Updated on 2021/06/21

写真a

 
ENDO Maiko
 
Organization
University Medical and Dental Hospital Digestive Surgery Assistant Professor
Title
Assistant Professor
External link

Degree

  • 学士(医学) ( 2014.3   富山大学 )

Research History

  • Niigata University   Digestive Surgery, University Medical and Dental Hospital   Assistant Professor

    2021.4

Education

  • University of Toyama   Faculty of Medicine   School of Medicine

    2008.4 - 2014.3

      More details

 

MISC

  • 非浸潤性乳管癌との鑑別を要した慢性リンパ性白血病乳房内浸潤の1例

    遠藤麻巳子

    日本臨床外科学会雑誌81 ( 12 ) 2425 - 2431   2020.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publisher:日本臨床外科学会  

    症例は76歳,女性.7年前に慢性リンパ性白血病(chronic lymphocytic leukemia,以下CLL)と診断され,無症状のため経過観察していたが,白血球数およびリンパ球割合の上昇と全身の腫大リンパ節の増大を認め,化学療法の導入が検討されていた.マンモグラフィー検診で右乳房に局所的非対称性陰影を指摘され,当科を受診した.超音波検査では右乳房C領域に22mm大の地図状の低エコー領域を認め,非浸潤性乳管癌が疑われた.腋窩リンパ節は両側とも腫大していたが,リンパ門は保たれていた.針生検ではリンパ球浸潤を認め,表面マーカー解析でCD20陽性,CD5陽性,CD23陽性であり,CLLの乳房内浸潤の診断に至った.CLLの病勢進行に対して化学療法が開始され,治療開始3ヵ月後には白血球数およびリンパ球割合の低下とともに乳房内病変の消失を認めた.造血器悪性腫瘍を背景に持つ患者の乳房内に病変を認めた際には,髄外浸潤も鑑別に挙げることが重要である.(著者抄録)

    researchmap

  • 追加切除した乳房内に転移結節を認めた1例

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法45 ( 13 ) 1860 - 1862   2018.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)癌と化学療法社  

    症例は68歳、女性。左乳癌、cT2N0M0、cStage IIAに対して、左乳房部分切除術、センチネルリンパ節生検を施行した。術前MRI検査で浸潤癌の長径は30mmと診断されていたが、術後病理組織診断では浸潤癌は長径50mmで周囲に非浸潤性乳管癌を伴い、病変全体の範囲は60mmに及び、頭側断端に非浸潤性乳管癌の露出を認めた。追加切除を希望し、前回手術の頭側断端より20mmの切除範囲で、乳房追加部分切除術を施行した。病理組織診断では前回手術断端周囲に癌の遺残は認めなかったが、その頭側に6mm大の浸潤癌を認め、体表側断端に癌が露出していたため左残存乳房に対して全摘術を行った。病理組織診断では7mmと2mmの浸潤癌をさらに認めた。術前画像の見直しを行ったが、乳房内転移と一致する結節の同定はできなかった。追加切除した乳房内に転移結節を認めた1例を報告する。(著者抄録)

    researchmap

    Other Link: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600024&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F024%2F1860-1862%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F024%2F1860-1862%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif