma and to elucidate its prognostic value. A retrospective analysis was conducted of 42 consecutive patients who underwent resection for gallbladder carcinoma with hepatic involvement verified histologically. The mode of hepatic spread was classified into 3 patterns: direct invasion through the gallbladder bed, portal tract invasion, and hepatic metastatic nodules. Intrahepatic lymphatic invasion was declared when either single tumor cells or cell clusters were clearly visible within vessels that showed immunoreactivity to the D2-40 monoclonal antibody. Seven, 24, and 11 patients had direct invasion alone, portal tract invasion with (22 patients) or without (2 patients) direct invasion, and hepatic metastatic nodules, respectively. Of the 24 patients with portal tract invasion, 14 had intrahepatic lymphatic invasion, 8 had neither intrahepatic lymphatic nor venous invasion, and 2 had both intrahepatic lymphatic and venous invasion. To date, 4 patients with direct invasion alone and 4 patients with portal tract invasion survived more than 5 years after resection, whereas all the patients with hepatic metastatic nodules died within 11 months after resection, irrespective of the type of hepatectomy. The mode of hepatic spread (P < 0.001) was a strong independent prognostic factor. Direct liver invasion and portal tract invasion, which features intrahepatic lymphatic invasion, are the main modes of hepatic spread from resectable gallbladder carcinoma. The mode of hepatic spread independently predicts long-term Survival after resection for patients with gallbladder carcinoma. Hepatic metastatic nodules indicate a dismal outcome after resection.

    DOI: 10.1097/PAS.0b013e3181c467d4

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Sequential adenovirus infection of type 14 hemorrhagic cystitis and type 35 generalized infection after cord blood transplantation 査読

    Takashi Abe, Tatsuo Furukawa, Masayoshi Masuko, Atsunori Sugimoto, Kiyoshi Okazuka, Keiichiro Honma, Takeo Fujimura, Seitaro Iguchi, Shinichi Nishi, Mitsuhiro Ueno, Masayuki Nagahashi, Gen Watanabe, Yoichi Ajioka, Noriatsu Isahai, Koichi Nagai, Yukumasa Kazuyama, Yosifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY90 ( 3 ) 421 - 425   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    We report a case of a 29-year-old male patient with a generalized adenovirus (AdV) infection after cord blood transplantation (CBT) for acute myelocytic leukemia with maturation at 2nd complete remission. Before engraftment, hemorrhagic cystitis was caused by AdV, which resulted in hydronephrosis, renal failure, and adenoviremia on day 34. Forced diuresis, hemodialysis, withdrawal of cyclosporin A, and administration of gamma-globulin or vidarabine were not effective and the patient died of pulmonary alveolar hemorrhage on day 67. At autopsy, old inflammatory change only was observed in the bladder section. In the lungs and kidneys, granular deposits in the nucleus and a high copy number of AdV-DNA were observed. Molecular diagnosis using PCR-restriction fragment length polymorphism analysis demonstrated that AdV with the serotype 14 caused the cystitis. However, retrospective genome typing using PCR sequencing revealed the infection of AdV serotype 35 in the kidneys, lungs, and serum. The present case suggested that Adv infection could not be always caused by a single AdV serotype, and suggested that multiple serotype infection was very difficult to treat. It is desired that a consensus regarding the treatment of AdV infections is established.

    DOI: 10.1007/s12185-009-0416-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Hepatic Lymph Node Dissection Provides a Survival Benefit for Patients with Nodal Disease of Colorectal Carcinoma Liver Metastases 査読

    Toshifumi Wakai, Yoshio Shirai, Jun Sakata, Masayuki Nagahashi, Kazuhiro Kaneko, Katsuyoshi Hatakeyama

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY56 ( 89 ) 186 - 190   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:H G E UPDATE MEDICAL PUBLISHING S A  

    Background/Aims: This retrospective study aimed to define the role of hepatic lymph node dissection in the surgical management of patients with resectable colorectal carcinoma liver metastases.
    Methodology: Fourteen of the 130 consecutive patients who had hepatectomy for colorectal carcinoma liver metastases underwent concomitant hepatic lymph node dissection for nodal disease suspected during the operation. A total of 125 hepatic lymph nodes (median, 8 per patient) were examined histologically for metastases. The therapeutic value index of hepatic lymph node dissection was estimated by multiplying the incidence of hepatic lymph node metastasis by the 5-year survival rate of patients with hepatic lymph node metastasis. The median follow-up time was 98 months.
    Results: Mortality occurred within 30 days after resection in 1 patient. Hepatic lymph node metastases were detected in 7 patients, of whom 2 with no residual tumor survived for 10 years. The incidence and 5-year survival rate for patients with hepatic lymph node metastases were 50% and 29%, respectively. The therapeutic value index of hepatic lymph node dissection was 14.5.
    Conclusions: Hepatic lymph node dissection provides a survival benefit for some patients with hepatic nodal disease of resectable colorectal carcinoma liver metastases, provided that a potentially curative (R0) resection is feasible.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Preoperative predictors of vascular invasion in hepatocellular carcinoma 査読

    J. Sakata, Y. Shirai, T. Wakai, K. Kaneko, M. Nagahashi, K. Hatakeyama

    EJSO34 ( 8 ) 900 - 905   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Aims: Vascular invasion is an established adverse prognostic factor in hepatocellular carcinoma (HCC). The aim of the current study was to identify the preoperative predictors of vascular invasion in patients undergoing partial hepatectomy for HCC.
    Methods: A retrospective analysis of 227 consecutive patients who underwent partial hepatectomy for HCC was conducted. Vascular invasion was defined as gross or microscopic involvement of the vessels (portal vein or hepatic vein) within the peritumoral liver tissue.
    Results: Seventy-six (33%) patients had vascular invasion. Among the preoperative factors, only the tumour size (relative risk, 16.78; p < 0.01) and the serum alpha-fetoprotein (AFP) level (relative risk, 3.57: p < 0.01) independently predicted vascular invasion. As the tumour size increased, the incidence of vascular invasion increased: <= 2 cm, 3%; 2.1-3 cm, 20%; 3.1-5 cm, 38%; and > 5 cm, 65%. The incidence of vascular invasion was 32% in patients with serum AFP levels <= 1000 ng/mL, compared to 61% in patients with higher serum AFP levels (p < 0.01). Patients with both tumours > 5 cm and serum AFP levels > 1000 ng/mL had an 82% incidence of vascular invasion.
    Conclusions: The tumour size and serum AFP level, alone or in combination, are useful in predicting the presence or absence of vascular invasion before hepatectomy for HCC. (c) 2006 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ejso.2008.01.031

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Genetic changes of p53, K-ras and microstatellite instability in gallbladder carcinoma in high-incidence areas of Japan and Hungary 査読

    Masayuki Nagahashi, Yoichi Ajioka, Istvan Lang, Zoltan Szentirmay, Miklos Kasler, Hiroto Nakadaira, Naoyuki Yokoyama, Gen Watanabe, Ken Nishikura, Toshifumi Wakai, Yoshio Shirai, Katsuyoshi Hatakeyama, Masaharu Yamamoto

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY14 ( 1 ) 70 - 75   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W J G PRESS  

    AIM: To disclose geographic differences in genetic changes involved in gallbladder carcinogenesis between two distinct high-incidence areas of Japan and Hungary.
    METHODS: We examined 42 cases of gallbladder carcinoma: 22 Japanese and 20 Hungarian cases. p53 mutations at exons 5 to 8 and K-ras mutations at codon 12 were tested by direct sequencing. Microsatellite instability was determined from fluorescent dye-labeled PCR amplifications of five-microsatellite markers (BAT-25, BAT-26, 025123, 055346, and 0175250).
    RESULTS: Mutations of p53 were detected in 11 of 22 Japanese cases and 6 of 18 Hungarian cases (11/22 vs 6/18, P = 0.348). Transition at CpG sites was found in none of 11 Japanese cases and 2 of 6 Hungarian cases; the difference was marginally significant (0/11 vs 2/6, P = 0.110). K-ras mutations were detected in only one of the Hungarian cases. Eight of 19 (42.1%) Japanese cases were MSI-high (presence of novel peaks in more than one of the five loci analyzed), whereas only 1 of 15 (6.7%) Hungarian cases was MSI-high (P = 0.047).
    CONCLUSION: It appears that the p53 mutations and MSI differ in patients with gallbladder carcinoma between two distinct high-incidence areas. Geographic variation might exist in the process of gallbladder carcinogenesis. (C) 2008 WJG. All rights reserved.

    DOI: 10.3748/wjg.14.70

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Perimuscular connective tissue contains more and larger lymphatic vessels than the shallower layers in human gallbaldders 査読

    Masayuki Nagahashi, Yoshio Shirai, Toshifumi Wakai, Jun Sakata, Yoichi Ajioka, Katsuyoshi Hatakeyama

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY13 ( 33 ) 4480 - 4483   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W J G PRESS  

    AIM: To clarify whether perimuscular connective tissue contains more lymphatic vessels than the shallower layers in human gallbladders.
    METHODS: Lymphatic vessels were stained immunohistochernically with monoclonal antibody D2-40, which is a specific marker of lymphatic endothelium, 'in representative sections of 12 normal human gallbladders obtained at the time of resection for colorectal carcinoma liver metastases. In individual gallbladder specimens, nine high-power (x 200) fields with the highest lymphatic vessel density (LVD), termed "hot spots", were identified for each layer (mucosa, muscle layer, and perimuscular connective tissue). In individual hot spots, the LVD and relative lymphatic vessel area (LVA) were measured microscopically using a computer-aided image analysis system. The mean LVD and LVA values for the nine hot spots in each layer were used for statistical analyses.
    RESULTS: In the mucosa, muscle layer, and perimuscular connective tissue, the LVD was 16.1 +/- 9.2 , 35.4 +/- 15.7, and 65.5 +/- 12.2, respectively, and the LVA was 0.4 +/- 0.4, 2.1 +/- 1.1, and 9.4 +/- 2.6, respectively. Thus, both the LVD and LVA differed significantly (P < 0.001 and P < 0.001, respectively; Kruskal-Wallis test) among the individual layers of the wall of the gallbladder, with the highest LVD and LVA values in the perimuscular connective tissue. Most (98 of 108) of the hot spots within the perimuscular connective tissue were located within 500 pm of the lower border of the muscle layer.
    CONCLUSION: The perimuscular connective tissue contains more and larger lymphatic vessels than the shallower layers in the human gallbladder. This observation partly explains why the incidence of lymph node metastasis is high in T2 (tumor invading the perimuscular connective tissue) or more advanced gallbladder carcinoma. (c) 2007 WJG. All rights reserved.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Plasma concentrations of cytokines and neurohumoral factors in a case of fulminant myocarditis successfully treated with intravenous immunoglobulin and percutaneous cardiopulmonary support. 査読

    Abe S, Okura Y, Hoyano M, Kazama R, Watanabe S, Ozawa T, Saigawa T, Hayashi M, Yoshida T, Tachikawa H, Kashimura T, Suzuki K, Nagahashi M, Watanabe J, Shimada K, Hasegawa G, Kato K, Hanawa H, Kodama M, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society68 ( 12 ) 1223 - 1226   2004年12月

▶ 全件表示

MISC

  • 【胆道疾患診療の最前線】 胆嚢ポリープ・胆嚢癌

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 峠 弘治, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 若井 俊文

    消化器外科41 ( 10 ) 1403 - 1410   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 女性の家族性がん 新潟県におけるHBOC診療体制の確立に向けての取り組み

    西野 幸治, 須田 一暁, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 関根 正幸, 榎本 隆之, 五十嵐 真由子, 土田 純子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 田澤 立之, 栗山 洋子, 藤田 沙織里, 小山 諭, 菊池 朗, 佐藤 信昭, 金子 耕司, 田村 恵美子, 三富 亜希, 後藤 清恵

    人間ドック33 ( 2 ) 232 - 232   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本人間ドック学会  

    researchmap

  • 直腸S状部癌は左側結腸癌として取扱うべきか、直腸癌として取扱うべきか 術後成績及び再発形式からみて

    中野 雅人, 島田 能史, 田島 陽介, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会73回   946 - 946   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 包括的癌ゲノム検査からみた高齢者大腸癌の遺伝子変異の特徴

    堀田 真之介, 島田 能史, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会73回   820 - 820   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎関連大腸癌診断における脂質メディエーター(S1P)解析の有用性

    亀山 仁史, 永橋 昌幸, 油座 築, 田島 陽介, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会73回   218 - 218   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Stage IV大腸癌における「新規病変の出現」と遺伝子変異の関連についての検討

    田島 陽介, 島田 能史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会73回   890 - 890   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆管生検で採取した正常上皮・炎症上皮・癌組織におけるDNA二本鎖切断のマーカーであるγH2AX発現の検討

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会73回   742 - 742   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝脂質代謝における胆汁酸及びスフィンゴシン-1-リン酸情報伝達系の役割

    永橋 昌幸, 中島 真人, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会73回   685 - 685   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Stage IV大腸癌のPrecision medicineにおけるR0切除の意義

    島田 能史, 宗岡 悠介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会73回   890 - 890   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 【明日を拓く乳がん診療-新たなチームアプローチ】 乳がん領域におけるゲノム医療の新展開

    永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本医師会雑誌147 ( 3 ) 520 - 524   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医師会  

    researchmap

  • ゲノム医療推進に向けた取り組みの課題と展望 当科におけるゲノム医療推進に向けた取り組み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集26回   281 - 281   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 次世代シークエンサーを用いたTriple negative乳癌の遺伝子変異解析と治療可能性

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集26回   339 - 339   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科における妊娠期乳癌の経験

    五十嵐 麻由子, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集26回   508 - 508   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下症例における手術前後の病期判定の変更の検討

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集26回   677 - 677   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるbasal-like乳癌の臨床的意義の検討

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集26回   635 - 635   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Surgical treatment strategy for multiple liver metastases of colorectal cancer in pharmacogenomics era(和訳中)

    島田 能史, 若井 俊文, 田島 陽介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 羽入 隆晃, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 亀山 仁史

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   322 - 322   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • StageIV大腸癌における原発巣の治療戦略 Stage IV大腸癌における原発巣の局在のバイオマーカーとしての有用性

    島田 能史, 田島 陽介, 永橋 昌幸, 市川 寛, 八木 亮磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   585 - 585   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵癌におけるスフィンゴシンキナーゼ1型および2型の機能解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 安藤 拓也, 土田 純子, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 阿部 学, 崎村 建司, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1352 - 1352   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 消化器手術患者における周術期リハビリテーション介入と地域包括ケアシステム構築に向けた取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 中島 真人, 石川 卓, 小林 隆, 小杉 伸一, 木村 慎二, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1055 - 1055   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌患者におけるスフィンゴシン-1-リン酸の腫瘍関連免疫細胞に対する役割

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1034 - 1034   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 直腸S状部癌は左側結腸癌として取扱うべきか、それとも直腸癌として取扱うべきか

    中野 雅人, 島田 能史, 田島 陽介, 山田 沙季, 田中 花菜, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1133 - 1133   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道扁平上皮癌リンパ行性進展におけるphospho-sphingosine kinase 1発現の意義

    市川 寛, 根本 万理子, 永橋 昌幸, 中島 真人, 廣瀬 雄己, 油座 築, 田島 陽介, 石川 卓, 羽入 隆晃, 角田 知行, 加納 陽介, 須藤 翔, 臼井 賢司, 宗岡 悠介, 三浦 宏平, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1063 - 1063   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 包括的がん遺伝子変異解析からみた右側大腸癌と左側大腸癌の分子生物学的特徴 Oncotarget

    島田 能史, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 田島 陽介, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   767 - 767   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 進行胆嚢癌に対する集学的治療と新たな治療 進行胆嚢癌に対する集学的治療 術前・術後化学療法と再発治療

    坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   695 - 695   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • リン酸化スフィンゴシンキナーゼ1の発現と胃癌の進行についての関連

    羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 市川 寛, 石川 卓, 小杉 伸一, 角田 知行, 須藤 翔, 根本 万理子, 加納 陽介, 宗岡 悠介, 中島 真人, 田島 陽介, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 油座 築, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   961 - 961   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌201例の包括的ゲノムシークエンス Genome Medicine

    永橋 昌幸, 島田 能史, 市川 寛, 亀山 仁史, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 八木 亮磨, 小林 隆, 坂田 純, 佐藤 信昭, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 本間 慶一, 川崎 隆, 奥田 修二郎, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   782 - 782   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節生検転移陽性例における腋窩郭清省略の可能性

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2482 - 2482   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵全摘の短期・長期成績 多施設共同研究の結果から

    堅田 朋大, 坂田 純, 滝沢 一泰, 土屋 嘉昭, 横山 直行, 北見 智恵, 皆川 昌広, 青野 高志, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2424 - 2424   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 同種膵島移植実験を見据えたブタ1型糖尿病モデルおよび自家膵島移植モデルの確立

    三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 田島 陽介, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中島 真人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2444 - 2444   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌術後患者における健康関連QOLの長期的な推移

    大渓 隆弘, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 角田 知行, 佐藤 優, 加納 陽介, 臼井 賢司, 宗岡 悠介, 酒井 剛, 根本 万理子, 須藤 翔, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1979 - 1979   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌肝転移に対する術前化学療法 NQO1発現を用いた治療効果予測の可能性

    相馬 大輝, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中島 真人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2003 - 2003   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌術後肺炎に対する早期気管吸引痰培養の有用性

    須藤 翔, 市川 寛, 石川 卓, 根本 万理子, 宗岡 悠介, 加納 陽介, 三浦 宏平, 角田 知行, 羽入 隆晃, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1984 - 1984   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 経口摂取困難な食道癌に対する術前化学療法の意義

    根本 万理子, 市川 寛, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 角田 知行, 佐藤 優, 須藤 翔, 臼井 賢司, 加納 陽介, 宗岡 悠介, 大渓 隆弘, 酒井 剛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2314 - 2314   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 術前CTリンパ節径は結腸癌Hypermutation subtypeの予測に有用である

    山田 沙季, 島田 能史, 田島 陽介, 堀田 真之介, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2236 - 2236   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 門脈圧亢進症に対する腹腔鏡下手術の成績

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2375 - 2375   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ヒト胆道癌組織における脂質メディエーターS1Pの発現とその意義

    廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 諸 和樹, 峠 弘治, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2040 - 2040   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝細胞癌患者における脂質メディエーター・スフィンゴシン-1-リン酸及びセラミドの定量とその意義

    永橋 昌幸, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 油座 築, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 峠 弘治, 石川 博輔, 堅田 朋大, 坂田 純, 小林 隆, 中島 真人, 羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 島田 能史, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2028 - 2028   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆管生検組織標本の良・悪性判定にγH2AX発現が有用である

    石川 博補, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2114 - 2114   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌における肝外胆管切除の意義 T2胆嚢癌では肝外胆管切除は必要か?

    峠 弘治, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   2043 - 2043   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stage II/III大腸癌におけるPTENおよびPIK3CA変異の臨床的意義の検討

    田島 陽介, 島田 能史, 小柳 英人, 八木 亮磨, 永橋 昌幸, 市川 寛, 山田 沙季, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1424 - 1424   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した大腸癌におけるリン酸化スフィンゴシンキナーゼ1高発現の意義

    油座 築, 永橋 昌幸, 島田 能史, 中野 麻恵, 田島 陽介, 亀山 仁史, 中島 真人, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1407 - 1407   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stage I-III大腸癌におけるSMAD4遺伝子変異の臨床病理学的特徴及びその意義

    小柳 英人, 島田 能史, 田島 陽介, 三浦 要平, 山田 沙季, 阿部 馨, 田中 花菜, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 坂田 純, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1864 - 1864   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 非浸潤癌で断端陽性であった乳癌症例37例の検討

    大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 論, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1784 - 1784   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 卵巣癌直腸浸潤における直腸間膜リンパ節転移は術後肝転移と関連する

    田中 花菜, 島田 能史, 中野 麻恵, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 小柳 英人, 堀田 真之介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 西野 幸治, 榎本 隆之, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1904 - 1904   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した下部直腸癌の臨床病理学的特徴および術後成績

    堀田 真之介, 島田 能史, 中野 麻恵, 小柳 英人, 山田 紗季, 阿部 馨, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 三浦 宏平, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1883 - 1883   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stage IV下部直腸癌における予防的側方リンパ節郭清の意義

    田村 博史, 島田 能史, 山田 沙季, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1551 - 1551   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 進行大腸癌の発育先進部における間質線維化反応の臨床的意義

    橋本 喜文, 島田 能史, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 堀田 真之介, 小柳 英人, 田中 花菜, 阿部 馨, 山田 沙季, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1504 - 1504   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ヒト乳癌組織では全てのCeramide主合成経路が活性化されている

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 廣瀬 雄己, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 川口 耕, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1763 - 1763   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胃癌術後縫合不全例における術前栄養状態の評価と発症予測因子についての検討

    角田 知行, 石川 卓, 佐藤 敦, 根本 万理子, 宗岡 悠介, 須藤 翔, 加納 陽介, 三浦 宏平, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 中島 真人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回   1585 - 1585   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【遠隔転移を有する大腸癌に対する治療戦略】 癌遺伝子変異解析パネルを用いた大腸癌Precision medicineへの取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 永橋 昌幸, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 凌 一葦, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    癌の臨床63 ( 6 ) 505 - 510   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    Stage IV大腸癌109例を対象とし、次世代シークエンサーを用いた癌遺伝子変異解析パネル(415遺伝子)で遺伝子変異を解析した。RAS変異群26例(23.9%)、RAS変異+PTEN欠失群16例(14.7%)、PTEN欠失+ERBB2増幅群16例(14.7%)、PTEN欠失+SRC増幅/欠失群8例(7.3%)、A11野生型群27例(24.8%)、BRAF変異+RNF43変異群9例(7.3%)、その他8例(7.3%)にカテゴリー分類された。実際に抗EGFR抗体薬を使用した40例の検討では、A11野生型群は、RASKETで判定できるKRAS/NRAS遺伝子以外の遺伝子に変異のある群に比べて、無増悪生存率(PFS)が有意に良好であった。

    researchmap

  • 家族性胃癌におけるBRCA1/2胚細胞性変異(Pathogenic germline BRCA1/2 mutations and familial predisposition to gastric cancer)

    市川 寛, 永橋 昌幸, 島田 能史, 羽入 隆晃, 石川 卓, 加納 陽介, 宗岡 悠介, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 中川 悟, 北川 雄光, 吉田 和弘, 沖 英次, 若井 俊文

    日本胃癌学会総会記事90回   530 - 530   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 胃癌術後縫合不全例における長期化・重症化因子についての検討

    角田 知行, 石川 卓, 根本 万理子, 宗岡 悠介, 加納 陽介, 須藤 翔, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本胃癌学会総会記事90回   379 - 379   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • HER2陽性胃癌におけるゲノム解析の有用性についての検討(Genomic sequencing as a clinical application for detecting HER2 alterations in gastric cancer)

    宗岡 悠介, 市川 寛, 島田 能史, 根本 万理子, 須藤 翔, 羽入 隆晃, 石川 卓, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 會澤 雅樹, 松木 淳, 中川 悟, 藪崎 裕, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本胃癌学会総会記事90回   457 - 457   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 転移・再発GISTに対するイマチニブ治療の長期生存例(Long-term survivors after imatinib therapy for metastatic gastrointestinal stromal tumor(GIST))

    石川 卓, 羽入 隆晃, 市川 寛, 角田 知行, 須藤 翔, 根本 万理子, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本胃癌学会総会記事90回   440 - 440   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 当科における胃癌根治切除後S-1補助化学療法症例の検討

    羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 須藤 翔, 加納 陽介, 宗岡 悠介, 根本 万理子, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本胃癌学会総会記事90回   555 - 555   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 癌と宿主におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割

    永橋 昌幸, 若井 俊文

    BIO Clinica33 ( 1 ) 61 - 68   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)は、脂質でありながら生理活性物質として働く脂質メディエーターである。S1Pは、癌とその周囲の宿主環境、即ち癌微小環境とに作用し、癌の発育進展に影響を与える。癌細胞によって産生されたS1Pは、癌微小環境において間質液中に放出され、オートクライン・パラクライン作用により癌細胞の増殖、遊走、浸潤、生存、血管新生やリンパ管新生を促進する。癌と宿主との相互作用におけるS1Pの働きについて、われわれのデータを中心に基礎実験と臨床研究から得られたこれまでの知見を概説する。(著者抄録)

    researchmap

  • 【最新の胆道癌診療トピックス-新たな治療戦略の可能性を探る】術前治療と切除適応 胆道癌の予後不良因子とは 手術適応のborderlineはどこか? 遠位胆管癌

    三浦 宏平, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 滝沢 一泰, 小林 隆, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    臨床外科72 ( 13 ) 1423 - 1427   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>門脈浸潤を伴う遠位胆管癌は外科切除のみでは長期生存は望めず,borderline resectableとして術前・術後の補助療法を組み合わせた集学的治療で予後の改善を計る必要がある.遠位胆管癌においてR0切除をめざして胆管断端陰性を追求するという治療戦略は妥当であるが,高齢者,高リスクの患者,進行癌患者などに対しては,胆管断端の浸潤癌陰性を追求するが上皮内癌の有無にはこだわらないという柔軟な戦略も許容される.リンパ節転移は強力な予後不良因子であり,術後の病理組織学的検査でリンパ節転移が陽性(特に4個以上)の症例は,術後補助化学療法の良い適応である.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407211871

    researchmap

  • 脂質メディエーターによる乳癌の前転移ニッチ形成機序

    永橋 昌幸

    上原記念生命科学財団研究報告集31   1 - 7   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)上原記念生命科学財団  

    researchmap

  • [A Case of Ascending Colon Cancer with Synchronous Liver Metastases and Peritoneal Dissemination]. 査読

    Mito M, Kameyama H, Shimada Y, Yamada S, Hotta S, Hirose Y, Yagi R, Tajima Y, Nakano M, Okamura T, Nakano M, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1126 - 1128   2017年11月

     詳細を見る

  • Precision Cancer Medicine 次世代シークエンサーを用いた癌遺伝子パネル検査によって解ったこと 乳癌と大腸癌の解析結果から

    永橋 昌幸

    新潟医学会雑誌131 ( 11 ) 619 - 622   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    プレシジョン・メディシンは、精密医療、もしくは適確医療と訳され、遺伝子、環境、ライフスタイルに関する個々の違いを考慮した予防や治療をさす。我々は、次世代シークエンサーを用いた癌遺伝子パネル検査を用いて、固形癌におけるドライバー遺伝子変異解析を行ってきた。乳癌や大腸癌の解析結果から、癌遺伝子変異と分子標的薬の治療効果の関連について様々なことが解ってきた。今後の癌治療は、共通の標的遺伝子変異に対して臓器横断的に展開していくものと思われる。次世代シークエンサーを用いた癌遺伝子パネル検査によって、より的確な薬物療法の治療選択が可能となり、高い費用対効果が得られることが期待される。(著者抄録)

    researchmap

  • [Quality of Life of Patients after Colorectal Cancer Surgery as Assessed Using EQ-5D-5L Scores]. 査読

    Kameyama H, Shimada Y, Yagi R, Yamada S, Hotta S, Tajima Y, Nakano M, Okamura T, Nakano M, Ichikawa H, Hanyu T, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1083 - 1085   2017年11月

     詳細を見る

  • [Mixed Type Liposarcoma with Intra-Abdominal Bleeding - Report of a Case]. 査読

    Miura Y, Sakata J, Ando T, Soma D, Yuza K, Hirose Y, Ishikawa H, Miura K, Takizawa K, Kobayashi T, Ichikawa H, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1155 - 1157   2017年11月

     詳細を見る

  • [Two Cases of Colorectal Cancer with SRC Amplification]. 査読

    Oyanagi H, Shimada Y, Yagi R, Tajima Y, Ichikawa H, Nakano M, Nakano M, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Nogami H, Maruyama S, Takii Y, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1757 - 1759   2017年11月

     詳細を見る

  • [Clinical Experience of a Primary Accessory Breast Cancer Patient]. 査読

    Ikarashi M, Nagahashi M, Endo M, Otani A, Tsuchida J, Moro K, Niwano T, Yamaura K, Toshikawa C, Hasegawa M, Nakajima M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1104 - 1106   2017年11月

     詳細を見る

  • EQ-5D-5Lスコアを用いた大腸癌術後患者Quality of Life評価

    亀山 仁史, 島田 能史, 八木 亮磨, 山田 沙季, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法44 ( 12 ) 1083 - 1085   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    大腸癌術後患者の健康関連quality of life(QOL)を評価することを目的とした。QOL評価法として、EQ-5D-5Lを用いた。2017年1月に当科外来を受診した大腸癌術後患者30例を対象とした。年齢中央値は67.5歳、男性14例、女性16例であった。原発巣は結腸18例、直腸および肛門が12例であった。アンケート施行時に再発を有する症例が12例(40.0%)、化学療法中の症例は11例(36.7%)、ストーマ造設中の症例は3例(10.0%)であった。対象症例のEQ-5D-5Lスコア中央値は0.867(範囲:0.324〜1.000)であった。再発を有する症例のスコアは0.820であり、再発のない症例の0.948と比較して有意に低値であった(p=0.002)。女性のスコアは0.834であり、男性のスコア0.942と比較して有意に低値であった(p=0.015)。その他の因子ではスコアに差を認めなかった。EQ-5D-5Lスコアを用いた検討では、女性、再発を有することが大腸癌術後患者QOLの低下に関与していた。(著者抄録)

    researchmap

  • [A Case of Hepatocellular Carcinoma with Lymph Node Metastasis Successfully Treated by Multidisciplinary Treatment]. 査読

    Soma D, Sakata J, Ando T, Yuza K, Ishikawa H, Ohashi T, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Ichikawa H, Hanyu T, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy44 ( 12 ) 1565 - 1567   2017年11月

     詳細を見る

  • SRC増幅を認めた大腸癌の2例

    小柳 英人, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 市川 寛, 中野 麻恵, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    癌と化学療法44 ( 12 ) 1757 - 1759   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    SRC発現の亢進した癌は遠隔転移や薬剤耐性と関連があり、治療抵抗性とされている。今回、次世代シークエンサーによる415の癌関連遺伝子パネルを使用した後方視的な解析により、SRC増幅を認めた2例を報告する。症例1は62歳、男性。両葉多発肝転移を伴うRAS野生型cStage IVのS状結腸癌に対して、S状結腸切除を施行した。切除不能多発肝転移に対して、化学療法を行った。症例2は73歳、男性。肝外側区域に転移を伴うRAS野生型cStage IVの下行結腸癌に対して、左半結腸切除および外側区域切除を施行した。その後、肝再発に対して開腹ラジオ波焼灼術および化学療法を行った。SRC発現の亢進した大腸癌に対して、チロシンキナーゼ阻害薬による分子標的治療が有効であるという報告がある。包括的癌ゲノム検査により、新たな治療提案ができる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 長期生存を得ている同時性多発肝転移・腹膜播種を伴う進行上行結腸癌の1例

    水戸 正人, 亀山 仁史, 島田 能史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 若井 俊文

    癌と化学療法44 ( 12 ) 1126 - 1128   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は73歳、男性。下腹部痛を主訴に受診し、精査で上行結腸癌、多発肝転移と診断され、結腸右半切除を施行した。術後のKRAS遺伝子検査ではcodon 12の変異を認めた。CapeOX+bevacizumab(Bv)療法後に肝部分切除を施行したが、5ヵ月後に新規肝転移病変を認めた。FOLFIRI+Bv療法後に再度肝部分切除を施行し、8ヵ月後にダグラス窩と右横隔膜下の腹膜播種を認めたため、同病変に対して低位前方切除、腹膜播種切除を施行した。6ヵ月後に右横隔膜下の腹膜播種、肺転移、胸膜播種を認め、sLV5FU2(+Bv)療法を継続している。初回手術から5年9ヵ月、全身状態良好で通院中である。近年、抗酸化ストレス蛋白の一つであるNAD(P)H:quinone oxidoreductase-1(NQO1)の抗癌剤耐性に関する報告が散見される。本症例の原発巣切除標本の免疫組織化学染色ではNQO1発現が陰性であり、病勢制御や長期生存に関与している可能性が考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 腋窩に発症した副乳癌の1例

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法44 ( 12 ) 1104 - 1106   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は59歳、女性。右腋窩に腫瘤を自覚し、前医を受診した。超音波検査で明らかな悪性所見を認めず経過観察されていたが、腫瘤が増大したため摘出術を施行された。病理組織診断で副乳癌と診断され、切除断端が陽性であったため、治療目的に当院へ紹介された。画像上、両側乳腺、腋窩リンパ節に異常を認めず、遠隔転移を認めなかった。切除部周囲組織の追加切除および右腋窩リンパ節郭清を施行した。術後病理組織診断では切除した組織内に浸潤癌の遺残を認めたが、追加切除断端は陰性で、リンパ節転移を認めなかった。副乳癌は副乳に発生した癌を指し、乳癌全体の1%未満と比較的まれな疾患である。発生部位としては腋窩が最も多く、手術は局所広範切除と腋窩リンパ節郭清が第一選択となる。今回われわれは、右腋窩に発生した副乳癌の1例を経験したので、若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • リンパ節転移を伴う肝細胞癌に対して集学的治療で長期生存が得られた1例

    相馬 大輝, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 石川 博補, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法44 ( 12 ) 1565 - 1567   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は81歳、女性。C型肝硬変で通院中にCTで肝S7に径20mm大の腫瘤を指摘され、肝細胞癌(HCC)と診断された。高齢であり本人が肝切除を望まなかったので、病変に対して2回の肝動脈化学塞栓療法(TACE)を施行した。1年後のCTで局所再発と大動脈周囲リンパ節転移を認めた。局所再発に対してはTACEを施行し、大動脈周囲リンパ節転移に対しては外科切除を施行した。外科切除から6ヵ月後、CTで縦隔リンパ節転移を認め、放射線局所照射療法を施行した。原病の診断から7年が経過した現在、無再発で外来経過観察中である。HCCの肝外転移再発は肺、骨、リンパ節への転移が多く、有効な治療法は確立されていない。孤立性のリンパ節転移を伴うHCCに対して、TACE、外科切除、放射線局所照射療法を組み合わせた集学的治療は予後延長に寄与する可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 腹腔内出血を契機に発見された混合型脂肪肉腫の1例

    三浦 要平, 坂田 純, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 市川 寛, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法44 ( 12 ) 1155 - 1157   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は71歳、男性。急激な腹痛を主訴に当科を受診した。心房細動、脳梗塞、心弁置換術後の既往を有し、ワーファリンを内服中であった。腹部造影CTで血性腹水と十二指腸水平脚に接する巨大な腫瘤を認めた。腫瘤は石灰化を伴う充実性部分と新旧の血腫とが混在して被包化されていた。十二指腸原発の消化管間質腫瘍の穿破による腹腔内出血が疑われ、開腹手術が施行された。術中所見で右側結腸間膜原発の脂肪肉腫が疑われ、結腸右半切除術を伴う腫瘤摘出術が施行された。病理組織学的にて腫瘍内出血を伴う混合型脂肪肉腫と診断された。術後は合併症なく経過し、術後第8病日目に退院した。術後52ヵ月が経過した現在、無再発生存中である。非常にまれではあるが、特に抗凝固療法中においては脂肪肉腫が腹腔内出血の一因となることもある。(著者抄録)

    researchmap

  • 回腸捻転による急性腹症を契機に発見された小腸間膜脂肪肉腫の一例

    茂木 大輔, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 広瀬 雄己, 石川 博輔, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝澤 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌78 ( 増刊 ) 722 - 722   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 国際共同アカデミア試験への挑戦 NRG Oncology-JapanからB-51試験への参加を通じて

    松本 光史, 岡本 雅彦, 山下 啓子, 小松 英明, 石田 孝宣, 永橋 昌幸, 中野 隆史, 大崎 昭彦, 伊丹 純, 大住 省三, 吉中 平次, 藤原 恵一, 沼上 奈美, 池田 正樹, 藤原 康弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集55回   P121 - 2   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 酸・アルカリ性洗剤の同時飲用により胃穿孔をきたした1例

    根本 万理子, 羽入 隆晃, 宗岡 悠介, 須藤 翔, 田島 陽介, 角田 知行, 市川 寛, 中野 雅人, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌78 ( 増刊 ) 849 - 849   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 異時性多発大腸癌および十二指腸癌に対して計5回の切除手術を施行したLynch症候群の1例

    堀田 真之介, 島田 能史, 山田 沙季, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 石川 卓, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌78 ( 増刊 ) 801 - 801   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 無石胆嚢炎に続発したspontaneus bilomaの1例

    安藤 拓也, 滝沢 一泰, 油座 築, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌78 ( 増刊 ) 911 - 911   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 腟転移を契機に発見されたS状結腸癌の1例

    佐藤 敦, 中野 雅人, 山田 沙季, 田中 花菜, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌78 ( 増刊 ) 756 - 756   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 衝突腫瘍(collision tumor)の形態を呈した混合型肝癌の1例

    油座 築, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌78 ( 増刊 ) 739 - 739   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科における続発性副甲状腺機能亢進症手術と腎移植との関連

    小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 庭野 稔之, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌34 ( Suppl.2 ) S286 - S286   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 高度肺高血圧と冠動脈狭窄を合併した局所進行乳癌の治療経験

    大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌78 ( 増刊 ) 629 - 629   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.78.629

    researchmap

  • mTOR阻害剤投与中の薬剤性間質性肺炎の経験

    遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌78 ( 増刊 ) 628 - 628   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 包括的がんゲノム解析を用いた右側大腸癌における抗EGFR抗体薬耐性遺伝子変異についての検討

    島田 能史, 田島 陽介, 永橋 昌幸, 市川 寛, 土田 純子, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事76回   J - 3090   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • ゲノム医療と消化器癌 癌遺伝子変異パネル検査を用いた日本人大腸癌ゲノム解析

    亀山 仁史, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本消化器病学会雑誌114 ( 臨増大会 ) A668 - A668   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 膵癌の進行におけるスフィンゴシンキナーゼによって産生されるスフィンゴシン-1-リン酸の機能解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 土田 純子, 市川 寛, 島田 能史, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事76回   P - 3003   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 胃癌におけるアクチビン2型受容体とマイクロサテライト不安定

    油座 築, 永橋 昌幸, 市川 寛, 島田 能史, 中島 真人, 高部 和明, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事76回   E - 3034   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 癌遺伝子解析パネルを用いたマイクロサテライト不安定性胃癌の同定

    市川 寛, 須藤 翔, 永橋 昌幸, 島田 能史, 土田 純子, 中島 真人, 坂田 純, 中川 悟, 藪崎 裕, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事76回   P - 3244   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • セラミド濃度はヒト乳癌組織においてセラミド合成酵素の活性化に伴い上昇している

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 島田 能史, 中島 真人, 市川 寛, 廣瀬 雄己, 土田 純子, 油座 築, 高部 和明, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事76回   P - 2195   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 腫瘍微小環境におけるスフィンゴシン-1-リン酸と腫瘍関連免疫細胞

    土田 純子, 永橋 昌幸, 中島 真人, 高部 和明, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事76回   P - 2185   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • がんの浸潤・転移研究の新機軸 腫瘍微小環境と転移におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割

    永橋 昌幸, 土田 純子, 中島 真人, 高部 和明, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事76回   S1 - 4   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 肺扁平上皮癌に認められる遺伝子異常と遺伝子変異量の臨床的特徴

    岡本 龍郎, 高田 和樹, 庄司 文裕, 豊川 剛二, 沖 英次, 永橋 昌幸, 杉尾 賢二, 若井 俊文, 前原 喜彦

    日本癌学会総会記事76回   J - 3060   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 外科的血行郭清術を施行した十二指腸静脈瘤の1例

    石川 博補, 小林 隆, 三浦 宏平, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本門脈圧亢進症学会雑誌23 ( 3 ) 152 - 152   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本門脈圧亢進症学会  

    researchmap

  • 当科における門脈圧亢進症に対する外科治療

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本門脈圧亢進症学会雑誌23 ( 3 ) 151 - 151   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本門脈圧亢進症学会  

    researchmap

  • 術前内分泌療法を施行した高齢者進行副乳癌の1例

    坂田 英子, 永橋 昌幸, 小山 諭, 梅津 哉, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌131 ( 7 ) 433 - 439   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    副乳癌は全乳癌の0.2〜0.6%と比較的まれな疾患である。また、近年、高齢者乳癌の一次治療として忍容性の高い内分泌療法が選択される機会が増えている。今回、内分泌療法施行後に根治切除を実施した高齢者副乳癌の1例を経験したので報告する。症例は96歳、女性。右腋窩腫瘤を主訴に受診し、画像検査で右腋窩に径2cmの腫瘤と多数の腫大リンパ節を認めた。腫瘤の針生検は、充実腺管癌、エストロゲン受容体陽性、プロゲステロン受容体陰性、HER2陽性であり、右副乳癌と診断した。高齢で手術を積極的には希望されず、抗HER2療法併用化学療法の実施は忍容性の面から困難と考え、内分泌療法を一次治療として選択した。原発巣、腋窩リンパ節ともに一旦は縮小したが、治療開始9ヵ月目にはリンパ節の一部が増大した。高齢ではあるが耐術可能と判断し、腋窩広範囲切除と右腋窩リンパ節郭清を施行した。術後3年が経過し、明らかな再発を認めずに生存中である。高齢者乳癌治療では、年齢、併存症、臓器機能等を考慮し、手術療法を含めたバランスのとれた治療を選択することが大切である。(著者抄録)

    researchmap

  • 当科におけるエリブリン使用成績

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集25回   599 - 599   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 非浸潤癌にて断端陽性であった乳癌症例25例の検討

    大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 論, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集25回   498 - 498   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 次世代シークエンサー解析に必要な乳癌手術および生検組織ブロック検体の検討

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 井筒 浩, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集25回   496 - 496   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • CRISPR/Cas9を用いた乳がんにおけるスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の機能解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集25回   263 - 263   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 胸部食道扁平上皮癌根治切除後の早期再発危険因子

    市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 大渓 隆弘, 宗岡 悠介, 坂田 純, 永橋 昌幸, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会72回   PM18 - 2   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌におけるTGF-β signal pathway遺伝子変異と臨床病理学的特徴

    小柳 英人, 島田 能史, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 坂田 純, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会72回   PE10 - 5   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 併存症を有す胃癌患者に対する胃切除後の手術成績と予後についての検討

    羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 宗岡 悠介, 大渓 隆弘, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会72回   PH1 - 1   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 腋窩リンパ節に対する術前画像評価の再検討

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩花, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 塩谷 基, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集25回   672 - 672   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 大腸癌の原発部位と臨床病理学的特徴 右側と左側の比較

    島田 能史, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会72回   PD10 - 3   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 食道癌手術症例における腸瘻造設に関連した合併症に関する検討

    宗岡 悠介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 大渓 隆弘, 石川 卓, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会72回   PK9 - 7   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 私たちが日本で行うべき乳癌研究 基礎から臨床まで 日本だからこそできるトランスレーショナルリサーチの実践を目指して

    永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集25回   245 - 245   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • MMG境界明瞭腫瘤に対するデジタルブレストトモシンセシス上乗せ効果の検討

    塩谷 基, 永橋 昌幸, 中島 真人, 五十嵐 麻由子, 辰田 久美子, 土田 純子

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集25回   473 - 473   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 周術期末梢静脈栄養 脂肪乳剤投与におけるカルニチン併用による炎症反応の軽減効果

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 三浦 宏平, 土田 純子, 中島 真人, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養51 ( 3 ) 106 - 106   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 膵癌細胞におけるスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の働きとその代謝動態制御の解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 三浦 要平, 安藤 拓也, 油座 築, 土田 純子, 田島 陽介, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 阿部 学, 崎村 建司, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養51 ( 3 ) 88 - 88   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 高齢者(80歳以上)胆嚢癌に対する手術成績

    安藤 拓也, 坂田 純, 油座 築, 相馬 大輝, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博輔, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 215   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 門脈圧亢進症の当科治療成績

    石川 博補, 小林 隆, 三浦 宏平, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 213   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌に対する拡大手術 適応と限界

    坂田 純, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 215   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵癌切除例におけるMacrophage migration inhibitory factorの発現と治療成績

    高野 可赴, 滝沢 一泰, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 222   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌および周囲微小環境では高濃度のセラミドが産生される

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 土田 純子, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 068   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳がん患者における脂質メディエーター・スフィンゴシン-1-リン酸の定量と臨床的意義

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 068   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌術後の呼吸機能の推移

    大渓 隆弘, 羽入 隆晃, 市川 寛, 宗岡 悠介, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 096   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ヨーグルトのMRSAに対する抗菌活性の検討

    田島 陽介, 亀山 仁史, 山田 沙季, 山本 潤, 堀田 真之介, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 八木 寛, 細井 愛, 岩城 孝和, 市川 寛, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 082   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • プレシジョン・メディスンを見据えた次世代シークエンサー解析に必要な乳癌FFPEブロック検体の条件

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩花, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 井筒 浩, 児玉 啓輔, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 067   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 浸潤性膵管癌術後の肺転移再発例に対する治療

    滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 坂田 純, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 053   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下かつ非センチネルリンパ節転移陽性例におけるpN2以上の症例の検討

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 鹿野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 154   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節生検転移陽性例における腋窩郭清の意義

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 153   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植後胆管狭窄に対する早期内視鏡的胆管造影の有用性

    相馬 大輝, 小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 205   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 低悪性度DCISに対する手術省略の可能性を考える

    大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 157   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • リンパ節転移陽性胆嚢癌の外科治療成績 外科切除が長期生存に寄与するのはどのような症例か?

    峠 弘治, 坂田 純, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SF - 38   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植ドナーの長期成績の検討

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 島田 能史, 市川 寛, 横田 直樹, 大山 俊之, 荒井 勇樹, 窪田 正幸

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SF - 18   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胃癌におけるマイクロサテライト不安定性とアクチビン受容体遺伝子変異の検討

    油座 築, 永橋 昌幸, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 中川 悟, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SF - 44   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵がんにおけるCRISPR/Cas9を用いたスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の機能解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 三浦 要平, 安藤 拓也, 油座 築, 土田 純子, 田島 陽介, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 阿部 学, 崎村 建司, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SF - 40   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 次世代型シーケンサーを用いた包括的がんゲノム検査を踏まえた、Stage IV大腸癌の予後予測因子の探索

    宗岡 悠介, 島田 能史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SF - 12   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • HER2陽性大腸癌における次世代シーケンサーを用いた癌遺伝子変異解析パネルの意義

    島田 能史, 八木 亮磨, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 井筒 浩, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 028   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 抗EGFR抗体薬を使用したALL RAS野生型Stage IV大腸癌における予後因子の検討

    八木 亮磨, 山田 泰史, 番場 竹生, 會澤 雅樹, 野上 仁, 松木 淳, 丸山 聡, 野村 達也, 中川 悟, 瀧井 康公, 藪崎 裕, 佐藤 信昭, 土屋 嘉昭, 市川 寛, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文, 井筒 浩

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SF - 62   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 初発消化管間質腫瘍手術症例の遺伝子変異

    石川 卓, 廣田 誠一, 神田 達夫, 羽入 隆晃, 市川 寛, 角田 知行, 佐藤 優, 加納 陽介, 須藤 翔, 臼井 賢司, 宗岡 悠介, 大渓 隆弘, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SF - 47   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 次世代シーケンサーを基盤とした癌遺伝子解析パネルを用いたHER2陽性胃癌に併存する遺伝子異常の解明

    市川 寛, 永橋 昌幸, 羽入 隆晃, 石川 卓, 宗岡 悠介, 大渓 隆弘, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 會澤 雅樹, 松木 淳, 藪崎 裕, 中川 悟, 本間 慶一, 川崎 隆, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PS - 010   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • CRISPR/Cas9によるスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の乳癌発育進展における役割解明

    三浦 要平, 中島 真人, 永橋 昌幸, 安藤 拓也, 油座 築, 土田 純子, 田島 陽介, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 阿部 学, 崎村 建司, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SF - 76   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Precision medicine bench to bedside 日本におけるプレシジョン・メディスンを目指した大腸がん201例のクリニカルシークエンス

    永橋 昌幸, 島田 能史, 市川 寛, 亀山 仁史, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 八木 亮磨, 小林 隆, 坂田 純, 佐藤 信昭, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 本間 慶一, 川崎 隆, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 奥田 修二郎, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SY - 7   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 癌と宿主におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割

    永橋 昌幸, 若井 俊文

    BIO Clinica32 ( 4 ) 397 - 404   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)は、脂質でありながら生理活性物質として働く脂質メディエーターである。S1Pは、癌とその周囲の宿主環境、即ち癌微小環境とに作用し、癌の発育進展に影響を与える。癌細胞によって産生されたS1Pは、癌微小環境において間質液中に放出され、オートクライン・パラクライン作用により癌細胞の増殖、遊走、浸潤、生存、血管新生やリンパ管新生を促進する。癌と宿主との相互作用におけるS1Pの働きについて、われわれのデータを中心に基礎実験と臨床研究から得られたこれまでの知見を概説する。(著者抄録)

    researchmap

  • 【乳癌のすべて】 あらたな研究・診療体制 乳癌領域におけるプレシジョン・メディシンの新展開

    永橋 昌幸, 高部 和明, 若井 俊文

    医学のあゆみ261 ( 5 ) 583 - 588   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    プレシジョン・メディシン(精密医療)とは、遺伝子、環境、ライフスタイルに関する個々の違いを考慮した予防や治療を確立し、実践することを指す。その本質は、遺伝子変異などの客観的指標を用いて特定の特徴を有する患者あるいは患者予備群を囲い込み、グループごとに治療戦略や予防策を講じることによって、高い費用対効果を得ることである。乳癌領域ではサブタイプ分類に基づく治療戦略など、プレシジョン・メディシンの原型がすでに実践されてきた。近年、次世代シークエンサー(NGS)の登場により、実臨床において癌関連遺伝子の網羅的解析を行うクリニカルシークエンスが可能となり、アメリカではプレシジョン・メディシンの実践をめざした新しいタイプの臨床試験が開始されている。本稿ではプレシジョン・メディシンの概念とその実際について概説し、乳癌領域におけるプレシジョン・メディシンの現状と、今後の展望について述べたい。(著者抄録)

    researchmap

  • 次世代型シーケンサーを用いたBRAF変異解析及びその臨床病理学的意義

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 田中 光隆, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   SF - 12   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 遠隔転移を有する大腸癌に対する治療戦略 癌遺伝子解析パネルを用いた大腸癌個別化医療への取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 永橋 昌幸, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回   PD - 5   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胃癌の浸潤能とリン酸化スフィンゴシンキナーゼ1の関連性について(Expression of phosphorylated sphingosine kinase 1 is associated with invasiveness of gastric cancer)

    羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 市川 寛, 石川 卓, 小杉 伸一, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本胃癌学会総会記事89回   414 - 414   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 【ゲノム解析に基づく固形がん個別化治療】 臓器別個別化治療 網羅的遺伝子解析がもたらす胃がん個別化治療の可能性

    市川 寛, 永橋 昌幸, 沖 英次, 吉田 和弘, 北川 雄光, 若井 俊文

    最新医学72 ( 3 ) 363 - 368   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)最新医学社  

    The Cancer Genome Atlasによる大規模な網羅的遺伝子解析により,胃がんは4つの分子サブタイプに分類されることが示された.本邦からはがん遺伝子パネルを用いた解析結果が報告された.今後は治療選択における分子サブタイプの意義を明らかにする必要がある.また,がん遺伝子パネルの臨床的な有用性を明らかにすることも重要であり,その先に胃がん個別化治療の新たな展開が期待される.(著者抄録)

    researchmap

  • 食道癌術後早期の経腸栄養に際し低脂質栄養剤は乳び胸の予防に有用か?

    小山 諭, 小杉 伸一, 石川 卓, 市川 寛, 羽生 隆晃, 宗岡 悠介, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 庭野 稔之, 利川 千絵, 三浦 宏平, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本創傷治癒学会プログラム・抄録集46回   133 - 133   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本創傷治癒学会  

    researchmap

  • [New Classification for Advanced Colorectal Cancer Using CancerPlex®Genomic Tests]. 査読

    Kameyama H, Shimada Y, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Nogami H, Maruyama S, Takii Y, Okuda S, Ling Y, Izutsu H, Kodama K, Nakada M, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 11 ) 1361 - 1365   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Long-Term Survival after Repeated Peritoneal Recurrences of Perforated Sigmoid Colon Cancer Treated with Systemic Chemotherapy and R0 Resection of Peritoneal Tumors]. 査読

    Watanabe T, Kobayashi T, Wakai A, Yagi R, Tanaka K, Miura K, Tajima Y, Nagahashi M, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 2139 - 2141   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Systematic Analysis of Oncogene and Tumor Suppressor Genes for Panitumumab-Resistant Rectal Cancer with Wild RAS Gene - A Case Report]. 査読

    Tajima Y, Shimada Y, Yagi R, Okamura T, Nakano M, Kameyama H, Nogami H, Maruyama S, Takii Y, Miura K, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 2280 - 2282   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Simultaneous Multiple Gastric Cancers Showing Differences of Response after Neoadjuvant Chemotherapy with Docetaxel, CDDP, and S-1]. 査読

    Sakai T, Ichikawa H, Ishikawa T, Kosugi S, Hanyu T, Usui K, Muneoka Y, Otani T, Hishiki M, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 2377 - 2379   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Metastatic Colon Cancer Dramatically Affected by Anti-EGFR Antibody Therapy]. 査読

    Yagi R, Shimada Y, Miura K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T, Nogami H, Maruyama S, Takii Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 1800 - 1802   2016年11月

     詳細を見る

  • [Study of Breast Cancer Patients Diagnosed Preoperatively with Ductal Carcinoma In Situ]. 査読

    Nakajima M, Nagahashi M, Endo M, Otani A, Tsuchida J, Moro K, Niwano T, Toshikawa C, Hasegawa M, Ikarashi M, Tatsuda K, Kameyama H, Kobayashi T, Koyama Y, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 1544 - 1546   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Advanced Gastric Cancer Resected for Rebleeding after Palliative Radiotherapy for Hemostasis]. 査読

    Muneoka Y, Ichikawa H, Ishikawa T, Hanyu T, Sato Y, Kano Y, Usui K, Otani T, Hishiki M, Miura K, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 1936 - 1938   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Advanced Gastric Cancer with Portosystemic Shunt Successfully Treated with Percutaneous Transvenous Coil Embolization]. 査読

    Usui K, Hanyu T, Ichikawa H, Ishikawa T, Muneoka Y, Sato Y, Kano Y, Otani T, Hishiki M, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 1917 - 1919   2016年11月

     詳細を見る

  • [Long-Term Survival after Reoperation for Lung Metastasis of Resected Pancreatic Adenocarcinoma - A Case Report]. 査読

    Ishikawa H, Takano K, Ando T, Soma D, Yuza K, Hirose Y, Katada T, Miura K, Ohashi T, Takizawa K, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 12 ) 2199 - 2201   2016年11月

     詳細を見る

  • 術前に非浸潤性乳管癌と診断された乳癌手術症例の検討

    中島 真人, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 辰田 久美子, 亀山 仁史, 小林 隆, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 12 ) 1544 - 1546   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    非浸潤性乳管癌(ductal carcinoma in situ:DCIS)は、切除により治癒が期待できるが、一部の患者ではover treatmentとなる可能性が示唆されている。今回われわれは、自施設で単年に手術を施行したDCIS 23例の臨床病理学的検討から、手術適応について再考した。術後病理では、サブタイプ分類でLuminalとHER2のみが認められ、triple negativeは認められなかった。5例に浸潤癌の併存を認めたが、浸潤癌症例は腫瘍径が60mm以上と大きい傾向にあった。またKi-67 index≦5%の症例では、浸潤癌の併存は認めなかった。切除断端陽性例は7例あり、すべてDCISでの断端陽性であった。追加切除は1例に行われた。無治療経過観察の2例を含む6例では追加切除を行わなかったが、術後5年が経過し全例無再発生存中である。DCISには浸潤癌の合併がなければ、経過観察できるサブグループが存在すると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 胃癌の腫瘍出血に対する緩和的放射線治療後に再出血を来し胃切除を要した1例

    宗岡 悠介, 市川 寛, 石川 卓, 羽入 隆晃, 佐藤 優, 加納 陽介, 臼井 賢司, 大渓 隆弘, 日紫喜 万理子, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 12 ) 1936 - 1938   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    近年、胃癌の腫瘍出血に対する緩和的放射線治療の報告が散見される。今回われわれは、胃癌出血に対する緩和的放射線治療後に再出血を来し、胃切除術を要した症例を経験した。症例は74歳、男性。Stage IV胃癌に対し化学療法を施行し、stable diseaseを維持していた。しかし、化学療法開始から23ヵ月後に腫瘍の再増大と出血を認め、止血目的の緩和的放射線治療を施行した。いったん止血が得られたが、1ヵ月半後に再出血を来した。入院後に出血性ショックを来し、緊急で姑息的胃切除術を施行した。腫瘍出血に対する緩和的放射線治療は安全かつ有効な治療として選択されることが多い。しかし、再出血を来した際には緊急での胃切除術が避けられないことがある。本症例では迅速な手術治療により救命が得られた。(著者抄録)

    researchmap

  • 門脈体循環シャントに対する経皮的コイル塞栓術が著効し化学療法を継続し得た胃癌の1例

    臼井 賢司, 羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 宗岡 悠介, 佐藤 優, 加納 陽介, 大渓 隆弘, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 12 ) 1917 - 1919   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    胃癌肝転移による門脈腫瘍栓により、門脈体循環シャント(portosystemic shunt:PSS)・門脈体循環性脳症(Portal systemic encephalopathy:PSE)を来したまれな1例を経験した。症例は57歳、男性。多発肝転移を伴うStage IV胃癌に対し、出血制御目的に幽門側胃切除術を行った。術後S-1+cisplatin療法を導入したが、7コース施行後に肝S7の新規病変と門脈腫瘍栓が出現した。weekly paclitaxel療法に変更して化学療法を継続した。術後1年1ヵ月ごろより意識障害が出現し、術後1年3ヵ月には血中アンモニア濃度296μg/dLと高アンモニア血症を呈した。腹部CT検査で下腸間膜静脈-左腎静脈シャントを認め、PSSによるPSEの診断に至った。経皮的コイル塞栓術で短絡路の遮断を行い、脳症・高アンモニア血症は改善し、化学療法の継続が可能になった。その後、吻合部局所再発に対して残胃全摘術を施行し、以降も化学療法を継続したが、初回手術後3年5ヵ月に死亡した。(著者抄録)

    researchmap

  • 二度の腹膜播種再発に対して化学療法後にR0切除を施行し長期生存が得られた穿孔性S状結腸癌の1例

    渡邊 隆興, 小林 孝, 若井 淳宏, 八木 亮磨, 田中 花菜, 三浦 宏平, 田島 陽介, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 12 ) 2139 - 2141   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は65歳、男性。54歳時に所属リンパ節転移を伴う穿孔性S状結腸癌に対して、S状結腸切除D2郭清と単孔式人工肛門造設術を施行した。補助化学療法としてS-1療法を1年間施行したが、術後4年8ヵ月経過時に腹膜播種再発を認めた。mFOLFOX6+bevacizumab療法を10コース施行してPRとなった後に再発巣を切除した。術後化学療法としてmFOLFOX6療法を6コース、その後UFT/ユーゼル療法を6コース施行した。再手術後4年9ヵ月経過時に再び腹膜播種再発を認めた。XELOX+bevacizumab療法を3コース施行し、PRとなった後に再発巣を切除した。術後化学療法は本人の意向により施行しなかった。初回手術から11年3ヵ月、再々手術から2年10ヵ月経過し、現在無再発生存中である。(著者抄録)

    researchmap

  • 抗EGFR抗体薬が奏効した切除不能大腸癌の1例

    八木 亮磨, 島田 能史, 三浦 宏平, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    癌と化学療法43 ( 12 ) 1800 - 1802   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    抗EGFR抗体薬はEGFR以下のシグナル伝達を遮断することで、抗腫瘍効果を発揮する。RAS変異型では、RASより下流のシグナル伝達が恒常的に活性化されているため、抗EGFR抗体薬の効果が期待できない。しかし近年、RAS変異だけではなくERBB2やFGFR1などのチロシンキナーゼ受容体の変異もしくは過剰発現、BRAFやPIK3CAなどの遺伝子変異も、抗EGFR抗体薬の治療抵抗性にかかわると指摘されている。そのため、これらの遺伝子を解析することにより、抗EGFR抗体薬が奏効する症例を的確に抽出できる可能性がある。CancerPlexは、次世代シーケンサーによる413種類のがん遺伝子解析パネルである。今回われわれはCancerPlexを用いてがん遺伝子解析を行い、上記の抗EGFR抗体薬の治療抵抗性にかかわる遺伝子がすべて野生型であり、かつ抗EGFR抗体薬が奏効した1例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 術前分割DCS療法の治療効果に相違を認めた同時性多発胃癌の1例

    酒井 剛, 市川 寛, 石川 卓, 小杉 伸一, 羽入 隆晃, 臼井 賢司, 宗岡 悠介, 大渓 隆弘, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 12 ) 2377 - 2379   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は63歳、男性。上腹部痛を主訴に近医を受診した。精査にて、胃体上部小彎に2型腫瘍(低分化型腺癌充実型)、胃体下部前壁に0-IIc型腫瘍(高分化型管状腺癌)を認め、胃小彎側と大彎側に合計4個のリンパ節腫大を認めた。同時性多発胃癌、MU、cT4aN2M0、cStage IIIBおよびL、Ant、cT1aの診断で、術前分割docetaxel/CDDP/S-1療法を2コース施行後、胃全摘術、D2(-No.10)リンパ節郭清を施行した。進行胃癌の病変および転移の痕跡のあるNo.4dリンパ節に腫瘍の遺残は認められず、組織学的治療効果はGrade 3と判定された。一方、早期胃癌の病変に治療効果は認められず、Grade 0と判定された。術後10ヵ月現在、無再発生存中である。(著者抄録)

    researchmap

  • がん遺伝子変異解析パネル(CancerPlex)を用いた新たな進行大腸癌分類

    亀山 仁史, 島田 能史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 奥田 修二郎, 凌 一葦, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 11 ) 1361 - 1365   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    近年、進行再発大腸癌に対する分子標的薬治療が急速に発展している。KRAS遺伝子変異が抗EGFR抗体薬の抵抗性に関与することはすでによく知られている。しかし、KRAS遺伝子野生型であっても、実臨床では抗EGFR抗体薬の効果は20〜30%までの上乗せにとどまる。この理由として、RAS/MAP2K/MAPK経路やPI3K/AKT経路の関連が考えられている。本研究では、遺伝子変異解析パネルであるCancerPlexを用いてStage IV大腸癌に対する遺伝子変異を解析した。2007〜2015年に新潟大学医歯学総合病院、新潟県立がんセンター新潟病院を受診したStage IV大腸癌112例を対象とした。内訳は男性66例、女性46例。年齢中央値は62.5歳であった。2例はhypermutated症例であった。残りの110例を対象としてクラスタリング解析を行った。分子標的薬のターゲット候補である26遺伝子をクラスタリングに使用した。各患者がもつ共起プロファイル間のユークリッド距離を値にもつ行列からWard法によるクラスタリングを行うと、六つのサブタイプに分類された。これにより、抗EGFR抗体薬が奏効する患者群を分類できると考える。分子標的薬は高額であるため、費用対効果を考慮した大腸癌治療戦略が重要である。CancerPlexを用いることで遺伝子情報に基づいた"Precision Medicine"が可能になると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 抗EGFR抗体薬が無効であったRAS野生型直腸癌に対して次世代シーケンサーによる癌関連遺伝子解析を施行した1例

    田島 陽介, 島田 能史, 八木 亮磨, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 三浦 宏平, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 12 ) 2280 - 2282   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は58歳、男性。血便を主訴に受診した。肛門直腸診で下部直腸に腫瘤を触知し、下部消化管内視鏡検査およびCT検査で肝・肺転移を伴う進行直腸癌と診断された。XELOX+bevacizumab療法を3コース施行してPRとなった後、局所制御のため腹会陰式直腸切断術を施行した。原発巣のKRAS遺伝子は野生型であった。術後にXELOX療法を14コース施行したが、アレルギー反応により中止した。脳転移が出現した後に二次治療としてIRIS+panitumumab療法を3コース施行したが、肝・肺・脳のいずれの転移巣も増大した。次世代シーケンサーによる遺伝子解析パネル(CancerPlex)により癌関連遺伝子を解析し、原発巣にBRAF変異を認めた。RAS-RAF-MAPK経路においてBRAFはRASの下流に位置する。そのため、BRAFに変異を認める場合、本症例のように抗EGFR抗体薬の治療効果が期待できない可能性がある。網羅的遺伝子解析により、個々の症例に最適な化学療法を選択できる可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 膵癌術後肺転移に対し外科切除を含む集学的治療を施行して長期生存を得た1例

    石川 博補, 高野 可赴, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 12 ) 2199 - 2201   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は68歳、女性。66歳時に膵体部癌に対し膵体尾部切除術とゲムシタビン(GEM)による補助化学療法を施行した。術後37ヵ月目のCT検査で右肺S4に8mm大の孤立性腫瘤を認めた。他臓器に明らかな再発所見を認めず、右肺中葉切除術を施行した。病理組織像は原発巣と類似し、免疫組織化学の所見と合わせ、膵癌の肺転移と診断した。肺切除後にGEM単剤療法を再開したが、初回手術後67ヵ月目のCT検査にて左肺S3に孤立性腫瘤を認め、再々発を疑い左肺部分切除術を施行した。前回と同様な組織像で、膵癌の肺転移であった。術後にS-1単剤療法を行ったが、初回手術後110ヵ月目に肺再発と癌性胸膜炎を認めた。GEM+S-1併用療法を行ったが、初回手術後130ヵ月目に原病死した。膵癌術後の孤立性肺転移においては、積極的な外科切除と化学療法による集学的治療が予後を改善する症例も存在する。(著者抄録)

    researchmap

  • ホルマリン固定後パラフィン包埋肺腺癌検体からのDNA抽出濃度について 次世代シーケンサーによる網羅的遺伝子解析のために

    佐藤 征二郎, 市川 寛, 島田 能史, 永橋 昌幸, 若井 俊文, 土田 正則, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆

    新潟医学会雑誌130 ( 10 ) 601 - 611   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【緒言】近年、次世代シーケンス技術の開発が進み、高速シーケンサーを用いて、微量DNAから短時間で多検体のシーケンスが可能となり、がんゲノムの網羅的解析から、がん個別化医療のバイオマーカーとして、ドライバー遺伝子変異の探索が盛んに行われるようになった。次世代シーケンサーを用いて多数の遺伝子異常を同時に検査するクリニカルシーケンスが期待されてきているが、その際に問題となるのは臨床検体の取り扱いである。従って、本研究の目的は、次世代シーケンサーを用いた網羅的遺伝子解析を想定した際の、肺腺癌組織より抽出したDNA量や質を組織亜型、分化度の違いから検討し、また、実際に必要とされる臨床検体(FFPEスライド)量を考察することとした。【方法】肺癌手術を施行され、凍結切片を有する肺腺癌68症例のホルマリン固定後パラフィン包埋(FFPE)検体をHE染色にて評価し、腫瘍胞巣に含まれる全細胞含有面積に占めるがん細胞含有率20%以上の63例を解析対象とした。組織亜型の内訳は、置換性増殖優位型腺癌(lepidic)が5例、乳頭状増殖優位型腺癌(papillary)が44例、腺房状増殖優位型肺癌(acinar)が5例、充実性増殖優位型腺癌(solid)が2例、粘液腺癌(mucinous)が7例であった。各FFPEブロックから連続切片20μm、2枚よりDNAを抽出した。単位面積当たりのDNA抽出濃度や断片化(Q-ratio:[129bp]/[41bp])について組織亜型間で比較し、また、解析に必要とされる臨床検体量(腫瘍面積)を考察した。【結果】単位面積当たりのDNA抽出濃度は中央値4.20ng/μL(範囲:0.32ng/μL/mm2-19.25ng/μL/mm2)であった。Q-ratioについては中央値1.03(範囲:0.79-1.57)とすべて基準値以上であった。組織亜型間においては抽出されたDNAの単位面積当たりの濃度では置換性増殖優位型腺癌は粘液腺癌と比較し、単位面積当たりのDNA抽出濃度が有意に多かった(p=0.046)。粘液非産生型腺癌は有意に粘液産生型腺癌より単位面積当たりのDNA抽出量は多かった(p<0.01)。また、分化度間の単位面積当たりのDNA抽出量では中・低分化腺癌は有意に高分化腺癌より単位面積当たりのDNA抽出量は多かった(p=0.012)。腫瘍面積とDNA抽出量につきPearsonの相関係数を算出すると、r=0.486、p<0.01と有意に正の相関を認めた。必要最低腫瘍面積の算出では30mm2当たりのDNA抽出量は平均29.0±23.4ng/μL(範囲:3.86ng/μL-116.5ng/μL)であり、全症例において基準となる3.75ng/μLをクリアーした。【結語】肺腺癌では、粘液産生の有無、分化度がDNA抽出量に影響を与えることが分かった。腫瘍胞巣面積、瘢痕巣の割合から全細胞面積を算出しそこに含まれるがん細胞含有率(≧20%)を確認し、必要最低全細胞面積をクリアー出来る切片枚数を確保することが肝要であると思われる。(著者抄録)

    researchmap

  • スフィンゴシンキナーゼ欠損細胞の開発とその機能解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 土田 純子, 市川 寛, 島田 能史, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事75回   P - 2029   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • がん関連遺伝子パネルにより耐性機序が示唆されたHER2陽性再発乳がんの1例

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 小山 諭, 若井 俊文

    日本癌治療学会学術集会抄録集54回   P30 - 1   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 肺 肺がんのバイオマーカー探求 次世代シーケンサーを用いた原発性肺癌切除例の網羅的遺伝子発現解析

    佐藤 征二郎, 市川 寛, 永橋 昌幸, 兒玉 啓輔, 若井 俊文, 土田 正則

    日本癌治療学会学術集会抄録集54回   MS45 - 5   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 胃癌穿孔症例に対する治療戦略 当院における胃癌穿孔症例の検討

    宗岡 悠介, 羽入 隆晃, 石川 卓, 市川 寛, 大渓 隆弘, 日紫喜 万里子, 佐藤 優, 加納 陽介, 臼井 賢司, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌77 ( 増刊 ) 424 - 424   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肝膿瘍を契機に発見された穿孔性メッケル憩室の1例

    大渓 隆弘, 木戸 知紀, 亀山 仁史, 大渓 彩香, 峠 弘治, 田村 博史, 吉野 敬, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 遠藤 和彦, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌77 ( 増刊 ) 643 - 643   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下での非センチネルリンパ節転移進展度

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌77 ( 増刊 ) 637 - 637   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.77.2733

    researchmap

  • 包括的がんゲノムプロファイルによる日本と米国における大腸癌のドライバー遺伝子異常の解析

    永橋 昌幸, 島田 能史, 市川 寛, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事75回   P - 1035   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 大腸癌におけるβ-catenin/WNTシグナル関連遺伝子の異常 日本と米国の比較から

    市川 寛, 永橋 昌幸, 島田 能史, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事75回   E - 2032   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 直腸癌術後に再発を疑うPET-CT強腸性の結節を切除したが、転移陰性であった一例

    遠藤 麻巳子, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌77 ( 増刊 ) 949 - 949   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.77.949

    researchmap

  • 遠隔リンパ節、肝転移を伴うHER2陽性切除不能胃癌に対して化学療法後にconversion surgeryをし得た1例

    三浦 要平, 羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 大渓 隆弘, 宗岡 悠介, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌77 ( 増刊 ) 648 - 648   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肥満を伴う乳癌患者における血清スフィンゴシン-1-リン酸の定量

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌77 ( 増刊 ) 969 - 969   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 縦隔内異所性副甲状腺腫を伴った二次性副甲状腺機能亢進症の3症例

    辰田 久美子, 小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌33 ( Suppl.2 ) S248 - S248   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 当科における続発性副甲状腺機能亢進症の推移 シナカルセト治療の影響

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌33 ( Suppl.2 ) S248 - S248   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 保存的に軽快した鈍的甲状腺外傷による頸部血腫の1例

    遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 永橋 昌幸, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 庭野 稔之, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌130 ( 9 ) 543 - 549   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    頸部鈍的外傷により甲状腺損傷および頸部血腫が出現するも、保存的に軽快した1例を経験したので報告する。症例は28歳、女性。直進中の普通乗用車の助手席に乗っていた際、右折してきた乗用車に衝突され、自家用車は横転し炎上寸前のところを救助され、救急車にて当院救急外来に搬送された。来院時、意識は清明であったが、事故直後のことは記憶になかった。血圧129/81mmHg、脈拍95/分と循環動態は安定していたが、前頸部の腫脹および皮下出血を認めた。右前胸部の軽度圧痛を認める以外は、ほかに明らかな異常所見は認めなかった。血液生化学所見では、白血球数の軽度増多と、トランスアミナーゼの軽度上昇を認めたが、明らかな貧血は認めなかった。TSH 0.42μIU/ml、FT3 11.7pg/ml、FT4 2.7ng/dlと甲状腺機能亢進を認めた。CT検査では、甲状腺右葉下極の腫大と前頸部から上縦隔に至る血腫を認め、気管損傷は認めなかったが気管は軽度左側に圧排されていた。呼吸苦・呼吸困難の所見は認めなかったが、血腫増大による気道狭窄が出現してくる危険もあったため、入院の上、保存的に経過観察を行った。翌日、血腫は縮小傾向となり、血液所見でも貧血の進行を認めず、CT検査では血腫は縮小しており、水分摂取・食事を開始した。入院後3日目の採血では、FT3 6.4pg/ml、FT4 2.8ng/dlと甲状腺機能亢進は改善し全身状態も良好であったため、入院後4日目に退院となった。退院2週間後の外来受診時、前頸部腫脹は消失しており、血液生化学検査では貧血を認めず、TSH 0.07μIU/ml、FT3 3.6pg/ml、FT4 1.4ng/dlと甲状腺機能もほぼ正常となっていた。鈍的外傷による頸部甲状腺損傷の報告は文献的にも少ないが、甲状腺血腫が増大せず、気道狭窄を伴わない状態であれば、まず保存的治療を試みることが勧められる。また、本症例のように、甲状腺外傷に伴い甲状腺機能亢進を認めた例も報告されており、全身管理にも注意が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • ERCP関連手技に伴う消化管・胆道損傷に対し、異なる術式を選択した4症例

    滝沢 一泰, 大橋 拓, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道30 ( 3 ) 626 - 626   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • 胃癌組織型とホルマリン固定後パラフィン包埋検体からのDNA抽出濃度の関係 次世代シーケンサーによる遺伝子解析のために

    市川 寛, 島田 能史, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆

    新潟医学会雑誌130 ( 7 ) 420 - 428   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【緒言】近年、様々な癌種において悪性度に関わるdriver遺伝子が発見され、その遺伝子が関与するシグナル伝達経路を標的とした分子標的薬の開発が盛んに行われている。今後は次世代シークエンサーを臨床検査に応用したclinical sequencingによりdriver遺伝子異常を同定し、患者個々に最適な薬剤を選択することが必要になる。その際に問題となるのは臨床検体の取り扱いである。特に胃癌は組織型ごとに腫瘍組織中のがん細胞の密度にばらつきが大きく、組織型ごとに抽出されたDNA濃度や質が次世代シーケンサーでの解析に耐えうるか否かを明らかにする事は重要である。本研究の目的は、胃癌腫瘍組織からのDNA抽出結果と組織型との関係を検討し、次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析を想定したDNA抽出における注意点を明らかにすることである。【方法】胃切除を施行された胃癌100症例のホルマリン固定後パラフィン包埋(FFPE)検体を対象とした。組織型の内訳は乳頭腺管癌(pap)1例、高分化型管状腺癌(tub1)9例、中分化型管状腺癌(tub2)45例、充実型低分化型腺癌(por1)12例、非充実型低分化型腺癌(por2)24例、印環細胞癌(sig)6例、粘液癌(muc)3例であった。腫瘍含有割合が最も高い領域を選択し、20μmに薄切した切片から組織を削り取り(スクレープ)、DNA抽出に用いた。単位面積当たりのDNA濃度(ng/μ1/mm2)や断片化(Q-ratio:[129bp]/[41bp])について組織型間で比較検討した。【結果】100症例全ての検体から次世代シーケンサーの解析に十分なDNAを抽出することができた。抽出に用いた領域の腫瘍含有割合はpor2、sig、mucで有意に低かった。単位面積当たりのDNA濃度はpap/tub1/tub2/por1群(中央値1.05ng/μl/mm2、範囲:0.07ng/μl/mm2-2.75ng/μl/mm2)と比較して、por2/sig/muc群(中央値0.75ng/μl/mm2、範囲:0.08ng/μl/mm2-1.63ng/μl/mm2)で有意に低かった(p-value=0.04)。一方、Q-ratioについては2群間に有意な差は認められなかった。【結論】胃癌において、組織型がpor2、sigまたはmucのFFPE検体から抽出されるDNA濃度は他の組織型と比較して低値である。上記の組織型に該当し、腫瘍含有割合が低い検体では、抽出に用いる切片枚数やスクレープする組織の面積を増やすといった対策を講じることが肝要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 周術期末梢静脈栄養における脂肪乳剤とカルニチン投与の検討

    小山 諭, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 土田 純子, 中島 真人, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養50 ( 3 ) 169 - 169   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 菌状息肉症を合併し腋窩リンパ節郭清を行ったcN0乳癌の一例

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回   640 - 640   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 背景乳腺の状態とデジタルブレストトモシンセシスの有効性

    塩谷 基, 永橋 昌幸, 辰田 久美子, 土田 純子

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回   482 - 482   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん手術検体におけるスフィンゴリン脂質の定量

    中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回   471 - 471   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌患者における血清および組織中セラミド濃度の意義について

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回   547 - 547   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科における炎症性乳癌7例の検討

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回   542 - 542   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 肥満によって促進される乳癌の血管新生に対する抗スフィンゴシン-1-リン酸受容体治療

    永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 山田 顕光, 青柳 智義, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回   258 - 258   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん患者における腫瘍内スフィンゴシン-1-リン酸濃度と臨床病理学的因子の関連について

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回   257 - 257   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 脂質メディエーターを介した胆汁酸シグナル伝達系の役割

    永橋 昌幸, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道30 ( 2 ) 220 - 227   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    近年の分子生物学の進歩により、胆汁酸が特異的に作用する受容体の存在が明らかになり、胆汁酸の情報伝達物質としての役割が注目されている。脂質メディエーターであるスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)の特異的受容体であるS1P2型受容体は、胆汁酸が直接作用する特異的受容体の一つであることが明らかになった。胆汁酸によるS1P2型受容体の活性化は、さらにS1P産生酵素であるスフィンゴシンキナーゼ2型(SphK2)を活性化する。胆汁酸によるS1P2型受容体およびSphK2を介したS1Pシグナル伝達系は、肝細胞における脂質代謝や糖代謝の制御に関与していることが明らかとなった。また、この胆汁酸によるS1Pを介したシグナル伝達系は、胆道癌の発育進展を促進することが報告され、様々な生理機能や病態に関与していることが分かってきた。本稿では、胆汁酸シグナル伝達系と、S1P2型受容体およびSphK2を介したS1Pシグナル伝達系の相互作用と、その病態生理における役割について概説する。(著者抄録)

    DOI: 10.11210/tando.30.220

    researchmap

  • 食道癌術後感染性合併症における高ビリルビン血症の臨床的意義

    市川 寛, 石川 卓, 羽入 隆晃, 臼井 賢司, 宗岡 悠介, 田中 亮, 角田 知行, 若井 淳宏, 佐藤 優, 加納 陽介, 須藤 翔, 大渓 隆弘, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回   PS - 037   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 門脈圧亢進症に対する外科治療

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 堅田 朋大, 市川 寛, 島田 能史, 小杉 伸一, 窪田 正幸, 荒井 勇樹, 大山 俊之, 横田 直樹, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回   PS - 024   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 検診発見および自己発見乳癌の臨床病理学的特徴と長期成績

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 市川 寛, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回   PS - 170   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下での非センチネルリンパ節転移の危険因子

    小山 諭, 永橋 昌幸, 中島 真人, 辰田 久美子, 土田 純子, 諸 和樹, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回   OP - 042   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • NCD手術死亡リスクモデルによる予測死亡率と当院における胃癌幽門側胃切除患者の周術期因子との関連に関する後方視的検討

    宗岡 悠介, 市川 寛, 石川 卓, 臼井 賢司, 羽入 隆晃, 大渓 隆弘, 須藤 翔, 加納 陽介, 佐藤 優, 角田 知行, 田中 亮, 若井 淳宏, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回   OP - 047   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院における早期胃癌に対するESD非治癒切除症例の検討

    羽入 隆晃, 橋本 哲, 石川 卓, 市川 寛, 臼井 賢司, 宗岡 悠介, 田中 亮, 角田 知行, 若井 淳宏, 佐藤 優, 加納 陽介, 須藤 翔, 大渓 隆弘, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回   OP - 047   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析におけるホルマリン固定パラフィン包埋サンプル作製方法および微小検体からのDNA抽出に関する検討

    島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文, 奥田 修二郎, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆

    新潟医学会雑誌130 ( 3 ) 191 - 202   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【緒言】次世代シーケンサーによってがん薬物療法の効果を予測するdriver mutationを網羅的に解析することが可能となり、がん薬物療法は個別化治療の時代に入りつつある。最大で数百程度までのがん関連遺伝子変異を対象にしたtarget sequencingでは日常臨床で普及しているホルマリン固定パラフィン包埋(Formalin-fixed paraffin-embedded:FFPE)サンプルを利用することができる。FFPEサンプル作製に際しては、DNAの質と量の確保が重要である。FFPEサンプルでは、ホルマリン固定によるDNAの断片化が生じるため、各医療施設での病理標本固定条件がDNAの質に影響する。一方、生検材料などの微小検体においても、次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析に耐えうるDNAの量が確保できるか否かは臨床上の重要な問題である。本研究の目的は、次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析のためのFFPEサンプル作製方法を確立すること、および微小検体からのDNA抽出方法を明らかにすることである。また、実際にFFPEサンプルを用いて次世代シーケンサーによる癌の遺伝子変異解析が可能であることを明らかにすることである。【方法】1)過去に作製された10%酸性ホルマリン固定FFPEサンプルを用いて、次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析が可能か否かを検討した。2)FFPEサンプル作製時のホルマリン固定法を標準化するために、ホルマリン種類および固定時間の条件を変えてFFPEサンプルを作製し、DNA濃度とDNAの断片化を評価した。3)次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析に必要な最低限のサンプルサイズを決定するために、組織採取面積の条件を変えてDNAを抽出し、それぞれのDNA濃度を測定した。4)生検材料を用いて次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析が可能か否かを明らかにするために、生検材料からDNAを抽出し、DNA濃度を測定した。5)次世代シーケンサーによる固形癌の遺伝子変異解析ツール(CancerPlex)にて、大腸癌外科切除100症例の10%中性緩衝ホルマリン固定FFPEサンプルを使用し、415の重要な癌の遺伝子変異を解析した。そして、1症例あたりの遺伝子変異数、および変異の頻度が高い遺伝子を求めた。【結果】1)過去に作製された10%酸性ホルマリン固定FFPEでは、DNAの断片化が高度であり、次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析を行うことができなかった。2)固定液の種類に関わらず、ホルマリン固定時間が経過するとDNAの断片化が進行した。しかし、10%中性緩衝ホルマリンでは、10%酸性ホルマリンと比較してDNAの断片化が起こりにくかった。3)20μm未染プレパラート1枚から3×3mmの組織採取を行うことで最低限のDNA濃度を確保できた。4)生検材料においても20μm未染プレパラート1枚から組織採取を行うことで最低限のDNA濃度を確保できた。5)大腸癌100症例で全例に有意な癌の遺伝子変異が検出され、1症例あたりの遺伝子変異数は中央値10(範囲:2-49)であった。大腸癌100例全体で247種類の癌の遺伝子変異が検出可能であった。【結論】次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析において理想的なFFPEサンプルを作製するためには、10%中性緩衝ホルマリンを使用し、固定時間は24時間程度として必要最低限とすることが肝要である。また、生検材料などの微小な検体からも次世代シーケンサーによる遺伝子変異解析が可能であることから、この技術の適応範囲は広く、より多くの患者に適切ながん薬物療法の提案ができるものと期待される。(著者抄録)

    researchmap

  • 一歩前へ踏みだす バージニア州立大学短期留学を通して

    土田 純子, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌77 ( 3 ) 713 - 713   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • [A Case of Minimally Invasive Apocrine Carcinoma Derived from Ductal Adenoma]. 査読

    Moro K, Koyama Y, Nagahashi M, Hasegawa M, Toshikawa C, Tsuchida J, Hanyu T, Ishikawa T, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Kato T, Watanabe G, Ajioka Y, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy43 ( 2 ) 235 - 237   2016年2月

     詳細を見る

  • 乳管腺腫を背景に発生した微小浸潤アポクリン癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 羽入 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 加藤 卓, 渡辺 玄, 味岡 洋一, 若井 俊文

    癌と化学療法43 ( 2 ) 235 - 237   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は63歳、女性。検診で右乳房腫瘤を指摘され、当科を受診した。精査で非浸潤性乳管癌と診断され、右乳房部分切除術、センチネルリンパ節生検を施行した。術後病理組織学的検査では診断に苦慮したが、最終的に乳管腺腫を背景に発生した微小浸潤アポクリン癌と診断した。乳管腺腫とアポクリン癌の鑑別は難しく病理診断上しばしば問題となる。本症例のように乳管腺腫を背景としてアポクリン癌を合併することもあり、良悪性の判別には注意を要する。乳管腺腫とアポクリン癌の鑑別が困難な場合は診断を兼ねた完全切除が望ましいと考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 癌における脂質メディエーター・スフィンゴシン-1-リン酸の働き

    永橋 昌幸

    新潟県医師会報 ( 789 ) 2 - 8   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県医師会  

    エイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸が炎症を抑える「抗炎症性脂質メディエーター」であるのに対し、スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)は、炎症を促進する「炎症性脂質メディエーター」であり、炎症や癌を悪化させる働きがある。癌の病理学的研究とリンパ行性転移、S1Pのリンパ行性転移における働き、S1P輸送体とリンパ管ネットワーク形成、炎症性発癌とS1P、S1Pと脂質代謝、今後の展望について述べた。

    researchmap

  • [Repeated Pancreatic Resections with Parenchymal Preservation for Pancreatic Metastases of Renal Cell Carcinoma--Report of a Case]. 査読

    Ishikawa H, Sakata J, Soma D, Yuza K, Ando T, Hirose Y, Miura K, Tatsuda K, Ohashi T, Takizawa K, Nagahashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 2254 - 2255   2015年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Long-Term Survival Following Metastasectomies of Liver Metastasis, Lung Metastasis, and Peritoneal Dissemination of Cecal Cancer]. 査読

    Yamamoto J, Nakano M, Shimada Y, Kameyama H, Yamada S, Yagi R, Tatsuda K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 1597 - 1599   2015年11月

     詳細を見る

  • [Signet-Ring Cell Carcinoma of the Ampulla of Vater--Report of a Case]. 査読

    Yuza K, Sakata J, Soma D, Ando T, Hirose Y, Ishikawa H, Miura K, Tatsuda K, Ohashi T, Takizawa K, Nagahashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 1767 - 1769   2015年11月

     詳細を見る

  • [Locally Advanced Breast Cancer Treated with Halsted's Operation Because of Drug-Induced Lung Injury Caused by Neoadjuvant Chemotherapy--A Case Report]. 査読

    Moro K, Nagahashi M, Tsuchida J, Tatsuda K, Toshikawa C, Hasegawa M, Ishikawa T, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Koyama Y, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 1803 - 1805   2015年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Radical Resection for Locally Advanced Pancreatic Cancer with Positive Peritoneal Cytology Treated with Chemoradiotherapy]. 査読

    Sato R, Takizawa K, Yuza K, Soma D, Hirose Y, Morimoto Y, Miura K, Nagahashi M, Takano K, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 2385 - 2387   2015年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Solitary Paraaortic Lymph Node Recurrence after Surgical Resection for Combined Hepatocellular and Cholangiocarcinoma]. 査読

    Hirose Y, Sakata J, Yuza K, Soma D, Sudo N, Ishikawa H, Tatsuda K, Miura K, Takizawa K, Takano K, Nagahashi M, Kobayashi T, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy42 ( 12 ) 1860 - 1862   2015年11月

     詳細を見る

  • Pagetoid spreadを契機に発見された直腸癌術後局所再発の1例

    岩城 孝和, 亀山 仁史, 中野 雅人, 山田 沙季, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 島田 能史, 小山 諭, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 11 ) 692 - 698   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は80歳女性。前医で下部直腸癌に対し経肛門的局所切除術が施行された。局所切除後2年1ヵ月目に、外陰部から肛門にかけてそう痒を伴う紅色扁平隆起性病変が明らかとなった。生検でPaget細胞が認められた。乳房外Paget病は、皮膚原発の一次性乳房外Paget病と二次性乳房外Paget病に分類され、鑑別診断には免疫組織化学染色が有用である。本症例では、免疫組織化学染色でGCDFP-15陰性、CK20陽性、CK7陰性であり、Pagetoid spreadを伴う直腸癌局所再発と診断した。CT検査で所属リンパ節および遠隔転移を認めなかった。外陰部腟合併切除を伴う腹会陰式直腸切断術を行うことで、治癒切除となった。直腸癌局所切除後のPagetoid spreadを伴う再発形式は稀であるが、Paget細胞遺残の可能性を考慮し、外来通院時の肛門皮膚観察に注意すべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 腎癌膵転移に対して膵を温存しつつ三度の膵切除を実施した1例

    石川 博補, 坂田 純, 相馬 大輝, 油座 築, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法42 ( 12 ) 2254 - 2255   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は51歳、男性。右腎淡明細胞癌に対して右腎摘出術を施行した。術後6ヵ月目に膵尾部に単発の転移巣を認め、尾側膵切除術、脾摘出術を施行した。初回手術から1年6ヵ月目に膵頭部に単発の転移巣を認め、腫瘍の核出術を施行した。さらに、初回手術から3年10ヵ月目の今回、残膵体部に転移巣を認め、膵頭部を温存して残膵の尾側膵切除術を施行した。初回手術から4年が経過し、癌遺残なく生存中である。(著者抄録)

    researchmap

  • 十二指腸乳頭部原発印環細胞癌の1例

    油座 築, 坂田 純, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法42 ( 12 ) 1767 - 1769   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は62歳、男性。閉塞性黄疸に伴う全身そう痒感を主訴に当院を受診した。精査の結果、十二指腸乳頭部癌の診断となり、幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行された。病理組織学的検査で印環細胞癌と診断された。リンパ節転移は認められなかった。術後補助化学療法を施行せず経過観察されていたが、術後38ヵ月目にイレウスを発症し、癒着剥離術、回腸部分切除術を施行された。病理組織学的検査では切除回腸の狭窄部に印環細胞癌を認め、腹膜播種再発と診断された。化学療法としてS-1隔日投与を開始し、14ヵ月間、腹膜播種増悪によるイレウスを発症するまで継続した。術後58ヵ月で原病死となった。(著者抄録)

    researchmap

  • 大腸癌肝転移、肺転移、腹膜播種の転移巣切除後長期生存した1例

    山本 潤, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 山田 沙季, 八木 亮磨, 辰田 久美子, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法42 ( 12 ) 1597 - 1599   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は73歳、女性。2003年6月に盲腸癌に対して結腸右半切除、D3リンパ節郭清を施行した。術中所見で原発巣近傍に腹膜播種を認めたが、同部の合併切除を行うことでR0切除となった。術後補助化学療法は行わなかった。外来で経過観察していたが、2004年12月、左肺上葉単発の肺転移に対し左肺上葉部分切除を施行した。2007年6月、肝S3単発の肝転移に対し肝外側区域切除を施行した。原発巣切除後11年9ヵ月、肝外側区域切除後7年9ヵ月が経過し、現在無再発生存中である。複数臓器へ異時性に転移再発を来した場合でも、癌の遺残なく切除を行うことで長期生存が得られる場合がある。全身状態が良好でR0切除が可能であれば、積極的に転移巣切除を考慮すべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 化学放射線療法にて根治切除し得た局所進行切除不能膵癌の1例

    佐藤 良平, 滝沢 一泰, 油座 築, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法42 ( 12 ) 2385 - 2387   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は54歳、女性。閉塞性黄疸で発症し、上腸間膜動脈(SMA)浸潤および十二指腸狭窄を伴う局所進行切除不能膵頭部癌と診断された。胆道および消化管バイパス術を施行したが、開腹所見では腹膜播種は認めないものの、腹腔内洗浄細胞診(CY)は陽性であった。術後にgemcitabineおよびS-1による化学療法を6コース施行した。SMA周囲の軟部影は若干縮小したが残存し、CTでのRECISTによる効果判定はSDであった。adjuvant surgeryの適応を判断するため、審査腹腔鏡を施行した。遠隔転移は認めず、CYは陰性であった。化学放射線療法を追加した後に膵頭十二指腸切除術を行った。病理所見では腫瘍部の約60%は線維化組織に置き換わり、SMA周囲神経叢浸潤は認めなかった。根治術後17ヵ月経過し、無再発生存中である。切除不能膵癌であっても、化学療法が奏効した場合は切除へのconversionが可能となることがある。(著者抄録)

    researchmap

  • 混合型肝癌術後に孤立性大動脈周囲リンパ節再発を来した1例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 油座 築, 相馬 大輝, 須藤 翔, 石川 博補, 辰田 久美子, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 永橋 昌幸, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法42 ( 12 ) 1860 - 1862   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は46歳、女性。混合型肝癌に対し肝右葉切除術、胆嚢摘出術、肝門部リンパ節のサンプリングを施行した。術後にS-1内服を開始したが、血清CEA値は経時的に漸増した。術後12ヵ月目のPET-CT検査で孤立性の大動脈周囲リンパ節再発と診断され、大動脈周囲リンパ節郭清を施行した。組織学的にリンパ節再発巣は肝細胞癌成分で構成されていた。術後にソラフェニブ内服を開始した。肝切除後17ヵ月が経過し、生存中である。混合型肝癌の孤立性大動脈周囲リンパ節転移再発に対しては、特にリンパ節転移個数が少数であれば外科切除を含む集学的治療により予後改善が期待される。(著者抄録)

    researchmap

  • 術前化学療法による薬剤性肺障害のためハルステッド手術を選択した局所進行乳癌の1例

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法42 ( 12 ) 1803 - 1805   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は64歳、女性。左乳房腫瘤を自覚し当科を受診した。精査の結果、左乳癌cT4bN3(左腋窩、胸筋間、左鎖骨上リンパ節転移陽性)、M0、cStage IIIcと診断され、針生検診断は浸潤性乳管癌、サブタイプはトリプルネガティブであった。術前化学療法としてadriamycin+cyclophosphamide(AC)療法4コースを施行したが、grade 2の薬剤性肺障害が出現したため継続を断念した。遠隔転移を認めなかったことから、局所制御に重点を置いた治療方針の下、ハルステッド手術、術後放射線療法を施行した。9ヵ月経過した現在も再発を認めていない。化学療法有害事象発生例においては、患者の状態に合わせ施行可能な治療法を選択することが重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 卵巣転移によりpseudo-Meigs症候群を呈したS状結腸癌の1切除例

    酒井 剛, 田島 陽介, 島田 能史, 八木 亮磨, 八木 寛, 細井 愛, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 1049 - 1049   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.76.1505

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移と腫瘍浸潤径の関連

    小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 永橋 昌幸, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 808 - 808   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科におけるセンチネルリンパ節生検、色素法単独と色存・RI併用法の再検討

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 807 - 807   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 急性膵炎を繰り返し発症した後に診断に至った分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍の1切除例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 相馬 大輝, 須藤 翔, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 897 - 897   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植後に発症した自己免疫性肝炎の一例

    相馬 大輝, 三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 油座 築, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 堅田 朋大, 大橋 拓, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 886 - 886   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 高齢GIST患者のイマチニブ耐性肝転移に対する肝動脈塞栓療法(TAE)の経験

    宗岡 悠介, 市川 寛, 石川 卓, 高野 徹, 臼井 賢司, 佐藤 優, 角田 知行, 田中 亮, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 636 - 636   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 浸潤性膵管癌根治切除後再発に対する再切除例の検討

    滝沢 一泰, 高野 可赴, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 須藤 翔, 三浦 宏平, 大橋 拓, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文, 小杉 伸一

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 1082 - 1082   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡補助下噴門側胃切除後早期に内ヘルニアを生じた1例

    松本 瑛生, 羽入 隆晃, 石川 卓, 酒井 剛, 宗岡 悠介, 臼井 賢司, 市川 寛, 田中 亮, 角田 知行, 小杉 伸一, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 932 - 932   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • マンモグラフィ検診開始年齢に関する検討 日米比較より

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 907 - 907   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • サイトメガロウイルス感染による直腸潰瘍の1例

    諸 和樹, 島田 能文, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 増刊 ) 1053 - 1053   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.76.1053

    researchmap

  • 肝がん細胞株におけるオーロラキナーゼ阻害剤・ソラフェニブ併用療法の解析

    大澤 まみ, 松田 康伸, 若井 俊文, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 藤巻 隼, 窪田 正幸

    新潟大学保健学雑誌12 ( 1 ) 57 - 63   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学医学部保健学科  

    【目的】肝細胞癌(肝がん)は、化学療法の効果が乏しい予後不良な悪性疾患である。本研究では、新規の分子標的薬オーロラキナーゼ阻害剤の肝がんに対する作用機序を解析した。【方法】肝がん細胞株HepG2にオーロラキナーゼ阻害剤AZD1152を添加し、細胞シグナルをウエスタン・ブロットで解析した。また分子標的薬ソラフェニブをAZD1152と併用して、アポトーシス誘導率や細胞増殖を観察した。【結果】AZD1152単剤は、がん細胞の増殖は抑制するものの、細胞殺傷効果は認められなかった。AZD1152添加後のがん細胞では、ストレスキナーゼERKが著明に活性化しており、ERK阻害剤やソラフェニブを併用するとアポトーシス細胞数がAZD1152単剤に比べ約20倍に増加した(p<0.01)。【総括】AZD1152は肝がんに対する殺傷効果が極めて弱く、ERK活性化がその原因であることが示唆された。ソラフェニブはERK阻害作用を有しており、有意にオーロラキナーゼ阻害剤の効果を増強した。(著者抄録)

    researchmap

  • 保存的に軽快した鈍的外傷による甲状腺血腫の一例

    小山 諭, 永橋 昌幸, 辰田 久美子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌32 ( Suppl.2 ) S276 - S276   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • ケア がん医療地域連携の発展 がん診療連携パス適応外症例における地域連携推進チームでの取り組み

    長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 三保 美枝子, 神田 峰加, 塚本 友香里, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 池 睦美, 若井 俊文

    日本癌治療学会誌50 ( 3 ) 2734 - 2734   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 乳腺 乳がんトランスレーショナル・リサーチ ABCC11はスフィンゴシン1リン酸(S1P)を輸送し乳癌の増殖に寄与する

    山田 顕光, 永橋 昌幸, 青柳 智義, 青木 寛明, 足立 祥子, 喜多 久美子, 菅江 貞亨, 成井 一隆, 市川 靖史, 石川 孝, 高部 和明, 遠藤 格

    日本癌治療学会誌50 ( 3 ) 259 - 259   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌における胆道癌取扱い規約第6版の検証 pN分類を中心に

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道29 ( 3 ) 558 - 558   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • 胆道疾患と脂質代謝異常 診断と治療を含めて 胆汁酸はスフィンゴシン-1-リン酸シグナル伝達系を介して肝臓における脂質代謝を調節している

    永橋 昌幸, 廣瀬 雄己, 若井 俊文

    胆道29 ( 3 ) 412 - 412   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • 【リンパ節郭清up-to-date】 胆嚢癌

    坂田 純, 田島 陽介, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 三浦 宏平, 丸山 智宏, 大橋 拓, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    消化器外科38 ( 9 ) 1313 - 1321   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • A case of pneumatosis cystoides intestinalis secondary to gefitinib therapy for lung adenocarcinoma 査読

    Takuya Ando, Jun Sakata, Tomohiro Maruyama, Yuki Hirose, Yasuyuki Okabe, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Takashi Ishikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Yu Koyama, Aya Ohtsubo, Satoshi Watanabe, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy42 ( 7 ) 847 - 849   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    Pneumatosis cystoides intestinalis (PCI) is a relatively rare condition, characterized by subserosal or submucosal air within the bowel wall. Herein, we report a rare case of PCI secondary to treatment with an epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor (EGFR-TKI). A 71-year-old man, who had received gefitinib therapy for 2 years and 5 months for lung adenocarcinoma with metastases to the bones and brain, presented with abdominal pain, diarrhea, and vomiting. Computed tomography of the abdomen revealed intramural air in the small bowel, free air in the abdomen, and moderate ascites. A diagnosis of PCI was made, and the patient was managed conservatively by discontinuing gefitinib treatment, because his vital signs were stable and there was no sign of peritonitis. The patient's symptoms gradually improved, and follow-up CT after 1 week revealed that the initial findings had almost completely resolved. Clinicians should note that treatment with gefitinib might cause PCI.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 膵内副脾に生じた類上皮嚢胞の1例

    諸 和樹, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 7 ) 401 - 407   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は35歳男性。検診腹部エコーで脾門部に2cm大の腫瘤を指摘された。2年後検診で腫瘤の増大傾向を認め、腹部造影CT検査で膵尾部に44mm大の多房性分葉状腫瘤を認めた。血算・生化学・凝固系、腫瘍マーカー、各種ホルモン値は正常範囲内であった。SPIO造影MRIを施行したが、腫瘍より尾側におけるT2強調画像信号低下を確認したのみで、確定診断を下すことができなかった。腹腔鏡下膵尾部切除を施行し、術後病理診断で膵内副脾に生じた類上皮嚢胞と診断された。診断に苦渋した1例を報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 胆嚢癌に対する拡大肝右葉切除の意義

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 皆川 昌広, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会70回   P - 24   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 海外で学ぶことの意義 東北がんプロジェクト支援による米国短期留学を通して

    永橋 昌幸, 土田 純子, 若井 俊文, 西條 康夫

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 7 ) 1810 - 1810   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • フィンゴリモドは乳癌細胞株でタモキシフェンとの相乗効果を認めた

    青柳 智義, 山田 顕光, 永橋 昌幸, 宮澤 幸正, 白鳥 亨, 松原 久裕, スピゲル・サラ, 高部 和明

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集23回   534 - 534   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳房切除後疼痛症候群に対する胸筋ブロック(PECSB)の有効性の検討 前向き二重盲検無作為化比較試験

    長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 辰田 久美子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集23回   304 - 304   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 肺腺癌に対するGefitinib投与中に発症した腸管嚢腫様気腫症の1例

    安藤 拓也, 坂田 純, 丸山 智宏, 廣瀬 雄己, 岡部 康之, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 大坪 亜矢, 渡部 聡, 若井 俊文

    癌と化学療法42 ( 7 ) 847 - 849   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は71歳、男性。骨転移、脳転移を伴う肺腺癌に対して、2年5ヵ月前よりgefitinib(250mg/日)を連日投与され、安定(stable disease:SD)を維持中に腹痛、下痢、嘔吐を発症した。腹部骨盤造影CT検査を施行すると小腸壁内ガス像、腹腔内遊離ガス像、中等量の腹水を認め、腸管嚢腫様気腫症(pneumatosis cystoides intestinalis:PCI)の診断となった。バイタルサインが安定し、腹部理学所見で腹膜炎を疑う所見がみられなかったため、gefitinibを休薬して保存的に治療を開始した。自覚症状は徐々に改善し、治療開始7日後の腹部骨盤造影CT検査では画像所見も著明に改善した。(著者抄録)

    researchmap

  • 術後に傍腫瘍性神経症候群が強く疑われた乳癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集23回   746 - 746   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • MRIで発見された乳癌骨梁間型骨転移の1例

    土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌76 ( 7 ) 1809 - 1810   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 高齢者Triple negative乳癌の治療 若年者との比較

    小山 諭, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集23回   449 - 449   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • がん微小環境中にはスフィンゴシン-1リン酸(S1P)が高濃度で存在する

    永橋 昌幸, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 山田 顕光, 青柳 智義, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集23回   312 - 312   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 手術により精神症状の著明な改善を認めた傍腫瘍性神経症候群合併乳癌の一例

    日紫喜 万理子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集23回   738 - 738   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 超音波検査で描出困難な乳腺石灰化病変に対し、切除標本マンモグラフィーが有用であった1例

    土田 純子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 諸 和樹, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 6 ) 331 - 336   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    近年、マンモグラフィー検診の普及に伴い、非触知乳癌の発見率が上昇してきている。非触知乳癌の中には、石灰化病変のみで発見される非浸潤性乳管癌(Ductal carcinoma in situ:DCIS)も多く含まれるが、石灰化病変を超音波検査で描出することは困難なことがあり、手術に際し切除範囲の設定には苦慮することも多い。臨床上、実際に十分切除できているのか否かを術中に判断することは、その後の局所再発を防ぐ上で極めて重要である。今回、石灰化病変のみで発見された乳癌症例に対し、術中に切除標本のマンモグラフィーを撮影し、石灰化病変が切除できていることを確認できた症例を経験した。症例は51歳、女性。検診マンモグラフィーで右乳房の石灰化を指摘され、ステレオガイド下マンモトーム生検を施行し乳癌と診断された。超音波検査では石灰化病変の描出は困難であったが、マンモトーム生検時に留置したクリップ部位をマーキングし、乳房温存手術を施行した。術中に切除標本マンモグラフィーを施行し、ターゲットとした石灰化病変が切除できていることを確認して手術を終了した。術後病理診断でも術前に予測した石灰化病変が完全に切除できていることを確認できた。切除標本マンモグラフィーは、簡便に石灰化病変の切除範囲の確認が可能な方法として有用であり、文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 乳癌手術における胸筋神経ブロックの有用性 食事摂取と鎮痛の面から

    小山 諭, 紙谷 義孝, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 馬場 洋, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養49 ( 3 ) 174 - 174   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 骨転移で判明した甲状腺濾胞癌の1例

    岩城 孝和, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 諸 和樹, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 6 ) 326 - 330   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術施行後に濾胞腺腫と診断され、その3年後に骨転移が出現し、初回の摘出腫瘍が濾胞癌であったことが判明した1例を経験したので報告する。症例は61歳、男性。他院で甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術が施行され、術中迅速診断および永久病理診断で腺腫と診断されていた。しかし、術後3年目頃から腰痛・下肢痛が出現、その後、下肢麻痺を認めたため当院整形外科で第5腰椎切除が行われ、術後病理診断では甲状腺濾胞癌の骨転移の診断であった。経過から初回甲状腺腫瘍が濾胞癌であったと考えられた。甲状腺濾胞癌は細胞異型がほとんど認められないため術前細胞診での診断は困難とされている。濾胞腺腫を疑った場合でもサイログロブリン高値等の場合は濾胞癌の可能性を考慮して治療やフォローアップを行っていく必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 門脈圧亢進症を伴う脾機能亢進症に対する用手補助腹腔鏡下脾臓摘出の一例

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 油座 築, 安藤 拓也, 大橋 拓, 齋藤 敬太, 堅田 朋大, 須藤 翔, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 皆川 昌広, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集27回   628 - 628   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝胆膵外科学会  

    researchmap

  • 潜在性胆嚢癌に対する根治的2期切除の手術成績

    坂田 純, 相馬 大輝, 油座 築, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文

    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集27回   465 - 465   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝胆膵外科学会  

    researchmap

  • 胸骨縦切開を追加して切除し得た無症候性進行甲状腺癌の1例

    庭野 稔之, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 若井 俊文, 小池 輝元, 橋本 毅久, 土田 正則

    新潟医学会雑誌129 ( 5 ) 281 - 286   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    甲状腺癌のうち乳頭癌(papillary carcinoma)の頻度は90%と大部分を占め、頸部リンパ節転移の頻度が高く、高齢者では未分化癌に転化することもある。今回、結腸癌術後の全身検索で発見され、胸骨縦切開を追加して切除可能であった無症候性進行甲状腺癌の1例を経験したので文献的考察を加えて報告する。症例は76歳、女性。上行結腸癌手術後7年目にCA19-9値の上昇傾向を指摘され、CT検査では上縦隔へ進展した7cm大の甲状腺腫瘤と1.5cm大の右頸部リンパ節腫大を認めた。穿刺吸引細胞診ではclass IIIであったが甲状腺癌が強く疑われたため、手術目的に当科入院となった。術前の頸部CTおよびMRI検査では、甲状腺腫瘍は上縦隔まで進展していたが、明らかな血管への浸潤所見は認めず、気管支鏡検査では明らかな気管浸潤は認めなかった。手術を施行し、右頸部リンパ節を摘出し術中迅速病理診断に提出したところ乳頭癌の診断が得られたため、甲状腺全摘術および頸部リンパ節郭清の方針となった。術中所見では、上縦隔内の無名静脈および右頸動脈への浸潤が疑われ、切除可能か否かの判定が困難であった。視野を確保し、血管等への浸潤の有無を判定するために胸骨縦切開を追加した。その結果、良好な視野が得られ、無名静脈、右左総頸動脈への直接浸潤を認めず、腫瘍の切離が可能となり、甲状腺全摘術および頸部リンパ節郭清を施行した。甲状腺癌、特に乳頭癌は10年生存率が80〜90%と良好であり、また、放置した場合に気管浸潤、血管浸潤を伴うと、生命予後のみならず、患者QOLも著しく損なわれるので、可能であるならば積極的に切除を行うことが望ましい。(著者抄録)

    researchmap

  • PTBD瘻孔部に癌着床を認め術後腹壁再発をきたした下部胆管癌の1例

    須藤 翔, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 齋藤 敬太, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文

    胆道29 ( 2 ) 247 - 253   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    症例は79歳、男性。尿濃染を自覚し、血液検査にて黄疸と肝機能障害を指摘された。画像検査所見から下部胆管癌による閉塞性黄疸と診断され、PTBDが施行された。黄疸改善後、膵頭十二指腸切除、PTBD瘻孔部同時切除が施行された。病理組織学的検査では、PTBD瘻孔部に胆管癌着床を認め、術後補助化学療法としてS-1単独療法を施行された。術後18ヵ月目に、瘻孔切除部近傍の腹壁に腫瘤を認め、穿刺細胞診にてClass Vと判定された。胆管癌の腹壁再発と診断され、Gemcitabine(GEM)+S-1療法を施行された。術後24ヵ月目に肝再発を指摘され、その後再発巣が増大傾向を示したため、肝動脈化学塞栓療法および腹壁再発巣に対する放射線療法を施行された。術後32ヵ月経過し、現在、全身状態良好で外来経過観察中である。PTBD瘻孔部に癌着床を認めた場合、異時性の腹膜播種性再発に関して慎重な経過観察を行う必要がある。(著者抄録)

    DOI: 10.11210/tando.29.247

    researchmap

  • 肝胆膵 非アルコール性脂肪肝疾患関連肝細胞癌における肝切除の術後成績およびp27発現の臨床的意義

    廣瀬 雄己, 松田 康伸, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   YIA - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 胆嚢癌に対するリンパ節郭清 リンパ節転移部位からみた郭清範囲と術後遠隔成績

    坂田 純, 若井 俊文, 小林 隆, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 佐藤 良平, 森本 悠太郎, 岡部 康之, 相馬 大輝, 油座 築, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 152   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 pT1b胆嚢癌に対する至適術式の検討 胆嚢摘出術と根治切除との比較

    丸山 智宏, 坂田 純, 大橋 拓, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 152   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 肝内胆管癌におけるNAD(P)H:quinine oxidoreductase-1発現に関する臨床病理学的検討

    須藤 翔, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 165   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 胆嚢癌におけるTNM分類 胆道癌取扱い規約第6版の妥当性の検証

    油座 築, 坂田 純, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 153   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 初発消化管間質腫瘍の手術成績

    石川 卓, 市川 寛, 羽入 隆晃, 日紫喜 万理子, 田中 花菜, 加納 陽介, 平島 浩太郎, 番場 竹生, 小杉 伸一, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 121   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 高齢者HER2陽性乳癌の治療 若年者との比較

    諸 和樹, 小山 諭, 土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 114   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 成人生体肝移植における免疫抑制剤完全離脱症例の検討

    三浦 宏平, 小林 隆, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 163   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 肝内胆管癌における上皮-間葉移行の臨床的意義

    森本 悠太, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 佐藤 良平, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 151   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術 従来式vs単孔式 肝胆膵 従来式

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   DB - 12   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 潰瘍性大腸炎に合併した下部直腸の癌およびdysplasiaに対する外科治療

    島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 177   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 E-PASS scoring systemにおける高齢者胃癌手術の検討

    田中 花菜, 平島 浩太郎, 小杉 伸一, 石川 卓, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 040   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 進行性胆嚢癌に対する根治的切除術の長期転帰(Long-term outcomes of radical resection for advanced gallbladder carcinoma)

    若井 俊文, 坂田 純, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 油座 築, 須藤 翔, 堅田 朋大, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   IS - 3   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 胸部食道癌cT3sT4症例の治療成績

    番場 竹生, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 市川 寛, 加納 陽介, 田中 花菜, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 036   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 通常型膵癌における予後因子としての簇出と再発部位の検討

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 060   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 肥満はスフィンゴシン-1-リン酸を癌微小環境において増加させる

    永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 045   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 膵空腸吻合におけるBlumgart変法の膵液瘻予防因子

    皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 佐藤 良平, 仲野 哲矢, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 065   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 進行再発大腸癌におけるNQO1発現の臨床的意義

    亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 佐藤 洋, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 002   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 膵頭十二指腸切除術後における膵外分泌機能とCT画像所見との相関性

    佐藤 良平, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 056   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 CY1胃腺癌症例における胃切除例の検討

    加納 陽介, 小杉 伸一, 石川 卓, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 市川 寛, 田中 花菜, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 042   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 NCDデータによる食道切除術後死亡リスクモデルを用いた施設間比較 その実践と問題点

    日紫喜 万理子, 小杉 伸一, 市川 寛, 中川 悟, 石川 卓, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 加納 陽介, 田中 花菜, 皆川 昌広, 小林 隆, 亀山 仁史, 坂田 純, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 216   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 Sphingosine-1-phosphate受容体アンタゴニストFingolimodは、大腸癌腹膜播種で5FUとの相乗効果を認めた

    青柳 智義, 山田 顕光, 永橋 昌幸, 宮澤 幸正, 河野 世章, 松原 久裕, Sarah Spiegel, 高部 和明

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 202   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 大腸癌における肉眼的リンパ節転移診断の意義

    田島 陽介, 島田 能史, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 広瀬 雄己, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 201   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移の危険因子

    小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 229   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 E-PASS scoring systemによる胃切除術の検討

    平島 浩太郎, 小杉 伸一, 石川 卓, 田中 花菜, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 222   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 当科でのCrohn's Diseaseに合併した痔瘻癌についての検討

    山田 沙季, 亀山 仁史, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   RS - 2   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 当院における劇症肝炎症例に対する生体肝移植の経験

    相馬 大輝, 小林 隆, 三浦 宏平, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   RS - 16   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 直腸癌の側方領域におけるリンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣の臨床的意義

    八木 亮磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 田島 陽介, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 瀧井 康公, 川崎 隆

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 200   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 炎症性腸疾患の長期経過例におけるサーベイランスの臨床的意義

    安藤 拓也, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 189   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 複数臓器への遠隔転移を来した大腸癌に対する外科的治療の長期成績 Prognostic nutritional indexは予後予測因子として有用か

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 295   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 再発胆道癌に対する外科切除の適応と意義

    齋藤 敬太, 坂田 純, 丸山 智宏, 堅田 朋広, 須藤 翔, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 281   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 肝内胆管癌におけるリボヌクレオチドリダクターゼM1発現と化学療法効果との関連

    堅田 朋大, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 282   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 食道癌術後の重篤な合併症は腫瘍学的予後不良因子である Clavien-Dindo分類による術後合併症重症度評価の臨床的意義

    市川 寛, 小杉 伸一, 石川 卓, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 加納 陽介, 田中 花菜, 日紫喜 万理子, 皆川 昌広, 小林 隆, 亀山 仁史, 坂田 純, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 212   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 基礎研究・移植再生 PgR高発現のER陽性HER2陰性乳癌は、タンパク質レベルで性質の違いがあるのか

    長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 石川 卓, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小林 隆, 坂田 純, 滝沢 一泰, 島田 能史, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 皆川 昌広, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集115回   OP - 239   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 劇症肝炎に対する脳死肝移植の1例

    相馬 大輝, 三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌129 ( 4 ) 216 - 220   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    今回、術前に敗血症を呈した亜急性型劇症肝炎に対し脳死肝移植を施行し救命し得た症例を経験したので文献的考察を加えて報告する。症例は62歳、男性。薬剤性亜急性型劇症肝炎として近医にて加療されるも改善なく、肝移植目的に当院に転院した。転院4日目に脳症の増悪を認め緊急生体肝移植の方針となったが、カテーテル感染による敗血症性ショック、重度の呼吸不全、腎不全のため手術を延期し、保存的に加療を継続した。その後ショックから離脱し、血液培養の陰性化を確認した。転院10日目に脳死ドナーが発生したため脳死全肝移植を施行した。手術直前に採取した血液培養検査が陽性であったため結果的には菌血症状態での肝移植となった。術後早期より持続的血液濾過透析、エンドトキシン吸着療法を開始し、タクロリムス血中濃度を低値に抑えることで全身状態は比較的速やかに改善した。その後重篤な合併症なく第10病日にICU退室した。術前に敗血症を呈した症例に対する肝移植の成績は極めて不良であるが、術後の集中管理により救命し得たので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 【わかりやすい消化器癌治療のコンセンサス】 胆道癌の診断と治療 胆道癌の外科治療 胆嚢癌の外科治療

    坂田 純, 若井 俊文, 皆川 昌広, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 小杉 伸一

    消化器外科38 ( 5 ) 782 - 786   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 【胆道癌外科切除 再発防止のストラテジー】 術中戦略 リンパ節郭清範囲 胆嚢癌

    坂田 純, 若井 俊文, 皆川 昌広, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭

    臨床外科70 ( 1 ) 68 - 72   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>胆嚢癌に対する至適リンパ節郭清範囲は,胆道癌取扱い規約第6版の定める領域リンパ節である.この領域リンパ節をen blocに郭清することが進行胆嚢癌の手術成績向上の鍵である.膵頭十二指腸切除は,膵頭周囲リンパ節転移陽性胆嚢癌の予後を改善する可能性がある.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407210613

    researchmap

  • 【進展度に応じた胆嚢癌の治療戦略】 リンパ節転移からみた胆嚢癌の治療成績

    坂田 純, 若井 俊文, 皆川 昌広, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭

    胆と膵36 ( 1 ) 55 - 59   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    当科における局所進展度pT2以上の胆嚢癌145例のリンパ節転移からみた手術成績を呈示し、胆嚢癌の至適リンパ節郭清範囲について概説した。145例のリンパ節郭清範囲は、領域リンパ節が116例、領域リンパ節+膵頭周囲リンパ節(膵頭十二指腸切除併施)が29例であった。癌遺残の無いR0手術が実施された123例で解析すると、リンパ節転移陰性57例、リンパ節転移陽性66例の5年生存率は、おのおの75%、43%であった(P<0.001)。リンパ節転移陽性で5年生存したのは24例で、そのうちリンパ節転移個数が4個以上であった4例中3例で膵頭周囲リンパ節転移に対して膵頭十二指腸切除が併施されていた。胆嚢癌の至適リンパ節郭清範囲は領域リンパ節であり、領域リンパ節郭清によりリンパ節転移陽性の長期生存例を得ることができ、胆嚢癌の手術成績は向上する。膵頭十二指腸切除は膵頭周囲リンパ節転移陽性例の予後を改善する可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 消化器外科手術アトラス 胆嚢癌に対する拡大根治的胆嚢摘出術(Glenn手術変法)

    若井 俊文, 坂田 純, 田島 陽介, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭

    消化器外科37 ( 13 ) 1885 - 1894   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 骨転移で判明した甲状腺濾胞癌の1例

    岩城 孝和, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 12 ) 3398 - 3398   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.75.3398

    researchmap

  • USで描出困難な石灰化病変に対し、切除標本ラジオグラフィが有用であった1例

    土田 純子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 12 ) 3398 - 3398   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.75.3398

    researchmap

  • 胸骨縦切開を追加して切除し得た無症候性進行甲状腺癌の1例

    庭野 稔之, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 12 ) 3398 - 3398   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.75.3398

    researchmap

  • 胆管原発小細胞癌の1例

    相馬 大輝, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 550 - 550   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • メッケル憩室炎によるイレウスを来した腎移植後患者の1例

    田中 花菜, 石川 卓, 加納 陽介, 平島 浩太郎, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 番場 竹生, 島田 能史, 亀田 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 533 - 533   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 食道アカラシアに表在癌7病変を合併した1例

    阿部 馨, 番場 竹生, 小杉 伸一, 加納 陽介, 平島 浩太郎, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 796 - 796   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳管腺腫との鑑別に苦労した微小浸潤アポクリン癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 土田 純子, 羽生 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌弘, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 683 - 683   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肝転移で発症しカプセル内視鏡によって診断し得た小腸神経内分泌腫瘍の1例

    油座 築, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 安藤 拓也, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 673 - 673   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • ホルモン療法が奏功した肝硬変併存広範なDCISの1例

    土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 滝沢 一泰, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 794 - 794   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 骨形成を伴う胆嚢癌肉腫の1例

    庭野 稔之, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 島田 能史, 羽入 隆晃, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 705 - 705   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌術後多発リンパ節転移に対し、化学療法施行後に切除をし得た1例

    平島 浩太郎, 坂田 純, 三浦 宏平, 諸 和樹, 相馬 大輝, 番場 竹生, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 539 - 539   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.75.539

    researchmap

  • 大腸癌における壁内転移の臨床的意義

    山田 沙季, 島田 能史, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 羽入 隆晃, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 534 - 534   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 膵癌術後難治性リンパ瘻を外科的に治療しえた腎移植後患者の1例

    安藤 拓也, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 660 - 660   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 十二指腸潰瘍瘢痕狭窄に対する2手術例

    日紫喜 万理子, 石川 卓, 加納 陽介, 平島 浩太郎, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 番場 竹生, 島田 能史, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌75 ( 増刊 ) 516 - 516   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.75.516

    researchmap

  • 【いわゆる「早期胆嚢癌」に関する問題点を整理する】 早期胆嚢癌の病理

    永橋 昌幸, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 大橋 拓, 丸山 智宏, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文, 味岡 洋一

    胆と膵35 ( 9 ) 801 - 806   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    早期胆嚢癌317例を用いて、その肉眼的・組織学的特徴を検討した。肉眼型別頻度は、隆起型が37.2%(118例)で、表面型が62.8%(199例)であった。術前あるいは術中に胆嚢癌と診断し得た割合は、隆起型では78.8%(93/118)、表面型では24.6%(49/199)であり、表面型は術前・術中診断率が有意に低かった(P<0.001)。早期胆嚢癌317例中315例が腺癌で、そのうち91.5%(286/315)が乳頭腺癌あるいは高分化型管状腺癌であった。癌の局所進展度別頻度は、Tis(M)癌もしくはT1a(M)癌が85.8%(272例)、T1b(MP)癌が14.2%(45例)であった。リンパ管浸潤をT1b(MP)癌の1例で認めたが、静脈浸潤、神経浸潤、リンパ節転移は早期胆嚢癌317例全例で陰性であった。本稿では、胆嚢の前癌病変、初期癌病変を含む早期胆嚢癌に関する学術的用語について言及し、従来の研究成果を概括することにより、早期胆嚢癌の病理組織学的特徴を解説する。(著者抄録)

    researchmap

  • 活性化スフィンゴキナーゼ1とABC輸送体C1(ABCC1)が共発現する乳癌は予後不良である

    山田 顕光, 永橋 昌幸, 青柳 智義, 喜多 久美子, 成井 一隆, スピーゲル・サラ, 市川 靖史, 高部 和明, 石川 孝, 遠藤 格, 嶋田 和博, 菅江 貞亨

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集22回   245 - 245   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)は乳癌の血管新生・リンパ管新生を誘導する

    永橋 昌幸, 高部 和明, 山田 顕光, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集22回   323 - 323   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Fingolimodはマウス大腸癌腹膜播種において腫瘍発育を抑え予後を改善させた

    青柳 智義, 永橋 昌幸, 山田 顕光, 松原 久裕, 高部 和明

    日本消化器外科学会総会69回   P - 103   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 表層拡大進展を伴う広範囲胆管癌に対する術前評価と外科治療戦略

    若井 俊文, 永橋 昌幸, 市川 寛, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 皆川 昌広

    日本消化器外科学会総会69回   O - 101   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 脂質含有量が少ない成分栄養剤による食道癌術後早期経腸栄養の乳び胸水・腹水予防効果

    小山 諭, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 萬羽 尚子, 坂田 純, 皆川 昌広, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養48 ( 3 ) 87 - 87   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移陽性における非センチネルリンパ節転移と臨床病理学的因子

    小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本癌治療学会誌49 ( 3 ) 1044 - 1044   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • ABC輸送体C1(ABCC1)とスフィンゴキナーゼ1が共発現する乳癌は予後不良である

    山田 顕光, 永橋 昌幸, 青柳 智義, Milstien Sheldon, Spiegel Sarah, 高部 和明, 石川 孝, 遠藤 格

    日本外科学会雑誌115 ( 臨増2 ) 864 - 864   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆汁酸は肝細胞においてスフィンゴシン1リン酸2型受容体を介して細胞内情報伝達する

    永橋 昌幸, 高部 和明, 若井 俊文, 白井 良夫, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌113 ( 臨増2 ) 322 - 322   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 保存的治療で治癒した腸管気腫症を伴う門脈ガス血症の1例

    永橋 昌幸, 高橋 元子, 小野 一之, 岡本 春彦, 田宮 洋一, 畠山 勝義

    臨床外科66 ( 7 ) 991 - 993   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    症例は72歳,男性.Lewy小体型痴呆があり,寝たきり状態であった.嘔吐,腹部膨満を主訴に受診した.腹部に軽度の圧痛を認めたが,反跳痛や筋性防御は認めなかった.腹部X線検査で,上部小腸はガスが充満し著明に拡張しており,腸閉塞と診断された.腹部造影CT検査で,門脈ガス像と腸管気腫を認めた.上腸間膜動脈に,明らかな血栓を認めなかった.非閉塞性腸管虚血と診断した.腸管気腫は上部小腸に限局しており,全身状態も安定していたため,保存的に治療する方針とした.2病日には,排ガスとともに腹部膨満は消失し,X線上の小腸の拡張ガス像は改善した.5病日に再検したCTでは,門脈ガスおよび腸管気腫は消失していた.41病日に退院した.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407103655

    researchmap

  • 早期胆管癌の臨床病理学的特徴

    永橋 昌幸, 白井 良夫, 若井 俊文, 坂田 純, 味岡 洋一, 土屋 嘉昭, 野村 達也, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌112 ( 臨増1-2 ) 674 - 674   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆管癌根治切除後の胆管切離断端部遺残腫瘍におけるDNA damage responseと局所再発との関連

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌125 ( 4 ) 221 - 221   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 肝門部胆管癌 断端陰性を目指して 肝門部胆管癌術後の胆管切離断端部遺残腫瘍におけるDNA damage responseと予後との関連

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 井上 真, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会総会65回   65 - 65   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆管側浸潤Binfを呈するstage IV胆嚢癌の遠隔成績

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 井上 真, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集22回   360 - 360   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝胆膵外科学会  

    researchmap

  • 【一般外科医が知っておくべき胆道癌外科治療の現状】 進行胆嚢癌における術式選択

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 井上 真, 畠山 勝義

    外科治療102 ( 3 ) 232 - 238   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)永井書店  

    進行胆嚢癌に対する手術の基本は、「病巣所見に応じた術式選択」である。pT2・pT3癌に対してGlenn手術変法を基本とする治療方針はおおむね妥当であり、成績向上の鍵はリンパ節郭清である。pT4癌に対する拡大手術の実施は、癌遺残なく切除可能と判断される症例に限定されるべきである。肝内進展に対しては、肝切除範囲に拘わらず癌遺残のないR0手術を行うことが肝要であり、進行胆嚢癌に対する肝切除の基本術式は胆嚢床切除である。(著者抄録)

    researchmap

  • 【肝胆膵;難治がんに挑む-分子標的治療時代の到来】 胆道分野:外科的アプローチ 胆管側浸潤Binfを呈するstage IV胆嚢癌の治療戦略

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 井上 真, 畠山 勝義

    肝・胆・膵59 ( 5 ) 949 - 954   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

    researchmap

  • 術前診断にカプセル内視鏡、小腸内視鏡が有用であった小腸血管腫の1切除例

    高橋 元子, 岡本 春彦, 永橋 昌幸, 小野 一之, 田宮 洋一

    日本臨床外科学会雑誌70 ( 増刊 ) 565 - 565   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.70.565

    researchmap

  • 内視鏡治療で根治できず腸切除術を行った粘膜病変の検討

    岡本 春彦, 高橋 元子, 永橋 昌幸, 小野 一之, 田宮 洋一

    新潟医学会雑誌123 ( 9 ) 480 - 480   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 【胆嚢癌根治手術をめぐる諸問題】 [肝切除範囲] 胆嚢癌の肝内進展様式に基づく適切な肝切除範囲

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    臨床外科64 ( 8 ) 1085 - 1092   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    胆嚢癌の肝内進展には,直接浸潤,グリソン鞘浸潤,転移結節の3様式があり,切除例に限れば前2者が主要な様式である.肝内進展を伴う胆嚢癌42症例(自験例)の検討では,直接浸潤単独7例,グリソン鞘浸潤24例,転移結節11例であった.肝内直接浸潤単独の4例,グリソン鞘浸潤の4例が術後5年以上生存したが,転移結節では全例術後11ヵ月以内に原病死していた.さらに,5年生存した8例では癌遺残のない手術(R0手術)が行われていた.肝内進展様式(p<0.001),遺残腫瘍の有無(p<0.001)のみが独立予後規定因子であり,肝切除範囲(肝葉切除未満vs肝葉切除以上)は遠隔成績に影響を与えなかった(p=0.6700).肝内進展に対しては肝切除範囲にかかわらずR0手術を実施することが重要であり,胆嚢癌に対する肝切除の基本術式は肝切離マージンを確保した胆嚢床切除と考えられる.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407102658

    researchmap

  • 胆管癌根治切除後の胆管切離断端部遺残腫瘍におけるDNA damage responseと局所再発との関連

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    胆道23 ( 3 ) 470 - 470   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • 婦人科腫瘍に対して骨盤内臓全摘術を施行した6症例

    岡本 春彦, 高橋 元子, 永橋 昌幸, 小野 一之, 田宮 洋一, 児玉 省二

    新潟医学会雑誌123 ( 7 ) 379 - 380   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 胆管断端における癌遺残が肝外胆管癌根治術後の遠隔成績に与える影響

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌42 ( 7 ) 1176 - 1176   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 進行胆嚢癌の手術適応と成績 進行胆嚢癌に対する術式選択と遠隔成績

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集21回   170 - 170   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝胆膵外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌の肝浸潤様式の臨床病理学的検討

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 金子 和弘, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌123 ( 3 ) 142 - 142   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した胆嚢捻転症の3例

    永橋 昌幸, 廣田 正樹

    新潟県立病院医学会誌 ( 57 ) 37 - 42   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県立病院医学会  

    症例1(90歳女性)、症例2(92歳女性)、症例3(83歳女性)。3症例とも右下腹部痛を主訴とし、腹部CTまたは腹部エコーにて急性胆嚢炎と診断された。また、症例1および3は経皮経肝胆嚢ドレナージにて血性胆汁が認められ、総胆管は造影されなかった。いずれも緊急で腹腔鏡下胆嚢摘出術を行い、胆嚢捻転症と診断され、術後合併症はみられず、経過は良好であった。

    researchmap

  • 水平方向進展度診断は胆管癌術後の遠隔成績を向上するか?

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 金子 和弘, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌110 ( 臨増2 ) 761 - 761   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【いま,胆道鏡検査 PTCS・POCSを見直す】 胆管断端における癌遺残が胆管癌根治術後の遠隔成績に与える影響

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    肝胆膵画像10 ( 5 ) 399 - 404   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    胆管癌では,"胆管切離断端における癌遺残"は強い独立予後不良因子である.胆管断端の癌陽性には"浸潤癌陽性"と"上皮内癌陽性"とがあり,浸潤癌陽性例の術後遠隔成績は極めて不良(生存期間中央値21ヵ月;累積5年生存率0%)であった.一方,上皮内癌陽性例の遠隔成績は晩期局所再発のリスクはあるものの比較的良好(生存期間中央値99ヵ月;累積10年生存率23%)であり,胆管断端陰性例の遠隔成績(生存期間中央値45ヵ月;累積10年生存率40%)との間に有意差はみられなかった(P=0.4742).術中の迅速組織診断で胆管切離断端が癌陽性であった場合には,浸潤癌であるのか上皮内癌であるのかを鑑別することが重要である.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1428100072

    researchmap

  • 十二指腸癌に対して膵頭温存十二指腸全摘術を施行した家族性大腸腺腫症の1例

    永橋 昌幸, 土屋 嘉昭, 野村 達也, 梨本 篤, 藪崎 裕, 瀧井 康公, 中川 悟, 田中 乙雄, 加藤 俊幸, 太田 玉紀

    日本消化器外科学会雑誌41 ( 8 ) 1578 - 1583   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は60歳の男性で,家族歴として,一卵性双生児の兄が家族性大腸腺腫症で加療中である.1974年,家族性大腸腺腫症と診断され,結腸全摘術,回腸直腸吻合術を施行された.1991年,残存直腸の多発ポリープに対し残存直腸切除,回腸嚢肛門吻合術を施行された.2000年,多発胃癌に対し,幽門側胃切除術を施行,2002年,残胃癌に対し内視鏡的粘膜切除術,2006年,局所切除術を施行された.2007年3月,上部消化管内視鏡検査で食道胃接合部直下に0-IIa病変を認め,また十二指腸に密生する多発ポリープを認めた.いずれも生検で高分化腺癌と診断された.5月下旬,胃局所切除術,膵頭温存十二指腸全摘術を施行した.病理組織学的診断は,胃は高分化腺癌,十二指腸は高分化腺癌および腺腫の混在する病変で,いずれも粘膜内癌であった.術後,縫合不全,膵液瘻,胆汁瘻などの合併症なく順調に経過し,第11病日に退院した.(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.41.1578

    researchmap

  • 高度の門脈ガス像を呈した非閉塞性腸管梗塞(Non Occlusive Mesenteric Infarction)の1例

    永橋 昌幸, 牧野 成人, 岡本 春彦, 田宮 洋一

    新潟医学会雑誌122 ( 7 ) 386 - 386   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 仮性膵嚢胞に対する嚢胞胃吻合術後の嚢胞内感染に経鼻経胃嚢胞ドレナージが奏効した1例

    黒崎 亮, 若井 俊文, 白井 良夫, 永橋 昌幸, 坂田 純, 金子 和弘, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌41 ( 7 ) 1386 - 1386   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 無症状で発見された胆管内発育型粘液非産生巨大乳頭腺癌の1切除例

    永橋 昌幸, 佐藤 攻, 諸田 哲也

    日本消化器外科学会雑誌41 ( 7 ) 1343 - 1343   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 指導者が提示する標準手術手技 開胸・開腹手術 高度肝浸潤を有する胆嚢癌の根治手術(拡大肝右葉切除+肝外胆管切除+D2リンパ節郭清)

    白井 良夫, 若井 俊文, 金子 和弘, 坂田 純, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌41 ( 7 ) 1015 - 1015   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 消化器癌に対するリンパ節郭清の意義 適応と功罪 肝胆膵 胆道癌に対するリンパ節郭清の意義

    白井 良夫, 若井 俊文, 金子 和弘, 坂田 純, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌41 ( 7 ) 1007 - 1007   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 術後5年以上生存例からみた進行胆嚢癌治療の再評価 進行胆嚢癌の外科治療 術後5年以上生存例の解析に基づく再評価

    白井 良夫, 若井 俊文, 金子 和弘, 坂田 純, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌109 ( 臨増2 ) 166 - 166   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 早期胆管癌の定義:病巣所見および遠隔成績からの再考

    永橋 昌幸, 白井 良夫, 坂田 純, 若井 俊文, 野村 達也, 土屋 嘉昭, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌109 ( 臨増2 ) 467 - 467   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌の肝浸潤様式の臨床病理学的検討

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    日本消化器病学会雑誌105 ( 臨増総会 ) A268 - A268   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 嚢胞胃吻合術後の嚢胞内感染に経鼻経胃嚢胞ドレナージが奏効した膵嚢胞の1例

    井上 真, 若井 俊文, 白井 良夫, 黒崎 亮, 永橋 昌幸, 坂田 純, 金子 和弘, 畠山 勝義, 塩路 和彦, 成澤 林太郎

    日本消化器病学会雑誌105 ( 臨増総会 ) A271 - A271   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 肝細胞癌の局所療法後再発に対する肝切除の意義

    坂田 純, 白井 良夫, 若井 俊文, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌122 ( 2 ) 101 - 101   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 大腸癌肝転移における肝切離マージンの意義

    若井 俊文, 白井 良夫, Valera Vladimir A, 坂田 純, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, Pavel Korita, 丸山 聡, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 黒崎 功, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌122 ( 2 ) 101 - 101   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 紅皮症を伴ったGranulocyte-colony stimulating factor産生胆嚢癌の1切除例

    永橋 昌幸, 白井 良夫, 若井 俊文, 坂田 純, 若井 淳宏, 池田 義之, 畠山 勝義, 味岡 洋一, 齊藤 義之, 富山 武美

    新潟医学会雑誌122 ( 2 ) 104 - 104   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 高度の門脈ガス像を呈した非閉塞性腸管梗塞(nonocclusive mesenteric infarction)の1例

    永橋 昌幸, 牧野 成人, 岡本 春彦, 田宮 洋一, 畠山 勝義

    日本腹部救急医学会雑誌28 ( 1 ) 101 - 104   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    症例は78歳,男性。十二指腸乳頭部癌の診断で,幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行した。病理組織診断は,高分化腺癌,pPanc2,pN0,pEM0,Stage IVaであった。術後,創感染・腸瘻形成等により長期間経口摂取不能で,高カロリー経腸栄養療法を行っていた。時々腹痛を認めたが,対症療法でコントロールされていた。術後95病日,腹痛および炎症所見が悪化し,腹部CT検査で門脈および上腸間膜静脈内に著明なガス像を認め,腸管壊死を疑い緊急手術を施行した。Bauhin弁より約15cmの回腸から十二指腸空腸吻合部近傍まで,分節状に散在する虚血性変化と小腸粘膜下気腫,腸間膜内気腫を認めた。明らかな動脈閉塞はなく,非閉塞性腸管梗塞と診断し,広範囲の小腸切除,空腸瘻,回腸粘液瘻造設術を施行した。術後,一旦状態は安定したが,3ヵ月目に残存小腸から大量出血をきたし死亡した。(著者抄録)

    DOI: 10.11231/jaem.28.101

    researchmap

  • 大動脈周囲リンパ節転移陽性にもかかわらず根治切除後5年以上生存した胆嚢腺扁平上皮癌の1例

    坂田 純, 白井 良夫, 若井 俊文, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌40 ( 11 ) 1816 - 1821   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    大動脈周囲リンパ節転移陽性胆嚢癌症例の予後は極めて不良である.今回,大動脈周囲リンパ節転移陽性で切除後5年以上生存した胆嚢腺扁平上皮癌の1例を経験したので報告する.症例は62歳の男性で,進行胆嚢癌に対して胆嚢床切除+膵頭十二指腸切除+大動脈周囲リンパ節郭清を施行した.組織学的には腺扁平上皮癌で,所属リンパ節4個(うち大動脈周囲リンパ節1個)に転移を認めた.術後29か月目のCTで大動脈周囲リンパ節再発を認め,同領域の郭清を施行した.その後,軟部組織(右膝)転移,骨転移(第2腰椎)が出現し,右下肢切断,放射線照射を施行した.初回手術から60か月後には左鎖骨上窩リンパ節転移が出現し郭清を施行したが,多発肺転移が出現し,初回手術から77か月後に原病死した.本症例の経験および文献的考察から,胆嚢癌では大動脈周囲リンパ節転移に対する郭清が有効な症例もまれながら存在することが示された.(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.40.1816

    researchmap

  • 多発十二指腸粘膜内癌に対して膵温存十二指腸全摘術を施行した家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis:FAP)の1例

    永橋 昌幸, 土屋 嘉昭, 野村 達也, 梨本 篤, 薮崎 裕, 瀧井 康公, 中川 悟, 佐藤 信昭, 神林 智寿子, 田中 乙雄

    日本臨床外科学会雑誌68 ( 増刊 ) 1200 - 1200   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 消化器癌化学療法とチーム医療

    宗岡 克樹, 白井 良夫, 若井 俊文, 坂田 純, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌40 ( 7 ) 1179 - 1179   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 紅皮症を伴ったgranulocyte-colony stimulating factor産生胆嚢腺扁平上皮癌の1切除例

    永橋 昌幸, 白井 良夫, 若井 俊文, 坂田 純, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    日本消化器外科学会雑誌40 ( 7 ) 1422 - 1422   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 腸管アミロイドーシスによるS状結腸穿孔の1例

    若井 淳宏, 若井 俊文, 白井 良夫, 永橋 昌幸, 池田 義之, 金子 和弘, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌40 ( 7 ) 1312 - 1312   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 腸管アミロイドーシスによるS状結腸穿孔の1例

    若井 淳宏, 若井 俊文, 白井 良夫, 池田 義之, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌121 ( 6 ) 346 - 350   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は75歳男性、腸管アミロイドーシスの診断で10年間経過観察されていた。急性腹症にて当科紹介受診し、腹部CT検査でS状結腸穿孔を認めたため、緊急手術を施行した。S状結腸に径3cmの穿孔部を認め、汎発性腹膜炎を呈しており、S状結腸部分切除および人工肛門造設を行なった。術後消化管合併症を認めず、第49病日に退院となった。病理組織学的検査所見では、粘膜下層内の動脈周囲にアミロイドが著明に沈着し、内腔は狭小化・閉塞し、穿孔部周囲の腸管壁は凝固壊死していた。本症例における消化管穿孔の発生機序としては、血管壁へのアミロイド沈着が高度で内腔が狭小化・閉塞し、腸管壁内の循環障害から虚血性変化をきたして穿孔したものと考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 脈管侵襲を伴う肝細胞癌における細胞接着因子の臨床的意義

    Korita Pavel, 若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌108 ( 臨増2 ) 195 - 195   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢扁平上皮癌および胆嚢腺扁平上皮癌の2症例

    坪井 清孝, 中村 厚夫, 八木 一芳, 関根 厚雄, 角田 和彦, 伊藤 寛晃, 田宮 洋一, 黒崎 功, 梅津 哉, 永橋 昌幸, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌121 ( 3 ) 169 - 169   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 神経内分泌細胞への分化がみられた浸潤性膵管癌の1例

    塩路 和彦, 佐藤 明人, 河内 祐介, 合志 聡, 竹内 学, 佐々木 俊哉, 横山 純二, 佐藤 祐一, 小林 正明, 杉村 一仁, 青柳 豊, 黒崎 功, 西倉 健, 永橋 昌幸, 味岡 詠生弌, 成澤 林太郎, 遠藤 新作

    新潟医学会雑誌121 ( 3 ) 163 - 163   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌におけるVEGF-C発現と肝内進展様式との関連

    坂田 純, 白井 良夫, 若井 俊文, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌108 ( 臨増2 ) 644 - 644   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 日本、ハンガリーの胆嚢癌におけるp53遺伝子変異、K-ras遺伝子変異、及びMicrosatellite instabilityの比較検討

    永橋 昌幸, 味岡 洋一, 中平 浩人, 横山 直行, 渡辺 玄, 西倉 健, 若井 俊文, 白井 良夫, 畠山 勝義, 山本 正治

    日本外科学会雑誌108 ( 臨増2 ) 299 - 299   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • リンパ管内皮マーカーを用いた胆嚢癌肝内進展様式の検討

    若井 俊文, 白井 良夫, 横山 直行, 坂田 純, 黒崎 功, 畠山 勝義, 永橋 昌幸, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌121 ( 3 ) 159 - 159   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 【胆嚢癌はどこまで治せるか】 早期胆嚢癌の概念

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    外科治療95 ( 4 ) 350 - 354   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)永井書店  

    "早期癌"とは「病期(Stage)が早期であり、かつ予後良好な癌」を指す臨床的カテゴリーであり、"早期胆嚢癌"は「組織学的深達度が粘膜(m)内または固有筋層(mp)内にとどまるもので、リンパ節転移の有無は問わない」と定義される。早期胆嚢癌では、脈管浸潤、リンパ節転移はまれであり、切除断端が陰性であれば、多くの場合胆嚢摘出術だけで治癒可能である。同様に、胆嚢摘出術後の病理検索ではじめて発見された早期胆嚢癌では、断端陰性であれば再切除は不要である。(著者抄録)

    researchmap

  • カラーグラフ 診療に役立つ肉眼像と組織像の理解 マクロからミクロ像を読む 胆

    横山 直行, 白井 良夫, 永橋 昌幸, 若井 俊文, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    臨床外科61 ( 9 ) 1151 - 1158   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407101122

    researchmap

  • ss胆嚢癌の治療戦略 ss(pT2)胆嚢癌に対する外科治療戦略

    白井 良夫, 若井 俊文, 鈴木 晋, 坂田 純, 永橋 昌幸, 黒崎 功, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌39 ( 7 ) 993 - 993   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 腸重積を来し肛門外まで脱出した巨大結腸症の1例

    金子 和弘, 冨田 広, 牧野 春彦, 畠山 勝義, 永橋 昌幸, 櫻田 淳子, 西倉 健

    日本消化器外科学会雑誌39 ( 7 ) 1239 - 1239   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢壁各層におけるlymphatic vessel densityとrelative lymphatic vessel area

    永橋 昌幸, 味岡 洋一, 西倉 健, 渡辺 玄, 横山 直行, 若井 俊文, 黒崎 功, 白井 良夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌39 ( 7 ) 1139 - 1139   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌肝内進展の主様式はグリソン鞘沿いのリンパ行性進展である

    鈴木 晋, 白井 良夫, 若井 俊文, 坂田 純, 永橋 昌幸, 黒崎 功, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌39 ( 7 ) 1296 - 1296   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肛門外へ脱出したS状結腸癌による腸重積症の1例

    永橋 昌幸, 畠山 勝義, 永橋 昌幸, 新国 恵也, 牧野 成人, 西村 淳, 河内 保之, 清水 武昭

    新潟医学会雑誌120 ( 4 ) 228 - 233   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は84歳,女性.老人性痴呆にて老人保健施設入所中.直腸脱が疑われ,平成16年2月7日,当科を受診した.受診時,肛門より約4cm大の軟らかい腫瘍の脱出を認めた.腹部単純X線検査では横行結腸から下行結腸にかけての著明なガス像を認めた.骨盤部CT検査で直腸内に同心円状の層構造を認めたため,腸重積と診断した.内視鏡下に整復を試みたが不可能であったため,同日,緊急手術を施行した.術中,腹腔内から用手的にも整復出来なかったため,重積した腸管を切除し,S状結腸人工肛門造設術を施行した.先進部腫瘍の病理診断は,高分化腺癌で組織学的病期はStage Iであった.術後経過は良好で,術後16日目に退院した.S状結腸癌が先進部となり肛門外へ脱出した腸重積症例は比較的稀であり,若干の文献的考察を加えて報告する(著者抄録)

    researchmap

  • 早期胆管癌の定義:組織所見および遠隔成績からの再考

    永橋 昌幸, 味岡 洋一, 西倉 健, 渡辺 玄, 横山 直行, 若井 俊文, 黒崎 功, 白井 良夫, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌107 ( 臨増2 ) 291 - 291   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Toxic shock syndrome(TSS)に対し,血液浄化療法が著効した2例

    永橋 昌幸, 林 達彦, 岩谷 昭, 池田 寿昭

    日本外科感染症学会雑誌2 ( Suppl. ) 296 - 298   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    researchmap

  • 【年齢・性差と肝胆膵疾患】 年齢・性差と各種胆道疾患 胆管癌

    若井 俊文, 白井 良夫, 横山 直行, 坂田 純, 永橋 昌幸, Cruz Pauldion V, Korita Pavel V, 畠山 勝義

    肝・胆・膵51 ( 2 ) 257 - 259   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

    researchmap

  • 胆嚢・胆管同時性重複癌の頻度と臨床病理学的特徴

    永橋 昌幸, 味岡 洋一, 西倉 健, 渡辺 玄, 横山 直行, 若井 俊文, 白井 良夫, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌38 ( 7 ) 1203 - 1203   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • S状結腸癌による腸重積症により腸管が肛門外へ脱出した1例

    永橋 昌幸, 新国 恵也, 牧野 成人, 西村 淳, 河内 保之, 清水 武昭

    新潟医学会雑誌119 ( 4 ) 264 - 264   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 日本,チリ,ハンガリーの胆嚢癌のp53遺伝子変異の比較検討

    永橋 昌幸, 味岡 洋一, 横山 直行, 中平 浩人, 若井 俊文, 白井 良夫, 畠山 勝義, 山本 正治

    日本外科学会雑誌106 ( 臨増 ) 170 - 170   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胃全摘後空腸パウチダブルトラクト再建

    河内 保之, 永橋 昌幸, 牧野 成人, 西村 淳, 新国 恵也, 清水 武昭

    新潟医学会雑誌119 ( 3 ) 206 - 207   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 胆管内発育し胆道出血をきたした肝細胞癌の1例

    永橋 昌幸, 河内 保之, 牧野 成人, 西村 淳, 新国 恵也, 清水 武昭

    新潟医学会雑誌119 ( 3 ) 213 - 213   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 当科における胆道癌手術症例の検討 肝外胆管癌を中心に

    新国 恵也, 永橋 昌幸, 下山 雅朗, 西村 淳, 河内 保之, 清水 武昭

    新潟医学会雑誌119 ( 2 ) 124 - 124   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 胃癌術後に発症したtoxic shock syndromeの1例

    新国 恵也, 永橋 昌幸, 牧野 成人, 西村 淳, 河内 保之, 清水 武昭

    日本臨床外科学会雑誌65 ( 10 ) 2647 - 2651   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    Toxic shock syndrome(TSS)は,黄色ブドウ球菌が産生する外毒素により突然の高熱,血圧低下,紅斑などの様々な症状を呈し,急激に多臓器不全を発症し重症例では死に至る中毒性疾患である.胃切除後の確定的TSSの本邦報告例は稀である.最近,われわれは胃癌術後に発症したTSS症例を経験したので報告する.症例は48歳,女性.早期胃癌に対し噴門側胃切除術を施行した.術後2日目より突然39℃台の発熱が出現し血圧が低下し乏尿となった.また体幹を中心に紅斑が出現し,肝機能障害がみられた.術後5日目から水様性下痢が出現し,ARDSとDICを併発した.便および感染創の膿よりMRSAが検出された.このMRSAはtoxic shock syndrome toxine-1(TSST-1)産生株でありTSSと診断した.VCMを投与し,感染巣のドレナージと多臓器不全に対する集中治療により病態は改善し救命できた(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.65.2647

    researchmap

  • 当院における中心静脈カテーテル感染の現況

    永橋 昌幸, 河内 保之, 下山 雅朗, 西村 淳, 新国 恵也, 清水 武昭

    日本外科感染症学会雑誌1 ( Suppl. ) 155 - 155   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    researchmap

  • 同時性多発性肝転移と腹膜播種を伴う進行直腸癌に対し原発巣切除後化学療法により長期のCRが得られた1例

    新国 恵也, 永橋 昌幸, 牧野 成人, 西村 淳, 河内 保之, 清水 武昭

    癌と化学療法31 ( 10 ) 1591 - 1594   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    直腸癌の多発性肝転移に対して化学療法を施行し長期の完全寛解が得られた症例を経験したので報告する.症例は57歳,男性.2000年7月6日腸閉塞症で発症したSE,N3,P1,H3,M(-)Stage IVの直腸癌に対して,3群リンパ節郭清を伴うHartmannの手術を行った.病理組織診断はwel,se,INFβ,n3,ly2,v2,p1であった.術後11日目からweeklyで,LV 300mg+5-FU 750mgの併用療法を行った.grade 3の副作用が出現しCEAが急上昇したため治療法を変更した.2週間後から低用量のCDDP 10mg+5-FU 500mgの5日間連続投与を2クール行い,これ以降は外来で,weeklyでCDDP 10mg+LV 25mg+5-FU 500mgを投与した.その後,CEAは速やかに低下しCTで4ヵ月後には病変を指摘できなくなりCRと判定した.CRが得られた後も約1年間は,bi-weeklyで同様の治療を継続し,それ以降はUFT-E顆粒を400mg内服している.術後3年7ヵ月目の現在再発の徴候はない(著者抄録)

    researchmap

  • 胆管内発育し胆道出血をきたした肝細胞癌の1例

    永橋 昌幸, 河内 保之, 牧野 成人, 西村 淳, 新国 恵也, 清水 武昭

    日本臨床外科学会雑誌65 ( 10 ) 2732 - 2736   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は48歳の男性.HBs抗原陽性でAFPが高値を示し,左肝管内に3cm大の腫瘍が存在,左肝内胆管の拡張を認めた.精査にて胆管内発育型の肝細胞癌ないし胆管癌が考えられた.手術を予定していたが,急性腹症を発症,経皮経肝胆嚢ドレナージ(PTGBD)を行うと血性胆汁で,胆管内腫瘍の出血と判断した.後日,肝左葉切除,胆管切除を施行した.S2に2cm大の腫瘍を認め,これより胆管内に浸潤.乳頭状に発育した5cmの腫瘍が左肝管を閉塞していた.病理は肝細胞癌であった.本症例は肝細胞癌が胆管浸潤,胆管内発育し,腫瘍壊死により胆道出血をきたしたと考えられる.肝細胞癌の胆管への浸潤・発育あるいは胆道出血はいずれも比較的稀であり,文献的考察を加え報告する(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.65.2732

    researchmap

  • [A case of rectal cancer with multiple liver and peritoneal metastases that responded dramatically to low-dose 5-FU plus LV and CDDP combination chemotherapy]. 査読

    Nikkuni K, Nagahashi M, Makino S, Nishimura A, Kawachi Y, Shimizu T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy31 ( 10 ) 1591 - 1594   2004年10月

     詳細を見る

  • S状結腸癌による腸重積症により腸管が肛門外へ脱出した1例

    永橋 昌幸, 新国 恵也, 牧野 成人, 西村 淳, 河内 保之, 清水 武昭

    日本臨床外科学会雑誌65 ( 増刊 ) 503 - 503   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 食道アカラシアに合併した多発食道扁平上皮癌の1例

    牧野 成人, 河内 保之, 永橋 昌幸, 西村 淳, 新国 恵也, 清水 武昭

    日本臨床外科学会雑誌65 ( 増刊 ) 653 - 653   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 胃切除後pouch再建法 胃全摘後空腸パウチダブルトラクト再建法の検討

    河内 保之, 清水 武昭, 新国 恵也, 西村 淳, 牧野 成人, 永橋 昌幸

    日本消化器外科学会雑誌37 ( 7 ) 1015 - 1015   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 緩和医療における経皮経食道胃管挿入術(PTEG)の経験

    永橋 昌幸, 河内 保之, 牧野 成人, 西村 淳, 新国 恵也, 清水 武昭

    日本消化器外科学会雑誌37 ( 7 ) 1254 - 1254   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胆管腺内分泌細胞癌の1例

    西村 淳, 河内 保之, 永橋 昌幸, 牧野 成人, 新国 恵也, 清水 武昭

    日本臨床外科学会雑誌65 ( 6 ) 1659 - 1662   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は62歳の男性で,黄疸を主訴として来院.経皮経肝胆道造影検査にて上中部胆管の完全閉塞を認め,腹部CT検査で肝外胆管に直径2cmの腫瘤を認めた.胆汁細胞診で腺癌細胞が証明され,上中部胆管癌と診断.幽門輪温存膵頭十二指腸切除術,D2郭清を施行した.病理組織学的検査で,HE染色では大部分が低分化型腺癌からなり,免疫組織学的染色でchromogranin Aが約10分の1で陽性のため,胆管腺内分泌細胞癌と診断した.術後補助化学療法は施行せず.外来にて経過観察中,5ヵ月目にCT検査を行ったところ,肝両葉に多発性肝転移を認めた.その後も肝転移が急速に進行し術後約7ヵ月で死亡した.稀な肝外胆管原発の腺内分泌細胞癌の切除例を経験したので報告する(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.65.1659

    researchmap

  • 残胃全摘,Roux en Y法再建術後早期に発症した輸入脚閉塞症の1例

    永橋 昌幸, 中川 悟, 内藤 哲也, 佐藤 友威, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌118 ( 4 ) 213 - 216   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    68歳男.術後9日に腹痛が出現し,腹部超音波やCTの所見から輸入脚閉塞症と診断した.原因として,残胃全摘中に剥離した上部空腸の癒着が術後再発しY脚が屈曲したことが考えられた.治療は減圧と腸内腔の確保を目的に,空腸空腸吻合部より肛門側の空腸から輸入脚にチューブを挿入し空腸瘻を作製した.これによりY脚内の減圧が可能となり輸入脚閉塞症は軽快した

    researchmap

  • 両側卵巣転移によりMeigs症候群を呈したS状結腸癌の1例

    永橋 昌幸, 新国 恵也, 下山 雅朗, 西村 淳, 河内 保之, 清水 武昭

    新潟県厚生連医誌13 ( 1 ) 137 - 137   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県厚生農業協同組合連合会  

    researchmap

  • 残胃に壁内転移をきたした胃癌の1例

    下山 雅朗, 河内 保之, 永橋 昌幸, 西村 淳, 新国 恵也, 清水 武昭

    日本臨床外科学会雑誌65 ( 2 ) 385 - 389   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    63歳男.胃癌の診断で紹介され,幽門側胃切除術,D2郭清を行い,Billroth-I法で再建した.病理診断は乳頭腺癌,Stage IBであった.術後3ヵ月でCA19-9が上昇し,腹部CTで肝転移を認め,TS-1,Taxolによる化学療法を行ったが,肝転移の増大,胃壁の肥厚所見を認めた.また,胃内視鏡を施行したところ,残胃に山田III型腫瘍を3個認め,残胃への転移が疑われた.手術を行い,肝両葉にわたり多発性の肝転移を認め,残胃内に3個の多発性隆起性病変を認めた.その他胃内には崩れた腫瘍がみられた.病理診断はいずれも乳頭腺癌で,粘膜下層〜固有筋層に病変の主座を有した.3病変はいずれも1年前の胃癌と同様の組織像であり,胃癌の胃壁内転移と診断した.FAM,CDDP,5Fuの肝動注療法を開始し退院となった

    DOI: 10.3919/jjsa.65.385

    researchmap

  • CT,MRIで発見できなかった胆管細胞癌の1例

    永橋 昌幸, 西村 淳, 下山 雅朗, 河内 保之, 新国 恵也, 清水 武昭

    新潟医学会雑誌117 ( 12 ) 757 - 757   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 残胃全摘術後に発症した輸入脚症候群の一例

    永橋 昌幸, 内藤 哲也, 佐藤 友威, 中川 悟, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌117 ( 5 ) 271 - 271   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 心タンポナーデをきたした特発性好酸球増加症候群の1例

    風間 龍, 大倉 裕二, 保屋野 真, 渡辺 智, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 永橋 昌幸, 渡辺 純蔵, 島田 晃治, 羽賀 学, 中山 卓, 名村 理, 曽川 正和, 林 純一, 東村 益孝, 落合 幸江, 田村 真, 田村 雄助

    循環器科53 ( 2 ) 175 - 175   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 日本医師会医学研究奨励賞

    2018年11月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 外科侵襲とサイトカイン研究会 会長賞

    2018年7月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 日本消化器外科学会賞(若手医師部門)

    2018年7月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 新潟大学学長賞

    2015年11月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 新潟県医師会学術奨励賞

    2015年10月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • World Congress of Surgery: Yokohama Award

    2015年8月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 日本臨床腫瘍学会学術奨励賞

    2015年7月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 新潟病理同窓会賞

    2014年5月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • The 67th Annual Cancer Symposium of the Society of Surgical Oncology: Best Basic and Translational Research Poster Contest (Top 5 poster) Winner

    2014年3月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 48th Annual Southeastern Regional Lipid Conference: Travel Grant Award

    2013年11月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 新潟大学医学部学士会 第16回有壬記念学術奨励賞

    2012年6月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 8th Annual VCU Women’s Health Research Day: Elizabeth Fries Young Investigator Award

    2012年4月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 8th Annual VCU Women’s Health Research Day: Basic Science Award

    2012年4月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • VCU Massey Cancer Center Retreat: Excellence in Cancer Research Award

    2011年11月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • American College of Surgeons 97th Annual Clinical Congress: Excellence in Research Award

    2011年10月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • VCU Postdoctoral Association Spring 2011 Semester Travel Award

    2011年3月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • The 64th Annual Cancer Symposium of the Society of Surgical Oncology: Best Basic and Translational Research Poster Contest (First Prize) Winner

    2011年3月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

  • 第73回新潟県立病院医学会 第一位受賞

    2008年9月  

    永橋 昌幸

     詳細を見る

▶ 全件表示